東方神起 ウェブ限定写真とメイキングムービー、撮影こぼれ話を一挙公開!
SPUR.JP

東方神起と同じ事務所に所属するSHINeeのメンバー、ジョンヒョンさんのご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

本日発売のSPUR、ごらんいただけましたでしょうか? 今回はウェブ限定写真と撮影裏話、そしてメイキングムービーを公開します! ぜひ本誌とあわせて楽しんでくださいね。

ウェブ限定写真を大公開! ローランちゃん大活躍

今回の撮影で活躍してくれたのは、犬のローランちゃん。東方神起の二人とも、彼女に夢中の様子でした。まずはユンホさんがソロ撮影をしていたのですが、その間チャンミンさんはローランちゃんにつきっきり。やさしく毛並みをなでたり、目をじっと見つめたりしながら可愛がっていました。その後ユンホさんがソロ撮影を終わると、ローランちゃんめがけて一目散に駆け寄っていたのが印象的でした。
そして、東方神起とローランちゃんの3ショットへ。彼女は大きく見えますが実はまだ1才。そこまで撮影に慣れているわけではないので、シャッターを切る前に駆け出してしまったり、興奮して動きすぎてしまったりと撮影は難航します。しかしユンホさんがおもちゃを持って、チャンミンさんはやさしくなでながら、ローランちゃんを落ち着かせてくれました。ウェブ限定写真はそのときの一コマです。ローランちゃんも、幸せそうな表情。あまりに二人が可愛がるのに夢中で、実は衣装が毛だらけになってしまったほどです。
そんなこんなでローランちゃんが大興奮だったため三人の息がぴたりと合ったのは、実際に表紙に採用されたカットと、このウェブ限定のアザーカットを含むほんの数枚でした。もう一回トライしようかと思いましたが、ユンホさんの「ローランちゃんは頑張った、頑張ったよ!」という優しい一言によって、スタッフ一同納得して撮影を終えました。

撮影こぼれ話1 差し入れは、いつもの焼肉ロールと、フルーツ!

前回、前々回に引き続き、今回もおなじみチャンピオンの焼肉ロールを用意しました。チャンミンさんがもぐもぐ食べるのを横目に、ユンホさんはちょっぴりうらやましそう。「今はターニングポイントで、今までなかなか見せられなかったシュッとしたユノを見せるために、食事管理しているんです」とユンホさん。一緒に用意したフルーツ盛り合わせをたくさん食べていました。「ダイエットが終わったら、日本のラーメン大好きだからすぐにあっさりとした塩ラーメンを食べにいきたい」とのこと。
対してチャンミンさんからはこんなコメントが。「日本の食べ物を約2年間食べてなかったんで、日本で食べたラーメンと生ビールがすごく、ああ、懐かしいなみたいな感じでした。で、今ここに戻ってきて、撮影のこのスタジオで食べられてるこういうお弁当も、1から10まで、すべてが美味しいです。すごく今、感謝しております。ありがとうございます

撮影こぼれ話2 フォトグラファー伊藤彰紀さんより

「今回は約3年ぶりの撮影でした。しばらく会っていないので少し改まった気持ちで待っていると、『お久しぶりです、伊藤さん』と笑顔で2人はスタジオに。名前を憶えていてくれたという彼らの律儀な優しさに感動し、とても雰囲気良く撮影を始めることができました。
以前から礼儀正しい二人ですが、今回は芯の強さとたくましさも感じられ、さらに魅力的な大人の男性になっているように感じました。
今回はできるだけナチュラルな日常を切り取って彼らの内側の魅力を引き出すことを意識して撮影しましたが、特に印象的だったのが、犬と一緒に撮影をした際、二人は犬を挟んで仲良く無邪気に楽しんでいて、以前より二人の間に会話が増えたこと。あまりにその雰囲気が良いので、慌ててシャッターを切ったくらいです。
ベッドの撮影では、『カメラを持つ僕を彼女だと思って見つめてください』とリクエストしました。そのときチャンミンさんが一瞬ちょっと照れた表情をしたのがキュートでしたね。また、ユンホさんには『布団をかぶってください』とお願いしたのですが、まったく躊躇せずにこちらの求めること以上の、100%以上のパフォーマンスをしてくれました」

 

撮影こぼれ話3 スタイリスト松下洋介さんより

「休止期間を経て、男に磨きがかかったと思います。二人の空気感がより温かくなったというか。強さの中にもやわらかさが感じられました。似合う服も変わりましたね。以前のように着飾るスタイリングも似合うけれど、今はよりシンプルな服装もハマるように。本人たちも、シンプルで上質な、長く着られるものを好むようになったと思います。シュプールの撮影はアットホームな雰囲気で、二人がリラックスしていたような気がしました」

撮影こぼれ話4 編集スタッフより

「インタビューでは二人がきちんと役割分担しているように感じました。『そんな大胆なこと言っていいのですか?』というようなことを、さらりと語るピュアなチャンミンさんと、それを男らしく締めるユンホさん。また、ユンホさんは質問されてから『うーん』と一拍置くのですが、その“間”に色気があると感じました。チャンミンさんは、インタビュアーのライターさんの目をじっと見ながらしゃべっていたのが印象的でした。
シーツの上での撮影では、二人の“演者”としてのポテンシャルの高さに驚きました。実はフォトグラファーの伊藤さんには小さなお子さんがいるので、現場で思わず子供に話すような口調で、『じゃあそのままゴロンしちゃいましょう!』と二人に言っていて(笑)。でも、彼らはそれにも嫌な顔ひとつせず熱心に応えていて、さすがだな、と。ただの布団さえも東方神起の手にかかると素晴らしい小道具になるんですね。難しいテーマでしたが、二人の人間としての器の大きさと高いパフォーマンス力に支えられた撮影でした」

SPUR×東方神起スペシャルムービー

リラックスしたムードで行われた撮影風景をじっくりご覧ください! 手の込んだセッティングにも注目を!どんな写真になったか、実際の誌面もぜひチェックしてくださいね。ロングインタビューの最後のチャンミンさんの言葉を読んでいただきたいです。

>>SPUR限定! 東方神起「頑張る人への応援ステッカー」&メッセージ動画をいち早く公開!

SPUR2018年2月号もお見逃しなく!

Amazonで購入する(外部サイト)

楽天ブックスで購入する(外部サイト)

セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)

こちらは表紙のアザーカットです。三人の目線がぴったりとカメラに向かった奇跡のショット!

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND