古民家に『千と千尋の神隠し』の世界を再現!? ロエベとスタジオジブリの「着られる映画」コラボレーション

SPUR.JP

ロエベが、スタジオジブリとの2度⽬のコラボレーションとなる『千と千尋の神隠し』限定カプセルコレクションをオンラインストアと全国のロエベストアにて数量限定で発売中だ。また、この発売を記念し、東京・原宿の古⺠家をリノベーションした空間で『千と千尋の神隠し』の世界を再現したポップアップストア(完全予約制)を2022116⽇(⽇)までオープン。作品に登場する数多くのキャラクターたちをフィーチャーしたファンタジックな空間でショッピングが楽しめる、特別な機会となっている。

ポップアップストアの外観
ポップアップストアの外観

『千と千尋の神隠し』は言わずと知れた、スタジオジブリの名作アニメーション映画。逆境に直⾯した際の忠誠⼼や友情を描いており、第75回アカデミー賞の⻑編アニメーション部⾨賞をはじめ数々の賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を受けている。ロエベのクリエイティブディレクターであるJonathan Anderson(ジョナサン・アンダーソン)は、「スタジオジブリは、ストーリーを⽣み出す⼒と、それを形にするための労を惜しまない⼿作業へのこだわりを持っている。クラフトの可能性を信じる⼼は、ロエベも⼤切に育んできたものだ」と両者のつながりを語る。

ポップアップストアの内装
ポップアップストアの内装

今回のポップアップストアでは、スタジオジブリから提供された展⽰物や「よきかな茶」のプレゼント、劇中に登場する海原電鉄のフォトスポットや宙を舞う⼈形など、ここでしかできないイマジネーション豊かな体験を堪能できる。また、コレクションアイテムを購入した⽅に、湯札がモチーフのスクラッチカードを配布。「あたり」が出た⽅には、鈴⽊敏夫プロデューサーが書き下ろしたカオナシの限定Tシャツをプレゼント。さらに渋⾕パルコ1階のロエベストア右側のエレベーターの外壁には、期間限定で⽔上のカオナシが巨⼤なミューラルアートとして出現! こちらもぜひ見逃さないで。

(左より)/ロエベ ジャパン クライアントサービス
(左より)KAONASHI BIKER JACKET ¥765,600、HAMMOCK DW BÔ MINI BAG(H19.5×W11×D17cm)¥270,600/ロエベ ジャパン クライアントサービス

ロエベ ジャパン クライアントサービス
http://www.loewe.com/
03-6215-6116

text: Fuyuko Tsuji

⇩ロエベとスタジオジブリの2度⽬のコラボレーションのラインナップをチェック!

関連記事
  • パリもミラノも、マダムたちは“自分らしさ”を一番に、トレンドも軽やかに楽しんでいる様子。フラット靴で街を元気にかっ歩するおしゃれマダムのスタイルには、まねしたい発見がいっぱい!  【目次】 ①お手本にしたい!こなれスタイル ②明るくきれいな色みが主役 ③個性が光るアウター ④バッグは斜めがけ ⑤足もとはボリューム感 ①お手本にしたい!こなれスタイル冬のこなれスタイルのお手本は、やっぱりパリ&ミラノの2都市!アニック(インテリアデザイナー・パリ)襟に切り返しがある、スッキリとしたラインのボルドーカラーのコートは、長年大切に着ているというオールド セリーヌ。新作バッグ“ディオール ボビー”を斜めがけにして、さらに長めにラフにかけたマフラーで、今年風のエレガントな着こなしに。イエローのベルボトムパンツを合わせた個性のあるカラーミックスコーデは、足もとのスニーカーとリンクさせ、全体にまとまりを出して。アンナ(イベントオーガナイザー・パリ)斜めがけにしたジャックムスのミニハンドバッグがかわいいアクセント。ボリュームのあるトレンチは、ストックホルムのトーテム。ハイウエストでベルトを絞った、メリハリのあるシルエットがエレガント。インナーには、白のタートルにライトブルーのアクネ ストゥディオズのスウェットで、シンプルになりすぎないスタイリングに。ロングブーツは、ブルガリア発のブランド、バイファーのもの。ソフィ(ジュエリーデザイナー・ミラノ)ベーシックな着こなしのシックなアクセントにもなるロングジレを、ジャケット感覚で着るマダム。ニットのフーディもボリュームが出すぎないフォルムで、サイドラインパンツから縦につながるIラインが強調され、スタイルアップ効果もかなえてくれる。使い込んで深い味わいのあるサンローランのニキ チェーンバッグとゴールデングースのスニーカー。大人の女性らしいぬくもりと抜け感が素敵。ナタリア(コスメブランドオーナー・ミラノ)ベーシックなアイテムこそ高級感のある素材やシルエットがカギに。バーバリーのチェスターコートをさらりと肩かけしたり、カシミヤのタートルニットを無造作にウエストインしたり、センスフルなスタイリングが印象的。セレブにもファンが多いアクアズーラの上品なマウンテンブーツとモードなパンツを同系色にすれば、脚が長くすっきりきれいに見える効果が。斜めがけしたバッグはロエベ。 ②明るくきれいな色みが主役ニュアンスカラーからビビッドカラーまで、思い思いに、明るい色使いを身につけているマダムたちが増えている。ムリエル(女優・パリ)ボトムはワークパンツやサロモンのスニーカーでボリュームを出してマスキュランに。ブルーで合わせたジャケットや斜めがけにしたバッグ、マフラーもぐるぐる巻きにして、トップスはコンパクトに。絶妙なバランスが、ゆるさのあるスタイリッシュさを感じさせて。マルティーヌ(主婦・パリ)上質な毛皮に定評のあるスプラングフレールのベージュコートをメインに、インナーも白やベージュで統一。モスグリーンのマフラーが顔まわりにほどよい明るさを、細身のライトデニムでボトムにも軽快さをプラス。ベルトやブーツに引き締めカラーを取り入れて。オレリア(インテリアデザイナー・パリ)オフホワイト×ベージュのワントーンスタイリング。ウエストをマークしたフリースジャケットに、マフラーをシンプルに巻いて上半身をコンパクトに。さらに細身のデニムですっきりと。ビルケンシュトックで“見せる靴下使い”はまねしたいポイント。マリネッラ(主婦・ミラノ)プラダのスキニーデニムにVネックトップスを合わせたワンカラーコーデ。発色の美しいエルメスのチェック柄大判ストールは、コートがわりにラフにはおるだけでおしゃれ度がアップ。デコルテにはビーズアクセサリー使いで、大人の遊び心をプラスして。ブーツもエルメス。アレッシア(PR・ミラノ)ボリュームたっぷりに広がるデニムスカートには、ペルーの女性たちの手仕事の技でつくられたという、鮮やかなブルーのアルパカ製アウターを。一方顔まわりはタイトに巻いたエルメスのスカーフ、カシミヤのニット帽、トムフォードのサングラスで小さくまとめてメリハリを。ジョルジャ(フォトグラファー・ミラノ)気持ちが上向きになるハッピーカラーのコート。いつものトップスとデニムに合わせるだけで一気に華やいだ印象に。存在感がきわだつ赤を、ディオールのサドルバッグの陽気なラスタカラーで拾ってコートとリンクさせるテクもまねしたい。ニューバランスのスニーカーで軽快に。 ③個性が光るアウタートレンドのスポーティ、こなれデザインのチェック、端正なコートなど、アウターも自分らしいセレクトを楽しんでいる!スポーティキアラ(テクノロジー関係・ミラノ)バブアーのロング丈ワックスドコート。すそから少しだけ見えるチープマンデーのデニムとサンローランのウエスタンブーツで、タイトフィットかつ直線的なシルエットに。ジルサンダーのホワイトカラーのバッグが、ミニマルスタイルに拍車をかけて。サングラスはセリーヌ。パトリツィア(デザイナースカウトマン・ミラノ)サカイのボンバージャケットを大人の貫禄で楽しむマダム。フーディで軽やかにアップデートしつつ、白のワイドパンツでリラクシーに着こなして。ステラマッカートニーforアディダスのスニーカーとジャックデュランのメガネで、ややくせをつけて、今どきのバランスに。クレリア(エリアマネージャー・ミラノ)長め丈のナイキのMA-1タイプを軸に、インの上下を淡いローズピンクで品よくまとめながら、白いTシャツのチラ見せレイヤードでスタイリングに抜け感を。ムードの異なるアイテム同士を気負わずにマッチングすることで意外性の高い着映えに。斜めがけバッグはディオール。クリスティーナ(PR・パリ)エールフランスでも着用されているネイビーのブルゾンは、ジャストサイズをセレクト。ジルサンダーのシンプルなパンツやジップアップのブーツを合わせて、きれいめスポーティにアレンジ。アクセントカラーには、白とイエローをチョイス。ミニバッグはデンマークのエコー。チェック柄アンヌ=マリー(建築家・パリ)マージュのベージュのチェックジャケット、切りっぱなしのホワイトデニム、アディダスのスタンスミス、と定番のアイテムを使ったスタイリング。何げなく巻いたマフラー、アメリカ発イレステーバのサングラスなど、上質な小物使いで洗練された着こなしにグレードアップ。アナ(バイオテック関係・ミラノ)サカイらしいひねりを加えたハイブリッドなアウターに、ミラノで人気のロエベの太めロールアップデニムで高センスを感じさせる着こなし。「エコ、サステイナブルに積極的なブランドの商品を買って応援しています」と、we-ar4のスウェットとショルダーバッグをチョイス。きれいめクリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)ウエストをマークし、襟を立てたコートは、’70年代のセリーヌ。コペンハーゲンで見つけたお気に入りの一着だそう。手袋やバッグ、サングラスは、エルメスのヴィンテージでそろえ、サステイナブルなスタイリングに。グレーやネイビーの落ち着いた色使いがエレガントさを演出。 ④バッグは斜めがけブランドバッグもカジュアルバッグも、斜めがけするマダムが急増中。上質なカジュアル感を演出するのに最適なテクニック!ロベルタ(実業家・ミラノ)自分に似合うスタイルを熟知しているマダム。ブルマリンのコートにディオールのアイコニックなサドルバッグで視線を上に集める工夫を。華とツヤがある優美なパンツとコンバースのハイカットでスポーティさを加えた辛口ドレスアップ。サングラスはサンローラン。カロリーナ(主婦・ミラノ)ゆるシルエットのボトルネックニットとフェイクレザーパンツに、H&Mのダウンジレでこなれ感を。シャネルのバッグを投入すれば、日常の装いがすぐさま上質なたたずまいに。手もとには、キャロリーナ・ブッチのカラフルなビーズブレスをたっぷりと重ねて。マルタ(ビジュアルマーチャンダイザー・ミラノ)カジュアルにもきちんとにも、コーデしだいで表情を変えるJW PEIのバッグ。プラダのニットにチェック柄パンツ、ヴァレンティノのスニーカーというハンサムなルックスに、ザラのもこもこファーコートとクロコ型押しデザインのバッグでレディさをプラス。アレッシア(ファッションエディター・ミラノ)ダンガリーシャツ、マルジェラのざっくりニットの上からプロエンザスクーラーのバッグを斜めがけ。フレッシュなイエローをさし色に、メンズのチノパンでリラックスムードなのに、まわりと差がつくワンランク上のおしゃれ。トムフォードのサングラスもスパイスに。ジュリア(インテリアデザイナー・ミラノ)メゾンキツネのボーダーTと紺色ニット、ユニクロのデニムに、スポーツマックスのアニマル柄コートでパンチを効かせたスタイリング。クラシックなグッチのホースビットのバッグでさらにブラッシュアップして。冬でもヌーディな足もとで、ヘルシーな色気を。フロランス(占い師・パリ)ベージュトーンでまとめたトレンチコートスタイルに斜めがけしたのは、ライトなカーキの米軍ミリタリーバッグ。キャンバス地でマチもあり、太いストラップ使いが今どきスタイルにマッチ。パソコンなどを運ぶ仕事のときにも便利で、毎日使いしているのだそう。 ⑤足もとはボリューム感厚底フラット靴が席巻!シンプルスタイルも、足もとのボリューム感でたちまち新鮮バランス。ボリュームブーツキャロリーヌ(空港勤務・パリ)今年人気のチェルシーブーツ。コペンハーゲン発のビリビは、エッジの効いた厚いソールをアップデートした一足。オリジナルのブラウンの縁取りは、デニムとの相性もよさそう。エステル(プロデューサー・ミラノ)タータンチェックコートをゆるく着て女性らしいムードを醸し出していたマダム。ブラックデニムにJWアンダーソンのチャンキーソールのサイドゴアで足もとはマニッシュに。クレール(編集者・パリ)レザーのマウンテンブーツをふだん使いにも活用。クラシックなデザインが今また新鮮! だそう。デニムを合わせたカジュアルスタイルはもちろん、コーディネートの幅が広がる。ボリュームスニーカーリリアン(弁護士・ミラノ)セリーヌの端正なオーバーサイズコートと重めの足もとで冬のデニムルックを一新。ショートヘアに控えめなジュエリー使いで全体をシンプルにまとめたら、ディオールのスニーカーとスポーツソックスで、タフな女性のニュアンスを加えて。マーレイヌ(主婦・パリ)バレンシアガのトラックトレーナー。ホワイトにネオンカラーのオレンジがアクセントのスポーティなデザイン。5cmのソールになっているので、スタイルアップにも。アンナ(ファイナンス・ミラノ)モノトーンコーデは小物を替えるだけで気分が上がる。グッチのGG ソックスにディオールのカムフラージュ柄スニーカー。足もとからモダンでスポーティなエッセンスが香る。アニック(インテリアデザイナー・パリ)クロエの ブレーク ロウトップ スニーカー。素材をミックスした都会的なデザインと、軽量のラバーソールが人気。ビタミンカラーで冬のスタイリングを盛り上げてくれる。    ▲ページトップに戻る>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadamaa ※エクラ2022年2月号掲載
  • 遊び心がありファンタジー溢れる世界を好むジョナサン・アンダーソンが、ロエベで『となりのトトロ』とタッグを組んだのは、ちょうど一年前。さて、ロエベとスタジオジブリとの2度目のコラボレーションは、『千と千尋の神隠し』です。新しいカプセル・コレクションは去る1月7日、ロエベのオンラインショップと一部の店舗にて世界一斉にローンチされました。東京でも古民家を利用しての特設期間限定ストアが展開されましたが、パリでのポップアップは左岸の百貨店ル・ボンマルシェにて。『千と千尋の神隠し』は英語では『Spirited Away』のタイトルで世界的にも有名で、2003アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した程。 作者の宮﨑駿はフランスの雑誌「M le Monde」の表紙になったことがあり、同アニメーションは『Le Voyage de Chihiro』の名でフランスでも大ヒットしましたから、前評判が高かったのは言うまでもありません。アマゾナ、ハンモック、パズル、フラメンコと言った定番バッグからTシャツ、シャツ、フーディ、カーディガン、キュロットなどのウエアまで、今回発表されたロエベ製品には、千尋を始めハク、カオナシ、湯婆婆(ゆばーば)、ススワタリ、アオガエル、オオトリさまら、おなじみのキャラクターが配されています。その手法はシンプルなプリントからジャカード織り、刺繍、アップリケ、果てはレザーのマーケトリーまで、とロエベならではのクラフツマンシップ。ロエベ x 『千と千尋の神隠し』の製品は世界共通ですが、実はこの機会に、パリでしか手に入らないものがあります。それは、2021年8月31日の投稿でご紹介した“食のクリエイション・スタジオ”、バルボステの創作フード。ポップアップストアの中央に設置されたカウンターでは、この機に特別にデザインされたスイーツが販売されています。リサーチに熱心なバルボステのシャルロット・シットボンが、この一つ前のプロジェクトのためにインスタグラム上でスカウトしたのが、若手プロダクト・デザイナーのチボー・べー(Thibault Baes)。今回も技術面で大事な役割を果たしたのは、チボーです。バルボステの定番である琥珀糖を、『千と千尋の神隠し』で度々現れたステンドグラスに似た形で表現したいと言うシャルロットの願いを叶えるために、彼は3Dプリンターによる流し型を考案しました。よくデザイナーが、パタンナーなど技術スタッフからインスパイアされると言う話を聞きますが、これもまさしく、クリエイションとテクノロジーの相乗効果だと言えるでしょう。そしてステンドグラスの鮮やかな色は、オレンジ・ブロッサム、マリーゴールド、ラヴェンダーなどのエッセンシャル・オイルで表現。シャルロットのアイディアを食べ物に昇華させるのは、パートナーの金子さやかさんです。また、バルボステの看板アイテムであるカスタマイズ・フォーチュンクッキーには、千尋の同朋キャラクターを、食用カラービーズで描きました。他にもススワタリの大好物である金平糖、一枚一枚繊細に装飾された花びら型のサブレ、そしてハイビスカスまたは玄米茶のドリンク、まるでオブジェのように型作られたモチ、などなど。こうしてロエベとバルボステのおかげで、『千と千尋の神隠し』の世界は味覚にも落とし込まれたのでした。 Le Bon Marché にて2月6日まで。24, rue de Sèvres 75007 Paris  Text: Minako Norimatsu 右:チボー・ベーによる、3Dプリンターでの流し型の出力シーン。左:流し型を使っての、琥珀等の試作。Photos: Thibault Baes右:シャーロットのリサーチ。『千と千尋の神隠し』でのステンドグラスが、彼女のアンテナに引っかかった。左:期間限定、バルボステによるステンドグラス風の琥珀糖。Photos: Minako Norimatsuススワタリやオオトリさま、カオナシが描かれた、バルボステ特製のフォーチュン・クッキー。期間中ポップアップストアでは、食用ビーズで装飾を施すアトリエも開かれた。Photo: Minako Norimatsu右:バルボステによる、花びら型のサブレ。Photo: Cortesy of Le Bon Marché 左:ボンマルシェのポップアップストア。花は『千と千尋の神隠し』では大切な脇役で、ストアのインスタレーションにも使われた。Photo: Minako Norimatsuロエベ x 『千と千尋の神隠し』のポップアップストアでは、現実の世界と夢の世界を結ぶ、象徴的な橋も再現された。Photos : Courtesy of Le Bon Marchéロエベ x 『千と千尋の神隠し』のポップアップストアのインスタレーションより、千尋がハクを助けに行くために乗った電車の再現。Photo : Courtesy of Le Bon Marchéヨーガン・テラーの撮影による、ロエベ x 『千と千尋の神隠し』コレクションのキャンペーン・ビジュアル。右:立体的なススワタリと金平糖が幾つも付いたニットを着たのは、シン・ヒョンジ。左:千尋の顔がアップのセーターを纏い、“ハンモック”バッグ手にしたミカ・アルガナラズは、どことなく千尋に似た表情。Photos : Juergen Teller
  • Premiumインフルエンサーズのとっておきワンピース公開!MOREが誇るインフルエンサー集団「MOREインフルエンサーズ」の中でも、Instagramで多大な影響力を持つ「Premiumインフルエンサーズ」。彼女たちのことがもっと知りたい! ということでスタートしたのがこの連載。日々それぞれのSNSでおしゃれな情報を発信し続けている14人が、DAILY MOREのためにテーマに合わせた写真を撮り下ろし! まさに“今”お気に入りのモノ・コトを教えてもらう連載企画です♬ ▶︎▶︎前回の【ブーツ&スニーカーSNAP】はこちら!今回のテーマは【とっておきワンピース】。いつもよりおしゃれをしたい日、ちょっと特別な日、そんな日に着たいとっておきのお気に入りワンピースを教えてもらいました。ワンピースを選ぶ時のこだわりや、合わせる小物まで細かく解説!アサノさんは2WAYワンピースを愛用中 アサノ @aaasanooo 身長:154cm 職業:フリーランスデザイナー 趣味:マニキュアでのセルフネイル 資格:色彩検定2級、日本化粧品検定3級 自己紹介:アサノ・カヤノ双子の姉です!よろしくお願いします どんなアイテムも、しゃれた着こなしと確立されたスタイルで“自分らしく”してしまうアサノさん。彼女が愛用しているのは、着回しできるこの一枚♡ONE-PIECE_MAISON SPECIAL(メゾンスペシャル)BOOTS_SLY(スライ)NECKLACE_in mood(インムード)RING_POMUM(ポームム)「ワンピースは、スカート部分がボリューミーすぎず、全体のシルエットがすっきりしたものが好き。ロング丈を選ぶことが多いです。昨年の8月ごろに購入したこのワンピースは、ロングブーツとの相性も◎」(アサノさん、以下同)「実はこれ、キャミソールワンピース+ボレロの2パーツに分かれているんです。だから着回しもしやすいし、タイトシルエットなのにボディラインが強調されなくて使いやすい!」「この写真に写っている、袖のスリットデザインも気に入っています! 手もとには、双子の妹・カヤノと一緒にネイルポリッシュやアクセサリーを作っているブランド『POMUM(ポームム)』のリングを」中山柚希さんは着回し力高めなジレワンピ 中山柚希 @yuzuki.nakayama 身長:152.5cm 職業:会社員/マーケター(商品、観光プロデュース等) 趣味:旅、プール巡り、読書 資格:プロモーショナル・マーケター 自己紹介:仕事でもプライベートでも、女ごころくすぐるものを見つけてシェアすることが大好き。最近はサステナブルに興味津々。 フェミニンな着こなしが得意な中山さん。お気に入りのワンピースは、インスタ発のインフルエンサーが手がける話題のブランド!ONE-PIECE_L'Or(ロル)BLOUSE_NATURAL BEAUTY BASIC(ナチュラルビューティーベーシック)PUMPS_RANDA(ランダ)「私は背が小さいので、着られている感が出ないデザインを選ぶようにしています。たとえばウエスト部分に切り替えがあって腰高に見えたり、足首が見えるくらいのバランスがとりやすい丈だったり。展示会でひと目惚れした『L'Or』のワンピースは、その条件をクリアしたうえでさらにお気に入りのポイントがあるんです!」(中山さん、以下同)「ボタンを開けて着たり、ベルトの結び方をアレンジしたり、衿をいろいろなパターンに変えて使えるので、着回し力も抜群。昨年秋に購入しましたが、シーズンレスで着られそうです」shimoさんは高身長さんのためのブランドでお買い物! shimo @mar.aya 身長:173cm 職業:会社員 趣味:料理、買い物、ドラマ鑑賞 資格:TOEIC、普通車免許 自己紹介:最近は鋼の錬金術師二巡目してます。。よろしくお願いします! モードなコーデが得意なshimoさん。高身長な彼女が愛用しているワンピースとは⁉︎ONE-PIECE_LILAC a DAY(ライラックアデイ)SNEAKERS_NIKE(ナイキ)BAG_DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)「年末にこのワンピースを購入したブランド『LILAC a DAY』は、高身長女性のためのブランド。丈感が自分に合うかどうかは大事なので、身長173cmの私にも合う長め丈はとてもありがたいんです。首がきれいに見えるボートネックもお気に入り!」(shimoさん)次回は【ガジェット小物】をご紹介予定!おしゃれなPremiumインフルエンサーズの素敵ワンピース、いかがでしたか? 次回は【ガジェット小物】をお届け予定です。お楽しみに♡>>関連記事:【財布SNAP】ロエベ、プラダetc.美人社長やおしゃれ女子が愛用するSLG>>関連記事:【ブーツ&スニーカーSNAP】おしゃれ女子たちの靴選び拝見! 取材・文/堀越美香子
  • 昨年私が購入してよかったアイテムを中心に、2022年も使えるファッションアイテムご紹介します!皆さんこんばんは。 遅くなりましたが… 今年もどうぞ宜しくお願い致します。 早速ですが、昨年最後のブログに書ききれず、持ち越しとなってしまいました、 『私の購入してよかったアイテム』 を今年も活躍しそうな物にフォーカスしお届けしたいと思います。■ ASAUCE MELERリネンストールライトベルギーリネンフリンジストール(画像クリックして頂けるとオンラインページに繋がります。)冷房対策だけでなく、持っているだけで雰囲気がでる優秀ストール。 リネンの風合いやカラーが絶妙で、ファンも多いアソースメレ。 あまりにも気に入ってしまい、この冬は、カシミアのストールを購入しました。 またブログでご紹介できたら、と思っています。 秋冬物はセール価格になっていますので、是非サイトを覗いて見て下さい。■LOEWEカゴバック LOEWEバスケットバックホワイト(こちらも画像をクリックして頂けると商品ページに繋がります。)毎年新しいカラーが追加されるロエベのカゴバック。 私は、真っ白なホワイトにしました。 カジュアルになりがちな夏のファッションをきれいめに仕上げるのに役立っています。 スモールサイズですが、沢山入り、子供のおむつなど入れて出かける事もあります。 持ち手部分も意外と?汚れずきれいな状態を維持できています。(使用前に防水スプレーをしています。) 欲しいと思った夏には完売してしまうアイテムなので、早めのチェックをおすすめします。■#newans セーラーカラーシャツ #newansセーラーカラーシャツ(こちらも画像クリックお願いします。)トレンドのビックカラーシャツ。 今は大人も挑戦できるものが沢山販売されていますが、#newansのセーラーカラーは余分な装飾がなくシンプルなセーラーである事と圧倒的な機能でおすすめです。 セーラーを取り外せばシンプルなシャツ。 手洗いや消毒の際にすぐに捲れるシャツがいいと言うユーザーの声を取り入れ袖口はゴム。 マシーンウォッシュ可能ととても扱いやすいです。 おしゃれと機能を両立したアイテムだと思います。【番外編】 ■GUサロペットGUサロペットこちらは、今は購入できませんが、以前ブログでご紹介したアイテム。 590円で購入しましたが、本当によく着ました! 自宅でお洗濯できる素材、コーデを組むのが楽、気負わず着用できる、とついつい手が伸びてしまう1着でした。 GUはトレンドで大人も着用できるアイテムもあるので、今年もGUでかわいいお洋服に出会えたらいいな、と思っています。それでは。簡単になりましたが、私の経験から、2022年マストバイアイテムをご紹介させて頂きました。 いつもお読み頂き、ありがとうございます。 2022年も、楽しみながらブログを更新していきたいと思っています。 皆様、どうぞ宜しくお願い致します。 ■Instagramもご覧頂けると嬉しいです。↓↓↓No.149 kumiko
  • ベーシックな柄やデザインがベースでも、自分らしいセレクトを楽しむのがパリ&ミラノのマダムたち。こなれデザインのチェック、端正なきれいめコートなど、アウターも自分らしいセレクトを楽しんでいる。アンヌ=マリー(建築家・パリ)マージュのベージュのチェックジャケット、切りっぱなしのホワイトデニム、アディダスのスタンスミス、と定番のアイテムを使ったスタイリング。何げなく巻いたマフラー、アメリカ発イレステーバのサングラスなど、上質な小物使いで洗練された着こなしにグレードアップ。アナ(バイオテック関係・ミラノ)サカイらしいひねりを加えたハイブリッドなアウターに、ミラノで人気のロエベの太めロールアップデニムで高センスを感じさせる着こなし。「エコ、サステイナブルに積極的なブランドの商品を買って応援しています」と、we-ar4のスウェットとショルダーバッグをチョイス。クリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)ウエストをマークし、襟を立てたコートは、’70年代のセリーヌ。コペンハーゲンで見つけたお気に入りの一着だそう。手袋やバッグ、サングラスは、エルメスのヴィンテージでそろえ、サステイナブルなスタイリングに。グレーやネイビーの落ち着いた色使いがエレガントさを演出。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2022年2月号掲載
  • 2022年がよい年になりますように――そんな願いを込めて真っ先に取り入れたいのはスマイルやハート、キャラクターといったポジティブな力あふれるモチーフ。鮮やかに彩られたパワフルな服をまとって、幸運をメイク・ア・ウィッシュ!HAPPY MOTIF(右上)モヘアカーディガンから豊かに生い茂るのは、立体刺しゅうで編み込まれた植物。このモチーフはアーツ・アンド・クラフツ運動で活躍したイギリスのデザイナー、チャールズ・ヴォイジーによる壁紙に着想を得ている。実り多き一年になるよう願いを込めて。前後逆に着たカーディガン¥234,300(参考価格)・トップス¥60,500・ショーツ¥281,600(参考価格)/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ)(右下)ゲーム画面を写し取ったようなニットドレス。エコファーやラメ入りニットで描かれたキャラクターが、勢揃いで新年を祝福する。肩やウエストのカットアウト部分からヘルシーに肌見せして。ドレス¥205,700/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)(左)スカルや虎、怪獣といったユニークなアイコンが生き生きと躍るニットとコットンスカート。レインボーカラーのストールでピースフルなムードを表現した。ニット¥114,400・スカート¥114,400・ストール¥39,600/ディースクエアード/スタッフ インターナショナル ジャパン クライアントサービス(ディースクエアード)SMILEビーズネックレス(上から)¥16,500・¥16,500・¥31,900(すべてドウ)・シルバーネックレス¥49,500(マリア ブラック)/ショールーム セッションきりりとした眼差しの彼は、胸にいつもスマイルモチーフを携えて。ビタミンカラーのペンダントが、内面からポジティブな自信を引き出す。ヴィンテージのベネチアンガラスを用いたDough.のネックレスは、不揃いなビーズが温かみのある雰囲気を演出する。1964年までに鋳造されたアメリカのコインが、長きにわたり受け継がれた職人技によってジュエリーへと生まれ変わった。世界にひとつのお守りを身につけたい。CHARACTERドレス¥435,600/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ)なめらかなビスコースのフルイドサテンに舞うのは、魚やヘビ、モンスターのようなあらゆる種類の生き物たち。子どもの頃に無我夢中で画用紙を埋めた日々を思い出す、のびやかで自由なタッチがほほえましい。打って変わってデザインはとてもエレガント。バックのウエストから流れるトレーンを肩からフロントに回し、サイドで留めるなど、ツイストをきかせている。アシンメトリーなヘムラインにも遊び心が宿る。まとうと幸せな気持ちに満たされる、特別な一着だ。ANIMAL1 ブランドのアイコンキャラクター、ポロベアを、インターシャ編みと刺しゅうで表現。胸元でほほえむ大ぶりな相棒は、ムートンジャケットとニットジョガー、クロスボディバッグをスタイリッシュにまとってどこか得意げ。自信みなぎるバディと一緒なら、きっと毎日心強いはず。ニット¥63,800/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン)2 鮮やかな黄色の豹と深いレッドカラーのタッセルが、足もとをオリエンタルなムードに仕上げる。特殊なプラットフォーム製法を用いて作られた一足は、長時間履いても疲れ知らず。レザーの上を闊歩するパンサーとともに、知らない世界へと飛び出そう。靴¥17,600/ベジ3 虎をデフォルメしたデザイン性の高いバッグは、フルジップで大きく開く。ショルダーストラップも付属し、自由につけはずしすることが可能。しっぽがくるくる回るユニークな仕掛けと、輝くビジューの瞳が愛おしい。バッグ〈H20×W20×D7.5〉¥58,300/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク)4 首をかしげるプードルモチーフのニットを、トレーナーとドッキング。プードル部分のみ起毛感のある毛糸を用いており、つい撫でてしまいたくなるテクスチャーだ。ニット¥52,800/シーロン5 ピンと張った髭とこちらを見つめるピュアな視線にきゅんとする。爽やかなスカイブルーは、青空ともマッチ。ニット¥17,600/FURFURラフォーレ原宿店(FURFUR)6 クリアな白鳥にストーンが配されたアンティーク調イヤリングで、耳元に優美な煌めきを。イヤリング¥38,500/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)7 数種類の糸をミックスし、リアルなゴールデンレトリバーの顔を大胆に描写。ぽかんととぼけた表情に、周囲の人からもきっと笑顔がこぼれるはず。ウエストに向かってなだらかにシェイプアップし、すっきりとしたシルエットに。¥179,300/pillingsFOOD1 表面のシワまで精巧に作り込まれたにんじんチャームは、ミニマムサイズながらインパクト大の一点。ヘタ部分を上から見ると、そのシルエットはまるで四つ葉のクローバー。カメオ風に野菜が並んだチョーカーは、緻密なつくりがアートピースのよう。にんじんのネックレス¥75,900・チョーカー¥319,000/PARAGRAPH CO.LTD.(アリータ)2 天竺編みをベースに、透かし編みで格子模様風に仕上げた一着。かぎ針編みのフルーツモチーフと花やリーフの刺しゅうを施し、ポップなムードと温かみのあるクラフト感を兼ね備える。ニット¥39,600〈3月上旬発売予定〉/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス)3 絶妙な色みとパフィーな質感でリアルなクロワッサンを再現。柔らかな羊革を使用し、長くこんがり育てていきたい一品。コインパース〈H8×W19×D4〉¥45,000/スクワット/ルメール(ルメール)4 凹凸感のある表情豊かなヤーンを、インターシャ編みで。ヴィンテージ調のチェリーモチーフにのみ、マットな糸を使用することで際立たせた。ニット¥55,000/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス)5 いちごが盛られた部分が蓋になったミニバッグ。ベジタブルタンニングの牛革を編み込んだバスケットは、使い込むほどにオリジナルな風合いを楽しむことができる。いちごの種はパール風ビジュー。胸がときめくロマンも一緒に盛り合わせて。バッグ〈H9.5×W19.5×D10.5〉¥82,500/ルル ギネス6 大切なアイテムにつけておくことで、紛失したときに場所を追跡できるエアタグ。カーフスキンを使用したアイコニックなレモンモチーフを、アクセサリー感覚で楽しみたい。エアタグ¥34,100(予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)7 みずみずしいチェリーが躍るカードケース。上質なマドラスレザーにきめ細かいプリントを施した。持ち歩ける小さな絵画のよう。ケース〈H 8.5×W10.5〉¥41,800/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)8 有機綿素材を環境負荷の少ない染料で着色し、インクも天然由来の生分解性を用いたクリーンなパンツ。かじりかけのりんごを地球に見立てたユニークなデザインが目を引く。パンツ¥52,800(参考価格)/アオイ(エムエスジーエム)MESSAGE1 ウールカシミヤ混ニットが、愛に包まれたようなやさしいぬくもりで体をすっぽり覆う。筆記体のwonderは刺しゅうで表現。ニット¥88,000/コロネット(フォルテ フォルテ)2 プリントされた文字を読むと、それは幼い頃に遊んだ懐かしの早口言葉。日常にひとさじのユーモアをプラスして。シャツ¥7,150/ブランドニュース(サンセ サンセ)3 シルバーがきらりと光る2way仕様のモチーフピアス。LOVE部分のパーツを取りはずすと、ハートストーンのみのミニマルスタイルで装着が可能。LOVEのフォントは、つけたときに耳たぶの下から顔を出す。ピアス(片耳)¥28,600/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ジャスティン デイビス)4 アメリカのマーケットで使われているショッパーデザインを再現。高級感のあるタフタ生地に刺しゅうでメッセージを施した。トートバッグ〈H57×W29×D14〉¥6,600/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ)5 コットン100%のなめらかな質感が心地よい。平和と希望を感じるロゴとともに。シャツ¥13,200/MATT.(クードス)6 前後に「BETTER TOGETHER」「LIVE OUT A DREAM」と縫い綴られた枕は、弾力のある使用感。肌ざわりのいい起毛素材で、オールシーズン愛用できる。言葉ごとぎゅっと抱きしめて、深い眠りにつきたい。ピロー〈H50×W70〉¥9,900/プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店(プライベート・スプーンズ・クラブ)7 身近な人こそヒーローという思いが込められた指輪。シルバーベースにK18でコーティングした。視界に入るたび、きっと心に安らぎと元気を与えてくれるはず。DADリング¥22,000・SISリング¥22,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)8 人の感情を探求するサブブランド、beautiful people feelsから、動詞と名詞を左右で組み合わせられる片足売り靴下。大切な存在をいつもそばに感じて。hugソックス¥1,650・friendソックス¥1,650/ビューティフルピープル 青山店(ビューティフルピープル)FLOWER1 テープ状にカットした生地を編み込みその上からプリントを施すことで、パンジーのモザイク画のようなルックスに。がま口でマチがたっぷりと設けられ、実用性も抜群。大ぶりなゴールドのチェーン付属で、肩掛けで使用することができる。バッグ〈H16×W22×D8〉¥48,400/シジェーム ギンザ(マリアラローザ)2 循環型リサイクルポリエステルを使用した、地球にやさしいチューリップハット。裏地にも表地同様のプリント生地を使用しており、ひっくり返して置くとまるで花が咲いたような表情に。帽子¥17,600/スタジオ ファブワーク(ダブレット)3 3Dメガネを通して見ると、生き生きと花柄が動き出すグラフィックを採用。調節可能なストラップつきで、どんなボディにもフィットする。インナーやトップスとして活躍。スポーツブラ¥4,718/H3O ファッションビュロー(エアリー)4 フラワーモチーフのセットアップをまとえば、まるで花畑を駆け抜けているかのように気分も高揚。ベネズエラの女性アーティスト、マリア・マグダレーナ・スアレスの手描きモチーフがあしらわれた一着は、美しいドレープと丸みのあるシルエットが特徴。ブラウス¥171,600・スカート¥96,800/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニ)5 アール・ヌーヴォー期の曲線的な植物美をインスピレーション源に、デザイナー自身のドローイングを配した。加工・縫製がすべてメイドインジャパンの一品。プルオーバー¥19,800/リレイト(トライト)6 K18ゴールドで仕上げたシルバーとエナメルパーツのリング。子ども時代を想起させる遊び心あるフラワーモチーフが、スタイリングに小さなときめきを添える。リング(黒×ブルー)¥102,300・(白×グリーン)¥102,300/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)7 肉厚なジャカード織シャツは、ノスタルジックな小花柄とショート丈でバランスを取って。シャツ¥39,600/TOGA 原宿店(トーガ プルラ)8 花脈まで忠実に再現されたピアス。シルバーにダイヤモンドをあしらった。自然界の生み出す花弁のダイナミックかつ繊細な美しさを耳元に添えて。イヤリング¥430,000/ブチェラッティ9 ロマンティックなタフタ素材の花柄も、リブ入りの裾などアクティブなディテールでツイストをきかせて。花開く植物のエネルギーを感じながら、軽やかに風を切りたい。ブラウス¥74,800・スカート¥49,500/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス)HEARTバッグ〈H16×W17×D10〉¥149,600・ニット¥258,500・ヘアピン(ハート2つ)¥52,800・(ハート1つ)¥35,200/グッチ ジャパン(グッチ)折り紙で作ったハートを想起させるハンドバッグ。綿とポリエステルによるオリジナルのサステイナブル素材「GGスプリーム キャンバス」を使用している。表面にプリントされた「L」「O」「♡」が顔のようにも見えてくる、チャーミングな逸品。悲しいことがあってもこの表情に目を向ければ、たちまち笑顔になれそう。 SOURCE:SPUR 2022年2月号「ハッピーモチーフで運気上昇! Smile Good Things」photography: Osamu Yokonami (model), Asa Sato (still) styling: Tomoko Iijima hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: YUKA HIRAC 〈VOW-VOW〉 model: Samuel, bonbon, Tomoe, Valentin
  • 大き過ぎず小さ過ぎずのサイズ感がちょうど良い!!診察券やアプリ化されていないポイントカードなども常に持っていたい派の、正に神的なお財布をご紹介!こんにちは、Fumikoです。 お正月も終わり、すっかり日常に。 先日の東京の積雪、凄かったですね! スニーカーなのに何度も滑りそうになりました。 さて、私は10数年ぶりにお財布を新調しました。 ここ4〜5年ずっと欲しくて探してはいたのですが、何故か踏ん切りがつかず(洋服はここまで悩まないのに…)ようやくです。コロナ禍でキャッシュレス化が進み、コンパクトサイズが流行ったのも、また悩んだ要因の1つ。 「今のロング財布よりかは小さいのが欲しいけど、でも今の私に、いきなりコンパクトサイズは大丈夫なのか?」 ・ポイントカードはアプリ化されてきたけど、 地元の商店街のなんやかんやのお店はまだカード ・病院の診察券なども常に持っていたい ・カード入れを別に用意したり、持ちたくない上記の理由でなかなか即決はできませんでした。 しかし、やはり新調したいと数々のお店を見ては悩みの繰り返しを経て、ついに決めました。ロエベ/バーティカル ウォレット ミディアム (ソフトグレインカーフ) 色:ライトキャラメル/ピーカンカラー 素材:カーフスキンライニング 仕様:フラットコンパートメント3つ、 コインや小さな貴重品用ジッパーポケット クレジットカードスロット7つ ロエベ得意のバイカラーが可愛い!「バーティカル」とは、「縦長の・垂直の」といった意味を持ち、お財布を縦向きにしてスナップボタンを外すと、多数のカードスロットがドーン! 深さがあるので、お札以外に領収書やカードなども入ります。小銭入れ、マチはないですが、量は入ります。スナップボタンで厚みを調整できます。私、ロエベのブラウンカラーが大好きなんです。 パーソナルカラースプリングにピッタリなライトキャラメルカラーの色合いが他にはなく、初めて見た時のトキメキは忘れもしません。 バッグとお揃いカラー。オレンジ象さんもお気に入りです。本日、一粒万倍日と天赦日が重なる1月11日に、使い始めたいと思います。 この2つが重なる日は 最強・最高の開運日 といわれ、新しくお財布を買ったり、使い始めたりするのにいいのだそう! 大切に使いたいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました! LOEWE/ロエベNo.199 Fumiko
  • 新しい年を迎えるにあたって、気分も一新したい。そんなときこそ財布の買い替えを。ここ数年人気のミニから使いやすいミディアム、大人っぽい長財布までサイズ別にご紹介。オリエンタル占星術に基づく水晶玉子さんの財布選びのアドバイスも必読! 【目次】 ①ミニ財布&フラグメントケース ②ミディアム財布 ③長財布&チェーンウォレット 人気占い師・水晶玉子さんがアドバイス ④福を呼ぶ財布選びのTIPS ①ミニ財布&フラグメントケースコンパクト派の支持が厚い!こでかけに最適なアイテムランや犬の散歩、ワンマイルのお出かけに使いやすいミニマルな財布たち。トレンドの小ぶりのバッグとも相性よし!CHANEL(シャネル)バッグを思わせるデザインの洗練されたフラグメントケース 小銭入れがついて、コンパクトながらも収納力のあるカードホルダーは、キャッシュレス時代のマストアイテム。なじみのよいカーフスキン製。小銭入れ1、カード挿し6。(7.5×13×1.5)¥82,500/シャネルDior(ディオール)“サドル”型とバイカラーから生まれる小粋なエレガンス ピンク系とグレー系のベージュを組み合わせた上品な二つ折り財布。背面にもポケットがついていて、デザインと機能の両立がすばらしい。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し4、ポケット3。(9×10×2.5)¥68,200/クリスチャン ディオール(ディオール)CELINE(セリーヌ)コンパクトで軽く、収納力も高い実力派 大ぶりのトリオンフモチーフの金具とジャカードの柄が調和する二つ折り財布。内側のレザーのしなやかさが秀逸! 札入れ1、小銭入れ1、カード挿し5、ポケット2。(9×10.5×3.5/実寸)¥83,600/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)BALENCIAGA(バレンシアガ)幸運のイエローを配したスタイリッシュなケース ランやジムのおともに使いやすい、フラグメントケース。スリムな外観と収納力を両立するロングボディにロゴをスパイシーに効かせて。小銭入れ1、カード挿し5、ポケット1。(8×13.5×1)¥35,200/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ)VALENTINO GARAVANI(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)ミニ財布にもスタッズ。おしゃれ心が動きだす! ロックスタッズを飾ったアイコニックな三つ折り財布。コンパクトさとインパクトの両方を求めるならこれ一択! 札入れ1、小銭入れ1、カード挿し3、ポケット1。(6.5×9.5×3)¥58,300/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)MARNI(マルニ)澄んだ水面を思わせる、シャイニーレザーに注目 交通系ICカードに便利な背面カードスロットを配した、個性的なデザインのフラグメントケース。陽気なメタリックブルーと独特の素材使いにマルニらしさが光る。小銭入れ1、カード挿し5。(8×13×1)¥51,700/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニ)LOEWE(ロエベ)メゾンのアナグラムをあしらったキャンバス×カーフが大人っぽい ブラックとネイビーのジャカードが表、カードスリットの裏面がレザー製の軽快なフラグメントケース。メイン財布との2つ持ちにも、素材感が新鮮。小銭入れ1、カード挿し4。(7.5×13×1)¥44,000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ)Chloé(クロエ)軽やかなチャームをプラスして幸運パワーアップ 手になじむしなやかなソフトレザーのミニ財布。別売りの揺れるチャームをプラスして、さらにラッキーを呼び込みたい。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し3。(6.5×9.5×3/実寸)財布¥51,700・チャーム¥5,500/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) ②ミディアム財布手になじむフィット感!収納力とサイズ感が秀逸縦横いずれかが11㎝以上の折り財布をこちらに分類。このサイズは出し入れがしやすく、デザインも多彩。仕事にもプライベートにも使えるアイテムを厳選!GUCCI(グッチ)インパクト抜群。フラップつきの二つ折りミディアム財布 ブランドのアイコンのバンブーディテールとジャンボなGGパターンが、特別な存在感を醸し出す。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し7、ポケット1。(11.5×11×3.5)¥81,400/グッチ ジャパン(グッチ)SAINT LAURENT(サンローラン)リッチ感のあるゴールドレザーが輝きの世界へ招く ’80年代のゴージャスな世界観を彷彿させるゴールド素材。贅沢な輝きがもたらすパワーを日々チャージして。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し6、ポケット4。(10×12×3)¥82,500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)Hermès(エルメス)持つだけで気分が上がる。美しい手仕事が生む名品財布 メゾンが誇る最上質のレザーは薄手で、三つ折りでも手取りが軽い。落ち着いた発色のトープなら長く愛用でき、使い込む楽しみも格別。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し4、ポケット3。(8.5×11×2.5)¥300,300/エルメスジャポン(エルメス)FENDI(フェンディ)大きめサイズでありながらおしゃれな薄さを実現 小ぶりな手帳ほどのサイズ感で「フェンディオーロック」のモチーフがスマートな二つ折り財布。オレンジみのあるブラウンで心も明るく。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し5、ポケット2。(11.5×14.5×3.5)¥77,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)Maison Margiela(メゾン マルジェラ)ラウンドジップのジェンダーフリーな黒財布 外側のカーフレザー、内側のスムースレザーともブラックのストイックなデザインがメゾン マルジェラらしい。写真は裏面。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し3、ポケット3。(9.5×12×2)¥74,800 /マルジェラ ジャパン クライアントサービス(メゾン マルジェラ)MIU MIU(ミュウミュウ)大人の女性に似合うチャーミングなピンクベージュ パテントゴートにクロコダイル型押しの、遊び心あふれる素材に注目。スタンダードな機能がコンパクトにまとめられて。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し3、ポケット2。(8.5×11.2×2.5/実寸)¥60,500[予価]/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)TOD’S(トッズ) 深みのあるボルドーカラーにバックルのTが映える 高さを低めに抑えた横長シェイプ。絶妙なサイズ感と、レザーの上質感が相まって手になじむ。フラップ式の二つ折りで、小銭入れはジップで開閉する。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し8、ポケット2。(9×14×2.5)¥69,300/トッズ・ジャパン(トッズ)JIL SANDER(ジル サンダー)ありそうで見つからないカーキグリーンが新鮮! スタイリッシュなレザーアイテムも人気のメゾンの新作は、がま口開閉の小銭入れを備えて機能的。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し8、ポケット2。(8×12.5×2)¥90,200/ジルサンダージャパン(ジルサンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) ③長財布&チェーンウォレット収納力が魅力!エレガンス漂う大人向きな長財布紙幣を折らずに持ち歩け、カードの収納数も抜群ゆえに根強く人気。ストラップやチェーンつきをミニバッグがわりにするのも素敵。Hermès(エルメス)華やかなシルクインの長財布は、大人の女性ならではの贅沢 海を思わせるブルーの革とカレとおそろいのシルクプリントの組み合わせ。開くたびに心ときめく。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し12、ポケット2。(11.5×20×1.5)¥160,600/エルメスジャポン(エルメス)BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)メガイントレチャートに繊細なペールトーンをのせて 薄くてスリムな仕立てなのに、収納力は抜群の新作財布。上蓋に進化したイントレチャートを配し、内側で2カ所をスナップどめに。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し12。(10×19×2)¥99,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)白地のモノグラムの内側にこめられた贅沢な仕掛け フルジップを開けると、ボディの内側にはピンクレザーがあしらわれ、たっぷりの収納が。新鮮なサプライズにワクワク! 札入れ3、小銭入れ1、カード挿し12、ポケット3。(10.5×19.5×2.5)¥176,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)PRADA(プラダ)日常からドレスアップにも対応するシックなニュアンスカラー 傷のつきにくいサフィアーノレザーを使った、アイスブルーの長財布。優しげな色はべージュやグレーのワントーンの装いによく合う。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し16、ポケット2。(10.3×20×2 /実寸)¥117,700[予価]/プラダ クライアントサービス(プラダ)VALEXTRA(ヴァレクストラ) 本体とカードケースを分けても使えるフレキシブルさが魅力 長財布の中に取りはずし可能なフラグメントケースを内蔵し、場面によって2通りに使える。〈カードケース〉カード挿し8、ポケット2。〈本体〉札入れ1、ポケット1、小銭入れ1。(9 ×17.5×2 /実寸)¥137,500/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)プリントの楽しさがはじけるショルダーウォレット プッチプリントをレザーにあしらった華やかな長財布。取りはずしできるストラップつきで、内側はクリームイエローのレザー仕立て。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し8、ポケット2。(10×20×2.5)¥75,900/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ)THOM BROWNE(トム ブラウン)チェーンウォレットひとつでどこへでも出かけよう! デザイナーのシグネチャーであるトリコロールストライプを内側にあしらった長財布。やや縦に長いので収納力抜群。チェーンは取りはずし可能。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し10、ポケット4。(11×19×2.5)¥84,700/トム ブラウン 青山(トム ブラウン)VALENTINO GARAVANI(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)エレガンスが香りたつ正統派の長財布 くすみピンクのワントーン。フラップのあるエレガントなデザインと相まって、大人のムードが漂う。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し12、ポケット2。(10×19×3)¥94,600/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) ④福を呼ぶ財布選びのTIPSオリエンタル占星術が評判の水晶玉子さんが、福を呼びこむ財布の選び方をアドバイス! 2022年は変革の年。何かを変えたいなら、まず財布から。新春にとり替えて、新たな幸運への一歩を踏み出そう。<profile> ●水晶玉子さん 占術研究家。西洋・東洋の枠を超え、多様な占術を研究、執筆。空海が日本に伝えた宿曜経を現代に生かしたオリジナルの「オリエンタル占星術」が評判をよんでいる。新年を幸せに導く『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運歴2022』(集英社)も好評発売中!1.「水」を感じさせる水玉やモノグラム、素材感を選んでみて’22年は「壬寅(みずのえとら)」。東洋の五行によると、「壬」は海や大河をイメージさせる陽の水の気です。お財布も、形がなく小さな粒子で構成されている「水」を想起させる要素が招福につながります。柄でいえば水玉やそれに類する連続模様のモノグラム、スタッズなど。水面を思わせる、きらきらと光沢のある素材もおすすめです。また、これからの時代の変化に対応できるしなやかさとリンクする、ソフトな素材にも注目したいですね。❶きらめく水面を思わせるレザーに、表裏ともに入ったスタッズがドット状の輝きを添える。★札入れ1、小銭入れ1、カード挿し3。(7×10×3.5)¥55,000/エクラプレミアム通販(J&M デヴィッドソン)こちらのお財布はエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>❷青レザーにプリントした大きめのドットがかわいい。長財布など、バリエーションも豊富。札入れ1、小銭入れ1、カード挿し4、ポケット2。(10.5×12.5×1.5)¥26,400/コム デ ギャルソン(ウォレット・コム デ ギャルソン)2.色はパープルや深みのある赤が吉。バイカラーでいいとこどりもオリエンタル占星術の’22年のラッキーカラーは、パープルやブルーです。西洋占星術では2022年に幸運の星・木星が魚座に入りますが、そのイメージカラーもパープル。同様に今年木星が入る、牡羊座の赤にも注目しています。また、普遍的にお金が落ち着くといわれる色の黒や茶と’22年のラッキーカラーのバイカラーはよりよい気を取り入れることができます。ラッキーカラーが好みでない場合は、自分好みの色と黒や茶を組み合わせれば、相乗効果あり。❸・❹杉綾模様の布地にゴムをコーティングした伝統の素材は、軽くて耐水性に優れ、愛用するファンが多い。上部はカーフレザー。札入れ2、小銭入れ1、カード挿し12、ポケット2。(各 11×20×2.3)〈黒/茶〉¥125,400・〈ボルドー〉¥157,300/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)3.多様化する決済方法に合わせて柔軟な財布選びを。複数持ちも可オリエンタル占星術で「参」の年に当たる’22年は、既成のものを打ち破り、新しいものを作り出すきっかけが生まれる年です。紙幣やコインは、’20年以前の土の時代の象徴。風の時代に入ったこれからは、例えばスマホケースも財布ととらえる柔軟性が必要です。複数の財布を使い分けるスタイルが定着するでしょう。❺チェーンのついたスマートフォンケースは、キャッシュレス時代の“新たな財布”となりうるもの。軽やかな仕立てのレザー製でブルーの発色が美しい。カード挿し4。(17×9.5×2)¥60,000/スマイソン4.財布を買う日よりもおろす日が重要。縁起のよさが重なる日に!財布は使いはじめる日が大切。年始から春におろす“春財布”は、“財布が張る”に通じてよいといわれます。せっかくなら吉日が重なる(よりよい気が満ちる)日を選んで。使いはじめたら、自分の一部ととらえてこまめにメンテナンスを。財布を通して自分の消費行動を把握・管理するマインドが、金運を呼び込みます。○1/11、3/26→ 一粒万倍日+天赦日 ○1/14、1/26、2/5、2/17、3/1→ 一粒万倍日+大安    ▲ページトップに戻る>>「財布」の記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/吉田健一 スタイリスト/タカシバユミ 取材・原文/成瀬浩子 イラスト/田中麻里子 ※( )内の数字は縦×横×マチを表し、単位は㎝です。 ※エクラ2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND