アイブロウ大賞/ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト【プレゼント付】

SPUR.JP

“ノームコアなまなざしをつくる”

光と影を具現化したような"透けマット"テクスチャーの5色は、ブレンド次第でどんなトーンを生み出すことも可能。髪や肌の色にあわせて、自分にベストな彫りの深さをとことん追求できる。眉にはもちろん、アイシャドウやアイライナーとしても使えるマルチなパレットは、その持ち運びのスマートさも含めてすべてがモードラバーにふさわしい。

¥4,200/カネボウ化粧品

 目もとの光と影を自在に操り、美しいモード感を彫刻(中野 明海さん) 自分でも必ずポーチに入れておきたいし、大切な友人にもプレゼントしたくなる。一年間に星の数ほど手にするコスメティックの中でも、そんなふうに思えるものはそうはありません。このパレットの何にそんなに惚れ込んでいるかというと、その絶妙なさじ加減なんですよね。ノンラメ・ノンパール。洗練されたマット感を極めているようで、実は肌本来のそれと見紛うようなほのかなツヤがある。それはまなざしにリアルかつ美しい彫りの深さを演出してくれる、芸術的なバランスです。そんなシェードカラーが4色にハイライトまで入っていて、まぶたにも眉にも使うことができる。つまりこのパレットさえあれば、目もとの立体感は自由自在に操れるというわけ。
 といっても難しいテクニックはいらず、感覚の赴くまま、わりとテキトーに使ってもサマになる(笑)。たとえば真ん中と右端のブラウンでシンプルなツートーンにしたり、ミニマルでいい日は左から2番目のベージュだけをまぶたに広げたり……。それだけのことで、まったく気負いがないのに不思議とおしゃれで印象的な目もとにシフト。ノームコアなまなざし、とでも言いましょうか。スウェットにデニムのようなルックを手抜きに見せず、かといって派手すぎてミスマッチにもならない“ちょうどよさ”に惚れぼれです。
 パール感強めのアイシャドウがしっくりこなくなってきた、大人の女性のニューベーシックとして。あらゆるシーンで大活躍してくれるはず。

「きちんとしている、おしゃれ、ズボラそう……。その人の印象を大きく左右するパーツが眉。このパウダーで眉を描くと、なんだかソフィスティケイトされた人に見えるから不思議です。顔から浮かないのもナイス」(小田切さん)
「眉にはふんわりした毛流れを、目もとには立体的な陰影をかなえて、外国人風のメリハリを演出。でもそれを決してわざとらしく見せないのはこのパレットならでは。さりげなく目もとのくすみを払う、ハイライトも秀逸です」(編集I )

>>1月31日まで! LINE友だち限定スペシャルプレゼントの詳細はこちら

>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

>>ベスト・オブ・ビューティ2017年下半期【特集TOPに戻る】

SPUR2018年2月号もお見逃しなく!

Amazonで購入する(外部サイト)

楽天ブックスで購入する(外部サイト)

セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)

