多くのセレブに愛されたデザイナー、ケイト・スペード その功績をアイコニックアイテムとともに振り返る
SPUR.JP

【SPUR Eye】
ストリートからレッドカーペット、ロイヤルファミリーまで人々の心を掴んだ、彼女のハッピーでパワフルな魅力をプレイバック!


6月5日(現地時間)、世界的ファッションブランド「ケイト・スペード ニューヨーク」の創始者であり、デザイナーのケイト・スペード(55)がこの世を去った。自宅からは夫や娘に向けた遺書が発見されており、自ら命を絶ったとみられている。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

1993年にブランドを立ち上げて以来、ファッション業界で大きな成功を収めてきたケイト・スペード。彼女の功績を讃えて、今回はポップカルチャーシーンを彩ってきたケイト・スペードのファッションアイテムの数々をセレブたちの写真とともに振り返る。

グウィネス・パルトロー×ストライプトートバッグ in 1998

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

さかのぼること20年前の1998年10月18日(現地時間)、90年代を代表するビッグカップルのうちの1組、グウィネス・パルトロー&ベン・アフレックがロサンゼルス国際空港に降り立ったときのスタイル。グウィネスが手にしているのは、「ケイト・スペード ニューヨーク」のストライプトートバッグ。

ヴェンデラ・カーセボム×巾着バッグ in 1995

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

ブランド設立からわずか2年後の1995年には、ケイトが生み出した巾着バッグがアカデミー賞授賞式のレッドカーペットにまで進出。スウェーデン出身のスーパーモデル、ヴェンデラ・カーセボムが手に提げているそのバッグのお値段は、なんと$120(当時のレートで約1万800円ほど)というお手頃プライスのもの。

メアリー=ケイト&アシュレー・オルセン×スクエアトートバッグ in 1999

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

1999年12月15日(現地時間)、映画『アンナと王様』のプレミアに出席したティーン時代のメアリー=ケイト&アシュレー・オルセン姉妹。仲良くお揃いで同ブランドのアイコニックバッグを愛用。

ロザリオ・ドーソン×ミニバッグ in 2006

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

2006年のメットガラで、シルバーカラーに光り輝くドレスに身を包んだ女優のロザリオ・ドーソン。ドレスにあわせ、同ブランドのシルバーミニバッグをチョイスした。また、ケイト・スペードは翌2007年、愛娘フランシスちゃんの子育てに専念するためにデザイナーの仕事を休業し、夫のアンディ・スペードとともに「ケイト・スペード ニューヨーク」のブランド事業からも退いた。

テイラー・スウィフト×ボウバッグ in 2014

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

2014年7月7日(現地時間)、ニューヨークのストリートでキャッチされたテイラー・スウィフト。手にはボウ(リボン)モチーフが印象的な同ブランドのハンドバッグを提げていた。

キャサリン妃×シフォンワンピース in 2016

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

2016年10月10日(現地時間)、世界メンタルヘルスデーのイベントにウィリアム王子とともに出席したキャサリン妃。全面にローズのプリントが施されたエレガントなシフォンワンピースは同ブランドのもの。

ミリー・ボビー・ブラウン×ロングドレス in 2016

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

ネットフリックスの大人気ドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス』でイレブン役を演じて人気沸騰中の女優、ミリー・ボビー・ブラウンもブランド愛用者のひとり。2016年12月12日(現地時間)に開催されたユニセフ創設70周年を祝うディナーパーティでは同ブランドのロングドレスを着用して出席した。

ピッパ・ミドルトン×ボーダーワンピース in 2017

Photo:The Image Direct/アフロ
Photo:The Image Direct/アフロ

キャサリン妃だけでなく、妹のピッパ・ミドルトンもブランドのファン。2017年5月31日(現地時間)、オーストラリアのシドニーでハネムーン旅行を満喫中のピッパ。白地に黒のボーダーが爽やかなワンピースは同ブランドのもの。

セレブから寄せられた追悼メッセージ

偉大なデザイナーの突然の訃報を受けて、親交のあったセレブからは相次いで追悼メッセージが寄せられている

私の心はケイト・スペードと彼女の家族とともにあります。才能豊かで素晴らしい女性でした。なんて惜しい人を亡くしたことでしょう。-リース・ウィザースプーン

ケイト・スペードがこの世を去ったというニュースを受けて悲しみに暮れています。彼女が生み出した服を、これまで本当にたくさん身にまとってきました。カラフルで力強く陽気な服の数々は、女性たちに誰もが自分の内側にキラキラと輝く人格を秘めているという気付きを与えてくれました。ケイト・スペードのブティックに入ると笑顔にならずにはいられないの。どうか安らかに、ケイト。-ミンディ・カリング

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

SNS上では、セレブのみならずケイト・スペードのデザインを愛してやまない一般のファンからも続々と追悼の言葉が寄せられている。2016年には愛娘、フランシスちゃんの名を冠したアクセサリーブランド「フランシス ヴァレンタイン」をローンチさせていたケイト。育児休業を経て、デザイナーとしてカムバックを果たした直後の突然の訃報に胸を痛めたファンも多かったよう。偉大なデザイナーがこの世を去ってしまったが、彼女が生み出してきたハッピーでチアフルなデザインスピリットはこれからも「ケイト・スペード ニューヨーク」に流れ続けることだろう。

>>KATE SPADE NEW YORK

>>【SPUR】KATE SPADE NEW YORK / ケイト スペード ニューヨークに関するトピックス 1/3

>>キャサリン妃派? メーガン派? 気になるふたりのロイヤルファッション対決

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND