色とりどりの傘で、輝く雨粒を受け止めて

SPUR.JP

Tシャツスタイルにあえてレディな傘でミックスマッチを楽しむ。傘を閉じるとフリルがブーケのように広がるエレガントなフォルムが美しい。ラベンダーカラーもやさしいムード。

傘¥37,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(フォックス・アンブレラ) Tシャツ¥9,000/A.P.C. 中に着たブラウス¥19,000/オープニングセレモニー(オープニングセレモニー ブラックレーベル) パンツ¥50,000(サイモン ミラー)・靴¥72,000(アデュー)/エドストローム オフィス 両手につけたブレスレット(左手上から)¥8,000・¥10,000・¥8,000・¥10,000・(右手上から)¥8,000・¥10,000/TOMORROWLAND(ベナムン)

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

>>雨の日は傘をスタイリングのアクセントに

アート誌『トイレットペーパー』とセレッティ社のコラボレーション。フェティッシュな写真プリントは存在感抜群。¥6,200/アントレックス(セレッティ ウェアーズ トイレットペーパー)

(右)今季らしくロゴで攻めるならこんなデザインを。収納ポーチつき。¥3,800/オープニングセレモニー(オープニングセレモニー ブラックレーベル) (左)「市民菜園」という意味を持つ鮮やかなテキスタイルを折り畳み傘に。¥6,000/ルック ブティック事業部(マリメッコ)

空気力学による風に強い傘が得意なニュージーランド発のブラントから。放射張力システムで悪天候でもひっくり返らない、安全かつタフな構造を実現。¥6,800/ムーンバット(ブラント)

素朴なブロックチェックとバンブーハンドルでオーセンティックな魅力が光る。(晴雨兼用)¥14,800/トラディショナル ウェザーウェア 青山 ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)

ブーゲンビリアのような鮮やかなピンク色は雨の日の心まで明るく染めてくれそう。ぬれた傘を収納できるアンブレラバッグつき。ぬくもりある栗の木ハンドル。¥13,000/ボンボンストア

南仏らしい軽やかなプリントの折り畳み傘。きゃしゃなバンブーハンドルがエレガントなムードも。(晴雨兼用)¥12,000/ソレイアード 自由が丘店(ソレイアード グッズ)

関連記事
  • 光溢れる空間で伝統の西洋料理から人気のパフェまで楽しめる「資生堂パーラー 自由が丘店」が、2019年5月18日(土)、自由が丘駅から徒歩約5分のすずかけ通り沿いにオープンした。 伝統の洋食から季節のデザート、手土産にぴったりのスイーツまで幅広く揃う。「美しい生活文化の創造」を社是に掲げる資生堂が選んだのは、ライフスタイル系の流行を先取りした大人のための店が並ぶ街、自由が丘。落ち着きと高級感をテーマにした店内は、ガラスの壁面が印象的な、光溢れるものに。広いテラス席もある。レストランの洋食メニューには、シェフのおすすめメニューから資生堂パーラーの定番メニューまでラインナップ。6月30日(日)までの期間は、資生堂パーラーの伝統メニューをコースで楽しめる、期間限定のメニュー「自由が丘店オープン記念“モダンコース”」(¥3,703)が登場。メインディッシュはビーフカレー、シーフードマカロニグラタン トマトソース、チキンライス、ハンバーグステーキなど9種類からチョイスできるのが嬉しい。 6月30日(日)までの期間限定の「自由が丘店オープン記念“モダンコース”」¥3,703 ※メインはオムライス/ミートクロケット資生堂スタイル/小海老とマッシュルームのドリア/ハンバーグステーキ/シーフード和風ピラフ/チキンライス/ビーフカレーまたはシーフードカレーライス/ハヤシライス/シーフードマカロニグラタン トマトソースからチョイス また、平日限定のランチメニューはメインディッシュがプリフィックススタイル。月替わりとなる季節の食材を使ったシェフのおすすめメニュー2種と、牛フィレ肉のステーキ丼から選ぶことができる。ハンバーグステーキ、ミートクロケット、シュリンプフライ、ポテトサラダ、チキンライスを盛り付けたワンプレートにスープとミニストロベリーサンデーが付いた、資生堂パーラーの魅力満載の「キッズプレート」(¥1,550)​も、子どもと一緒の時には喜ばれること必至のメニューだ。 6月中旬までの期間限定パフェ「新潟県産苺“越後姫”のプレミアムストロベリーパフェ」 ¥1,950デザートメニューも充実。中でもオープニングにふさわしい季節のパフェ2種、「新潟県産苺“越後姫”のプレミアムストロベリーパフェ」(¥1,950)、「静岡県産“マスクメロン”パフェ」(¥1,600)はおすすめだ。ケーキなどのお菓子は地下の菓子工房で製造。素材に合わせて厳選したチョコレートを使ったプリンに和素材と合わせたクリームをデコレーションした自由が丘店限定プリン「クレームショコラ(抹茶/日向夏/ほうじ茶)」(各¥550)や、大きな苺が丸ごと1つ入った自由が丘店限定のショートケーキ「フレーズカシュカシュ」(¥550)など、手土産にもぴったりのスイーツが揃う。気の合う友達同士が集まる食事会や、家族が揃う記念日のパーティー、それに大切な人への贈り物探しなどと、多用途に使える店の誕生。ぜひさまざまなシーンで活用してみて。資生堂パーラー 自由が丘店03-3718-7620住所:東京都目黒区自由が丘1-4-10 quaranta1966 1階営業時間:11:00~21:00(20:00 L.O./喫茶20:30 L.O.)定休日:月曜(祝日は営業)https://parlour.shiseido.co.jp/ text : Shiyo Yamashita
  • マウンテンパーカやシャカシャカアウターなど、春から梅雨どき向けの薄くて軽いはおりものとして、アウトドア&スポーツテイストのアウターが大流行中ですが、専門店レベルの防水や撥水・透湿・防風などの機能に優れた丈夫で高機能なウェアがリーズナブルに揃う【ワークマン(WORKMAN)】をパトロールしていて発見したのがこちらのヤッケです。【ワークマン(WORKMAN)】で発見! ヤッケって何!?綿かぶりヤッケ(品番47331W)¥1954/ワークマンヤッケは、ドイツ語でジャケットという意味の”Jacke”が語源です。レインコートほどの防水性はないものの、レインコートより通気性に優れ、何より汚れにくいのが特徴。主に土木建築作業や農作業のときに汚れ防止・日除け・防風・防寒を目的に着るジャケットですが、【ワークマン(WORKMAN)】のこのヤッケは、火に強い綿100%の生地を用いているので、通称“焚き火ジャケット”として、調理や焚き火で火を使うキャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーウェアとして大人気の売れ筋商品に!首&襟足までしっかりガードする立ち襟&フード長財布も横にしてすっぽり入る、大きなフロントポケットみぞおちのあたりには、ドラえもんのような大きなファスナーポケットがついています。長財布を横にしても入る特大サイズ。ちなみに両サイドにもファスナーつきポケットがあって、全部で3つのポケットがついているので、スマホやリップ、鍵など本当に必要で大切なものをヤッケにぜーんぶ入れて、手ぶらでお出かけも可能です。ファスナーにはカバーがついているので、砂や泥が入り込んで中のものが汚れる心配も少なめ。二重袖仕様で、より汚れにくい構造に!汚れや風が服の中に侵入しにくいよう、袖口は2重構造になっています。下のレイヤーはゴムが入っているので、袖をまくりやすいのも地味にうれしいポイントです。左袖のロゴパッチ&ペン刺しがワンポイント作業着なので、ペン刺しはもはや【ワークマン(WORKMAN)】のウェアのデフォルトです。“96 CLOTH”というロゴパッチがなんだか可愛い!サイズを微調整できる、ドローストリングコード内蔵!ウエスト部分、裾、そしてフードにはロープコードが内蔵されているので、天候やスタイリングに合わせてシルエットを変えられます。【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケ着回し①:早朝ロケ撮影コーデこの【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケを3スタイル、着回してみました。まずは早朝6時にロケバスがお迎えに来てしまった表参道ファッションロケ撮影の日のコーデ。朝6~7時の東京の気温は16℃前後ですが、日が昇るにしたがって23℃くらいまで上がり、紫外線も強め。アウターをいちいち脱いだり着たりしなくてもOKで、貴重品をまるごと入れて動けるヤッケはかなり便利です。シルエットが大きめなので、ボトムはスキニーデニムで引き締めてみました。いちばん今年らしい着こなしは、フェミニンなワンピースとのコーデ!アウトドア&スポーツテイストのフードつきジャケット、今年は小花柄ワンピースやシフォンスカートなどのフェミニンなアイテムに合わせるのがトレンドです。スニーカーやキャップでミックス感を強めてもいいし、なくてもじゅうぶん今年らしい着こなしになると思います。きれいめタイトスカート&パンプスを合わせれば、通勤コーデにもなる!?バイラ編集部はカジュアル通勤OKなので、端正なチェック柄のタイトスカート(ザラ)に合わせ、ボルドー色のソックスをきかせたブラウン系のワントーン配色コーデにまとめてみました。ジャケットなどを合わせるよりも“きめすぎ”感がほどよくセーブされるのかなと思います。サイズはM・L・LL・3L・4Lの5展開。小柄な方はM、下に大きめのTシャツやシャツを着たいなら1~2サイズ大きめを選ぶといいと思います。色はキャメルとストーンブラックの2色。どちらもウォッシュをかけたような風合いが魅力的ですが、キャメルのほうがやさしげな印象になり、2019年春夏に大人気のベーシックカラー、ベージュに近いので着回しがきくと思います。【ワークマン(WORKMAN)】には、リーズナブルで高機能な薄軽アウターがたくさん揃っていますので、ぜひ一度お試しいただくことをおすすめします!今すぐ着られる薄軽アウター多数【ワークマン(WORKMAN)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】コスパ最高! 30代女子も着られるワークマン(WORKMAN)取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、2019年5月中旬時点での商品情報です。
  • こんにちは!しんしんです! そろそろ梅雨シーズン。 お気に入りの傘をもっておくと、雨の日のお出かけも少しだけ楽しめる気がしています。 あとは歩きやすい雨の日靴をゲットしたいなぁと思ったり。世はまさに、タピオカ戦国時代!ここ最近空前のタピオカブーム!と言われ、都内にも続々店舗かオープンしているタピオカ専門店。 まさにタピオカ戦国時代!ともいえる今、個性的なタピオカ店が注目されています♪ 中でもわたしがずーっと気になっていたのが、こちら!《comma tea》の焦がしタピオカ黒糖ミルクティー♡♡comma teaの看板メニューは、黒糖の深みをたっぷりと味わえる黒糖ミルクティー♪なんといってもこちら、クリームの表面に砂糖をまぶして最後にバーナーで炙ってくれるという!! 下に沈み込んだ黒糖が温かく、真ん中の紅茶部分が冷たく、そして表面の焦がし部分も温かく、と、《温冷温》のサンドイッチ♡ おいしくないわけがなーい!日曜日は、お店の前に大行列ができていました! しかもみんな同じメニューを頼んでいるという笑 クレームブリュレみたいなパリパリを割りながら、ミルクティーに溶かして飲むのがセオリーだそう。 飲み物というよりは、食べもの!デザート!な位置付けだと思います。ここでしか味わえない焦がしタピオカミルクティー♡ ぜひチェックしてみてくださいね♪ 最後までお読みくださりありがとうございます♡ *しんしん*モアハピ部 No.570 しんしん のブログ
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • アンジェラ・へスターマン(ブロードウェイのステージマネージャー)&ブレンダン・マクマホン(演劇学科教授) from CRETE Angela Hesterman & Brendan McMahon NYでともに演劇関連の仕事をしているアンジェラとブレンダンが出会ったのは、オフブロードウェイの劇場。5 年の交際ののち、結婚を決めたふたりが選んだのはギリシャのクレタ島。海に突き出した岩の道の先にある白亜の小さなチャペルで挙式した。披露パーティはクレタ島・マルガリットで。「友人の家族が経営しているレストランが、伝統的なギリシャ料理であるヤギのロースト、エスカルゴ、地元のワインなどを用意してくれました」と、挙式だけでなく食事もギリシャスタイルというこだわりよう。地元のバンドがギリシャの音楽を演奏し、ダンスも盛り上がったそう。大きなオリーブの木の下で、笑顔があふれる忘れられない夜となった。 岩で造られたチャペルまでの道を、手を取り合って。新婦のドレスはBHLDN、ジュエリーは家族のものをまとったファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにウェディングケーキは地元の名店のチョコレートケーキを選択。オリーブの木の下でのディナーは、キャンドルとリボンでデコレート式の後には、これからのふたりを想い大きなランタンに火を灯して飛ばすセレモニーを10人のゲストを招いた、くつろいだパーティブーケはナチュラルなムードを意識。花嫁のウェディングリングはマンハッタンのアンティークショップで購入。「まるで私たちのために用意されたかのように、サイズもぴったりでした」
  • from VERONA Francesca Perinoni & Andrea Zanibellato ヴェローナ出身のふたりがウェディングの舞台に選んだ場所は、市街から車で20分とかからない距離にある、美しいぶどう畑の広がるヴァルポリチェッラ。小高い丘の上に立つ1700年代のヴィラは、緑豊かな広い敷地にプライベートの小さな教会も。「ここに約150名を招いてセレモニーとアペリティフと晩餐会を行いました。樹齢数百年の木々に囲まれた素晴らしいロケーションで、忘れられない一日を家族や友人たちと過ごしたかったから」というフランチェスカは可憐なレース使いがノスタルジックなドレスが印象的。「何着も試した後、このドレスを着た瞬間に不思議とこれ! と感じられドキドキしました。ドレスが私を選んでくれたようです」 映画の舞台のような美しい18世紀のヴィラの庭園で永遠の愛を誓うメニューは野菜のプリモ2 皿と肉料理のメインディッシュセレモニーの後はアペリティフの時間。大切な人たちとワインで乾杯しながらチーズやフルーツを楽しんでロマンティックな夕暮れ時の晩餐会。テーブルの中央には、白でまとめた素朴で可憐なアレンジメントをセッティング。「ゲストの多くはふたりの出会いのきっかけをつくり、恋愛を応援してくれた同世代の友人たち。なるべく堅苦しくないディナーを心がけました」ヴィラの前で、ロマンティックなキスを。「ある夏、友人を通じて出会いお互いひと目惚れ。10年の歳月を一緒に成長してきました。私たちは恋人でもありそれぞれを人生の同志だとも思っています」テニスコートで行なった晩餐会。会場にはバーテンダーの姿も。「カクテルがおいしいと評判のヴェローナの名店に声をかけました」家族の伝統で新郎が選びプレゼントしたブーケ
  • 今更…感はありますが、オイル更新しました♡いつもご覧頂き、ありがとうございます。 今日は、関東地方は台風のような雨ですね☔️ みなさん大丈夫でしたでしょうか? さて、最近ヘアオイル更新しました。 以前から使ってみたいと思っていた「N.POLISH OIL」 かなり今更感はありますが、手持ちのオイルがなくなったのでようやく試してみました♡ ドライ後スタイリング剤無しワックスのみ使用ワックスとオイルを使用比べてみて頂ければわかるかな、と思いますが3枚目オイルとワックスを使用したスタイルが一番髪がまとまりきれいに見えるかなと思います。(個人的感想・好みですが…) スタイリングステップは簡単。 (Rougy 薫森さんに教えて頂きました) ①オイルとワックスの割合は、2:1! ②掌でしっかりとオイルとワックスを混ぜ合わせてから、後ろの毛先になじませ、サイド毛先になじませる。 ③最後に前髪や乾燥が気になる部分にさっとつけて完成。 梅雨から夏に向かうこの時期。うねりやパサつきが気になりますが…オイルの力を借りて乗り切りたいと思っています。 napla→→→♡Instagram♡→→→kumiko_149美女組No.149 kumikoのブログ
  • ボーダーでハズすならアクセや靴&バッグは”きれいめ仕上げ”が鉄則!なんだかはっきりしないお天気......そんな日こそ、爽やかなグリーンのボーダーでテンションを上げて行こう♪ スカートはどんな効かせ色とも合わせやすく上品なベージュが使える。ボーダーが一点”可愛げなハズし”になるように、小物もかっちりショルダーやスカーフ、テラコッタのパンプスで美人に仕上げて。外打ち合わせでもきちんと感は問題ないし、テーブル映えするきれい色ボーダーがむしろ仕事相手にも好評! そのせいか、いつもより打ち合わせがスムーズにまとまったかも!?きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 セットアップ¥13000・スカート¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス バングル¥30000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES
関連キーワード

RECOMMEND