今日、 儚いネオンカラーと花の美しさに恋をした

SPUR.JP

やがては散ってしまう花の色や匂いも、今この瞬間の美しさは、リアル。そんな花の魅力をバーストするような、明るくポジティブなエネルギーを感じるネオンオレンジをまぶたにラフに塗って。手に持った紫色のオーキッドやモノトーンのドレスと響き合う、はっとする個性と存在感を放つメイクアップ。


ドレス¥93,500/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(JACQUEMUS)

Make-up tips

[ Eye ]
もともとチーク仕様の1のブライトタンジェリンオレンジを、まぶた中央にブラシでぼかす。を黒目の幅に下まぶたのきわだけに引いて、黒目に神秘的な輝きをプラスする。目尻から眉下にかけての左下のイエローゴールドをぼかす。の色をあえてなじませないことがポイント。

[ Cheek ]
を頰中央からフェイスラインにやさしくぼかしてほのかなピンク色をのせて。

[ Lip ]
のナチュラルなピンクで目もとを際立たせて。

関連記事
  • 地黒肌にお悩みのバイラーズが、透明感を求めて新作美白コスメにトライ。ご本人も納得の結果が得られただけでなく、なんと驚きの事実が! その美白コスメならではの使い方も合わせてご覧ください。「地黒が気になる…」スーパーバイラーズ 神谷江礼奈さんもともと地黒なので、美白コスメを使っても効かないと思って食わず嫌い。夏でも乾燥するのも悩み。シャネル ル ブラン(右から)ローション HL クリーム HLクリームは、シャネル独自の美白成分であるTXCとウメフラワーエキスがタッグを組み、肌に活力を与えながらにごりない肌へ。(右から)150㎖ ¥7800・(医薬部外品)50g ¥13500青みピンクが似合う透明感あふれる色白肌に化粧水は重ねづけをして、クリームもたっぷり使用。地黒は天然ではなかった!と思うほど肌に均一な透明感が。青み系のピンクチークが似合うようになった。撮影/齋藤晴香、久々江満  ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理  モデル/神谷江礼奈(バイラーズ) 取材・原文/谷口絵美 ※BAILA2019年5月号掲載
  • スタイリスト石上さん、語る。通勤コーデは新しくなりました!働く日のおしゃれに前向きになれたら、毎日はきっともっと楽しくなる。だから、スタイリスト・石上美津江さんと“会社に着ていける服”について考えました。石上さんが提案してくれたのは、どれも“会社に着ていきたい”と思える服。きれいめがトレンドだから、新しい季節の始まりだから、週5日、少なくとも40時間、おしゃれをあきらめるには長すぎる時間だから。変わるべき理由はたくさんあっても、変わらないでいい理由なんてひとつもない!この春こそ、頼もしくて、愛おしい、新しい週5服に袖を通してみませんか?ベージュのコートはジャストサイズじゃなくビッグシルエット。インの“ネイビーと白”はシンプルなニットとスカートじゃなくポロシャツとミモレ丈。ぱっと見はきれいでなんてことないけど、ちゃんと今年らしいおしゃれ感がある。こんな服こそ、この春目指したいお仕事服。コート¥65000/グッドスタンディング(リノ) ポロシャツ¥26000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥30000/ヤマトドレス(オリバー サット) バッグ¥52000(予定価格)/ビショップ(ミミ) ピアス¥9000/TOMORROWLAND(ソコ) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)控えめなのに華やぐ、ベージュから新しくしよう春の展示会で心に残ったのは「ベージュが楽しくなった」こと。ひと目見ておしゃれだなって思うキャッチーさ、色そのものが上品だから“やりすぎ”にはならない安心感。おしゃれに働くために、これ以上の色ってない!今年トレンドのスポーティなラインの入ったニットもベージュだから女らしく、上品な印象になる。シャツと合わせてクリーンな着こなしで。ニット¥6990/プラステ シャツ¥15000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) パンツ¥29000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥21800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥5000/デミルクス ビームス 新宿 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)"いつもトレンチ"はそろそろ卒業!トレンチコートは魅力的で、使いやすくて、愛すべきワードローブ。だけど、濃紺のブレザーやリネンのロングコート、同じようにきれいで、着やすいアウターはほかにもある。“いつも同じ”から抜け出すことも“週5おしゃれな人”への近道です。知的で、合わせやすさもある濃紺のブレザーは脱“週5トレンチ”のためにおすすめしたい春アウター。ジャケット¥36000/MP STORE ルクア店 シャツ¥19000/アナディス(アナカ) カーディガン¥8241/ベネトン ジャパン カスタマーサービス(ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン) パンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) カチューシャ¥300/お世話や メガネ¥32000/モスコット トウキョウ ベルト¥22000/ジネス ペリエ千葉店(メゾン ボワネ)新しいシャツは白以外がいい、衿もなくていい違う色を選ぶだけで“無難さ”が解消される。ノーカラーになるだけで“真面目さ”がほどよく和らぐ。「きれいに憧れる、でもただきれいすぎるのは避けたい」というこの春のムードを映し出す、本当に使える服だと思います。ノーカラーシャツは衿つきよりはカジュアルで、かといってカットソーやニットよりきちんとして見える。この絶妙なバランスが使いやすさの秘密。色は水色がイチ押し。明るくて爽やかだけどベーシックカラー感覚で合わせやすいのが最高。シャツ¥11000/MP STORE ルクア店 スカート¥18000/ルーニィ バッグ(4月展開色)¥29000/SAZABY イヤリング¥17000・細リング¥22000・時計¥52000/アガット スカーフ¥7500/HUMAN WOMANワンピースこそ、“カッコよく着る”ものですしゅっとした細身のシルエット、ひざ下まである長めの丈感。新しいワンピースは、女らしくて、凜としている。今はワンピとのつきあい方を更新するタイミングです。着方だって一枚で着るばかりじゃなく、レイヤードしたりして、今までよりも“ちょっと上”の自分を目指しましょう。直線的なシルエットと長い丈の先には“仕事もおしゃれもできそう”に見える、なりたい自分が待っている。レギンスをはさんで、よりカッコよく着こなして。ワンピース¥28000/ハリウッド ランチ マーケット(TICCA) コート¥39000/ジネス ペリエ千葉店(ブランバスク) レギンス¥9800/ルーニィ 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥37000/FUN Inc.(ベルメール) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)カーディガンには“ひとさじの色気”が必要です適当に選ぶのは、やめよう。なんとなくはおるのも、やめよう。脇役じゃなく主役になるカーディガンが一枚あれば、手持ちの服も、いつものコーデもぐっと洗練されるから。鎖骨が少しだけのぞくVライン、ゆるすぎない絶妙なフィット感、何気ないけどはっとさせるような人を目指して。はおらずに、一枚で着ることでフェミニンな魅力があふれる淡いベージュのカーデ。パンツとのワンツーコーデも、ちゃんとさまになる。カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) パンツ¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) バッグ¥25000/アルアバイル ピアス¥12000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベル) チョーカー¥36000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン)ドレスパンツは、自分を甘やかすための服色は黒、直線的なシルエット、ほどよく厚みのある上質な生地感。このすべての条件が揃っているのが、ドレスパンツの定義。×フラット靴でもきちんと見えて、どんなトップスでも上品に格上げしてくれる。「あるといいな」じゃなく、「ないと不安」なくらい頼もしい服!ヒールでちょっと背伸びするのもいいけど、日常使いならぜひフラット靴と。決まりすぎず、くだけすぎない等身大のスタイルを楽しんで。パンツ¥25000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥6500/ハイ! スタンダード(キャンバー) 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥38000/ビショップ(ブレディ) イヤリング¥18500/セシル・エ・ジャンヌ白とネイビーには楽しく着るアイデアを白とネイビーのクリーンな組み合わせは、働く女性の永遠の定番。ただ“おしゃれに働くこと”を目指すなら、そこにちょっと遊び心をきかせることを忘れないで。白いスカートにあえて白いパンプス、コートやジャケットじゃなくネイビーのブルゾン。妥協しないこと、工夫することが、平日のおしゃれを変えていきます。ネイビーと白を“きちんときれいに着るだけ”でいいのは2年目まで。3年目になったら好印象になる配色の力を借りて、一歩先のおしゃれを楽しみましょう。コート¥19000/インディヴィ カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 シャツ¥15000/アンティット スカート¥12500/コス 銀座店 靴¥17000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥32000/オルサ(オルセット) ピアス¥4000/デミルクス ビームス 新宿 ネックレス¥600/お世話や ロゴリング¥7000・太リング¥7000/ノジェス 時計¥20000/ピークス(ロゼモン) 靴下¥500(タビオ) ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES
  • ノンノで人気のメイクを発信し続けるH&M河嶋希さん。盛りたいポイントを厳選してメリハリをつけ、時間をかけずに可愛くなれる――。女の子なら誰もが知りたいそのテクを、特別に教えてもらいました♡ 時短メイクの神!ヘア&メイク 河嶋希さん ノンノでは数々の表紙や中表紙、人気企画"メイク着回し"などを担当。モデル・女優からの指名も多数で、5月にはメイク本も出版! 女子会まであと3分。おしゃれ盛りできますか? 「マルチコスメを駆使したワントーンメイクなら即こなれる♡」 "顔全体の色みを統一すると、途端におしゃ顔に。目元、頬、唇に使える万能コスメを選び、使用アイテムを最小限に抑えて時短!" 使うのはこの2つ! A 赤のマルチコスメ 3wayでマルチに使えるクレヨンタイプのコスメ。深めの赤でおしゃれ度が加速♡ マルチクレヨン 04¥3000/RMK Division B 透けブラウンのアイライナー ワンストロークで高発色。明るいブラウンならはね上げラインも強くなりすぎず抜け感が。 ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー BR341¥1000(編集部調べ)/コーセー--- How to make up ---アイシャドウは目頭側に Aを指に取り、点線部分にオン。目頭側にのせることでこなれ感がぐっと高まる。アイラインは目尻はね上げ Bで目頭~目尻まで細く。目尻は太めにはね上げれば、マスカラいらずの目力が。高め&内側で可愛げオン 頬の上のほうに、Aを指で楕円形に。小さく、頬の内側に入れて女の子らしさを♡他の画像を見るブラウス¥12000/HONEY MI HONEY ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) インナー/スタイリスト私物モデル/鈴木優華 撮影/中里謙次(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/今村仁美(io) 構成・原文/浦安真利子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 一枚でおしゃれヒロインになれるミニドレスにオレンジ色の靴が映えて交際3年ともなれば彼の好みは熟知してる。王道フェミニンよりも基本カジュアル好き、でもやっぱり女の子らしいワンピースに目がナイ!(笑) だから特別な日は、胸もとのギャザーやボリューム袖の可愛さを大人っぽい黒で引き締めたミニドレスで勝負。ほんのり甘くて、でもこの季節に”黒”っていう意外性に彼もドキッとするはず♡ ヘルシーなさし色のストラップ靴でレディなムードもハッピー感も満点に。海辺のドライブから素敵なディナーまで似合う、まさに記念日デートにぴったりの着こなしに。ワンピース¥47000(リー マシュー)・靴¥46000(ネブローニ)/TOMORROWLAND バッグ¥45000/アルファ PR(アエタ) カチューシャ¥3000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(マ シェール コゼット?) イヤリング¥2400/サンポークリエイト(mimi33)本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/横山創大 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/大平典子
  • 髪がきまると、気分がよく、その反対に髪が決まらないと、ダウナーに。それと同じくらい、化粧品カウンターで眉をきれいに描いてもらった日などは、鏡をのぞき込む回数が増えたり、横顔チェックしたり。なんとも気分がよいのです。毎日こうだったらいいな、と願います。長さ、角度の左右均等はもちろんのこと、最近の悩みは眉をまっすぐに描きたいため、以前角度をつけるためにカーブをつけていた眉後半下の空白をうまいこと埋められるか。そして、出勤から帰宅まで、眉尻が消えていないこと。この3つが、うまいこといくか否かのポイントです。 イメージはファッションスナップ常連の双子のブルステイン姉妹。直線的なおしゃれな眉です。見ていただいたらわかるように、眉をまっすぐ描くだけではなく、目と眉の間を少しでも狭くすることも課題です。(かなり難題だ!) View this post on Instagram Reese Blutsteinさん(@double3xposure)がシェアした投稿 - 2019年 4月月19日午後2時39分PDT そこで、眉の形をカーブから直線に大幅変更するにはプロの手にすがるのが早いと思い、資生堂のビューティブーストバーに駆け込むことにしました。15分、2,000円! 「眉をまっすぐにしたく……できるだけでよいので目と眉の間を狭く見せられたら」と相談しました。まずは、眉尻後半の空き部分から、眉下に毛流れの方向に1本1本ペンシルで描く。眉下に毛を足すイメージで。その後、パウダーをブラシになじませ、後半から眉頭へと全体になじませ、大まかに仕上げる。眉頭が足りないようならペンシルで1本1本描く。眉頭は上から下に眉マスカラを塗り、眉の中盤(液は足さない)は左右動かしながら、毛を動かす程度に。根本をたたせてふさふさ感を。明るいペンシルとパウダーで眉尻下にいれます。きれいに仕上げるコツは眉下をきれいに!とのこと。  また、以前すすめられていた落ちない眉のスターアイテムを購入。ウォータープルーフのアイブロウリキッドです。かなりの実力派で、シンクロナイズドスイミングの人も愛用しているとか。米粒半分くらい、ちょっと出して、斜めカットの平筆で描きます。私の場合はペンシルで形をある程度形づくった後、眉後半から眉尻まで描き、筆についた残りで眉全体を眉マスカラ感覚でなぞると、夜までOKです。夕方以降の眉尻消失はなくなりました。すでに手放せないものになっていますが、汗をかきやすいこれからの季節に大活躍しそうです。  もう1点よいところは、眉の色が明るすぎて悩んでいる友人に勧めてみたら、横からみても眉にしっかり色がついていて、ばっちりです。眉マスカラだけの時は明るいところでは、光で色がすけて、白髪眉な感じになり、その対策に困っていたのですが簡単に解消。アイテムをアップデートするだけで、問題解決です。  そして忘れてはならないのが、眉と目の間を近づけること。アイホールの上のカーブに沿って、丸くブラウンシャドウをいれるだけ。注意したいのはアイホール全体にアイシャドウのブラウンを広げないこと。えっ、それだけで!と思いつつ、かなり眉がアップデートできました。どうか明日も、眉がうまいこといきますように! 眉はみんな悩んでる! >>薄眉でも簡単に「ふさ眉」になれるマスカラ #深夜のこっそり話 #1069 塗るだけでおしゃれ顔に! >>ブラウンリップ熱がとまらない! #深夜のこっそり話 #1088 ポーチの中でかさばらないのもお気に入り。手軽な価格で細くて描きやすい大人気のケイト アイブロウペンシルA BR-3¥550(編集部調べ)/カネボウ化粧品持ち歩き用の眉ミニセット。コンパクトで使い勝手よい。インテグレート ビューティトリックアイブローBR631¥1,000(編集部調べ)/SHISEIDO ケイト アイブロウペンシルA BR-3¥550(編集部調べ)/カネボウ化粧品 メイクアップフォーエバー アクアアイブロウ25アッシュ¥3,000薄いハイライトを眉尻下に。ハイライトパウダーがひとつあると便利。インテグレート ビューティトリックアイブローBR631¥1,000(編集部調べ)/SHISEIDO眉の神セット。カウンターで色を選んでもらえるのが嬉しい。スタンダードイプサ クリエイティブ アイブロウ エレメンツ 左から、アイブロウリキッドライナー 、アイブロウペンシル 、アイブロウマスカラ セット¥5,000シアーな影を筆ペンでひき、眉をペンシルで形を整えながら1本ずつ描き、眉マスカラで完成!イプサ クリエイティブ アイブロウ エレメンツ 左から、アイブロウリキッドライナー 、アイブロウペンシル 、アイブロウマスカラ セット¥5,000カラーでニュアンスを変えたい時におすすめ。オリーブグレーが絶妙にやさしい顔に。ムー ブロウシェイダーDUO 01オリーブグレイ¥3,600これひとつあれば心配なしのベージュブラウンセット。アイホールのカーブに沿って丸くブラウンを。眉と目の間を近づけます。明るいベージュは眉下に。ディオール バックステージ アイ パレット001ウォーム¥5,500 ディオール バックステージ アイシャドウ シェード ブラシ¥4,000
  • 人生で最も豊かに輝く年代の50代。そんな50代にこそ贈りたい、大人にふさわしい品格を宿す“ジュエリー”を厳選してお届け。TIFFANY & CO.(ティファニー)「イエローダイアモンド」憧れのステートメントジュエリー、イエローダイヤモンドをさりげなく耳もとに飾る喜び 希少価値の高いイエローダイヤモンドは、いつかはつけたい宝石のひとつ。柔らかなクッションカットのピアスは、左右合計で2.14cts。50石のホワイトダイヤモンドがセンターストーンをぐるりと囲むデザインには、えも言われぬクラス感が漂う。 ピアス(PT×YG×イエローD×ホワイトD)¥5,564,000 ※カラット数により価格が異なります/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ドレス¥105,000/ドゥロワー 青山店(イサ アーフェン)VAN CLEEF & ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)「ブトン ドール」大胆な素材の組み合わせ、グラフィカルなデザイン、大人こそ楽しめる極上の遊び心 ピンクゴールドにマザーオブパールとカーネリアンの赤、イエローゴールドにオニキスの黒とクリソプレーズの緑。一本でも華やか、重ねればさらに楽しく。 ブレスレット「ブトン ドール」〈上から〉(PG×MOP×カーネリアン×D)¥5,100,000・(YG×クリソプレーズ×オニキス×D)¥5,350,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ワンピース ¥59,000/コロネット(エアロン)BOUCHERON(ブシュロン)「セルパンボエム」これまで以上に、より贅沢に、豊かに! 優雅なカラーストーンで表現した存在感のあるドロップモチーフ ヘビの頭部を象徴するドロップモチーフがオーバーサイズになり、さらに大胆になったリング。ゴールドのビーズで囲まれたセンターのシトリンが、ブリオレットカットのパビリオンによって内側から優雅にきらめく様は見事。鱗状の彫金は、大人にふさわしいツヤ感を演出する。 リング「セルパンボエム」(YG×シトリン)¥930,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) オールインワン¥35,000 /エストネーション(オズマー)MIKIMOTO(ミキモト)「バロックパールのネックレス」これからのデコルテに必要なのは、ひとつとして同じ形がないバロックパールの個性 落ち着いたシルバー系の光沢が新鮮な白蝶真珠バロックの、約13~17㎜の個性的かつ美しい珠を厳選したネックレス。コンサバティブになりすぎず、カジュアルにも合わせやすいレングスも魅力。 ネックレス(約65㎝・WG×白蝶真珠バロック)¥4,500,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) シャツドレス¥278,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) BUCCELLATI(ブチェラッティ)「彫金のブレスレット」芸術的な感性と精緻な細工。古今東西の女性があこがれた「宝飾の魔術師」の技を手もとに 金属の冷たさを感じさせず、まるでシルクのようにしっとりと輝く芸術的なブレスレット。刺繡のような精緻な彫りは、卓越した職人技だからこそ。印象的に配されたダイヤモンドの輝きとともに、うっとりするような上質感をたたえている。開く部分の境目が目立たないのもメゾンの美学。 ブレスレット〈上から〉(YG×WG×D)¥2,050,000・(WG×D)¥2,400,000・(YG×WG×D)¥2,400,000/和光(ブチェラッティ)GRAFF(グラフ)「ファンシーシェイプのエタニティリング」極上のファンシーシェイプをフルエタニティで堪能するという贅沢 アニバーサリーにふさわしく、かつ毎日つけられるのがエタニティリング。なかでも50代の女性におすすめなのが、高貴な輝きを放つファンシーシェイプのダイヤモンド。ハイジュエラーの熟練職人が丹精こめてカットした逸品からお気に入りの一本を。 リング〈上から〉エメラルドカット(PT×D[3.76cts])¥3,009,259・ハートシェイプ(PT×D[4.18cts])¥3,842,593・プリンセスカット(WG×D[5.45cts])¥5,046,296/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ)撮影/生田昌士(hannah) ヘア/GO UTSUGI(PARKS) メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 ※略号は以下の通り。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール。 ※エクラ5月号掲載
  • 天候が優れないことも多いこの時季には、レインウェアが必携。今季、ユーティリティと洗練されたルックスを兼ね備えた新鋭が揃っている。それらを傘は差さないハンズフリースタイルでスマートに。スコールにも、小雨にも負けないモードな装いで、街へ! レザーのようなマットな質感のコートは薄く軽量な「ゴアテックスシェイクドライ™」素材。表面に水を吸収しないメンブレン(防水透湿膜)が優秀。耐久性やストレッチ力も抜群だ。中にはレース模様が配された半透明のコートを重ねニュアンスをプラス。ロングブーツとオールインワンは白のワントーンで揃え、悪天候でもシックな着こなしに。 コート「ラミナーコレクション」¥129,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ブーツ¥16,500/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) 中に着たコート¥261,000/コロネット(ニナ リッチ) オールインワン¥59,000/SUPER A MARKET(ガブリエラ コール ガーメンツ) ピアス/スタイリスト私物タフなハットにフードを仕込み、ペザント風に 防水・透湿性の機能を備えつつ、エレガントなムードが漂うゴアテックスハットが珍しい。広めにとられたつばや縫い目のシームテープの加工で、雨をしっかりと防ぐ。その下に水玉模様のレインフードを仕込めば、どこかドリーミーな趣に。 帽子¥8,800/ザ・ノース・フェイス スタンダード(ザ・ノース・フェイス) コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 下にかぶったフード¥4,000/ジャンティーク ポケッタブルなコートの、春色スタイル "歩くための機能服"をコンセプトにしたブランドより、超撥水素材のコートをセレクト。ゆったりとしたシルエットでバックパックなどの上から羽織れる。リフレクタープリントが随所に配され、夜間も安心。やわらかいカラーでまとめたら雨の日でも気持ちは軽やかに。 コート¥39,000/フェニックス クリエイティブ セレクト ストア(アルクフェニックス) シャツ¥62,000/アデライデ(エフティシア) パンツ¥34,500/エドストローム オフィス(クレージュ) ピアス¥16,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥35,000/TOMORROWLAND(マリアム・ナッシアー・ザデー) 大胆な存在感のレインコートで、ドレスアップ 動きやすいレインコートを主役に。ウエスト部分のジップを開ければ、裾をまくらずにパンツのポケットなどにスムースにアクセスできるのもうれしい。街に映えるブルーに総柄のニットドレスを選んで華やかに。足もとのクリアなサンダルはぬれても安心。 レインコート¥14,000/カリマージャパン(カリマー) ニットドレス¥82,000(パコ ラバンヌ)・中指のリング( 3 本セット)¥77,000(シャルロット シェネ)/エドストローム オフィス 人さし指のリング¥53,000/ステディ スタディ(トムウッド) トングサンダル¥6,000/TOMORROWLAND(イゴール)ブーツとハットで、気分は映画俳優 ミニマルなセットアップに、雨対応のキャッチーな小物を。1965年に誕生した老舗ブランドのロングブーツは、プレイフルなカラーリングがユニーク。ワンポイントのロゴにも遊び心が。つややかなブラックのPVCハットを頭にのせれば、どこかシネマティックな装いに。 ブーツ¥12,000(参考価格)/ワイエスインターナショナル(ケーウェイ) ジャケット¥71,000・パンツ¥45,000(ともにメンズ)/クリスチャンダダ トウキョウ(クリスチャンダダ) 帽子¥25,000/SUPER A MARKET(クライド) 肩ひもの色を、着こなしのフックに 超軽量ポリエステルのパッカブルなコートは、どんな装いにもなじむベージュカラー。内側にセットされたブルーの肩ひもは、晴れたら背負って乾かしつつ、ハンズフリーもかなえる優れもの。シックな色は、シルバーのワンピースのアクセントにも。スタイリングの一部として効果を発揮する。 コート(メンズ)¥28,000/マッキントッシュ ジャパン(トラディショナル ウェザーウェア) ワンピース¥48,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) すっきりとしたロングブーツはドレッシーにも シックなブーツはなんと折りたためる! 旅行など携帯用にも最適だ。スリムなシルエットだから雨の日でももたつかず洗練された足もとに。さりげないレースアップのデザインが、より都会的なムードを薫らせる。 ブーツ¥17,000/エーグルカスタマーサービス(エーグル) バッグ¥157,000/エドストロームオフィス(パコ ラバンヌ) ワンピース¥48,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) 降っても晴れても、モードでいたい 都会のためのユースフルなレイングッズが勢揃い。雨の日でもモダンに!SOURCE:SPUR 2019年5月号「雨降りの春には」photography: Yuto Kudo styling: Tomoko Kojima hair: kazuhiro naka〈KiKi inc.〉 make-up: ANNA〈S-14〉 model: Chelsey cooperation: BACKDROPS=STUDIO BASTILLE ミルクホワイトカラーのビニールにメッシュ生地が挟まれた、防水素材のアイテムをセットで。バッグ〈H33×W56×D20〉¥3,800・ポーチ〈H15×W25〉¥1,500/アメメ アーバンリサーチ NU茶屋町プラス店(アメメ)トゥやトリミングの光沢感とマットなボディというブラック同士のコントラストを堪能。スタイリッシュなルックスに、シグネチャーのスタースタッズが強さを加える。ロングブーツ¥45,000/JIMMY CHOOブランドを体現するモチーフやカラーリングを採用したサイドゴアのブーツ。ころんとしたフォルムも愛らしい。厚めのソールで歩きやすさも。ショートブーツ¥14,000/エイアンドエフ(ペンドルトン)エジプトのスフィンクスコットンという上質な素材を限界まで高密度に織り上げたトレンチコート。超撥水加工が施されており、紙のようなテクスチャーがユニーク。チェックコート¥84,000/オーラリー透湿性もあるハットは、顔がぬれにくい広めのつばが特徴的。一部がクリアな素材に切り替えられ、視界も良好にキープ。帽子¥11,000/フェニックス クリエイティブ セレクト ストア(アルクフェニックス)ビニールコートにはプリーツを施し、ドレスライクな空気感をプラス。ウェルダー加工された縫い目が完全防水を実現。プリーツコート¥37,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)サイドゴア仕様に加え、かかと側にもプルストラップが配され、脱ぎ履きがスムース。ショートブーツ¥13,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)コートではなく、レインジャケットというのが新鮮。少しダッドな空気感でまとうのも気分だ。ストレッチで着心地も快適。ジャケット(メンズ)¥38,000/ザ・ノース・フェイス スタンダード(ザ・ノース・フェイス)
  • 令和元年は、ポジティブでいっぱいの6月号とともにスタート! 『もっと私を好きになる』では柚木麻子書き下ろし小説を、『瑠璃と珊瑚に包まれて』では岸井ゆきのをフィーチャーしています。リュクスな装いで品格たっぷりに佇むのはマリウス葉。山崎まどかが、彼の知性溢れる内面に迫ります。人気連載「吉沢亮のカモナマイルーム」は拡大版! 『キングダム』原作者の原泰久氏との対談はタキシード姿にもご注目を。ウェディングを控えているなら、別冊付録「SPUR WHITE WEDDING 令和婚」からインスピレーションを得ること間違いなし!新しい服を着て外へ出たら、昨日より自分を好きになる。服がもたらすそんな自己肯定感の効用を、作家・柚木麻子さんによる小説にのせてお届け。――主人公の裕子は、自信がなくて、地味な服ばかり着ています。彼女の趣味は人形のステファニーに、最新のモード服を縫ってあげて完璧な人生を妄想すること。ある朝裕子が目覚めたら、そこはステファニーの家で――? エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  フェンシングと近代五種競技で活躍している才藤歩夢さんを知っていますか? 競技中に目を引く長い手足や、鍛え抜かれた体がとても美しい、次の世代を担う新しい才能です。SPURは今季、ファッション界の大きなトレンドでもあるスポーツモー ドを着こなしてもらうのにぴったり!と考えて、撮影をオファーしました。おかげで普段とは異なった、躍動感あふれる写真となりました。是非インタビューとあわせて読んでみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  最新号で春らしいピンクとブルーのトレンドカラーに包まれたのは女優の岸井ゆきのさん。甘く夢見るような「珊瑚」ちゃんと、凛として涼やかな「瑠璃」ちゃん。そんな想像上の二人を演じるかのように、色に合わせてふたつの表情をせてくださったのがとても印象的でした。岸井さんと奏でる春の大自然讃歌、お楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  遥か彼方、銀河系のどこかに、人類を祖先にもつ生命体がいるとしたら……。そんなSFちっくな妄想から始まったファッションストーリー。春夏のダークホース的トレンド、構築的で硬質なテイストをミックスするノマド的スタイルを“ハイパーノマド”と命名。それは、地球に帰還した彼女<エイリアン>のワードローブだったのです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  イスラエルの月着陸船が民間としては史上初となる月面着陸! そんなニュース が駆け巡りましたが、月旅行がもっともっと身近になっていきそうな予感です。そこで、宇宙飛行士の山崎直子さん、アーティストのとんだ林蘭さんなどさまざまなジャンルで活躍する4名に、月面ワードローブを聞きました。夢が広がります! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「オタク」と呼ばれる人々が地味なイメージだったのはとうの昔。自分が愛するジャンルと同じくらいに、ファッションにも情熱を注ぐ女性が急増中! そこでSPURはオタク女子のエッセイ集『浪費図鑑』の著者、劇団雌猫の監修のもと、3つのジャンルのファンの方々への徹底リサーチをもとに、オタク・ライフとモードなスタイリングを楽しむ女性たちを描きました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  いつの時代も、ファッショナブルで憧れの的であるランウェイモデル。そんな彼女たちの私服や素顔を収めたモデルスナップ企画は誌面でもおなじみ。1990年代以降、デビューから時がたった現在もさまざまなシーンで輝き続ける彼女たちに、再び会いに行きました。ココ・ロシャやアヌーク・ルペールなど人気モデルのルポをお届けします。「昔と今」を比較した最新スナップも。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  大人になると、人前で泣く機会は減っていきます。だからこそ心が動いた瞬間のエモーショナルな表情は、時に魅力的に映るはず。そんな思いから、まるで“泣いている”みたいな顔をモードに解釈し、夏の新色プロダクトを使って表現。たとえば泣き腫らしたような赤味を演出するアイカラー&チーク、涙を溜めたように潤んだアイメイクなど、さまざまなテクニックを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成のビューティ史を総括するようなテクノロジーの進化に目を見張る名品が火花を散らした2019年の美白&UVケア市場。令和の世で私たちの肌は、もっと美しくもっと明るくもっと輝く──! そんな新時代の美を予感させるホワイトニングプロダクトをビューティ・プロが厳選。買って損なし、使って納得の「ベスト・オブ・ホワイトニング 2019」をお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デザイナー、バイヤー、スタイリスト……。仕事での出張も多いファッションプロに、機内持ち込み手荷物について徹底的に聞きました! ロストバゲージに備えて着替えを持ち込んだり、とにかくコンパクトに入れることを重視していたり。手荷物だけで旅する人、預け入れもする人に分かれてユースフルなバゲージの極意を紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
関連キーワード

RECOMMEND