【影山蓉子さん】ビビッドカラーに輝く素材。洗練された’90sガールにシフト
SPUR.JP

モード界ではポジティブでエネルギッシュな90年代がカムバックするも、自分にはちょっとストリートすぎると感じていた影山さん。今季見つけた’90sなアイテムはマチュアに進化し、デザインもよりスタイリッシュに。満を持して、この春取り入れる予定だ。

1. TOM DIXON(トム・ディクソン)

エッジのきいたブラック×ゴールドの照明は、もっか探している新居で使う予定。「ダイニングテーブルの上につけたい。すっきりとした空間の主役に」。

ビートワイドペンダント〈H19×W36〉¥67,000/トム・ディクソン ショップ(トム・ディクソン)

2. MIU MIU(ミュウミュウ)

メッシュ素材のドレスにシルバーのスパンコールが瞬いて、華やかなムードがたっぷり。「スパンコールが部分使いなので、普段でも取り入れやすい」。

ドレス¥272,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

3. MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)

まるで宝石のように美しいロイヤルブルーのサンダルは、サテン素材のツヤ感にうっとり。「大人の女性としてエレガントなシューズを今季は履きたい気分」。

サンダル〈ヒール1㎝〉¥89,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

4. HILLIER BARTLEY(ヒリヤー バートリー)

好きな赤には一家言ある、影山さん。このリネンのセットアップは「バキッとした濃いトーンがタイプ!」。足もとはフラットサンダルでドレスダウンして。

ジャケット¥120,000・パンツ¥65,000/ビオトープ(ヒリヤー バートリー)

5. LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

ハットケースに着想を得たサークル型のミニバッグ。「バッグはアクセサリー感覚で持ちたいから、デザイン重視。シックな雰囲気も素敵です」。

バッグ〈H15×W16×D8〉¥487,000(予定価格)/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

6. ARC OBJECTS(アーク オブジェクト)

NY発ブランドからセラミック製のイヤリングを。素材の特徴ゆえ一点一点個体差がある、タイムレスなジュエリー。「土のぬくもりを感じるような乳白色とモダンなバランスがいい」。

イヤリング¥29,000/ライラ トウキョウ(アーク オブジェクト)

7. CÉLINE(セリーヌ)

アシンメトリーなデザインが躍動感を感じさせる、ドレッシーなラップスカート。「シルエットが面白く、スカート一枚でスタイリングが完成しそう。ピンクの色みも絶妙です」。

スカート¥300,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)

8. OFF-WHITETM c/o JIMMY CHOO(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー)

グレーのシンプルなチェックブーツをPVCのベールで包んだ、今季らしいアプローチの一足。「膝丈のスカートに合わせて、足もとで遊び心をプラスします」。

ブーツ〈ヒール10㎝〉¥217,000/JIMMY CHOO(OFF-WHITE™ ℅ JIMMY CHOO)

PROFILE/影山蓉子(かげやま ようこ)
横浜生まれ。トレンド感のあるスタイリングでモード誌等で活躍。憧れの地、モロッコへこの春撮影で行くことに。両親ともプライベートで再び訪れたいと計画中。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND