コーチから宇宙にインスパイアされたカプセルコレクションが登場

SPUR.JP

SPUR Eye
小さい頃に憧れた宇宙の夢が満載! キュートでノスタルジックなアイテムは、細部まで楽しいこだわりが散りばめられている!


毎シーズン「アメリカンノスタルジー」とそれに対比するテーマを発表するコーチから、SPACE(宇宙)にインスパイアされたカプセルコレクションが登場。


バッグ ¥78,000

ノスタルジックな宇宙船、惑星などのグラフィック、アイコンキャラクターの恐竜「レキシー」が宇宙服を着たモチーフや宇宙探査の刺繍カスタムパッチなどが贅沢にあしらわれている。


バッグ ¥40,000

宇宙に未来の可能性を託し、希望にあふれていた絶頂期のアメリカを象徴する、このカプセルコレクションは、バッグや革小物に加えニットやTシャツなどをユニセックスに展開。 さらに販売を記念して、阪急うめだ本店にてポップアップストアを開催する。期間中は限定バッグのほか、50,000円(税抜き)以上購入すると、ロケットのハングタグをプレゼント。遊び心たっぷりのカプセルコレクションをお見逃しなく。


バッグ ¥60,000


セーター ¥100,000(すべて税抜き)

ポップアップストア
期間:2017年5月17日(水)〜23日(火)
会場:阪急うめだ本店 1Fコトコトステージ11

コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
http://japan.coach.com/space/
0120-556-750

関連記事
  • 予定調和内で決められたことがなければ、枠組みがない。初めて出会ったときから、冒険心でいっぱいのブランドでした。 若さや革新性を原動力にその勢いは加速度を増し、ギアを入れ替えるたび、さまざまな驚きを届けてくれました。たとえば、売り場や発売日、価格を設定しないで開発したマスカラや、体温に着目したリップトリートメント。ユーザーからの意見を積極的に取り入れる姿勢。柔軟な発想力を味方に、あっという間に美容市場を駆け上った風雲児が今年、その座に甘んじることなくあっさりそれまでの名前を脱ぎ捨て、再びスタート地点に立ったのも大きなニュースとなりました。 シンプルで力強い名前「UZU」とともに、退路を断った場所から世界に放ったのが、EYE OPENING LINER。文字通りの「目からウロコ」なのが、ブランド名を明かさずに消費者に「このアイライナーいる?いらない?」と問いかけた覆面キャンペーンや、(恐らく)宇宙人が「地球の美容って、退屈ですね…」と語り掛けるメッセージ広告。NYのストリートを駆け巡ったのちに、日本でローンチした13色の中でも、とくべつ気が利いている!と感じたのが「白」でした。SPUR2019年上半期「ベスト・オブ・アイカラー」賞受賞。良き仕事、おめでとうございます!発売中SPUR8月号p.138~もぜひご覧くださいこのホワイト、ものすごく濃密なんです。ぴたーっと肌にのって、濁りがない。あっという間に乾いて、よれない、薄まらない。でもぬるま湯でスルスル落とすことができる。そして筆先。0.7デニールのシルクナイロンがへばらず、また以前のアイライナーより、ほんのすこし(0.3mm!でもぜんぜん違うんです!)毛を長く、毛量は増やすことで、さらに理想的なコシが生まれました。この白、目尻にピッといれるのはもちろん、ほかの色にすっと寄り添わせてもいいんです。黒でもグレーでも、ブラウンでもカーキでも、白を「影」のように加えるとおもしろい立体感が演出できる。それがとてもいい感じに、視線を集めるんです。パッケージの色も嬉しい裏切り。藤色だけれど、ペン先はホワイト……、そこにも驚きと楽しみが潜んでます。数々の絶賛を受けて、SPURのベスト・オブ・アイカラーに見事輝きました。パッケージの裏をぺりっと剥がすと…。人間工学の見地から導き出した8角形のペンが現れますもう大人だし、白なんて。と、心のなかで躊躇していた自分自身を超えていけたのが、なによりも嬉しいことでした。誰かが決めたルールに、知らず知らずのうちに乗っかって、自分の限界を決めてしまっていた。それを知れただけでもひとつの「成長物語」と呼んでいいのではないかと。 正解はなにもひとつじゃない。自分を否定する必要もない。それに気づけるか、気づけないかの分岐点が、このアイライナーにはあります。 UZUが行っていること。それはモノを売っているというよりも、問いかけやムードを提供していると言うほうが、しっくり来るのかもしれません。時代の節目の今、既存の枠組みを取っ払ったまっさらな土俵で、誰もが新しい何かを探しているとしたら。自分と、自分につながる世界が新しいフェーズへ進むきっかけが、たった一本のアイライナーだったとしてら、素敵な話じゃないですか?売り切れ続出の色。UZU アイオープニングライナー ホワイト ¥1,500/UZU BY FLOWFUSHI
  • 夢の国では空も飛べる♡ 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」、7/23(火)OPEN『東京ディズニーシー』の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が、7/23(火)いよいよオープンします☆ 大注目の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を、DAILY MOREのライター愛ちあんが、先輩ライター・みかりんを誘って一足お先に体験してきました!日本文化が描かれた作品も! 物語の舞台は、“空を飛ぶ”という人類の夢を称える特別な博物館。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、海外のディズニーテーマパークで人気を誇る大型アトラクション「ソアリン」に、新たなシーンが加わった『東京ディズニーシー』オリジナルのアトラクション。場所は、「メディテレーニアンハーバー」の丘にあります。圧倒的な存在感に、“おぉ”と声がもれる私たち。期待に胸を膨らませ、いざ中へ!一歩足を踏み入れると、爆増するワクワク感。ナチュラルにスキップしだした私、愛ちあんに、みかりんが“すっごい浮かれてる(笑)”と一言(笑)。ですがこの後、一緒にはしゃぎまくってくれたのは言うまでもありません。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」には、素敵な物語があります。それは......【ここは空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」。飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生をアートなどで振り返る特別展が開催中です。今日は、そんな彼女が情熱とイマジネーションの赴くままに完成させた「ドリームフライヤー」を体験いただきます】というもの。アトラクションまでの道のりには、物語にちなんださまざまなアート作品が並んでいます。ポイントは、作品のいたるところに日本の要素が散りばめられているところ! 忍者や折り紙、凧などが描かれているので、並んでいる間にぜひ注目を。また、さらに奥へと進んでいくと、映像を楽しむ「プレショー」のスペースが!「プレショー」の内容はネタバレになるのでお伝えしませんが、2つの映像がランダムに表示されます。どちらも観た私たちが言えることは、どっちを観ても、“うわぁ……♡ すごい♡♡”と声がもれるに違いないということ!並んでいる時間も飽きずに楽しめ、夢に溢れていて感動です。体験したみんなが拍手喝采!! 乗る場所によって音や角度が異なる新感覚のアトラクションに、大興奮大感動!!! そしていよいよアトラクションへと乗り込みます。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、巨大なスクリーンで映像を観ながら楽しむシミュレータータイプのアトラクションです。ドリームフライヤーと呼ばれる乗り物に乗り、シートベルトを締めたら準備OK☆スクリーンの映像とともに上空へ浮かび上がると、世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅がスタートします。“もし本当に空を飛べたら、きっとこんな感じなんだろうな……”と、すっごくリアルな風や匂いを感じられるのが大きな特長です☆詳しい内容はネタバレになってしまうので控えさせて頂きますが、愛ちあんのお気に入りはラストシーン。あまりにもきれいで、ときめきの嵐でした!!! どれだけ素晴らしかったかは、私たちのこちらの表情からお察し下さいませ……(笑)。旅が終わると、場内はしばらくの間拍手に包まれました。もしかしたら一番最初に拍手をし出したの、私たちでは(笑)? この鳴り止まない拍手こそが、体験した人の気持ちそのもの。本当に素晴らしかった! リアルガチで、空飛びました!! (笑)!!!愛ちあんは、興奮のあまり放心状態に(笑)。みかりんからは、出口に向かう途中、“夢の国って、空も飛べるところになったんだね”と、胸アツなコメントが飛び出したほど。みなさんにも、この興奮と感動をぜひ味わってほしい‼︎また、このアトラクションのおもしろいところは、乗る位置によって音や映像の角度が異なるところ☆ この日、愛ちあんとみかりんは4回(!)アトラクションを体験しましたが、乗るたびに新しい発見があって、“すべての席で体験したい......”と本気で思ったのでした。パイナップル味の水色チュロスに可愛い「Tシャツ」。グルメメニュー&おすすめグッズ、教えます♡「ソアリン:ファンタスティック・フライト」をモチーフにした3つのフードとドリンク、さらに、おすすめグッズもしっかりチェック!スペシャルなブルーカラーが可愛すぎるフード&ドリンク!まずは、「ポップコーン、バケット付き」。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の建物前のワゴンで売られているこちら。可愛いイラストはもちろん、上部の白いミッキーを回すと、キュートな仕掛けがありますよ♪ 中のポップコーンは、まさかのマーラー味。程よい辛さにドハマリしそう!(¥2000)次に、「ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)」。真っ青なドリンクは、さっぱり甘いライチー味。珍しいライチー味のタピオカとレモンゼリーが入っていて、デザート感覚でも飲めちゃいます☆ 私たちが思わずおかわりしたおいしさをあなたもぜひ!(¥450)そして、度肝を抜かれたブルーカラーの「ファンタスティック・フライト・チュロス」!チュロスはパイナップルのフレーバー。甘酸っぱくてフルーティーな味わいで、とってもおいしい!(¥400)カレや友達とおそろコーデに☆ 普段使いもできそうな「Tシャツ」がおすすめハッピーな気分を盛り上げてくれるグッズもたくさん! 「バスタオル」や「トートバッグ」、「ぬいぐるみバッジ」など、さまざまなアイテムがあります。愛ちあんとみかりんがおすすめするのは、男女兼用で着られる「Tシャツ」。S・M・L・LLと選べるサイズで、普段使いもできそうなデザインが◎。カレや友達、親子でおそろコーデを楽しんで♬(各¥2900)※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります詳細は『東京ディズニーシー』「 ソアリン:ファンタスティック・フライト」特設サイトから関連記事:『東京ディズニーランド』&『東京ディズニーシー』でタピオカ♡ 2019年夏に出合えるタピオカドリンク全部見せ!撮影 / 齊藤晴香  ©Disney
  • 2019年6月某日――星の数ほどもある秋新色を所狭しと並べ、ビューティ・プロ3人が座談会を決行。議題は「この秋の顔づくりと心底買いたいコスメティックス」。語り尽くすことで見えてきた、マストバイのすべてがここに! 2019年秋の新色 SPUR的TOP3 かつてないほど多彩になった秋の色の中から、真っ先に手に入れるべきはこの3つ!1.RMK ストーンホイップアイズ 05「フェミニニティと抜けを見事に両立した、確実にモードな顔になれる赤! しかもテクニックレスです」(矢内さん)。「リキッドシャドウブームの集大成と思える、使い心地のよさに感動。なめらかにステイしてヨレません」(森山さん)。「ハレぼったくならず、目もとに色気や陰影を潜ませてくれる、こんなレッドシャドウが欲しかった!」(Rieさん)。クリームがまぶたの上でパウダリーに変化。シルバー×レッドパールが隠し味。¥3,500〈8月2日発売〉/RMK Division 2.Amplitude コンスピキュアス ブラッシュリップス 07「トレンド真っ盛りのブラウンと唇を染め抜くような質感、塗りやすいブラシ形状のすべてに惚れぼれ」(森山さん)。「リップラインをきれいに縁取ることができ、唇の美人度が劇的に上がります。厚みが出ずきわめて軽やか」(Rieさん)。「エレガンスが復権しているファッションの絶妙な"ハズシ"になる色み。どんな服も洒落見えしそう」(矢内さん)。ハーフマット感が落ちず、にじまず、いつまでも。縦ジワもふっくらと。¥4,700〈8月7日発売〉/Amplitude 3.シャネル ル ジェル パイユテ「ヨガの後を思わせる、かすかに湿度を帯びた肌に。そこにグリッターがチラチラ瞬くのが最高に今っぽい」(Rieさん)。「スパークルなシルバーはスタイルの格好のアクセント。細胞が若返ったように肌がプリッと見えますよ」(矢内さん)。「お疲れ顔もひと塗りでイキイキとフレッシュに。可愛いだけじゃない、突き抜けた美肌効果のある逸品」(森山さん)。目もとや頰に使えるジェルは、スターを輝かせるスポットライトへのオマージュ。¥5,800〈8月16日限定発売〉/シャネルビューティ・プロが本気で選んだ、秋の偏愛コスメティックス 「誰がなんと言おうとこれが好き!」――目利き3名が惜しみない愛をそそぐ、私的ベスト名品はこちら 【ビューティエディター】森山和子さんビューティ界屈指のコスメフリークとして知られ、プチプラから海外ブランドまで網羅。仕事を超えた化粧品へのただならぬ愛で、毎シーズン出合う新色のすべてを試し尽くす! 4.SUQQU/モイスチャー リッチ リップスティック 12「『ミルクキャラメルを溶かしたような色が欲しい!』と願い続けていたから、初めて見た瞬間は叫びましたよね(笑)。黄みが強いと思いきや肌にすんなりなじんで、表情が抜群におしゃれになる!」。保湿力が高く、単品使いでもぷるんっと弾む唇に。¥5,000〈8月2日発売〉/SUQQU 5.ディオール/ルージュ ディオール グラフィスト 824「永遠に大好きな’90sのスーパーモデルを彷彿とさせるブラウン。でも質感は格段に軽く、昔のそれとは比べものにならないヘルシーな仕上がり。この素晴らしさ、つけてみればわかるはず!」。なめらかさを極めて。¥4,200〈8月2日限定発売〉/パルファン・クリスチャン・ディオール 6.アナ スイ/スイ ブラック パウダー ブラッシュ 700「甘美なやわらかさを感じる、はじめてのベージュ。変なパーリィさがなく、毛穴や小ジワをふわっとボカしてくれるのが気に入ってます。薄づきで肌との境目が見えないのもナイス」。頰にしっとり密着する、30代向けの新ライン。¥3,500〈8月1日発売〉/アナ スイ コスメティックス 【ヘア&メイクアップアーティスト】Rie Shiraishi さん建築の勉強をした後ヘアメイクのキャリアをスタートした、異例の経歴の持ち主。その美学を生かしたキャッチーな顔づくりを得意とする。多くのイットガールから信頼を集める。 7.シャネル/ルージュ ココ グロス 816「手持ちのリップにトントンたたき込むと、どんな色も黒の気配を帯びてグッとモダンになるんです。深みを自分で調整できるので、ダークカラーが苦手な人にもぜひ。明るい色に重ねても素敵ですよ」。ブラックチェリーとでも呼びたいカラー。¥3,600〈8月16日限定発売〉/シャネル 8.パルファム ジバンシイ/ルージュ・ジバンシイ・ベルベット 37「ネオ・クラシカルなこの秋の顔づくりにマストなパーシモンレッド。ワンストロークで背すじがしゃんとする、ベルベットさながらのテクスチャーも美しい」。ケースにも深紅のベルベット素材を。¥4,600〈9月1日発売〉/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ) 9.イヴ・サンローラン/ルージュ ピュール クチュール ヴェルニウォーターステイン 603「’80sライクなフューシャピンクなのにウォータリーで近未来的なテクスチャーがツボ。今季らしいハイブリッド感が手っ取り早くかなうから、リップ選びに迷ったらまずこれを!」。最大40%もの水分を含む、別名"リップマニキュア"。¥4,300〈7月26日発売〉/イヴ・サンローラン・ボーテ 【スタイリスト】矢内麻友さんロンドンでファッションを学び、ヴィンテージとハイブランドのミックスやレイヤードスタイルに定評あり。メイクアップもスタイルの一部と考え、日々さまざまな彩りをまとう。 10.PAUL & JOE/リップスティック CS 116「ミステリアスな雰囲気はかなうのに、決してプロレスのヒールのようにはならない貴重なグレープレッド。旬のダークファンタジーなファッションのよき相棒です」。オイル配合のメルティタッチ。レフィル¥2,000・同 ケース CS052 ¥1,000〈8月1日限定発売〉/PAUL & JOE BEAUTE 11.Amplitude/エクストラボリュームマスカラ 01「"少しだけゴシック"な気分に呼応して、久々にまつ毛をフサフサにしたくなりました。これは羽根のようなきれいな毛束感が出るのに大感激。本気のゴスにはしたくないからディテールの美しさがありがたいですね」。しなやかな質感にこだわりあり。¥4,400〈8月7日発売〉/Amplitude 12.ADDICTION/コンパクト10 リミテッドエディション ニュートラル アディクション「ツヤツヤの肌にも飽きてきた近頃、端正なポーセリンスキンに仕上がるこんなパウダーを待ってました。薄づきなのにアラを見せないコンシーラーも優秀で、もはやファンデーションいらず」。上段の右2色はマルチに使えるクリームカラー。¥9,000〈7月26日限定発売〉/ADDICTION BEAUTY フューチャリスティック×クラシックの波、到来! ――ズバリ秋のメイクアップのトレンドと何を買うべきかを教えてください。 Rie(以下R) ひときわ深みのあるリップを取り入れたり、顔全体はあえてコンサバにつくるのが気分。そこにモダンな光を潜ませるのが新しいよね。シャネルのグリッター(3)を頰にサッとのばしてみたら、それだけで顔がすごく"今"になったのには驚きました。 森山(以下M) 確かにシャネル以外にも、重ねてニュアンスをチェンジできるトップコート的なアイテムが続々と出ているよね。 矢内(以下Y) ファッションと同じでメイクも一見クラシックに見せつつ、質感でアップデートを図りたい。個人的にはどこかゴシックなムードも欲しくて、PAUL & JOEのトランスペアレントなぶどう色(10)がクリーンヒット。そして絶対はずせないのが、RMKのアイシャドウ(1)なんですよ! M このスモーキーなのに肌にひらりと息づくようなテクスチャー、これまでにないもんね。角度によって研ぎ澄まされたパールがチラチラ揺らめくのも新鮮で、今年らしさが詰まってる。 R つまりはフューチャリスティック×クラシックのハイブリッドな顔づくりが旬ってこと。色だけじゃなく質感で"魅せる"メイクがメインストリームに。 M あとさ、いよいよブラウンリップ全盛期がきたよね⁉ しかもそのニュアンスもどんどん多様化して目移りしちゃう。SUQQUのキャラメルを溶かしたようなカラー(4)を目にしたときはもう本当にうれしくって。長年「あったらいいな」と思っていた色だから。 Y TOP3に選ばれたAmplitude(2)はモード感あふれるモーヴブラウンなのに想像以上につけこなしやすいから、必ず手にとってほしい。アクセサリー級の存在感なので! R リップラインを完璧にトレースできて、遊びのある色でも品よく洗練された印象に仕上がる。まさにおしゃれな大人のマストハブですよね。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「秋新色『ビューティ・ディベート』開催」photography: Mitsuru Kugue illustration: Aki Miyajima edit: Yukiko Ogawa
  • 秋の到来に、シューズとバッグのアップデートは欠かせない。ロマンティックな主役級から、着こなしを支えるシックな精鋭まで。胸をきゅんとさせるアイテムがラインナップ。ワードローブに迎えたいときめきの相棒と出合って。 タフネスシューズで冒険を  コンバットブーツや圧倒的なボリュームソール。足もとに重心を置いたスタイルで、新しい一歩を踏み出そう。BOTTEGA VENETAブーツ〈実寸ソール3.2㎝〉¥121,000・ニットドレス¥380,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)甲の部分のキルティングが、バイカーブーツのタフさを強調する。丸くて大きなトゥと量感のあるソールで存在感大。上質な素材というブランドのヘリテージをモダンにアレンジした。DIESELブーツ〈ソール5.5㎝〉¥39,000・スカート¥28,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)アッパーよりひと回り大きいプラットフォームが抜群のインパクト。ラバーソールに加えて、シルバーカラーと甲を渡るブランドロゴが力強いエフェクトを加えている。CHANEL靴〈ヒール13㎝〉¥155,000・パンツ¥696,000/シャネル今季のインスピレーションの舞台は雪山。マウンテンブーツを新たに解釈し、ユニークなカラーパレットで仕上げた。前後の高低差でスタイルアップもかなえる。柔らかなラムスキン仕立て。PRADAブーツ〈ヒール5.5㎝〉(ポーチ4点つき)¥190,000・スカート¥501,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)ミリタリーをコレクションの要素として用いた今季。コンバットブーツにポーチをベルトで装着する変化球のデザイン。ソールのサイドに施された凹凸でよりパワフルな印象に。DR. MARTENSブーツ〈ヒール5㎝〉¥34,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) パンツ¥35,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)定番の8ホールならぬ8リングに、極太のシューレースを高密度に編み上げたダブルソールのシューズ。ホワイトのステッチがモードなアクセントに。GUCCI靴〈ヒール2㎝〉¥150,000・スカート¥190,000・ソックス¥11,000/グッチ ジャパン(グッチ)大小のスタッズが光の交差するランウェイで異彩を放っていた。丸みのあるフォルムとボアが愛らしいショートブーツにも、エッジィなスパイスがきいている。MAISON MARGIELA靴〈ヒール6.5㎝〉¥158,000・プルオーバー¥123,000・スカート¥81,000・ソックス¥25,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)メゾンのアイコンスニーカー「レトロ フィット」のチャンキーソールと、ブラッシュドレザーのベルテッドシューズという意外性のある融合が斬新。COACHスニーカー〈ヒール6㎝〉¥55,000・ドレス¥130,000〈ともに9月発売予定〉/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) ソックス/スタイリスト私物クリーパーズシューズをモダンにアップデートしたデザインに品が宿る。白に切り替えられたプラットフォームが、着こなしをエフォートレスなムードに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年9月号「夢を運ぶ靴とバッグ88」photography: kimyongduck styling: Shizuka Yoshida manicure: Kyoko Kudo 〈FUNCTION NAILS〉 model: Erina Noguchi edit: Akiko Fukunaga 
  • ルイ・ヴィトンが2019年7 月19 日(金)~8月4日(日)、ポップアップストアをGINZA SIX 2Fにて開催! 【左】モノグラム LVポップ カンヌ/W15×H17×D15cm ¥317,000・【右】モノグラム LVポップ タンバリン/W18×H15×D8cm ¥268,000(どちらも日本限定製品・税抜) 今回のポップアップストアは、ニコラ・ジェスキエールによる2019 秋冬 ウィメンズ ・コレクションからレザーグッズをメインに展開されるもの。アイコニックな"モノグラム"と"ダミエ"をマッチングさせるなど 、メゾンのニュークラシックやアイコンに再解釈を加えた同コレクションから、多彩ラインナップが登場するそう! 日本限定のレザーグッズをはじめ 、アクセサリーやテキスタイルまで国内先駆けて展開されるので、いち早くチェックすべき。 【上】モノグラム LVポップ ジッピーウォレット/W10.5×H19.5×D2.5cm ¥108,000・【下】モノグラム LVポップ ポルトフォイユ・ゾエ/W7.5×H9.5×D3cm ¥66,000(どちらも日本限定製品・税抜) さらに店内は、パリで開催されたショー会場を想わせる空間。そんな特別なムードの中、ゆっくりと最新コレクションが見られるだなんて…これは行かずにはいられない! 夏のお出かけに、ぜひ立ち寄ってみて。 【LOUIS VUITTON WOMEN'S FW19 POP-UP STORE】<期間> 2019年7月19日(金)~8月4日(日) 10:30-20:30<場所>東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 2F シジェーム ギンザ 【ルイ・ヴィトン】公式サイトはこちら
  • カフェという空間が大好きです。学生の頃、いつか一緒にカフェを開けたらいいね、な~んて親友と夢物語をかたった事もありましたが…^ ^ 上海駐在中に自宅で刺繍カフェを開いたことで一旦満足したので、今は色んなカフェ巡りを楽しんでいます♩この日は、華組の沢辺史さんと 新木場にある「CASICA」へ行ってきました。 いつもインスタでのコメントのやりとりが止まらず、 お茶目で柔らかい人柄が可愛い方だなぁ~と思っていたので、 お誘いいただいた時はとっても嬉しかったのです♪倉庫をリノベーションした広くて開放感溢れるカフェ。 アンティーク家具と緑と 天然素材の暮らしのお品。 優しいお惣菜三品選べるランチ とっても居心地の良いひとときを過ごすことが出来ました♪授乳室もあり、赤ちゃん連れベビーカーもおそらくノンストレス。 インスタにあげたら、新木場周辺あまりスポットが無いらしく、この周辺に住むフォロワーさんから、早速行きました!との声を何件かいただきました。 こういう緩やかなインスタでの反応って、やっぱり嬉しいし楽しいです^ ^カーキ+ゴールドの巾着袋を自作コーデに合わせ黒の麻編みバッグもプラスこの日は、吉祥寺の menui というカゴ屋さんで買ったシンプルなアラログ籠に、 自分で作った内袋と、別バッグに付いてたチャームを合わせて、 なんちゃってアレンジ籠バッグを持っていきました。 ちょっと持ちにくいのですが、 史さんに、そのバッグ可愛いとほめられたので、載せてみました♪普段、小中学生の男子二人に振り回されバタバタの毎日を送る私にとって、 柔らかな華組さんとのお出かけは、癒しのひとときです。 史さん、ありがとうございました♡華組インスタはこちら★cafe٠お菓子ネタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • 歌って踊って盛り上がれ! 「ピューロ夏フェス2019」は9/1(日)まで『サンリオピューロランド』では、9/1(日)までの限定でスペシャルイベント 「ピューロ夏フェス2019」を開催中!イベントの目玉は「ピューロ夏フェスLIVE!!!!」。ロック・ヒップホップ・テクノ・ディスコ&ソウルの4ジャンルをイメージしたコスチュームのキャラクター達と踊れますよ! さらに、フォトジェニックな「ビーチフェス」も。室内に海をイメージした南の島「ピューロアイランド」が登場♪ そして気になるのが「ピューロ肉フェス&ピューロデザートフェス」♡ 今回は、このフードとデザートをピックアップしてお届けします。激可愛フード満載の「ピューロ肉フェス&ピューロデザートフェス」!「ピューロ肉フェス&ピューロデザートフェス」では、『サンリオ』キャラクターをモチーフにしたキュートなフードを味わうことができるんです♡ 登場中の全31メニューの中から、とくに可愛いメニュー9品をチェックしていきましょう♪「コールドストーン アイスキャンディ」暑い夏にはやっぱりアイス! 『コールドストーン』の「アイスキャンディ」に、マイメロディやシナモンなど、人気キャラクターがON。全種類制覇したい可愛さ♡(各¥600 ※税込)(左から順に)「 マイメロディ・練乳イチゴ」、 「プリン・ショコラオランジュ」、 「 シナモン・チョコミントクッキー 」、「 けろっぴ ・青リンゴ」、 「ぐでたま・マンゴー」「日焼けダニエルのメンチカツカレー」夏に外せない海でのバカンス。楽しみたいのはダニエルも一緒☆ 焼肉ピラフで日焼け顔をつくり、浮き輪の下にはジューシーなメンチカツが! 真っ青なカレー、一度はチャレンジしてみない?(¥1300 ※税込)「ぐでたま&フレンズのメガ盛りローストビーフ丼」ピューロ肉フェス限定のメガ盛りローストビーフ丼! ごはんは240g、ローストビーフは並盛の1.8倍の180gという圧巻のボリューム!! ぎゅでちゃまとしゃきぴよものっかって、会場を盛り上げます☆(¥1600 ※税込)「ぷくぷくプリンのカツカレー」ぷくぷくプリンも大満足の、三元豚の大きなとんかつがのったまんぷくカレー! スタミナをつけて、「ピューロ夏フェスLIVE!!!!」でハジけちゃおう!!(¥1400 ※税込)「キティの肉フェスパーコー麺」食べ応えバッチリのパーコー麺。トッピングには、ピューロ肉フェス限定デザインの海苔とかまぼこ。サイドにはキティの焼きかまぼこもついて大満足! キティ尽くしの人気メニューです♡(¥1100 ※税込)▶▶「ピューロ夏フェス 2019」特設サイトはこちらから©1976,2009 SANRIO CO., LTD.  ©1976,1988,1990,1996,1999,2001,2013,2019 SANRIO CO., LTD.
  • ポール & ジョーの秋新色のテーマは「Les Vendanges」。“ワイン用ブドウの収穫期”という意味だそう。その名の通り、大人に似合う奥深い秋色がラインアップ。同時発売の新作アイカラーと一緒に、その全貌をお届け!フレッシュ、フルーティ、スパイシー。パリの女性たちの生活に欠かせない“ワイン”にポール & ジョーらしい愛らしさが溶け合った新作の中で、アラフォーに特におすすめしたいのはリップスティック。ワインで染め上げたような、色っぽい唇を演出してくれます。ラインアップは深いグレープレッド・ロゼピンク・バーガンディレッドの3色。左端のグレープレッド(116)は一見手強そうだけど、色はこっくり、質感はみずみずしい絶妙な仕上がり。オンの顔だけではなくラフなオフコーデにも寄り添える懐の深い秋色です。ベースに極限までオイルを配合していて唇を包み込むようなメルティタッチも感激もの! しっとり柔らかい若々しい口もとが続きます。そしてポール & ジョーといえば好みのリップケースを選べるのもお楽しみのひとつ。今回も限定パッケージが3種登場するので、ぜひ自分だけの組み合わせで楽しんでくださいね。リップスティック CS レフィル 全3色 各¥2000、リップスティック ケース CS 全3種 各¥1000/ポール & ジョー ボーテ<いずれも8月1日(木)限定発売>そして!スペシャルなリップケースがもうひとつ。昨年、瞬く間に完売したネコリップケースの第2弾も登場。今回はネコちゃん、ピンクに染まっちゃいました♡ 争奪戦になること確実ですからお早めにチェックを。リップスティック ケース N ¥1500/ポール & ジョー ボーテ<8月1日(木)限定発売>口もとをワインで染めたら、ぜひ頰も。顔立ちに心地よい高揚感を演出する“ほろ酔いカラー”な チークも2種お目見えします。左からレッド×サーモンピンクの010、レッドブラウン×ルビーの009。いずれも秋らしい深みと輝きに満ちた発色で肌なじみも上々。特に右の009は、大人も使いやすい青みをはらんだ発色が絶妙。肌に透明感をもたらしてくれる素敵カラーです。こちらもコンパクトは組み合わせ自由。リップとお揃いにもできますよ。パウダー ブラッシュ 全2種 各¥2000、コンパクト 全3種 各¥1000/ポール & ジョー ボーテ<いずれも8月1日(木)限定発売> そして同日、8月1日(木)から発売される新アイカラーにも注目。オイルゲルベースの“ぷにぷに”感触がまるで肉球みたい! 全8色の展開です。オイルリッチでのびがいいので重ねづけも簡単。薄く伸ばしてほんのり輝きを楽しんでも、塗り重ねて濃密な目もとに仕上げるも自在です。たとえば手前の04は、マロンブラウンの中にレッド・ブラウン・シルバーなどの輝きがぎっしり詰まっていて、濡れたようなツヤ感と相まり1色でかなりドラマティック。私の推し色です。スパークリング アイカラー 全8色 各¥2700/ポール & ジョー ボーテ<8月1日(木)発売>そして9月1日(日)には秋新色の第2弾として、大人気のパール ファンデーション プライマーの限定色もリリースされます。これ、何の色をイメージしていると思います? そう、赤ワインと白ワイン! ボールに細か~いパールが仕込まれているので、これを使うと肌にイキイキとした若見えオーラが舞い降ります。あとは血色感or透明感、お好みのワイン……いえいえ、仕上がりでお選びください。パール ファンデーション プライマー 30mL 全2種 各¥3500/ポール & ジョー ボーテ<9月1日(日)限定発売>というわけでこの秋も“大豊作”のポール & ジョー。ネコ推しでキュートに行くか、ワインの芳醇ムードを纏って大人の女で攻めるか……。それは、あなた次第。「ポール & ジョー」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND