2018年7月号

SPUR.JP

雨の日なりの楽しみ方があります。ファンタジックなストーリーに入り込むのも一興。世界のファッショニスタを参考に、6月のスタイルを更新するもよし。特別付録は”降っても晴れても“楽しめるショッパーバッグ。新進気鋭のアーティスト、ヤナギダマサミのキッチュで可愛いアートワークでどんな日だって気分が上がります。今号のカバーはゴールデングローブ賞主演女優賞のシアーシャ・ローナン。浴衣姿が粋な長濱ねる、山田孝之と長澤まさみの対談と見逃せないトピックス満載の7月号です!

PHOTOGRAPHY:DAMON HEATH STYLING:ELIZABETH SALTZMAN HAIR:TRACIE CANT MAKE-UP:KAREN ALDER MODEL:SAOIRSE RONAN COORDINATION:YUMI HASEGAWA COSTUME:VICTORIA BECKHAM

雨が降ると思い出すのは、どんな場面? 雨のシーンが心に残る映画や音楽、絵本に絵画。雨の日のファッションは、空想の翼を広げて、お気に入りの物語の世界に飛び込んで。8人の女性フォトグラファーと作家の宮木あや子が、雨にまつわる名作をテーマに奏でるファッションストーリー。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

どこかでなくすのが不安だから雨の日はビニ傘、なんて人も多いはず。かく言う私もそうでした。が、やっぱりお気に入りの一本を使えば、雨の日の気分はあがるし、ビニ傘とは比べようもなく大切にしたくなるもの。ここはひとつ、環境にも優しいマイアンブレラを持ってみませんか? PVCブームの今、実はビニ傘もデザインが豊富です。ぜひ今年の梅雨こそお気に入りを見つけてください!

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

ローカルバスを待ちながら、ひとつの恋に終わりを告げる。そんなセンチメンタルなナンバーを胸に、夏のレイヤードスタイルをご提案。小花柄の透けるドレスに、つぼみ柄のブラウス、スポーティなタンクトップを重ねた、モダンでロマンティックな着こなしから物語はスタートします。舞台は、幻想的なフルーツ・バス・ストップ。いちご、みかん、メロンなど、フルーツモチーフとのリンクもお楽しみに。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

6月14日に開幕する2018 FIFAワールドカップ ロシア。もしも自分がピッチサイドにいたら……? そんな妄想からこの企画が生まれました。旬のスポーツ・ハイブリッドをまとい、勝負に一喜一憂する姿はイレブンより熱いかもしれません。応援気分を盛り上げる、観戦スタイル・サンプルとしても役立ちますよ。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

仕事終わりでも、飲んだ後でもふらっと気軽に立ち寄れる、深夜営業の古着店が増殖しています。今、おしゃれな女性のナイトアウトのかたちは、ヴィンテージ・クルージングであると言っても過言ではありません。本特集では、夜に行きたい個性あふれる古着店をさまざまな切り口で紹介しています。クルージング中のおしゃれさんスナップや、居酒屋からの古着店ホッピングなど、今知りたい情報を濃縮しました!

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

「SPO」=「すぐ・ポチる・オンナ」。ファッション、暮らしまわり、グルメ、ビューティ……さまざまな「オンラインで買えるおすすめアイテム」をご紹介する当シリーズ、今回は夏フェスに向けたグッズです。賢いフェス支度のためにはまず、達人のレコメンドを参考にすべし。「何持っていく!?」を解決します。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

女性をエンパワーメントするムードにあふれていた2018-'19年秋冬シーズン、 SPURが見出した「ワーキングガール」というキーワードでランウェイレポートをお届けします! '80年代からタイムスリップしてきた“おやじギャル”とともに、これからの 時代を切り拓く女性のためのマストトレンドやニュースをチェックしてください。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

ジェニファー・ローレンスやアン・ハサウェイといったセレブリティからラグジュアリーメゾンまでも虜にする、NYのトップマニキュアリスト、アリシア・トレロ。彼女がSPURのQ&Aに答えるエクスクルーシブな特集です。ハワイにバカンスに行くなら? 白Tシャツを着る日はどうする? など、初夏のシーンに合わせたネイルデザインで、モードな手もとを完成させて。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

「Q.イタさを出さずに目を大きく見せるには?」、「Q.ケンダル・ジェンナーの骨格になるには?」などちょっと無理めの質問に、ビューティ・エディターが答えます! しかも、そのアンサーはたったの15秒で完成する、超~お手軽な時短ティップス。暑い夏のスキンケアのお悩みから、一気に今らしいおしゃれ顔になれるメイクアップまで。明日のあなたを美しくするアイディア集です。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

「ビリヤニ」って、知ってますか? 中東のイスラム文化から生まれ南アジアに伝わり、インドで完成したいわば「スパイスの炊き込みご飯」。最近これにハマっているという人が続出中で、「水曜日のカンパネラ」のボーカル、コムアイさんもそのひとりなんです。ビリヤニラバーが語るその魅力から、マイ・ベスト・ビリヤニ、さらに東京の外れなしの名店までご紹介します。

エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)

 

関連記事
  • \ ファッションブランドのイチオシゆかた /  Lily Brown 人気ファッションブランド『リリー ブラウン』からもゆかたが登場! 洋服同様、ゆかたもちょっぴりヴィンテージ感のある色や柄でオリジナリィあふれるデザインが特徴。ゆかたでも自分らしい着こなしがしたい! そんな人にぴったりのラインナップ。めずらしいプロテア柄で個性を発揮して 存在感たっぷりのマスタード地にパープルで描かれているのはプロテアというお花。花言葉は「自由自在」というだけあって、枠にとらわれない自分らしい着こなしを楽しめそう。シャイニーなビーズのバッグを合わせて洗練された大人な印象に!   ゆかた・帯・作り帯の3点セット¥16000・バッグ¥10400/リリー ブラウン  シックなモスグリーンの帯がセットに マスタードゆかたを奥行きのある着こなしに見せるモスグリーンの帯と作り帯がセットに。洋服でもトレンドのアースカラーの組み合わせで友達に差をつけちゃおう。ハリのある縦縞生地で着こなしがきれいに ややハリのある生地のため、着た姿がきれいに決まるよ。さりげなく縦を強調する縞模様が入っているから、細見えはもちろん、表情が豊かなので着映え効果も高い。  モスグリーンの帯は牡丹と小花柄 モスグリーンの帯には、華やかな牡丹と小花があしらわれている。立体感が出て、高見えが叶うよ。    他にもあるよ♥ブーケ柄で大人っぽさも華やかさも欲張りに シックな黒地に描かれたのは赤や水色、イエローのお花で作られたにぎやかなブーケ。細かな柄だから花が目立ちすぎず大人っぽい雰囲気で着られる。大ぶりのピアスで顔まわりを盛って、ゆかたの華やかさとバランスをとって。   ゆかた・帯・作り帯の3点セット¥16000・ピアス¥3800/リリー ブラウン  くすみイエローの帯で花柄を大人に昇華 セットの帯はトレンドのくすみイエロー。たくさん使われているゆかたの印象を引き締め、全身のアクセントにもなる。帯と作り帯には牡丹や小花の織り柄入り。  ▶アパレル浴衣をもっとCHECK!撮影/細谷悠美 スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子
  • なかなか見つからない、ワイドなのに美脚パンツはこのブランドで調達土日は汗ばむ陽気でした。 1週間前は肌寒かったのが嘘のようです。 この日はブラウス1枚でOKでした。 甘めのフレア袖ですが、フラワープリントがシックでVネックなので甘すぎずちょうどいいバランス。合わせたのはSHIPSのリネン素材のベージュパンツ。 仕事でもプライベートでも穿けて合わせる服を選ばないパーフェクトカラー。 つかず離れずの生地感はワイドパンツでありがちな「ダボつき」を解消し、スッキリしたシルエットをキープしてくれます。 リボンベルトもポイント。 ブラウスはウエストインしてすっきりと。サンダルとバッグもベージュで揃えてワントーンコーデに。 ベージュのような淡色コーデのときは、小物もベーシックなトーンや色みをそろえて色数を抑えることで、こなれた印象に見せることができます。実は同じベージュでも、ブラウスとパンツはグレーよりのベージュ、サンダルとバッグはブラウンよりのベージュで合わせたところがちっちゃなこだわりです(笑)blouse GU pants SHIPS sandals PICHE ABAHOUSE bag AYAKOワイドパンツは最新アイテムではないので、ウェブページが見つからず、スミマセン。 以上、お気に入りブランドのアイテムを使ったコーディネートでした。美女組No.161 愛のブログ
  • あたたかくなってきたな~、 とのんびりしてたら あっという間に暑くなってきました! 5月6月の季節の変わり目は洋服だけでなく ネイルのデザインもどっちに寄せるか迷いがち。 そこで2回にわたっていい所取りなネイルを オーダーして来てきたのでご紹介します♡シェルを散りばめた涼しげネイルゴールデンウィークに合わせて ちょっぴり派手目にしたデザインは、 春らしいピンクのシェルを散りばめた さわやかデザイン♡ 真ん中のラメがシェルにも負けない存在感を放っていてお気に入りです! カラーリングは春っぽく、 使う素材は夏っぽくいいとこどりの デザインにしました。 夏になったらこのホワイトの部分を クリアカラーにしたり もっとラメにしたりすると良さそうです◎春ブラウスとデニム、みたいな組み合わせデニムにお花柄のふわっとしたブラウスをコーディネートした時をイメージしたこちらのデザインも春夏のぽかぽかな時期にぴったり! デザインを見て即決でした♡ デニムは色合いは、濃いブルーと この明るいブルーが選べたのですが、 季節的に軽めの色が良さそうだと 思い明るめをチョイス♡ ほんのりホワイトを載せてるので 浮いて見えません。 ピンクとイエローのお花で 女の子らしくまとめましたが、 ブルー系でさらに爽やかにしても 可愛いと思います!季節感ミックスでもっと可愛く♡夏はもうすぐそこですが、 春ネイルもまだまだ楽しみ切れてない! という方はぜひいい所取りしてみては?♡モアハピ部 No.655 Yukipi のブログ
  • スウェット¥2999/SPINNS Tシャツ¥1900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(センスオブプレイス) パンツ¥11000/RD ルージュ ディアマン バッグ¥5000/アトモス ピンク原宿(グレゴリー) スニーカー¥12000/デサントジャパン お客様相談室(ルコックスポルティフ)ラベンダーが目を引くワイドパンツは細く入ったストライプでトレンド感も抜群。シャツやブラウスとももちろん相性抜群だけど、ゆるスウェットやスニーカーでラフに落とし込んだメンズっぽアレンジもかっこいい! 短め丈トップスでバランスよくまとめて。モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/平野愛(broocH) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スニーカーコーデ記事一覧はコチラ
  • ミラベラがおすすめする初夏のコーディネート。色で遊ぶ、柄で遊ぶ、スポーツミックススタイル、ラフスタイル、エアリーや透け感、“夏が楽しくなる”スタイルを提案します。 花と蝶のようなカラフル可愛い春コーデ 歩くたびに裾が揺れる、細プリーツ&ひらひらフリルの旬スカート。花柄トップスと合わせて春めきスタイルへ。 トップス/TOGA_ ¥39,000 スカート/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥64,000 遊び心を隠した旬トップスを気負いなく 袖ぐりの開いたゆるトップスは、コーディネイト自在の優れもの。今日はキレイめボトムスでバランスを取って。 トップス/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥29,000 パンツ/LEMAIRE_ ¥75,000 トロンプルイユ風のプリントが今気分 シャツプリントのブラウスにマニッシュなシューズ。ユニークなのに、きちんと感の漂うモードなスタイル。 トップス/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥49,000 スカート/N°21_ ¥59,000 シューズ/LEMAIRE_ ¥84,000 絶妙バランスで魅せる大人の春フェミニン ドレープ使いのフェミニンドレスは、まとうだけで優しい気分。かっちり系のデニムジャケットをアクセントに。 アウター/TOGA_ ¥39,000 ドレス/LEMAIRE_ ¥62,000 シューズ/LEMAIRE_ ¥84,000 ローズ柄の美麗シャツで印象的に コーデの主役は、光沢生地にローズ柄をのせたレディなシャツ。タックインでバックスタイルもアピールして。 トップス/TOGA_ ¥49,000 ショーツ/TOGA PULLA_ ¥28,000 サンダル/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥58,000 mirabella shopping guide ●ご注文はパソコン、スマートフォンから24時間可能!https://flagshop.jp/mirabella/ ※商品が売り切れ次第、販売を終了することがあります。 ●お支払い方法:Amazonペイメント、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、代金引換(商品到着時に現金でお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、NP後払い(コンビニ、銀行、郵便局にて後払いでお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、dケータイ払いプラス、LINE Pay、コンビニ前払い、銀行前払い(ATM、ネットバンキング)、auかんたん決済※AmazonはAmazon.com,Incまたはその関連会社の商標です。 ●配送料:一律送料¥500(税抜き)※会員登録をしなくてもお買い物をお楽しみいただけます。※取引の詳細につきましては https://flagshop.jp/mirabella/guide/ でご覧いただけます。※弊社個人情報の取り扱いについては https://flagshop.jp/mirabella/privacy/ をご覧ください。 ●お問い合わせ先:集英社FLAG SHOP 0570-008-010 受付時間 9:00〜20:00(年末年始を除く)※メールでのお問い合わせサイト内の専用フォームからお問い合わせいただけます。サイトトップ下方の「ショッピングガイド」をクリックし、右下の「お問い合わせ」より、必要情報をご入力のうえ、送信してください。
  • 夏日って突然やってきますよね。先日ロケで牧場へ行った時にも、まだまだ初夏という心づもりで臨んでしまったらえらい目に遭いました。フォトグラファー、スタイリストと女子チームで終わった後に打ち合わせをしていたのですが、もっぱら話は「今日焼けたよね……」「顔が痛い……」「首が真っ赤……」という日焼けと美容の話。日焼けした後ってしみやそばかすが一番こわいのですが、それ以外にも肌が硬くごわごわになってそれをもとに戻すことに時間がかかるのが個人的にはつらい。そんな話をしていたらスタイリストさんに「いいブースターがコスメキッチンに売っているよ」と朗報をもたらしてくれました。しかもその時コスメキッチンと私の距離は10メートルくらい。もう買いに走りますよね。 というわけで、勢いに任せて買ったけれど噂に違わぬ仕事をしてくれたのがこちら「ハス花ブースターセラム」(税抜5800円)。4種類のボタニカルオイルのオイル層とハス花などのフラワーエキス&エイジングケア成分のエッセンス層の2層式になっていて、使用前に振ってから化粧水の前に使用するタイプのブースター美容液。これがほんとに化粧水をぐんぐんいれてくれるんです。まさに「ごくごく飲んでいる」感じ。日焼けしてかたくなった肌は化粧水の入りが悪くなりがちですがこれを使ってからはまったくそんなトラブル知らず。それどころかふっくらハリはありつつ肌が柔らかくなっていて、いつもは乳液までつけないとすぐ乾いてしまう気がする化粧水も、ブースター→化粧水の工程だけで十分潤うので乳液をつけるのを忘れてしまいそうに。夏こそ保湿。相性もあると思いますが、万年乾燥肌の方におすすめです。
  • 日に日に気温が上がり、地域によっては30度超えなんて日も! 平均気温25度前後のこれからの時季、30代女子にとって悩ましいのはオフィスや電車などで冷房が効きすぎることですよね。とくに1日過ごすオフィスが“冷房が強くて寒い…”なんてことになると悲劇。そんなときにあると安心なのが、さっと羽織ってサマになるジャケットやカーディガン。もちろん、今っぽさをちゃんと出せる旬のデザインを集めました!  ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ 2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ着こなしにお仕事感を添えてくれるネイビーのダブルテーラードはオフィスのマストアイテム。ブルーのスカートと同系色でまとめればトラッドなジャケットも今っぽく。冷房が気になったら袖を通さず肩掛けするだけで対策になる。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) →元記事はこちらから>ライトベージュのジャケットは通勤時はもちろん、休日のデニムスタイルにも合わせやすい万能アイテム。合わせるインナーやボトムの色を選ばないので一着持っておくと、オフィスではもちろん、休日のカフェやデパートでも活躍。ジャケット¥79000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー)  →元記事はこちらから>遠目には無地に見える細かいチェックのベージュジャケット。カフスを折り返してブラウンがのぞくデザインも着こなしのしゃれ感アップに一役。ちょっぴりゆるめのシルエットは袖を通さず肩に羽織るだけでも素敵。ジャケット¥26000/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店 →元記事はこちらから> 一気に今年の気分にさせてくれるドットワンピース。レストランやデパートなど休日のお出かけ先でも冷房は気になるもの。ベージュのきれいめジャケットを持っておけばどんな場所でも対応。ジャケット¥79000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(カバナ) →元記事はこちらから>チャーミングな白Tとチェック柄フレアスカートのコンビには、コーデをきれいめにまとめるネイビージャケットがお似合い。白のボタンがアクセントになって、着こなしにマリンな風を運んでくれる。ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン →元記事はこちらから>きちんと感を底上げしてくれるリネン混ジャケット。さらっとした着心地の一着はオフィス内でも外出先でも、いつだって快適さをキープ。ジャケット¥23149/バナナ・リパブリック →元記事はこちらから>凜とした濃グレージャケットは大柄チェックワンピに肩羽織りするだけで大人の余裕を感じさせるコーデに。休日はもちろん、オフィスでも活躍させて。ジャケット¥58000/ジャーナル スタンダード 表参道(テラ) →元記事はこちらから>シナモンベージュのジャケットはコーデにきちんと感を添えるのはもちろん、大人の可愛げも引き出せる色。冷房の効いたオフィス内だってほんのり甘くまとめたい。そんな人にはこんな色をおすすめ! ジャケット¥36000/トゥモローランド(バッカ) →元記事はこちらから>これから時季、デパートやスーパーでも冷房がしっかり効いているからお買い物時にも羽織りものを忘れずに。できる女感を添えられるダブルボタンのジャケット。ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) →元記事はこちらから>肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材が今から真夏まで活躍を保証。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜け感を出して。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのも素敵。ジャケット¥48000/オーラリー →元記事はこちらから>ステッチとポケットでジャケットのまじめさをほどよく引き算。すっきりしたフォルムと無造作なウエストマークは着やせ効果も! 柔らかな着心地で仕事も効率よく進みそう! ジャケット¥34000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) →元記事はこちらから>クリーンなホワイトが映えるほどよい光沢と、肌ざわりのいい質感がこれからの季節にぴったり。シンプルでコンパクトな丈感は、オフィス内でさっと肩掛けしてもバランスよく見える黄金のシルエット。ジャケット¥22000/ケティ →元記事はこちらから>端正なネイビーのジャケットで小花柄ワンピースを引き締め、ちょうどいい甘さを帯びた大人の通勤服に昇格。ジャケット¥29000/アクアガール丸の内(アクアガール) →元記事はこちらから> 茶系リネンジャケットがキュートなドットがワンピースを年相応のきれいに導いて。旬のテラコッタはオフィスでも映える色。ワンピース¥46000/エフユーエヌ(フォンデル) ジャケット¥45000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィムガゼット) →元記事はこちらから>どんなインナーとも相性がよく、ジャケット特有のお堅いムードをやわらげてくれる優秀なカラーレス。モノトーンでまとめた日も、クリーンな白が女性らしさを出しつつ、見た目の涼しさも演出。ジャケット¥15000/プラステ →元記事はこちらから>きちんと感もある一重のノーカラージャケット。気軽に羽織れるアイテムだから、カーディガン感覚でオフィスに常備しておきたい。ジャケット¥19000/インディヴィ →元記事はこちらから>2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ足首まで届くロング丈で冷房対策は万全に。存在感のある丈だから主張しすぎない濃いめのベージュが賢い選択。ストライプのワンピーと合わせればすらりと縦長効果を狙えてスタイルアップに。カーディガン¥39000/ブランドニュース(ハクジ) →元記事はこちらから>定番のカーディガンこそ、今季トレンドの薄手ロング丈に更新を。オフィスコーデにマッチする上品ネイビーが万能。カーディガン¥24000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) →元記事はこちらから>ヒップまですっぽりカバーするロング丈。ボタンがついていないデザインだからどんなアイテムと重ね着をしてもスマート。さらりとした質感が肌に心地いい。カーディガン¥21000/リエス →元記事はこちらから>やわらかなパステルイエローで顔まで華やぐ。冷房対策兼、差し色効果も狙えるきれい色カーディガンも持っておきたい。カーディガン¥7990/プラステ →元記事はこちらから>淡いクリーム色のカーディガンをさっと羽織れば、着る人の表情まで優しげに。ボタンをとめてグッドガールな着こなし。カーディガン¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>女らしさが際立つリブカーディガン。鮮やかなピンクも印象的。カジュアルなボーダートップスもベリー色もカーディガンを合わせて可愛げな印象にシフト。カーディガン¥19000/インターリブ(サクラ) →元記事はこちらから>淡グレーのロングカーデ。さらりと心地よい肌ざわりと、UPF15のUVカット機能だから、オフィスでの羽織りとしてはもちろん、紫外線が気になるこれからの通勤に最適。カーディガン¥2990/ユニクロ →元記事はこちらから>編み目の詰まったハイゲージなら、ロング丈でも上品。肌ざわりのいいコットン100%。共布ベルトつきでアレンジも自在。カーディガン¥24000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー) →元記事はこちらから>リネンとコットンがベースのさらっとした着心地が今の時季にぴったり。濃ブラウン&ボリュームのある長め丈でも、軽やかに着こなせるのがいい。Tシャツとデニムでラフにお出かけする日も1枚持っておくと温度調節に役立つ。カーディガン¥18000/ルーニィ →元記事はこちらから>
  • BAILA6月号、皆さん既にお手に取っているタイミングですよね。 今回の付録はアクセサリーポーチ。 アクセサリーポーチって実は、 華奢なイヤリングの収納に困るのですよね。(本音) ピアス用の穴が開いた場所を使えないので、大きな部屋に入れるしかない。 ↓ 絡まる。壊れる。 イヤリング派の皆さんは分かってくれると思うのですが…。 職業柄、多くのアクセサリーを持ち歩く私はいつも困るのです。今回の付録ポーチにはファスナー付きポケットが付いているので、 これでほぼクリアしてくれるのがまず嬉しいところ。 こういう細やかな配慮、付録なのにと驚きます。 更に収納力アップを狙って一工夫してみました。見覚えありませんか?使うのはこれ。 アクセサリーを購入した時に箱に入っている、スポンジのアレです。 これにカッターで切り込みを増やして、華奢イヤリング達をぎゅうぎゅう。 すると冒頭の写真のように、スッキリ! けどこれが出来るのも、ファスナー付きポケットがあるから。 もしこれが無いと、 蓋裏に仕舞った大振りイヤリング達とぶつかってしまう ↓ 絡まる、壊れる。 このコースですから。 こんなに量持ち歩かないよ!と思われたなら…ごめんなさい。笑 instagram/ @nishijima_madokainstagramにも写真あげてます。 お洋服、美味しいもの、お仕事のこと。スーパーバイラーズ 西島まどかのブログ
関連キーワード

RECOMMEND