【SABOT & ESPADRILLE】おかえりなさい! なつかしのサボ&エスパドリーユ

SPUR.JP

SABOT & ESPADRILLE
サボとエスパドリーユがモード界に戻ってきた。リラックスした面持ちが魅力だが、ときに素朴になってしまうことも。鮮明なカラーパレット、ハードな素材、こなれたディテールのものを選ぶとカジュアルすぎず、抜け感のあるスタイルに昇華できる。

1 陽気な黄色。
エスパドリーユ〈ソール3㎝〉¥33,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M DAVIDSON) 03-6427-1810

2 ビビッドなバイカラー。
エスパドリーユ〈ソール3㎝〉¥20,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) 0120-3274-20

3 ラッフル、白のレザーがモードに導く。
エスパドリーユ〈ソール1.5㎝〉¥21,000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) 03-5772-4611

4 アッパーのギャザーがアクセントに。
サンダル¥19,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク) 050-5578-9152

5 堅牢な革の重厚感がスタイリッシュ。
サボ〈ヒール5㎝〉¥63,000/エドストローム オフィス(アデュー)03-6427-5901

6 クロコの型押しがクールさをプラス。
サボ〈ヒール5.5㎝〉¥29,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 0120-150-116

SOURCE:SPUR 2018年3月号「笑う門には春靴来たる SMILEY SHOES JOURNAL」
photography:Asa Sato, ©AFLO styling:Mayu Yauchi, Michie Suzuki text:Ayana Takeuchi


「SMILEY SHOES JOURNAL」特集TOPに戻る(外部サイト)

関連記事
  • 『ケイト・スペード ニューヨーク』が、新クリエイティブディレクターであるニコラ・グラスの初コレクションを発売します。日本は、世界に先駆けて1/23(水)から発売開始! 彼女の描き出す、新生『ケイト・スペード ニューヨーク』をご堪能あれ♡ニコラ・グラスが掲げるブランドコンセプトは「optimistic femininity(楽観的な女性らしさ)」。この世界観を表現するために迎えられたヒロインは、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』でおなじみのサディ・シンクと、ファッションアイコンとしても注目の女優ジュリア・ガーナー、そして映画『ビール・ストリートの恋人たち』で初主演を果たしたキキ・レーンの3人。この3人が出演するキャンペーンビジュアルは、キュートなカラーやハッピーなモチーフでいっぱい! ブランドの創業以来、数多くのキービジュアルを手がけてきたティム・ウォーカー氏が撮影しています。そしてどのアイテムにも共通するのが「スペード」。柄やモチーフとして、スペードのマークが数多く用いられています。どんな風にデザインされているのか、さっそくアイテムをチェックしましょう!nicola twistlock medium flap shoulder in rococo pink ¥60000 クロスボディバッグの「ニコラ」は、丸みのあるシルエットとなめらかなレザーでシーンを選ばず使えそう。しかも、ハートのモチーフをクルッと回すと……nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig/rococo pink ¥60000 ハートがスペードにぴたっとハマるんです! バッグを開けるたびにウキウキしちゃいそう。ストロベリーチョコみたいなバイカラーにもキュン❤︎nicola twistlock medium flap shoulder in deep evergreen/black ¥60000 深みのあるグリーンには、ブラックのハートが。nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig ¥53000 スペードモチーフが控えめなタイプもラインアップ。トラッドなスタイルにも似合いそう!dorie medium bucket in chartreuse ¥60000 バケツ型バッグの「ドリー」は、よく見るとたくさんのスペードを編み込んであるっ! ピンクのインナーバッグは取り外し可能なので、他の巾着を使ったり、あえて中身を見せても可愛い❤︎dorie medium bucket in hot chili ¥60000 鮮やかカラーでリゾートスタイルにもぴったり! でもハンドクラフトタッチのレザー素材なので、きちんと感はキープ。dorie medium bucket in evergreen ¥60000 インナーバッグを使えば、オールシーズン持てそう。イメージビジュアルで着ている、同じく春コレクションのワンピースとも相性バツグン❤︎各ショップでは、コレクションの発売を記念したイベントが行われます。1/25(金)・26(土)の2日間は、『ケイト・スペード ニューヨーク 銀座店』でニコラ・グラスがディレクションしたストアデザイン体験ができるんだって! さらにフォトブースが登場したり、ケータリングが提供されたりとパーティ気分でショッピングを楽しめます♡ 2/9(土)・10(日)には、一部店舗でドリンクサービスが実施されるそう。ニコラ・グラスの初コレクション、手に取ったら春が待ちきれなくなっちゃいそう! さらに進化した『ケイト・スペード ニューヨーク』から目が離せません♬▶︎▶︎『ケイト・スペード ニューヨーク』公式サイトはこちら
  • アジアンデザイナーの勢いが止まらない! チェックしておきたいレーベルをピックアップ ※€1=約129円、$1=約113円、£1=約144円です(2018年12月4日現在)。brand : ROKHcountry : UKURL : www.r-o-k-h.comInstagram : @rokhofficial セントラル・セント・マーチンズを卒業後、セリーヌなどで経験を積んできた韓国出身のRok Hwangが手がけるブランド。2018年LVMHプライズで特別賞を受賞した。ビッグシルエットのコートは大きな袖の折り返し、斜めに並んだボタン使いなど、ベーシックなようでいて細部に趣向が凝らされたデザイン。大人の女性にこそ似合う、モダニティが特徴。 コート€1,080・デニムドレス€816(rokh) 靴/スタイリスト私物 ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、MYTHERESA(www.mytheresa.com)、SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : OVELIA TRANSTOTOcountry : INDONESIAURL : www.oveliatranstoto.comInstagram : @oveliatranstoto セントラル・セント・マーチンズを卒業後、2016年に自身のブランドをスタート。ドーバー ストリート マーケットなどでも取り扱いのある注目株。素材使い、シルエットなどに新時代のフェミニニティを感じさせる。ネイビーのサテン地で仕立てたドレスは、ふわりと広がるカッティングと、ウエストのホールデザインがアクセント。 ワンピース£905(Ovelia Transtoto) 靴/スタイリスト私物 ※SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : JONATHAN LIANGcountry : MALAYSIAURL : www.jonathan-liang.comInstagram : @jonathanlianglive マレーシア出身のジョナサン・リアンが2014年にブランドを開始。プリントやレースなど、独特のファブリック使いに定評がある。花々をつなぎ合わせた華やかなレースドレスはアシンメトリーな裾のカッティングも目を引く一着。ユニクロとコラボレーションしてTシャツなどを発表したことも。 ワンピース$610(Jonathan Liang) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : BOYYcountry : THAILANDURL : www.boyybag.comInstagram : @boyyboutique 大きなバックル使いが特徴的なアクセサリーブランド。上質なレザーを使用したバッグは、コレクションスナップなどでも多数キャッチされている。Jesse DorseyとWannasiri Kongmanが2006年にNYでブランドを立ち上げ、その後バンコクやコペンハーゲンなど、ワールドワイドに活動中。 バッグ〈H18.5×W23.5×D14〉€1,055(BOYY) ※Moda Operandi(www.modaoperandi.com)、NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Louisa Via Roma(www.luisaviaroma.com)などで取り扱いありbrand : BOTHcountry : FRANCEURL : www.both.comInstagram : @bothparis 2017年春夏シーズンに初めてのコレクションをローンチ。レザーやキャンバスにラバーを組み合わせたスニーカーがアイコニックなフットウェアブランド。主に男性の間で人気を誇ってきたが、今シーズンはスウィートなパステルピンク×白などもリリース。 スニーカー¥49,000(both) ※HBX(hbx.com)、Matchesfashion.com(www.matchesfashion.com)、Opening Ceremony(www.openingceremony.com)、ANTONIOLI(www.antonioli.eu)などで取り扱いありbrand : YUUL YIEcountry : SOUTH KOREAURL : www.yuulyieshop.comInstagram : @yuulyie_official Sunyuul Yieが2010年にスタートさせた韓国のシューズブランド。フェミニンなムードの中に、カッティングや装飾、独創的なヒールのデザインなどでスパイスを加えて。サテンのバックストラップパンプスは、フロントのパールつきモチーフと黒のストラップがさりげないアクセント。手の届きやすいプライスレンジもうれしい。日本のセレクトショップでもいくつか取り扱いがあるが、オフィシャルサイトが豊富。 パンプス〈ヒール8㎝〉$310(Yuul Yie) ソックス/スタイリスト私物brand : THE VOLONcountry : SOUTH KOREAURL : www.thevolon.comInstagram : @thevolon Eujung Jangが2013年に立ち上げたレーベル。NYでデザイナーとして活動していた彼女が作るのは、まるでそのものがジュエリーのような装飾性の高いバッグ。ブランドの定番でもある巾着型のミニバッグは、ベルベットとフェザー、ゴールドチェーンの組み合わせがクラシック。 バッグ〈H16×W14×D14〉$850(the VOLON) ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Shopbop(www.shopbop.com)、Coggles(www.coggles.com)などで取り扱いありbrand : GROVE SEOULcountry : SOUTH KOREAURL : www.grovestore.comInstagram : @grovestore ソウルのセレクトショップが手がけるオリジナルレーベル。デイリーに着られるデザインとこなれた価格帯が魅力。 ジャケット¥35,000・Tシャツ¥8,000・スカート¥14,000(GROVE SEOUL) アシンメトリーピアス¥11,000/アイクエスト ショールーム(baebae) ※一部商品のみUNITED ARROWS(https://store.united-arrows.jp)で取り扱いありbrand : ANDERSSON BELLcountry : KOREAURL : en.anderssonbell.comInstagram : @anderssonbell ストリートテイストあふれるフーディやスウェットが男女問わず支持されている韓国ブランド。新作はチェックのボウタイブラウスにエコレザーのスカートでクリーンなムードに。 ブラウス¥17,000・スカート¥19,000(Andersson Bell) 靴/スタイリスト私物brand : I-AM-CHENcountry : CHINAURL : www.i-am-chen.comInstagram : @i_am_chen_official 香港出身のZhi Chenがスタートさせたニットウェアブランド。さまざまな色や素材を組み合わせた、テクニカルなデザインが特徴。インターナショナル・ウールマーク・プライズのセミファイナルにも選出された。 カーディガン$430(i-am-chen) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : SEIVSONregion : TAIWANURL : www.seivson.comInstagram : @seivson.official 台湾人デザイナーTzuchin Shenと韓国出身でセレブリティとしても人気のSong Mi-jinが2018年春夏シーズンから開始。女子ふたりの好きなものを詰め込んだ遊び心のあるデザインが人気。ビッグショルダーのシャツにはスタッズが飾られて。 シャツ¥13,640(Seivson)brand : XIAO LIcountry : UKURL : www.xiaoli.co.ukInstagram : @xiaoli_studio 香港出身のデザイナーが2015年ロンドンでスタート。2019年春夏で公式ランウェイデビューを果たした。 ブラウス£265(Xiao Li) ※Farfetch(www.farfetch.com/jp)、Lane Crawford(www.lanecrawford.com)、H.Lorenzo(www.hlorenzo.com)などで取り扱いありbrand : JAMIE WEI HUANGcountry : UKURL : www.jamieweihuang.comInstagram : @jamieweihuang セントラル・セント・マーチンズ卒業の台湾人デザイナーが2013年に始めたレーベル。スポーツやストリートをほどよくミックスした、軽やかなスタイルが特徴。デニムのロングスカートはウエストを折り返してルーズにもはける。 スカート£235(JAMIE WEI HUANG)SOURCE:SPUR 2019年2月号連載「モードの中心はアジアです」photography: Takeshi Takagi 〈SIGNO〉 styling: Maiko Kimura hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Levi cooperation: Yu Masui
  • 一部業界内で話題を呼んだ(!?)「スナックBUSU」のリターンズ! 平成美容を見続けたママと、平成っ子、平成美とで連日熱く語り合った。 スナックBUSUのママ 都内某所でスナックBUSUをひとりで営む。かなりの美容通なため、夜な夜な妙齢(!?)女子が美容アドバイスを求め集まる。年齢は非公表だが、平成を語る口ぶりをみると55歳ぐらい? 平成の申し子 平 成美 昭和生まれではあるけれども、物心ついた頃に元号が平成となり、平成時代を目の当たりにしてきた独身女子、34歳。ママの美肌の秘密を暴こうと、日々スナックBUSUに通い詰める。 お題:細眉ブーム細眉ブームをきっかけに、眉のお手入れ習慣が一般化したわ 平 あ~、アムロちゃんが引退しちゃって、それこそ平成が終わったって感じ。 ママ そうね。彼女は美容においても“細眉”ブームをつくった立役者。これをきっかけに、いろいろな眉トレンドがあったわ。何より、眉のお手入れが一般化したのは、彼女の功績が大きいと私は思っているの。 平 確かに! ただ眉を抜くことが習慣になりすぎちゃって、その後来た太眉ブームに涙する人を多数見ましたが(笑)。 ママ だからアイブロウアイテムが発達したんじゃない。今じゃあ薄眉さん用に眉ティントまであるでしょ。あれは、この細眉ブームがあったおかげよ、きっと。 お題:ニキビ・毛穴ケアブームニキビのもと、角栓を取る、取らない問題あったわよね~ ママ あら、額に想われニキビ♡ 平 何言っちゃってるんですか(怒)。誰かに想われていようが、いまいが、ニキビを喜ぶ女はいませんよ‼ ママ でも、最近はいいニキビ用化粧品があるじゃない。それこそ20年ほど前は“ニキビは青春のシンボル”なんていわれ、単に脱脂効果が高いものしかなかったんだから。ニキビのもととなる角栓を取る毛穴パックも空前のヒットになって、“取る、取らない”で毛穴問題が勃発したわ。 平 毛穴問題ってそこからなんだ! ママ 大人ニキビって言葉も登場したわね。敏感肌もそうよ。女性の社会進出とともにストレスがクローズアップされ、1997年にはデリケートな肌症状に対応したブランド「d プログラム」も資生堂から誕生したわ。 平 いまやニキビも敏感肌も根本は一緒。研究が進みましたね~。 お題:ファンデーションの進化トレンドを"肌"で表現するのって何げにスゴイこと 平 ママ、クッションファンデーションって画期的だと思いませんか? ママ そうよね。ランコムがブームを盛り上げた感じ。昔は……。 平 出たー。ママの昔語り~♪ ママ ちょっと! 今でこそ“なりたい肌質”でファンデーションを選べるけれど、これは1997年に誕生した資生堂の「プラウディア」がプロモーションを展開したのがきっかけ。 平 シーズンごとに肌感の提案をしていたし、ナチュラルな仕上げを求めだしたのもこの頃から? ママ 正解! でも、日本女性にとってカバー力は永遠のニーズよ。 お題:落ちない口紅マットリップは美人度がUPする効果絶大よ ママ 成美ちゃん、今日のマットリップ素敵! あ~、思い出すわ、若かりし頃の“落ちない口紅”。食べても、キスしても落ちない……。 平 そんな昔からあったんですか! ママ 失礼ね! 落ちない口紅のニーズは女性の夢。1992年に登場したカネボウ化粧品の「テスティモ」の口紅は、そりゃあ一世を風靡したんだから! 平 でも私の記憶では、口紅ブームってここ3年ぐらいな気がする。 ママ そうね、スーパーモデルブームでベージュメイクが世の中を席巻。その後はグロスが主流となり、口紅不遇の時代に。その間に、口紅技術が水面下で進化していたのね♡ お題:美白ブーム美白はブームを超えもはや日本人のスタンダードケアに 平 いよいよ新作の美白化粧品が出てきますね! 美白ケアって、最先端技術を搭載しているって感じでワクワクするんですよー。 ママ 日本は美白大国だから。白肌文化は平安時代からだけど、昭和時代、夏は小麦肌、冬は白肌だったわ。 平 それを言うなら、アムラー時代はガングロで、その後のあゆの影響で白肌が定着したって感じ? ママ 平成美白の大きなニュースといえば、2011年にシャネルが開発した「TXC」が外資系企業で初めて美白有効成分として承認されたことかしら。 平 以来、新成分は出てないですね。今の美白は“浸透力”勝負です。 お題:スリミングブーム“塗るだけで痩せる”この言葉に日本中の女性が夢中に♡ ママ 平成といえば、ボディのスリミング系コスメティックスの勢いがハンパなかったわ。 平 そうそう! 祖母、母、姉がハマり、塗り系をはじめ、スリミングアイテムが家中にあふれてました。 ママ 引き締まるような清涼感がきいている気がして好きだったわ。海外旅行に行く友人に人気のスリミングコスメのお土産を頼んだものよ。 平 それ、円高だったんですね。 ママ ……まっ、ともかく、日本人のボディケア意識がこれによって変わったのは確かよ。 お題:小顔ブーム日本人のコンプレックスを直撃した小顔ブーム到来 ママ ボディスリミングくらいに盛り上がったのが“小顔”ブーム。ある外資系メーカーの社長なんて、日本の美容ジャーナリストのひと言で、日本人女性のニーズが“小顔”であることを知ったって話よ。 平 私も小顔になりたい!……って、今でも“小顔コスメ”はある? ママ そこの外資系メーカーでは、進化しながらも現在も人気アイテムとして君臨しているわ。でも近年は、“リフトアップ”“引き上げ系”コスメがそれにあたるんじゃないかしら。 平 やっぱ今は小顔ギアでしょ! SOURCE:SPUR 2019年2月号「平成美容に、乾杯!」illustration:Nozomi Oomori edit:Yuumi Fujii〈dis-moi〉取材協力:花王、カネボウ化粧品、コーセー、資生堂、シャネル、パルファン・クリスチャン・ディオール、ランコム
  • おしゃれに暮らす人の家はキレイ。モードなキレイ好きさんと掃除のプロがオススメする、“ポチれる”優秀アイテムを厳選。新年に向けてピカピカに!! 家中のあらゆる場所の日常的な汚れに対応。どこでも安心して使えるナチュラル成分がうれしいThe Magic Water / マルチクリーナーマルチクリーナー(400㎖)¥950/THE SHOP(The Magic Water) 特許技術により、水を電気分解してアルカリ性の水だけを抽出した、高濃度アルカリイオンの洗浄水。要は原料が水だけなのに、油汚れや手垢など酸性の汚れを中和・分解し、こびりついた汚れを引きはがす。油が飛んでベタベタになった調味料入れなども、ひと拭きでキレイに。スプレーしたあと30〜60秒間放置してから拭き取ることで、除菌効果も得られる。「キッチンの汚れ落としにも、子どものおもちゃの除菌にも。水なので何にでも使っています」(佐藤果林さん)。 http://the-web.co.jpmatsukiyo / アルコール除菌スプレーアルコール除菌スプレー(400㎖)¥276/マツモトキヨシ(matsukiyo) マツモトキヨシのプライベートブランドによるアルコール製剤。優れた除菌作用があり、雑菌が繁殖しやすい水まわりに吹きかけて布やキッチンペーパーで拭き取れば、99.99%除菌することができる。天然由来成分なので、まな板の掃除にも適している。クエン酸配合で消臭効果もあり。「パッケージがシンプルで手に取りました。シンクまわりや電子レンジの拭き掃除、ペットが粗相したときのニオイ消しなどに使っています。食器にかかっても安全で、飛沫を気にしなくていいのがうれしい。価格もリーズナブルなので、毎日遠慮なく使えて助かります」(ニイミユカさん)。 http://www.matsukiyo.co.jpオーブス / ユーカリプタススプレーユーカリプタススプレー(330㎖)¥924/オーブス 原料はユーカリオイルと純水のみ。家中の拭き掃除に使えて、消臭と除菌も同時にできる優れもの。二度拭き不要で衣類にも直接スプレーでき、気になるニオイも消してくれる。界面活性剤もアルコールも不使用なので、子どものおもちゃや果物、野菜の洗浄にも使える。「これ一本で家のいろんなところに使えるので、ものぐさな私にはぴったり。わが家の猫たちがなめても安心です。使用中はユーカリの爽やかな香りがしますが、ニオイが残ることはありません」(金谷杏奈さん)。 https://www.amazon.co.jpほかマルシン / スーパークリーナー万能Jrくんスーパークリーナー万能Jrくん(75g)¥1,300/マルシン 手垢、水垢、油汚れ、落書きからサビまで、あらゆる汚れをキレイに落とす、まさに「万能」な固形タイプのクリーナー。ガンコな水垢や油汚れも、水に濡らして絞った布やスポンジにつけてこするだけでスルスルと汚れが消えていく。くすんだシンクも、焦げついたIHのガラストップもピカピカに。研磨剤不使用なので表面を傷つける心配がなく、成分は中性なので手にもやさしい。「掃除のプロも使用しているクリーナー。シンクや鏡、衣類やフエルトペンの汚れまで幅広く使えるので、重宝しています」(こそうじさん)。 http://www.maru-shin.infoecostore / マルチクリーナースプレーマルチクリーナースプレー(500㎖)¥700/エコストア ニュージーランド発の環境にやさしいトータルケアブランド「エコストア」の多用途に使える住宅用洗剤。遺伝子組み換えでない植物由来の界面活性剤を使用。成分はすべてナチュラルなもので、手肌にもやさしい弱酸性。拭いたあともベタつかないので、壁や床、家具など水で洗い流せない場所にも安心して使える。シトラスの香りがほのかに漂い、すっきりとした使用感。「シンプルなパッケージは、サトウキビを原料にした再生可能な容器。環境への配慮が徹底されています」(大谷優依さん)。 http://www.ecostore.jpマーチソン・ヒューム / “カウンターインテリジェンス”フードセーフスプレーカウンターインテリジェンス フードセーフスプレー(480㎖)¥1,700/フジイ(マーチソン・ヒューム) キッチンやダイニングなど食べ物を扱う場所で使える拭き掃除用洗剤。肌への刺激が少なく洗浄力の高いグレープフルーツ果皮油と、抗菌効果のある保湿成分、セージエキスを配合。ホワイトグレープフルーツのクリーンでやさしい香りは食卓のじゃまにならず、抜群の使い心地。「厳選された植物由来原料なので安心。食まわりでよく使っています」(西村典子さん)。ドアノブやスイッチなどの手垢がつきやすい場所の拭き掃除にも効果的。 http://murchison-hume.jpA2Care / スプレースプレー(300㎖)¥1,800/A2Care 独自技術で生み出された二酸化塩素水「MA-T」が原料。特殊な電子構造を持ち、菌やウイルスだけに酸化反応を起こしてニオイのもとを狙い撃ち。高い除菌・消臭力がありながらも安全性は確保されており、赤ちゃんの近くでも安心して使える。排水口や洗濯槽、エアコンのフィルターに吹きかけると、脱臭や防カビ効果が得られるほか、いろんな場所の拭き掃除にも使える。「子どものオムツ替えのたびに部屋にこもるニオイもしっかり消臭。寝室やトイレ、リビングで使っています」(小笹玲子さん)。 https://www.a2-care.co.jp>>困ったここ、どうすれば? シーン別ポイント攻略術
  • トレンドも買い物のチャンネルも無限にある今。ファッション好きの「着たい服はどこにある?」という疑問に、SPURが全力で答えます。うっとりする可愛さと力強さをあわせ持つスタイル「POWER ROMANCE」。大人の女性にこそ必要な「包容力のある服」。ファッションプロの口コミにより、知られざるヴィンテージ店やオンラインショップを網羅した「欲しい服は、ここにある」。大ボリュームでお届けする「“まんぷく”春靴ジャーナル」。さらにファッショナブルにお届けするのが「中島健人は甘くない」。一方、甘い誘惑を仕掛けるなら「口説けるチョコレート」は必読。はじまりから終わりまで、華やぐ気持ちで満たされるSPUR3月号です!SPURが2019年春夏に提案したいムードは、パワー・ロマンスです。ふわふわの甘さではなく、迫力と強さのあるファンタジー。なおかつ自分の足で、大地をしっかりと踏みしめて歩くことができる、着心地の良い服です。それは、意志を持って歩む女性の人生をも肯定します。巨大な花が咲き誇る、夢に迷い込んだかのような世界から、力強いファッションストーリーをSPUR3月号でお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「包容力のある服」って、なんでしょう? それは、着ている人自身が心地よく、さらに着る人の身体も美しく見せてくれる服のこと。毎日忙しい日々を送っている現代女性こそ、着るだけでスタイルが決まり、しかもコンフォータブルな一着が必要です。信頼できるメゾンより、これぞという新作をピックアップしました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ネットショッピングがこれだけ便利になっていると、街でお買い物しようとしたときにふと「どこで買えばいいのだろう……」と途方に暮れることはありませんか? そんなショッピング迷子の方々に自信をもってお勧めすべく、ファッションプロが本当に買うお店を徹底リサーチしてきました。知らないお店や盲点だった注目アイテムがこれでもかと登場。春のショッピングのバイブルに! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モードマニアにとって「コンサバ」って決して褒め言葉ではない気がしませんか? 「今日コンサバですね」と言われたら「あら、今日は攻めが足りなかったかしら……」と思ってしまうような。しかし、今春夏「コンサバ」はトレンドなのです。しかも“攻めて”いる! このスタイリング攻略法をスタイリスト浜田英枝さんが徹底解説。今日から着たいモードな「コンサバ」の秘訣が満載です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  寒いときこそ、少し遠くにある南国リゾートへの憧れが募るもの。心躍る楽園への旅に連れていきたくなる最新のスイムウェアコレクションをピックアップしました。ワンピース、ビキニ、プールサイドで活躍する+α……あなたの旅支度に、是非役立てて! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  外の寒さとは裏腹に、熱く高まる、ロマンティックなおしゃれ心。今シーズンはそんな気分に寄り添う新作シューズが目白押しです! 365日スタイリングが決まるショートブーツに始まり、十人十色に似合う靴、そして注目のトレンドキーワードまで。見れば“まんぷく”になる春靴のニュースをお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この春は、まばゆい輝きを放つメイクアップがトレンドに浮上! 繊細な艶ではなく、スタイリングのアクセントとなるような発光感が今シーズンの特徴です。リップやまぶた、頬に、今季ならではのきらめきをまとうメイクアップを紹介。いつもの化粧にちょい足しするだけのリアルなメイクアップなので、翌日にでもトライできますよ。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夜な夜な肌に悩みを抱えた女子が集まるスナックBUSU。今回は、春先の乾燥や敏感肌を気にするあか美とかゆ実がやってきました。「松倉クリニック代官山」院長の貴子先生のアドバイスとともに、乾燥や花粉症、敏感肌の方におすすめのプロダクトを紹介しています。スナックBUSUのイラストを描いてくれたのは大盛のぞみさん。大爆笑間違いなしのマンガにもご注目ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2017年、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO・ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)。その活動の象徴的な存在として、広島での被爆体験を世界中で証言してきたカナダ在住のサーロー節子さん。大きな壁にぶち当たっても光に向かってまっすぐに突き進んできた、その人生の歩みを来日を機に伺いました。力強い言葉に勇気をもらえるインタビューです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  義理チョコ、友チョコ、自分チョコなどさまざまありますが、2019年は基本に立ち返って意中の相手を“口説ける”チョコレートを大特集。名バイプレーヤーとして数々の作品で活躍中の俳優・野間口徹さんが出演するバレンタインデートストーリーのほか、おしゃれ好きやヘルシー志向、知性派、年下などタイプ別におすすめのチョコレートを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR3月号で何度もスタイリスト浜田さんと話し合ったのが「コンサバの定義とは何ぞや?」ということ。それぞれにぼんやりとコンサバのイメージってあると思うのですが、ものすごくあいまいなんですよね。髪の毛巻いていそう、やさしいパステルカラーを着ていそう、オーバーサイズよりジャストサイズを着ていそう、などなど。 キーワードでイメージするとぼんやりしているのですが、そこで浜田さんが必ず大切にすべしとおっしゃっていたのが「清潔感」。なるほど!と思いました。すべてはセンシュアルでもガーリーでもなく、大人の清潔感で表現すること。今回の特集でご紹介したスタイリングやアイテムも、この一点で芯が通ったのでした。 写真はプラダの新作バッグです。クラシカルかつ有機的なフォルムは、モダンなコンサバスタイルにぴったりですが、なぜこれが素敵なのかを考えてみると、デザインの裏側に隠された女性の所作にまで考えが及びます。ハンドルを肘にかけて、スライドするだけのフラップを軽やかに開けて中身をのぞいたら……。そんな仕草まで女性らしく美しく。「コンサバ」とは、エレガンスとモードの間にあるもの、とバッグひとつからも腑に落ちるのでした。スタイリング浜田塾、ぜひご覧ください。 SPUR3月号「2019年のコンサバ白書」を試し読み(外部サイト)
  • 「松倉クリニック代官山」院長の貴子先生曰く、気温も湿度も下がり、汗腺や皮脂腺からの分泌量が少なくなる今の時期は、ただでさえ肌のバリア機能が低下しているそう。そんなところに花粉がやってきたら、ひとたまりもありません。そこで頼りになるのが、資生堂薬品の「IHADA」シリーズ。既に多くの花粉症の方から支持を得るこちらのプロダクトが、このたびリニューアルをし、ますますパワーアップしました。SPUR3月号の「あか美とかゆ実の“肌の散るらむ”」では、こちら以外にも頼りになる製品をご紹介しています。 SPUR3月号「あか美とかゆ実の“肌の散るらむ”」を試し読み(外部サイト)
  • 年末の婚活パーティで出会った彼との初めてのデート。まだバレンタインには早いけれど、サプライズでチョコレートをもらったなら……。SPUR3月号の「口説けるチョコレート」特集の妄想ストーリーを演じてくれたのは、俳優の野間口徹さん。待ち合わせでは、スマホではなく文庫本を読んでいてほしい、というスタッフの願望のもと、本を読むシーンから撮影をスタートしました。その時に小道具として使ったのが、アントニイ・バークリー著の『毒入りチョコレート事件』(創元推理文庫)。この名作の結末と同じく恋も迷宮入り……とならにように、ぜひ「口説けるチョコレート」を読んで、バレンタインデートを成功させてください。 SPUR3月号「口説けるチョコレート」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND