エリザベス女王もにっこり。メーガンの品格ロイヤルネイル

SPUR.JP
5月19日(現地時間)以来、ロイヤルウエディングの際に何を身につけていたのかが、頭のてっぺんから爪先まで解明されているメーガン・マークル。彼女のブライダルネイルが、日本のバラエティストアでも買える¥1,500のものだということが判明し、話題に。

メーガン・マークルのウェディングネイルは、お値段¥1,500!©Getty Images

メーガンの指先を清楚に彩るペールピンクのネイルは、エッシーのネイルポリッシュ 162。海外では「ballet slippers」、日本では「バレエ シューズ」という色名でおなじみのベストセラーだ。英国ではエリザベス女王の長年の愛用カラーとしても有名。短めに整えられた爪に女王御用達カラーを塗ったメーガンのネイルは、エリザベス女王のお眼鏡にも叶う完璧なロイヤル仕様といえる。

getting wedding-ready in a perfect #balletslippers mani! photo: @essie_envy #royalwedding

essieさん(@essie)がシェアした投稿 -

フィリップ・トレイシー特注の帽子をかぶってバッキンガム宮殿のガーデンパーティに出席した際も、指先は式の日と同じロイヤルピンクで彩られていた。これから半年間は、王室御用達の秘書によって英国王室流の作法をみっちり仕込まれる予定だという。

ガーデンパーティに出席したメーガン・マークル。©Getty Images

生脚厳禁でストッキングの着用を義務づけるなど、TPOや服装のマナーに人一倍厳しいことで知られるエリザベス女王。そんな女王のチェックさえもくぐり抜けて好印象を約束するメーガンの品格ロイヤルネイル。ひとつ持っておくと、どんな改まった場でも活躍すること間違い無し。

女王の愛用ネイルに倣った、メーガンの上品な指先。©Getty Images

メーガンのブライダルメイクをチェック!

>>メーガン・マークルの素材をいかすブライダルメイク

エリザベス女王御用達ネイル物語

>>エリザベス女王、手袋の下の品格ネイル

関連記事
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。なかでも、肉厚カットソー&とろみ素材のワンピースなら、体のラインを拾わずに抜け感あるスタイルがつくれます! 素材と細部のディティールにまでこだわった一枚を、厳選してご紹介。体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • 同窓会やパーティなど、いつもと違った場所へ出席するとき、何を着るか悩みませんか? 華があり、品もある。大人が自信を持って着られる。 そんな全てを満たしてくれるオケージョンワンピースが完成しました。 シンプルなスタイルの中にも、着るだけで際立つこだわりの逸品です。 きれいに見えて、一枚で着映えする E by eclat 夏のオケージョンワンピース¥19,000+税 衿ぐりにケープがはさみこまれているオケージョンワンピースです。 ボディーはウエストのカーブを自然なラインでしぼっており、すっきり細見えシルエットにこだわりました。 ケープを後ろに流して肩を出しての着用もおすすめです。 カラーはカーキグレーとブラックの2色展開です。 縦長のすっきりシルエットですが、全体的にゆとりを入れているので楽に着こなせます。 アクセントにアクセサリーを足して華やかさをアップ♪ E by eclat ヴィンテージ調パールネックレス¥10,000+税 E by eclat ヴィンテージ調イヤクリップ¥8,000+税   こだわりが詰まった大人のオケージョンワンピースを着て、特別な時間を素敵に過ごしてください。 E by eclat 掲載一覧はこちら
  • それ「抜け感」?それとも「露出」?40歳過ぎたら気をつけたい「肌の見せ方」とはこんにちは、らんです。 2004年頃でしょうか。当時働いていた欧州の航空会社の同期が突然結婚しました。出会いから結婚式までわずか半年。 その彼女が結婚するために何をしたか。 ある本を読んで実践したと言うのです。 当時同期の間で話題になっていた「理想の男性と結婚んするための35の法則」  以前ブログに書いたのですが、当時、風水を勉強していて、結婚を意識して風水で家づくりをしていました。  そこで、渡りに船!と思い、すぐにこの本を買いに走りました。  なるほどーと思いながらも、なかなか実践する機会に恵まれずにいた時、今の夫と出会いましたが、始めは関心がなかったので中途半端に対応していました。  ところが、その中途半端こそがまさに、この本の教えの実践だったのです。  初デートから3日目にプロポーズされ、半年後には結婚式をしていました。 この本の教えは、ざっくりと要約すると、 「相手に関心を持ってもらうためには、こちらのことを全て見せるな」 というものです。  結婚15年目になりましたが、「夫と結婚してよかったな」と思います(*^_^*)   見せるな、といえば、肌。 結婚した当時は20代後半。    当時は肌にも張りがあり、どんな色のどんな形の洋服も、あまり抵抗なく着ていました。たぶん、客観的にも違和感はなかったと思います。  いつからでしょうか。  膝小僧を出すことに抵抗を覚えるようになったのは。  服のサイズは変わらなくても、形が似合わない、肌見せがイタイ、と、少しずつ手持ち服に違和感を感じるようになってきたのです。  結果、40歳を過ぎてから、自分で絶対に「見せすぎない」と決めているパーツ。 それは、肩、足、胸元です。  40歳過ぎてそれらのパーツを出し過ぎると「抜け感」ではなく、ただの「露出」になってしまいます。  肩こちらは〇 二の腕を出すときは、しっかり首元が締まったものを着ればいやらしさが出ませんベアトップは✖ 首、肩、二の腕全て出すとただの「露出」になってしまいます。 足長めスカートにスリットは〇 上品に抜け感を出せます 40代は弛んだ膝を隠せる丈感で膝が全部見える丈のスカートは✖ 大人が膝を見せるといやらしさが出ます 胸元わかりにくいですがこちらは〇胸元はあまり出さず襟を抜きますここまで開けるのは✖ 下品になります 見せすぎが許されるのは30代までだと、個人的には思います。  顔と肌感が、露出に適応できなくなるように思うのです。あまり肌を出しすぎると「露出の多いおばさん」と周囲の目には写ります。でも、全く肌を見せないと、それはそれで「完全防備の日焼けしたくないおばさん」と思われるので、3首(首、手首、足首)はちゃんと出して『抜け感』を確保するとコーデも垢抜けます。 以前も書きましたが、「自己を客観視」して、今の自分、に似合うもの着ることが大切だと考えています。 「抜け感」と「露出」 間違えないようにしたいですね。 そして今年、抜け感をコントロールするのに重宝しているのがミュールです。今年大活躍のお気に入りのミュールたち  全体的に肌の露出度が多めだな、と感じさせる春夏のコーデを足元で調整します。つま先の出るサンダルの代わりにミュールを履くと下品にならずエレガントにまとまります。  靴、バッグなども含め、全身でコーデの抜け感を調整をできると「おしゃれな人」です! 夏素材の帽子、白系小物、サングラスなども抜け感作りに一役買ってくれますよ。  真夏のような気温が続いていますので、どうぞ熱中症などにならないよう、皆さまご留意くださいね^ - ^美女組No.151 らんのブログ
  • 今季はJマダムの味方となるワンピースが豊富! 大人をきれいに見せることに細部までこだわったエクラ御用達のJマダムブランドや、13人のスタイリストやエディター・ライターのおしゃれプロがリコメンドする雰囲気アップの1着、池田奈加子さん×富岡佳子さんがお届けする雰囲気出しワンピースなど、一気にお届け! お気に入りが何枚も見つかるはず。【1】Jマダム御用達ブランド定番のベーシックカラーはカッティングやシルエットにこだわった逸品ぞろい都会的でリュクスな女らしさのある「ADORE」 すそにかけて控えめに広がるシルエットが上品な、リネンのベージュワンピース。アームホールが内側にくびれることなくまっすぐなラインに見せてくれるので、二の腕がすっきり細見え。 ワンピース¥52,000/ADORE ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥34,000(ヘリュー)・靴¥69,000(ジュゼッペ ザノッティ)/以上アパルトモン 青山店1.洗練された上質カジュアルが魅力の「ATON」 白肌はもちろん、ほんのり焼けた夏の肌とも相性のいいブラウンは、少し透けを感じさせるメッシュ素材で重く見えないのがいい。たっぷりとドレープを施すことで、丸みのある体型でも肉感を拾わずボディラインをカバーしてくれる。ぴったりしない袖口が腕からわき肉を目立たせないつくりに。 ワンピース¥55,000/エイトン青山(エイトン) 2.トレンドの効かせ方が絶妙な「ESSEN.LAUTREAMONT」 前後ともにVネックになっているので、デコルテまわりと背中をすっきりシャープに、またウエストよりも少し高い位置についた共布リボンが、腰高ポイントを強調し脚長に見せてくれる。結ぶとエレガントに、自然にたらしてもノンシャランなムードでこなれて見える。ワンピース(リボンつき)¥42,000/エッセン.ロートレアモン 3.エレガントなモード感が味わえる「CYCLAS」 コンサバになりがちなネイビーのワンピースを、張りのある素材感とモダンなデザインで、洗練された大人の印象に。さらにウエスト後ろにはゴムが入っているので、後ろ姿を自然とシャープに見せてくれる。ポケットがサイドについているのもうれしい。 ワンピース(ベルトつき)¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)柄の印象で視線を操るプリントワンピース。膨張して見えないダークカラーが豊富キャッチーさと上品さを兼ね備えた「VONDEL」 フレンチシックの流行で再び人気が高まるドット柄。さりげないフレンチスリーブが二の腕の存在感を薄めてくれる。アシンメトリーなすそが歩くたびに美しい残像を残す。 ワンピース¥46,000/FUN Inc.(フォンデル) ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥49,500・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥120,000/ドゥロワー 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥156,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人に似合うかわいげデザインが見つかる「SACRA」 かわいげな小花柄は黒ベースの配色で大人っぽく。共布ベルトと内側に配したドローストリングでウエストをシェイプさせれば、メリハリのあるフェミニンなシルエットに。花柄一枚だと甘すぎるという人は辛口なジャケットを肩はおりして、露出した二の腕も自然にカバーしたい。 ワンピース(ベルトつき)¥36,000/インターリブ(サクラ)すっきりとミニマムなデザインが得意な「AURALEE」 コントラストが控えめなグレンチェックのワンピースは、きちんと感と女らしさが見事に融合。ボディラインを拾わない余裕のあるシルエットと、アームホールが大きくあいたデザインは、黒いベアトップなどダークカラーのインナーを仕込むことでわきが見えてもすっきりと締まって見える。 ワンピース(ベルトつき)¥46,000/オーラリーハンサムで女らしい二面性が評判「LE PHIL」 前身頃に使用したストライプ柄の縦長の視覚効果によって全体をスレンダーに、また後ろ身頃にあしらった異素材の落ち感プリーツが、背中からヒップまわりの肉感をふんわりカバー。襟ぐり浅めのフロントデザインはきちんと感を演出しつつ、後ろはきれいめフェミニンといった二面性を楽しめるのもいい。 ワンピース¥29,000/ル フィル体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ) 3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」 鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。 ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人が似合うかわいげカラーならここ「MARIHA」 きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。 ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)繊細な色出しと上質素材にこだわる「ebure」 デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。 ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure大胆な大人の色使いが得意な「BLUEBIRD BOULEVARD」 少ししわ感のあるヴィンテージライクなリネンを使用した深みと落ち着きのあるトーンなら、面積が広いワンピースでも華やかな色に挑戦しやすい。ウエストよりも少し高めの位置についたベルトと、ボリュームたっぷりなフレアシルエットが脚長効果をさらに高めてくれる。 ワンピース(ベルトつき)¥39,000/WEST(ブルーバード ブルバード)【2】おしゃれプロが本当に着たい! マイベストワンピース大人の思いを受け止めるミニマムでモダンな自信作森 慶子さん推薦 時代性と着心地に配慮したシンプルシックな一着を自ら手がけた森さん。「少しモダンに着こなしたくて、ゆるやかに広がるAラインをフルレングスに近いロング丈に。スーツ用に開発されたハイクオリティな素材なので着心地も◎」。仕事にもおすすめ。 ★ベルトつきワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販(森慶子×エクラ) ネックレス¥30,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥22,000/アルファPR(アエタ) 靴¥23,000/オカイユ(ボールページ)撮影で富岡さんが着用した姿を見て即、購入決定!副編U推薦 「5月号の撮影で、富岡さんがこのワンピースを着用して撮影する現場に立ち会い、ひと目惚れ。昔から好きなブルー系ストライプのシャツ地のさわやかさもさることながら、ふわっと風をはらんだシルエットで雰囲気が出せるなと思って!(笑)」。二の腕や肘が隠れるデザインスリーブは大人に優しいデザイン。はおりいらずで着られるのもうれしい。 ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド)ミズイロインドはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>大好きなシャツワンピースこそ今どき感を重要視大野智子さん推薦 シャツワンピース好きの大野さん。撮影で出会ったリトを即、購入。「一枚で着ても様になるし、暑い夏にだらしなく見えないことも大切な条件。この手のワンピースは、お気に入りを見つけたら毎シーズン買い足しています。スニーカーやかごバッグを合わせてデイリーに着たいです」。大人に寄り添う白は、ゆったり着られるデザインがマスト。 ワンピース¥39,000/ザ・ウォール ショールーム(リト)夏の悩み、ラフすぎ&もの足りなさに “着映え感”を添えるお気に入り福田亜矢子さん推薦 福田さんがディレクターを務めるノーク。「着ていてとにかくラクちん。リネンで雰囲気のあるマキシ丈が気に入ってます。ペタンコサンダルでドレスダウンが今の気分」。 ワンピース¥14,000/ノーク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥19,000・バングル¥12,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ストール¥27,500(アソース メレ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店 靴¥69,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)ありそうでなかった!脱・コンサバなレース松井陽子さん推薦 目をひくのは、シルバーグレージュの美しい色と静謐(せいひつ)なコットンレースの表情。異なる2種類のレースを使ったノースリーブは、ギャザーたっぷりの甘めデザインながら洗練された雰囲気。「ともするとコンサバになりそうなレースを、さりげない大人のワンピースに仕上げたところが素敵。あえてスポーティなサンダルやバッグで着こなしたい!」。 ワンピース¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)凛とした麻素材に香るエレガンスに心惹かれて編集長O推薦 女らしさとほどよい華があるワンピースが好みの編集長。「今年はリネンにも惹かれて、こちらを購入。実用性抜群なのに、歩くとスリットから脚がさりげなく見えたり、ゆるやかに体に添ったシルエットがとにかくエレガント。ジュエリー映えしつつ、ペタンコのサンダルでも様になる。この懐の深さが一番の魅力かもしれませんね」。ベルトなしで着用しても。 共布ベルトつきワンピース¥58,000/ebureレギンスとの重ね着でほんのりエスニックをきれいめ仕上げ徳原文子さん推薦 「今どきでいつ、誰に会っても好印象を与えられる一枚です」。素材はコットン。 シャツワンピース¥36,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ) レギンス¥12,000/サードマガジン ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>今シーズンこそワンピース感覚のオールインワンに挑戦編集S推薦 数々のブランドから登場するオールインワンを見てマイベスト探しにスイッチが。「以前ステラ・マッカートニーが着ていたクールでモードな姿にひと目惚れ。カジュアルなワーク見えを避けたいので、柔らかな素材を探していて出会った一枚です。とろみ素材のネイビーが私好み。ヌーディなサンダルに大ぶりのピアスやバングルを合わせたい!」。 オールインワン¥39,000/エッセン.ロートレアモン洗練エスニック柄なら大人かわいい着こなしができる坪田あさみさん推薦 「プリントワンピースは、一歩間違えるとおばさんっぽく見えると警戒していたのですが、これは別格。土くささを抑えた洗練されたプリントが気に入りました。休日のショッピングに、ブルゾンやダッドスニーカーを合わせて楽しむ予定」。シフォンの透け感で軽やかに着られるマキシだから、タンクトップとデニムにはおっても。 ワンピース¥88,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)シルクのとろみ感でシャツワンピースを大人モードに池田奈加子さん推薦 シャツワンピース好きの池田さん。「カジュアルな素材が多い中、シルクの黒はまさに私好み。はおりとしても使えるので季節をまたいで楽しめるのも魅力です」。 シャツワンピース¥29,000/サードマガジン イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)仕事にもきちんとした席にも! 理想のワンピースに出会えました村山佳世子さん推薦 ボートネックにフレアスリーブのワンピースは、腰に飾りとしてのレザーベルトつき。「夏らしいかごバッグやサンダルも似合うし、首もとに小さなスカーフを巻いて、ワンピースと同じネイビーの靴とバッグを合わせてもいい。白小物なら少しモードにと、コーディネートがたくさん浮かぶところも気に入りました」。素材は張りのある綿麻。 ベルトつきワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)イル サンダーロ オブ カプリはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>欲しいのは脱・無難な更新ワンピース宮崎桃代さん推薦 「大人がプリントを着るなら無地感覚のシックな柄を、となるけれど私の場合、着るなら大胆にいきたいし、変わり映えして見えるのが目標。チューリップ柄ですが、大きな柄使いと潔い配色だから、小気味よく着られそう。リゾートとはひと味違う、街ならではのプリントを選びました」。とろみ素材、Vネックのカシュクールデザイン。 ワンピース¥59,000/トゥモローランド(ナンバーシックス)慣れ親しんだシルエットを等身大仕様に更新編集M推薦 「いつもならベーシックカラーに手がのびるのに、展示会でこのライラック色にひと目惚れ。若いころ着ていたフィット&フレアですが、大人も安心して着られる丈感や、ボディラインを強調しない落ち感のあるとろみ素材を使うなどの配慮に感激! 今の私も臆することなく着られそうです」。素材はトリアセテート×ポリウレタン。 ワンピース(6月展開予定)¥34,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【3】池田奈加子さんが提案! 最愛の一枚異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかに マキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。 ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽく エターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。 ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーに ウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。 ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンさりげなくも、意外性のあるデザインが新鮮 ほのかに透ける裏地がホルターネックのような仕立てになっていて、ラグランスリーブのように見えるデザイン。肩から袖にかけてボタンがあしらわれ、そのすき間から素肌が見える仕掛けに。シックな配色も効いて、凛とした女性らしさがかなう。 ワンピース¥55,000/サザビーリーグ(エキップモン) ピアス¥55,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) 靴¥100,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)ていねいな縫製が生む美しいたたずまいを堪能して 玉虫色のような輝きをはらむ絶妙カラーのワンピースは、上質な生地を2枚重ねた特別感が魅力。フロントのタックや、変化形のフレンチスリーブ、たっぷりとギャザーのとられたバックスタイルなど、こまやかでていねいな縫製が生む美しい仕掛けが、大人の女性を美しく引き立ててくれる。 ワンピース¥180,000/ブラミンク バッグ¥22,000(ヴィオラドーロ)・靴¥33,000(チェンバー)/以上エストネーション撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)、金谷章平、坂根綾子、魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子、田澤美香、池田奈加子 モデル/ゆうき、富岡佳子 取材・文/坪田あさみ、向井真樹、松井陽子 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • 女性もこっそり悩んでいるニオイ対策は今すぐ始めて!☆教えてくれたのは・・・汗、角質、靴……ニオイのもとは3方向から断つ足のニオイの原因は、さまざまな要因が絡んでいるから複雑だ。「足のニオイの大きな原因は、汗とストッキングの組み合わせ。女性の場合は汗をかいて、その湿度がこもるストッキングを履いているために、足のニオイ菌が発生しやすくなります。靴の中も油断できません」(桑原先生) 「靴のお手入れは毎日行ってほしいですね。靴の中は汗で湿ったり、古い角質や皮脂汚れがこびりつきやすいもの。これらもニオイの原因になります」(武田さん) 「実は足の古い角質はニオイ菌のエサになります。ガサガサかかとのままでいると、ニオイ菌が育ちやすい環境に。ニオイ予防には角質ケアも必要!」(渡邉さん) ■朝のケア 殺菌、防臭効果のある制汗剤を取り入れる「朝の制汗&ニオイケアで一日ニオイを予防。朝は靴下やストッキングを履く前にデオドラントを」(桑原先生)(右)デオコ 薬用デオドラントロールオン [医薬部外品] 30㎖(オープン価格)/ロート製薬 (中)エージーデオ24 フットスプレー h [医薬部外品] 40g(オープン価格)/資生堂 (左)Ban 汗ブロック 足用ジェル 40㎖(オープン価格)/ライオン■夜のケア 夜は足の指の間、爪の間まで汚れをしっかり落とすこと!(渡邉さん) 指の間を洗うお風呂の中で、ニオイ菌がたまりやすい足の指の間まで洗浄料でしっかりと洗うこと。その後、水気をしっかりふき取るのも大事! 爪のすき間を綿棒でオフ伸びている足の爪と皮膚の間に、ニオイの素はたまりやすい。綿棒などでお風呂あがりに汚れをぬぐい取り、清潔をキープして。 ■靴のケアを徹底!「靴の内側はニオイの原因のたまり場。夜、外出から戻ったら丸めた新聞紙などで湿気を取ること。その後、消臭スプレーを。サンダルの中敷きは汚れをふき取りましょう」(武田さん)(右から)オドクリーン プラチナミスト サンシャインシトラス 100㎖¥1,200・アウター&インナーローション 100㏄¥500/コロンブス【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(モデル) ケビン・チャン(物) モデル/水嶋はるな イラストレーション/本田佳世  取材・文/松井美千代
  • GWも終わり、忙しい日常が戻ってきました。展示会前なので、会社自体は9連休でしたが、個人的には5連休でした。連休に入ってすぐに、少し仕事した後に友人宅のホームパーティに行きました。洋服はLe pivot、ベルトはMAISON BOINET、石のネックレスはリニエ、パールのネックレスは、リズプレスというパールのみ扱う、友人のプレスルームで購入。白革のバッグはH&Mデビットソン、下に写っているエコバッグは、グラナイトギアのもので、この後、お土産を色々買い込むために使いました。靴は、ステラマッカートニー、サングラスは金子眼鏡店のオリジナルのものです。友人夫婦が、先日広尾のガーデンヒルズに引っ越してから、初訪問。敷地内にナショナル麻布スーパーマーケットがあったり、小さく富士山が見えたりで、快適な暮らしの中に心地よい音や空気感があり、私はこの後、すごい勢いで部屋を整えました。友人の旦那様が焼いてくれたチキン。仕込み具合も相当心がこもっていて、今まで食べたチキンの中で、一番美味しかったです。元々みんなが大好きな旦那様ですが、うなぎのぼりに人気者になったのは言うまでもありません。別日に別の友人と、大門まで小籠包を食べに行き、その後東京タワーの方へ歩いていると、ちょっと旅気分になるロケーションへ。東京プリンスホテルのエントランスでした。一休みしようとバーに行きましたが、GW期間中は閉店時間が早く、代わりにザ・プリンス パークタワーを案内されたので、流れでタクシー移動。タワーというだけあって、一気に近未来的な空間になりました。妙齢女史3人で夜景の見えるバーに行くのもどうかなとは思いましたが、とりあえず乾杯。「デートでいきなりこんなバーに連れてこられたら引くよねー」とは、大人女史3人一致の感想でした。若い時は頑張ってくれたんだなと、思えることも、大人はやはり自然に思えないことはNGなんだなと実感しました。でもその割には、東京タワーの見える席に案内された途端、写メを撮り始めたり、発言と行動は違うようでした連休の最終日には、迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行きました。又別の友人の勧めで初めて行ったのですが、これが素晴らしく良かったです。イタリア産・フランス産・ノルウェー産の大理石も美しかったのですが、晩餐会の招待客に食前酒を振る舞う場として使用するという「羽衣の間」の内装が本当に素敵でした。フランスの18世紀末の古典主義様式の内装とのことでしたが、白・ゴールド・ディープレッドのカラーリングがとても美しくて、ベルサイユ宮殿を思い出すシャンデリアの輝きも一層映えていました。連休初日に、模様替えしたばかりのお部屋を又変えたくなったのですが、白とゴールドが頭から離れず、インテリアではなく、服作りに反映させようと、釦のブックからそんな附属を探してしまいました。そんな充実の連休を過ごしていましたが、やっぱり普段忙しくて中々会えない友人達に会えたのが、一番の連休の過ごし方でした。連休の前には岡山出張へ。GWの少し前には、岡山に出張しました。ごめんなさい。意識してなかったのですが、前回と丸かぶりコーデでした。中に着ているものは色違い。出張に使ったかごバッグも色違いです。気に入ると色違いを買う方なので、そんな感じのコーディネートは多いです。こちら岡山のブルークマレというお店です。この時は、Le pivotのポップアップ展開をしていただきました。H&Mデビットソンのベルトを購入。お取引先で欲しいものがあると嬉しくなり、即決。世の中が、新年号の令和と大型連休の空気でいっぱいのところを、いつもと変わらずに営業してくださっているお店の方には本当に感謝ですね。赤坂離宮の上空で、綺麗なひこうき雲をみました。あんな風に、一つの迷いもなく飛んでいきたいものです。皆様にとっての令和元年が、幸先のよいものになりますように!Le pivot公式サイトhttp://lepivot.jp/bloghttp://blog.lepivot.jp/Instagramhttps://www.instagram.com/lepivot.jp/
  • MORE世代におすすめの「ビタC美容液」、紹介しますニキビ、はり、シミ、くすみ……、どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンC。「ビタC美容」を始めるなら、まずは各社が研究開発に力を入れる美容液からスタートするのが正解! 今ある肌悩みや好みのテクスチャーに合わせて、自分に合う「ビタC美容液」を見つけてみて。シミ・くすみ日差しが強くなるこれからの季節にこそビタミンCの力を借りたい。シミの原因となるメラニンの生成を予防、さらには、ターンオーバーを促進してシミの抑制効果が期待できる一本を。❶シミを予防し、肌を明るく整えるビタミンC誘導体とポスカ®のダブル攻撃で、透明感のある肌へ。フォルミュール ホワイタミン QQ[医薬部外品]15g¥3500(価格は編集部調べ)/ドクターフィル コスメティクス❷シミの原因に働く高純度ビタミンCとトラネキサム酸を配合。メラニンをためがちな肌の助っ人。肌美精 ターニングケア美白 薬用美白美容液[医薬部外品]30㎖¥1300(価格は編集部調べ)/クラシエホームプロダクツはり不足肌の弾力を支えるコラーゲンの生成には、ビタミンCの力が必要不可欠! フレッシュで、高濃度なビタミンCを美容液でたっぷり補って、理想のふっくらはりのある肌へ。❶実現不可能といわれたビタミンC濃度25%を達成。圧倒的な浸透力と即効性で納得の肌実感。オバジC25セラム ネオ12㎖¥10000/ロート製薬❷3種類のビタミン誘導体を配合。プッシュすると美容成分を内包したカプセルがはじける。サンシャイン ビタミン リッチ セラム50㎖¥3200/DHC❸皮膚科医の協力で開発したベストセラー。2種類のビタミンCで健やかな肌に。キールズ DS ライン コンセントレート 12.5C 50㎖¥8800/キールズ毛穴過剰な皮脂分泌が原因の毛穴の目立ちはニキビの原因にも……。その魔のサイクルを食い止めるには、皮脂のバランスを整え、ターンオーバー促進力も持つビタミンCが最適です。ビタCパワーで毛穴→ニキビの負のスパイラルを断ち切って!❶即効性があるピュアビタミンCが、つけた瞬間にほのかな温感とともに角層のすみずみまで浸透。Cセラム15㎖¥4700/ビーグレン❷毛穴の目立ちの原因である皮脂に着目。高配合のビタミンC誘導体とオリゴノールが、毛穴を引き締める。ティーツリーとラベンダーの爽やかな香り。ケイコントロールエッセンス20㎖¥7500/ドクターケイニキビ❸皮膚科医・津田攝子先生が開発。高浸透ビタミンC誘導体を高濃度に配合。肌なじみのよい、サラッとしたテクスチャーでつけ心地◎。パーフェクト C エッセンス30㎖¥7000/ドクター津田コスメラボ❹水分や皮脂バランスを整えて、凹凸が目立たない、毛穴レスできめ細かな肌に仕上げる。エテュセ 薬用Cセラム[医薬部外品]30㎖¥1800/エテュセ ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
  • 最高に今っぽいセットアップを旬小物で飾って仕事もデートもOKに!速攻おしゃれにキマるセットアップを夏に向けてアップデート! きちんと感のあるジャケットに軽快なバミューダパンツ。淡いベージュコーデをおしゃれに引き締めるのはインのブラウンT。この新鮮な着こなしバランスとトレンド配色で確実にセンスアップして。仕上げにパールネックレスとピンヒールで気品を、ベレー帽とかごバッグで可愛げをトッピング。今日は定時で上がって出張帰りの彼を駅まで迎えに行く約束♡ こんなコーデならテンション上がって仕事もはかどる、はかどるっ♪ジャケット¥32000・パンツ¥16000/ルーニィ Tシャツ¥8000/ビショップ(ハンドバーク) 靴¥46000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥36000/エリオポール代官山(ラダ) 帽子¥3600/フリークス ストア渋谷 ピアス¥6400/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール) ネックレス¥23000/カドー 伊勢丹新宿店佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江 
関連キーワード

RECOMMEND