「私が花嫁なら彼女を追い出す!」ケンダル・ジェンナーの「セクシーすぎる」ドレス批判がヒートアップ

SPUR.JP

友人のウェディング・パーティにて、大胆なカッティングのドレスを着用し批判を浴びていたケンダル・ジェンナー(26)。批判が再燃したことを受けて、ついに本人が反論した。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

202111月に結婚した、ファッションブロガーでインフルエンサーのローレン・ペレズ(30)。ケンダルの友人として知られる彼女が1月1日(現地時間)、「2021年で最も素敵だった夜」と添えてウェディング・パーティの写真を投稿した。

複数枚の写真の中には、大胆なカッティングのドレスをまとったケンダルの姿も。するとコメント欄には、「結婚式には不適切」「無礼すぎる」「恥だ」といった批判が続々と寄せられる事態に。

この投稿をInstagramで見る

LPW(@laurenperez)がシェアした投稿

花嫁のローレンは批判に対して、「彼女はとっても輝いていたし、私は大好き!」とケンダルの服装が嫌でなかったどころか、好感を持ったと反論。これまで口を閉ざしていたケンダルも加わり、「もちろん事前にローレンから許可をもらってた」と批判を一蹴した。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

批判の的となったケンダルのドレスは、レバノン出身のデザイナーが手がけるブランド、モノ(Monot)。胸やお腹などの大部分が露出するため「結婚式に着ていくにはセクシー過ぎる」と、式が執り行われた直後にも批判が殺到していた。

「自分が花嫁だったらケンダルを結婚式から追い出す」といったコメントも寄せられ当時も大々的に報じられたが、今回ローレンが写真を再投稿したことで、またもヒートアップ。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

これまでもセクシー過ぎるドレス姿をたびたび披露し、世界をざわつかせてきたケンダル。なかでも話題を呼んだ1着は、2017年のメットガラで着用したシースルードレス。露出度の高さもさることながら、Tバックのショーツまでも露わにした大胆な着こなしが会場の視線をさらった。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

また、2021年のメットガラでは、ラインストーンやクリスタルが散りばめられたシースルーのジバンシィのカスタムドレスで登場。トップモデルらしい美ボディで、「ほぼ裸」なネイキッドドレスを見事に着こなした。

ちなみにローレンの挙式ではブライズメイド(付き添い役)も務めたケンダル。その際は、他の付き添い役と同じブルーのドレスを着用。さらにローレン&ケンダルの反論を受けて、「ローレンが気にしていないのなら、他人が批判する権利はない」とケンダルを擁護する声も多数寄せられている。

>>ミーガン・フォックス、「過激すぎるドレス」でレッドカーペットの話題を独占! マシン・ガン・ケリーとのイチャイチャが暴走

>>「ほぼ裸」なシースルードレスでレッドカーペットに登場! 過激化の一途をたどるミーガン・フォックスがまたも世間を驚かせる

text : Mariko Peeling

関連記事
  • ドレスサロン「ザ・トリート・ドレッシング」のチーフクリエイティブオフィサー・飯島智子さん(※以下敬称略)は昨年秋、2年半ぶりにニューヨークブライダルコレクションを訪れ、900着という過去最多のドレスをオーダー! コロナ禍で海外ドレスの買い付けはどう変わったのか、これから注目のブランドなどを直撃。 “守りの買い付け”で乗り切ったパンデミックのはじまり 飯島 新型コロナウイルスが広がりはじめた2020年の当初は、とにかく私たちや各国ブランド側にとってもはじめてのことばかりで、もちろん現地への買い付けは行けない状況でした。時差を超えてオンラインで各ブランドとやり取りをするものの、なかなかドレスのディテールが分かりづらいこともあって、事前に送ってもらった写真と見比べたり、現地スタッフにパソコンをドレスに近づけてもらったりと、とにかく何とかやり切ったという感じです(苦笑)。 ――そんな中で2020年はどのようなドレスを買い付けましたか?  飯島 過去の人気ドレスのリピートを中心に、日本の花嫁のニーズにきちんと応えられる堅実なデザインを多く選びました。あの時は“守りの買い付け”に移行せざるをえなかったですね。でも付き合いの長いブランド、特に「リーム・アクラ」「モニーク・ルイリエ」「アムサーラ」は15年ほどの関係になるので、“あの時のあのルック”と同じようなアレンジを、など今までの経験値と想像力で足りない情報をカバーして、オンラインでの距離を埋め合えました。いい意味で絆が浮き彫りになって、当たり前になっていた関係性の大切さに気付く場面が多かったです! ――大変な状況下だからこそ、嬉しい気付きもあったのですね 飯島 ただ2020年秋の買い付け(2021年秋冬コレクション)では次なるショックがありました。生地やレースを作るヨーロッパの工房が休業や業務停止になってしまい、事実上ドレスが作れない状況になってしまったんです。日本での結婚式も延期に次ぐ延期で、花嫁の求めているニーズが私たちも分からなくなってしまい……。負の連鎖で正直、どんなドレスを買い付けることが正解なのか、未来が見えない感じでした。  ようやく訪れた2年半ぶりの買い付けへ飯島 2021年は入国時の自主隔離がなくなったら絶対に行こうと決めていました。いつまでも暗いムードではいけない、行けるなら私たちが行くべきと即決断! 2021年10月に2年半ぶりにニューヨークを訪れました。ブランド側も買い付けに来るショップが少ない分、すごく熱意をもって対応してくれて、10日間で合計20~30件のアポイントをセッティング。その結果、過去最多の900着を買い付けました。 ――今まで行けなかった分を取り戻す勢いですね 飯島 かなりの気合いを入れた買い付けでした! 現地に行けない期間に海外ブライズのインスタグラムでタグ付けされてるブランドをひたすらチェックして、気になるブランド情報はとにかくたくさんストックしていたんです。結果として新ブランドを5つ迎えることができ、先日の「ジャンバティスタ・ヴァリ」初のブライダルコレクションを披露するトランクショー開催にもつながりました。出向いて本当に良かったと心から思います。想い入れのある「ヴィクターアンドロルフ マリアージュ」の新作日本人に合わせたアレンジをブランド側も積極的に対応コロナ禍でもタフな中東ブランドが注目の存在に飯島 もう一つのトピックは中東ブランドの勢いです。びっくりしたことに、どのブランドもルック数が少なかった2021年秋冬のブライダルコレクションにイスラエル発「ミラ・ズウィリンガー」がフルラインナップ発表していたんです。自分たちで素材を作り刺繍も行う中東エリアのブランドは、クオリティも落とさず素晴らしい仕上がりで、とにかく元気! 他ブランドがラックにドレスを掛けるだけの小規模で行っている中、ランウェイ形式で発表する姿にこちらが勇気をもらいました。 ――実際に買い付けに繋がったブランドはありますか? 飯島 「ネタ ドーヴァー」をはじめ、数ブランド買い付けをしました。中東らしい刺繍やディテールの美しさとニューヨークを感じさせる都会的なエッセンスもあって、きっと日本の花嫁も気に入ってくださるドレスだと思います。欧米のブランドもルック数というより一着一着のクオリティーに力を入れて製作していて、「リーム・アクラ」「モニーク・ルイリエ」などは完全復活! 「ヴィクターアンドロルフ マリアージュ」も素晴らしかったです。他にも注目ブランドのレディトゥウエアをウェディング仕様にアレンジするなど、新しいパーティシーンの提案も検討中です。現地に出向いたことで初の買い付けへと繋がった「ネタ ドーヴァー」「ヴィクターアンドロルフ マリアージュ」も洗練されたクラシックドレスでカムバック見据えるのは“本当の勝負の2023年” 飯島 2022年はここ2年間の延期された分の結婚式があるので、コロナ前とほぼ変わらない件数が行われる予定です。ただ、結婚式をするのが当たり前ではなくなった今このタイミングで結婚を決めた方々が、どういうアクションをするかが、私たちの考えるべき課題だと思っています。昨年からはフォトウェディングプランもスタートしましたが、それもドレスを着る機会やシーンをもっと作りたいという前々からの想いがあり、今こそそのタイミングだと始動しました。これまでもカタログなどは自社で撮影を行っていたので、そのスキルを活かして、人生の華やかなシーンをクリエーションできる集団にいずれはなっていけたらと。 ――フォトウェディングではどんなドレスが人気ですか? 飯島 カジュアルやラグジュアリーといったカテゴライズではなく、3Dフラワーなど写真映えするキャッチーなデザインがとりわけ人気です。日本のロケーションを活かせる着物の問い合わせも多くいただいていて、今年はオリジナル着物の展開にも力を入れていきたいですね。「レラ・ローズ」の新作は立体的なフラワーモチーフで、フォトウェディングにおすすめ ――最後にこれから結婚する方々へメッセージを 飯島 少し前までだったらインスタグラムの先輩花嫁の声でリアルな結婚式の状況をキャッチできていたのが、今は誰の声を聞いたらよいか迷われているカップルも大勢いると思います。だからこそプロの声をきちんと発信していきたいと思っていますし、聞いてもらえるチャンスだと思っています! ポジティブにこれからの未来を見据えて、新たなウェディングの価値をお届けできるよう努めたいです。 ―PROFILE―飯島智子 [Tomoko Iijima]さん2015年、ドレスサロン「ザ・トリート・ドレッシング」に入社。ドレスコーディネーター、PRを経て2021年5月よりチーフクリエイティブオフィサーに就任。ファッションへの深い愛をモットーに、日々ドレスの買い付けからクリエイティブ全般のディレクションを一手に担う。 ザ・トリート・ドレッシングhttps://www.treatdressing.jp/
  • 昔から続く結婚式のしきたりにとらわれず、心からお祝いする場へ。そんな本質的な結婚式の意味が見直されたと語る、フリーウェディングプランナーの遠藤佳奈子さん(※以下敬称略)。大きな変革を迎えているホテルウェディングと、フォトウェディングの可能性にも迫る。 突然訪れた、先の見えない空白スケジュール 遠藤 2020年4月にその春予定していた結婚式がすべてキャンセル、延期に。最初は不安だしかなり落ち込みましたが、”自分だけじゃない、仕方ない”と切り替えるのは早かったと思います。そもそもフリープランナーを始めた当初はOLと兼業していて、気になる会場があれば自分から名刺を渡して売り込むというのを続けていて、そこで鉄のハートが育っていたからかもしれません(笑)。 ――人気ホテルやレストランと提携するようになったきっかけは? 遠藤 最初に提携してくれたのは外国人オーナーのレストランでした。海外の方はフリーランスと働くことに抵抗がないのかな。そのあと「アンダーズ 東京」立ち上げの際、同世代の女性マネージャーが新しいことに意欲的で、私のことも自分たちの方針にぴったりだと声をかけてくれたんです。ホテルとフリーランスが協業する事例ができ、徐々に広がっていきました!お祝いしたい人だけが集まる、温かい結婚式に家族のみで執り行った「アマン東京」での神前式遠藤 一度は完全にストップした結婚式も、2020年の8月には1件行うことができて、そこから何となくやり始めているなと皆さんが肌で感じ取ってくださったのか、秋ごろには少しずつ結婚式も動き始めましたね。それでもまだまだ手探りな状態で、例えば今までならゲストから見えないようマイクを消毒していたのもあえて見えるところで行うなど、感染対策をするだけでなく、安心していただくことをとにかく重視しています。 ――結婚式の人数やスタイルに変化は? 遠藤 最初のうちは、当初の予定から20名欠席が出てしまう事もありました。並行して披露宴会場の推奨収容人数も減りました。ただそのおかげか、少なからず残っていた“結婚式=見栄を張る場”という風潮はなくなり、心から招待し、お祝いしたい人だけ集まる、本質的で温かい結婚式が増えたと思います! 新郎新婦のゲスト比率が同じでなくたっていい、社交辞令で呼ぶゲストはいない、幸せに満ちあふれた場です。招待状を紙で送ると延期の度にコストがかかるのでやむを得ずオンラインにすることも増えましたし、両家の卓を一緒にするなど、昔からのルールをブレイクする柔軟性がコロナ禍では求められています。私もいい意味で割り切りが上手くなってきました!人数が減ってしまった分、一体感が感じられる歓談メインの和やかな祝宴に遠藤 また感染対策の観点から、友人に余興をしていただく機会は減りました。その分をご家族が一丸となって結婚式を盛り上げてくださった例もあります。開催を決定するまでは、心配からご両親が開催を懸念された経緯もありましたが、最後は結婚式を盛り上げようとシャンソン歌手のお祖母さまが歌を披露するなど、全力で応援してくださいました! アルコール飲料の提供禁止の期間もありましたが、それを忘れるぐらい幸せな結婚式をいくつも迎えられました。パーティのハイライトを飾った新婦のお祖母さまの歌声。伴奏でお母さまも参加!昔は厳格で怖い印象だったというお父さまも、謝辞で会場を沸かす笑顔あふれるシーン遠藤 正直、コロナ以降で手掛けた結婚式はふたりの入場から私も涙が出るほど感極まってしまって。新郎新婦もゲストも皆さん本当に努力されて、この日を迎え、ここに集まることができた。それが当たり前ではありませんから! ――想像するだけでグッときますね。式の準備期間で意識的に新郎新婦へお話しされていることは? 遠藤 “欠席のお返事をいただいても恨みっこなし”と伝えています。それぞれに環境は異なりますから、職業的に参加が難しい方や会社で感染者が出たから自主的に欠席という方もいらっしゃいます。実際に来られなかった方や海外の方からのビデオレターを流すことも多くありますが、想いがじんわり伝わり温かい時間に。参列だけじゃない、色々な選択肢があるのも今らしいですよね。未来を見据えたカップルが選ぶ、フォトウェディングという選択クラシックな建物をバックにした大人のフォトウェディング遠藤 家族が地方在住の方、医療従事者をはじめ仕事柄どうしても結婚式を行えないカップルには、フォトウェディングを選ばれる方も。人生設計がしっかりあり、結婚式開催はできなくても、先延ばしにせず今このタイミングでしたいという理由も多かったですね。 ――実際にどのようなフォトウェディングを行いましたか? 遠藤 大事にしているのは“前撮りとは違うフォトウェディング”です。結婚式がある前提で行う前撮りとは違って、フォトウェディングは結婚式に代わる撮影です。写真を残すこと、記念撮影だけでなく、結婚式要素が必要なんじゃないかなと。そもそも結婚式は当日にフォーカスされがちですが、準備期間がとっても大事だと考えています! だからフォトウェディングも一歩深くこだわって準備する、その過程を大切にしていますね。印象的なのは東京駅で撮影したカップルで、ご家族の皆さまがドレスアップしてふたりを見守りに集まってくださったんです。せっかくだから集合写真も撮ろうという流れにもなって、ご家族もこれが結婚式と認識してくれたのだなと、とても嬉しかった思い出のひとつです。おめかしした甥っ子と姪っ子からは花束のプレゼントも遠藤 また滋賀県の広大なイングリッシュガーデン「ローザンベリー多和田」で行った撮影では、当日フローリストに立ち会ってもらいシーンごとに花のアレンジを変えるなど、結婚式同様に創り上げていくという特別な体験をしていただきました。オーナー夫妻のセンスある手入れで海外のような風景が広がる「ローザンベリー多和田」ヘア飾りなど現地でコーディネートした花が情景と可憐にリンク ――変わりゆく、これからの結婚式への展望をぜひ聞かせてください 遠藤 ゲスト人数が増え、70~80人のお問い合わせが増えてきたので、コロナを受け入れつつ開催する“withコロナの時代”が本当に始まってきたと体感しています。ゲストの方も理解が深まってきていて、それぞれが責任もって参加の判断をできるようになってきたんだと思います。その上で、より本質を追求したウェディング、そして特別な一日を残すフォトウェディングの2方向で進んでいくのではと。フォトウェディングはコロナ禍が落ち着いたら、ぜひハワイやヨーロッパなど海外で実現させたいですね! その際はシャトーのお庭でカジュアルにパーティをするなど、ふたりだけや少人数でも簡易的ではなく、特別な価値あるものを創り上げたいです。     ―PROFILE―遠藤佳奈子さん[Kanako Endo]さん2003年大手ウェディング企業に入社しウェディングプランナーとして経験を積んだ後、2009年「ウェディングラボ」を発足。日本では先駆けとなるフリーランスでのウェディングプランナーに。大手ホテルからも指名を受け、枠にとらわれない“未来につながる”結婚式を手掛ける。   ウェディングラボhttp://www.wedding-lab.com/
  • 家族だけの宿泊型ウェディング「花ノ家族婚」を2020年6月にローンチ、8か所の魅力的な宿を開拓した仕掛け人であるクリエイティブディレクター・飯田諭史さん(※以下敬称略)にインタビュー。家族婚という新しい文化、そしてSDGsへもつながるスタイルの魅力にフォーカスする。少人数ウェディングの新たな形を作るなら、今しかないドラマティックな安藤忠雄氏の建築で晴れの日を迎えられる「瀬戸内リトリート青凪」ーー大切な家族と旅する「花ノ家族婚」をはじめられたきっかけ、コンセプトは? 飯田 コンセプトは“記憶を巡る心の旅”。家族と旅をすることで互いを知り、優しさや温かさを改めて感じる、そんなきっかけを「花ノ家族婚」で作れたらと考えています。元々所属するブライダルプロデュース会社「花ノ結婚式屋」は枠にとらわれないオリジナルウェディングを数多く手掛けていて、新しい形の少人数ウェディングができないか構想中でした。そんな中パンデミックが起こって、やるなら今だろうと。どうせやるなら毎月1会場ずつ増やしていこうと思い切って踏み出し、気づけば「瀬戸内リトリート青凪」、淡路島の「ISLAND LIVING」に「嵐山邸宅 MAMA」と、2021年だけで6軒、計8軒の宿と手を結ぶことができました。滞在時は朝日を浴びながらのバスタイムを堪能したい「ISLAND LIVING」レストランでの賑やかなパーティと心落ち着くゲストルームでの時間、その両方が堪能できる「嵐山邸宅 MAMA」――これだけの魅力的な会場とは、どうやって出合ってきましたか? 飯田 最初のリサーチはインターネットがベースですが、ホームページだけでなくSNS、旅行サイト、口コミなど徹底的に下調べをします。判断基準はそこでしか味わえない体験価値があるかどうか。気になった宿には必ず直接出向き人に会いに行きますが、基本的にどの宿も想像をはるかに超えてきます(笑)。それこそ最初のあいさつからポリシーが感じられ、パジャマひとつとってもこだわりがある。例えば奈良にある「ume, yamazoe」は“生まれ”“目覚め”をコンセプトにしていて、宿にあるフィンランド式サウナでその理念を五感で感じられる。お声がけしてきた宿は結婚式を行ったことがないところがほとんどだったので、「花ノ家族婚」のスタイルをゆっくり説明させていただき、長い時は3カ月かけてじっくり縁を結んでいくこともありました。「ume, yamazoe」にあるのは、”ただいま”と言いたくなる山里の穏やかな情景と人の温かさ1日目、2日目と両家の仲が深まっていくのを目の当たりに 飯田 海の綺麗な場所で式を挙げたいというふたりには、結婚式と同時に家族で過ごす余白の時間を作れる可能性を感じた「413はまひが HOTEL&CAFE」という沖縄の宿を提案しました。 ――準備期間や式当日はどんなスケジュールになりますか? 飯田 「花ノ家族婚」ではコロナでスタンダードになったオンラインでの打ち合わせを活用して、ふたりだけでなく両家の親族にヒアリングをする場を設けています。お母さまから見た新婦、ご兄弟から見た新郎など、それぞれの立場から見たふたりの印象をお聞きし、それらを披露するコンテンツを宿泊中に用意します。具体的には家族と共に人生を振り返り、感謝を届ける「巣立式」、家族からの言葉をふたりへ贈る「新郎新婦の取扱説明書」などを行って、家族と家族が交わるきっかけ作りを演出します。ヘアには花嫁希望の生花のデコレーションを。装飾ひとつにもこだわりを凝縮両家共通の想い出として刻まれた、海をバックにしたガーデン挙式――宿泊中に家族同士の仲もぐっと深まりますね! 飯田 沖縄の結婚式では1日目にバーベキュー、2日目に「巣立式」や「新郎新婦の取扱説明書」贈呈などを行い、ラスト3日目には宿泊中の写真をダイジェストでまとめてムービーを流したんですが、私も泣いてしまいました(笑)。1日目の食事では横の人としか話をしていなかったのが、2日目、3日目には向かいの人や斜めに座っている人とトークするなど、両家がどんどん仲良くなっていくのを目の当たりにできました。普通はあまり家族の方とは交流のないウェディングスタッフですが、2泊3日と長い時間一緒にいさせてもらうと、そこも全然違います。私が装花を手掛けていることもあって、途中からお祖父さま、お祖母さまが「(お花の)先生」と気軽に話しかけてくれて、ご両家の女性ゲスト全員にお揃いの生花でヘアパーツを作ったのもいい思い出です。拍手を送る親族のヘアには飯田さん作のヘッドフラワーがSDGsに繋がる新たなウェディングへの道筋瀬戸内の美しい海がいつでもそばにある「URASHIMA VILLAGE」飯田 意外かもしれないですが、宿選びはその土地に所縁があるというよりは、単純に“行ってみたかったから”という声が多いです。私たちも言うならば、ふたりのサードプレイスを作ってほしいと願っています。これからの未来で縁を深めたい、何度も来たいと思える土地を発見してほしい。それがその土地の価値を伝えることになり、現地の人々に仕事を生む地域創生へのサイクルへと繋がったらいいなと! ――すでに構想しているものはありますか? 飯田 香川の「URASHIMA VILLAGE」では地元で獲れた名産品を引出物にするなど、日々オーナーとディスカッションを重ねています。各宿のオーナーは自分たちの宿や、関わっているその土地の人々も大好きなので、新しいアイデアをどんどん提案してくれる。新郎新婦が結婚式をきっかけに、いろんな形でその土地と繋がりを持ってくれたら嬉しいですね。「URASHIMA VILLAGE」はロケーションを活かしたフォトシューティングも魅力コロナ禍で再確認した、日本の素晴らしさ 飯田 第8弾までローンチした「花ノ家族婚」ですが、まだまだ紹介したい宿はたくさんあるんです。日本は本当に素晴らしいですよ! 各都道府県に一つはおすすめの宿があるぐらい、魅力的な場所が数多く存在している。 ――今後も精力的な活動が続いていきそうですね 飯田 まずは2022年に予定している結婚式をきちんと着地させ、「花ノ家族婚」の価値をしっかり提示していくことが一番。まだまだスタートしたばかりで興味がある方も実態がよく分からないというのがほとんどだと思うので、そこをクリアにしていくのが目標です。宿泊スケジュールではあえて余白の時間を設けているので、ぜひご両家の絆を深めてください。     ―PROFILE―飯田諭史[Satoshi Iida]さんブライダルプロデュース会社「花ノ結婚式屋」のクリエイティブディレクターを務める傍ら、同社のプロジェクト「花ノ家族婚」の中心メンバーとして会場の開拓から式当日のディレクションまで担う。魅力あるヒト・モノへの嗅覚が鋭く、興味のある事柄には直接会いに行きハントするのが信条。 花ノ家族婚https://hana-no-wedding.com/family/
  • ブシュロンから、光を反射する幾何学的なファセットモチーフがアイコニックな新作ブライダルリングが誕生した。2022年1月31日(月)より発売する。 「ファセット」ソリテール リング〈Pt、ダイヤモンド〉¥511,500~ ダイヤモンドのファセットカットをモチーフにした独創的なコレクション「ファセット」。無限に光を集めて反射し、独自のきらめきを楽しめる。今回新たに仲間入りしたのは、ファセット部分にパヴェダイヤモンドをあしらいさらに輝きがアップデートされたデザイン。 ソリテールリングは、ハーフパヴェデザインで、さりげなくモダンな輝きを演出している。 「ファセット」リング ミディアム ハーフパヴェ〈Pt、ダイヤモンド〉¥544,500 同シリーズのウェディングリングも新たに登場。ソリテールリングと同デザインだから、レイヤードしても素敵。フルパヴェタイプのエタニティリングやアニバーサリージュエリーとしてもおすすめのペンダントもあるので、コーディネートも好みでセレクトできる。 永遠の愛を輝かせるファセットモチーフ。モダンなデザインのウェディングリングをいち早くチェックして。 ブシュロン クライアントサービスhttp://www.boucheron.com/0120-230-441  
  • 新婚MOREインフルエンサーズのさらりんです!CRAZY WEDDINGさんが主催するカップル向けのイベント「ふうふ始季」に参加してきました。CRAZY WEDDINGさんといえば、オリジナルウェディングのプロデュース集団。最近では、SNSなどで話題の「IWAI OMOTESANDO」を運営している会社としても有名ですよね。「ふうふ始季」とは……?「ふうふ始季」は、これからふうふとして生活をはじめるあらゆるカップルに向けた、”ふうふの始まり”を記録に残すフォトイベントです。わたしはSNSでこのイベントを知り、「いつか参加したいな」と思っていたのですが、パートナーと一緒に暮らし始めた昨年秋はイベント自体が開催されず…。2022年1月22日に、ついに参加することができました!※通常は季節ごとに開催されていて、参加費は2名で¥5,000(税込)です。新会場「BENE-」はアパレルの3階にある、まさに大人の隠れ家!会場は、表参道 骨董通りにある、CRAZYの最新の式場BENE-。「大人の遊び場」をコンセプトとした会場で、なんとアパレルショップの3階にあるんです。隠れ家のような立地で、会場に向かう間にワクワクが募っていきました。コロナ禍の開催ということもあり、スペースの使い方がとてもゆったり。まずは席に座って、シャンパン、季節のデザートをいただきます。テーブルには、この季節らしい白と赤を基調としたお花が。スタッフの皆さんが、わたしたちを歓迎してくださっているのが感じられて、とても嬉しかったです。デザートは、甘酒を使ったマカロンでした!始まりの気持ちを記録に残す「始季録」がプレゼント!しばらくすると、「始季録」という、婚姻届を模したペーパーが配布されます。こちらは、出会った場所やお互いの第一印象、これから二人でやりたいことなど、ふうふの「これまで」「これから」を記入するもの。パートナーシップの始まりの気持ちを、記録に残して何回も読み返すための資料です。カジュアルな撮影で、素顔の二人の姿を残せるのが魅力「始季録」を記入した後は、フォトブースに移って記念撮影。カメラマンさんが盛り上げてくださり、自然体の二人の写真が残せました。撮影データは、なんとその日の夜中に届きました!!結婚式とは違う形で、ふうふ生活のはじまりの記録を残せる素敵なイベント「ふうふ始季」。毎季節ごとに開催されるそうなので、みなさんもぜひ参加してみてください!公式サイト:https://www.crazy.co.jp/news/122✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎Instagramでも日々のお買い物やデートの記録を書いています。よかったらコメントしにきてください♡結婚式レポート:【結婚式レポ】星野リゾート軽井沢でのクリスマス結婚式が最高すぎでした星のや軽井沢レポート:星のや軽井沢】 1泊10万最高級の「水波の部屋」の絶景朝食がすごい!全体レポート
  • こんにちは!バイラ―ズの阪本菜奈です^^今日もブログをご覧いただきありがとうございます♡ 2021年12月に、1年延期した結婚式をついに挙げることができました。1か月がたち落ち着いたので、少しずつレポしていきたいと思います。どなたかの参考になれば幸いです♡ まずこの最初の卒花ブログでお話ししたいのは、「やらなくてよかったこと」。実はわたし、結婚式を終えて後悔していること、1つもありません! 自分の理想の結婚式を挙げられた理由をご紹介します。 なお、これはわたしの個人的な見解ですのでご了承ください^^ 「長ったらしい結婚式」をしない (タイトルに若干トゲがありますね笑)わたしたちは、結婚式を人前式(じんぜんしき)にしました。人前式とは、神様や仏様にではなく、参列してくれたゲストに向かって結婚を誓う式のこと。 この人前式は、結婚式と披露宴含めて、ゲストからの反応が最もよかった部分!なぜ反応がよかったのかというと、「早く終わるから」!(笑)わたし自身、信仰している宗教もないので、讃美歌を歌ったり、なにかの儀式をすることにまったく興味がありませんでした。それを見せられているゲストが飽きてしまうのも実体験でわかっていたので(小声)、自分のときは、結婚式の構成はできるだけシンプルに!と心に決めていました。 わたしが挙げたTRUNK(HOTEL)の場合ですが、人前式はざっとこんな流れ。1.新郎入場2.新婦入場(ここまではどの方式でもだいたい一緒)3.誓いの言葉(人前式だとこの部分のやり方は人ぞれぞれ!個性が出ます)4.指輪の交換5.誓いのキス 6.結婚証明書にサイン7.退場 こんな感じでだいたい10分ちょいで終わったと記憶しています。わたし側の男性ゲストも「あの式、短くていいね!俺もやるならあの形にしたい」と言っていたほど。今まで数々の結婚式に参加してきたであろう女性ゲストからも、 「シンプルで短くて最高!」とのお言葉をいただきました。「結婚式はさらっとシンプルに」をイメージしていたので、無事大成功! 「結婚式でやらなくてよかったこと」まだまだあるのですが、意外に熱く語ってしまったため(笑)、2つ目は次回!お楽しみに♡ それではまた、次のブログでお会いしましょう~♡インスタでも結婚式の写真やリールをたくさんアップしているので、よかったら見てみてください^^ インスタはこちら YouTubeはこちら(vlog毎週更新中!)
  •     と〜っても久しぶりの 更新になってしまいました 、 みなさま お久しぶりですっ♡       このblogをupできていない間に いろんな変化がありました !     instagramではご報告しているのですが 実は 、昨年 結婚いたしました〜 ♡         プロポーズは 夏に旅行で行った 星のや富士で 。         ビックリしすぎて大号泣 ! ! ! 指輪を見るたびに大号泣〜 ! ! 笑   本当に本当に幸せな時間でした ♡   あの時 目に映った状況や感情は 忘れることのできない瞬間ですっ 。         そして 、来月には 彼の住む仙台へ引っ越す予定です 。     一瞬にして環境が変わっていく現実に あまり実感も湧いていない状況ですが 笑   今年 結婚式も挙げられたらいいな とも思っているので これからは fashion だけでなく  wedding blog も書いていきたいな と 思っています ♡       それでは 2022年も どうぞよろしくお願いします★       instagram          
  • 【プレ花嫁必見】結婚式情報〜式場選びと予算編〜実体験から役立つ結婚式情報をお伝えします!!こんにちは。本日は、プレ花嫁必見!!結婚式に関する情報をお届けします。今回は〜式場選びと予算編〜です。私個人の体験による情報ですので、一個人の意見として参考にしていただけたらと思います。結婚式場決定までの流れ①結婚式場におけるイメージを膨らませる どんな場所で、いつ、どのような結婚式にしたいか考える②結婚式場を調べる インターネットや雑誌などでイメージにあった結婚式場を探す③ブライダルフェアに行き、会場を下見する 実際に会場を見て、結婚式にかかる予算を算出してもらいましょう。①結婚式場におけるイメージを膨らませる《結婚式のスタイル》まずは自分がどのような式をしたいかから結婚式場を決めると良いでしょう。結婚式のスタイルは大きく分けて下記の四つに分けられます。1.神前式…神道がベースとなった神前式。和な婚礼を希望する方向けです。2.教会式…キリスト教の教えに基づいて、チャペルで行われる結婚式。洋風な婚礼を希望する方向けです。3.仏前式…仏教の教えに基づき、新郎新婦が仏の前で誓い、感謝する儀式です。和な婚礼を希望する方向けです。4.人前式…宗教的背景にかかわらず、場所を選ぶことなく行う式です。チャペルや披露宴会場で行われることが多く、洋風な婚礼を希望する方向けです。①結婚式場におけるイメージを膨らませる《結婚式場の種類》1.ホテルメリット:会場が広い、アクセスが良い、ホテルに宿泊可能デメリット:一日に複数名式を開催しているので、他のゲストや一般の方と鉢合わせになる2.ゲストハウスメリット:一日一組など特別感がある、貸切でのプライベートな空間、アットホームな雰囲気、非日常的な空間デメリット:費用が高めである、場所によってはアクセスが良くない3.専門式場メリット:結婚式をするためにつくられた専門式場のため、特別な演出や設備が整っている、非日常的な空間デメリット:費用が高めである、場所によってはアクセスが良くない4.レストランメリット:貸切でのプライベートな空間、アットホームな雰囲気、食事が美味しいデメリット:会場の規模が小さい、非日常的な雰囲気ではない※あくまで個人的に調べた情報なので、一個人の意見として参考にしてください。自分がやりたいもしくはご両親の意向を聞いてイメージに近いものをまずは選ぶところから初めてみてはいかがでしょうか??②結婚式場を調べる《結婚式場の見つけ方》1.情報誌2.インターネット3.結婚式場の相談デスクで相談4.友人の紹介5.結婚式のキャンペーンに申し込む私の場合は、インターネットで検索しましたが、最終的にはいとこに紹介してもらった場所に決めました。③ブライダルフェアに行き、会場を下見する会場の下見の予約は、会場のHPからするのがいいでしょう。また一人で行くことも可能ですが、夫婦で行くことをオススメします。(新郎、新婦それぞれの意見を聞かれるため)会場の見学には、最低でも3時間くらいかかるので、予定には余裕をもっていくことをオススメします。また、ブライダルフェアに参加することで、割引や食事体験などもできるので、会場のHPのフェアの内容を確認してみてください。会場見学には費用は一切かかりません。ブライダルフェア、結婚式場の下見に行く前に確認しておいた方が良いことを下記にまとめてみたので参考にしてみてくださいね。1.両親の結婚式における要望2.結婚式にかけたいと思っている費用3.結婚式希望日程4.両親の衣裳のレンタルや着付けが可能か5.結婚式のイメージ6.結婚式の規模予算について気になる予算についてですが、結婚式の規模や開催場所によっても変わってきます。東京や福岡など大都市であれば費用は高くなります。またお日柄によっても日程は変わってきます。例えば、仏滅での結婚式であれば、割り引きをしてくれる式場もあります。結婚式の規模が大きくなればなるほど、費用がかかるのは言うまでもありません。東京や福岡で100人規模の結婚式であれば、500〜600万円ほどかかります。といってもご祝儀を差し引くので最終的な自己負担額は、人数×ご祝儀を総額から引くので例えば、600万(結婚式総額費用)ー100名(人数)×3万(ご祝儀)=300万(自己負担額)となります。※東京のご祝儀の平均は、約34000円だそうです。ちなみに自己負担額が300万円でも結婚式開催前には、結婚式にかかる費用総額の支払いが必要なので注意が必要です。結婚式にかかる具体的な費用とはでは、結婚式にかかる費用は具体的にどのようなものがあるのでしょうか??下記にまとめてみました。料理/ドリンク/花(ブーケ、テーブル装花、フラワーシャワーなど)/会場費/印刷(招待状、席次表、席札)/写真(当日の写真撮影代、前撮り撮影代など)/ビデオ/ギフト/衣裳/着付け費用を抑えたい方は、招待状、席次表、席札などを手作りにする方もいます。また私たちは事前に別場所でウェディングフォトを撮影しているので、結婚式場での前撮り撮影を削ろうと考えています。このように結婚式は自由にカスタマイズできますが、結婚式場によっては自身で作ったものの持ち込みが禁止されている場所もありますので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。おわりにいかがでしたか?結婚式情報は今後も発信していきたいと思います。最後に、結婚式場を決める際には「日程の変更が可能かどうか」を確認しておくといいでしょう。コロナの状況下で結婚式を開催できなくなる可能性を鑑み、確認しておくことをオススメします。
関連キーワード

RECOMMEND