関連記事
  • 身体の中心から温める布ナプキン。気になる使い心地をレポートします!アラフォーともなると否が応でも自分の身体と向き合う機会が多くなり、私はオーガニックやフィトテラピーなどのよりナチュラルで健康的なものに興味が向くようになりました。 温活、布ナプキンもそのひとつです。 布ナプキンは、身体の冷えやPMSを改善する効果が期待されていると聞いて、とても気になっていたんです。 一般的な使い捨てのナプキンには、経血を吸収するための吸水ポリマーが入っています。 吸水ポリマーは水分を含むと熱を吸収する力があるそうで(熱が出た時におでこに貼るあれと同じシステム)、それを身体の中心に貼り付けていることは冷えに直結するのだとか。 また、アレルギーのパッチテストをする腕の内側を『1』とした場合、お股は『42』も経皮吸収率があるそうで、化学繊維や漂白された繊維で作られた使い捨てナプキンをあてがうことに警鐘を鳴らす…という観点もあるそうです。 とはいえ、 漏れたりしないのか⁈ お手入れは面倒じゃない⁈ 使用感は⁈ などなど、知らない世界は謎だらけですよね。 こうなったら飛び込んでみるしかありません! ということで、まずはおりもの用の布ナプキンから試してみました。迷わず猫柄に手を伸ばしたアラフォー。思いのほかファンシーな柄を購入してしまったのはご愛嬌。 色々な形、素材がありますが、私が試したのはスナップボタンで簡単に装着ができるタイプ。 素材はコットンで、肌に触れる面がネル生地のように柔らかくなっています。 そして使用感は… 驚くほど温かい! 今まで使い捨てナプキンの冷たさを意識したことはなかったのですが、これは温かいと実感できます。発熱しているわけではないのに、不思議な温かさでした。 優しくフィットする感触も心地よく、違和感もありません。 【個人的感想まとめ】 ▪︎着け心地 ◎ →ホカホカ温かみを感じるのに蒸れない。 優しい肌触りが心地よい。 ▪︎漏れ △ →布なので絶対漏れない訳ではない。 ▪︎お手入れ ○ →つけ置き&手洗い。 慣れてしまえば意外と苦ではない。 ▪︎利便性 × →使用済みも持ち運びしなければならないため、外出先で替えるのは抵抗がある。 身体の中心から冷やさない効果により、 PMSが改善されたり、経血の質が変わったりという効果もあるそうですが、 布ナプキンは薬ではありませんし感じる効果にも個人差があるとは思います。 持ち運びするためにポーチやジップロックなど荷物を増やすことや、使用済みのものを持ち歩かなければならないことに抵抗がある場合は 外出時は使い捨てナプキンにするなど使い分けをしてもよさそうですね。 何より私は、この包まれるような温かさが気に入ったので、継続して使用してみようと思います♡美女組No.126 好美のブログ
  • 『アメリカンホリック』の春の展示会に行ってきました!『アメリカンホリック』といえば、そのカラーバリエや柄違いの豊富さが人気のブランド。春の展示会にもずらりと並んでいました!1枚目の画像のシャツ、きれい色スカートもこの通り!  プライスも控えめなので、流行にもトライしやすいですよね。こちらのシンプルなシャツは、気持ち大きめサイズを選んでバサッと着るのもよさそう。そして実は....,.衿もとに秘密が。なんと衿が取り外せるんです。シャツ衿からスタンドカラーに変身可能!そしてアメリカンホリックといえば、デニムがお得意、でもあります。新作ラインナップのなかでは、今季、ジージャンとホワイトデニムが気になりました。ホワイトデニムは、ほかの展示会でも推されていたアイテムのひとつ。流行の予感!(副編Y)『アメリカンホリック』のアイテムをもっと見る>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
  • 各分野のプロの仕事ぶりを生で体感できる撮影現場は毎回楽しく、そして学びの場でもあります!何度経験しても慣れない撮影現場。 うまくポージングできなかったり、表情が固かったり・・・ 毎回撮影が終わるたびに反省の嵐なのですが、 それも含めて撮影現場の雰囲気は楽しく学びのある場所でもあります! 何といっても各分野のプロの仕事ぶりを生で見れるという特典! カメラマン・ヘアメイク・スタイリスト・ライター・編集・・・ 最前線で活躍されている方々の仕事ぶりを見れるのは本当に貴重です。 何気ない会話から流行りの情報やモデルさんの裏話をキャッチできたり。 いいこと尽くし(笑)撮影現場のインテリアが北欧テイストでかなりタイプでした♡置いてある小物もいちいち可愛い!マリソル1月号本誌にはこちらのメイクアップが掲載されています。他の画像を見る左/スタイリスト程野祐子さん・右/ヘア&メイクAYAさんと撮影終了後に記念撮影。 お二人のおかげでリラックスして撮影できました♡今回この企画に参加させて頂き、「フローレス フィット ファンデーション」に出会ってからは、 長年の悩みの種だった「シミ」から解放されて気分もすっきり! 自分の肌にも自信が持てて以前よりも外出の時間が楽しみに♡ 「ファンデーション何使っているの?」と友人に聞かれる瞬間が たまらなく嬉しかったりします。 あまりにも気に入りすぎてブランドの関係者かと思われるくらい(笑) このファンデーションの良さをアピールしています。 関係者の皆様、この度は貴重な機会を頂きありがとうございました! まだこのファンデーションを使用したことのない方はぜひ、 感動の「シミゼロ肌」を体験してみて下さい♡ 前回アップした記事はこちらから▶▶▶マリソル1月号 話題のカバーマーク「シミ消しファンデーション」が付録です! ■My Instagram■ yukie_ota美女組No.109yukieのブログ
  • エクラ1月号で特集されている「グレージュ」ファッション。 憧れのカラーではあるけれど、なかなかトライできないカラーでした・・・ビジュアルプロモーターとして、お客様のファッションコンサルをさせて頂く中で大切なカラー。 120枚のドレープから肌なじみの合うカラーを導き出し、お客様のイメージをよりアップさせるのですが、そんな私がトライしにくい理由は、肌なじみが悪いから(汗) 肌にはイエローベース(黄みがかった肌)とブルーベース(青みがかった肌)とベースカラーが分かれるのですが、私はイエローベース。 まさにこの「グレージュ」はブルーベースの方の方がお似合いになる色なので 私が身につけると、顔色が悪くなり、老けて見えてしまう色なのです(;^_^A けれど、そんな私が「これならいけるかも…」と思って購入したのが、 セオリーのエコファーブルゾン。 ほどよい光沢感があるエコファーは、 顔周りに身につけてもレフ版のように華やかに見せてくれるので それほど顔写りが悪くは見えないのです。 けれど、中のトップスの色は明るめにする方が より顔写りはよくなります。    ちょっとわかりにくいですが、さりげなくピアスもグレージュをとりいれてみました。 この揺れるピアスは、割と使いやすいんです。 グレージュが苦手な方は、こんな感じで靴やバック、アクセサリーなど ポイントであわせてみるものいいかもしれませんね。 また別のコーデでとして、1年ほど前にADOREで購入したワイドパンツを 流行色のパープルと合わせてみました。 白レースのトップスと、とろみ感のあるグレージュのワイドパンツだけだとぼやけてしまうので 以前エストネーションで購入したロングカーデガンを合わせると、 全体的に引き締まります! やはりどこかにカラーを取り入れるのが、私流。 苦手なカラーも、顔から離れたところから、または面積を小さくして取り入れると 無理なくトライできますよ! 新たな自分の発見があるかも・・・なので 気になるカラーがあったら、臆せず身につけてみて下さいね。 華組 相原悠希ブログ
  • 【栞里のちょっと行ってみ!?】トリックアートはスポーツです。 大人気モデル・佐藤栞里ちゃんの、愉快でハッピーな休日をレポート。今月はトリックアート美術館にお出かけした様子をお届けします♡まずは初級編!“芸術の秋”っぽいことをしようと提案したら「大人になった今だからこそ、本気のトリックアート写真が撮りたい!」とあまりに栞里らしいリクエスト。そこで行ってきました、『高尾山トリックアート美術館』へ! 入口を入ってすぐにある樽の絵で、最初の一枚から完璧な仕上がり。これはおもしろくなりそうだ♪そして中級編!「幸運のファラオ」は地面が顔に見えるトリックアート。1秒ごとにグラグラ崩れていく地面を進み、冒険する勇者をイメージしているけど、だいぶへっぴり腰の勇者だな(笑)。キャラ設定も手を抜かない。「空中神殿~クイズの神殿~」では雲の上で祈る栞里。今この瞬間に石の床が崩れてしまったようなハラハラ感を見事に表現(したつもり)いよいよ上級編!!首から下が消える「マジックテーブル」は表情勝負の難しさ。この写真のためにハイネックのブラウスを選んだ栞里だけど、館長さんいわく顔はなるべくテーブルぎりぎりにしたほうがおもしろいとか。なんてこった!こちらは館長さんに素晴らしい出来と絶賛された「スフィンクス」。お気づきかと思いますが、床に寝っ転がってるだけですからね(笑)「危険・ワニの巣窟」では鏡を使ったトリックアートに挑戦。全力で取り組むあまり誰だかわからなくなっているけれど、大丈夫、佐藤栞里です最後に撮った「一本橋〜底無しの谷〜」では、この日何度も遭遇した“高いところから落ちそうになるピンチ”でのポージングと表情の集大成。ぐいぐいクオリティを上げてくる姿に、見ているスタッフは爆笑止まらずそれでは本日のベストワンを発表!!!本人も「ダイナミックに撮れたと思います」と大満足の「恐怖のアラブの牢獄」。床に寝っ転がってるだけなのにダイナミックって(笑)。でも館長さんによると、ポーズと表情のつくり方次第で写真のクオリティには歴然と差が出るとのこと。やはり本気で挑むほどおもしろい芸術なのだ!一体感。達成感。トリックアートはスポーツです「柔軟性、忍耐、チームワーク……。記憶に残る一枚を撮るために、汗だくになりながらみんなで頑張るその精神はまさにスポーツ。そして仲間と共に納得のできる作品ができた時の喜びったらもう! 日常からエスケープしてリフレッシュするにはもってこいの場所、それがトリックアート美術館。達成感でいっぱいの体にしみるソフトクリームも絶品でね、それをいただきながら写真を見返すのもまた至福の時でした。立ち位置やカメラのアングルを細かく細かく説明してくれた館長さんのトリックアート愛も素敵だったなあ♡」(栞里)【今回お伺いしたのは……『高尾山トリックアート美術館』】芸術として長い歴史のある「だまし絵」をトリックアートで再現することをコンセプトにした、“だまされる快感”を楽しめる美術館。 さらに詳しい情報が♡ 「佐藤栞里のちょっと行ってみ!?」を本誌でもチェック!“ちゃま”の愛称で親しまれている、大人気モデル・佐藤栞里ちゃんの本誌連載『佐藤栞里のちょっと行ってみ!?』。毎号、栞里ちゃんがお出かけした場所を素敵な写真&栞里ちゃんのトークをたっぷり掲載しています。栞里ちゃんの可愛らしくて、優しい人柄がぐぐっと伝わってくるハートフルでワンダフルなこの連載。本誌には、まだまだたくさんの裏話がありますよ♪ ぜひとも毎号、雑誌MOREでチェックして♪▶▶▶「佐藤栞里」のその他の記事はこちら ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!   撮影/北浦敦子 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/佐藤栞里
  • 贅沢な雰囲気が楽しめる冬のホワイトを甘くならないように着こなせるアイテムこんにちは yasukoです 冬のホワイトコーデはなんだか贅沢な気分にさせてくれますね その上ホワイトをトップスにするとアラフォーには嬉しいレフ板効果もありなおかつ清潔感を感じさせてくます 全身ホワイトコーデに小物でアクセントなんかもステキです 私のコーデの基本は色なるべく統一を持って小物類も入れてトータル3色か4色でまとめる様にしています 3色が一番しっくりくるかな さて アラフォーのホワイトコーデはかっこよく着こなすが基本 全身のコーデ コート ELENDEEK ニット MADISONBLUE ボトムス TOMORROWLAND バッグ J&M DAVIDSON ブーツ GALLARDAGALANTE ホワイトブーツはトレンドですが 今年買って良かった物ナンバーワンと言っていいほど活躍しています 今から購入しても まだ春まで活躍するアイテム それでいてブーツなので簡単にモードにかっこよく魅せてくれますよ 美女組No.162 yasukoのブログ
  • スタイリングで表情が変わるモードな一枚。 多彩な編み地をミックスさせたローゲージのニット。 セーラーカラーのジップを閉めてフードにすると、スポーティーな雰囲気も。イヤリング、ニット、スカート、ブーツ すべてフェンディ 美女組No.110あんまきのブログ
  • 贅沢な雰囲気が楽しめる冬のホワイトを甘くならないように着こなせるアイテムこんにちは yasukoです 冬のホワイトコーデはなんだか贅沢な気分にさせてくれますね その上ホワイトをトップスにするとアラフォーには嬉しいレフ板効果もありなおかつ清潔感を感じさせてくます 全身ホワイトコーデに小物でアクセントなんかもステキです 私のコーデの基本は色なるべく統一を持って小物類も入れてトータル3色か4色でまとめる様にしています 3色が一番しっくりくるかな さて アラフォーのホワイトコーデはかっこよく着こなすが基本 全身のコーデ コート ELENDEEK ニット MADISONBLUE ボトムス TOMORROWLAND バッグ J&M DAVIDSON ブーツ GALLARDAGALANTE ホワイトブーツはトレンドですが 今年買って良かった物ナンバーワンと言っていいほど活躍しています 今から購入しても まだ春まで活躍するアイテム それでいてブーツなので簡単にモードにかっこよく魅せてくれますよ 美女組No.162 yasukoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND