【WATERPROOF】もう雨を心配しない! 旅でも重宝する靴とは?

SPUR.JP

WATERPROOF
水に濡れるシーンはどうしても避けられないもの。以前までは選択肢の少なかった"ウォータープルーフ"な靴のラインナップが今季増えている! 街歩きやビーチの散策など、日常から旅先まで、あれば必ず役立つ、そして可愛い(大事!)四天王が決定。

1 クッション性があり軽いソールが特徴。抜群の履き心地を体感して。
サンダル「オラリカバリーフリップ」〈ソール3.25㎝〉¥8,000/デッカーズジャパン(ホカ オネオネ) 0120-710-844

2 レザーのように見えて実はラバー製!
ブーツ¥14,800/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) 03-6452-6836

3 雨の日でも気分が上がるシーズンカラーが登場。
スリッポン¥12,000/ハンター ジャパン(ハンター) 0120-563-567

4 踵のファーは取りはずし可能。ビタミンカラーも軽やか。
サンダル¥9,000/デッカーズジャパン(UGG®) 0120-710-844

SOURCE:SPUR 2018年3月号「笑う門には春靴来たる SMILEY SHOES JOURNAL」
photography:Yoshio Kato styling:Mayu Yauchi, Michie Suzuki


「SMILEY SHOES JOURNAL」特集TOPに戻る(外部サイト)

関連記事
  • 人気スタイリストは防寒対策をどうしてる? 冬のおしゃれにまつわるマンネリのあれこれ。読者300人アンケートで多かったあるある悩みに人気スタイリストたちがお答えしてくれました。 Q めちゃくちゃ寒い日のおしゃれと防寒、何で両立させる?A 生姜チップス スタイリスト 辻 直子さん 「体の中から温めます。これはミニサイズで持ち歩きも」A ムロイ食堂のホットワイン スタイリスト 室井由美子さん 「おしゃれはできるだけあきらめたくない……ので、シェフ(夫)の作るホットワインで中から温まる作戦! 一日働いて冷え切った体もぽかぽかに」A コートの下にインナーダウン スタイリスト 吉村友希さん 「THE NORTH FACEのインナーダウンは本格仕様でとにかく暖かい! 冬ロケの必需品です」A 厚手のソックス+ブーツ スタイリスト 滝沢真奈さん 「寒い日は足もとをレイヤード。似た色合いのものを重ねると、コーディネートに奥行きが出ますよ」A アウトドアブランドのインナーダウン スタイリスト 高橋美帆さん 「インナーダウンはガチなブランドのものがやっぱり優秀。パタゴニアとモンベルのものを愛用しています」A 華やか色のマフラー スタイリスト 石田 綾さん 「防寒しつつ、顔まわりを明るく! 気持ちも華やかになります。極寒ロケのときはさらにカイロを背中とおなかに貼ります(笑)」撮影/坂田幸一 ※2019年BAILA2月号掲載
  • ファッションプロが"今"のお買い物方法教えます! オープンしたばかりの新店やこだわりのセレクトショップ、海外ECからノマドな古着店まで。欲しい服に出合えるのはもちろん、特別な"体験"を得られるのがお買い物の醍醐味というもの。ファッションを愛するプロたちの視点から、お買い物にまつわる"とっておき"を惜しみなく紹介します! スタイリスト飯田珠緒さんがオススメ! 自分の直感を信じて新しいワクワクに出合う スタイリングのスパイスになるランジェリーやタイツを愛し、まだ見ぬ面白アイテムを教えてくれる飯田さん。「足を運ぶ理由があるお店に惹かれます」 ヴィンテージドレス専門のニューショップ The Vintage Dress 代官山の「THE BRISK」が手がけるこだわりの新店がオープン。ミュージアムのような空間に1910〜80年代のヨーロピアンドレスが並び、商品には年代とブランド名が丁寧に添えられている。「ヴィンテージの中でも一番面白いのがドレス。日常の中でドレスを当たり前に着てほしいという想いからこの店を始めました」とオーナー。中でも注力しているのは「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」や「ランバン」、イタリアの「サルトリア(仕立て)ドレス」。「3万円台からドレスが見つかる良心的な価格設定も素晴らしい」と推薦者の飯田さんも太鼓判! お直し工房も併設されているので、肩幅や着丈はもちろん細かいサイズ調整にも対応してくれる (左)2階はレース、プリント、ブラックドレスとカテゴリーごとの商品構成に(右)内装を手がけたのはアンティーク家具店「FROB」。100年以上前のハンガリー製という正面の棚は薬局で使われていたものだとか DATA 東京都渋谷区猿楽町22の403-6455-1208www.the-vintagedress.com世界にたった一つの旗艦店が東京に BASERANGE TOKYO 着ていることすら忘れてしまう肌ざわりと無駄のないデザインでファッション業界にもファンが多いベースレンジ。閑静な住宅街に突如現れるショップは、友人の家に遊びにきたような居心地のよい空間だ。アンダーウェアからアパレルまでが揃う店内で、世界観を堪能したい。 (左上)あえて残したという日本の蛍光灯や布張りの壁が、飾らないブランドイメージにぴったり(右上)毎シーズン人気が高いリブソックスはビビッドなカラーバリエーションが魅力(左下)ペールトーンが可愛い新作ボディスーツ¥17,550(右下)定番の「ミシシッピブラ」はトライアングルシェイプ。美しいミッドナイトブルーがベロア素材の魅力を引き立たせる。ブラ¥9,450・ショーツ¥4,725 DATA 東京都渋谷区神宮前5の41の11 1F03-3406-3993www.baserange.net/ja/ スタイリスト吉田佳世さんがオススメ! ずっと"好きなもの"に今っぽさをひとさじ 「基本的に誰も持っていないものが好きなので、ヴィンテージを買うことが多いです」と話す吉田さん。お買い物のポイントは似合う色、素材、バランス感だそう。 素材の"あたたかさ"をシンプルに身にまとう humoresque 南青山から西麻布へと抜ける細道に佇む一軒家。昨年5周年を迎えた「ユーモレスク」のショップ、2階にはアトリエも併設され、服を作り、送り出す作業がここで行われている。「よい素材を美しく仕立て、シンプルな中にその人が生きる愛着のある服を作りたい」と話すデザイナーの渡辺由夏さん。こだわりの素材選びにファンが多く、吉田さんもその一人だ。イチ押しのウールパンツは「布の落ち感、素材、形、どれをとっても最高!」と絶賛。 (左上)落ち着きのある店内にはユーモレスクの商品のほか、ヨーロッパのアンティーク・ジュエリーも並ぶ(右上)吉田さん愛用中のウールパンツ(¥45,000)は生地の重みにより生まれるドレープが美しい(左下)ラムウール混合のカシミヤサーマルニット 各¥77,000(右下)築40年以上の一軒家を改築したというショップ。外壁のツタも味わい深い DATA 東京都港区西麻布2の15の403-6427-2353www.humoresque.jp生活に取り入れたい ベトナム雑貨 333 store ベトナムを北から南まで渡り歩き、現地アーティストや職人たちとコミュニケーションを交わし選ばれたこだわりのアイテムが並ぶ「333(バーバーバー)」。今のベトナムを伝えるモダンなライフスタイル雑貨やヴィンテージアイテム、ウェアが揃う。 (左)吉田さんが「絶対欲しい」と話す陶器のフラワーベース(¥10,800)は受注オーダー制。どっしりとしたフォルムとビビッドカラーの組み合わせが今っぽい(右)どこか懐かしさを覚えるメッシュサンダル 各¥3,000。MとLの2サイズ展開 DATA 東京都目黒区鷹番3の18の303-6412-8866https://333store.jp/ SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「欲しい服は、ここにある」photography: Satoko Tsuyuki (shop), Takehiro Uochi 〈TENT〉(still) edit: Sakiko Fukuhara
  • みなさん おはようございます! 今回は「パープル」と「友達配色」についてです! 本誌を参考に、"パープル"を攻略してみましたので、是非ご覧ください!パープルって難しい!?「パープル」のコーディネートってなんだか難しく思いませんか? おしゃれ初心者で、ベーシックカラーの服が多い私からすると、パープルは"難易度の高いカラー"だと感じてしまいます。 それでも、たまには"脱ベーシックカラー"でコーディネートをしてみたい! ということで、以前パープルのニットカーディガンを購入していました。 そのカーディガンはこちら。 こちらは、ロペピクニックのケーブルニットカーディガン。 ざっくりとしたローゲージ編みと緩めのシルエットがかわいくて…一目惚れでした♡ ついつい購入してしまったものの、実際着ようとするとコーディネートで迷いが! このニットと合わせるカラーは黒?茶色?それとも白?と考え、どれもしっくりこないので箪笥の肥やしに… という時にBAILA2月号の特集が! その特集とは… 配色大賞「友達配色」!そう「友達配色」です! ちょうど"パープル"のコーディネートに困っていた私にピッタリのページでした。 早速本誌を読み、友達配色のポイントを確認。 ★友達配色は、濃色同士で引き締め効果を狙い色相で変化をつけ、パープル系は黒や紺と馴染みやすい、とのこと。 そこで今回はパープル×ネイビーのコーディネートに挑戦してみました!パープル×ネイビー コーディネートトップスはネイビーのリブニット、ボトムはUNIQLOのタイトスカートです。ブーツとタイツは黒!(ちょっとデジカメの写り具合で、トップスとボトムが黒っぽく見え、わかり難かったらごめんなさい!) いかがでしょうか? パープルにネイビーを合わせたら、コーディネートが一気に"洗練"されたように感じました。 黒よりネイビーのほうが、重くなりすぎず大人上品にまとまるかも!「着やせシルエット」コーデにも!後ろから見るとこんな感じです。ニットカーディガンが"緩め"で、ボトムのスカートが"タイト"なので、「ゆるニット+タイトスカート」コーデにもなりました! 配色でも着やせ、シルエットでも着やせの「着やせ尽くし」コーディネートになりました。マフラーとダウンコートで防寒!本格的に寒くなってきたので、しっかり防寒を。 マフラーは柄を入れたかったので、チェックに。ダウンコートもネイビーにしました。難しいパープルも攻略できる友達配色!難しいなと思っていたパープルコーデが、友達配色を意識すると一気に上品なコーディネートになりました。 高貴なパープルを使うとワンランク上のおしゃれになりますね! また、ベーシックカラーに比べると派手さを感じるパープルですが、ネイビーとの2色コーデにすれば、通勤服でも大丈夫だと思いました。 "パープル"を投入していつもの通勤服にちょっと変化を! ここまで読んでいただきありがとうございました♡ スーパーバイラーズ 丸茂亜未のブログ
  • 私のSALE参戦はプレからスタート!追加すべきはトレンドに左右されないマイベーシック。ライダースやノーカラーには片側を垂らして。ボタンが位置違いで二つ付いています。チェスターやジャケットコートにはショールの様に。襟足を少し折って暖かさとボリュームアップです♡12-3年は愛用している同ブランドのラビットファー。他の画像を見るプレSALEで購入したのはGUSHLOW&COLEのムートンダブルシュラッグストールです。 キャメルのカーリーな毛足に一目惚れしました!! 毛足は長めでつやっつや、毛の抜けも無くカールの具合、持ちも間違いなさそう!! しかし40%OFFと言えども私にとってはそれなりで、予定外。 一度帰宅して手持ちとの比較、使用頻度は如何ほどだろう・・・? 自分にとって納得のいく買物か散々調べ、 その後数日内でしつこく2回はお店に行ったかな(笑) ライダースを着て行った時の試着バランスがとっても良かった(〃艸〃) こちらのブランドはいろんなセレクトショップで出ていますが それぞれ微妙にファーのタイプやデザインが異なっているのですが ひと目惚れに変わりはなく、表情豊かなこちらに決めました♡ 綺麗なキャメルにも惹かれました。そして実は私の中で初キャメル! 顔色に合うキャメルってなかなか出会いません(;´Д`) そして何よりの決め手は、お店では全く気付いてなかったけど 手持ちに10年以上愛用の同じブランドのラビットファーがあったこと、 しかも12-3年物なのに現行品にも似たものが出ていること。 そして購入を決意!!思った通り、大活躍させております。 実際着用しても、見た目にもとっても暖かいです♡ ラビットファーも全く毛足の衰え、飽きもなく 使わない年があっても必ずまた出番が回ってきます。 巻き方により表情が変わる汎用性も共通! 合わせる服によってカジュアル感とラグジュアリー感の どちらにも寄せて見せられます。 ラビットファーはムートンよりボリュームが抑えめで コート下にショールの様に忍ばせることもできるので重宝。 今期のムートンにも末永くお世話になりたいと思います。 私がSALEで買いたいのは、トレンドに左右されるような物でなく マイベーシックを更新、追加するつもりで計画的に! こちらは思わぬ出会いでしたが間違いなく私のベーシックを追加、 「更新するならの計画」に則った戦利品もありましたよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 万能ネイビーワンピースをチェック柄のロングコートで鮮度高くアレンジしてアレンジしだいで仕事でも姪の幼稚園行事に行くときでも、いろいろなシーンに着回せるネイビーワンピースは、感度の高い女友達との集まりにでも実は重宝する一枚。例えば袖まくりをしてゆったりとコートを着こなせば、おしゃれ上級者の貫禄が漂って。足もとはショートブーツでエレガントを意識。トレンチコート¥86,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ワンピース¥46,000/ebure ピアス¥45,000/シジェーム ギンザ(グーセルス パリ) ファースヌード¥39,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ)  バッグ¥164,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥1,200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) 靴¥64,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 今っぽいおしゃれ感も抜けのある可愛さも、ちゃんと表現してくれる頼もしいスニーカー。メンズっぽいハイテク風のデザインも、ベーシックな白なら合わせやすくて無敵!# ホワイトクリーンな表情のハイテクは白のワントーンコーデで堪能♪ 「エア マックス カンタラ」は通気性のいいメッシュ状のアッパーやフィット感のあるフォルムで、はき心地最高♡ フェミニンな花柄ワンピのハズシ役にぴったり。 エア マックス カンタラ ¥9000/タダスポーツ(ナイキ) クールめブラックスタイルにさわやかな抜け感をプラス 1980年代に大ヒットしたシリーズを現代風にアレンジ。クッション性抜群の厚めソールとレトロなカラーリングが印象的な「RS-0 WINTER INJ TOYS」。 RS-0 WINTER INJ TOYS ¥11000/プーマ タイトなロンスカに合わせても白なら重たくならない! 本格的なランニングシューズとして名高い「GEL-DS TRAINER OG」。ソックスを挟むことで女っぽいラインのスカートともすんなりマッチ。 他の画像を見る 1 Gジャン¥14000/シマロン プロジェクトオフィス(シマロン ジーンズ) ワンピース¥12000/MERCURYDUO ピアス¥2046/サードオフィス(ROOM) バッグ¥6450/SMIR NASLI 2 ニット¥2900/ROYAL PARTY ワイドパンツ¥18000/DRWCYS 帽子¥6400/CA4LA ショールーム イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バッグ¥7400/SMIR NASLI 3 ニット¥6900/ルクールブラン スカート¥14000/N.O.R.C ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥7400/SMIR NASLI ソックス¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) モデル/西野七瀬 撮影/田村昌裕(FREAKS・モデル) 齊藤春香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/高野麻子 構成・原文/野崎久実子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 心踊るスペシャルなコレクションで出会った“冬映え”間違いなし!の素敵なスカートスコットランドの建築家兼デザイナーであるチャールズ・レニー・マッキントッシュの有名な作品にインスパイアされたスペシャルシーズンコレクション そのまんまですが… 『マッキントッシュコレクション』 家具も有名ですよね。このロエベがマッキントッシュとコラボしたスペシャルなコレクションで、素敵なスカートに出会いました♡冬の赤、大好きです。ロエベのハンモックと合わせて。ブーツはpellicoです。同じくロエベのセカンドスキンタートルネックと合わせてオールブラックでシックに。白黒でモノトーンコーデにしてもいいですね。他の画像を見る マッキントッシュが描いた植物の絵が大胆に取り込んであるベージュのスカートと悩みましたが、やはりベーシックに色々と着回せそうなブラックのスカートにしました。このモノトーンコーデでピアノの発表会へ行ってきました。ブーツはProenza Schouler。まだまだ寒さが続くので、冬の黒を着回すのが楽しみです。●ロエベ公式オンラインストアはこちら●Instagramも見ていただけると嬉しいです♡美女組No.134 sakiのブログ
  • コート¥26000/UNRELISH ニット¥4900/MURUA スカート¥5900/ROYAL PARTY イヤリング¥7000/アビステ バッグ¥7900/RANDA ショートブーツ¥7315/ダブルエー(オリエンタルトラフィック)ダッフルコートにニットとデニムスカート。この時期に着る冬の王道スタイルは、春を意識した明るめカラーを選んで、軽やかに仕上げるのが正解! コートのグレージュ、ニットのミントグリーン。春めくカラーで定番コーデが見違えるよ。グレーのバッグとブーツ、小物も大人ニュアンスを選んで。モデル/新川優愛 撮影/藤原宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ショートブーツコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND