大移行期(過渡期)をどう過ごす!? フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2022年上半期占いを更新!【今週の占い便り12/7~】

SPUR.JP

今年も残り1カ月をきり、新しい目標や計画をたてるなど、きたる2022年にむけて早々に動き出している人も多いかと思います。そんな人にはもちろん、今は目の前のことで手一杯!だという人にも読んで欲しい。みなさんお待ちかね、フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2022年上半期占いが更新されました。

>フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2022年上半期占い

今回も、フランチェスカ先生がSPUR.JP読者のために書きおろしてくれた、スペシャルなメッセージ付き。それによると、2022年前半は、地の時代から風の時代にむけての「大移行期(過渡期)」だとか。そしてその流れは、早くも年内の12月に訪れるそう!

実は2022年前半の「大移行期」の潮流は、双子座で満月が起こる2021年12月19日から始まります。あなたが地球と共に新時代へ進みたいなら、ここから翌年1月3日の新月までに「恐怖や不安、嫉妬、欺瞞、支配、批判、依存、執着などのあらゆるネガティビティを手放し、愛や優しさ、安らぎ、喜び、自由、赦しなどのHappyな感覚に基づいて生きる」と、決めましょう――もちろん、行動も変えるのよ。

12月19日、来週末からは早々に“流れ”が変わるなんて……。落ち込んでる暇や、迷っている余裕などないなと気付かされます。メッセージには、「大移行期」がどのように私たちに影響してくるのか、過ごし方や心の持ち方などが、フランチェスカ先生ならではのポジティブなメッセージで綴られています。中でも私の心に響いたのが、ネガティブマインドを脱ぎ捨てる方法

先日、日記(といっても、とびとびで書き留めているメモ書きのようなもの)を見返したところ、フランチェスカ先生がメッセージで述べているような“「陰の周期/地の時代」の在り方”に沿っている考え方だなと思わせる記述がいくつか。まだまだ見通しがよくない社会情勢のなか、自分でも気が付かないうちについついネガティブな思考回路に陥っていたようです。そこで、フランチェスカ先生のアドバイスをもとに過去の自分の意識とむきあい、自問自答したところ、心がぽーんと軽くなるのを実感できました。これはみなさんにもおすすめしたいです。やり方の詳細をぜひメッセージで確認してみてください。

そのほか、2022年上半期・12星座別占いでは、各星座の運の流れとヒントをお届け。アモーレに関する、また2022年上半期でポイントとなる時期と過ごし方のアドバイスもあるので、必見です。私は、すぐに手帳に転記しました(笑)。

より本格化する風の時代にむけて、フランチェスカ先生のメッセージとともにハッピーなムードで上昇気流にのりたいですね!(編集R)

>>毎月1・15日更新! フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」

>>2022年に向けて、人気占い師スーパー7から届いた、エール&ハッピーアクション

>>月に願いを。〜2021年の残り4カ月、新月・満月ToDoリスト〜

>>占いTOPに戻る

他の占いもCheck▶
関連記事
  • 大人気アニメシリーズの最新シーズン「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」がついに放送開始! シリーズ初となる女性主人公・空条徐倫が、父・空条承太郎の危機を救うべく、仲間とともに様々な困難に立ち向かいます。アニメシリーズの公開を記念してSPUR3月号ではスペシャルコラボレーション企画を掲載! 増刊版カバーには、ディーゼルの最新コレクションのルックをまとった徐倫の描き下ろし版権イラストが。そして、SPUR3月号本誌では、作品の空条徐倫に”声”で命を吹き込む、声優のファイルーズあいさんのファッションストーリーとインタビューが掲載されます。 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SO製作委員会徐倫が着用したのはこちらのルック(※一部仕様変更有)。タフで、エネルギッシュな女性像はグレン・マーティンスの記念すべき最新コレクションからでした。Photo: Courtesy of DISEL 増刊版カバーを飾った空条徐倫がまとうルックはディーゼルです。新たにクリエイティブディレクターに就任した、グレン・マーティンスの記念すべきコレクションです。ショート丈のニットの下にはTシャツを仕込み、表面には花弁を彷彿とさせるディティールを施したスカートを合わせたルック。シアーな素材のスカートの下には、デニム地のロングブーツを合わせています。ディーゼルらしい90年代調のルックは、空条徐倫のスタイルにも通ずる力強い佇まいになっています。徐倫のタフな精神、諦めない心を反映した名言「それでも私は星を見るわ」という言葉に着想を得て、凛とした表情の徐倫を描き下ろしています。  photography: ISAC グッチのランウェイコレクションより。徐倫のお団子ヘアにオマージュを捧げています。 また、本誌に掲載される特集「ファイルーズあい 自由への旅路」には、声優のファイルーズさんが徐倫をイメージしたファッションに身を包んで、登場します!  扉を飾るのはGUCCIのランウェイルックです。徐倫を象徴するヘアスタイルや、カラーリング(徐倫といえば、ライムグリーンですよね!)、彼女の”糸のスタンド”、「ストーンフリー」を彷彿とさせる毛糸やコード、オーストリッチの羽根があしらわれたニットなど、作品にリンクさせたスタイリングがラインナップされているので、ぜひ注目を。インタビューでは、ファイルーズさんが”空条徐倫”を演じるに当たっての決意を熱意たっぷりに語っていただいているので、お見逃しなく! 合わせて、SPUR公式YouTubeチャンネル「シュプールTV」では、ファイルーズあいさん、エルメェス・コステロを演じる田村睦心さん、フー・ファイターズを演じる伊瀬茉莉也さんがジョジョ愛を語るスペシャルコンテンツも配信予定なのでぜひチェックしてくださいね(※配信日はSPUR公式Twitterにてお知らせいたします)。     \  SPUR 3月号のご予約はこちらから!  / Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • SPUR3月号の別冊付録は題して「SPUR ON ICE 2022 フィギュアスケート観戦ガイド」。史上最高に盛り上がるに違いない2月の大舞台に向け、僭越ながら、ファンの皆様の思い出に残る一冊を作りたい。SPURは、たたかいの痕跡と物語が感じられる美しい写真でカバーを飾りたいと思うに至りました。 そこで特別に羽生結弦選手のご許可をいただき、コーセーの皆さまのご協力のもと、「Origin」の衣装のシューティングが叶いました! こちらは羽生選手が2019-20シーズンのフリースケーティングの演目でまとったもの。透ける布地に数千個のビジューや花を模したモチーフを散りばめたコスチュームにはため息が出ます。職業柄、一流メゾンの職人たちが何日もかけて作り上げるオートクチュール作品を拝見することがありますが、衣装デザイナーの伊藤聡美氏による傑作は、それらに決して劣りません。その上で、「ただ美しい」だけではなく、羽生選手が築き上げたフィギュアスケートの世界観を写真にうつしとることが必須だと考えました。 そこでSPURが撮影を依頼したのは、写真家の新津保建秀さん。透明感溢れる作風で被写体の周囲に流れる空気までも切り取る作品で知られています。撮影当日、「貴重な機会を、とても楽しみにしてきました!」とおっしゃる新津保さん。特別にしつらえたライティングとセットの前にたたずむ衣装は、ご本人がそこにいるかのようなオーラを放ち、スタッフ一同は息をのみます。しんと静まり返るなか、研ぎ澄まされた感覚でシャッターを切る音が響き、絵画のように荘厳な作品が生れ落ちました。 表表紙にフロント、裏表紙に背面を掲載。ミュージアム・ピースのように優美な正面はもちろん、数々の逆境を乗り越えスケートに臨む強い意志を感じさせる背中も見甲斐があります。 「SPUR ON ICE 2022 フィギュアスケート観戦ガイド」の中面は、織田信成さんとフモフモ編集長の羽生結弦選手の「神プログラム」鑑賞会からスタート。荒川静香さんと織田信成さんがナビゲートするシングル注目の選手と、宮本賢二さんによるアイスダンスの見どころ解説、無良崇人さんとエルネスト・マルティネスさんによる衣装トークと内容盛りだくさんです。世界的に著名なフィギュアスケーターで宇野昌磨選手のコーチ、ステファン・ランビエールさんのオリンピック直前インタビューも掲載! 全16ページの「SPUR ON ICE」をぜひお手元に!!
  • 現在公開中の『ハウス・オブ・グッチ』、クリステン・スチュワート主演の『スペンサー』など、2022年はファッション視点から鑑賞したい映画が目白押し。SPUR3月号の「映画だって、ファッションを愛してる」テーマでは、見逃せない3作をピックアップ。冒頭で取り上げたのは、誰もが大好き、ウェス・アンダーソンの3年ぶりの新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』です! ©2021 20th Century Studios. All rights reserved.1月28日より公開される本作。遊び心にあふれるセットやスタイリングは素晴らしく、じっくり見入ってしまう群像劇に仕上がっています。キャストもティルダ・スウィントンやレア・セドゥなど豪華な顔ぶれ。そんな中、今号ではなんとティモシー・シャラメがSPUR読者のために語ってくれた、特別取材を掲載! 「ウェスの好きな作品を観て学んだ」というティモシーは、学生運動を率いる青年を好演。グレーのスーツに無精髭のスタイルが新鮮に映ります、がしっくり馴染んでいました。インタビューでは着用した衣装についてや撮影秘話をはじめ、“ウェス愛”をたっぷり語ってくれました。ここだけの肉声をお見逃しなく。 特集内では、ほかにもクリエイター4名が「この映画の服が好き!」という視点から3作ずつをピックアップするページも。デザイナーの具志堅幸太さん、フォトグラファーのRinko Tsukamotoさん、翻訳家・ライターの野中モモさん、スタイリストの飯島朋子さんに伺っています。ファッションとの意外な繋がりやそれぞれのルーツの片鱗が見えて、とても興味深く、未見の作品への興味もそそられます。ぜひチェックしてください。
  • 1月21日発売のSPUR3月号、連載「タダモノではない彼」では、俳優の青木柚さんにご登場いただいています。映画『うみべの女の子』などで難役を演じて注目された20歳の演技派。現在のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、3世代目のヒロインとなる川栄李奈さんの弟役として出演が決まっています。  「普通の学生」を演じることもできるし、ときどきハッとなるような妖艶な表情を見せることもある。役によってまったくイメージが変わる青木さんにファッションを掛け合わせたら…?ということで、今回は意外性のある「柄」というテーマで撮影することにしました。撮影当日、やってきた青木さんはとてもシンプルなニットスタイル。「僕本当に私服地味なんですよ、大丈夫かな」とおっしゃってたのですが、スタイリストが用意したルックをいくつかフィッティングしてもらったら、どれも似合っていて選べない!!とスタッフ全員が悩む状況に(笑)。結局、カラフルなプリントのシャツにショートパンツのセットアップに決定しました。 こんなの初めて!とおっしゃいながらリングにも挑戦してくれました。 さらに嬉しかったのが、撮影中に青木さん自身もいろいろアイデアを出してくださり、この現場を楽しんでいただけていた様子だったこと。ヘアメイク中にネイルをすることを自ら提案してくれたり、その色も相談しながら選んだり。スタッフと一緒にものづくりをするという姿勢にこっそり感動して、ますますファンになってしまいました。 ちなみに青木さん、この日が人生で初めてのネイル体験だったそう。残念ながら誌面ではほぼほぼ写ってないのですが(涙)、マットな白のネイル、カッコよかったです!
  • 誌上でとことんディグり隊! 話そう、ランウェイ新世界 リアルでのショーも増え、活気が復活した2022年春夏ワールドコレクション。メゾンのインスピレーション源や、オフランウェイの生の声、アジアのフレッシュな才能――。ニッチな切り口で、とことん掘り下げれば、新時代のモードのあり方が見えてくる。 音楽視点で"聴く"ランウェイ ショーの世界観を形作るランウェイミュージック。音楽に精通する2組がその多様な表現を分析する。 ミュージシャンの耳とモデルの目で、モードと音楽の関係を探る by 樋口可弥子&若林 純(お風呂でピーナッツ)ひぐち かやこ&わかばやし じゅん●神奈川県出身。高校在学 中、「お風呂でピーナッツ」を結成。ジャズやR&Bの影響を消 化したデビューEP『スーパー銭湯』を2021年7月にリリース。 お風呂でピーナッツは、今季もヨーロッパで数々のランウェイを歩いたモデルの樋口可弥子さんと、音楽プロデューサー/ギタリストである若林純さんのデュオ。初めてショーの音楽を意識したという若林さんと「ランウェイでは音楽を聴くとスイッチが入る」と語る樋口さんがともに着目したブランドのひとつは、全編でデュア・リパのヒット曲を使い、彼女がモデルも務めたヴェルサーチェだ。「若者層に、あのゴージャスなイメージをイケてる感じで継承していくのは難しい。そこでデュアを前面に押し出したわけですから、ブランディングに長けています」(樋口さん)。 同じくトム フォードもヒット曲の数々を、ひとひねり加えてちりばめた。「スティービー・ワンダーなどの有名な曲を選び、ラップを乗せてマッシュアップしていて、見事にハマっていました」(若林さん)。 樋口さん自身が出演し、プレゼンテーション形式をとったバーバリーにも賞賛を寄せる。「環境音を巧みに用いていて、無音の時間も多く、異空間のような映像ならではの表現ですね」(若林さん)。「収録中はクラブの場面に使われた曲が終始鳴っていただけに、意外な仕上がりでした。音楽とファッションともにリカルド・ティッシの見せ方はすごく多面的で、毎回驚かされます」(樋口さん) 1 60~70年代のソウルと90年代以降のヒップホップをマッシュアップしたファンキーなサウンドは高揚感あるネオンカラーに似合う 2 フロアに響くヒールの音や鳥のさえずりといった環境音が効果的に配置され、想像力をかき立てる。ケニア人プロデューサー、スリックバックの曲「Ascension」のインパクトも絶大 3 80年代のサウンドをモダンにアップデートした、デュア・リパの世界的大ヒット・アルバム『Future Nostalgia』の収録曲は、グラマラスなスタイルと同調♪REMIX (We Can Work It Out /Stevie Wonder &That Thing /Lauryn Hill)ほか ♪Ascension /Slikback ♪Hallucinate /Dua Lipaほか 新しいフォーマットに進化の可能性を見出す by Licaxxx(DJ)りかっくす●1991年、東京都出身。2010年にDJをスタートし、海外を含め多数のクラブイベントやフェスに出演。国内ブランドのショー音楽も手がける。 「全体的にフィジカルなショーよりプレゼンテーション形式のほうが面白い試みがあったように思います」と今シーズンを総括するのは、DJのLicaxxxさんだ。「たとえばメゾン マルジェラは、映像を見ていると、両サイドから全然違う曲が聴こえたり、音を動かして遊んでいたんです。エンジニアリングの面ですごく凝っていて、曲もコラージュ的に作り込んでいました」。 ランウェイショーでは、実験的エレクトロニック音楽でまとめたプラダと、映画『ブレードランナー』(’82)の「愛のテーマ」で幕を切ったシャネルに注目したという。「プラダは毎回統一感のある選曲で世界観を強く打ち出していますし、共同クリエイティブ・ディレクターになったラフ・シモンズのテクノ好きという嗜好が引き継がれていますね。そして『ブレードランナー』のサントラは過去にも多くのブランドが繰り返し使っていますが、いかにもパリ!という華やかな選曲が多いシャネルでは意外性がありました」。 またLicaxxxさん自身が音楽を手がけたYOSHIOKUBOのショーでは、デザイナーの希望もあり観客にヘッドホンを提供。立体感を醸すバイノーラル録音という手法で曲を制作したとか。「今ではフィジカル形式でもプレゼンテーションのような面白さが求められている気がします。技術も進化する中で、ポジティブな傾向ですね」 4 コロナ禍を受けて招待者数を絞ったことで、ヘッドホンを提供するという試みが可能に 5 コレクションがはらむエネルギーを映す、粗削りなロックを柱にした音楽は、映像作家でもあるオルヴォン・ヤコブが構築 6 "Seduction, Stripped Down(そぎ落とされた誘惑)"というテーマに、センシュアルな女性ボーカルを組み合わせた 7 映画『ブレードランナー』(’82)のサントラのノスタルジックな響きが、今シーズンのインスピレーション源である80年代の気分を醸す♪Dangerous Man /Elliot Dahanほか ♪Misericord /Insidesほか ♪Love Theme 『Blade Runner』OSTほか SOURCE:SPUR 2022年3月号「話そう、ランウェイ新世界」 photography: AFLO interview & text: Hiroko Shintani
  • photography: FILIPPO FIOR 2021年の4月に他界したモードの魔術師、アルベール・エルバス。美しく、かつハートウォーミングな彼の世界観にSPURは夢中でした。時には忍者レストランで取材させていただいたり、愛用品を教えていただいたり、素敵なプレゼント企画に協力していただいたことも。チャーミングでありながら知性に溢れる彼だからこそ、思想のある服を届けてくれたのだと感謝の念に堪えません。その思いを、ファッションを愛する読者の皆さまとシェアしたく、SPUR3月号で特集しています。デザイナーとしての彼の偉業と、愛に尽きる人生哲学を、昨年10月5日にパリで開催された追悼ショーと数々の証言を通じて振り返ります。28年も公私を共にしたパートナー、アレックス・クーさん、モデルのアンバー・バレッタさん、俳優のアミラ・カサールさんを始め、貴重な秘蔵エピソードが集結しました。そして、彼の新ブランドA Z Factoryの未来にもフォーカス。テクノロジーとモードの融合はチームによって引き継がれています。 アルベール・エルバスを象徴する「Love Brings Love」精神は、不滅です。
  • 東京五輪、スケートボード女子ストリートで銅メダルに輝いた中山楓奈さんがSPURに初登場! 占星術師・真木あかりさんが指南する開運ファッションとともに、2022年も自分らしく飛躍したい。   魚座と牡羊座を行き来する2022年の開運ポイントは? 「”幸運と拡大の星”と呼ばれる木星が、1月〜5月上旬は魚座、5月中旬〜10月は牡羊座、11月〜12月には再び魚座に滞在します」と真木あかりさん。「5月上旬までは相互理解、共感などがテーマに。5月中旬から10月までは勢いがある時期。新しいことをする人、挑戦者に注目が集まります。11月から12月にかけては、誰にとっても感慨深い時期。10年単位で人生を振り返る時間を過ごす人もいるかもしれません」。運を呼び込むキーワードも、それぞれの星座にリンク。「魚座の時期は癒やしや夢、スピリチュアルなもの、”水”や”足”にまつわるものが開運に。続く牡羊座はチャレンジ精神やアグレッシブさがカギとなり、赤やスポーティなアイテムがよいでしょう。そして魚座に戻り、牡羊座的なテーマの仕上げは2023年へとつながります」。ぜひ運気の流れを乗りこなしてみて。 占い/真木あかりまき あかり●四柱推命を中心に占星術や九星気学、風水などを用いて鑑定を行う。著書に『2022年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など。 2022年に跳ぶためのキーワード人魚のような〈ブルー〉ドレスドレス¥372,900・ニット¥73,700/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(モリー ゴダード) デニムパンツ¥8,910/サンタモニカ 表参道店 イヤリング(右耳)¥8,470(片耳ずつ販売)・イヤリング(左耳)¥20,900(3点セットで販売)/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ジュエリー) スニーカー・ボード/本人私物魚座の支配星は海王星にあたり、そこから連想される海や水、液体などのイメージが開運に。「ブルー」はまさに象徴的なカラーだ。輝く水面のようにふわりと広がるモリー ゴダードのチュールドレスは、ロマンティックで魚座的な世界観を象徴する。「普段ブルーの服は着ないのですが、きれいですね。デニムも好きです。好きな色は黒。競技のときはTシャツが多いですね」と中山さん。〈ジャージ〉を着てボードを操るジャケット¥137,500・ブラウス¥170,500・デニムパンツ¥89,100・ベルト¥48,400/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ボード/本人私物「スケートボードはかなりアクティブな動きを伴いますが、普段ジャージはあまり着ないので、この服は新鮮でした。好きなスポーティアイテムといえば、NIKEのスニーカー。試合のときもいつも一緒です」。5月中旬から、挑戦心に満ちたムードを携えて牡羊座の時期が到来。競技者同士で新しいトリックを繰り出すスケートボードは、まさにそんな精神にあふれている。ジャージやデニムなどスポーティな要素を取り入れた装いはこのタイミングにぴったり。〈シンプルで直線的なドレス〉として、ビッグTシャツをまとうTシャツ¥19,800/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(ヴァケラ) パンツ¥27,500/ラグ & ボーン 表参道店(ラグ & ボーン) 足に巻いたバンダナ¥770/ジャンティーク ネックレス¥70,400/ショールーム セッション(マリア ブラック) ソックス/スタイリスト私物 スニーカー・ボード/本人私物一見クールな中山さんは、好奇心旺盛な双子座。「今回の撮影で一番好きな服装でした。ボードに乗るときはゆったりしたシルエットが好きなんです」。NYの気鋭ブランド、ヴァケラのエクストリームすぎるボリュームTシャツは、挑戦心を持ちたい2022年後半・牡羊座のマインドにも似合う。モノトーンでシックにまとめ、両膝に巻いたバンダナもポイントに。情熱的な〈赤〉を味方に飛び出したいダウンジレ¥416,900・ニット¥199,100/コロネット(コルヴィル) シャツ¥15,000/ステュディオ アール スリーサーティー パンツ¥23,100/サザビーリーグ(マザー) ネックレス(短)¥41,800・ネックレス(長)¥70,400/ショールーム セッション(マリア ブラック) ソックス/スタイリスト私物 スニーカー・ボード/本人私物牡羊座のラッキーカラーである発色のいい赤をベースに、カラフルなパッチワークを施したダウンジレとアクティブなスウェットパンツをミックスしたスタイルで。板と一緒に飛び上がるトリック「オーリー」を軽々と披露する。「赤と聞いて思い浮かぶのは……トマト! 特に好きな食べ物なんです」と等身大な答えもチャーミング。〈潤いのあるメイクアップ〉で、艶やかな魔法をベスト¥225,500・シャツ¥159,500・帽子¥163,900(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)「普段ほとんどメイクアップはしない」という中山さんの唇には、ヌーディで魚座的な"水"を思わせるグロスをチョイス。健康的な素肌のハリを生かしたベースメイクにはさりげなく艶感をプラスして、運気アップを。揺るぎなく強い目線と相まって、希望をもって突き進むみずみずしい表情が完成した。「今回メイクアップをしていただいて、いつもと全然違う自分に驚きました。気分も変わるし、次に切り替えられるような気がします」。ベストに配されたスパンコールとも輝きが呼応。〈結ぶ〉シューズで、運をキャッチシャツ¥286,000・パンツ¥242,000・ブーツ¥178,200・ボディジュエリー¥704,000・ソックス¥56,100(参考価格)/クリスチャン ディオール(ディオール)"足"に関連するシューズ全般も魚座的な開運要素に。さらに"結ぶ"行為もラッキーアクションであり、レースアップブーツやシューレースつきのスニーカーがマッチ。今回はロゴソックスを重ね、遊び心をひとさじ。練習や競技中はサイズがフィットしたスニーカーを選ぶことが多いという中山さんは、「ヒール靴もほとんど履いたことがないのですが、まったく違う自分に変身して驚きました」。"結ぶ"イメージは「ディオール シーガーデン」ラインのボディジュエリーにも伝播。蝶のモチーフが可憐に連なって。ニットに〈包まれて〉夢の中スカーフ¥806,300・ニット¥218,900・スカート¥305,800・スニーカー¥99,000・ネックレス¥59,400/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) レギンス・ソックス/スタイリスト私物 ボード/本人私物"包まれる"安心感も大事な2022年。魚座の開運キーワードになぞらえてSPURが選んだのはクロエのファンシーニット。あらゆる可能性を夢見る若きアスリートがまとう虹色のニットスタイルには、明るい未来が見える。「着ていると包まれているように感じるのはオーバーサイズのパーカ。男の子のファッションが好きなので、パーカをカッコよく着ている姿に憧れますね」と中山さん。足もとはスケーターらしいスポーティなソックスとスニーカーで引き締めたい。   もの静かな佇まいの中に、凛とした意思と情熱を 物質主義の「地」の時代から、言葉や知性など形のないものにスポットが当たる「風」の時代へと移り変わった2021年。コロナ禍の閉塞感の中、東京五輪のスケートボード競技を目撃した人々の心に、爽快な風が吹き込んだ。灼熱の東京の空を自分らしいトリックで舞う姿や、滑り終わるたびに、世界中の選手たちが駆け寄り、歓声やねぎらいの声をかける姿がとびきり気持ちいい。なかでも、なびくロングヘアを束ね、静かに試合に挑む中山楓奈さんが印象に残った。 富山県富山市出身の中山さんは9歳のときに父親の一声でスケートボードを手にした。「きっかけは富山にスケートパークができたこと。父は幼いときにスケートボードをやっており、プッシュなどはできたので、私にも挑戦してみたら? とすすめてくれました。最初は月に1回の教室に通い、土日に親や友達と遊びで滑っていたんです」 中山さんは平日は2〜3時間、休日は朝から晩まで、拠点の富山で練習を続け13歳になると日本選手権で初優勝。同年の世界選手権では6位という成績を残し、東京五輪の切符をつかむ。「周囲の人に教えてもらったり、うまい人にコツを聞きにいったり、仲のいいスケーターたちと一緒に滑ったり……。練習を続けられたのは環境がよかったのかも」 東京五輪から正式種目として選ばれたスケートボードには「ストリート」と「パーク」の2種目がある。中山さんがエントリーしたのはコース上に階段や手すり、縁石、ベンチなどを模したセクションを使って技を披露する「ストリート」。スケートボードの板の部分”デッキ”を当てて滑る「スライド」、デッキとウィールをつなぐ金属部分を当てながら滑る「グラインド」などの技が繰り広げられる。選手は持ち時間45秒の「ラン」を2本、一発の技を競う「ベストトリック」を5本行い、計7本のうち、得点の高い4本を合計した得点で勝敗が決まる。予選を首位で通過した中山さんは決勝のベストトリックでデッキを斜めにかけて滑らせる「フロントサイドKグラインド」という大技に成功し、銅メダルに輝いた。勝因についてはこう振り返る。 「五輪以前は計画が甘かったという反省から、自分なりに戦略を練ったり、親やコーチ、知人にアドバイスをもらいながら考えていったのがよかったなと思います」 157cmという小柄な彼女。世界が見守る五輪の会場で、堂々と大技を決め、ひときわクールな印象だったと伝えると「実はすごく緊張していた」とぽつり。「大変だったのは、試合の時間が朝早く、それに合わせて練習時間も早まったりと、普段と異なる状況に合わせることでした。集中するために、試合前はイヤホンでアニソンやラジオを聴いています。当日は、海外の試合で一緒になるフィリピンのマージリン・ディダル選手が、私の緊張グセをわかってくれているので、話しかけたり、笑わせてくれたりして助かりました」 ファッションシューティングは初めてという中山さん。開運モード企画だと伝えると、「占いはネットの記事などを見て、参考にすることも時々ある」と言う。試合前の運を切り開くアクションについて聞いてみると「好きな色の黒い服やズボンをはいて、テンションを上げます。好きじゃない色を選んでしまうと、気分を持っていくのが難しくて。自分で着こなしを決めるのはあまり得意じゃないし、ファッションのことはまだ勉強中です。いまは誰かに決めてもらった服を着るのが楽しい。今日の撮影では大きなTシャツに膝にバンダナを巻いた服が好き。あのスタイルで滑ってみたいです」と語った。 2022年、星座の大きな流れは夢を抱くロマンティックな魚座からチャレンジ精神旺盛でマニッシュな牡羊座のムードを行き来するという。自身は双子座だという中山さんは、この撮影でアクティブからボヘミアンまで多彩な表情に挑戦した。気負わず、風に乗るようにファッションに身をゆだねるのは、双子座ならではのバランス感覚。飛躍する彼女から、私たちはインスピレーションを得たい。 Profile中山楓奈(なかやま ふうな)●2005年、富山県出身。プロスケートボード選手。9歳でスケートボードを手にし、次年度に行われたJSF主催のコンテストJAPAN OPEN ルーキー発掘プロジェクトではストリートクラス・アールクラスのダブル優勝を果たす。2018年にはスケートボード強化指定選手に選出。2021年の東京五輪では銅メダルを獲得した。Instagram: @funa_nakayama SOURCE:SPUR 2022年2月号「中山楓奈 グッドラック・モード」photography: Saki Omi 〈io〉 styling: Fusae Hamada hair: Hirokazu Endo 〈ota office〉 make-up: Tamayo Yamamoto edit: Michino Ogura cooperation: Akari Maki, BACKGROUNDS FACTORY 
  • 増刊号の表紙には、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」から、空条徐倫がディーゼルのコレクションピースをまとって登場! 通常版では太田莉菜さん&ゆのんさん母娘がSPURカバー史上初の親子共演を果たしました! お互いの愛情にあふれる対談にも心温まります。別冊付録では北京五輪開催に向け、フィギュアスケートの見どころを総力取材した「2022 SPUR ON ICE」が。羽生結弦選手の衣装を美しく撮り下ろしたカバーは永久保存版です。各都市のコレクションレポートなどファッション特集も充実の内容でお届け。人気お笑いコンビの蛙亭がたしなむチョコレートとお酒や、拡大版でお届けする吉沢亮さんの連載最終回も必読!<目次>  別冊付録:SPUR ON ICE フィギュアスケート観戦ガイドカバー写真/羽生結弦「Origin」コスチューム織田信成&フモフモ編集長ステファン・ランビエール   Let's talk about...「服愛」を語り合おう   <PEOPLE>太田莉菜&ゆのん母娘/「服愛」語りファイルーズあい/自由への旅路荒川静香/KISS&CRY物語蛙亭/酒とチョコレート吉沢 亮/Gathering in the Light 連載最終回ティモシー・シャラメ特別取材/映画だって、ファッションを愛してる青木 柚/タダモノじゃない彼   <ファッション> 話そう、ランウェイ新世界アルベール・エルバスに愛をこめてわたしのベーシック・イノベーション2000年代とは何だったのか新しいtao、始まりの白100文字で語る「春シューズ」大人がミニスカートをはくときは私たちには「TELMA」がある   <美容>アイカラーパレット、自由形ブリーチ時代の奇跡のヘアケア <ワタシつづけるSPUR Vol.09>いま、知りたい。きのこのチカラ 連載小田切ヒロ山崎まどかティファニー・ゴドイ武田砂鉄長尾智子シオリーヌ真木あかりEBI    冬を彩るフィギュアスケート。その競技会で点数が出るまでの合間に選手とコーチが待機する場所が「キス&クライ」です。悲喜こもごもの、さまざまな感情が交差するシーンは、私たちの胸を打ちます。もし、モードな衣装で競い合うなら? そんな発想から架空の大会を舞台にしたストーリーを展開。さらに、オリンピック金メダリスト、荒川静香さんにキス&クライから見える光景について聞きました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  スマホが一台あれば、誰でもコレクションをチェックできる現在。そんな時代だからこそ知りたいのは、画面の中では知り得ない、もっとニッチな情報や現場の”今“のはず。SPUR3月号の「話そう、ランウェイ新世界」では、デザインの着想源や舞台裏日記など、幅広い視点でコレクションを大解剖しています。その奥深さと面白さにひとたび触れれば、次の日、思わず周囲に話さずにはいられない!! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  数年前からティーンの間で再燃し、K-POPアイドルの衣装やセレブの私服で取り入れられるなどして盛り上がっていたY2Kが、ついにランウェイでブレイク!なぜ今Y2Kなのか、そもそも2000年代とはどういう社会だったのかを、当時のセレブスナップ、ポップミュージック、映画とともに多面的に解説します。今買えるY2Kカタログもお見逃しなく。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  TELMAを知っていますか?ドリス ヴァン ノッテンとイッセイミヤケで経験を積んだ中島輝道さんによる、2022年春夏にローンチしたばかりのブランドです。TELMAが生み出すモダンだけれどもひねりが利いた服は、「そうそう、こういう服を求めていた!」というものばかり。SPURではどこよりも早くこのブランドを全解剖!デザイナー中島さんへのインタビューと、コレクションの紹介をします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この春は、目にもワクワクするカラフルなアイシャドウパレットが豊富に登場。人種を越え、性別を越え、パーソナリティを越え、同じパレットから広がるまぶたの彩り方の多様性を楽しみ、表現の違いを互いに讃え合えたら…! 自由を謳歌できる翼としてのアイカラーの楽しみ方をたっぷりお届けいたします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
関連キーワード

RECOMMEND