【3.1 PHILLIP LIM】キャンディピンクのテーラードコート

SPUR.JP

ウエストがシェイプされたマニッシュなテーラードコートに、キャンディピンクのインパクト。意外なミックスマッチが、スタイルに自由なインスピレーションを与えてくれる

コート¥288,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) ニット¥27,000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ティッカ)


>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら

関連記事
  • たくさん歩けるフラットを前提に、着こなしを選ばず、ある程度きちんとした場所にも履いていける――。旅先もこれ一足で対応できる、きれいめデザインを厳選。上質レザーを生かしたモダンに映えるフラットよけいな装飾を省き、レザーの上質感とストラップのバランス感で魅せる高感度な一足。靴(1.5)¥42,000/ロンハーマン(ジル・サンダー ネイビー) ワンピース¥53,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) レギンス¥9,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) スカーフ¥16,000(トレ)・ピアス¥8,000(ソコ)/TOMORROWLANDスリッパ感覚の履きやすさをかかとのパール&ブルーのスエードでリッチに。靴( 1 )¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ニコラス カークウッドエレガントな光沢サテンは夏のパーティにも。靴( 1 )¥15,000/アルアバイル(ラオコンテ)クリアな白に甲浅のバランスが新しい。靴(0.5)¥53,000/エイチ ビューティ&ユース(アルムナエ)定番の黒は、旬のPVC素材で更新。靴(1.5)¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ・ルスコーニ)なめらかなオフ白レザーが高級感あり。靴( 1 )¥32,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol6月号2019年】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/浅見れいな 構成・文/東原妙子
  • ミニマムな上半身×ハイウエストの締め色スカートでこれ以上ない美シルエットにリブトップス×サーキュラースカートの組み合わせはもはや定番だし、白×黒なら手持ちの服で即マネできる。でも実はいつも以上に美スタイルに見せるこだわりがいっぱい! スカートはハイウエストではきこなして旬のバランスに。トップスは”ぴたリブ”をINしてびしっと引き締めつつ、モックネック&ノースリーブの今っぽデザインで視線上げ効果も。ローファーや腕時計で真面目なムードを出しつつも、レディな赤カーデや柄バッグでおしゃれゴコロも満たされて♡トップス¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) スカート¥13800/シップス 有楽町店(シップス) カーディガン¥13000/アルアバイル 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥27000/スーペリア クローゼット(アニタ ビラルディ) ネックレス¥600・リング¥1200/お世話や 時計¥22000/ピークス(ロゼモン)佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子
  • カッコよくて軽くて持ち運びOK。レインコートだけではもったいない!梅雨を忘れるようなお天気の日もありますが、やはり時々ドカンとくる雨の日。大雨が降ろうと電車が止まろうと、外に出なければならないことは日々あります。特に子どもが保育園だったころの送迎は一番大変でした。大雨の中をママチャリで走ったり、バスは激込みだし、髪は崩れまくるし、服や荷物も濡れるし、もう散々(泣)。 その頃からレインコートは欠かせませんが、毎年おしゃれなものがたくさん出ているので、今年久々に更新してみました。レインコート選びは、価格に比例して機能性もそれなりに高くなっていくので、耐久性や防寒その他、最終的には個人のライフスタイルに合わせることになるかと思います。アウトドア系ブランドならやはりしっかりしたものが手に入るので、大雨の中を突っ走るには良いかもしれませんし、アパレル系のおしゃれなデザインなら、普段の通勤やお出かけに向いています。 送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい! 名称は「モッズ レインコート」なので、ミリタリーの雰囲気があるカッコいいデザインです。まずは「カーキ」の色が今っぽくて目を引きました。アパレル系でもデザインだけではなく、それなりにわたしが求める機能は充実しています。雨に濡れないための仕組みがちゃんとあるんですよ! 丈は、163cmのわたしの身長だと膝上くらいまでの長さです(フリーサイズ)。あまり長すぎず、お尻がスッポリ隠れるこれくらいの丈が動きやすく、スタイリングもしやすいなと感じています。もともと「Aライン」のデザインですが、ウエストと裾の部分がゴムで絞れるようになっているので、調整して自分の好きな雰囲気が作れます。首回りやフード部分も、おしゃれなのにさりげなく雨対策になっています。首はボタンで立たせたデザイン、そしてフードもゴムで絞れるようになっています。もともと機能満載のミリタリー服は、レインコートにも適したデザインなのですね! とにかく軽量、そしてコンパクトにまとまるので、付属のポーチに収納すれば持ち運びにも便利です↓それにこのコートの一番「買い」な部分。それは、特別な「雨用」には見えないので普通にアウターとして着られること!肌寒い日の「羽織もの」として便利ですし、何よりデザインがおしゃれなので、雨でなくても着たいのです。春や秋口の「つなぎ」用アウターで活躍しそうなので、レインコート&アウターの「2way」と考えると、かなりお得な気がします。このコートひとつで、カッコいいレインスタイルは簡単にできます。「雨具」ということを忘れるくらいおしゃれなデザインなので、これで雨のお出かけも憂鬱にならず、むしろ楽しくなるかもしれません♪ ちなみにレインブーツにはフランスの「MEDUSE(メデュース)」を履いています。フランス製ですが10,000円以下で買え、デザインが「AIGLE」の乗馬ブーツのようにとてもおしゃれです。いかにも「長靴」という感じではなく、スッとした見た目の美しさと、ボトムスをインした時の抜群の美しいフォルムには文句なし!【Day1】レギンスをブーツインしたカジュアルコーデ↑このコートは、カジュアルが映えます。Tシャツとレギンスなど、シンプルなスタイルもカーキのモッズが格上げしてくれます。ロングブーツとの丈バランスも文句なしにキマり、雨の日の気分もアガりますよ!【Day2】タイトスカートを合わせた大人のブーツコーデ↑フリーサイズのレインコートが大きめなので、細身のタイトスカートでもバランスよく合います。タイトにロングブーツを合わせるとエレガントで大人っぽくなり、また違った印象に。【Day3】コンバースを合わせたデニムコーデ↑雨が強くない日は、厚底ゴムのハイカットも履きます。デニムとモッズコートって、メンズライクでカッコいい★バッグは濡れてもいいリュックも活躍しますね。【Day4】花柄ロングスカートを合わせたフェミニンコーデ↑サラサラ生地のロングスカートは、濡れてもすぐに乾くのが魅力的。イエローとカーキを合わせて可愛くなりすぎないようにしました。雨の日バッグは、革はやめてコットンも活躍。 【Day5】ホワイトをブーツインしたデニムコーデ↑ホワイト系は雨の日はNGだと思っていましたが、ロングブーツにインすることで汚れる心配もなく、雨の日も爽やかに履けるようになりました! ↓雨ならあきらめて「まとめ髪」。これだけで憂鬱気分も半減♪よし、今日もがんばるぞ!実際、どんなにおしゃれをしていても大雨の時には「楽しい」なんて思えないかもしれません。でも素敵なレインスタイルの自分をどこかの鏡で見た時は、濡れたって、髪がみだれたってなかなかカッコいい姿していますよ♪ わたしたち、いつもお疲れさまです!▶B:MING by BEAMS「モッズ レインコート 19SS」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.31★ 「サエラの傘(Evereon(エバーイオン/1,900円+税)」 今日ご紹介したコーデに合わせた傘は、今使ってる「エバーイオン」というビニール傘です。テレビで紹介されたみたいなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。今は100均でもビニール傘は手に入るので、「ビニ傘に2,000円?」と思いますが、これはとてもエコな商品で、いわゆる「使い捨て」ではありません。 日本のビニール傘の年間消費量は約5,500万本だそうです(「サエラ」ホームページより)。わたしも以前は「雨が降ったら買えばいいし、壊れたら捨てよう」という気持ちでビニール傘を買っていたのですが、どんどん増えてきて処分するのもなかなか大変ですし、何より、金属むきだしで放置されている傘を見ては危険を感じていました。雑貨屋さんで見つけた時、まさに「これだ!」と。何がエコって、破れたらなんと自分で張替えができるのです。たくさんのカラーや柄物の中から、自分の好きなものをカスタマイズして着せ替えられるので、捨てることがないし飽きずに楽しめます。わたしは無地のブラックを選びましたが、ブラウンなども素敵ですし、スター柄などもかわいらしく、張替え生地も1000円ほどで気軽にできるんですよ! ビニールでも色のニュアンスが大人向きでとてもおしゃれ。毎回使うのが楽しみです★今、雨の日に街で見かけるおしゃれさんには、素敵な「ビニ傘派」が多くなっているな~という最近の印象です。骨に金属ではなく「樹脂」を使用しているので、サビにくい耐久性と、やわらかい伸縮性で「折れにくい」という利点もあります。指で引っ張ると「ボヨ~~ン」と伸びる感じです。子ども用もありケガの心配が少ないので、安心面から最近は親子でこれに替えました。 持ち手にも工夫があり、どんなところにも掛けやすいデザインです。これなら2,000円でもお得感。雨の日こそ、余裕を持てたら素敵です。でも雨だと薄暗いから、朝はさらに起きられなくて寝坊しそうになるんですよね(泣)!▶「サエラ」オンラインショップ/「Evereon 60cm 無地」はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 涼しげなリネン調素材のジャケットは、見た目だけではなく接触冷感という高機能が魅力!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近、行動をともにすることの多い後輩の京都女子が褒め上手で、さりげない言い回しが私の頭の中で心地よくリフレイン。蒸しっとした電車のホームでも涼しい顔で凛とした表情を保てていられるのは、おそらくこの接触冷感ジャケットと、京都女子からの褒め言葉のおかげなのかも。ちなみにこのジャケット、洗えてシワにもなりにくく、吸水速乾の優秀アイテムだから梅雨シーズンのオフィスでは何度も出番がありそう。そこにピンクのスカートでしなやかなムードも漂わせて。ジャケット¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) Tシャツ¥3,800/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥11,000/シップス有楽町店(ソコ) 靴¥35,000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • エクラ世代から支持されているボブスタイル。短いから手入れが楽というだけでなく、夏の”涼感”も演出。涼感ボブの中でも髪質悩みに応えてくれるボブを「雰囲気出しボブ」と命名。人気美容師提案の髪質改善スタイルをご紹介。1.面をキープしたカットと透明感カラーで艶ツヤボブフロントにいくほど長さのある"前下がり" フォルムで、顔まわりの「面」を強調するシルエットに。面があることでツヤが出やすくなる。また髪色はハチミツベージュに。透明感と輝きを与えられ、白髪カバーもかなえられる。毛先のカットラインもまっすぐ風に。全体を重めに見せるのも髪のパサつきを抑え、ツヤを与えられる工夫。重くなりすぎないよう、内側で毛量調整を。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/野口尊さん(ROI) モデル/松田順子さん[45歳・主婦]】 ニット¥16,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥34,000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山)2.顔まわりのほどよいレイヤーでうねりをカムフラージュうねりは無理やりまっすぐに伸ばすよりも、ゆるやかな毛流れのようにまわりと同化させてしまうのが得策。うねりが出現している顔まわりとハチ上の髪にレイヤーを入れて、後ろへ流しやすい毛束をつくることで解消! ボブの毛先全体に1カールのパーマをプラス。丸みのあるフォルムのほうがうねりが目立ちにくく、毛流れもつくりやすい。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/榊原章哲さん(Garland) モデル/福島久美子さん(オンラインショップ経営・51歳)】 ブラウス¥32,000/フィルム(ディーネロ) イヤリング¥9,000/プラス ヴァンドーム そごう横浜店(プラス ヴァンドーム)3.こめかみに毛束をつくりふんわり前髪にチェンジこめかみの位置にひとすじの短い毛束をつくる。それが支柱となり、立ち上げた前髪がつぶれるのをカバー。短い毛束をつくってもボブならわざとらしくならず、全体フォルムになじむので、お悩み解消とおしゃれヘアを両立。グラデーションカットで丸みを出しやすいボブに。さらに毛先1カールのパーマでブローが簡単。丸み毛先が重なることで、全体もつぶれにくく。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/CHIEさん(PearL) モデル/浅野花英さん(看護師・43歳)】 ワンピース¥35,000/フローレント ネックレス¥10,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)4.うねりを利用した曲線フォルムで柔らか印象硬い髪質はうねりが寝ぐせ風に見えがち。そこでうねりを"曲線" と解釈し、全体をレイヤーと毛量調整で曲線フォルムに調整。パーマをかけずとも硬い髪質を軟らかく見せる効果があり、外ハネ毛先が自然に収まる。硬い髪が広がらないように前髪&レングスは長めボブに設定。中間を根元から間引き、空間をつくることで軽さも生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/masatoさん(marr自由が丘) モデル/鈴木ゆう子さん(人材育成コンサルタント・45歳)】 カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) ピアス¥2,800/フィービィー プラス(フィービィー)5.まとまる毛先の秘密は襟足の内側での毛量調整広がりやすい毛先の内側を間引いて毛量調整を。くるっと内巻きにしやすくカットすると、収まりがよくなり広がりを予防。ボリュームが出にくいトップと毛先の落差をなくし、1カールのブローだけでセットが完了できる。毛先の収まりがいいぶん、フロントは動かしやすくするため軽めに調整。ワックスで毛束を流したり、束感をつくることで今っぽい抜け感が生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/杉山由夏さん(broocH) モデル/奥野里絵さん(主婦・51歳)】 ブラウス¥14,000/ファスサンファール(ブラーミン) イヤリング¥12,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)撮影/岩谷優一(vale.) メイク/広瀬あつこ 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 ※eclat7月号掲載
  • 今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくない。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしお。クラシカルなプレフォールに身を包む女性の、「はじめまして」を追いかけた。マッチングの瞬間、高揚感が生まれるマーゴットは恋人を探そうとアプリを眺めているとふと服のセンスがいい人、マエルが目に留まる。プロフィールにはゾンビ映画が趣味と書いてあって、気が合いそう。文章に嫌みがなく、写真も自撮りではなく、完璧。右スワイプして数分後、見事にマッチング。部屋でまどろむこんな日には、ローゲージのミックスニットのカーディガンを羽織り、シェトランドウールのパンツでリラックス。Tシャツにはカラフルな糸で「THE SUBVERSIVE STITCH」というメッセージが刺しゅうされている。これはフェミニストの美術史家ローズシカ・パーカーの著作からの引用。 カーディガン¥360,000・Tシャツ¥140,000・中に着たニット¥140,000・パンツ¥190,000・ソックス¥44,000/クリスチャン ディオール(ディオール)初デートはいちばん素敵に見える服を1週間にわたり毎日メッセージを交換。同時にウェブやSNSで信頼できる人かをチェックする。やりとりで人柄のよさが伝わってきたので、会うことに。初デートはやはり緊張する。面白くないと思われたらどうしよう、写真と違うと思われたら……不安で胸はいっぱい。だから自分がいちばん素敵に見える、ラグランスリーブの白いブラウスを選んだ。ビブにプリーツ飾りが斜めに配され、幾何学的な印象。ウールクレープのボックススカートを合わせたルックは、60年代のソルボンヌ大学の学生から着想を得て。クロコダイルの型押しブーツで、パンチを加えるのも忘れずに。 ブラウス¥173,000・スカート¥142,000・ピアス¥52,000(参考価格)・ネックレス¥47,000・バッグ¥184,000・ブーツ¥159,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)想像以上に素敵な人が現れた夕方6時。街が夕焼けに染まる中、なかなか彼が見つからないから電話してみる。「チェックのシャツを着ています」という。待ち合わせ場所に現れた彼の姿が、写真より素敵で、思わず笑みがこぼれる。「マーゴットさん? はじめましてマエルです」と彼もはにかんだ。 (右)ポリウレタン素材のトレンチコートに、TBモノグラムのシャツを合わせて伝統とモダニティを融合。ボウリングバッグから着想を得たバッグ「CUBE」も含めてベージュトーンで統一し、レディライクに。コート¥330,000・シャツ¥130,000・スカート¥190,000・バッグ¥270,000・ベルト¥56,000・ブーツ¥165,000(すべて予定価格)(左)2019年春夏に使用されたアートワークを、メゾンのコードであるチェック柄にモザイク画のようにはめ込んだ。シャツ¥68,000・パンツ¥90,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) 初めての食事は、お互いの人となりを知る大切な時間予約してあるダイナーへ。住んでいる場所、趣味、仕事の話などで、互いのパーソナリティを掘り下げていく。定番の質問である「なぜアプリを始めたの?」を投げてみると、「趣味が合う人と効率的に出会いたいから」というシンプルな答え。すごく聞き上手なマエルに、つい夢中になって話してしまう。ゾンビ映画の話に花が咲く。 (右)異なる2 種類の花柄がのったシルクシフォンをアシンメトリーに重ねたドレス。パッチワークブーツを合わせて、グランジィに仕上げて。ドレス¥82,000・リング¥21,000・ブーツ¥78,000・椅子に掛けたコート¥290,000(左)フード部分にRexyの顔を配した、チャーミングなシアリングコート。コート¥290,000・パンツ・スニーカー(ともに参考商品)/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)話が盛り上がった二人はそのまま近くのミニシアターへ初めて一緒に映画を観るときは、どこで笑い、どこで泣くかが気になるところ。彼女はキャラクターのユーモアに思わず笑ってしまうけれど、隣からの視線が気になってなかなか集中できない。 (右)グラフチェックをのせたニットブルゾンとパンツのセットアップ。レースタイツとハイネックニットで赤をリフレイン。バッグ「グッチ ズゥミ」でクラシックにまとめた。ブルゾン¥320,000・パンツ¥175,000・ハイネックニット¥98,000・バッグ¥350,000・ネックレス¥259,000・[左手]人さし指リング¥72,000・薬指リング¥52,000・[右手]リング¥80,000・タイツ¥20,000・靴¥118,000(左)ツィードのノーカラージャケットにいちごのブローチをあしらい、ジェンダーレスな着こなしに。ジャケット¥400,000・セーター¥130,000・シャツ¥73,000・スカーフ¥56,000・パンツ¥140,000・ブローチ¥110,000・靴¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ)夜道に浮かぶ無数の光を見て彼女は何を思うたくさん笑った一日を反芻しながら、一人夜風に当たる。さっきまでのひとときが急に夢の中の出来事に思えてきて、冷静になる。全体的には楽しかったけど、でも……また会うかどうかはわからないな、と思う。ボクシーな「レクタングルジャケット」に、スキニーよりゆとりのあるシェイプのデニムを合わせたマニッシュなスタイル。「ブルジョアジー」「スクールガール」がキーワードのトラッドなスタイルに、ボアでトリムされたニーハイブーツが遊び心を添える。 ジャケット¥360,000・シャツ¥76,000・パンツ¥97,000・バッグ¥210,000・ピアス¥145,000・リング¥57,000・ベルト¥57,000・ブーツ¥235,000(リング、ピアス以外すべて予定価格) セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年7月号「はじめましての待ち合わせ」photography: Kiyotaka Hamamura styling: Mayu Yauchi hair: HORI〈bNm〉 make-up: Rie Shiraishi model: Margott, Mael cooperation: PROPS NOW, LINEN & DECOR
  • ブラウンやカーキ、ベージュなど、自然を感じさせるこの夏のトレンドカラー。シックなトーンは抜け感のある着こなしでさらに色香をアップ! 【カーキワントーン】 ゆるっと抜けのあるシルエットなら渋めのカーキも軽やかに決まる袖口をたくし上げたオーバーサイズのシャツとゆるめのテーパードパンツで、リラックスした装いに。ヌーディなサンダルも抜け感づくりにひと役。シャツ¥24000/エストネーション パンツ¥28000/セオリー ピアス¥98000/ゲストリスト(ハウント代官山/ガブリエラ アルティガス) バッグ¥10000/アニエスベー 靴¥33000/エフユーエヌ(チェンバー)媚びないカーキだからこそフェミニンコーデもうまくいく袖コンシャスな抜き襟ブラウスと女らしいリネンのフレアスカート。落ち着いた表情に導いてくれるサファリカラーなら、ちょっぴり甘めのコーデも照れずに着こなせる。ブラウス¥2990/コエ 渋谷店(コエ) スカート¥22000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥25000/デ・プレ(エレナ ローナー) ネックレス¥18000/シルバースプーン バッグ¥45000/フルラ ジャパン(フルラ) ストール¥21000(参考価格)(アルテア)・靴¥27500(ペリーコ サニー)/アマン【ベージュワントーン】シックな印象のサンドベージュは素材感のギャップで魅せるのがカギ肌がほんのり透けるシアーなニットに合わせたのは、シャリ感のあるリネンスカート。質感の異なるアイテム同士のかけ合わせなら、ベージュのワントーンが立体的に。ニット¥20000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) 中に着たキャミソール¥8500/メイデン・カンパニー(スープレルース) スカート¥14000/ロペ マドモアゼル ジャケット¥56000/ebure サングラス¥25000(ブラン)・ピアス¥7000(ソコ)/トゥモローランド バッグ¥42000/クルーズ(ELIN) 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)小物まで同系色でまとめることでミルクティーベージュがより上品にまろやかなベージュのワントーンは、グラデーションを意識して継ぎ目を見せずにつくれば女らしさがさらに上昇。トップス¥9500/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) スカート¥28000/ボウルズ(ハイク) カーディガン¥15000/アルアバイル ピアス¥27000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) ブレスレット各¥16000/アガット バッグ¥28000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) 靴¥15000/オデット エ オディール ユナイテッドアローズ 福岡ヴィオロ店(オデット エ オディール)【ブラウンワントーン】重厚感のあるブラウンは華やぎスカーフでしゃれ感を底上げブラウンと同系色のオレンジが効いた柄スカーフなら、色なじみよく美しくまとまる。ニット¥23000/エフユーエヌ(フォンデル) パンツ¥17000/ウィム ガゼットルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥1490/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥33000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥48000/メゾン イエナ(エーティーピー アトリエ)【グレーワントーン】引き締め役はひとさじの黒。やわらかなグレーをクールに転ばせてグレーのスタイリッシュな魅力を上手に引き立ててくれるのは、シックなモノトーンカラー。足もとに黒をひとさじ取り入れることで、きれいめシンプルなワンツーコーデに凜としたムードが加わる。カーディガン¥26000(レンコントラント)・パンツ¥38000(エストネーション)/エストネーション メガネ¥27000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥15000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) バッグ¥85000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 取材・文/野崎久実子  ※BAILA2019年7月号掲載
  • 6月……気分が沈みがちな梅雨シーズン。でも、今季は雨天に強いPVCのバッグやシャカシャカ系のアウターが充実しています。沈みそうな気分を吹き飛ばしてくれるおしゃれな6月・梅雨コーデとアイテムをお届けます!【目次】 ①通勤もOK!きれいめ6月・梅雨コーデ ②気温が下がる梅雨に重宝!おしゃれアウター7選 ③エムセブンデイズの洗える名品 ④梅雨コーデに欠かせない!PVCバッグ ⑤こだわりのおしゃれ傘※商品は販売を終了している場合があります①通勤もOK!きれいめ6月・梅雨コーデ■シャツ×パンツ×レインアイテムコーデベージュシャツ×防汚加工されている白パンツのきれいめ梅雨コーデ。歩きやすいフラット靴も一見正統派ペニーローファーなのに、実はゴム製の防水仕様。これなら通勤もOK。鮮やかなブルーのストールで梅雨も気分が上がる!シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥15,000/ストラ 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アソース メレ) ネックレス¥54,000/デ・プレ(レジェ) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 傘¥3,500/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ)▶シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ 詳細はこちら■コート×シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ撥水加工のトレンチコートにレイン仕様のサイドゴアブーツとPVCバッグと、こだわりのレインアイテムを合わせた最強梅雨コーデ。さらっとして軽い素材のリネンシャツは袖をくしゅっとさせて大人の抜け感を演出。 コート¥38,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) 靴¥22,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)▶コート×シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ 詳細はこちら②気温が下がる梅雨に重宝!おしゃれアウター7選■ベージュと白のフードなしブルゾンよりシャープでスタイリッシュな印象を狙うならフードなしを (右)スポーティな中に都会的な洗練ムードが漂うホワイト。ファスナーや紐の黒ラインがアクセントになり、カジュアルなボトムでもどこか上品な印象に決まる。ゆったりとしたAラインシルエットで、すそのドローストリングを調節すればシルエットチェンジも可能。ブルゾン¥29,000/マーコート デザインアイ 銀座店(ミディウミソリッド) (左)丈の長さの違う生地を重ねたような技ありのフロントデザインが、単なるスポーティとは一線を画すおしゃれ感を演出。合わせるアイテムの色を選ばない、上品なキャメルカラーも今年っぽく、大人向き。ブルゾン¥49,000/プレインピープル丸の内(プレインピープル)▶ベージュと白のフードなしブルゾン 詳細はこちら■ブラックとベージュのフードつきブルゾンほんのりトラッドな抜け感を楽しみたいならフードつきを (右)オンにもオフにも使いやすいベージュ。前の丈が短く後ろが長いデザインで、ロングスカートやワイドパンツとも合わせやすい。大きめのフードは着こなしのアクセントになるだけでなく、対比で顔を小さく見せ、全身バランスをアップさせてくれるうれしい効果も。ブルゾン¥55,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ザ リラクス) (左)ダブルボタンのフロントやウエストをシェイプした女性らしい形が、テーラードジャケットのようで着やすい一枚。ナイロンならではのほのかな光沢で、春は重く見えがちな黒アウターもほどよくモダン、かつ軽やかな印象に。ブルゾン¥48,000/エストネーション(エストネーション)▶ブラックとベージュのフードつきブルゾン 詳細はこちら■ベージュとグレーの透け素材トレンチコート今季一番の注目は、透け素材のトレンチコート。トレンチ特有のキリッとした雰囲気は残しながら、カーディガン感覚でふわりとはおることができ、旬度も抜群。(右)"透けるか透けないか"くらいのごく薄いナイロンを使用した「マッキントッシュ」のトレンチコート。撥水性も備え、タウンユースはもちろんレジャーにも。トレンチコート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)  (左)「アンスクリア」のトレンチは、優しく肌になじむオーガンジーを使用。透け感が仕立ての美しさを引き立てて。トレンチコート¥139,000/アマン(アンスクリア)▶ベージュとグレーの透け素材トレンチコート 詳細はこちら■オーラリーの撥水加工素材のトレンチコートチェック柄がモダンなBIGトレンチは超撥水加工で雨の日のおしゃれにも活躍しそう。ボリュームのあるアームホールや長めの丈感など、メンズライクなので、タイトスカートなど女っぽいアイテムとあわせてみたい。トレンチコート¥84,000/オーラリー▶オーラリーの撥水加工素材のトレンチコート 詳細はこちら③エムセブンデイズの洗える名品■エムセブンデイズの洗えるクロップドパンツセミワイドシルエット×センタープレスでほっそり見え。速乾性に優れ、雨にぬれてもしみにくく、サッと雫を払うことができる。自宅で手洗い可能だから、泥はねなどの汚れが気になっても安心。ホワイトは透け防止素材なので、下着のラインを心配せず着られる。パンツ\14,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶エムセブンデイズの洗えるクロップドパンツ 詳細はこちら■エムセブンデイズの撥水素材ワンピース暑い日にもうれしいさらさらとした快適な着心地。コーディネートいらずのワンピースは、忙しい雨の朝の強い味方。少しだけ二の腕にかかるフレンチスリーブや、すっきり広がるスカートなど、こだわりのディテールもポイント。ストレッチ入りで着心地もよく、自宅で手洗い可能。ワンピース¥19,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶エムセブンデイズの撥水素材ワンピース 詳細はこちら④梅雨コーデに欠かせない!PVCバッグ■ラドローのドット柄チュール素材のバッグ着こなしが年々地味になっていくアラフォーに、遊び心のあるバッグがマスト。ドット入りチュールとフレッシュなブルーが大人かわいい! バッグ¥28,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのドット柄チュール素材のバッグ 詳細はこちら■ヴァジックのPVCバッグ透明なPVC素材で、梅雨はもちろん夏も涼しげに使えそう。ちょっとしたアウトドアや海にも使えるのでひとつあると絶対便利! バッグ(ポーチつき)¥24,000/コード(ヴァジック) ▶ヴァジックのPVCバッグ 詳細はこちら■ラヴァンチュール マルティニークのPVCバッグPVCバッグは抜け感が出てすごくいいのだけど、中身が見えるのが気になる……。でもこれなら中身が見えづらく、辛口パイソン柄も大人っぽいのでアラフォーにぴったり! バッグ(ポーチつき)¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク)  ▶ラヴァンチュール マルティニークのPVCバッグ 詳細はこちら■ヴァジックのPVCバッグレザーでもきれい色を多く展開しているヴァジックは、PVCもブラウンでひと工夫。中にはポーチつき。(21.5×19.5×12)/アダム エロペ(ヴァジック) ▶ヴァジックのPVCバッグ 詳細はこちら■メゾン  ボワネのPVCバッグ財布とスマホとetc.でほぼ満タン。どう隠すか迷う余地のないミニサイズは、むしろ"透明向き"なのかも。(16×13×7.5)/メゾン イエナ(メゾン  ボワネ)  ▶メゾン  ボワネのPVCバッグ 詳細はこちら■ルサックアダムのPVC 2wayバッグボックス型の2WAYバッグは定番人気。巾着がついていたりと、クリアになってもちゃんと実用的。(24×18×16)/クイーポ(ルサックアダム)▶ルサックアダムのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■スタウドのPVCバッグ型押しポーチは取りはずし可。きちんと感のある白レザーなので通勤バッグとしても使えそう。(28×34×12.5)/エストネーション(スタウド)▶スタウドのPVCバッグ 詳細はこちら■ヤーキのPVC 2wayバッグ外はレザーのフラップ、 中にはポケットを備え、品よく目隠し。ショルダーストラップつきの2wayタイプ。(20×28×13)/ショールーム セッシ ョン(ヤーキ) ▶ヤーキのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■オルセットのPVCバッグバケツ型×キャンバスのインバッグというカジュアルさが好評。肩掛けもできるのもうれしいポイント。(32×28×14.5)/オルサ(オルセット)▶オルセットのPVCバッグ 詳細はこちら■ヴィオラドーロのPVC 2wayバッグ曇りガラスのような半透明の素材で使いやすい。荷物全体をカバーできる大きな巾着つき。PVCとバンブーの合わせが新鮮! (24×35×15)/ピ ーチ(ヴィオラドーロ)▶ヴィオラドーロのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■マニプリのPVCバッグスカーフでおなじみのマニプリからも、柄の上にPVC 加工を施したユニークなバッグが登場。マニプリらしいヴィンテージ調の柄がシンプルコーデに映える。(25×30×16)/フラッパーズ(マニプリ)▶マニプリのPVCバッグ 詳細はこちら■ラウゴアのPVCトートバッグマチが広く収納力も抜群。控えめなロゴがアクセントに。プチプライスもうれいい!(28×30×16)/クー(ラウゴア) ▶ラウゴアのPVCトートバッグ 詳細はこちら■HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universeのPVCトートバッグパープル×グリーン×ピンクと旬色を使ったストライプが華やか。梅雨時期も気分が上がります!(40.5×40.5)/ナノ・ユニバース(HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universe) ▶HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universeのPVCトートバッグ 詳細はこちら■マルシャル・テルのPVCトートバッグ茶、黒、グレーなど今年はダーク色のPVCも多数。クリア過ぎるのに抵抗がある人におすすめ。大き目なロゴがおしゃれ!(28×46×18)/ザ テント代官山店(マルシャル・テル)▶マルシャル・テルのPVCトートバッグ 詳細はこちら■テンベアのPVCトートバッグワンショルダーで肩にかけやすいのも人気。アラフォーにも使いやすいカラーリングが◎。(37×23×14)/テンベア▶テンベアのPVCトートバッグ 詳細はこちら⑤こだわりのおしゃれ傘■サード マガジンのビニール傘園遊会などで使用され宮内庁御用達としても知られるホワイトローズ社に別注したビニール傘。一般的なビニール傘とは一線を画す耐久性と品格をもつリュクスなつくりが特徴で、持ち手部分にはアカシアを使用、アクセントになるステッチ部分をベージュの布地でトリミングするというこだわりよう。「視野が広く実用的なビニール傘が元々好きなのですが、このしゃれた傘を展示会で発見した時は大興奮!欲しかった究極の理想!」とスタイリスト徳原文子さん。傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン)▶サード マガジンのビニール傘 詳細はこちら■マニプリの晴雨兼用折りたたみ傘クラシックなマップ柄は、ストールで人気だったモチーフ。UVカット機能をもつ素材を使った晴雨兼用だから、これ1本あれば梅雨も真夏も乗り越えられる。共布のバッグつきで、可愛く収納できるのもうれしい。傘¥14,000/SHOP Marisol(マニプリ)▶マニプリの晴雨兼用折りたたみ傘※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
関連キーワード

RECOMMEND