初夏に涼を運ぶ、マット質感のパウダリーフェイス

SPUR.JP

MAKE-UP TIPS
"ふわふわ"は顔全体をマットなテクスチャーで仕上げて表現を。1の上のベージュをまぶた全体にのせ、右中段の明るいブラウンをアイホールと下まぶたに重ねる。茶色のマスカラでやさしく引き締めて。頰には 4を頰骨に沿ってひとはけし、3のリップで唇の中央上下を強調するようにサッと塗り広げていく。

トップス¥43,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) ピアス/スタイリスト私物

肌や表情をやさしく見せる上質なシルキーテクスチャー

1 ナチュラルシェードでつくる、穏やかなまなざし。
レ ベージュ パレット ルガール¥7,500〈6月2日発売〉/シャネル
2 乾き知らずのルミナスマット処方。フェミニニティを後押しするヌードピンク。
リップマエストロ 514 ¥4,200〈限定色〉/ジョルジオ アルマーニ ビューティ
3 唇専用の陰影スティックで、立体感やフォルムをさりげなくデザイン。下地としても活躍。
リップカラー コントゥア 001 ¥3,800〈6月7日発売〉/バーバリー(化粧品)
4 ベースメイクの一部と化す、薄膜発色。大人の肌にひとさしの高揚感を与える、濁りのないフレッシュなオレンジ。
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 03 ¥5,000(セット価格)/カネボウ化粧品
5 肌質まで美しく見せるパウダーチークを自由自在にレイヤード。
チークカラー パレット 101 ¥5,800〈限定発売〉/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
6 タルクフリー処方を採用し、粉っぽさゼロのシルキーな肌へ。
プードル・グロウ 00 ¥8,100〈限定発売〉/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ)

関連記事
  • 本気で買って良かったチークを紹介こんにちは yasukoです チークは今までリキッド派でしたが 夏はパウダーに変えてみました CHANEL #69 コーラルカラー 頬の高い位置に乗せるだけで 少しの量で色付いてくれますので コストパフォーマンスは高いです 普段のメイクは 日焼け止めクリーム 下地 眉ライナー リップ という簡単メイクですので チークが鮮やかに入るだけで、一気に お顔が華やぎます つける瞬間 ほんのりローズの香りも女っぷりを高めてくれる気がします yasuko 美女組No.162 yasukoのブログ
  • 洗練度が上がる、アラフォーのきれいを本気で格上げする技術とセンス満載の最新鋭。この夏、選ぶならココからが正解!アラフォーの表情を彩るカラーアイテムは、長く使えるベーシックから夏らしいビビッドなアイテムまで大充実。テクニックがなくても美しく仕上がる秀作ぞろいで、どれを買っても間違いなし!【メイクアップ部門】リップカラー<<BEST 1>> ☆シャネル ルージュ ココ フラッシュ #92 「なめらかになじんで、しっとり大人っぽいツヤを残して発色。細身のパッケージも洗練された印象で、唇に品格を与えてくれる珠玉のリップスティック」(ビューティジャーナリスト 安倍佐和子)。「唇にのばすたびに喜びを感じられるようなとろけるテクスチャーと、清潔感がほとばしる美しい透け感、やっぱり欲しかったのはこういう口紅。尻込みしてきたダークな色まで守備範囲となる喜びも。とりわけレッド系の物憂げな印象美は、ボリューム感が加わるから質感の勝利!」(美容ジャーナリスト 齋藤薫)。ワンストロークで見たままの発色が唇上に実現。一度体験したらやめられないつけ心地。¥4,000<<リップカラー BEST 2>>☆THREE デアリングリィデミュア リップスティック 05  とかく無難になりがちなコーラル系のリップなのに、唇にのせると一瞬ですごく今 っぽい表情になるのが、さすが。健康的なのに、さりげなく華がきくコーラルは、大人の雑誌にも多くお気に入りとして紹介したほど!」(ヘア&メイクアップアーティスト千吉良恵子)。多種のオイルが絶妙なバランスで配合され、ジューシーな質感を演出。縦ジワ補整効果も抜群。¥3,900¥6,000<<リップカラー BEST 2>>☆ポーラ B.A カラーズ 「マット口紅はモードすぎてデイリー使いしにくいし、グロスだと正装感が欠けるし、というマリソル世代にジャストな美人口紅。肌がぱっと明るく透明感を高めてくれる鮮やかな色みぞろいで、ニクいほど色調に合ったセミマット質感。試さないと損です♡」(ビューティエディター&ライター 近藤須雅子さん)。 表情に寄り添うように、唇の動きにフィット。¥6,000【メイクアップ部門】アイカラー<<BEST 1>> ☆NARS JAPAN ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 1191 「捨て色ナシのパレットとはまさにこのこと。赤みのある暖色ブラウンがそろっていて、単色使いはもちろん、アラフォーが挑戦するとリアル90年代感が出ちゃうグラデも、どう使っても必ず今っぽく仕上がる!」(美容エディター前野さちこ)。「今年のアイメイクトレンドであるテラコッタオレンジ、ヌーディベージュなど全部入りで、ファッションとのシンクロ率100%なパレット。さりげなくもメリハリのある立体感設計、下まぶたメイクにも効果的な色やテクスチャーなど、アーティストブランドならではの出来!」(ヘア&メイクアップアーティスト岡田いずみ)。6 色入りの豪華さ。¥4,500<<アイシャドウ BEST 2>>☆SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 「肌なじみのいいカラー。濁りのないピンクをポイントに、可愛らしいニュアンスを出しながらも、大人な雰囲気に」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野いずみ)。 甘いチェリーピンクとパステルミントのスイートな組み合わせ。一見、大人女性が敬遠しがちだけど、そこはさすがのSUQQU。見事に甘さ控えめなうえに、品格だけをプラスしてくれる。¥6,800<<アイシャドウ BEST 3>>☆トム フォード ビューティ アイ カラー クォード26 「完璧に今っぽい。このパレットを使うだけで、いきなり旬顏に生まれ変わるからおもしろい。旬の顔になるキラーカラーは、ともすれば大人の顔から浮き立ち、ぎこちない仕上がりになってしまうけれど、これは完璧。大人の肌に見事に重なり、美しく映える。見慣れた顔も服も新しく、しゃれ感と品を両立できるのもすごい」(美容家 神崎恵)。¥9,200【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 大木知佳
  • \空前のツヤブーム!/ リップ大賞 | ポイントメイク部門シャネル ルージュ ココ フラッシュ 90 スポットライトを浴びたような輝きとツヤ。軽やかなつけ心地も秀逸。 ¥4000/シャネル カスタマーケア するん&つるん♡ 劇的にしゃれるモーブカラー全24色捨て色なしの可愛さですが、特に90番は他にないしゃれ感! するんと塗れて唇ふっくら。なのに輪郭がぼやけずメイクの主役になるのがすごい!(河嶋さん)。 イヤリング¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー No.6 中央の♡ がもたらすクールな使用感も人気の秘密。 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ 驚くほどツヤめくジューシーレッドスティック状のリップで、ここまでぷっくりツヤツヤになるなんて! ジューシーな赤なので夏のポジティブなメイクにぴったり。乾燥しにくいところも好き(森山さん)。 RMK リップスティック コンフォート ブライトリッチ 02 濃密な発色と程よいツヤ感が話題。 ¥3500/RMK Division シアー×ツヤ×オレンジで旬顔に久々にツヤっぽいリップをつけたい! と思わせてくれた1本。春夏らしい明るめオレンジが新鮮で可愛いし、シアーなのにしっかり発色して"メイクしてる!"っていう感じが今っぽい(浦安さん)。 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H モデル/多屋来夢 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年6月4日(火)~6月17日(月)【6位】 美女医・貴子先生の「メイクを崩さない」アイテムとテク教えます! ★記事はこちら【5位】 シャネルの白いタマゴみたいなハンドクリーム、8月に黒が登場! ★記事はこちら【4位】 実はメンタルが大きく影響する更年期。考え方しだいで、症状はグッとラクに! ★記事はこちら【3位】 一度使えばリピート必至。プチプラリップの雄、OPERAのリップカラーがリニューアル【マーヴェラス原田の40代本気美容 #118】 ★記事はこちら【2位】 アラフォーになって体や心に不調が現れ…これって、もしかして更年期!?★記事はこちら【1位】 【もしかして更年期!?】女性ホルモンが減ると体にどんな変化が起きる? ★記事はこちら
  • 毎日使うものだからこそ、徹底的にこだわりたい! 人生のパートナー 化粧水大賞化粧水は洗顔後、真っ先に肌になじませるものだからこそ自分にとってベストのものを使いたい! そこで、美容のプロたちに「これまでに出合った最愛の化粧水」を徹底取材しました!!審査員のみなさま ※50音順モデル松本 愛さん美容家岡本静香さん濱田文恵さんヘア&メイクアップアーティスト甲斐美穂さん河嶋 希さん美容エディター&ライター石橋里奈さん立花ゆうりさん(全22名)内側から光を放つかのような透明美肌は、自然なツヤやうるおい、ふっくら感があってこそ!  美白ケアだけにとどまらない秀作がそろいました。1 DEW ブライトニングローション しっとり[医薬部外品]150㎖¥4000(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品この機能性にしてこの価格。のぼり坂OLの願望と合致するはず!(岡本静香さん)メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎつつ、ヒアルロン酸研究の賜物「DEW」ならではの保湿力で、乾燥によりくすんで見える肌に明るさを取り戻す。「美白と保湿の両ケアを一度にできてラク。ラグジュアリーな香りでスキンケアが特別な時間に」(濱田さん)、「乳液のような軟らかいテクスチャーで、ケア後の肌がふんわりします」(甲斐さん)2 パルファン・クリスチャン・ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション[医薬部外品]200㎖¥6900マイクロカプセルを潰しながら使うと、より効いている気が!(立花ゆうりさん)鎮静効果・抗酸化効果が期待できるビタミンEをマイクロカプセルにとじ込めることで、毎回フレッシュな状態で肌にリーチ! “エーデルワイス エキス”配合で、透きとおるような肌が目指せる。「とろっとした化粧水で、もっちりとした肌に仕上げてくれます。肌荒れや日焼け後のほてりが気になる時に使うと、より効果が実感できますよ!」(松本さん)3 シャネル ル ブラン ローション HL[医薬部外品]150㎖¥7800日焼け後にこれでコットンパック。リセットを通り越してトーンもUP!(石橋里奈さん)“ウメ フラワー エキス&オイル”とビタミンC誘導体がキー成分。くすみを払ってふっくらと整え、輝くような澄んだ肌へと導き、ひいては細胞の活力まで向上させるエイジングケア力に大喝采。「化粧水なのに、美容液まで塗ったかのようなリッチな肌ざわりが手に入ります。使い続けるうちに透明感が増していくから、毎日のスキンケアが楽しく!」(河嶋さん) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/恩田はるみ スタイリスト/大島有華 撮影協力/AWABEES UTUWA
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 新しいベージュのまとい方をお届けするSPUR8月号「ベージュの伝言」。今回のメイクアップを手掛けたのは、前川伸子さん。いつもナチュラルなベースにほんのひとさじのモード感を加えたテクニックを紹介してくださいます。こちらは、本誌未掲載のアザーカット。 Photography:Kiyoe Ozawa拡大してみてください。目周りに、クリームベージュのアイラインを入れています。彼女はまつ毛の色が薄いのでわかりづらいですが、日本人の黒いまつ毛の上にこのアイラインを組み合わせると、コントラストで黒いフレームがくっきりと目立ち、目がぱっちり見えるんです!このテクニックには心底驚きました。チーク、リップもすべてベージュでまとめるのがポイント。ぜひ試してみてくださいね。 SPUR8月号「ベージュの伝言」を試し読み(外部サイト)
  • マキア公式ブロガーのMisatoです。おはようございます。2019年夏の新色、私はこちらを入手しました。♥シャネル ヴェルニ ロング トゥニュ 3,200円(税抜)左から、709 パープル レイ、703 アフターグロウというお色になります。実は昨年もこの時期の新色を2色購入しており・・、何だかシャネルマジックに掛かっています。笑。しかし・・、今回は気付いた時には709番が予約でいっぱいで。久し振りに(?)姉にヘルプを。姉が行ったデパートでも予約はラスト1だったそうで、感謝感謝です。(しかもちゃっかりプレゼントして貰っちゃった♡ありがとう!)昨年は抹茶ミルクとあずきミルクのような渋めのカラーでしたが、今年も夏色にしては落ち着いたカラー。アフターグロウはベージュに細かいゴールドラメ・・というか、ほんのりオーロラがかかったような”上品ネイル”の代名詞のようなカラー。パープル レイは、”THE 紫色!”という強めのカラーではなく、ラベンダーカラーです。上品なベージュカラーが前から欲しかったのと、手がくすまないパープルに惹かれました。パープルって今まではプチプラで投入する感じだったのですが、私の場合、意外と手がくすんで見えて。以来、使わなくなっていました。が、今回のカラーは一目惚れ。これなら使いやすそうですし、手がキレイに見える!ベージュとパープルの2色使いも合う♡昨年に続いて2色入手したシャネルのヴェルニ ロング トゥニュ。他にもいくつか持っていて、大好きなネイルの一つ。その理由は、・塗りやすい刷毛・速乾タイプ・他に無い絶妙なカラーこの3つに尽きます。え、理由、普通過ぎますか?このシンプル過ぎる理由が上に、ちょっとお値段が張っても購入してしまう・・。そして気分が上がる!定期的にネイルサロンに通えない分、本当に気に入ったものだけを購入して楽しんでいます。ちなみに、刷毛はこんな感じ。見た目は本当に普通・・。でも、私の爪には上手くフィットしてくれて、ネイルの塗り方見本帳のように”爪の中央に一刷毛、左右に一刷毛ずつ”の三刷毛でキレイに塗れるんです。(親指や小指はもちろん例外です。)相変わらず凝ったネイルはしませんが・・、気に入ったものをしっかり愛でて、夏色ネイルを楽しみたいです♪Instagram⇒♡
関連キーワード

RECOMMEND