メーガン・マークル、エリザベス女王との初公務へ! 女王にも劣らないオーラで周囲を圧倒
SPUR.JP

【SPUR Eye】
白を基調とした清楚なスタイリングは、好感度バツグン! 女王とともに写る貴重な集合写真や、キャサリン妃のエレガントな最新マタニティスタイルもお見逃しなく。


2018年3月12日(現地時間)に開かれた英連邦記念日を祝うイベント「ザ・コモンウェルス・サービス(The Commonwealth Service)」に、英王室メンバーが勢ぞろい。次期プリンセスのメーガン・マークルにとって、エリザベス女王と参加する初の公務となった。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

同イベントには、エリザベス女王&フィリップ殿下のほか、チャールズ皇太子&カミラ夫人など、英王室のメンバーが一堂に集結。今回初参加を果たしたメーガンは、フィアンセのヘンリー王子、ウィリアム王子&キャサリン妃とともに、会場であるウェストミンスター寺院へと到着した。

Photo : Instagram (kensingtonroyal)
Photo : Instagram (kensingtonroyal)

エリザベス女王との初公務という一大イベントに、メーガンが選んだのはアマンダ ウェイクリーのホワイトコート。ネイビーのワンピース&小物を合わせ、清楚感満点のスタイリングを披露。普段はあまり帽子を着用しないメーガンだが、この日はハット好きのエリザベス女王を意識してか、スティーブン・ジョーンズのベレー帽をプラス。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

爽やかなホワイトルックのメーガンに対し、ネイビーで統一してシックに仕上げたキャサリン妃。4月に出産を控える大きなお腹を、Aラインコートでカバー。ハット&ピンヒールの小物使いで、得意とするエレガントなマタニティスタイルを完成させた。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

英国最大の規模を誇る異教徒間の会合として知られる同イベントでは、英連邦の53もの加盟国から集まったゲストをはじめ、約2,000人が参加。「共通の未来へ向かって」というテーマのもと行われたスピーチやディスカッションは、英放送局『BBC』で中継された。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

会場では、エリザベス女王の後列に座るメーガンの姿をキャッチ。女王やチャールズ皇太子、カミラ夫人らにも劣らない、華やかなオーラが話題に。

また王室の女性たちがカラーリングを抑えるなか、バーガンディのコート&ハットで圧倒的な存在感を放ったエリザベス女王。この日も装飾の美しいハットで、ファッショニスタぶりを発揮。

Photo : Getty Images
Photo : Getty Images

本来は正式なロイヤルファミリーのみが参加できるイベントながら、特別に参加が許されたというメーガン。昨年のクリスマスディナーしかり、英王室のしきたりを次々と打破できるのは、エリザベス女王の寵愛を受けていることの証!? 今回は実現しなかったエリザベス女王とのツーショットにも、今後期待したい。

>>出産間近! 妊娠8ヶ月のキャサリン妃、マタニティドレスをおしゃれに着回し

>>メーガン・マークル、極秘で婚前祝いパーティを開催! 豪華スパ&食事をエンジョイ

text : Ayano Nakanishi

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND