Cartierのリング

SPUR.JP

ある朝ファーストクラスの機内で目覚めたら、左手の薬指に燦然と輝くダイヤモンドリングが! そんな素敵な夢をかなえてくれるのは、カルティエがアールデコスタイルを新解釈したリング。光と影が戯れるように交錯し、センターに輝くダイヤモンドと、それを包み込むようなパヴェセッティングの煌めきが調和して、魅惑的なオーラを放つ。最高のクォリティを知る彼女が最後に行き着いたのは、とびきりのエンゲージメントリングをおいてほかにない。

“ガラントリー ドゥ カルティエ”リング〈K18WG、ダイヤモンド/センター0.5ct〉¥1,495,000(センター0.5ct~、¥1,262,500~)/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) パジャマ¥28,000/サザビーリーグ(デミリー) アイマスク/スタイリスト私物

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

関連記事
  • 王侯貴族や多くのセレブリティから愛されてきた、イタリア屈指のハイジュエラー「ダミアーニ」から、“ベル エポック”の新作ブライダルリングが登場。 “ベル エポック”は、20世紀初頭の古き良き時代をイメージし、ヨーロッパが華やかなりし頃の可能性と創造性、革新的な気運に満ちあふれたコレクションだ。その時代に誕生した映画のフィルムをデザインソースに、幾何学的でモダンなデザインが話題となり、ブランドを代表するスターコレクションとなった。 スクエアフォルムが連なる洗練のデザイン。アームの太さも同じで重ね付けしやすい。上から:「ベル エポック」エンゲージメントリング〈PT、ダイヤモンド0.3ct〜〉¥598,000〜、フルエタニティリング〈WG、ダイヤモンド〉¥254,300〜 *2019年1月30 (水)発売予定 この度発売される新作ブライダルリングは、エンゲージメントリングとフルエタニティリング、ハーフエタニティリングのラインナップ。重ね付けすることで、まるで“ベル エポック”のシネマミューズのような、ミステリアスでエレガントな女性らしさを演出してくれる。レイヤードしやすい華奢なアームながら、ダイヤモンドひとつひとつが華やかに輝く存在感も魅力のひとつ。宝石鑑定のエキスパートが選び抜き、緻密な手作業で仕上げることで、職人の芸術的技巧が感じられる作品となっている。 新作発売のタイミングに合わせてダミアーニ 伊勢丹新宿店では、2019年1月30日(水)〜2月26日(火)の期間限定で、ブライダルフェアを開催。スペシャルな特典もあるというからぜひ訪れてみたい。ハイジュエラー待望の新作ブライダルリングを、いち早くチェックして。 ブライダルフェア期間:2019年1月30日(水)〜2月26日(火)場所:ダミアーニ 伊勢丹新宿店 ダミアーニ 伊勢丹新宿店http://www.damiani.com/03-6457-8154
  • ふわふわやモコモコに包まれる冬。薄いセカンドスキンのようなシルクと繊細な異素材ミックスを極めてみたい。 ドレス¥104,000(カリタ)・ストール¥124,000(タイアナ)・ロングネックレス¥250,000(タナーズ インディアンアーツ)・モチーフネックレス¥96,000(ハルポ)/ロンハーマン 03−3402−6839 コート¥139,000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) 中に着たメッシュタートル¥22,000/エスティーム プレス(ヨウヘイ オオノ) バッグ¥31,000(モイナ)・ブーツ¥42,000(アトリエ メルカダル)/シティショップ シルクのスリップドレスをメッシュタートルの上にレイヤリングし、ウールコートとスタイリング。陽気なサフランカラーが冬の気分をパッと明るく彩る。次の季節を予感させる組み合わせはおしゃれ心をくすぐるはず。パンツ¥48,000/サザビーリーグ(エキップモン) 03−5412−1937 オリエンタルな橙色とシルクの光沢感がベストマッチ。落ち着いた色調で描かれたデイジーの可憐さがスタイリングのスパイスに。スカート¥48,000/キコ(ドーサ) 03−5464−0912 ざっくり洗いをかけたような質感のエフォートレスなシルクのスカート。3段に重ねたシフォンのフリルが乙女心をくすぐる。ドレス¥118,000・中に着たカーディガン¥52,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 03−5411−2870 ドレスはコットンシルクの心地よいシャリ感で、夏は一枚でも活躍。スカート¥60,000/ユーモレスク 03−6427−2353 クラシカルなシルクシャンタン素材。タテ糸にシルクを、ヨコ糸にポリエステルを使って織り、生地を軽やかに仕上げている。優雅なシルエットも魅力。ブラウス¥60,000/オープニングセレモニー 03−5466−6350 ペイズリーとドットを掛け合わせたプリントのパジャマブラウス。インにタートルニットを合わせて70年代風に着たい。ドレス¥58,000/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) 03−5844−6152 和服にも使用される、羽二重のように軽く、光沢のある生地に仕上げられたシルク。少し洗いをかけて、肩の力が抜けた印象に。リゾートにもぜひ。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【Seasonless Item_02 "Linen"】冬なのに、リネン
  • (右)ドレス¥126,000/チカ キサダ 03−3373−7493 PVCイヤリング¥18,000/ザ ダラス ラボ.(ザ ダラス) 03−5491−7331 PVC バッグ¥25,000/ミッドタウンプロジェクト(ナナナナ) 03−6455−4367 PVCベルト¥19,000/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 03−6419−8136 ニット¥33,000/イエナ ルミネ新宿店(ウーア) ブラウス¥38,000/キコ パンツ¥38,000/オーラリー 03−6427−7141 ソックス¥3,000/真下商事(パンセレラ) 靴¥114,000/ロンハーマン(ロシャス)(左)カーキトップス¥28,000・シャツ¥24,000・パンツ¥29,000・バングル¥38,000・リング¥32,000(HYKE)・トートバッグ¥68,000(CHACOLI × HYKE)/BOWLES 03−3719−1239 ジャケット¥240,000/ネペンテス(ニードルズ) ショルダーかごバッグ¥44,000/ロンハーマン(セルプイ) 03−3402−6839 靴¥120,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) (右)ニットの上にシルクドレスを重ねたり、ちらりと見えるパンツに光沢あるシルクを選んでみたり……。高級感のある素材こそ、冬のスタイルのスパイスになる。さらにプラスチックの艶があれば、モダンにアップデート。 (左)柔らかい印象になりがちなリネンはユニフォーム的に再構築したセットアップやトートバッグで辛口に着こなすのが鉄則。凛としたスタイルにバスケットのクラフトタッチがほどよい抜け感を加えてくれるはず。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【Seasonless Item_01 "Silk"】冬なのに、シルク
  • プラスチックやPVCのような透明アイテムはシーズンレスに取り入れたい。スポーティなだけではない、ハイブリッドな表情にモードラバーは夢中! アウター¥70,000・中に着たシースルータートル(アイボリー、パープル)各¥22,000/アンダーカバー 03−3407−1232 パンツ¥28,000・ソックス¥2,500(ともにネーム)・サンダル¥30,000(ネーム×トモアンドシーオー)/ネーム ピアス¥14,000/THE WALL SHOWROOM(ジュスティーヌ クランケ) レザーブルゾン(参考商品)/オン トーキョー ショールーム(メゾンエウレカ) ラミネート・フィルムの糸で平織りにしたフィルムタフタの素材感が未来的。ポケットをグラフィカルに敷き詰めたマウンテンパーカタイプだ。インにはレザーやメッシュのアイテムを加えて、プレイフルに組み立てたい。バッグ「JOE JOE BAG」〈H13×W17×D7.5〉各¥25,000/シティショップ(アルフィヤ ヴァルリナ) 03−6696−2332 片手でつかめるサイズのミニバッグ。PVCのライナーは取りはずすことができる。PVCバッグ〈H38×W26×D2.5〉¥25,000/ルカ(イーイー ハンドクラフテッド プロダクツ) lucakobe2017@gmail.com キャンディのような可愛いルックスは冬の重いスタイルにこそマッチ。靴〈ヒール3㎝〉¥53,000/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 03−6419−8136 メッシュ×プラスチックでどこかセンシュアルなムード。赤いワイドバックストラップでしっかりと足をホールド。バッグ〈H34×W31×D11〉¥38,000/コトハヨコザワ kotohayokozawa@gmail.com ユニークな素材合わせで話題の東京ブランドがハイブリッドなバッグを提案。レザーとPVCのダブルづかいで収納力があるのもうれしい。ベルト 各¥22,000/ザ ダラス ラボ.(ザ ダラス) 03−5491−7331 半分だけ透明というPVCのベルトはレイヤリングをプレイフルに演出するルックス。ウェスタン風のバックルが洗練されている。 リング¥65,000/ギャラリー ドゥ ポワソン(リツコ オグラ) 03−5795−0451 アクリルをソリッドに切り出し、シルバーのリングに合わせた彫刻リング。大きすぎるボリュームは冬のコートとミックスしても負けない。ピアス¥30,000・バングル¥41,000・コート¥190,000・ドレス¥55,000/マメ 0120−927−320 アクリルに切り子模様を配したジュエリー。ウールのアウターと合わせて、凛とした輝きを添えて。サイドゴアブーツ〈ヒール4.5㎝〉¥139,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 0570−016−600 旬なウェスタンブーツにPVCのスリットで抜け感をプラス。ソックスとの相性も楽しめる。サコッシュ(小)〈H21×W17×D4〉各¥7,000・(大)〈H34×W23×D10.5〉¥9,000/プロエフデザインズ(プロエフ) 06−7178−7928 高品質なPVCをパラシュートに使用される耐久性のあるロープでトリミング。色合わせが美しい。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>【Seasonless Item_04 "Basket"】冬なのに、バスケット
  • ‘17年春からインスタグラムで募集を開始した「#Jマダムのおしゃれ」に投稿された中から、自分スタイルが光るエクラ世代マダムの手元のおしゃれを拝見。一点主義というより、ブランドにかかわらず好きなものを重ねづけする、その自由な感覚をぜひ参考にしたい。1.色を楽しみたいから、ブーツのヒールと 時計のベルトをカラーリンク「私が元気な証拠。この冬は色を着たい気分!」と大本さん。ツイードコートのインにはグリーンのローゲージニット。そこに時計のベルトとショートブーツのヒールの両方にボルドーを効かせて。「ボルドーはグリーンのニットとの相性もいいんです。常に目に入る手もとが華やかだと、楽しい気分になります」(大本きみこさん・グリーンピールサロン PROVENCE代表)。2.旬コートには、継承された時計と モダンなリングで新旧ミックス「おしゃれはトライ派。オーバーサイズコートも、この丈なら私にも大丈夫かなと思って」。ピーコートの手もとには、とろりとしたゴールドフェイスに時を感じるロレックスを。「祖母・母・私へと受け継がれた時計に、自分でデザインしたバロックパールのリングを合わせるのが好きです」(佐々木裕子さん・主婦)。3.異素材のワントーンコーデの手もとは 同系色を合わせて好バランスを追求好バランスと脚長効果を念頭にコーデを考える久保田さん。この冬購入したというニットにはインディゴブルーのワイドデニムを合わせ、手もとはロレックスと鮮やかなブルーコードブレスを重ねて。他の画像を見るeclat2月号掲載 撮影/大瀬智和 中澤真央 取材・文/向井真樹
  • レポシ、シャルロット・シェネ、ソフィー・ビル・ブラーエ、マリア・ブラック…加熱するコンテンポラリージュエリーのトレンドに乗って、ロンドンから新たなジュエリーブランドが上陸する。その名もコンプリーテッドワークス。モードラバーの聖地、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(以下DSMG)で今シーズンから取り扱い開始するとあって、先物買いマイスターには見逃せないブランドになりそうだ。 今回、待望のローンチに先立って、ファウンダーでありアーティスティックディレクターのアンナ・ジュースバリーが来日。ローズベーカリーでハーブティーを飲みながら新作を紹介してくれた。気になるニューブランドのエトセトラを、デビュー前におさらいしよう。 コンプリーテッドワークスのファウンダーでありアーティスティック・ディレクターのアンナ・ジュースバリー 姉弟で始まったコンテンポラリージュエリーブランド入手困難、アイコニックなマーブルリング コンプリーテッドワークスの人気に火をつけたのが、代表作のマーブルリング。御影石やローズクォーツなど、天然の鉱石を大胆にセットしたリングは、二つとして同じものがないユニークなデザイン。「天然の鉱石は本当に割れやすいから、この大きさで切り出してフォームを作るのは至難の技。初期のコレクションなので、今ではオンラインのみで取り扱ってるのですが、未だにファンが多いシリーズです」 天然石の持つ表情を最大限に生かしたマーブルリング ファインジュエリーとジュエリー、異なる2つのクリエイション 繊細なデザインのファインジュエリー。スターリングシルバーにゴールド加工を施したジュエリーに対し、18Kゴールドやダイヤモンドを用いているのが特徴。 見て、飾って、使って楽しめるアートオブジェ ジュエリーブランドでありながら、趣向の異なるプロジェクトにも積極的に取り組むコンプリーテッドワークス。中でも象徴的なのが、セラミックで出来たアートオブジェのデザインだ。「ジュエリーだけでなく、ブランドの世界観をライフスタイルの範囲まで広げたくて始めたプロジェクトです。ジュエリーと同じく、ハンドメイドならではの表情豊かなフォルムが特徴。アートオブジェですが、実際に花器としても使えます」 ジュエリーと同じく、ハンドメイドならではの表情豊かなフォルムを生かしたアートオブジェ。オンラインで購入可能。 DSMGで買える、コンプリーテッドワークスの新作ジュエリードーバー ストリート マーケット ギンザhttp://completedworks.com/03-6228-5080 text:Shunsuke Okabe
  • 赤いキャップやレオパード柄パンプスで女っぽアクセントをきかせて♪成人の日は学生時代の仲間と集まる約束。男友達もいるからちょいメンズっぽい着こなしが気分かも♪ トラッドなチェック柄コートの中はハンサムな黒のスポーティカジュアルで、こなれ感も着やせ効果もばっちりに。そのぶん小物でレディな要素をトッピング♡ パッと目を引く赤とレオパード柄、大ぶりなシルバーアクセや可愛げな巾着バッグもコーデがラフだからこそ女っぽく映えて。おしゃれ女子からもホメられる!コート¥27000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード) パーカ¥7900/ルクールブラン 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥9500/LIFE’s 代官山店 帽子¥7500/CA4LA ショールーム ピアス¥22000/ボウルズ(ハイク) リング(右手)¥40000・(左手)¥40000/カオス 表参道(アフターシェイブクラブ) 靴下¥2500/セムインターナショナル比留川游の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) モデル/比留川 游 スタイリスト/石上美津江
  • お久しぶりです・:*+.(( °ω° ))/.:+ 絶賛引きこもり中のゆかゆかです← 最近、引きこもりにのお供はアイス✨ 今日は特におすすめのアイスをご紹介します♡ハーゲンダッツのチョコレートマカデミア✨ これ、めっちゃ美味しい✨ 甘さ控えめでマカデミアナッツもちょうどいい量♡ ハーゲンダッツは新商品や期間限定品より 定番品が結局は美味しいなーと思ってしまうのですが、これは当たりでした! 調べたところ、セブン限定ではあるものの 期間限定とは書かれてないから定番となるのかなー? なってほしいですね✨ いちごがおいしい白くま✨(パジャマで失礼致します。笑) 次にご紹介するのは、しろくまくん✨下の方は従来の氷状アイスなんですが、 上にクリーム系アイスがのってて、これが美味しいんです✨ フルーツは名前の通りいちごのみ!♡ こちらもセブン限定のようです。 従来のしろくまよりお高めだけど、一度試して見る価値あるかと✨ とっても美味しくて満足度の高いアイスでした♡ モアハピ部 No.573 ゆかゆか のブログ
関連キーワード

RECOMMEND