キラキラ、ふわふわ、透けて、笑って。

SPUR.JP

SHINY FLUFFY PEOPLE
太陽に輝くビジュー、咲き乱れる花々、春霞のようなシフォンに、風に舞う羽。今季のトレンドは、まさに春そのもの。オプティミスティックで甘い、モードの息吹を体いっぱい感じたら、春はもうすぐそこに。

笑顔を誘うのは、色と光のスプラッシュ

カシミア素材を、銀糸やネオンピンクでモダンにアップデートしたミニドレス。合わせたのは、水からのインスピレーションを表現したPVCの小物。大粒のドロップピアスと一緒に、雨上がりのようにフレッシュなムードを自分のものに。

ドレス¥254,000・ケープ¥84,000・バッグ¥397,000・帽子¥127,000・イヤリング¥114,000・グローブ¥47,000・ブレスレット(左手1連バブル)¥68,000・バングル(左手)¥111,000・バングル(右手)¥111,000・ブレスレット(右手7連バブル)¥191,000・ブーツ¥154,000(すべて予定価格)/シャネル

軽やかに舞うドレスに太陽のプリズムを映して

パンチングされたボンディングトップスに透けるシルクとレースのドレスをレイヤード。ランダムに見える多重ドレープには、スリットが隠されてひとさじのセンシュアリティも。クロックスのプラットフォームサンダルが、チャーミングな遊び心をプラス。

ドレス¥333,000・トップス¥141,000・イヤリング¥67,000(参考価格)・靴¥96,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)

モードな宝探しは薔薇色のガーデンで

トップスやスカートに大胆に描かれたのは、アメリカの新表現主義の画家デビッド・サーレのアート。ウエスト回りの構築的なシェイプのデザインがポップアートによってモダンに昇華。インナーにシースルートップスを重ね、トレンドのシアーな質感もアクセントに。

トップス¥321,000・中に着たタンクトップ¥190,000・スカート¥428,000・ネックレス¥70,000/マルニジャパン(マルニ) 帽子/スタイリスト私物

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

SOURCE:SPUR 2018年3月号「SHINY FLUFFY PEOPLE」
photography:Masanori Akao〈whiteSTOUT〉 styling:Naoko Shiina〈tiber garden〉 hair:KENSHIN〈SIGNO〉 make-up:Masayo Tsuda〈mod’s hair〉 model:Marelise, Kim cooperation:PROPS NOW

SPUR2018年3月号もお見逃しなく!

Amazonで購入する(外部サイト)

楽天ブックスで購入する(外部サイト)

セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)

関連記事
  • 日本では梅雨入りする季節でもある、6月☔️ 海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季である国が多く、結婚式が行える最高のウエディングシーズンでジューンブライド(June bride)とも言われています✨ そんな祝福ムード時期に発売された婚BAILAにウェディングドレス写真を掲載していただきました 結婚して今年で3年目になりますが、よくインスタでウェディングフォトに関して質問をいただくので、今回の掲載をきっかけに一部を紹介させていただきます ‍♀️ 私は両親がベトナム人であるため、日本の結婚式の前にベトナムでも結婚式をあげました ※私は生まれは日本で日本育ちです その際にベトナムでウェディングフォトも 皆さまの参考になれば嬉しいです ホーチミン編 ベトナムはフランスの植民地であった歴史もあり、多くの建造物にはその名残が✨ 現地の方にも人気なウェディングスポットで撮りました ダナン編 ベトナムのビーチリゾートで有名なダナン ダナン郊外にある中世フランスの町並みをイメージしたテーマパーク「バナヒルズ」で撮りました ホイアン編 アオザイを着ました❤️ 晴れていたら小舟に乗って、ランタンが川に浮かんでいる場面で写真を撮れるのですが、当日はあいにくの雨でお店だけに いかがでしたか? ベトナムは日本より物価が安いこともあり、安価な価格でたくさん写真が撮れちゃいました笑 日本での結婚式ではプリンセスラインのドレスで決めていたので、ベトナムでは思い切ってマーメイドドレスに❣️ 低身長の方でもしマーメイドドレスを着る方がいたら、裾がボリューミーではなくスッキリしたデザインをおすすめします✨ 裾がスッキリしていた方がバランスがとれ、身長の低さが強調されません 最近はハワイでウェディングフォトをする方も多いと聞きますので、アジアは安くておすすめですよ 次は日本でのドレスと和装を紹介します❣️▶︎▶︎instagramはこちらスーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ
  • さわやかジャケットで店舗への挨拶まわり。温かい言葉に感涙異動になる前に、お世話になった店舗を訪ねてご挨拶。涼しく着られる一重のジャケット×軽快に歩けるスキニーパンツは、胸元には赤をきかせて顔映えをよく。クリア素材のローヒールパンプスで、夏トレンドも意識して。挨拶に伺ったお店で、みなさんが温かい言葉をかけてくださり感動。励ましのお言葉に思わずウルっときてしまい、赤くなった目をサングラスで隠して。お世話になった方々から学んだことを胸に、次の部署でも頑張ろう!Tシャツ¥5500/トゥモローランド(マカフィー) ジャケット¥62000/ebure  パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥27000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【今月のPROFILE】家電メーカー勤務の企画部データアナリスト・絵美里 家電メーカーのマーケティング部からアプリの企画部へ異動内示を受けたばかり。内勤が多く、ファッションは甘め、グルメは激辛が好物。後輩男子と恋が始まりつつあり! 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】赤ボートネックTシャツ 好感度の高いさし色のトマトレッドは、女っぽいリブTでコンパクトに取り入れて。ボートネック&小さめの袖で、可愛く着映え。¥5500/トゥモローランド(マカフィー)【相棒ワードローブ】リネンジャケット 裏地のないライトリネンのジャケット。ゆったりしたシルエットはウエストリボンでシェイプして。¥62000/ebure 【相棒ワードローブ】インディゴスキニー フレンチテイストのアイテムに似合うインディゴデニム。ハイウエストで細すぎない形がレディライク。¥13000/アンティット(ヘルシー デニム)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】suadeo 【究極】のスビン綿半袖リブニット ¥7200(¥9000の20%オフ)+税【関連商品】ICB Sheer Cloth ダブル前 ジャケット ¥28,000+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 前撮りまであと1週間。 梅雨の時期なのでお天気が心配ですが、何とか晴れることを願って^^ ドレスショップでシューズもレンタルできましたが わたしはダイアナで購入しました。 自分の式での使用はもちろん結婚式のお呼ばれにも活躍しそうです。 ビジューはドレスにひっかかると聞いていたので レースにしました。 全体のバランスを考えてヒールは5センチ。 昨年は太ヒールでレースがピンクだったみたい。 買う前はピンクがよいな、と思っていたけどサムシングブルーともいうしブルーもステキ。 前撮り晴れますように・・°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。5/28より、第12期がスタートしました! 彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『kate spade new york』と『GU』の優秀アイテム【ファッション人気記事】♡第3位♡夏ファッションをライブの写真とともに振り返る! No.431 うたうゆきこさんは、自身の夏ファッションをライブの写真とともに振り返り。『マリメッコ』の洋服や、『ドクターマーチン』のサンダルなど、お気に入りのアイテムを紹介してくれました! ▶︎▶こんなコーデに ♡第2位♡『kate spade new york』がお気に入りなんです♡ No.510 MIYUさんは、『kate spade new york』の「シルビア ミニ キー リング ウォレット」がお気に入り! 小さいのに収納力抜群でとにかく使える。この機能を超えるアイテムは他にない!! と大絶賛です。 ▶︎▶︎実はこれで3代目 ♡第1位♡『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」 No.562 しょこたうるすさんが購入したのは、『GU』の「ローウェッジクロスサンダル」。低反発クッションでローヒールと、とにかく歩きやすい! この夏大活躍の予感だそう♡ ▶︎▶︎人気アイテムらしい 韓国コスメ、『ディオール』『コスメデコルテ』の愛用品を紹介!【ビューティー人気記事】♡第3位♡韓国コスメ「リアルバリア エクストリームクリーム」 No.692 れいさんは、韓国のドラッグストアで「リアルバリア エクストリームクリーム」を購入。シアバターっぽいテクスチャー で、保湿力バッチリ◎。ちまたでは“72時間保湿のクリーム”と言われているみたい♪ ▶︎▶︎かなり気に入った!♡第2位♡「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ No.570 しんしんさんが愛用する香水は、『ディオール』の「ミス ディオール オードゥ トワレ ローラー パール」♡ ロールオンタイプなので、いつでもどこでもささっとつけられるのがポイント。 ▶︎▶︎とことん甘い香り♡第1位♡『コスメデコルテ』のきらきらアイカラー No.702 ❤︎KANA☺❤︎さんがおすすめするのは、『コスメデコルテ』の「アイグロウ ジェム」。深みのある色で、重ねづけすればするほど立体感が生まれるんだとか♪ ▶︎▶︎艶感も◎『ムーミンバレーパーク』は、アウトドア感覚で行くのがいい!?【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡『としまえん』のあじさい祭りに行ってみた! No.685 rinaさんが訪れたのは、東京・『としまえん』のあじさい祭。まだ咲き始めだったけど、満開の頃にまた行きたい♪ と再訪を希望。今の季節ならではの景色にうっとり♡ ▶︎▶︎とってもきれい♡第2位♡葉山ビーカープリンの『マーロウ』でランチ No.366 Yumiさんは、葉山の人気カフェ『マーロウ』でごほうびランチを楽しんだそう♡ ボリュームもあって、とにかくおいしい。葉山牛が食べられるメニューをチョイスしたんだって♪ ▶︎▶︎もちろんプリンも!♡第1位♡『ムーミンバレーパーク』に行ってきました No.690 Yukaさんは、気になっていた『ムーミンバレーパーク』へおでかけ♪ 広大な敷地内にさまざまなショップやアトラクションがあり、1日じゃ物足りない! と、見所を教えてくれたのでした。 ▶︎▶︎歩きやすい靴で★今回のランキングは6/10(月)~6/16(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 夏のアクティブライフに欠かせないサングラス。紫外線カットはもちろん、超軽量、リフトアップ効果のあるフォルムなど+αの機能性にこだわって厳選! おしゃれさと実用性に優れたサングラスで、夏のスタイルを完成させて!BLANC.. サングラススタイリッシュでフィット感も抜群な個性的な3カラーテンプルが正面に突き抜けて見えるような個性的なメタルパーツを使用したコンビモデル。フレームは優しいキャッツアイでつり上がりすぎず誰にでも似合うほどよいモード感。ベージュに加えてブラウン、ブラックとファッショナブルな3色展開。日本人の骨格に合う脚つきの鼻当てでかけ心地抜群紫外線カット率は99%以上! ソフトキャッツアイでリフトアップ効果も。 BLANC.. サングラス ¥28,000+税>>propo ELMA サングラス女性用に特化したサングラスは顔にジャストになじむサングラスは女性用だけをつくる日本のブランド。だから、サイズ感も使用感も快適。「サングラスをすると目の位置からファッションが始まるので、上へのストレッチに効果的」(エディター 宮崎桃代さん)。さりげなくどうぞ。 propo ELMA サングラス ¥26,000+税>>Ray-Ban サングラス ニューラウンドシェイプ ライトブラウンイレギュラーこそ、新たなスタンダードと提唱する、レイバンのRB4259F最新の素材から作られた新たなシェイプが魅力のニューサングラス。カラフルなカラーバリエーションのフレームとフラッシュレンズやグラディエントレンズが、クールなハイストリートスタイルを提供します。RB4259Fサングラスは、軽量で弾力性のある素材を使用し、1日中掛けていても快適な掛け心地を実現。サイドに輝く、Ray-Banロゴがあなたに最高の品質とデザインを提供。ユニセックスでお使い頂けるレイバンおすすめのサングラス。Ray-Ban サングラス ニューラウンドシェイプ ライトブラウン ¥21,000+税>>
  • シャツを着る日は360度すっきり見えバストに!シャツを着る日は、なだらかな360度スッキリ見えバストが理想的。今年トレンドの、ストンと落ちるシルエットが特徴のシャツ。そのきれいなシルエットを邪魔せず、女性らしさも忘れない一枚を選んで!センターパネルをなくすことによりカップ形状が安定。ワイヤーなしでもバージスラインを整えてくれて、バランスのよい胸もとに。自由のブラ¥3341・パンティ¥1508/PEACH JOHN ヘアピン/ヘア&メイク私物「谷間を寄せるようにバストを盛ると中央にはり感が出てしまい、シャツのストンとしたフォルムが台なしに。なだらかな丸みで邪魔をせずサイドもスッキリさせるのがベター」(スタイリスト石田さん)実際にシャツを着てみると……ストライプ柄も波打たずヘルシーなボディラインに♡ スッキリしているのに、女らしいメリハリも残る理想のフォルム。シャツ¥16000(TOMORROWLAND collection)・イヤリング¥10000(アレクサンドリヌ)/TOMORROWLAND パンツ¥53000/ブランドニュース(シー ニュー ヨーク) ブレスレット¥16000/アガットワイヤー派ならカップなしのボリューム分散ブラ(右から)❶パット上側にソフトゴムがあしらわれていて、デコルテのボリュームを抑えてくれる。ドットブラ¥16500・ショーツ¥13600/TCNジャパン(TCN)❷バストを持ち上げつつボリュームは分散。ブラ¥8800・ショーツ¥4000/カルバン・クライン カスタマーサービス(カルバン・クライン アンダーウェア)❸こぼれバストもレースがフォロー。Luxurious ブラ¥13000・ショーツ¥5400/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(VALISERE by Triumph)ノンワイヤー派ならセンターレスブラ(右から)❶太めなアンダーが胸下の肉、バストまでしっかりキャッチ。デコルテがきれいに見えるVネック。ベーシックレースブラ¥5700・ショーツ¥2000/KEnTe❷斜め下に厚みをもたせたカップで、自然な谷間とぷるんと丸いバストが叶う。自由のブラ メテオリット¥2980・パンティ¥1480/PEACH JOHN❸センターのあきはデザイン性とともに、過度に胸を寄せすぎずヘルシーなシルエットを演出してくれる。チュールシンプルブラ¥5700・¥1650/KEnTe ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/横山創大(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/高橋有紀(Lysa) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石田 綾 イラスト/牛久保雅美
  • 『YOKO CHAN(ヨーコチャン)』が、ブランド初となるブライダルコレクションをスタートしました。「挙式の当日だけでなく、その後も思い出がつまったドレスを着られたら」という、クリエイティブ・ディレクターであるYOKO CHANの思いから作られた全5型のドレス。なんと挙式後にお直しして、ワンピースとして着ることができるんです!Floorlength Gathered Dress ¥87000カジュアルにも着こなせそうな、ノースリーブ×クルーネック。Wing Dress ¥86000Vネックとスカートに入ったスリットですっきりとした印象。背中はケープのようなデザインで、後ろ姿にも動きが出る。One Shoulder Dress ¥89000マーメイドラインとワンショルダーのデザインが女性らしい。肩のボウタイと、背中に大きく入ったタックがアクセント。Petal Dress ¥96000まるで花びらのように、曲線を描く生地を重ねたドレス。ウエストの切り替え位置が高めになっているので、スタイルアップも。Pearl Slit-line Dress ¥98000『YOKO CHAN』のアイコンでもあるパールドレスが、ウェディング仕様に変身。縦一列にあしらわれたパールは、気品溢れる華やかさ。ウェディングドレスとしても、ワンピースとしても、美しいシルエットが保てるように計算されているそう。結婚式という特別な日を飾ったドレスが、日常をも彩ってくれるなんて……花嫁の夢が詰まってる! “ずっと着られるウェディングドレス”を、ぜひドレス選びの参考に♡▶︎▶︎『YOKO CHAN』公式サイトはこちら
  • 白シャツとスカートで作るワンツーコーデに引き締め役のネイビーをプラスして※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND