【FLOWER PATTERN】満開に花咲くシューズで春はじめ

SPUR.JP

FLOWER PATTERN
春だ! 花見だ! という前のめりな衝動をブーストさせるかのような華やかな靴がバリエーション豊かに勢揃い。服には甘すぎる? という大胆な花柄も靴なら取り入れやすくおすすめ。合わせる装いはシンプルに、一点豪華主義で履いてみたい。

1 手作業で作られたフロントのリボンがフレッシュな表情。アーカイブスデザインに着想を得たフラワーヒールも注目。
パンプス〈ヒール5㎝〉¥98,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) 0120-202-170

2 鮮やかなシューレースでより華やかに盛り上げて。
スニーカー¥89,000/エトロ ジャパン(エトロ) 03-3406-2655

3 シンプルな形で活躍必至。
パンプス〈ヒール4㎝〉¥40,000/ロンハーマン(レベッカ バルドゥッチ) 03-3402-6839

4 人気のフロントジップタイプにノスタルジックなフラワーが仲間入り。厚手のキャンバス地でカジュアルに履いて。
ブーツ〈ソール5㎝〉¥28,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) 03-5428-4981

5 ヴェネチアに咲き誇る花々をイメージ。グレー地とくすんだピンクがほどよい甘さ。
サンダル〈ヒール11㎝〉¥47,000(予定価格)〈2月上旬発売予定〉/フルラ ジャパン(フルラ) 0120-951-673

6 スタンダードなパンプスこそ総柄で遊びをきかせたい。
フェミニンなローズが印象的。パンプス〈ヒール9㎝〉¥99,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 03-5413-1050

SOURCE:SPUR 2018年3月号「笑う門には春靴来たる SMILEY SHOES JOURNAL」
photography:Yoshio Kato styling:Mayu Yauchi, Michie Suzuki


「SMILEY SHOES JOURNAL」特集TOPに戻る(外部サイト)

関連記事
  • Keyword 1 PURE WHITE ミュール「BELT MULE」〈ヒール4㎝〉¥166,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) 0570-000-6011 ハードなベルトストラップと、インダストリアルなシルバーヒールがソリッド。サンダル〈ヒール1㎝〉¥105,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 03-5413-10502 軽やかな足もとを演出するエフォートレスなスライダータイプ。サンダル〈ヒール8㎝〉¥34,000/ジャーナル スタンダード 表参道(ジェーン スミス) 03-6418-79583 なめらかなレザーとスエードのインソールの対比が印象的。普段使いにおすすめ。ブーツ〈ヒール6㎝〉¥135,000/エルメスジャポン(エルメス) 03-3569-33004 上質なスムースレザーと美しいシルエットがどんな装いもシックにクラスアップ。サンダル〈ヒール7㎝〉¥35,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) 050-5578-91525 70年代を思わせるマルチストラップがポイント。サンダル〈ヒール3㎝〉¥89,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) 03-6263-98666 アッパーにギャザーを施しほどよいアクセントに。バブーシュ〈ヒール1.5㎝〉¥46,000/アデライデ(マリーン セル×メリッサ) 03-5474-01577 マリーン セルとメリッサのコラボレーションシューズ。ローファー〈ヒール5.2㎝〉¥23,000/カンペール 03-5412-18448 マットなレザーの質感がこなれた雰囲気。きちんとした印象のローファーもモノトーンによってほどよくエッジィに。サンダル〈ヒール8.5㎝〉¥100,000/JIMMY CHOO 03-5413-12009 しなやかなレザーでツイストをきかせて。高いヒールながらスリングバックによって安定感を実現。サンダル¥70,000/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス) 03-5467-370010 ブラックのトリムが全体を引き締め、スマートな佇まいに。 >>“透け感”からは引き続き目が離せない!
  • Keyword 2 PLASTIC LOVEパンプス〈ヒール10㎝〉¥27,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 0120-551-9781 左右でクラッシュの度合いが違うデニム部分は、バックスタイルに表情を生む。サンダル〈ヒール9㎝〉¥77,000/エストネーション(ローレンス デカーダ) 0120-503-9712 ホワイトレザーによるハートシェイプは大人に寄り添う上品な甘さ。サンダル〈ヒール6㎝〉¥35,000/アンダーカバー(SueUNDERCOVER) 03-3407-12323 ネオンイエローとホワイトのコンビネーションがルックを盛り上げる。サンダル〈ヒール9.5㎝〉¥65,000/TOMORROWLAND(マリアム ナシア ザデー) 0120-983-5114 定番モデルから、PVCにラメが施されたメランジヒールの別注モデルが登場。サンダル〈ヒール1.5㎝〉¥32,000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 03-4335-17505 キッチュな大輪の花が足もとをキュートに彩る。ソックスつきサンダル〈ヒール9㎝〉¥120,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) 03-3408-86816 クリアなヒールが、コンテンポラリーな印象へ導く。 >>この春レザーメッシュが巷を席巻する
  • Keyword 3 SPRING LEATHER MESHサンダル〈ヒール7.5㎝〉¥62,000/GALERIE VIE 丸の内店(ロク) 03-5224-86771 鮮やかな発色がクリーンなイメージ。硬質なヒールとのコントラストも特徴的。サンダル〈ヒール6.5㎝〉¥39,000/ホール(セレナテラ) 03-6419-77322 デザインも製作もすべて日本。スクエアトゥや円形のヒールなど、随所にこだわりが。サンダル〈ヒール1.5㎝〉¥20,500/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ソル サナ) 03-3401-50013 トゥ部分のライナーにはレザーが貼られており履き心地も追求。サンダル〈ヒール7.5㎝〉¥60,000/TOMORROWLAND(マーティネッツ) 0120-983-5114 今季、初上陸したスペインブランド。ハンドレーシングならではの温かみがにじむ。靴〈ヒール1㎝〉¥106,000/ドゥロワー 青山店(ジル・サンダー) 03-5464-02265 メッシュとスムースレザーのコンビネーションがモダン。サンダル〈ヒール1.5㎝〉¥74,000/ロンハーマン(エム パーソンズ) 03-3402-68396 澄んだライトブルーがフレッシュな趣。トスカーナの伝統技術を駆使し、丁寧に手作りされている。 >>「トレンドNEWS PICKS」特集TOPへ
  • ファッションプロが"今"のお買い物方法教えます! オープンしたばかりの新店やこだわりのセレクトショップ、海外ECからノマドな古着店まで。欲しい服に出合えるのはもちろん、特別な"体験"を得られるのがお買い物の醍醐味というもの。ファッションを愛するプロたちの視点から、お買い物にまつわる"とっておき"を惜しみなく紹介します! スタイリスト飯田珠緒さんがオススメ! 自分の直感を信じて新しいワクワクに出合う スタイリングのスパイスになるランジェリーやタイツを愛し、まだ見ぬ面白アイテムを教えてくれる飯田さん。「足を運ぶ理由があるお店に惹かれます」 ヴィンテージドレス専門のニューショップ The Vintage Dress 代官山の「THE BRISK」が手がけるこだわりの新店がオープン。ミュージアムのような空間に1910〜80年代のヨーロピアンドレスが並び、商品には年代とブランド名が丁寧に添えられている。「ヴィンテージの中でも一番面白いのがドレス。日常の中でドレスを当たり前に着てほしいという想いからこの店を始めました」とオーナー。中でも注力しているのは「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」や「ランバン」、イタリアの「サルトリア(仕立て)ドレス」。「3万円台からドレスが見つかる良心的な価格設定も素晴らしい」と推薦者の飯田さんも太鼓判! お直し工房も併設されているので、肩幅や着丈はもちろん細かいサイズ調整にも対応してくれる (左)2階はレース、プリント、ブラックドレスとカテゴリーごとの商品構成に(右)内装を手がけたのはアンティーク家具店「FROB」。100年以上前のハンガリー製という正面の棚は薬局で使われていたものだとか DATA 東京都渋谷区猿楽町22の403-6455-1208www.the-vintagedress.com世界にたった一つの旗艦店が東京に BASERANGE TOKYO 着ていることすら忘れてしまう肌ざわりと無駄のないデザインでファッション業界にもファンが多いベースレンジ。閑静な住宅街に突如現れるショップは、友人の家に遊びにきたような居心地のよい空間だ。アンダーウェアからアパレルまでが揃う店内で、世界観を堪能したい。 (左上)あえて残したという日本の蛍光灯や布張りの壁が、飾らないブランドイメージにぴったり(右上)毎シーズン人気が高いリブソックスはビビッドなカラーバリエーションが魅力(左下)ペールトーンが可愛い新作ボディスーツ¥17,550(右下)定番の「ミシシッピブラ」はトライアングルシェイプ。美しいミッドナイトブルーがベロア素材の魅力を引き立たせる。ブラ¥9,450・ショーツ¥4,725 DATA 東京都渋谷区神宮前5の41の11 1F03-3406-3993www.baserange.net/ja/ スタイリスト吉田佳世さんがオススメ! ずっと"好きなもの"に今っぽさをひとさじ 「基本的に誰も持っていないものが好きなので、ヴィンテージを買うことが多いです」と話す吉田さん。お買い物のポイントは似合う色、素材、バランス感だそう。 素材の"あたたかさ"をシンプルに身にまとう humoresque 南青山から西麻布へと抜ける細道に佇む一軒家。昨年5周年を迎えた「ユーモレスク」のショップ、2階にはアトリエも併設され、服を作り、送り出す作業がここで行われている。「よい素材を美しく仕立て、シンプルな中にその人が生きる愛着のある服を作りたい」と話すデザイナーの渡辺由夏さん。こだわりの素材選びにファンが多く、吉田さんもその一人だ。イチ押しのウールパンツは「布の落ち感、素材、形、どれをとっても最高!」と絶賛。 (左上)落ち着きのある店内にはユーモレスクの商品のほか、ヨーロッパのアンティーク・ジュエリーも並ぶ(右上)吉田さん愛用中のウールパンツ(¥45,000)は生地の重みにより生まれるドレープが美しい(左下)ラムウール混合のカシミヤサーマルニット 各¥77,000(右下)築40年以上の一軒家を改築したというショップ。外壁のツタも味わい深い DATA 東京都港区西麻布2の15の403-6427-2353www.humoresque.jp生活に取り入れたい ベトナム雑貨 333 store ベトナムを北から南まで渡り歩き、現地アーティストや職人たちとコミュニケーションを交わし選ばれたこだわりのアイテムが並ぶ「333(バーバーバー)」。今のベトナムを伝えるモダンなライフスタイル雑貨やヴィンテージアイテム、ウェアが揃う。 (左)吉田さんが「絶対欲しい」と話す陶器のフラワーベース(¥10,800)は受注オーダー制。どっしりとしたフォルムとビビッドカラーの組み合わせが今っぽい(右)どこか懐かしさを覚えるメッシュサンダル 各¥3,000。MとLの2サイズ展開 DATA 東京都目黒区鷹番3の18の303-6412-8866https://333store.jp/ SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「欲しい服は、ここにある」photography: Satoko Tsuyuki (shop), Takehiro Uochi 〈TENT〉(still) edit: Sakiko Fukuhara
  • 辛口にシフトした【サルバトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)】の春新作アイテム。スタッズと鮮やかなカラーに注目♪ 手にするたびに、気分もアガること間違い無し、しかも仕切りや複数の内ポケットもあり、機能面でも優秀!品行方正なだけじゃないパンチの効いた【サルバトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)】上品なトップハンドルバッグにスタッズがデザインされ、辛口にシフト。仕切りや複数の内ポケットもあり、機能面でも優秀。バッグ(20×27×13)¥220000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)大ぶりなスタッズが、ブランドの新たな一面を見せる。紙幣ポケットも5つ完備し、領収書などの仕分けも簡単。財布(10×19×3)¥89000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)スタッズと鮮やかなカラーが今までにはなかった二つ折りのミニ財布。財布(8.5×11×3.5)各¥55000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/後藤未央 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※2019年BAILA2月号掲載
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、明日からのコーデを考えてみて♡カジュアルOKな日こそ全方位モテを狙って❤︎ 今日は外回りもないし、カジュアルでいこう! デニムにフーディ、赤いキャップ、チェックのコートでハンサムに。そのおかげで、シルバーアクセやレオパード柄のパンプスで盛った女っぽさが映えるでしょ? ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!色、柄、小物を駆使した計算ずくの美スタイル❤︎ コートからのぞくストライプシャツ×赤ニットで、目線を上に! 肩掛けバッグで縦ライン強調、きれいめパンツから見せた白ソックスで美脚をアピール。"きちんと"なのに美スタイルは計算どおり♬ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スニーカー通勤なら足取り軽やか♬ トレンチやきれいめパンツでかっちりな日こそ、足もとをスニーカーでハズすのがデキる大人の女。美脚なパンツから足首をチラ見せすれば、楽ちんなのに女っぽさもかなう……最高じゃん! ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!スウェットをきれいに着こなす カジュアルでボーイッシュなイメージの強いスウェット。可愛げを盛ればこんなにきれいに着こなせる! ブラウンのチェック柄スカート、ルーズなおだんごヘアに、首もとからはブラウスのフリルがちらり。どう?イメージ変わったでしょ? ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!シャツの力をあなどるなかれ! ざっくりニットにスキニーパンツ。それだけでももちろん可愛いしスタイルも良く見える。でも間にベージュのビッグシャツをはさんだら、こんなに新鮮になるって知ってた!? 寒い今の時季だからこそできるレイヤードを楽しんじゃおう❤︎ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 明日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 仕事後、セミナーに。ほどよいきちんと感で浮かないようにさらなるステップアップを目指して、仕事が終った後に他社と合同で行われるマーケティングの勉強会に参加。席に着いたときにきれいな顔を保てるしなやかなボウタイブラウスをセレクト。スカートは華やかかつきれいめなイエローに。小物は温かみのあるブラウンをチョイス。勉強会では、かなり為になる話が聞けて大満足。周りの人に刺激され、勉強へのモチベーションも高まった! 帰ったら、早速復習しなくちゃ。スカート¥20000/RHC ロンハーマン(RHC)  ブラウス¥25000/セオリー ウールコート¥43000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) スカートは気分の盛り上がる揺れるイエローで、コンサバスタイルに変化球を加えて。バッグ¥35000/プラステ(イアクッチ) 時計¥280000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エクシード プレシャス) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【イエローフレアスカート】 一枚で華やぐマスタードイエローは、アクセントカラーに最適。¥20000/RHC ロンハーマン(RHC) 【落ち感ボウタイブラウス】 しなやかな素材感できれいめスタイルに不可欠。清潔感のあるホワイトも決め手。¥25000/セオリー【リバーシブルウールコート】 オフホワイトとベージュのリバーシブル。マイルドな淡色がフェミニンムードを盛り上げる。¥43000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ)  「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】M7days ボウタイ風ブラウス ¥7920(¥9900の20%オフ)+税【関連商品】green label relaxing CS monable Aライン フレア スカート ¥5500(¥11000の50%オフ) +税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 家族でキューバを訪れている女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ(49)。2019年1月18日(現地時間)に投稿したインスタグラムの写真では、さらに美しく成長した愛娘ケーリー(15)のスリムなボディに世間が注目! View this post on Instagram Carys with a car❤️mamarrazi is what my kids call me with my camera Catherine Zeta-Jonesさん(@catherinezetajones)がシェアした投稿 - 2019年 1月月17日午後1時46分PST キャサリンが投稿した写真には、黒いタイトなワンピースに白いスニーカーを合わせ、赤い車に寄りかかるケーリーの姿が。長い髪を左手で掴み、まるでモデルさながらのポージングを披露! そんな写真で注目されたのは、ミニ丈のワンピースからスラリと伸びる長い脚。コメント欄には「うらやましい美脚の持ち主ね!」、「体形は母親譲りかしら?」などケーリーのボディを羨望する声が続出した。 View this post on Instagram Introducing Town & Country’s September issue, starring the stunning mother daughter duo of Catherine Zeta-Jones and Carys Zeta Douglas. In our cover story, 15-year-old Carys opens up on what it’s really like to grow up as show business royalty—and how her famous family has kept her grounded. “My parents do a really good job of reality-checking me and being like, ‘Look around you. The life you have is extraordinary,’” she said. Click the link in our bio for the full story. : by @victordemarchelier, styled by @therealnicolettasantoro. Both @catherinezetajones and @carys.douglas are wearing dressess by @michaelkors with earrings by @tiffanyandco. TOWN&COUNTRYさん(@townandcountrymag)がシェアした投稿 - 2018年 8月月1日午前5時00分PDT ケーリーは、キャサリンと俳優のマイケル・ダグラス(74)の間に授かった長女。生粋の2世セレブであるケーリーは、これまでにもコレクションのフロントロウをキャサリンと訪れる姿がたびたびキャッチされていた。また、昨夏には、米『TOWN & COUNTRY』誌のカバーに母娘で共演したことが記憶に新しい。 同誌のインタビューでは、「女優業に興味を持っている」と話したケーリー。またキャサリンも愛娘の芸能活動を後押ししていることを明かしていた。 View this post on Instagram happy birthday to my beautiful parents, the people who constantly inspire me and have taught me everything I know. I am in awe of both of you and the goodness you bring to the world. I love you more than you can imagine. xx carys CARYS Zさん(@carys.douglas)がシェアした投稿 - 2018年 9月月25日午後4時51分PDT 昨年9月にケーリーは、自身のインスタグラムに懐かしい家族写真をポスト。誕生日がともに9月25日であるキャサリンとダグラスに向けて、「わたしの美しい両親へ、誕生日おめでとう。ふたりの子どもであることに誇りを持っています。ふたりが思っている以上に、尊敬しているわ」とメッセージを送った。 ダグラス一家総出でイベントに参加。Photo:Getty Images11歳で舞台デビューを果たし、2002年には映画『シカゴ』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたキャサリン。ケーリーが母の背中を追ってスクリーンデビューする日も近い!? 間もなく2019-20年秋冬コレクションがスタートするが、今シーズンも母娘揃ってフロントロウに訪れるのか、注目したい! >>総額30万円超え。キャサリン・ゼタ=ジョーンズの超豪華コスメ棚
関連キーワード

RECOMMEND