フレッシュなイットガールズのNYコレクション 密着SNAP1週間! 【02:Londone Myers】
SPUR.JP

個性派モデルブームが落ち着き、今季はオリジナリティとチャーミングさ、そしてタフさを備えた"ユニバーサル・ガーリー"なモデルが台頭。そこで、2018年春夏NYコレクション中に、特に注目したい3人のモデルを追いかけた。若手キャスティング・ディレクターによる次なるトップモデル予測も必読!

モードなアスレジャースタイルが得意!

Londone Myers(ロンドン・マイヤーズ) 

Age_23, Hometown_USA

ジョージア州出身のロンドンは、元検死技師のアシスタントという経歴の持ち主。2015年、休暇で訪れたパリでショッピング中にスカウトされ、カニエ・ウェストのYeezy ’16年春夏コレクションのショーでデビューすると、当時サンローランのデザイナーだったエディ・スリマンの目にとまり、同シーズンのサンローランのショーにエクスクルーシブで登場。それからは、プラダ、コーチ、トミーヒルフィガー、GAP、トップショップなどハイモードからカジュアルブランドまで、さまざまなキャンペーンに起用される売れっ子に。自身のファッションは「朝起きたときのムードで着るものを決める」そうだが、ここ数カ月は「ファッションの未来はスパンデックスにあり!」と、ボディスーツにハマっている。

DAY1)プーマのボディスーツは着心地がよく何着も持っている。蛍光の側章がきいたボディスーツにザラのデニムジャケットをオン

DAY2)買い物はもっぱらインターネットを活用。特にAmazonがお気に入り。そこで見つけた白のウィンドブレイカーにこちらもプーマのボディスーツ

DAY3)ボディスーツにハマっている理由は、スパンデックス素材が好きだから。プーマのクラシックなロゴ使いが気に入っている一着

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND