DIESEL BLACK GOLD/ディーゼル ブラック ゴールド

SPUR.JP

朝一番にショーを開催したディーゼル ブラック ゴールド。集合時間の早かったモデルたちは、寝不足でテンションが低い……かと思いきや、リハーサル時にかかったノリのいい音楽を楽しんでいた。広い会場ゆえにランウェイが長く、リハーサルを終えたモデルの中には大げさに息が切れたふりをしておどけていた子も。

ストリート感のある私服が似合っている、人気モデルのセレナをキャッチ。インに着ているトップスはディーゼルのもの

オールブラックスタイルにポップな柄シャツを効かせたジェス。彼女も私服スタイルのセンスの良さで注目されるひとり

関連記事
  • 夏のマストアイテムといえば「Tシャツ」。カジュアルすぎず、上品さをひとさじ加えた働く40代のためのTシャツコーデをまとめてご紹介。【目次】 ■スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ ■働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは? スカート派も、パンツ派も! Tシャツのきれいめコーデカタログ■ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデベーシックカラーならどれも赤と相性がよいけれど、ジャケットにベージュを選べば優しげな印象のなかにも洒落感を覗かせてくれる。ジャケット¥9,800/フレームワーク ルミネ新宿店(ロスコ) Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) スカート¥37,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) ▶ロゴTシャツ×キャッチーな赤いマキシスカートのコーデ 詳細はこちら■カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデよく目にするのが、透け感の強いレースアイテム。むずかしそうに見えますが、質感とテイスト、どちらも対極にあるカットソーTシャツを足せば、グッと身近に。これ以上の女っぷりは必要ないのであぜ編みニットのざっくり感や肌露出を減らすレギンスを足し算。Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶カジュアルなTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら■コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデTシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶コンパクトなTシャツ×大きめジャケットのコーデ 詳細はこちら■きれいめTシャツ×再びトレンドに戻ってきたショートパンツのコーデ上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。 Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶きれいめTシャツ×ショートパンツのコーデ 詳細はこちら■胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニムおなかではけるハイウエストデニム、胸ポケットつきの白Tシャツなど、定番のカジュアルにも"上半身を小さく見せる"ひと工夫を。縦長アウターの力を借りれば、Iラインがきわだち、いっそうスタイルよく。コート¥49,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) デニム¥22,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥39,000・リング¥26,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥128,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥19,000/アルアバイル▶胸ポケットつきの白Tシャツ×おなかではけるハイウエストデニム 詳細はこちら■マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデマニッシュなカーキのTシャツはすそに少し前後差があるのでアウトにしても着こなしやすく、ボトムスを選ばずに着こなせてかなり使える!Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,200(エムセブンデイズ)・靴¥22,000(ファビオ・ルスコーニ)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・オリジナル ボート アンド トートバッグ ミディアム オープントップ¥6,900(エルエルビーン)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物▶マニッシュなカーキのTシャツ×ベイカーパンツのコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×デニムのシンプルコーデTシャツ×デニムと言えばすぐに思い浮かぶ永遠のアイコン、ジェームズ・ディーンや白洲次郎、吉田栄作のようにいつの時代も男ゴコロをくすぐる青春コーデは、女性が着てもかっこいい。しかもこちらのコーデ、何を合わせても着こなしやすいのが特徴で、アラフォーが着こなすなら黒シャツワンピースをガウンのように羽織って、赤小物で色をさせば、一気に女っぷりがあがる。ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥43,000/サードマガジン(リダン) ネックレス¥54,000/アパルトモン 青山店(ハルポ) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) 靴¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ)▶白Tシャツ×デニムのシンプルコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ旬の〝ダサ可愛い〞足もとで一気にコーデが今年顔に! "ダッド=休日に父親が履くような"野暮ったさが、コーデのアクセントになる! とメンズから火がついたこのブーム。マリソル世代が取り入れるなら、女らしいスカートの足もとに、がおすすめ。スニーカーだから歩きやすいのはもちろん、厚底でスタイルアップがかなうのもひそかなメリット。スニーカー¥28,000/オーラリー(東京デザインスタジオニューバランス×オーラリー) Tシャツ¥19,000/スティーブン アラン トーキョー(サヤカ デイヴィス) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥38,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥11,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) サングラス¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(レイ バン) ネックカフ¥28,000(ロンハーマン ジュエリー)・バッグ¥30,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)/ロンハーマン▶白Tシャツ×女らしいスカートのコーデ 詳細はこちら■Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ腰からヒップはすっきりと、すそに向かってゆるやかに広がる計算されたシルエットがこのコーデのグッドポイント。Tシャツとのワンツーコーデも、スカートのシルエットの美しさでぐっと着映える。小脇に抱えたクラッチバッグとシースルーパンプスはシルバーで統一して、華やか&クールに着こなして。【徳原文子さんコラボ】Tシャツ¥7,200・スカート¥16,000(エムセブンデイズ) シルバーチュールパンプス¥24,000(ファビオ ルスコーニ)・ショルダーつき2wayバッグ¥19,000(ジャンニ キアリーニ)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物▶Tシャツ×ゆるやかに広がるスカートコーデ の詳細はこちら■ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ甘派が大好きなレースも、黒なら少し大人っぽい印象で辛派でも着こなせる。ここに白Tシャツのように爽やかすぎない、ベージュTシャツを合わせれば、さりげない大人のカジュアルデートコーデの完成。Tシャツ¥13,000/ティッカ 肩がけしたカーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(スローン) スカート¥54,000/サード マガジン 帽子¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ベージュTシャツ×レーススカートのコーデ 詳細はこちら働くアラフォー「美女組」のリアルTシャツコーデは?\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.162 yasukoさんのTシャツコーデをチェック/Tシャツ Hanes × beefy スカート MADISONBLUE シューズ converse バック Tod's▶No.162 yasukoさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.164 kanaさんのTシャツコーデをチェック/AURALEE / シームレス クルーネック ビッグTシャツ ¥8,100(税込) ▶No.164 kanaさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」 No.109 yukieさんのTシャツコーデをチェック/GU/ヘビーウェイトオーバーサイズTシャツ 白 ¥1490(+税)▶No.109 yukieさんのTシャツコーデ 詳細はこちら\アラフォーの読者ブロガー「美女組」No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデをチェック/UNIQLO U/クルーネックT▶No.163 tomomiyuさんのTシャツコーデ 詳細はこちら
  • ホワイト×ブルーで仕立てるクリーンな初夏の通勤スタイル今の時期から夏にかけてぴったりなカラーの組み合わせと言えばブルー×ホワイト。 爽やかな印象になるライトブルーのパンツを取り入れました。一本持っていると便利なノータックのテーパードパンツ。 ウエストはスッキリしたデザインで、トップスをインしても着膨れ感ゼロです。 少し光沢のある素材なので、ベーシックな白トップスを合わせてもきれいめに♡ワイドパンツも好きですが、たまに穿きたくなる細身シルエットのパンツ。 バランスよく見えるアンクル丈がおすすめです。 足もとはシルバー×ホワイトのサンダルを。 ソールの傾斜が緩やかで歩きやすいので色違いも持っています。 パンプスやサンダルは足に合うものが見つかると色チ買いしてしまいがち^^バッグもブルーで統一感を出して。 少ない色数ですっきり感をアップ。トップスはシャツやTシャツに変えてもOK! 涼しげ配色は今後も出番が増えそうです。tops ur's pants JUSGLITTY sandals PICHE ABAHOUSE bag VASIC美女組No.161 愛のブログ
  • SLOANE(スローン)のシルクリブは着心地が良くて、きれいめもカジュアルも自在です。GWにクローゼットの整理をしました。 今まで気の向くまま気に入ったものを買ってきたので、「数量を決める」という作業をしてみました。 ハンガーの本数を決めてシャツは5着分、スカートは10着分・・・最強に着まわせるクローゼットに育ててます。 目標は「いつでも夜逃げできるよ」と言い放つミニマリストな友人です(笑) その作業で手放した洋服から学んだことは、ベーシックなアイテムこそ納得のいくものを選ぶ!ということ。 例えば、休日しか着ないのにパーカーを5着も持っていました。きれいめにも使えてずっと愛用しているドレステリアに絞りつつ、でもそれも着古したのとタイトなシルエットが今の気分ではなくなってしまったので(サイズ1が流行っていた頃のもの。。。)手放して現在0に。 カーディガンも同じ感じで、春夏用は0になりました。 カーディガンはここだ!というブランドがなかったので、一番気になっていたSLOANE(スローン)をツインで新調してみました。シルク100%のリブVネックカーディガン。 カラーはやさしい桜色。 これがベージュと同じように使えて便利なんです。 肌さわりがさらさらっと気持ち良くて、人気なのがよくわかりました。程よい透け感があって、真夏の冷房対策にも手放せなくなりそう。 カジュアルにも着回せるし、シルクの光沢感はすごく上品に見えます。SLOANEいいなーとずっと思いつつ、なかなか店頭で出合えなかったことと、この値段かけて大丈夫ですか?私。。。と躊躇するところがありました。 でも袖を通してみて納得! 「素材感」を贅沢に感じられるこのカーディガンは、今、一番気分の上がる服。 ベーシックアイテムを見直したい方にすごくオススメしたいです。FLAG SHOPにもたくさんあります^^美女組No.167 hirokoのブログ
  • 洗濯してもシワになりにくい涼やか着映えシャツ 身体のラインを上手にカバーできて、着映えして、 洗濯してもシワになりにくい。 シャツを買うときに求める条件がこちら といっても、なかなかすべての条件を満たす シャツに出会うことは難しく、、。 そんな中、その条件をするりとくぐりぬけ 仲間入りしたのが、 スタイリスト福田麻琴さん×12closetの ストライプ柄のビッグシャツ 適度なハリ感があってシルエットがきれい! 洗濯してもシワになりづらい! 二の腕、太もも、お尻まわりを隠してくれる! と、いいとこ三拍子 身長154㎝の私でもバランスよく着こなせます。 ビッグシルエットで風通しがいいので、 夏までがんがん着れそうだな〜と にんまりしています (ボブッコ) #LEE編集部のお買い物 #magazinelee #LEEマルシェ #福田麻琴さん #12closet #クレリックビッグシャツ #ストライプシャツ
  • ミッソーニがサマーアイテムを一堂に集めたポップアップストアを5月22日(水)~6月4日(火)の間、東京・銀座のシジェーム ギンザにて開催する。スペインのエスパドリーユブランド、Castañer(カスタニエール)とコラボレーションしたシューズをフルラインナップで展開するほか、ビーチウェアラインの「マーレコレクション」やポップアップストア先行発売アイテムなど、これからのシーズンに最適なアイテムが一堂に取り揃う。 (左より)シューズ(H10cm)¥53,000、シューズ(H10cm)¥37,000/三喜商事(ミッソーニ)「マーレコレクション」では、毎シーズン人気の高いスイムウェアやカフタンドレスなど、ラグジュアリーなビーチスタイルを提案。今シーズンはレインボーカラーをメインに、キャッチーなロゴ使いやフリンジなど、夏気分を盛り上げるアイテムを多数ラインナップ。遊び心あふれるカラーリングやグラフィックに注目したい。ほかにも、ポップアップストア先行発売のPVCバッグやロゴTシャツが登場。PVCバッグはトートタイプで、中にはミッソーニを代表するニットファブリックのポシェットが付属。それぞれ個別でも使うことができる3WAYになっている。 PVCバッグ(H30×W36×D11cm)各¥57,000 ※ポップアップストア先行発売アイテム/三喜商事(ミッソーニ)また、同じく先行発売のTシャツはマルチカラーのロゴがポイントで、ほどよくオーバーサイズなシルエットが魅力的。どちらもリゾートだけでなくタウンユースにも活躍すること間違いなしのアイテム。この機会にぜひ手に入れて。 Tシャツ 各¥39,000 ※ポップアップストア先行発売アイテム/三喜商事(ミッソーニ)【ミッソーニ  ポップアップストア概要】期間:5月22日(水)~6月4日(火)会場:シジェーム ギンザ住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX2階 三喜商事https://www.missoni.com/03-3470-8235 text: Fuyuko Tsuji
  • 大人の髪問題を、ぶっちゃけ対談CHIEKO KURODA × IKUKO JIBIKI仲良しのお二人…OurAge世代の髪事情や最近のグレーヘアブームについて語っていただいたトークの後編です。〈黒田さん〉シャツ¥48,000/アルピニスム(ロキト) 〈地曳さん〉トップス¥30,000/オット デザイン(ルーム エイト)黒田知永子さん1961年生まれ。モデルとして多方面で活躍。ファッションや生活について二人のセンスや考え方を語った、黒田さんと地曳さんの共著『おしゃれ自由宣言!』(ダイヤモンド社)が好評発売中「髪は色よりもツヤが大事。肌以上に年齢が表れる」(黒田)黒田   髪は肌より年齢が出やすい、それにはツヤが大切…という話が出たけれど、髪の健康を守るケアはどんなことをしていますか?地曳   シャンプー後にトリートメントをしたり、乾かしたあとにアフターバス用の美容液をつけたり…。黒田   髪にもタンパク質補給が必要みたいで、美容室でトリートメントするのもいいかも。やはりヘアケアにも、ひと手間とひとお金が必要ってことですね(笑)。地曳   外からのケアに加え、体の中からのアプローチも必要。髪の健康維持には、タンパク質、ビタミン、ミネラル(特に亜鉛)が必要みたい。黒田   うん、うん。地曳いく子さん1959年生まれ。スタイリスト。「グレーヘアにすると美しさを維持する手間がかかる。染めるのが面倒という理由だけならやめたほうが無難地曳   先日、私、オーソモレキュラー栄養療法の検査を受けたの。黒田   血液検査でその人が不足している栄養素がわかるという?地曳   そう。結果、私はビタミンC、B、D、亜鉛が足りていなかった。それと同時に遅延型アレルギー検査も受けたの。これは食べてすぐにアレルギー症状は出ないけれど、ちょっとした慢性的な不調として現れる可能性がある、というもの。黒田   そしたら?地曳   大豆に反応が出た。健康のためと思って飲んでいた豆乳がNGで、無駄だったというわけ(笑)。黒田  それは残念!(笑)  私もタンパク質は意識してとるようにしています。お肉も大好きだし、魚は特に光り物系は刺身で食べるのがいいんですって。プロテインも飲むようにしています。楽しく食べて、おいしいと思う気持ちが大切だから、基本は食事からとるのが理想ね。地曳   今ある髪のケアに加えて、これから生えてくる髪への健康を考えると、バランスのいい食事を心がけたいですね。次回からは、 白髪にならないための最新情報と対策についてご紹介していきます。撮影/前田 晃(MAETTICO)  ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/地曳いく子 取材・原文/山村浩子
  • 頑張ったご褒美に癒しのスイーツタイム。あ~しみる…♥クライアントを回るから、きちんと感を重視したコーディネートを。黒のサファリシャツでキリッと見せつつ、軽くて持ち運びしやすい夏素材のバッグをお供に。ワイドパンツはニュアンスグレーを選んで、重くならないようにするのがポイント。いつも服が辛めなせいか、クールに見られがち。でも実は大がつくほど甘党の私にとって、仕事の合間のスイーツタイムは至福の時♡ 今日はひとつ新規の契約もできたし、大奮発といきますか~。サファリシャツ¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) ワイドパンツ¥12963/バナナ・リパブリック ピアス¥32000/アガット(ミキノラ) バングル¥57000/チェリーブラウン バッグ¥38000/アマン(ペリーコ)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務広告プランナー・花 企画を手がけるプランナーとして、バリバリ仕事をこなす29歳。クールな見た目とは裏腹に、大の甘党&忘れ物もやや多めと、そそっかしい一面も。愛犬のまいぺと自転車をこよなく愛し、恋愛は休憩中。丸の内の家電メーカーのマーケティング部勤務・絵美里とは親友の関係。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【5大初夏トップス】サファリシャツ 一枚はもちろん、はおりものとしても使える優れもの。"本気"のサファリになりすぎないように、カーキより黒を。¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ)【初夏の受け皿ボトム】薄手ワイドパンツ 落ち感があってエレガント。女っぽさを足したいときに。¥12963/バナナ・リパブリック「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days for office 【洗える】セミワイドパンツ ¥15,000+税【関連商品】23区 【マガジン掲載】23区×VIOLA d' ORO ラメテープ ラフィア カゴバッグ ¥18,000+税撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) モデル/松島 花、まいぺ ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/川上さやか 取材/伊藤真知 WEB構成/衛藤理絵
  • 本田翼が着る、スタイリスト石上美津江が語る! ベージュ、ブラウン、カーキの魅力。スタイリスト石上美津江さんはこう言います。「ベージュ、ブラウン、カーキを着ると毎日いいことがある! この3色だから挑戦できること、逆にラクできることがこんなにたくさんある。つまり私たちの日常を救ってくれる、なくてはならない存在ってこと!」(石上さん、以下同)えっ、そんなに? と思ったそこのあなた、今から石上さんの言葉を、本田翼の着こなしで証明してみせますから!“今っぽい”が“やりすぎ”にならない「まずは私が思う、ベージュの最大の魅力のお話。それは、おしゃれ感をさらりと出せるやわらかさ。はりきりすぎてイタい、にならない絶対的な上品さ。だからトレンド服や目新しい服も臆せず着られるし結果、目いっぱいおしゃれを楽しめる。“ハヤリモノ”はとりあえずベージュを選べ!ってお買物の時にぜひ思い出してくださいね(笑)」スポーティなアノラックとレイヤードで魅せるセンシュアルなレース。トレンド服同士、それも正反対のテイストのものを自然に無理なく“なじませる”。新しいおしゃれを、手の届くものにしてくれる。ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)“女っぽい”に照れずにすむ「コンサバとは違うし、セクシーとも違う。女っぽさに憧れながら、女っぽさってとても難しいからこそ。土っぽい色のトーンが“ちょうどよく”してくれる。この春はぜひ、その感覚を知ってほしいと思います。デコルテが見える服も透けたり揺れたりする服もこの色たちだから“ちょうどいい”んです。ソワソワせず背伸びもせず、思い描く理想のあなたへ」女っぽい服ほどプリミティブな色、の簡単だけどおしゃれなバランス。デコルテの見えるタンクトップにチュールスカート、衿を抜くようにばさっとはおるトレンチ。コンサバとは違うきれいさやセクシーとは違う女性らしさは、こなれ感や品のよさに転ばせるこの3色のおかげ。コート¥15800/フリークス ストア渋谷 タンクトップ¥9900/カージュ ルミネエスト新宿店(アール ジュビリー) スカート¥11000/ミラ オーウェン 靴¥83000(ポール アンドリュー)・リング¥12000(ジャミレイ)/プラージュ 代官山店 イヤリング¥11000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(イリス47) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店きちんとした服がやわらかくなる「リネン素材のベージュがとにかく多いこの春。甘いだけを卒業してきれいめを目指す女性たちにそのやわらかなクリーンさはぴったりだと思うんです。たとえばこのジャケットとパンツのセットアップも仕事のためだけのものといまだに思っていては損。“たったひとつでおしゃれになれる服”としていちばん頼れるし、甘えられるんですから」シルエットやデザインは端正でカッコいいのに、リネンの軽やかさとベージュのやさしさで堅苦しく見えない。女性らしさも抜け感もちゃんとある。“これだけで絵になる”の最新版に、カーキのスカーフをたらす遊び心も添えてみたりして。ジャケット¥30000・パンツ¥21000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) カットソー¥13000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥23000・リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)カジュアルな服がきれいになる「今までと同じではそろそろ子供っぽい? とカジュアル好きな女性たちも悩みがちな世代ですよね。それを救えるのも、この色たちの素晴らしいところ。ベージュからブラウンのグラデーションはモノトーンよりシックさに“奥行き”があるから“大人っぽい”のベクトルがただ辛口なのとは違う。それがこなれ感の正体、だと私は思っています」ほら、ボーイッシュなはずのビッグシャツとハーフパンツもこのとおり。ふわりと肩の力を抜きつつ、だらりと脱力するわけじゃない。カジュアルのいわゆる“絶妙なさじ加減”もこの配色なら簡単。シャツ¥21000/アナディス パンツ¥16800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/TOMORROWLAND(エーティーピー) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) 帽子¥23000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤクリップ¥10000・バングル¥42000/プラージュ 代官山店“時間がない”が“余裕”になる「メンズライクなカーキだからこそ際立つ女性らしさがある。それはとても新鮮で、うれしい気づきで、私たちの朝に革命をもたらすかもしれません!色数やテクニックを使わなくていいワントーンは時短コーデのセオリーのひとつですが、だからその一色は、これからは絶対にカーキ。さ、“ちょっと先”のおしゃれをして、余裕でいきましょう」シャツジャケットとプリーツスカート、だけなのに。配色、なんてしなくても。カッコいいのに女性らしい。シックなのに無難じゃない。ラクしてるのにおしゃれっぽい。なんて、最高じゃないか!ジャケット¥39000/TICCA スカート¥22000/ルーニィ 靴¥17000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥8300/セムインターナショナル(サンラミ) バングル¥36000/プラージュ 代官山店(ナタリー シュレッケンベルグ)“定番”が“シンプルなのにおしゃれ”になる「ベーシックカラーであり、トレンドカラー。ブラウンは今、そんな最強で最高の色。たとえば去年までのごくベーシックな白Tを今年はブラウンに買い替えてみてください。それをごくベーシックなデニムに合わせてみてください。ほら、“なにげないのにおしゃれな人”のでき上がり。色のパワーって、こんなにすごいんです」大人っぽさや上品さに少しだけ今の気分を交ぜるのがシンプル上手。ブラウンを選ぶだけでそれが簡単ってこと!Tシャツ¥8800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥22000・Gジャン¥30000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥63000/パラブーツ青山店 バッグ¥7400/リフラティ シップス ルミネ横浜店 ヘアバンド¥600・イヤリング¥1200/お世話や メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ベルト¥8000/メイデン・カンパニー(トリー レザー) リング(右手)¥7200・(左手)¥21000/UTS PR(ルフェール)甘さが“大人の可愛げ”になる「久々にワンピースが素敵だと思ったこの春ですがそれはきっと、ベージュやブラウンやカーキのワンピースが多かったからだと思うんです。たとえば総柄のシフォンワンピースもほかの色だったら甘すぎると敬遠していたはず。可愛い服が好きな気持ち、大人っぽくなりたい願望。どちらも叶えられるなんて、やっぱり最高ですよね?」カーキだから、甘くなりがちなワンピースが甘すぎない。甘すぎないから、おじ靴やボリュームのあるアクセもよく似合う。そんな小物使いでハズせるから、すとんと一枚着るだけでおしゃれに見える。“この色だから”から始まる好循環。ワンピース¥11000/フリークス ストア渋谷 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥11000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥29000/UTS PR(ノース ワークス) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/石上美津江
関連キーワード

RECOMMEND