ノスタルジックで新しい!ポルトガル第二の街、ポルト

SPUR.JP

3月半ば、ポルトガルに足をのばしました。まず着陸したリスボンでは、今回観光はさておき、ポルトガル・ファッション(Portugal Fashion)のプレゼンテーションへ。リスボンのファッションウイーク、モーダ・リスボアとは別に開かれる、ポルトのデザイナーたちによる一日だけのコレクションです。

若手から大御所まで、7つのショー中で私の一番のお気に入りは、ペドロ・ペドロ(Pedro Pedro)です。メンズのストリートウエアから出発しただけあって、こなれたマスキュリン・フェミニン。シンプルながら構築的なカッティンング、ストライプを多用したグラフィックやミニマムな色使いも、際立っていました。もう1つ、外せないブランドは大御所、アルヴェス・ゴンサルヴェス(Alves/Gonçalves)。カラフルでファンキー、80’s風ルックの数々は、いわばポルトガルのヴェルサーチ?フロントロウにはマドンナ側近のスタイリスト、ヴィクトリア・フェルナンデスも顔を見せました。

 

リスボンの後は、電車で2時間半揺られてポルトガル北部の街、ポルトへ。アパレルの工場が密集する地として有名で、デザイナーが多く住んでいる街です。ミラノのPRマクシミリアン・リンツ(Maximilian Linz)も最近この街にオフィスを構えたとかで、色々と案内してもらいました。まずは、元ミラノのヴィジュアル・マーチャンダイザー、ジャンフランコ・フェニツィアによる、パラショ・フェニツィア(Palácio Fenizia)へ。20世紀初頭のブルジョワの邸宅を、歴史的部分を残しつつモダンタッチを加えて改装したこのホテルは、5つのスイート・ルームのみ。庭や暖炉のあるリビングルームが、パーソナルな雰囲気です。

この近く、旧市街の中心地で訪ねたのは昔ながらのお菓子屋さんコンフェイタリア・ド・ブリャオン(Confeitaria do Bolhão)、由緒正しいカフェ、マジェスティック(Majestic Café)、アズレージョに覆われた礼拝堂アルマス、そして工芸品の店など。この少し先ではクレリゴス塔とサン・ベント駅、そしてハリーポッターの着想源となったと言われる世界一古い書店、レッロ(Livraria Lello)をチェック。リスボンにあるライフスタイルのお店、ア・ヴィダ・ポルトゥゲザ(A Vida Portuguesa)の支店もこの地区に。

また、4日の滞在のうち1日は、車で1時間弱の海辺へ出向きました。漁師の村、ラブリュージュでシーフード・リゾットを食し、帰途のドライブでは、プリツカー賞受賞歴もある建築家、アルヴァロ・シザによるモダニズムの建物でも有名なミシュラン星付きレストラン、カサ・デ・シャ・ダ・ボアノヴァ(Casa de Chá da Boa Nova)がある岩場でサンセット。毎日こんなに違った楽しみのあるポルト。現地のデザイナー達が住み続けるのも、わかる気がします。

リスボンでの「ポルトガル・ファション」より、Pedro Pedroのランウェイ

リスボンでの「ポルトガル・ファション」より、Alves / Gonçalvesのランウェイ

ポルトきってのブティック・ホテル、Palácio Fenizia。右:シャンデリアを配した階段。左上:オリジナルの天蓋窓が美しいホール。左下:客室の一つ、アズーロ・スイート。

ポルトガルに伝わるブルーと白のタイル、アズレージョの装飾が外壁を覆うチャペルCapela das Almasはポルト旧市街に。Rua Santa Catarina, 428

ポルトの名所の一つである昔ながらのスイーツ処&カフェ、Confeitaria do Bolhão。Rua Formosa, 339 営 6時〜20時 無休

ポルト旧市街で必ず行くべき!Majestic Café。 Rua Santa Catarina, 112 営 9時〜23時30分 日曜休み

世界遺産の一つに数えられているポルトの書店、Livraria Lello。Rua Carmelitas 144, Vitória Vila Nova de Gaia 営 10時〜19時30分、〜19時(土・日曜) 無休

ライフスタイル・ショップA Vida Portuguesaのポルト店。Rua da Galeria de Paris 20 - 1º 営 10時〜10時、11時〜19時(日曜・祝日) 無休

ポルト郊外の海岸沿いの村、Labruge。カラフルな漁船が並ぶ岸には、漁師が釣ってきたばかりの海産物が食せる小さなレストランが立ち並ぶ。

ポルト郊外、Leça da Palmeiraの岸壁にそびえ立つレストランCasa de Chá da Boa Nova 、Avenida da Liberdade nº 1681。 隣には小さな教会が。

今年のバカンスに重宝しそうなお土産、ストラップ付きバスケットとサボはポルト旧市街のA Economina do Bolhãoにて、Rua Alexandre Braga 49

関連記事
  • ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国ジョージア。かつてのシルクロードの要所は、近年デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、感度の高い人々の心を惹きつけている。首都トビリシは新たなファッション都市として確立しつつある一方、旧市街の街並みも美しい。その独特なミックスカルチャーを感じに、ぜひ! トビリシ国際空港にて発表されたアヌーキ2019-’20年秋冬のドレス Anoukiさんのおすすめスポット Anouki Areshidze アヌーキ・アレシゼ/Anoukiデザイナー トビリシで生まれ育つ。ミラノのインスティチュート・マラゴーニとアカデミア・デル・ルッソでデザインを学び、2013年にブランドを設立。夫はトビリシ市長。 Stamba Hotelスタンバ ホテル ジョージアの代表的なホテル、ルームス ホテルのラグジュアリー版。「1920〜30年代風のグラマラスな内装が好き」とアヌーキ。ホテル内のカフェで2019年春夏のショーを発表した。ダイニングやラーメンバーなどでは食事も充実。アーティストレジデンスもあり、朝から晩までおしゃれな人が集う。 1 元々の建物は出版社だった。エントランスホールや部屋には本が並ぶ2 Aviator Room(1室$220~)3 アイコニックなPink Barは午前1時30分まで4 カフェ内にあるChocolaterie & Roasteryでは南米のコーヒーのほかに、スパイスのきいた濃厚ホットチョコレートをサーブ DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:32 202 11 99(代表)1室$220〜https://stambahotel.com[Cafè Stamba]営業時間:7時〜11時(朝食) 12時〜24時、7時〜12時(朝食/土・日) 13時〜24時(土・日) 無休Drama Barドラマ バー 「ホームパーティに来たような雰囲気」。アヌーキが2019-’20年秋冬コレクション発表の日、アフターショーパーティを主催したこららは、今一番人気のナイトクラブ。アーティスト、Temur Machavarianiが内装を手がけた。アートやヴィンテージ家具の並ぶ、友人の家のようなインテリアが楽しい。 週末や人気イベントの日はダンスフロアはすし詰め状態に DATA 37 Shota Rustaveli Ave, Tbilisihttps://www.facebook.com/dramatbilisi/営業時間:22時〜翌3時定休日:月〜水曜 Anoukiアヌーキ マーブルや真鍮をグラフィカルに配置したモダンな店内。「やっぱりトビリシで一番好きな場所はここなんです」。リラックスして買い物をできる空間を目指したという旗艦店には、フェミニンなメインコレクションだけでなく、アクセサリー類やセカンドラインのミス・アヌーキも揃えている。 1 ドット柄ドレス(780 Lari)2 ミス・アヌーキのコート(190 Lari)3 人気のスパンコールシューズ(315 Lari)4 ローファー(320 Lari)5 内装はルームス ホテルのチームが担当※Anoukiのアイテムは、日本ではオープニングセレモニーで取り扱いあり DATA 2 Tarkhnishvili St, Tbilisi電話:32 292 22 32http://anouki.com営業時間:11時〜20時定休日:クリスマス、年末年始、イースター かぶらないものが欲しければトビリシのセレクトショップへ 独特のセンスを持つ若手が頭角を現すトビリシのファッション業界を反映して、自国出身のデザイナーものを扱うお店が急増。紹介したアイテムはほぼジョージアブランドで、日本で手に入らないものばかり。 More is Loveモア イズ ラブ ジョージア人ファッショニスタの御用達バッグブランド、0711(写真左下)。そのデザイナーふたりがオーナーを務めるのが、このセレクトショップ。ブランドのスターティングポイントとなったニットや、ウェアのカプセルコレクションも並ぶ。ジョージアブランドはもちろん、Rejina PyoやNanushka、Kimhēkim、Khaiteといった注目の若手デザイナーブランドを世界中からいち早く買いつけている。 1 0711の最新コレクションから、パールビーズのバッグ(640 Lari)2 More is Loveのオーナーであり0711のデザイナー、ニノ(左)とアナ(右)は、10代のときにそれぞれの家族旅行中のトルコで出会い意気投合。時を経て一緒にビジネスをスタートすることに3 住宅街にある重厚な扉を開くと、白をベースにしたやわらかな雰囲気の内観が広がる4 Ingorokvaのセットアップ。ベスト(603 Lari)・スカート(516 Lari)5 Aleksandre Akhalkatsishviliの80年代風クロップドジャケット(1,514 Lari)6 Tatunaのバルーンスリーブのドレス(1,045 Lari) DATA 14 Leo Kiacheli St, Tbilisi電話:32 240 40 40https://moreislove.com営業時間:11時~21時定休日:クリスマス、イースターIeri Storeイエリ ストア 元ワイン工場を利用した複合施設にオープン。ジョージアのブランドにこだわり、George KeburiaやSituationistのような最注目の新人デザイナーのアイテムを多数揃える。また、エナメルジュエリーのSofio Gongliや伝統衣装を新しい観点でリバイブさせたSamoseli Pirveliなど、手仕事系のブランドも。品揃えも豊富なため「人とかぶりたくない」という人にはぴったりのショップだ。 1 古い写真に写ったジョージアの民族衣装を再現しモダンに昇華したSamoseli Pirveliのローブ(2,250 Lari)2 Sofio Gongliのバングル(2,249 Lari)3 同 バングル(2,079 Lari)4 同 ネックレス(2,810 Lari)5 ロシア人デザイナーJKimのジャケット。伝統舞踊ジョージアバレエに着想。(1,900 Lari)6 ワインバーの中に、ショップへ続く階段が7 店内ではジョージアアーティストの作品を展示8 Tiko Paksaのボディスーツ(565 Lari)・ボレロ(463 Lari)9 フリンジ装飾のジャケットはGeorge Keburia(1,690 Lari) DATA Wine Factory No. 1, 2nd floor, 1 Vasil Petriashvili St, Tbilisihttps://www.facebook/ieristore/営業時間:12時~22時定休日:年末年始 Dotsドッツ マテリエル(下)のセカンドラインの店で、並びに位置するこちら。シンプルでリーズナブルな服を取り扱うほか、注目はアクセサリーのセレクト。Kanchaveliのバッグのように若手ブランドのアイテムを多数揃える。キッズウェアラインも展開しているため、家族連れも多い。 1 木製パーツが特徴のKanchaveliのウエストバッグ(各320 Lari)2 コーヒーショップを併設3 サンダル(150 Lari)4 ハートピアス(280 Lari)5 星ピアス(210 Lari) DATA 22 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 95 30http://dotstbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマスMatérielマテリエル ジョージアで最も古いファッションハウス、マテリエルのブティックは旧市街の目抜き通りにある。上質な素材を用いて、若手デザイナーとのコラボレーションでコレクションを展開している。すべてトビリシ郊外にある自社工場で生産。色が美しいレザーのドレスやコートが代表的なアイテムだ。 1 店内は昨年改装した2 ピンクのテーラード・サロペット(1395 Lari)3 パイナップルのバングル(600 Lari)4 ブーツ(595 Lari) DATA 19 Kote Afkhazi St, Tbilisi電話:32 299 68 18https://materieltbilisi.com営業時間:10時〜21時定休日:クリスマス Chaos Concept Storeカオス コンセプト ストア ルームス ホテルの中にあるセレクトショップ。JW AndersonやMartine Roseといった旬のブランドを扱う。エッジィなセレクトが特徴。ローカルブランドではGola Damianといった若手をサポート。店内にカフェやレコードコーナー、DJブースを併設し、音楽関係のストアイベントを頻繁に開催する。 1 パリ・ベースのジョージア人靴デザイナーによる人気ブランド、Le Mocassin Zippeのローファー(2,170 Lari)が買える!2 Gola Damianは2019-’20年秋冬のショー直後See Now Buy Nowをここで開催した DATA 14 Merab Kostava St, Tbilisi電話:599 07 44 66https://www.facebook.com/ChaosConceptStore/営業時間:12時〜20時 無休 ※$1=約108円、€1=約122円、1 Lari(ジョージア・ラリ)=約39円(6月5日現在)、国際電話の国番号は995です。SOURCE:SPUR 2019年8月号「おしゃれな人は、ジョージアを目指す」photography: Marc Medina  hair & make-up: Anna Todua(p.150) model: Marian(p.150) coordination & text: Yu Masui cooperation: Beka Gvishiani
  • 今シーズンますます人気のPVC(ポリ塩化ビニル)を使ったバッグ。今季はブランドごとの取り扱いアイテム数も増えて、もはや夏の定番アイテムに。ビニール素材のクリアな透明感と、水辺や雨に強い防水機能が、梅雨時や夏のレジャーにもってこいですよね。ますますデイリー向きに進化したPVCバッグ、まだ持っていない人はまず1点、コーデに取り入れてみてください。 ※記事発信時点での情報のため、限定商品など販売が終了している場合があります。夏のお出かけは、最小限の荷物ととにかく軽いPVCバッグで軽快に。大きなポーチがセットになっているので、こまごましたコスメはこの中へ。スマホやノートなど、よく取り出すものはポーチの外へ。あえて“見せる”ことでおしゃれをアピールして。 バッグ(28×34×12.5)¥33000/エストネーション(スタウド)ぬれてもOK!今トレンドの【PVCバッグ】なら雨の日も無敵の可愛さ!おしゃれなホテルプールには、実用的なビーチバッグより、可愛さ重視の小ぶりなトートで。バッグの中にはインパクト大のはやりモノをたっぷり詰め込んで♡ バッグ(18×25×15) ¥47000/ヴィア バス ストップ ミュージアム(ロサケー)使うたび夏気分が上がる! PVCトートバッグとその中身、シーン別3選かっちりフォルムできちんと感があるので、カジュアルになりすぎず、きれいめに使えるヴァシックのPVCバッグ。ブラウンは中身が透けすぎないところもいい。ひんやりブルーコーデの差し色としても◎。 バッグ(18×23×8)¥27000/コード(ヴァジック)大人の可愛げもやわらかさも手に入る、「きれい色」のワントーンコーデ6選YAHKI【ヤーキ】から、定番のフラップスクエアバッグがPVC素材で登場。涼しげで季節感のあるビニール地はもはや夏の定番。レザーとのかけ合わせで更新して。(20×28×13)¥18800/ショールーム セッション(ヤーキ)女子会・デートetc. OFFシーンで使いたい春の最旬バッグ9選ポーチつきや色つきなど、今年は"見えない"工夫を凝らしたPVCバッグが増えています。スタウドのPVCトートは、ブームの火つけ役のひとつ。付属のポーチを外せば、カラフルなストーンがきらめきいっそうチャーミング。(19×19×9)¥32000/アダム エ ロペ(スタウド)【PVCトートバッグ5選】まだまだ欲しい最旬トレンド!ハッピーな気分を誘うカラフルなハンドルで、大人なデニムスタイルに遊び心のアクセントを添えて。見られたくない貴重品などは、付属のスクエアポーチにインして。バッグ¥33000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)ぬれてもOK!今トレンドの【PVCバッグ】なら雨の日も無敵の可愛さ!長距離移動のお供は、足もとやひざ上に直立するバケツ型のPVCバッグ。一見かご、でも中にPVCのインバッグがあるおかげで、バッグの中の小物も落ちずに安心。バッグ(30×18×17)¥8900/アクアガール丸の内(アクアガ ール) 使うたび夏気分が上がる! PVCトートバッグとその中身、シーン別3選薄手のPVCバッグだけど、底が丸いバケツ型なので、しっかり直立するのが優秀。レザーとのコンビで大人の上品さもバッチリ。 (23×18×14)¥29000/スタニングルアー 青山店(オルセット)【PVCトートバッグ5選】まだまだ欲しい最旬トレンド!リゾートラインで登場した「VLTN」のラージトートは、透けるタイプも。レッドのポーチも付属し、中に何を入れて出かけるかワクワクしそう。 (W37cm×H28cm×D14cm)¥127.000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)ビッグライトバッグ、収納力と、トレンドと【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.19】ショッパーのようなフォルムがユニーク。レザー巾着は旬のミントグリーン。(3.5×20×7.5)¥7800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店【PVCトートバッグ5選】まだまだ欲しい最旬トレンド!キャッチーなルックスのバッグを相棒に憂うつになりがちな雨の日も軽やかに。ころんとしたミニマムなたたずまいが愛らしいPVCのバケットバッグ。ゴールドのチェーンハンドルが、女らしさを約束。バッグ¥34000/ジャンニ キアリーニ表参道店(ジャンニ キアリーニ)ぬれてもOK!今トレンドの【PVCバッグ】なら雨の日も無敵の可愛さ!イベント参加は両手があくショルダーバッグが必須。トレンドのPVCバッグなら、さらにテンション上がること請け合い! バッグの中には目を引く個性派アイテムを入れて。 バッグ(20×16×16)¥32000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) オフにはもちろんモードな通勤にも投入!PVCショルダーバッグとその中身夏といえどもきちんと感が求められるオフィスでは、PVCが控えめなレザーとのコンビバッグで上品に。J&M デヴィッドソンの人気のモデル「カーニバル」にPVCバージョンがお目見え。バッグ(25×20×20)¥105000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) オフにはもちろんモードな通勤にも投入!PVCショルダーバッグとその中身トレンドのナイロンパーカの上からビニールサコッシュをかけてアクティブに。PVC素材は軽いからセカンドバッグとしても活躍しそう! バッグ¥9000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×ビューティフルピープル)グランピングに行く日は、ジャンパースカートにブルゾンをはおってスポーティに!今季らしさNO.1のPVCショルダー。ディーゼルは大きなブランドロゴが格好のアクセント。必要なものだけをしまえるコインケースは、ときにポーチより万能だったりも。(25×21×21)¥18800/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)【PVCショルダーバッグ4選】今狙うべきデザインが集結!もともとレザーで人気だった形が、PVCで夏らしくアップデート。中が見えにくいブラウンはお仕事にも使いやすいと好評。自由で最高にポジティブなデザインが、いつもの着こなしを活性化! (22×20×14)¥24000/コード(ヴァジック)スタイリングに新風を吹き込んで!旬感たっぷりの小物でトレンドを先取り♡キリンやシマウマのプリントに、ワニの刺しゅう……夏らしいPVC素材のビニールバッグはオリジナルプリントのポーチ付き。遊び心たっぷりのデザインに「ミュベール」らしさが光る。(32×31.7×3)¥25000/ギャラリー・ミュベール(ミュベール)【PVCショルダーバッグ4選】今狙うべきデザインが集結!キャンバスなど夏素材を使ったビッグバッグで、今最も注目を集める「ア ヴァケーション」。ノッてるブランドのシンプルなPVCトートは、使えること間違いなし。(30×27×19)¥46000/アマン(ア ヴァケーション)【PVCトートバッグ5選】まだまだ欲しい最旬トレンド!今季はボリューム感のあるスタイルに、大きめサイズのバッグを合わせる、ボリュームスタイル×ボリュームバッグが旬!インナーのトライバル柄バッグは、PVCバッグから取り外し可能。 3wayで使えて休日はもちろんバカンスにもぴったり。(32.5×37×20)¥53000/アマン(ア ヴァケーション)【最旬でかバッグ9選】オンもオフも、おしゃれ女子のバッグはビッグサイズ!ストライプ柄のインバッグにも持ち手つき。見た目の可愛さだけでなく、実用性だって充分。(40.5×40.5)¥6500/ナノ・ユニバースカスタマーサービス(ハブファン×リラ キャンベル×ナノ・ユニバース)【PVCトートバッグ5選】まだまだ欲しい最旬トレンド!大ヒット継続中のPVCコーティングトート。肩から掛けられるロングストラップもついています。ホワイト・ベージュともコーデを選ばず使いやすそうなので、思い切って色ち買いしちゃうのもアリです。¥4990/ザラ・ジャパン(ザラ)PVC素材にひし形カット&スタッズをあしらったオールクリアのバスケットバッグ。肩かけにもできるロングストラップつきの2WAYタイプです。中に入れるポーチやインナーバッグとの組み合わせを考えるのも楽しい! ¥6990/ザラ展示会の大人気者をスクープ!【ZARA(ザラ)】2019春新作バッグ12選今季のPVCバッグはカラーリングされたタイプが注目されています。ユニセックスで使えるブラックPVCのバックパックは、中身の透け具合もちょうどよく、オールクリアタイプより使いやすそう。¥7990/ザラ展示会の大人気者をスクープ!【ZARA(ザラ)】2019春新作バッグ12選七色に光るホログラム加工が、シンプルな着こなしのアクセントになってくれるPVCトートバッグ。大容量なので、ジムバッグや1~2泊程度のショートトリップバッグとしても活躍しそう! ユニセックスでパートナーと共用しても。流行のPVCバッグ、取り入れたいけどカジュアルすぎないか心配している人は、革張りのPVCバッグがおすすめ。カジュアルコーデもキレイ目に仕上げくれて、オフィスでも使えそう!?  バッグ/arronオフィスでも使えそう!? 革張りのPVCバッグ初挑戦のPVCバッグは、小さめサイズで革ポーチ付きなのが大人っぽい。持つだけでコーデがぐっと今っぽくなります。バッグ/ファビオルスコーニフラット靴にPVCバッグ。とデニム。
  • 日本発のBean to Bar(ビーントゥバー)ブランドとして、おいしいチョコレートを発信し続ける「Minimal -Bean to Bar Chocolate- (ミニマル)」が、ガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」を6月22日にオープンします。   Minimalの軸は、“カカオの香りを楽しむ”商品づくり。世界中の農園に赴き、良質なカカオ豆を探し、そのカカオ豆が持つ長所を最大限に生かしたチョコレートをつくり、私たちに提供し続けてくれています。甘い物が苦手な男性も「ここのチョコレートなら大歓迎」という人も多いとか・・・。 そんなカカオへのこだわりや経験、技術を土台にしつつ「板チョコレートとは異なるカカオ豆の魅力を新たに引き出す」新しい挑戦を形にしたのが、ガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」です。 ガトーショコラへのこだわりは? カカオの香りの最適を引き出すために試行錯誤したうえにたどり着いたのが「2段火入れ」。板チョコレートとして美味しい火入れと、チョコレート菓子として美味しい火入れ。両軸の火入れを極めて、カカオの香り高いガトーショコラが2種類が完成したそう!   「High Cacao」 しっかりとしたチョコレートらしい味わいのカカオ豆を使用し、長めの火入れによって発酵が強くなり、王道のチョコレートらしい味わいのガトーショコラ。外側の食感もざくざくとするほどに焼けていて、香ばしさもポイント! 味わい深いのでコーヒーやラテ、バニラアイスなどとあわせてください。 「Fresh」 レーズンのような香りが特徴のカカオ豆を使用し、果実感や酸味を失わないよう火入れは弱めに調整したもの。ほのかにカラメル感が加わり、レーズンパンのような味わいなので、渋みやスパイス感のある飲み物と相性が良く、紅茶やミルクティー、ポートワインなどと味わってほしいそう。   それぞれ、通常サイズ(約20×5.5cm)のガトーショコラに加え、プチギフトにも最適なガトーショコラ -バトン-(約10㎝×2.7㎝)が用意されています。 古民家を改装した「大人の隠れ家」的な趣の店舗は、ゆったりとくつろげる落ち着いた空間。カフェも併設されているので、店内でガトーショコラを堪能することもできます。さらに、国内・海外で腕を磨いたバリスタが淹れる、スペシャルティコーヒー、お茶、チョコレートドリンクなどもあり、自分好みの組み合わせで楽しめそう。 ビスケットをしっとりと薄く焼き上げチョコレートクリームをはさんだ「チョコレートウィッチ」も発売され、さらなるカカオとの新しい出会いに期待が膨らみます!   Minimal The Baking 代々木上原 オープン:2019年6月22日(土) 営業時間:10:00~18:00 住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原1-34-5 定休日:月曜日・火曜日 https://mini-mal.tokyo/ http://shop.mini-mal.tokyo/
  • アディダス オリジナルスがエンダースキーマとの最後のコラボレートコレクションとなるフットウェア「HS ZX 4000 4D」を2019年6月22日(土)より発売する。エンダースキーマは、東京発のフットウェアとアクセサリーを展開するブランド。今回は、エンダースキーマのトレードマークであるベジタブルタンニンレザーに、アディダスの4Dミッドソールを組み合わせた新作が登場。前シーズンに引き続き、スニーカーとレザーシューズのブランディングに対する捉え方の違いに着目し、両ブランドのロゴを限りなく小さく施している。 HS ZX 4000 4D [F36048] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)カラーはブラックとメタリックグレー×クリスタラインホワイトの2パターンで展開。ブラックは、アッパーを一色で統一することで、シュータンにさりげなく型押ししたエンダースキーマのロゴと、アイステイのトップに配したアディダスのロゴを際立たせている。 HS ZX 4000 4D [F36147] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)メタリックグレー×クリスタラインホワイトは、レッドのトップステッチを効かせ、よりクラシックな「ZX」シリーズらしいカラーリング。こちらはエンダースキーマのヌメ革が持つ独特な艶が、目を惹くデザインに仕上がった。アディダスの革新的なスニーカーにエンダースキーマのクラフトマンシップを融合させた同アイテムは、主要取扱店舗、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ、スキマ 恵比寿(エンダースキーマ旗艦店)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、伊勢丹新宿店、およびUNITED ARROWS & SONSにて展開予定。 HS ZX 4000 4D [F36048] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)アディダスグループお客様窓口http://shop.adidas.jp/originals/0570-033-033(土日祝除く、9:30~18:00) text: Fuyuko Tsuji
  • 茨城にあるJR日立駅がものすごく綺麗なのを知っていますか? 全面ガラス張りで、その奥に広がるのは全面青! 青い海と青い空がいっぱいに広がっていて、 海の反射のきらきらも伝わってきて、それはとても綺麗な駅なのです♡駅にあるイスは工場地帯ならでは。モーターのような形。 近くにはカフェもあり、海を見ながらのモーニング、ランチ、ディナーも可能☺︎ こんな綺麗な海を前に食べるご飯は最高ですね☺︎ 駅構内もガラスを基調とした広々空間! どこも本当に綺麗です♡日立駅は、コンテストでも評価されている駅だそうです! それは納得ですね☺︎ 夕方には、夕日を綺麗に見ることが出来るそうです! とてもロマンチックです☺︎ 是非行く機会があったら、見に行ってみてくださいね☺︎❤︎モアハピ部 No.704 とと☺ のブログ
  • SPUR8月号のジョージア(旧称グルジア)特集、必見です。「ジョージアがやばい」という話は5年ほど前から出ていたんですよ。でも、その時点では早すぎた。じわじわとイケてるスポットが開発されていき、メルセデスベンツ・ファッション ウィーク・トビリシが徐々に盛り上がっていき、満を持してこのたびシュプールは特集に踏み切りました。 ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国。デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、ここ数年でファッション偏差値が一気に上昇。そこには、世界各国から買い付けた最新モードとともに、ジョージアデザイナーによる独特のファッションアイテムが揃っていて、そのどれもが本当に素敵なんです! もちろん、東京では買えないものばかり。そしてなんといってもここはワイン発祥の地。夢のようにおいしいオレンジ色のアンバーワインにあわせて、これまたファンタスティックなジョージア料理を堪能しましょう。こちらは、ヒンカリと呼ばれるジョージア版の小籠包。スパイスのきいた具から肉汁がじゅわっと溢れでてきます。 首都トビリシから車で3時間ほどの、秘境ステパンツミンダへのトリップも忘れずに。この風景をみたとき、「あ~ここは、天国なのかな」と本気で思いました。 こちらはファブリカホステルにあるカクテルバー。 そうなんです、ジョージアのホテルの内装のレベルの高さといったら。ホテルに一日いるだけでも楽しいです。というわけであまりにも素晴らしい国すぎて、熱量高めに情報を誌面に詰め込みすぎてしまいました。「こんなに細かいページ、久しぶり」と思われるかもしれませんが、後悔していません。ぜひじっくりお読みください! SPUR8月号「おしゃれな人はジョージアを目指す」を試し読み(外部サイト)
  • 今週末、私の大好きな韓国のバッグブランド“minitmute”が大阪で初のpopupを開催されるそうです〜〜〜!!! 前回のpopupの様子はこちら。20〜40代の女性が多数でした。表参道でのPOPUPは、こんな行列ができるほど、今大注目のminitmute♡ シンプルだけど遊び心あるデザインと、可愛いカラー使いが、BAILA世代の大人の可愛げファッションにぴったりなんです! ラインナップがこちら しかも!今回もまだ出たばかりの新作がたくさん並ぶみたいですよー!!日本初登場! ミニミュートの公式instagramで見ましたが、すっごく可愛かった、、、!!! そして、POPUP1日目には、デザイナーでモデルのスリンさんもおられるみたいです♡ 天使のように可愛い方なので、会うと溶けます(*´-`)笑 レザーなのですが、すごく軽くて(存在を忘れかけるほどに) 可愛いだけじゃないミニミュート。 私も愛用してます♡ 開催場所のLOVELESS POPUPは、滅多にない機会なので、ぜひ実物のminitmuteを見に行ってみてください!♡ 6/22(土)〜6/23(日) グランフロント南館2F “LOVELESS” minitmuteスーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
関連キーワード

RECOMMEND