【牡羊座(3/21~4/19生まれ)】5月15日~31日の運勢

SPUR.JP
5月後半最大のトピックスは7年ぶりの天王星の移動。15日の牡牛座の新月に続き、16日には天王星が牡牛座に入り、火星が天王星の本拠地である水瓶座に入ります。あらゆる「価値」「価値観」を見直す時代のスタートです。モノからココロへ、所有からシェアへ……など、経済活動を含む多くの分野で転換が起きるでしょう。美の在り方も変わりそう。これからは個性を生かせば生かすほど流れに乗れるようになります。

自分の中に埋蔵された金のツボを掘り起こせ!

[ 全体運 ]

16日、あなたの星座に7年間滞在した変革の星・天王星が去っていきます。チャオ〜! これからはあなたの能力を生かせば生かすほど、豊かさが流れ込んでくるステージ♪ 仕事の肩書きが増えたり、趣味が仕事になる可能性もありますよ。働き方やお金の稼ぎ方のバラエティーがどんどん豊かになっているこの時代。あなたはその先端を行くかもしれません。
意識が未来志向になる5月後半は、新しさやユニークさを感じる場所・ 人・グループに関わってみましょう。「宝の持ち腐れ」になっていた才能や魅力の活かし方がつかめるかも。お仕事は「コスト」と「費用対効果」を意識しておくとうまくいきます。
なお、これからしばらくの間、反抗心や改革意欲が高まるため、そのエネルギーのはけ口が見つからないと、だれかれ構わず食ってかかりたくなります。他人は変えられません。せっかくのポジティブなエネルギーは自分のために使いましょう。

フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2017年下半期占いはこちらから>>
あなたの幸運なカラーやモチーフを診断してくれる今日の運勢占い>>
フランチェスカ先生が今のあなたに届ける「アモーレ メッセージ」>>

[ ポイントデー ]

★5月21日★

この日を境に行動力とコミュニケーション力がアップ。

フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2017年下半期占いはこちらから>>
あなたの幸運なカラーやモチーフを診断してくれる今日の運勢占い>>
フランチェスカ先生が今のあなたに届ける「アモーレ メッセージ」>>

関連記事
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
  • アラフィー世代の羨望の的、美容ジャーナリスト・安倍さん&美容エディター・松本さんに美貌の秘訣を徹底取材! お二人が実践する、気持ちを切り替えたいときの美容法をご紹介。Q.気持ちを切り替えたいときの美容法は?安倍/ヨルダンのお塩でデトックス「煮詰まったときや気持ちを切り替えたいときは、お風呂にソルトをたっぷり入れて、デトックスするのが一番。最近教えてもらいハマっているのは、波動音楽。自分の波動に合う427Hzと528Hzの音楽を夜、聞いています」 ヨルダン側の死海の深層部から採取した、天然100%の塩。ジョルダニアン デッドシー ソルト 500ℊ¥3,800 / BARAKAジョルダニアン デッドシー ソルト バラカはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>松本/日中は目もと美容液で険をとって、仏顔に(笑)「仕事で忙しいときや煮詰まっているときは、このロールオンタイプの目もと美容液で目まわりをクルクルとマッサージ。保湿するとともにリフレッシュして、険しかった表情が明るく優しげに変わっていくのでお気に入りです」 香りに癒される、ロールオンタイプの目もと美容液。ソウス デクラ アイセラム コンセントレ 12㎖ ¥8,000/インフィオレ安倍佐和子さん 出版社で美容誌の編集者を長年経験。現在は、フリーランスとして、雑誌や広告ほか、Instagramでも人気を博し、高い発信力をもつ。メイクからスキンケア、医療美容、ホリスティック系まで、幅広い美容分野に精通。 松本千登世さん 航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、出版社にて雑誌の編集作業に携わるようになる。現在は、フリーのエディターとして、鋭い審美眼と温かい視点で女性の魅力を分析し、世の女性にきれいになるヒントを発信。>>「ビューティ界2大美女のセルフ美容」はこちらから撮影/ケビン・チャン 取材・文/中島 彩 ※エクラ6月号掲載
  • この人生、悪くはないけどものすごく良くもない。30代になってこれから新たに特別なことが起きそうもない…。そんな状況で人生に“飽き”を感じる人たちも。「今が人生のピーク」という読者の皆さんのコメントを集めてみました。 以前の記事はこちらから将来の展望がなく、今が人生のピークかも。特に代わり映えしない事務職のため、上を目指すという概念がありません。今の仕事は安定しているけれど、これから収入や立場が上がるわけでもない。今はよくても10年後など将来のことを考えるとこのままだらだら同じ生活を続けていてもなぁ、と感じます(29歳・事務職) このまま一生独身が続く自分を想像したとき、「その人生、飽きそう」と感じる。私の人生は、今よりも楽しくなることはないんだろうな、と(33歳・自営業) 働き始めて約10年。給料も人間関係もまぁ普通な感じでよくも悪くもなく。大きな昇給もないし、仕事自体にも環境にも飽きている気がするので転職して環境を変えてみたいとも思うのですが、その自信もない…(34歳・会社員)“飽きた感”はどこからくる? アンケートで浮かび上がってきたのは、ルーティン化した毎日や、楽しいはずの経験でも以前ほどの高揚感がない、という生活や感情の起伏のなさ。一方で、欲しいものを手に入れてきたという満足感が“飽き”につながったり、大したことない現状とさらに明るくない未来という、先読み的な“飽き”を感じるケースも。ある程度人生に慣れてきたことからくる「惰性で生きている感」が飽きの正体!?イラスト/いいあい 取材・文/東 美希
  • 5月20日~6月19日までの運勢天文心理学やホロスコープカウンセリングにも詳しいアイラ・アリス先生が占う12星座占いで、5月20日~6月19日までの運勢を見てみよう♪3/21 ▶ 4/194/20 ▶ 5/205/21 ▶ 6/216/22 ▶ 7/227/23 ▶ 8/228/23 ▶ 9/229/23 ▶ 10/2310/24 ▶ 11/2211/23 ▶ 12/2112/22 ▶ 1/191/20 ▶ 2/182/19 ▶ 3/20友達が企画する会で彼候補が見つかるかもTotal 物事がスイスイはかどりそう。停滞していた計画や勉強も、ここで一気に挽回できる兆し。必要ならチームを組んで、お互いにサポートしながらペースを上げていきましょう。明るい雰囲気を維持するため、仲間の前ではネガティブな言動を慎んで。ヘルシーボディをキープしたいなら、暴飲暴食を避け、消化のよい食事を心がけましょう。Love 友人がご縁を運んでくる予感。紹介を頼むのもいいですが、今期はグループレジャーや飲み会で候補と知り合えそう。好みを分かってくれている人に企画を頼んで。デートは近場の人気スポットが◯。Lucky Action! 6月16日…いつもとは反対の手に腕時計をして。恋も趣味の時間も安定して楽しめそうTotal まったりモード。趣味や習い事など自分の好きなことに没頭でき、楽しい時間を過ごせます。何か新しいことを始めるより、これまで続けてきたことのブラッシュアップや、一時中断していたことの再開にツキ。体調は良好で、話題のエクササイズやダイエットに興味がわくかもしれません。身近に挑戦した人がいたら、効果を確かめて。Love 恋は確実に成長中。ドキドキ・ハラハラの急展開はなくても、二人の距離は少しずつ縮まっているはずです。アプローチの決定打には、彼好みのプレゼントを用意して。カップルはマンネリ防止策が必須。Lucky Action! 5月22日…話題の美術展やライブを見に行こう。挑戦するなら今! 恋もうまくいきそうTotal あなたにとっての第1章が始まります。やりたかったことにトライするなら、今! 最初は無関心だった人も、奮闘するあなたの姿を見て、応援してくれるようになるはず。以前から関心があった勉強はもちろん、マイナーな趣味やレッスンなどもOK。初めて体験した事柄の中から、希望に満ちた新しい進路を見いだせるかもしれません。Love 恋のヒロインになれる星回り。異性の注目を集めるシーンが多く、合コンやデートのお誘いが倍増しそうです。気になる彼がいるなら、自分からアクションを。デートもあなたがリードすればスムーズに。Lucky Action! 6月3日…新月の日には新しい靴でお出かけを。「優しさの循環」を感じられる時期Total 人に優しくした分、優しい運が巡ってきます。友人や後輩の相談に乗ったり、サポートしてあげるのは大賛成。街中で困っている人を見かけた時もできるだけ手助けしてあげましょう。ただし、情に流されすぎて、自分の仕事や勉強に支障をきたすことのないように。金運は良好ながら、雰囲気に流されやすい傾向も。買い物は誇大広告に注意。Love 心が揺れがち。あの彼も素敵だけど、この人も結構タイプ……と決めかねている間に熱が冷めてしまうかもしれません。新しい出会いを探すなら、友人も太鼓判を押す、きちんとした相手に限定。Lucky Action! 6月14日…電車やバスの中で席を譲ってあげて。SNSやネットでの出会いが恋に発展!?Total 革新の風が吹き渡りそう。他の人がしていない、オリジナルの方法を思いついて、勉強や仕事の効率が格段にアップする可能性も。従来のマニュアルに疑問や窮屈感を覚えたら、その時が近づいている証拠です。それほど親しくなかった人から大きなヒントをもらえる場合も。先入観を捨て、あなたから気軽に話しかけてみましょう。Love バーチャルな交流からリアルな交際へ。思わぬハプニングが二人の距離を近づけてくれるでしょう。オフ会の企画、SNSへのコメントなどきっかけ作りは自分から。ただし、相手の身元確認は怠りなく。Lucky Action! 5月30日…4人での会話からひらめきが。攻めるより、今はしっかり地固めをTotal 立ち止まってひと休み。ここまで全速力で走り続けてきたあなたに、星が心を静めるようブレーキをかけてくれます。まだまだ行ける! と思っても、今は素直に従うのがベター。責任の重い役割や仕事は、次のステップへの第一歩となるよう。まじめに取り組むことで、再びチャンスをつかめるはずです。美容・健康面ではむくみ解消がカギ。Love 好きな彼が子どもっぽく見えてしまいがち。もっと頼りがいのある人を探したくなるかもしれません。本当にふさわしい相手と出会うために、あなたもしっかり自分磨きを。三角関係はケジメのつけ時。Lucky Action! 6月19日…箸の使い方など美しい食事マナーを。思い切りのよさが未来を切り開くことにTotal 未来への扉が目の前に。思い切って大きく開け放てば、夢へと続く道が見えてきます。すぐに到達できるゴールより、できるだけ遠く高い目標を目指すのが、今期のあなたにはふさわしいよう。就活中の人や進路で迷っている人も、思い切って自分の可能性にかけてみましょう。留学や研修など、価値ある体験のための投資は有意義です。Love ハッピー・ムード。気持ちを素直に表現することで、相手からも即リアクションが返ってきます。気持ちのキャッチボールを楽しんで。募集中の人はアウトドアレジャーや旅行で素敵なご縁をつかめそう。Lucky Action! 5月24日…帰り道はちょっと遠回りして家へ。過去を振り返ることで大事なことに気づきそうTotal 後ろを振り返るタイミング。中途半端になっていた事柄やきちんと清算できていなかった問題など、今こそ決着をつけましょう。星も、意を決したあなたの背中を押してくれるはず。忘れていた大切な何かを思い出すきっかけになるかも。美容・健康面では長く続けられるヘルシー習慣が身につく期間。ヨガやピラティスもおすすめです。Love 愛情とジェラシーが表裏一体に。彼への思いが強まるほど嫉妬心も増大し、コントロールに苦労するかもしれません。ほんの少し自分を客観視してみて。元カレからの連絡はあなたに未練がある証拠。Lucky Action! 5月28日…中学時代の同級生に連絡をとろう。人生に関わる人物との出会いがあるかもTotal 運気の振り幅が大きくなりそう。失敗が成功をもたらしたり、苦手ジャンルで得意なことを見つけたり、ラッキーなどんでん返しもあり得ます。目の前の小さな事件に一喜一憂しないで、最後までしっかり見届けて。対人面では、生涯の親友やライバルと出会うかもしれません。自分が持っていない才能や魅力の持ち主に注目しましょう。Love ドラマチックな様相。しばらく恋をお休みしていた人も、いきなりのひと目惚れや予期せぬ再会でトキメキが復活しそうです。時には複数の異性から同時に誘われる幸せも。恋愛相談は相手をよく選んで。Lucky Action! 6月8日…夜は贅沢なホームエステでゆったり。忙しい日々を乗り越え、信頼される存在にTotal 日に日に忙しさが増していきます。サークル活動に学校のイベント、アルバイトも重なって、1日24時間では足りなくなりそう。でも、どんな時も責任感の強さと堅実さを発揮できるのが、あなたの強み。自分の役割をそつなくこなして、周囲からいっそう頼りにされるでしょう。無理をして体調を崩さないよう、睡眠と栄養はたっぷりと。Love 恋に恋している状態のよう。出会いやアプローチ、チャンスはそこそこあるものの、あなた自身からは積極的に一歩を踏み出せないかも。高すぎる理想は一旦脇に置き、リアルな恋にも目を向けてみて。Lucky Action! 6月2日…梅雨前にお部屋をスッキリ大掃除。いつも以上の大胆さが幸せをつかむカギにTotal 大胆になるほど幸運度がアップ。人が思いつかないような企画やクリエイティブな活動に力を注げば、たちまち注目を集めそうです。その道のプロから評価されたり、憧れの有名人と知り合えたり、うれしい副産物もあり。発表のチャンスをつかんだら、しっかり自分を売り込みましょう。資金源も安定。買い物やレジャーも楽しめるでしょう。Love ラブ・ストーリーの最初のページをめくるのはあなた自身。好きな彼がいるなら、待っていないで自分から話しかけましょう。募集中の人はイベントやパーティーなど華やかな場所で見初められる予感。Lucky Action! 6月11日…午後は柑橘系の爽やかなコロンで。引き締まった体作りを開始するベストな時期Total 気持ちが軽くなれば、運も少しずつ浮上します。ちょっとしたトラブルでブルーになっても、いつまでも引きずらないように。おいしいスイーツや楽しいゲームで気分を上げ、前向きな気持ちを取り戻しましょう。体力的には恵まれる期間。夏休みまでに美ボディを手に入れたいなら、早速シェイプアップを開始。食事制限より運動がおすすめ。Love 心のスキを突かれがち。落ち込んでいる時に優しくしてくれた彼なら、運命の王子様に見えても不思議ではありません。が、いきなりの交際は禁物。あまり評判のよくない相手ならガードを緩めないで。Lucky Action! 6月6日…ハンカチを2枚持って出かけよう。 イラスト/100%ORANGE web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 美容エディターの前野さんが「なんか…いつもと違う!」と絶賛されたのはこのアイテムのおかげでしたナーズ エンドレスオーガズムパレットしっとり湿度のあるきらめき質感が6色も入ったこのパレット。目もとにも頰にも唇にも全パーツに使えるうえに、指先だけでメイクが完結する手軽さがすごい! そのうえ、どこにどの色をのせても絶対失敗しない血色カラーぞろいで、その名のとおりちょっぴり熱っぽい"色っぽフェイス"に。「何かいつもと違うね」と男子を戸惑わせてしまったようで……。仕事に勤しむアラフォー女子に、いい意味で「隙」を演出する希有なアイテムです。クリーミーなテクスチャーとパール感たっぷりの輝きで、全6色がアイカラー、チーク、リップの3役を担う。¥5,900(5/24限定発売)/NARS JAPAN美容エディター 前野さちこさん 【Marisol6月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 1 カナダ出身のデザイナー、ヴィクトリア ヘイズのドレスを着て。「彼女のように才能ある若い世代を応援したいと思って」とココ 15年のキャリアを生かして、若いモデルのメンターに  2000年代前半、妖精のような顔だちとアイリッシュダンスで培った身体能力で、またたく間に売れっ子モデルの座についたココ。現在の彼女は、2児のママとモデル業を両立している。「ダンスのコンテストでたまたまスカウトされ、モデルになりました。自分に素質があるなんて思いもしなかったけど、夏休みのアルバイト感覚でやってみることに。それから15年も続けるとは思わなかった!」とココ。「もっと上手なやり方もあったかもしれないけど、自分の価値観や信念を貫いてきてよかったと思う」と言う彼女の笑顔からは、現在の充実ぶりがうかがえる。 彼女は今、現役のモデルでありながら、モデル事務所のオーナーも務めている。そのきっかけになったのは、8 年ほど前、若いモデルたちにポージングのレッスンをするよう頼まれたことだった。「新人だったカイリー&ケンダル・ジェンナーも教えたの。すごくやりがいを感じたので、本格的に手がけようと決意したんです」。こうして昨年に立ち上げた、「ココ・ロシャ・モデルキャンプ」では、ポージング、ランウェイの歩き方から契約交渉や賃金の計算、自分のプロデュース法まで、あらゆることを教えているそう。「もともと私は、誰かの面倒を見てあげたりすることが好きだったの。だからこの仕事はすごく楽しいし、情熱を注いでいます。若いモデルにはメンターが必要だし、まずは私がそういう存在になりたいですね」 2 本誌2011年6 月号に掲載したココの私服スナップ。「昔はヴィンテージアイテムに夢中だったけど、今は快適さがいちばん!」3 2008年5月号より。新人の頃はミニドレスが定番だった4 2007年5 月号より。まだあどけない表情が可愛らしい 5 「自然なあなたの姿が撮りたい」とリクエストしたら、その場で突然踊りだしてくれた! ドラマティックにスカートが舞う。「ダンスを得意とするしなやかで筋肉質な身体は、ランウェイでも目を引いていました」(SPUR編集部) Profile/COCO ROCHA(ココ・ロシャ) 1988年生まれ、カナダ出身。2004年にモデルデビュー。特技はアイリッシュダンスで、ジャンポール ゴルチエのランウェイで披露し喝采を浴びたのは有名な話。現在はモデルの活動と並行してモデル事務所「ノマド」のオーナーを務め、夫とふたりの子どもとともにNY郊外で暮らしている。 >>TATI COTLIAR(タチ・コトリア)の今
  • 1 「ショーのスタイリングを手がけているマルタ ジャクボウスキのビッグサイズコート。90年代のNY風でしょ。シャツはヴィンテージ」 モデルから転身、今はスタイリストの仕事に夢中!  2010年代前半、SPURのモデルスナップ企画の常連だったタチ。最近はショーのフロントロウで見かけることも多い彼女は、数年前からスタイリストをしている。当時のファッション愛にあふれた私服姿を思い起こせば、大いに納得のいく転身だ。「もともとモデルになりたかったわけではないし、いつまでも続けられる仕事ではないと思っていた」と言うタチ。友人に「スタイリストになればいいのに」と言われて、目指すべき道が見えたのだそう。「それからは、知り合いのフォトグラファー・アシスタントに頼んで、私服を使ったスタイリングのテスト撮影をしたり、スタイリストのケイティ・イングランドに頼んでアシスタントをして、多くのことを学びました」。最初は、元モデルということで、真剣にスタイリストになろうとしているのだと周囲に理解してもらえないこともあったという。「フロントロウでショーを見ていると、『何でここにいるの?』って顔をされたりね」。しかしモデルのキャリアは、今の仕事に役立っているとタチ。「5年くらいモデルとして働いていたから、関係者とのコネクションがあったし、何より一流のスタイリストと仕事をした経験があった。だからほかの人より早くキャリアを築けたと思う。それに関してはラッキーでした。お金も稼げたしね(笑)」「バックグラウンドを感じさせる人物像を生み出すこと。これがスタイリストの仕事でいちばん面白いところ」だと言うタチ。新しい仕事にすっかり夢中なようだ。 2~4 「当時は古着にはまってクレイジーな格好ばかりしていた」と振り返るタチ。本誌ではデビュー当初から何度も彼女をフィーチャーした5 2011年8月号では、東日本大震災直後の日本の読者に向けて「愛の力もカギになると思う」と語る手書きのメッセージを。「あのとき、誰よりも彼女がびっしりと色紙に書き込んでくれて感動!」(SPUR編集部) 6 「大好きなJW ANDERSONのスカートを着て。ジャケットは男友達から借りたもので、シャツはヴィンテージ。メンズジャケットとスカートの組み合わせがすごく好きなの!」7 「パンツはドリス ヴァン ノッテンでジャケットはラフ シモンズ。どちらもメンズ」 Profile/TATI COTLIAR(タチ・コトリア) 1988年生まれ、アルゼンチン出身。2009年にモデルデビュー。翌年、マーク ジェイコブスのショーのオープニングに抜擢されて注目を集める。現在はロンドンを拠点にして、『Buffalo Zine』のファッション・ディレクターを務めるほか、ショーや広告のスタイリングなどを手がけている。 >>ANOUCK LEPERE(アヌーク・ルペール)の今
  • 1 差し色にしたピンクのバッグはベルギー王室御用達のデルヴォーのもの。「ベルギーブランドが好きです」とアヌーク モデルとして全力疾走した20代を経て、建築の道へ  2000年代前半を代表するモデルのひとり、アヌーク。日本では、マリオ・テスティーノの撮影によるSHISEIDOの広告の顔としてもおなじみだった。「2001年にNYへ移住し、本格的にモデル業を始めました。当時のセント・マークス・プレイスは、髪を立てたパンクロッカーが黒い服を着て歩いていたりと、刺激的でとても面白かった。私もパンクな服を着ていました。今もどこかにあるはず(笑)」。5年前にNYから生まれ故郷のベルギー・アントワープに戻り、「今はアパートで気ままなひとり暮らしをしている」のだと、飾らない笑顔を見せた。  「モデルの仕事は、呼ばれたらするという感じ。若いときにたくさん働いたから、もう満足なの」と言うアヌークが今、熱中しているのは、大学時代の専攻分野でもある建築の仕事。「アントワープの事務所で働いているんです。現在、携わっているのはアパートのリノベーション。屋上にペントハウスを造ったり、ガレージを部屋へと改装したり、テラスをつけたりするの。とても面白い仕事で、一日中飽きることなく作業をしています。ベルギーには古い建物が多いので、いかにその内部をエコロジカルに造り替えるかが今後のテーマ。これからも、建築家として新しいプロジェクトにたくさん携わっていきたいですね」 2 アヌークの勤める建築事務所、SCULP[IT]の手がけた住居。世界最大級の巨大なガラスドアが話題を呼んだ3 この日につけていたネックレスは、LOUISというセレクトショップで買った。緑色のピースサインがユーモアを感じさせて4 かつて建築の知見を生かして取り組んでいたジュエリーブランドでは、当時革新的だったイヤーカフなどを発表。「大学生のときにSPURを見て発売を知り、取り扱い店舗に買いに走りました!」という思い出をもつSPUR編集部員も5 「今の自分の心境を表すルック」だというエフォートレスなスタイル。スコットランド製のニットは着心地がよいのでお気に入り 6 2003年10月号の表紙に登場! 着ているのはトム・フォード時代のグッチのジャケット。ナチュラルなメイクアップはトム・ペシュー7 人柄のよさでも知られていたアヌーク。自らセレクトした私物アイテムを読者にプレゼントしてくれたことも! 8〜10 2003〜’07年に掲載した、アヌークの私服スタイル。「昔はヒールばかり履いていたけど、今はあまり履かなくなりました」 Profile/ANOUCK LEPERE(アヌーク・ルペール) 1979年生まれ、ベルギー出身。大学在学中にデビューし、マリオ・テスティーノやクレイグ・マクディーンなど、多くの有名フォトグラファーから愛される売れっ子モデルに。モデルとしてブレイク後はジュエリーデザイナーとしても活動していたが、現在は特別な依頼を除きお休み中とのこと >>HANNE GABY ODIELE(ハネ・ギャビー・オディール)の今
関連キーワード

RECOMMEND