幸せはティーポットのなかに
SPUR.JP

一人暮らしなのになぜかついつい買ってしまうもの。それはティーポット。この形がなんだかファンタジーを想起させるものだからなのか、旅先や器屋さんで無意識に探してしまいます。我ながら「こんなに持ってても…」と思うのに、ある時は台湾の窯元のおじいさんがお茶に使っていたティーポットに一目惚れして拝み倒して売ってもらい、ある時はベトナムの古道具屋で綺麗なブルーの色に一目惚れしてねぎり倒し、とまあ色々ありました。が、数は持っているものの、ヴィジュアル重視でチョイスしてきたので、家で本当に落ち着いてお茶を飲むときにちょうどいいサイズのティーポットがなく、いつもお茶を余らせたり飲み足りなかったりしていたのでした。


ところが先日、水道橋のうつわ千鳥さんで開催されていた余宮隆さんの器展にふらりと訪れたところ、またもやこの渋い鉄釉のティーポットに一目惚れしてしまいました。サイズもいま家にあるものより使いやすそうなカップ2杯分くらいで具合が良い。いやいやでもうちにはいっぱいもうティーポットがあるし、、、なんてお店を3周くらいして気がついたら買ってました。というわけで、最近毎朝のお茶はもっぱら余宮さんのティーポットで。深みのある色やきりっとしたたたずまいも素敵ですが、中の茶漉し部分のつくりの丁寧な美しさにも使うたびにはっとさせられます。用の美とはこのことか、としみじみとした気持ちでティーポットを愛でながらお茶を啜るのが、大変地味ではありますが毎日の小さな幸せです。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND