カイリーのイケメンボディガード騒動に思う、女の「守られたい願望」 #深夜のこっそり話 #997

SPUR.JP

セクシーな男性に目がない私が最近もっとも興奮した人物が、カイリー・ジェンナーのイケメンすぎるボディガード。パパラッチ画像で脚光を浴びているのが、ティム・チャング。カイリーを甲斐甲斐しくサポートする様子に、ツイッターでは「あんなイケメンにお世話してもらえるなんて羨ましい!」という羨望の声が続出。しかしあまりのかっこよさに、人々の妄想はエスカレート。なんと“カイリーの愛人説”から、“カイリーの子供の父親はティムなのでは?”という噂まで浮上する事態に。 

収拾つかなくなった事態に終止符を打つべく、先日ティム本人が、インスタグラムで声明を発表。カイリーとはあくまでプロフェッショナルな関係を貫いていること、さらに、カイリーの家族にとって迷惑な噂をこれ以上広めないでほしいと、力強いメッセージを発信した。 

「いい迷惑だろうなあ」なんて同情しながらティムのインスタグラムを見ていると、「まあ、仕方ないか」と思ってしまうほど、文句なしにかっこいいのだ。ボディガードの傍らモデルとして活躍している彼は、ボディだって完璧。シックスパックを露わにしたトップレス写真なんか、カイリーが惚れたと聞いても、ちっともおかしくない。

そんなときにふと頭をよぎったのが、彼がもしボディガードでなかったら、ここまで話題になったのだろうか?ということ。これまでもベッカム家やジェイソン・モモアらスターたちのボディガードが“イケメン”ともてはやされてきたが、もし彼らがただの友達やマネージャーだったら、世間の反応は違ったのでは?と。

ハリウッドでは“セクシー”と言われる俳優の多くがヒーロー役を演じてブレイクしていたり、日本でもかつて消防士のカレンダーが大流行したということからも、女性は潜在的に“強い男性に守られたい”という本能から男性を選んでいるようにも思える。そんなことを男友達に話していた夜、「セレブならまだしも、マンモスと戦わなきゃいけないような時代でもあるまいし、そんな本能が残される必要があるのか」と問いかけると、ため息まじりに「だからお前は彼氏ができないんだよ」と一言。彼曰く、素直に「守ってほしい♡」と甘えられる女性ほどかわいいものはないんだそうな。「そんな細い腕で誰を何から守るのよ」という反論はグッとこらえ、黙ってインスタグラムのアイコンをタップ。ティムのたくましい二の腕を眺めながら、“守られたいイメトレ”、始めてみました。

Kylie is calming a storm of rumors that her bodyguard and not Travis Scott is Stormi’s father. #tmz #kyliejenner #travisscott #babydaddy

TMZさん(@tmz_tv)がシェアした投稿 -

>>【SPUR】CELEB NEWS - セレブニュース | CULTURE 1/58

Tシャツを脱げば、このムキムキボディ!Photo : Instagram (timmm.c)

スーツ姿だって、キマリまくり。Photo : Instagram (timmm.c)

ジェイソン・モモアのイケメンボディガード(写真左)。ジェイソンの方が強そうな印象ふくめ、ツボです。Photo : Getty Images

ベッカム家のボディガードは、イケメン揃いの一家にも引けをとらぬ美男子。Photo : Getty Images

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND