小粒のパールの耳飾りをぴりりときかせて

SPUR.JP

日常で気負いなくつけるなら、グラマラスなものよりも、ささやかな存在感が気分。今"着たい"パールを集めて。

研ぎ澄まされたストイックな美しさがクラシックなパールをモダンへとアップデートする。イヤーカフは、どんな装いにもマッチする洗練されたデザイン。小さなアコヤパールが三角形や耳たぶに添う列をなすピアスは、どこか愛らしい。

イヤーカフ〈K14YG、ダイヤモンド〉¥140,500(参考価格)/ステディスタディ(ソフィー ビル ブラーエ) 下のピアス〈K18YG〉¥60,000・下のピアスのチャーム〈K18YG〉¥102,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(YVONNE LEON) トップス¥52,000/インターナショナルギャラリービームス(ジャックムー) 

ステディスタディ
03-5469-7110

ドーバー ストリート マーケット ギンザ
03-6228-5080

1 彫刻的なフォルムに定評があるブランドのピアスは、シンプルながらエッジのきいたデザイン。
〈SV〉¥87,000/エストネーション(ソフィー ブハイ)

エストネーション
03-5159-7800(代表)

2 アコヤパールを半分に切断しずらした、アートな佇まいにひと目惚れ。キャッチも半円が用いられ、360度どこからも隙のないルックスを実現する。
〈K18YG〉¥170,000/YUI BOX(MADAN) 

YUI BOX
03-3486-1922

3 クリップ式のイヤリングは、背面からもアコヤパールがのぞく。装飾を排したミニマルな設計だからこそ、よりその凜とした輝きが引き立つ。
〈K10YG〉¥23,000/yoriko mitsuhashi

yoriko mitsuhashi
http://yorikojewellery.com/

4 ダイナミックな軌跡を描く片耳ピアスは、リズミカルな横顔を演出する。両耳で揃えても異なる耳飾りとの相性を楽しんでも。
〈K18YG〉¥39,000/イセタンサローネ(carat a)

イセタンサローネ
03-6434-7975

5 埋め込まれたダイヤモンドと、キャッチとして取りはずしできるタヒチ真珠が対になった片耳ピアス。上下や向きを自在に変えて楽しみたい。
〈K10YG〉¥72,000/ショールーム セッション(Hirotaka)

ショールーム セッション
03-5464-9975

6 角度を変えたふたつの円に、アコヤパールをセッティング。どこかコンセプチュアルな造形が、ノーブルなムードを連れてくる。片耳ずつの販売。
〈K10YG〉¥25,000/tortue

tortue
http://www.tortue.jp/

7 2017年春夏よりデビューするブランドの一品。極小パールのフリンジが、シックながらキャッチーな存在感。日本の熟練の職人によるハンドメイド。
〈SV〉¥50,000/R.ALAGAN

R.ALAGAN
http://ralagan.com/

8 力強く描き出されるカーブを挟むように固定された、大小ふたつのパール。丁寧に一点ずつアトリエで仕上げられている。
〈K18YG〉¥164,000/hum JINGUMAE atelier&shop(hum)

hum JINGUMAE atelier&shop
03-6434-5586

9 タヒチ産黒真珠のグリーンは、孔雀が羽を広げたときのような、魅惑的なグラデーション。ソリッドな色を、片耳で揺らして。
〈K18WG〉¥60,000/ハルミ ショールーム(オー)

ハルミ ショールーム
03-6433-5395

関連記事
  • ちょいスポーティでも職場で浮かない、クリーンな白×上品なベージュで!楽ちんなのにきれいめに着られるフレアシルエットのTシャツワンピをヘビロテ中☆ 内勤オンリーで残業もない日はカジュアルダウンするのもアリじゃない? ビッグシルエットのチルデンベストを重ねたら、裾がフェミニンに揺らめいて絶妙な甘辛ミックスに。クリーンな白に品よくなじむベージュなら、平日でもやりすぎ感なく旬のスポーティムードを取り入れられる。水色のバッグに締め色のソックス×パンプス。きれいめ感も遊び心もある小物使いで、仕事中もアフター6もハッピーに♪ワンピース¥17000/TICCA ベスト¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 靴¥18500/ダイアナ 原宿店 バッグ¥32000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥2111/サードオフィス(ROOM) 時計¥31000/シチズン(マーガレット・ハウエル アイデア) 靴下¥2800/カージュ ルミネエスト新宿店土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES 原文/鈴木絵美 
  • 肩ががっしり、胸が大きい…そんな悩みにこの1枚♡体型の悩みは人それぞれ。体の形が違えば、似合う服も違ってくるものなのです。今回は「肩ががっしりしている」人、「胸が大きくて太って見える」人のために、それぞれ似合うトップスを教えましょう! 肩ががっしりしててゴツく見える▶︎▶︎コルセットブラウスでやわらかさをデコルテが映えるカッティングで鎖骨に視線を集め、ふんわりとしたスリーブで肩をカバー。コンパクトな丈感で上半身を最小限にすれば、がっしり肩もなんのその♡ ワイドめなパンツと合わせればその効果は絶大!トップス¥13200/フレイ アイディー パンツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 バッグ¥26000/ショールーム セッション(トイノ アベル) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥900/お世話や バングル¥16000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)❶丸みのある袖やぺプラム風のウエスト部分など、さりげないフェミニンさにキュン♡ 中央に向かってギャザーが入っているから、上半身がより女っぽく&コンパクトに。あえて辛口なボトムと合わせたい。¥9500/AKTE❷ハイウエストなボトムと合わせれば、最強の脚長効果が狙えるショート丈。肩のゴツさをまろやかにカモフラージュする丸みある胸もとも◎。¥4980/エモダ ルミネエスト新宿店(エモダ)❸着心地のよいコットンリネンで、爽やかに初夏の赤を取り入れて。長めなスリーブが肩をしっかりカバーしてくれるから、二の腕悩みにも効果抜群! ¥4990/AG バイ アクアガール胸が大きくて太って見えそう▶︎▶︎五分袖の開衿シャツを大胸さんが太って見えがちな原因は、トップスに丸みがひびいてしまうから。スッキリ見せるなら、首が詰まったクルーネックなどは避け、胸もとに抜け感を出せる開衿シャツを選ぶべし! 少し大きめの五分袖開衿シャツならフラットな落ち感が出せて、バストトップの高さをより目立たなくさせる効果が。×ストレートなスカートで視線をさらに縦方向に誘導すれば完璧。深めなブラウンで今っぽさもプラスして。トップス¥6900/ノーク スカート¥36000/シップス 有楽町店(ウーア) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)❶上品なピンクベージュにサテン生地、休日服感が出がちな開衿シャツをキレイめに仕立ててくれる一枚。¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング)❷チェック柄も透け素材×モノトーンをチョイスすれば、ぐっと大人なチェックに。メンズっぽい開衿シャツだからこそ、こんな少しの可愛げが必要。¥23000/TOMORROWLAND(バッカ)❸広めな身幅のおかげで、サイドに大きい胸もちゃっかりカバー。裾に入ったさりげないスリットで、ボトムへの前だけINもきれいに。¥9500/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/大平典子
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
  • スポンと着るだけできちんと見えがかなうワンピは、最強の「楽してきれい」アイテム。この夏、一枚は持っておくべし!What's どこにでも行けるワンピとは? ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」着回ししたのはこのワンピース。ゴムをあしらった"甘袖"以外はいたってシンプルなデザイン。でも実は両サイドにポケットありと機能的な一面も。ワンピース¥39,000/ADORE\シーン別に3パターン着回し!/カラフルな柄ストールで万能なネイビーを夏仕様に 品のよさは折り紙つき。でもデイリーに着るには少々お堅くなりがちなネイビーこそ、楽ちんワンピで軽快に。夏色のストールをバッグに添えて、上品な明るさをもうひと盛り。ワンピース/上と同じ バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ストール¥11,000/アルアバイル(マニプリ) ピアス¥9,200/シップス 有楽町店(ソコ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル 広がりすぎない膝下丈はスニーカーとも相性抜群! 膝が出ると、途端に子供っぽく見えるワンピ―ス。休日のスニーカーやサンダルが増える夏を考慮すれば、選ぶべきはやはり長め。上にボリュームのあるT字シルエットなら、ぺたんこでもすらっと脚長に。ワンピース/上と同じ バッグ¥24,000(アルテサーノ)・靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン ピアス¥16,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) とろみ素材ならではの艶感も〝ちょうどいい〞華やかさに そのままでも十分華やかなフレア袖。とはいえお祝いの席に一枚では寂しいので、華奢でも存在感のあるゴールドアクセをちりばめて。生地そのものにもほんのりと艶やハリが、またバストの後ろにはたっぷりとギャザーを配し、360度どこから見ても美しいのもフォーマル向き。ワンピース/上と同じ ピアス¥69,000・ネックレス¥59,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子 取材・文/伊藤真知
  • ジメッとしたお天気を逆手にとって、女っぷりを盛り上げてくれるのが人気再熱の“つや感コスメ”。内側からあふれ出るような上気したつやで美人度を底上げしよう。ヨンアが実践♡ つや感メイクワンピース¥33000/エストネーション(フォンデル)みずみずしい光を添えるハイライター。シマー リクイド ハイライター 01 ¥3900/SUQQUぬれたようなシアーな質感。高発色で顔色も冴え渡る。ラッシュペルシードリップスティック(右から)X03・X01・X02 各¥3900/THREE(数量限定)(モデル使用1)驚きのつや感。目もとや頰、デコルテにも。ハイパー リアル グロー パレット シミー ピーチ¥6700/M・A・C(モデル使用2)サテンのような輝き。アイ、チーク、リップとマルチ仕様。エンドレスオーガズムパレット¥5900/ナーズ ジャパン(数量限定)プラチナカラーが濃密に発色。スティロ オンブル エ コントゥール 224(数量限定色)¥3900・(モデル使用3)リップと重ねて透明度アップ。ルージュ ココ グロス 818(数量限定色)¥3600・まぶたにグロッシーなつや。オンブル プルミエール グロスソレール(数量限定色)¥4100・/シャネルつや肌がかなう。レソンシエル 02N SPF20・PA+++ 30㎖ ¥7000/ゲラン目もとや頰にウェットなつやを。セルヴォーク インフィニトリー バーム(左から)01・04・03・02 各¥3200/セルヴォーク〈アイ〉2の左上アイボリーを目頭、左下ベージュをまぶた全体に広げて。色は控えめに光のニュアンスを 〈チーク〉2の右上ピンクを頰の中央にオン。その上から右下ブラウンを大きくひとはけしてつやに奥行きを 〈リップ〉ピンクリップの中央に3のクリアグリーンのグロスでキラッしたニュアンスを加えて色気アップ ワンピース¥33000/エストネーション(フォンデル)撮影/後藤啓太(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ヨンア 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年7月号掲載
  • オンもオフも、“着回せるワンピース”で!「素敵!」と思う服はたくさんある。でも結局ヘビロテするのは、シーンを限定せず週2以上使える万能ワンピ。だからこそ、オンもオフも誰より素敵に着回したい! 巴瑞季がトレンドワンピのオンオフ着回しにトライしました♡《バンドカラーのシャツワンピ①》 衿がないだけなのに一気に旬度が増すし、顔まわりの印象操作も自由自在。今夏は“レイヤード前提”がこなれ見えのカギに! オン:どこかに黒、がきれい見えの秘密 小面積の黒で引き締めて、白シャツの清潔感をアピール! 定番の白こそ、重ねるなど“どこかに黒”で締めて。 ワンピース¥25000/ホワイトジョーラ(ローファッジ) ニット¥1990/アメリカンホリック 靴¥17000/ダイアナ 原宿店 バッグ¥37000/デミルクス ビームス 新宿(イアクッチ) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥11000/エリオポール代官山 バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 ベルト¥3000/ルクールブランオフ:鮮やかカラーをたっぷりと♡ 鮮やかな色のスカートをのぞかせ、おしゃれな華やぎと揺れ感を。上半身はいちばん上までボタンを留めて、共布ベルトから下はオープン。スカートやパンプスの美発色がパッと目に留まる、今どきなフィット&フレアに!ワンピース/オンと同じ スカート¥9000・イヤリング¥3500/ルクールブラン 靴¥43000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ) バッグ¥25000(参考価格)/ビショップ(トラス) ターバン¥4800/CA4LA ショールーム《バンドカラーのシャツワンピ②》 オン:レギンスとヒール靴で細見え狙い レギンスと美形パンプス。それだけでスタイリッシュ! ワイドな袖や大胆なサイドスリットが今年らしいサックスブルーのシャツワンピ。細見え効果の高いレギンスとヒール靴ならスタイルよく、ワンピなのにカッコいい。ワンピース¥39000(リト)・バッグ¥18000(トフアンドロードストーン)/デミルクス ビームス 新宿 レギンス¥990/ユニクロ 靴¥45000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥2500/サンポークリエイト(mimi33)オフ:ショーパンを大人っぽくするためにはおる バサッとラフにはおるだけで、休日コーデが一気にこなれる! はおりものとしても活躍するのが前開きワンピのよさ。ブームなショーパンの大人見えにも◎。ワンピース/オンと同じ カットソー¥8000/マイカ アンドディール 恵比寿本店 パンツ¥11000/ゲストリスト(リトラル) 靴¥27000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) ピアス¥1600・ネックレス¥1680/サンポークリエイト(アネモネ)《ベルトつきカットソーワンピ》 オンもオフも女性らしさが保てる、きれいめワンピースの代表格。着るだけで腰高に見えるから、着くずしても美スタイル。 オン:美シルエットはジャケットとも相性◎ 発色とシルエットの美しさはジャケットを着てもキープ可能! 着るだけで映えるテラコッタオレンジ。幅のあるベルトが、重心アップとメリハリを叶える。しわになりにくい生地もお仕事シーンに好ポイント!ワンピース¥15000/ジオン商事(ラシア) ジャケット¥61000/エリオポール代官山 靴¥29000/アンシェヌマン(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥19800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥2680/サンポークリエイト(アネモネ)オフ:ベルト使いで後ろ姿に可愛さを♡ スニーカーでも女度高め。休日デートに最高なバランス発見! ローカットスニーカーにキャスケット、大きなメッシュバッグで休日仕様に。ベルトの結び目を後ろに回すと、バックスタイルに愛らしさが急上昇。ワンピース/オンと同じ 靴¥6500/コンバース バッグ(巾着つき)¥34000/オルサ(オルセット) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES
  • シワになりにくく吸湿速乾のシャツワンピースは肌ざわりがさらっと心地いい※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます雨が降りそうで降らないパッとしないこの時期は、せめて服装で気持ちをリラックスさせて。エレガントな落ち感が魅力的なこのシャツワンピースは吸水速乾、接触冷感、シワになりにくい素材で余計な手間をかけなくてもいいから気持ちに余裕が。オフィスにずっといると身体が冷えてくるのでコットンニットで体温調節も忘れずに。見た目がトラッドなローファーなのに実はレインシューズ!という機能アイテムを履けば、雨が降っても快適な足もとを約束してくれる。シャツワンピース¥39,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND