ハイカジュアルな真冬のウィッシュリスト

SPUR.JP

この冬はモードなアイテムをリラクシングに着こなしたい。ルイ・ヴィトンの名作バッグや日本上陸が話題のブランド「EgonLab.」のジャケットなど、カジュアルスタイルをアップグレードしてくれる、注目の新作を一挙紹介!


1.ふんわり軽やか、名作バッグ

バッグ〈H34×W41×D19〉¥391,600/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

中綿入りのナイロン素材による柔らかなテクスチャーがチャーミング。メゾンのアイコン、"スピーディ・バンドリエール25"がフレッシュに見違える。

0120-00-1854

2.スポーティをリュクスに体現

ブルゾン¥253,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)

スキーウェアに着想を得たプレイフルな配色に心躍る。カジュアルな見た目ながら、ライニングに上質なレザーを使った意外性も見事。表面のシアリングは、触れるたび心地いい。

0120-556-936

3.未来を見据えた足もと

スニーカー¥99,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)

クラフト感ある佇まいの新作は、リサイクル素材と、環境保護に配慮しLWG認定を受けたレザーを用いて作られた。12月1日から伊勢丹新宿店 本館1階で先行受注、2022年1月発売開始。

03-4335-1750

4.新アイコンバッグを誰より先に

バッグ〈H14×W20×D5〉¥39,600/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

グレン・マーティンスが率いる新生ディーゼル。新たに誕生した"WONDER BAG"は、フラップに大きくあしらわれた「D」ロゴのメタルプレートが斬新。ショルダーストラップつき。

0120-55-1978

5.独創的なファーストコレクション

スカート¥66,000/TELMA(テルマ)

ドリス・ヴァン・ノッテンやイッセイ ミヤケで経験を積んだデザイナー、中島輝道による新ブランド。花火プリントのスカートは、デニム生地がたっぷりとしたフレアシェイプを描くエレガントな一着。

info@telma.jp

6.アーティな輝きを胸に

ネックレス¥28,600/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ジュエリー)

ポップアートからヒントを得て日常を彩るアクセサリーを展開する"ダルシス"シリーズより。ペンダントトップには、精緻にカットされた大ぶりのクリスタルが輝く。

0120-10-8700

7.夢見心地のアイマスク

アイマスク¥49,500/グッチ ジャパン クライアントサービス(グッチ)

ミラノ デザインウィークの開催中に、ポップアップショップでお披露目された"グッチ ライフスタイル"コレクション。こちらはなめらかな肌ざわりのシルク素材を用いたスリーピングマスク。同素材のポーチつき。

0120-99-2177

8.気鋭ブランドがついに日本上陸

ジャケット¥121,000/アディッション アデライデ(イーゴン ラボ)

パリを拠点にファッションとカルチャーの融合を試みるブランド「EgonLab.」が話題。まず手に入れたいのは、ボーダーレスなデザインが光る一着。肩パッドがアクセントに。

03-5786-0157

SOURCE:SPUR 2022年1月号「SPUR Finds…」
photography: Kenichi Yoshida styling: Kanako Sugiura text: Akiko Fukunaga

掲載アイテムはこちら!

関連記事
  • ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、スニーカーコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。 【目次】 2021~2022年 ①秋冬のおしゃれコーデ   2021年 ②晩夏のおしゃれコーデ ③夏のおしゃれコーデ ④春のおしゃれコーデ   2020年 ①冬のおしゃれコーデ ②秋本番のおしゃれコーデ ③晩夏の秋を先取りしたコーデ ①秋冬のおしゃれコーデ【ZARAニット】組 細谷奈弓さんブログ「N.O.R.Cのトレンチコート2カラー コーデ色々」よりZARAのボーダーニットは今季モノ。赤のラインがアクセントになっていて、手持ちの赤バッグとの相性バッチリでした!ニット+スニーカーを合わせた思い切りカジュアルスタイル。コート/N.O.R.C by the line トップス/ZARA デニム/UNIQLO バッグ/SIMA SIMA スニーカー/SEMERDJIANブログ「ZARAのグレンチェックジャケットでミケランジェロへ」より【ZARAジャケット・バッグ】華組 大垣佳世さん新しく仲間入りしたZARAのグレンチェックは赤色も入ってるので華やかに見えお気に入りです。ブラウンベースのジャケットに合わせミルクティー色のストールで。優しい色合いは顔色が明るく見えていいですね。足元は明るくベージュのショートブーツにしました。ジャケット/ZARA ニット/VINCE パンツ/theory ブーツ/PIPICHIC バッグ/TOFF&LOADSTONEブログ「青山の美腸活CAFEへ」よりZARAのスモーキーピンクジャケットと、ユニクロのオフホワイトタートルを合わせたコーデ。ZARAのスモーキーピンクジャケットはラインが綺麗で、色味も合わせやすいです。セオリーパンツは10年以上お気に入りで履いている今は廃盤の「kelly」タック入りで裾にかけて細身になるデザインがお気に入り。ジャケット/ZARA パンツ/theory ストール/Johnstons ベルト/HERMES 靴/pierre hardy バッグ/ZARA ジュエリー/maggie jewewelry japan【ZARAパンツ】華組 近藤和子さんブログ「冬のダークカラーコーデに"えんじ色"で赤みをプラス」より久しぶりにコーディネートにえんじ色を入れてみました。冬はダークカラーを着ることが多いので、ポイントで赤みを入れるのはいいなぁ、と改めて実感しました。ニット/レイビームス パンツ/ZARA バッグ/KAZUKO ストール/エルメス 靴/Luca Grossi(ルカ グロッシ)【ZARAワンピース】華組 一色華菜子さんブログ「ZARA個性柄ワンピで、丸の内フレンチ。」より幾何学模様や民族調のさまざまな模様がニュアンスカラー盛り盛りでプリントされたZARAのワンピース。一目惚れで購入しました。ワンピース/ZARA ブーツ/Made in Italy バッグ/toffandloadstone【ZARAシャツ】華組 水口宜子さんブログ「初挑戦!ニットパンツコーデ♡オフホワイト編」より数年前のZARAのデニムシャツにUNIQLOのニットパンツを合わせたカジュアルコーデ。ボトムに合わせるのはいつもデニムになりがちな私。ニットパンツだけが新しくなったのになんだかとっても新鮮な気分です。ロングニット/Chaos デニムシャツ/ZARA ニットパンツ/UNIQLO シューズ/UGG バッグ/éclat2021年10月号付録【ZARAニット】華組 一色華菜子さんブログ「ロングダッフルで冬の白コーデ♡♡」よりZARAのシンプルニットとパンツを合わせたコーデ。コート/ETRE TOKYO ニット/ZARA パンツ/REAL CUBE パンプス/HILLS AVENUE バッグ/toffandloadstone【ZARAスカート】華組 近藤和子さんブログ「今年もシンプル+スパイス コーデで」よりZARAのフェイクレザースカート、赤のラインがポイントのアラシューズのブーツを合わせて、最後にシャネルのバッグとシルバーアクセサリーで格上げしました。ニット/プラスオトハ スカート/ZARA バッグ/シャネル【ZARAジャケット】華組 根本有加里さんブログ「ZARAツイードジャケット✖️薄ツヤスカートで今どきコンサバスタイル」より小柄な私にも着られるZARAツイードジャケットにサテンロングスカートを合わせ、今っぽいコンサバコーデに仕上げました。ジャケット/ZARA ニット/UNIQLO スカート/Munich バッグ/Bottega Veneta(相当古いです)【ZARAトップス】華組 豊田真由美さんブログ「ZARAのテキストスウェットコーデ」よりZARAのテキストスウェット。最近マイブームで、見つけるとつい購入したくなってしまいます。スウェット×タイトスカートとラフな大人カジュアルです。トップス/ZARA【ZARAブーツ】華組 鈴木たま江さんブログ「愛してやまないロングニットカーディガン」よりéclat でも同じみのブランド「NORC」のロングニットカーディガン。かれこれ数年前のものですが愛用しています。カーディガン/NORC セーター/ NARACAMICIE パンツ/NARACAMICIE ブーツ/ZARA【ZARAパンツ】華組 成田千恵さんブログ「ギリギリセーフ‼︎バンクシー展へ」より昨年購入したZARAの7分丈パンツを改良し、ハーフパンツにしてみました。ちょうど切り替え部分をほどいただけの自分でできる簡単お直し。ハーフパンツにロングブーツを合わせたいと思っていて、ふと思い立ちました‼︎ 帽子/rag & bone ニット/PLST パンツ/ZARA(お直しオリジナル) ジレ/KARL DONOGHUE バッグ/STUDIO CHERIE ブーツ/SCHUTZ【ZARAスカート】華組 大垣佳世さんブログ「ZARAの使えるエコレザースカート」より求めていたエコレザースカートに出会えました。リアルレザーと違い、お手入れ不要で、軽い着心地のエコレザーのアイテムに最近目がいきます。ZARAで購入したスカートは、太めのベルト、綺麗なAライン、丈も絶妙、お色もキャメルで合わせやすくお値段以上でした。バックラインも素敵です。タイツも大好きなので、あえてカーキのタイツでカラフルを楽しみます。カーディガン/ESTNATION トップス/HELIOPOLE スカート/ZARA 靴/Hillsavenue バッグ/TOFF&LOADSTONE【ZARAニット】華組 宮原江里子さんブログ「The Okura Tokyoでステイケーション」よりZARAのピンクニットにハリ感のあるブラックスカートを合わせました。このピンクは「チューインガムピンク」という色だそうで、自分的にはかなり冒険色だったのですが、黒と合わせると案外しっくり馴染みました。 ニット/ZARA スカート/Babylon ブーツ/TOD'S バッグ/GUCCI【ZARAブーツ】華組 一色華菜子さんブログ「ZARAピンヒールブーツ★4コーデ」よりごつめブーツが流行っていますが、あえてヒールのショートブーツを購入!フィット感がとてもよく、どんな服もスマートに見せてくれるのでヘビロテ中。こんなハイヒール、ピンヒール、私にはごくごく稀なアイテムですが、履いてみたらストレッチ素材のおかげでアンクル周りに無駄な空きが無くフィット感が素晴らしい。トップス/naracamicie パンツ/reca ブーツ/ZARA バッグ/toffandloadstone【ZARAジレ】華組 木原みどりさんブログ「ZARA kidsのジレを着てバースデーランチ」よりZARA kidsで見つけたエコファーのジレ。ガールズサイズの13〜14歳(164センチ)だと私にも着られるお洋服があったりするので、たまに購入しています。お値段もお財布に優しいです。ジレ/ZARA kids トップス/UNIQLO パンツ/NANUSHKA 靴/CHATELLES バッグ/BOTTEGA VENETA【ZARAトップス・スカート・ブーツ】華組 宮原江里子さんブログ「憧れのホテル『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』で華組ランチ♡」より今秋ZARAで購入した甘辛コーデにしてみました。黒のボリュームフリルブラウスに、ウェストラインをスッキリ見せてくれるフェイクレザーのスリットスカート、ハイヒールレザー(8.7㎝)ブーツを合わせて。トップス/ZARA スカート/ZARA ブーツ/ZARA バッグ/HERMES ブレスレット/Tiffany ネックレス/select shop【ZARAブーツ】華組 木原みどりさんブログ「白シャツで華組ランチ」より白シャツはもう何年も愛用しているマーレット。今年初挑戦したニーハイブーツで甘辛コーデにしてみました。靴や小物、合わせるボトムスでいろんな表情を見せてくれる白シャツは私のマストアイテム。この秋もたくさん白シャツコーデを楽しみたいと思います。トップス/Merlette バッグ/STELLA McCARTNEY ブーツ/ZARA【ZARAトップス・ブーツ】華組 一色華菜子さんブログ「ZARA★Vネックニット白黒買い」より2色買いしたザラのニットはすっきり見えして何かと使えます。白は美容や化粧品撮影に何かと出番があり、黒は柄スカートが大好きなのでヘビロテ中です。ニット/ZARA チュールスカート/poshalma バッグ/maisonmargiela ブーツ/ZARAZARAのこの金ボタン定番シリーズは、タートル含めちくちくしないとろみのある素材がやはり使いやすく、私にとってはもはや秋冬の制服的なアイテム。ニット&ブーツ/ZARA チュールスカート/poshalma バッグ/GUCCI カシミアマフラー/BURBERRY【ZARAデニム】華組 鈴木たま江さんブログ「Hermes Fit 東京へ」よりカジュアルなデニムとスニーカーのゆるっとコーデ。前から見るとシンプルだけど背中に寄せられたギャザーがポイントトップス/CINOH デニム/ZARA スニーカー/PIERRE HARDY バッグ/Hermes【ZARAジレ・パンツ】華組 近藤和子さんブログ「ジレ好きのジレコーデ」よりジレ好き歴は結構長く、10年くらい前にザラのファージレを着て以来、ずっと好きで着ています。ジレは、着られる時期が秋、或いは春と、そんなに長くはないのですが、少し肌寒い季節にはとても便利です。ベージュのジレはかなり前のZARAで、ハンドメイドのリバー仕立てなので、ZARAにしてはお値段が結構した記憶があります。それでも一目惚れして購入しましたが、大正解でした。ウィムガゼットのブラウス、オレンジのパンツはCOOMB、CHANELのバレエシューズとサンローランのバッグで、全体的に暖色でまとめてみました。ジレ/ZARA ブラウス/ウィムガゼット パンツ/COOMB、靴/CHANEL バッグ/サンローランモノトーンで辛口に、でも少し綺麗めにまとめたこちらは、家族で食事に出かけた時のコーデ。ジレはエルーラ、パンツはザラのフェイクレザー。柔らかいブラウスはウィムガゼットです。 ジレ/エルーラ ブラウス/ウィムガゼット パンツ/ZARAこちらのグレーのジレもかなり前のZARAです。柔らかいウールで軽くて、色もオールマイティなライトグレーなので出番も多く、とても気に入っています。プチバトーのロンTにCOOMBのフェイクレザーレギンス、最近買ったZARAのゴツめのローファー、マルコマージのバッグを合わせました。ジレ/ZARA トップス/プチバトー レギンス/COOMB 靴/ZARA バッグ/マルコマージ【ZARAパンツ・靴】華組 大垣佳世さんブログ「ベルト付きシャツワンピースは優秀でした。」よりコートとしても、ワンピースとしても、重ね着しても、大人コーデに大活躍のベルト付きワンピースに夢中です。お色は淡い、ピンク、グリーンも可愛いのですが、迷ったあげくやっぱり大好きなブラウンを選びました。シャツワンピース/snugme スカート/snugme バッグ/snugme 靴/ZARAシャツワンピース/snugme パンツ/ZARA バッグ/FENDI 靴/ZARA【ZARA靴】華組 一色華菜子さんブログ「この秋の白黒コーデ◻️◼️4style」よりモノトーンは飽きませんね。この日はマニッシュコーデ。張りのあるバンドカラーシャツはボタンが黒なので、さらにきりりとモノクロを引き締めてくれます。シャツ&パンツ/naracamicie 靴/ZARA バッグ/celine【ZARAジレ・靴】華組 鈴木たま江さんブログ「ZARAのショートジレ★3スタイル」より今季ZARAで購入した袖のないジャケットのようなショートジレ。カジュアルなデニム、裾リブパンツ、ティアードスカート、クローゼットにある手持ちアイテムとコーデしてみました。トップス/AK+1 パンツ/Col Pierrot ジレ/ZARA バッグ/YSL 靴/Jimmy chooデニムとスニーカーのカジュアルスタイル。ジレのおかげできれいめな雰囲気に。デニム/upperhights Tシャツ/1er ジレ/ZARA スニーカー/Pierre Hardy張り感のある甘辛なティアードスカートと。ショート丈のジレなのでジャケット感覚で着用バランスも良く合わせやすいです。トップス/SOEJU スカート/JOURNAL STANDARD ジレ/ZARA 靴/ZARA バッグ/CHANEL 【ZARAジレ・トップス・靴】華組 沢辺史さんブログ「ZARAのジレコーデ」より私の定番アイテムのジレを今季はZARAで見つけました。コートまで要らないけど羽織りものが必須の時季はジレが万能です。なんてことないシンプルコーデにきれいにパンプスも好きですが、あえてぺたんこのレオパードバレエシューズに。ボトムは何年も大事にしてるsaquiのウエストリボンパンツです。ジレ/ZARA トップス/ZARA(今季以外のもの) パンツ/saqui アクセサリー/armoire caprice バッグ/Cole Haanダブルボタンを留めるとスマートできちんとした大人の印象にも変身します。この日のコーデは、ブラウスワンピにレギンスとレースアップブーツでカジュアルダウン。ジレ/ZARA ブラウス/Ameri レギンス/UNIQLO ブーツ/ZARA(今季以外のもの) バッグ/BALLY【ZARAパンツ・靴】華組 豊田真由美さんブログ「ZARAのハイウエストパンツでスタイルアップ」より黒のパンツは何にでも合わせられて、本当に便利!何枚あっても嬉しいアイテムです。ZARAで見つけたこちらのパンツは、ウエストのベルトがポイント!スタイルアップに効果的です。トップス/GOUT COMMUN パンツ/ZARA 靴/ZARA バッグ/YSL【ZARAパンツ】華組 近藤和子さんブログ「秋の、白シャツ✖️革パン コーデ3つ」よりZARAのパンツは、表面が少しシワ加工されていて形もテーパードなので、きれいめに着ることが多いです。この日は、結婚記念日のご飯へ家族で出掛けたので、こんな感じに。合わせたのはウィムガゼットのブラウスにシャネルの靴。バッグはエルメス。 ブラウス/ウィムガゼット パンツ/ZARA 靴/シャネル バッグ/エルメス【ZARAジャケット】華組 内藤有耶さんブログ「端境期に重宝するZARAジャケット」よりワンピースのフェミニンさが、ジャケットとシューズで中和され、わたし好みの甘辛MIXコーデ。何を着たら良いか分からない端境期には、ZARAのジャケットが頼りになります!ジャケット/ZARA ワンピース/SHIPS 靴/NEBULONI E. バッグ/CHANEL【ZARAトップス・靴】華組 横山希世さんブログ「ZARAのプチプラ黒コーデ」より黒のカットソーとフラットシューズは一枚、一足は揃えておきたいアイテムです。黒のトップスとフラットシューズ。これさえあれば。の定番アイテムです。ZARAのシューズレザーなのにプチプラなので優れものです。トップス/ZARA 靴/ZARAブログ「ベビーピンクのアンサンブルニット」よりとても使い勝手の良いZARAで見つけたアンサンブルニット。中は半袖なので今のシーズンにぴったりで気に入り、値段も手頃なのでグレーと色違いで購入しました。カーキのパンツとキャメルのパンプスを合わせて秋色コーデにしました。黒×ベビーピンクは安定の組み合わせですね。ニット/ZARA 靴/ZARA【ZARAシューズ】華組 細谷奈弓さんブログ「New in ! N.O.R.Cのテーパードパンツ&ZARAのスリッポン」よりZARAのスリッポンは大きなバックルとインソールファーに一目惚れ。こちらは既にヘビーローテーション中。N.O.R.CのワンタックテーパードパンツとZARAのスリッポンでお出かけした時のコーデ。トップス/ALAIN FIGARET(アランフィガレ) パンツ/N.O.R.C カーディガン/Massimo Dutti バッグ/Bottega Veneta 靴/ZARA【ZARAパンツ】華組 山口りえさんブログ「ZARA黒パンツでこでかけ」より合わせやすい定番のZARAの黒パンツを、モノトーンコーデで2パターンご紹介。定番、黒の定番パンツは合わせやすくて重宝しております。フォルム違いで何本か持っていますが、ZARAのパンツはスレンダータイプ。スタイルアップも図り、ボリュームがある白のシャツと合わせて、足元はヒールを合わせてコンパクトにしてみました。服がブラックの時は、スニーカーとバックは白で。黒で寂しい感じになる時は、最近ハンドメイドしたチェーンネックレスを合わせます。パンツ/ZARA スニーカー/ karhu バッグ/Salvatore Ferragamo【ZARAバッグ】華組 大垣佳世さんブログ「初秋はカラフルに」より季節の変わり目は着る物に迷います。そんな時はあえて季節が伝わるカラフルコーデにします。透け感のある素材は、ブラウンセーターは、今の時期にピッタリ。ブラックやホワイトでシンプルにまとめようと思いましたが、ブラウンに黄色を合わせたらとっても良い感じ。トップス/YOI パンツ/BALLSEY 靴/PRADA バッグ/ZARA ジュエリー/maggie jewewelry japan【ZARAパンツ】華組 一色華菜子さんブログ「テーパードパンツ❤︎プチプラ3style」よりセンタープレスのテーパードパンツは、背が高くない私でもすっきり脚長に見せてくれます。リボンのテーパードパンツ。このベージュが何にでも合わせやすい。後ろゴムで、前でベルトがわりにリボンを結んで調節するので、このパンツの時は決まってトップスをインにし、フェミニンスタイルにします。トップス/torrazzodonna パンツ/ZARA サンダル/calzanor バッグ/handmade【ZARA トップス】華組 成田千恵さんブログ「秋につなぐZARAの白シャツ」より白シャツはいつでも大好きなアイテム。ZARAで見つけた白シャツは、シンプルアイテムながら、お袖が広がっていたり、ウエスト部分が前で結べるようになっています。デニムからパンツやスカートまで、秋にも一枚で様になり、活躍間違いなしです。ウエスト部分は結ばず、ボトムスにインすることもできますが、ウエスト部分を結ぶことで、ウエストマークでき、スタイルアップします。シャツ/ZARA パンツ/Drawer バッグ/ZANCHETTI(ザンケッティ) 靴/NEBULONI E.(ネブローニ)【ZARA靴】華組 近藤和子さんブログ「10月号付録 Chaos のトートが主役のコーデ」よりZaraのスタッズ付きローファー。HanesのゆったりTシャツ、healthy denimのブラックデニム、Zaraのスタッズ付きローファー。小物もオールブラック(エルメス、ティファニー)気が付いたら、いつもの至ってシンプルなブラックコーデでしたー。Tシャツ/Hanes デニム/healthy denim 靴/Zara アクセサリー/エルメス、ティファニー【ZARAスニーカー】華組 細谷奈弓さんブログ「ZARAのスニーカーで大人カジュアルコーデ」よりブランドは問わず、自分のアンテナに引っ掛かったものを購入するようにしています。そしてこの秋に向けて購入したのがZARAの「コントラストレザースニーカー」。トップス/Saint James デニム/Red Card カーディガン/Deuxieme Classe(ドゥーズィエム クラス) バッグ/CELINE スニーカー/ZARA ①晩夏のおしゃれコーデ【ZARA ベスト】華組 豊田真由美さんブログ「ZARAの人気アイテム☆2コーデ☆」よりZARAで人気のスリットベスト。合わせるだけで、何気ないコーデも格上げしてくれると評判のアイテムです。スリムなパンツとスニーカーを合わせました。カジュアルすぎるスタイルも、ベストできちんと感をプラス。普段のコーデにプラスするだけで、スタイリッシュな印象になるベスト。秋にかけても使えそうなので、次はスカートやワンピに合わせてみようと思います。ベスト/ZARA【ZARA トップス】華組 沢辺史さんブログ「パンツコーデ2パターン」よりSpick and Span の柿色テーパードパンツにZARAで見つけたシャツ。プリントと形が気に入って即買いしました。トップス/ZARA パンツ/Spick and Span 靴/SPELTA バッグ/B.C STOCK バングル/PHILIPPE AUDIBERT【ZARAパンツ】華組 大垣佳世さんブログ「プチプラなのに存在感のある格上げアイテム」よりシャツはガーゼのような生地のchinoのバックシャンブラウスに、今年購入して一番のお気に入りZARAのハイウエストパンツを合わせました。優しい雰囲気になる白✖️ベージュコーデは大好きな組み合わせの一つです。トップス/CHINO パンツ/ZARA バッグ/H&M 靴/H&M ジュエリー/maggie jewewelry japan ②夏のおしゃれコーデ【ZARAパンツ】華組 大垣佳世さんブログ「シンプルプチプラコーデは、バングル✖️ブレスレットで格上げ」より今年購入したZARAの楽ちんパンツは、ハイウェスト、リボンベルト、皺にならないゆったりスタイルよく見える優秀パンツです。ワントーン上下なので、足元はシルバーのビーサンで崩し、バッグは水色で爽やかさを出しました。トップス/PLST パンツ/ZARA サンダル/unitedarrows バッグ/j&m davidson【ZARAシューズ】華組 横山希世さんブログ「今夏のZARA ヒールサンダルあれこれ」よりシンプルデザイン&履きやすさでヘビロテ中です。無性にヒールを履きたくなり今年の夏はヒールサンダルを愛用しています。サンダルはワンサイズ小さめのものを選んでいます。踵がしっかりと乗るのでパカパカせずに安定します。白と黒を揃えて色んなシーンに合わせて今年の夏はZARAのサンダルばかりです。ZARAのサンダルはプチプラですが使い勝手が良くレザーの物もありコスパ大です。サンダル/全てZARAブログ「夏黒 ATONロングノースリーブT」よりエコバッグのオマケが付いてコスパ大です。HAPPY PLUS STOREの【別注】エコBAG付ラウンドヘムノースリーブTは、生地がしっかりしているので洗濯してもへたりにくいです。ヘビーユースしています。トップス/HAPPY PLUS STORE パンツ/tomorrowland サンダル/ZARA【ZARAトップス】華組 成田千恵さんブログ「秋につなぐ渋色コーデ&大人の日常カジュアルコーデ 2選」よりZARAのTOPSは昨年のものですが、1番苦手な色にも関わらず、素材感からかこの立体感からか、かなり活躍しています。丈が短めのものはZARAで昨年からたくさん見かけますが、パンツや スカートも、大抵ウエストマークされたものや、ハイウエストのものを着ることが多いので、好相性。全体のバランスも良く見えますよ!トップス/ZARA パンツ/ザ シークレットクロゼット(THE SECRET CLOSET) バッグ/ZANELLTO(ザネラート)【ZARAスカート】華組 山口りえさんブログ「zaraのPhoto TシャツでDIYcafeへ」より触り心地の良いzaraのPhoto Tシャツは、真夏でもサラッと着られて嬉しい!STRAW HATで暑さ対策をしながら、全体的にベージュ系で纏め、見た目にも涼しいコーデにしました。トップス/zara パンツ/GU スニーカー/CONVERSE バッグ/greamsupply 帽子/Helen Kaminski【ZARAバッグ】華組 成田千恵さんブログ「思わず色ち買い‼︎プチプラワンピース」よりワンピースはインスタグラムではお馴染みの韓国ファッション、BIRTHDAY BASHのものです。多分お若い方に大人気なのだと思うのですが、アラフィフも見逃せない、プチプラファッションです。ワンピースのこの生地のボリューム感。こんなにたっぷりの生地を使いながら、驚きのプライスです。素材には張り感があり、タイプライターのような生地で、しわにもなりにくくて優秀なんです。合わせたのはZARAのメンズ、ボディバッグ!ZARAのメンズのバッグは女性でも使えそうなものがあります。ワンピース/BIRTHDAY BASH バッグ/ZARA 靴/Pierre Hardy バングル/STUDIO CHERIE【ZARAパンツ】華組 木原みどりさんブログ「ZARAのカラーパンツで銀座ランチ」よりピンク好きな私はすでに3本ほどピンクのパンツを持っているのですが、このZARAのハイウエストパンツに一目惚れ。ハイウエストなデザインで、脚を長く見せてくれ着痩せ効果大!!シルエットが気に入ったので色違いで購入したほどなんです!トップス/Maison Kitsune パンツ/ZARA バッグ/BOTTEGA VENETA 靴/Gianvito Rossi【ZARAトップス・シューズ】華組 豊田真由美さんブログ「ZARAセールの戦利品」よりメンズフロアで見つけたTシャツ、オンラインショップでチェックしていたシューズ。 満足のお買い物ができました。メンズフロアで見つけた、遊び心のあるデザインのTシャツ。メンズサイズなので、そもそもがビックシルエット。Sサイズでもゆったりと着用できます。ですが、肩幅広めな私にはジャストサイズ。ワンサイズ大きめでもよかったかな?チェックしていたリアルレザーのバレエシューズとパンプスは、迷う事なく購入。パンプスはエナメルのような質感とゴールドのラインがエレガント。太めなヒールなので、長時間履いても大丈夫そうです。Tシャツ/ZARA バレーシューズ/ZARA パンプス/ZARA【ZARAパンツ】華組 鈴木たま江さんブログ「優しいピンクに黒を効かせて♡ピリッと甘辛コーデ」より今季購入したZARAの甘いピンク色のパンツに甘過ぎない様に黒を効かせてます。チョコレートにピンクペッパーや塩をかける甘辛の美味しさに似てるボウタイがかわいいトップスのブラウスは、華組の伊藤美帆ちゃんがプロデュースしたものはり感があって華やかなのに コットン素材のおかげでカジュアルに着れるのです。トップス/アトリエエヌズ パンツ/ZARA 靴/PIPPICHIC バッグ/STUDIO CHIERIEブログ「都会のオアシス的なカフェ銀座「west」へ」よりこの日はきれいめなカジュアルに。大活躍してるのが今季ヘビロテしているZARAのパンツ。昔からピンクとネイビーの甘辛な色合わせが好きで爽やかホワイトをポイントにしました。パンツ/ZARA トップス/IENA 靴/HERMES バッグ/saunner clutch【ZARAワンピース】華組 成田千恵さんブログ「ZARAの美シルエットワンピ×黒1点投入」よりZARAの麻混、美しいシルエットのワンピースで。きれいなブルーのワンピースにはサンダルもブルーを合わせてワントーンに。色のきれいなサンダルは大抵海外で購入します。バッグだけ黒を一点投入してみました。ワンピース/ ZARA 靴/PEDRO MIRALLES バッグ/PIERRE HARDY(ピエールアルディ)【ZARAデニム・靴】華組 豊田真由美さんブログ「パールをプラスしてデニムスタイルを格上げ」よりカジュアルなデニムコーデを綺麗めコーデにスタイルアップ!シンプルなデニムスタイルですが、パールをプラスするだけで、綺麗めコーデに格上げしたようにグッと華やかな印象になります。イヤリングはコットンパール。存在感のある大きさですが、軽くて耳に負担がほとんどありません。格上げコーデの時には欠かせないイヤリングです。トップス/Elura デニム/ZARA 靴/ ZARA バッグ/LOUIS VUITTON ネックレス/高島屋にて購入 イヤリング/高島屋にて購入 バングル/MARK JACOBS【ZARAパンツ】 華組 山口りえさんブログ「zaraの効かせる黒パンツ」より黒は昔から好きな色ですが、ボトムスに持って来る事で、着痩せ効果抜群!zaraのストレッチストレートパンツは、素材もサラッとして着やすく合わせやすいパンツで、長年愛用してます。Tシャツ/green label relaxing パンツ/zara ジャケット/Elizabeth and James 靴/Christian Dior バッグ/gream supply 時計/OMEGA【ZARAパンツ】華組 近藤和子さんブログ「ZARAのピンクパンツ ON&OFF コーデ」ZARAで目に止まったピンクのフレアパンツ。 オンオフで着回しました。きれいめな感じのオンスタイルは、ユニクロのバンドカラーシャツに、エルメスのバッグとシャネルの靴できちんと感を出しました。シャツ/ユニクロ パンツ/ZARAのバンドカラーシャツ バッグ/エルメス 靴/シャネルオフスタイルは、プラフオトハのARIGTO Tシャツにビーサン、バッグはプチプラブランドCOCAのショッピングバッグで、思い切りラフなコーデです。Tシャツ/プラフオトハ パンツ/ZARA バッグ/COCAZARAのこのパンツはミニフレアパンツという商品名で、裾が少しだけ広がっていて、スリムでもなくワイドでもなく、珍しい形に惹かれました。白もイロチ買いしました。【ZARAパンツ・バッグ】華組 根本有加里さんブログ「おしゃれ見え確実なジレコーデ」より羽織ればおしゃれが完成する大人気のジレ。 プチプラアイテムだけでコーデをしてみました。ハンサムなデザインのジレは同色の黒スキニーでスタイリッシュにまとめてみました。ブラックジレ×フォトT×レギンス。ほぼプチプラでまとめたのも、ひそかに嬉しいポイントです。ジレ/H&M トップス/pink adobe パンツ/zara バッグ/zara 靴/Odette e Odile【ZARAサンダル】華組 一色華菜子さんブログ「ZARA KIDSのグルカサンダル★2コーデ」よりたまに覗くと面白いものが見つかるザラキッズ。初めてのグルカサンダルで、マニッシュコーデ。長年履いていたキャメル色のトングサンダルを更新しようと思っていた時に、ふと目に入ったZARAKIDSのグルカサンダル。シースルーのバンドカラーシャツワンピースに、ブラウンのリネンパンツを合わせたリラックスコーデ。ワンピース/K.growth パンツ/coen サンダル/ZARA KIDS バッグ/MARNI【ZARAパンツ】華組 成田千恵さんブログ「ZARAの高見え艶パンツ黒白2コーデ‼︎」より着心地抜群で普段のカジュアルスタイルを一気に格上げするZARAの「艶パンツ」!なんと、ウエストはバッグサイドのみゴムで、前からはゴムとはわからない優れものです。全くシワにならず、着心地は最高ですよ!履くだけで、大人綺麗目カジュアル完成です。トップス/AKIRANAKA パンツ/ZARA 靴/CHANEL バングル/DAHLIA-PARTS バッグ/STUDIO CHERIE同じパンツで黒バージョンスタイルに!ワントーンコーデにこそ使いたいのがこの艶感。Tシャツの綿のマットな質感とパンツの光沢感で、黒一色でも違った表情を見せてくれます。トップス/ Drawer パンツ/ZARA バッグ/VIOLAd'ORO 靴/GIUSEPPE ZANOTTI ネックレス/STUDIO CHERIE バングル/STUDIO CHERIE【ZARAトップス・シューズ】華組 伊藤美帆さんブログ「ZARAコーデと偏愛アクセサリー」よりZARAのオンラインで大人買い。ロゴTとずっと探していたピンクのサンダル。シンプルコーデが一気にアップデート。足元のおしゃれって大切だな〜っと実感です。個性的なアイテムも、じっくり考えて購入できるのがオンラインの魅力ですね。大人カラーと華奢なストラップがツボにぴたっときました。トップス/ZARA 靴/ZARA ネックレス/Hermes ブレスレット/Hermes 【ZARAパンツ】華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「オシャレ度がアップする大人のカラーパンツコーデ」より赤はベーシックカラーと合わせやすいし、取り入れると華やかでオシャレな感じに。白と合わせるよりベージュと合わせた方が、色馴染みがよく大人っぽい印象になっていい感じに。今の自分にはこの色合わせ方がしっくりきます。Tシャツ/COLOR WITCH カーディガン/UNIQLO パンツ/ZARA サンダル/PELLICO バッグ/VASIC【ZARAデニム】華組 鈴木たま江さん ブログ「ヴァンクリーフ&アーペル 期間限定エキシビジョンへ」よりこの日のコーデはピンクの足元をポイントにしたカジュアルスタイルです。トップス/Le minor デニム/ZARA バッグ/MOON TREE PLANET 靴/Manolo Blahnik【ZARAパンプス】華組 豊田真由美さんブログ「大人ピンクコーデ」よりZARAのオンラインショップで購入した靴。キラキラとピンク、デニムに合わせたら素敵と思い迷うことなくポチリ。自分には似合わないと、ずっと敬遠していたピンクアイテム。似合うかどうかは別として、今までと違うものにチャレンジするのは楽しいかも!靴/ZARA ③春のおしゃれコーデ【ZARAスカート】華組 鈴木たま江さん ブログ「ドラマティックブラウス☆新旧あれこれ」よりポワン袖がポイントのブラウス。シンプルシルエットなのでパンツ、スカート、デニム等等、マルチに活躍してくれるスタメンです。トップス/AK+1 スカート/ZARA スニーカー/ZARA バッグ/FEEL AND TASTE 【ZARAジャケット・スカート・パンツ】華組 沢辺史さんブログ「使えるZARAのジャケット」よりカーキのZARAジャケットで2パターンプチプラコーデ。色はカーキですが、秋っぽいものではなく淡めでコーデしやすいカラー。ゆとりのある長めのジャケット。プリーツスカートもZARAで2年前に購入したものですが、カットラインが気に入っていて今でもよく使ってます。ジャケット/ZARA スカート/ZARAトップスはUNIQLO、パンツはまたまたZARAのこちらもプチプラコーデ。どんなコーデにも合わせやすく万能なZARAのジャケット、買って良かった!ジャケット/ZARA トップス/ユニクロ パンツ/ZARA【ZARAシューズ】華組 大垣佳世さんブログ「綺麗色パンツで瞬間着映え」よりカラーパンツは大好きですが、最近はタック入りのパンツがお気に入り。カラーパンツは、BALLSEY。ネイビーのシャツはtheory、もう何年も着てますがしっかり厚みのある素材ですが、テロッと柔らかく皺にならないので綺麗目コーデにぴったりです。最近購入した、ZARAのVカットパンプスを合わせました。同じ黄色でも違う色味で重ねると何とも言えず良い感じです。Vの深みと、色に一目惚れ。太めのバックストラップなので、しっかり履けます。トップス/theory パンツ/BALLSEY バッグ/CHRISTIAN VILLA 靴/ZARA【ZARAパンツ】華組 細谷奈弓さんブログ「これは使える!ZARAのくすみカラーパンツ」より少し前に購入していたZARAのくすみカラーパンツ、これがすごく使えるんです!今季はカラーパンツが気になり、これまでに数点購入しました。こちらはそのうちの1つであるZARAのもの。こちらのパンツはハイウエストなのでトップスをインすれば脚長効果、またテーパード仕様なので足首もほっそり見える優れモノ!爽やかなくすみグリーンが今の季節にピッタリです。トップス/N.O.R.C パンツ/ZARA スニーカー/NIKE バッグ/GIANNI CHIARINI サングラス/OLIVER PEOPLES【ZARAジャケット】華組 成田千恵さんブログ「ZARAの高見えJK&お気に入りデニム」より昔から大好きなスーパーシンプル、ジャケット&デニムスタイルをご紹介します!驚きの高見え ZARAのジャケット。ザラのジャケットはわたしには大きすぎるので、購入したことはなかったのですが、このゆる感、丈感、素材の落ち感、すべて◎!サッと羽織れて、着心地抜群。スーパーにも着て行くくらい、ヘビロテ中です。ジャケット/ZARA デニム/TOTEME 靴/Manolo Blahnik バッグ/STUDIO CHERIE【ZARAジャケット】華組 内藤有耶さんブログ「「きれい色マキシスカート」で瞬間着映え」より目に鮮やかなグリーンのマキシスカートは、着るだけで瞬時に映えさせてくれる必殺アイテム!甘すぎることなく、ニュートラルな印象を与えてくれるグリーンは、カラーアイテムの中でもアラフィーが無理なく取り入れやすいと感じます。 ジャケット/ZARA Tシャツ/Fil Melange for Ron Herman スカート/titivate 靴/SOMETHING【ZARAトップス・デニム】華組 一色華菜子さんブログ「ZARA刺繍レースブラウス+デニム」より去年SALEで買ったZARAのレースブラウス。一枚で切るにはもう寒い頃だったので、ようやく出番が来て嬉しいです♩肩から胸元にかけて盛り盛りに入ったレースと刺繍がたまらない!デニムと合わせてワンマイルコーデ。トップス/ZARA デニム/ZARA 靴/MARGARET HOWELL バッグ/dragon【ZARAトップス・パンツ】華組 大垣佳世さんブログ「ホンワリ袖の「白ブラウス」」より白ブラウスは何枚か持っていますが、ホンワリ袖は女性らしさがアップするので何枚か揃えています。白ブラウスに合わせたのは、薄手のシワにほぼならないテロントしたワイドパンツ。上下エレガントな感じですが、どちらも、柔らかい素材なので場所を選ばず着られます。トップス/ZARA パンツ/martinique バッグ/Yves Saint Laurent 靴/DOLCE&GABBANAブログ「スエット✖️パンツコーデ」より今年はスエットが人気ですね。IENAのアイスグレーのスエットがお気に入り。マキシ丈のスカートやワイドパンツ、パールにも合わせてコーディネートしたいと思います。トップス/IENA パンツ/ZARA バッグ/FENDI ピアス/niko and 靴/Daniella & GEMMA【ZARAデニム・スニーカー】華組 鈴木たま江さんブログ「万能ジレ☆着回しコーデ」よりジレコーデ初心者のわたし。カーディガン感覚で手軽に羽織れるし、お洒落に見えるし(笑)もっと早く挑戦すれば良かった!ZARAの黒デニムに合わせたコーデです。ジレ/Elura トップス/1er デニム/ZARA バッグ/HERMES スニーカー/ZARAジレのラインが美しいので着痩せ効果大です。上のコーデからボーダーのトップスへチェンジ!上質な素材故に足元をポインテッドトゥに変えるだけできれい目カジュアルな雰囲気に様変わり。トップス/deuxieme デニム/ZARA シューズ/HERMES バッグ/HERMES【ZARAシューズ】華組 宮原江里子さんブログ「サスペンダースカートとロゴT&ちょい巻きヘア」よりカジュアルでちょっとカッコいいサスペンダースカートとロゴTに憧れて、初挑戦のコーデ!ZARAの真っ白スニーカー。トップス/GOOD ROCK SPEED スカート/chocol raffine スニーカー/ZARA バッグ/VIOLAd'oro【ZARAシューズ】華組 鈴木たま江さんブログ「気負わないまろやか白デニムのススメ」より今季仲間入りしたニューフェイス、アッパーハイツの白デニムにZARAのスニーカーを合わせたカジュアルコーデ。シャツ/Deuxieme Classe デニム/upperhights ベルト/gucci スニーカー/ZARA バッグ/FEEL AND TASTE【ZARAトップス】華組 大垣佳世さんブログ「5月号特集 ベージュT!着てみました」よりZARAで購入したベージュTシャツ。前後アシメトリーになっていて出しても良し、袖もホワッと丸くそれでいて、流行りの長め袖一目惚れでした。ZARAのTシャツは人気のものは、セール前より先にサイズによっては完売になることもあるので、お気に入りをみつけたら買っておくのがポイントです。トップス/ZARA【ZARAデニム】華組 宮原江里子さんブログ「まろやか白デニム&エコバッグでBreakfast」よりZARAの白デニムコーデ。トップスには20年モノのマックスマーラのサマーニットを合わせ、足元は赤いヒールパンプスにエコバッグ。カジュアルすぎないワンマイルコーデの完成。トップス/Maxmara デニム/ZARA 靴/MODE ET JACOMO バッグ/No brand【ZARAトップス】華組 横山希世さんブログ「ホワイトデニムにウールリッチのアークティックパーカ」よりZARAのオーバーサイズのベージュTシャツ袖丈も身幅もゆったりで、体型カバーしてくれます。トップス/zara 靴/sartore【ZARAシューズ】華組 豊田真由美さんブログ「この春の新定番シャツコーデ」よりバンドカラーのシャツ、ここ何年かレギュラーシャツになっています。バックシャンなシャツにPLSTのワイドパンツをチョイス。トップス/PUAL CE CIN パンツ/PLST 靴/ZARA バッグ/YSL【ZARAトップス】華組 成田千恵さんブログ「高見えZARAブラウスでデニムコーデ」よりタイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ちょっとデコラティブな可愛いブラウスにハマっています。前は、バンドカラーにアシンメトリーなギャザーが使われていたり、旬を感じさせてくれるデザインです。背中のギャザーのデザインも可愛くて、バックシャンなブラウスです。ブラウス/ZARA デニム/MADISONBLUE バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PELLICO【ZARAトップス・パンツ・アクセサリー】華組 大垣佳世さんブログ「ZARAアイテムいっぱいコーデ」より近くに買い物に行く時もアクセサリーは必ずつけます。再入荷で手に入れた「K」のイニシャルアクセと上下ZARAでこ出かけしました。今年購入したZARAのイニシャルコインペンダントとリング。ボリュームがありつつも、コーディネートしやすく最近一番出番が多いです。トップス/ZARA パンツ/ZARA ネックレス/ZARA リング/ZARA ピアス/januka(ヤヌカ) ベルト/HERMES バッグ/J & M DAVIDSON【ZARAトップス】華組 細谷奈弓さんブログ「ZARAのボーダーニット&SPELTAのバレエシューズでお散歩」よりこの春購入したZARAのニットを着て神楽坂をお散歩♬HAPPYPLUSで購入したSPELTAのバレエシューズも初おろし。ボーダートップスは1枚あるとオシャレに決まるので私は素材違いでほぼ1年を通じて着ています。ニット/ZARA デニム/Red Card 靴/SPELTA バッグ/CELINE サングラス/OLIVER PEOPLES【ZARAブーツ】華組 成田千恵さんブログ「春に活躍するシャツコーデ」よりプチプラながら優秀‼︎春に向けて爽やかなグレージュのストライプシャツ。グレージュのストライプは無地に近く、どんなカラーのボトムスにも合わせやすいと思います。足元はZARAのブーツを合わせました。シャツ/ur's(ユアーズ) スカート/LE CIEL BLEU(ルシェルブルー) バッグ/VIOLAd'ORO (ヴィオラドーロ) ブーツ/ZARA (ザラ)【ZARAバッグ】華組 松ヶ崎由紀子さんブログ「季節を問わずに着られる服って魅力的♪」よりスカート派の私は、オールシーズンで活躍するのは薄手素材のロングスカートです。黒のロングニットを合わせて落ち着いたイメージのカラーでまとめる時は、バッグで少しだけイエローを入れることでコーディネートにメリハリもできるし明るい感じをプラスしています。ニット/ADORE スカート/Stella McCartney バッグ/ZARA ブーツ/FABIO RUSCONI【ZARAパンツ】華組 一色華菜子さんブログ「ロゴBAGは、籠に合わせるのが好きです」よりぽわん袖の黒+ベージュのリボンパンツに合わせたガーリースタイル。2年前にZARAで購入したリボンパンツも、シルエットが好みでいまだにヘビロテ中です。トップス/TORAZZODONNA パンツ/ZARA 靴/repetto 籠バッグ/menui ショッパーバッグ/エクラ×N.O.R.Cコラボバッグ【ZARAトップス】華組 細谷奈弓さんブログ「甘くない、アシンメトリーのロングスカートコーデ」よりクローゼットで眠っていたMADISONBLUEのアシンメトリースカートを久々にはきました。歩くとフワッと広がるシルエットがとても綺麗で足もほっそり見せてくれる効果も。ヒールに合わせてもスニーカーに合わせてもしっくり馴染むのでエレガント・カジュアルどちらのコーデにも合わせやすいです。ジャケット/JOURNAL STANDARD トップス/ZARA スカート/MADISONBLUE バッグ/COACH 靴/PELLICO イヤリング/Folli Follie【ZARAパンツ・パンプス】華組 大垣佳世さんブログ「大人かっこいいN.O.R.Cのショッパーバッグ」よりZARAのシンプルな黒パンツとローヒールの柄パンプスを合わせたシンプルなカジュアルコーデ。セーター/ACNE STUDIOS コート/Deuxieme Class パンツ/ZARA 靴/ZARA ピアス/januka バッグ/エクラ×N.O.R.Cコラボバッグ【ZARAブルゾン】華組 成田千恵さんブログ「ZARAの大人可愛いブルゾンで春を待つ!」より春に向けて真っ先に必要なのは、肌寒い春先をを乗り切るアウター。ZARAのお袖フンワリ、フーディーブルゾンをご紹介します!丈が短めなので、脚長効果も絶大。ワンピースにスニーカーを合わせても可愛いですよね!ブルゾン/ZARA Tシャツ/Branca パンツ/PLST バッグ/VIOLAd'ORO スニーカー/NIKE Air Max 95 サングラス/CELINE【ZARAベスト】華組 横山希世さんブログ「ZARAの春物ベスト×ロングシャツ」よりZARAのコットンベストをロングシャツに合わせました。ベストはコットンなので、中をTシャツに変えたら、初夏まで活躍しそうです。ベスト/ZARA【ZARAスカート】ブログ「春はクリーム系で柔らかな印象に。」よりZARAのプリーツスカートにフェミニンなセーターやカーディガンをあわせました。フェイクスエード生地でしっとりした手触り。ストンと綺麗に落ちてくれます。春はパンプスと合わせて軽やかに。スカート/ZARA セーター/tomorrow land カーディガン/tomorrow land【ZARAトップス】華組 細谷奈弓さんブログ「ZARAのプチプラシャツでカジュアルシックなスタイルに」より先日ふと立ち寄ったZARAで見つけたシンプルなストライプシャツ。ベイカーパンツのカジュアルシックなスタイルに。ニット/AURALEE シャツ/ZARA パンツ/THE SHINZONE サングラス/YELLOW PLUS イヤリング/3Coins バッグ/CHANEL 靴/NEBULONI E ①冬のおしゃれコーデ【ZARAデニム】華組 豊田真由美さんブログ「オールシーズン着たくなる服」より新たにクローゼットに仲間入りしたのが、ZARAのグレーデニム。初めてのカラーです。ブラックデニムを探していたのですが、グレーもスタイルが上品な仕上がりになりそうで素敵!黒のワイルドさよりも、今回は大人っぽい品の良さを感じさせるグレー選びました。トップス/セレクトショップにて購入 デニム/ZARA 帽子/COCA【ZARAトップス&パンツ】華組 木原みどりさんブログ「マックスマーラのブーツで新たなコーデに挑戦!」より先日ZARAで見つけたレオパード柄のカーディガンのコーデ。トップス/ZARA パンツ/ZARA バッグ/HERMES ストール/ASAUCE MELER ブーツ/マックスマーラ【ZARAスカート】華組 根本有加里さんブログ「ZARAエコレザースカートで神社参拝」よりトレンド継続中のエコレザースカートはプリーツをセレクト。レザーのツヤ感とアシンメトリーな裾のデザインが、黒のマキシ丈を重くならないように見せています。トップスはミドルゲージのタートルニット。アクセントにビーズで出来たフラミンゴのブローチをつけました。ニット/United Arrows スカート/ZARA バッグ/bottega Veneta 靴/DIANA【ZARAトップス】華組 山口りえさんブログ「バックと靴の鉄板な合わせ方」よりzaraのエコレザープリーツスカートは、レースが効いていて、ハードになりすぎないのが気に入っています!ニット/Barneys New York スカート/zara 靴/torybarch バッグ/hermes スカーフ/CHANELブログ「zara プチプラ高見えシャツ」より袖コンシャスなZARAのトップスは、高見え細見えで重宝してます!このトップスは、黒に細かな緑が入っていて薄くて軽くてシワになりにくい!長年愛用のLouis Vuittonのバックもポイントです。トップス/ZARA パンツ/ZARA 靴/Anne Klein バッグ/Louis Vuitton【ZARAワンピース】華組 一色華菜子さんブログ「初めてのネイビーコートでフェミニンに。」より高校生以来のネイビーのアウター。上質なノーカラーコートは、ドットワンピやチェックパンツにと色々着回せます。去年買ったZARAのドットワンピースに羽織ってフェミニンに。意外にも大人になってからずっとネイビーのアウターを手にしてこなかったので、やはり一枚紺を持っておくと助かるなぁと実感しています。コート/S.ESSENTIALS ワンピース/ZARA バッグ/handmade ブーツ/import【ZARAニット・パンツ】大好きなZARAのチェックパンツでネイビーワントーンコーデ。白でメリハリをきかせた別のコーデ。ZARAのチェックパンツ、大好きなので、自分でちゃんとときめくようにはきたいです。コート/S.ESSENTIALS ブラウス/#Newans ニット/ZARA パンツ/ZARA シューズ/MARGARET HOWELL バッグ/TOFF&ROADSTONE【ZARAパンツ】華組 豊田真由美さんブログ「大判ストールで楽ちんコーデ」よりバナリパの大判ストール。 パサっと羽織るだけでコーデが決まります。シンプルなスタイルにストールをプラスするだけで、オシャレ度がぐっと増す気がします。トップス/SOÉJU パンツ/ZARA ストール/banana republic バッグ/MARCO MASI【ZARAトップス】華組 木原みどりさんブログ「イエローのクラッチbagをアクセントに」よりセールでお買い得に買えたイエローのクラッチバッグ。 暗くなりがちなコーデの差し色に最高です!コート/TOTÊME トップス/ZARA パンツ/LOEFF ブーツ/CHLOE【ZARA スカート・靴】華組 大垣佳世さんブログ「チョコ色レザーで大人カジュアル」よりレザージャケットもチョコ色だと、優しい雰囲気になります。チラリと見える裏地が水色というのもお気に入り。デニムスカートは前ボタンと膝丈なのがポイント。この時期はタイツにヒール、スニーカーにもバッチリ合います。レザージャケット/ARMANI セーター/ユニクロ スカート/ZARA 靴/ZARA バッグ/Unitedarrows 【ZARA コート】華組 成田千恵さんブログ「便利なフーディニットセットアップ!」よりプチプラ、フーディセットアップは大人のワンマイル・カジュアルスタイルにピッタリです。ワンピースより着回しも効く上、 そのままセットで着るだけで、誰でも気軽に小洒落た大人のカジュアルスタイルが楽しめます。昨年購入した、「ZARA」のボアコートは今年も大活躍!ニットセットアップ/Posh Alma インナー/ユニクロ コート/ZARA バッグ/MM6 Maison Margiela スニーカー/Nike AIR MAX 95 【ZARA デニム・ブーツ】華組 鈴木たま江さんブログ「リアル愛着服を着回して♪」よりヘビロテしているこちらはSOEJU(ソージュ)のリモンタコートワンピース。パンツスタイルにはコート風に変身!モッズコート風の裾シルエットがクールで、光沢&張り感のある素材感はカジュアルになり過ぎません。ワンピース/ SOEJU(ソージュ) セーター/AP STUDIO デニム/ZARA ブーツ/ZARA【ZARA スカート】華組 木原みどりさんブログ「愛着服×ZARAのフェミニンスカート」より2年前に購入したマックスマーラのテディベアコートは、超寒がりの私にとって真冬に欠かせないアウター。この日はZARAで見つけた艶のある揺れスカートと合わせてみました。ツヤのあるお洋服を纏うだけで、女っぽさが格上げされる気がします!コート/Max Mara トップス/ALLUDE スカート/ZARA ブーツ/Max Mara バッグ/HERMES【ZARAダウン・ニット・ブーツ】華組 内藤有耶さんブログ「2021年の始まりはゆるっとリラクシーなプチプラコーデ♪」よりワンピースが「臨月の妊婦さんでも余裕で着られるだろう」と思うほどにゆったりしているので、その気になれば中にいくらでも着込めて便利。寒さが増した今時期は、さらに“タートルネックニット+ニットレギンス”をインしてより温かコーデに。ただしもちろん着ぶくれ感は否めませんので(笑)ブラックのダウンベストで引き締めつつ縦ラインを作って、少しでもスラリと見えるポイントを。ダウンベスト/ZARA ワンピース/meri ニット/ZARA ブーツ/ZARA【ZARAスカート・パンツ・ブーツ】華組 鈴木たま江さんブログ「新年の装いはお気に入りのフェミニンスタイルで♪」よりシフォンがポイントなブラックフェミニンスタイル。シフォンスカートが好きで毎年買い足し丈感の違いをアレンジして楽しみます。セールで購入したZARAのロングシフォンが大活躍でした!右+左を重ねています。tops/SOEJU (ソージュ) スカート/ZARA & martiniqueブーツ/FABIO RUSCONI バッグ/HERMES アクセサリー/HERMESブログ「The Blue Room東京エディッション虎ノ門へ」よりこの日は女優の井川遥さんプロデュースされたシルバーのペンダントトップをポイントにコーデ。ご本人にお会いして購入した想い出いっぱいのアクセです。コート/SOEJU (ソージュ) ニット/AP STUDIO パンツ/ZARA バッグ/HERMES ブーツ/ZARA アクセサリー/loin. Herato【ZARAストール】華組 細谷奈弓さんブログ「これでカジュアルスタイルもフェミニンに♬」よりスパイス的な感じで、お洋服ではなく小物でヒョウ柄を取り入れたコーデ。お天気がよく穏やかな陽気だったので、トレンチコートスタイルで。こちらは今回のコーデで使用した小物たち。クラッチバッグはLORNA、ストールはZARA。違うブランドなのに柄も色合いもソックリ!ヒョウ柄アイテムだけですとちょっとハードなスタイルになってしまうため、ここで投入したのがシルバー&パールのダブルキャッチピアス。トレンチコート/Burberry トップス/N.O.R.C ジーンズ/Red Card ストール/ZARA クラッチバッグ/LORNA ピアス/Blanc ブーツ/SARTORE サングラス/Yellows Plus【ZARAブーツ】華組 伊藤美帆さんブログ「プチプラフェミニンなお散歩コーデ」よりお散歩にもスカートが活躍!アウターとブーツで締めてみました。スカート/Elura ニット/PLST ブーツ/ZARA ダウン/モンクレール バック/エクラ(付録)【ZARA ワンピース】華組 豊田真由美さんブログ「ZARAのブラックワンピ」より素敵なレストランのランチに選んだスタイルは、去年購入したZARAのボウタイワンピ。黒、ボウタイ、ウエスト周りがキュッと締まってスタイルアップ見え!しかもウエスト部分は伸縮性抜群。あまりワンピースを着ない私を虜にするポイントがいくつもあって、即買いした一着なんです。ワンピース/ZARA【ZARA ブーツ】華組 大垣佳世さんブログ「逸品キャメルコートを着てもみの木のツリーを見てきました♫」より長年愛用してキャメルコートの新しいものを探していましたが今年ようやく出会いました。S MaxMara のダブルウールコートです。素材はヴァージンウール100%で薄くて軽いのに温かく、2枚の布地を、熟練した職人が丁寧に一重に仕立て、シルエットはストレートライン。コートの中に着たのは、エリアポールのリブニットに同じブルー系のタータンチェックスカート、ZARAのブーツです。コート/S Max Mara トップス/HELIOPOLE スカート/allureville ブーツ/zara バッグ/FENDI【ZARAトップス】華組 内藤有耶さんブログ「淡色エクリュカラーの高見えZARA&GUコーデ」より気楽なプチプラコーデですが、ワントーンでまとめたエクリュカラーと小物の力でぐっと上品に。コート/Storynine トップス/ZARA スカート/GU ブーツ/BASEMENT 帽子/CA4LA【ZARA エコファージャケット】華組 成田千恵さんブログ「ZARAのエコファーフードジャケット」よりちょっとそこまでのワンマイルスタイルにピッタリな気軽に着られるZARAのエコファージャケット。軽くて暖かなZARAのエコファージャケットはフードの立ち上がりも可愛いく、柔らかな触り心地で、長いコートよりサッと羽織れて大活躍しています。ジャケット/ZARA シャツINワンピース/Day and grade 【ZARAトップス】華組 一色華菜子さんブログ「浮き立つ柄のワイドパンツ黒コーデ」より無難な黒じゃなく「センスのいい黒」が着たい!こちらのワイドパンツ、実はダマスク柄の織り模様が入った個性的な黒です。よく見るとダマスク柄の様な上品な柄が織り込まれていて、クラシカルな雰囲気を出してくれるおもしろいワイドパンツです。コート/allureville トップス/ZARA パンツ/frenchpave 靴/import バッグ/GUCCI【ZARAパンツ】華組 近藤和子さんブログ「黒コーデが好きです」より年々、黒好きが加速しています。 黒って、暗くて地味な色では決してなく、逆に一番華やかな色だと思うのです。ユニクロのカシミヤタートル、ZARAのエコレザーパンツ、オデット エ オディールのスリッポン。チラ見えしているヘインズの長袖Tが隠れたポイントだったりします。コート/TOTEME ニット/ユニクロ Tシャツ/ヘインズ パンツ/ZARA 靴/オデット エ オディール【ZARAパンツ&ブーツ】華組 鈴木たま江さんブログ「お気に入りのジャケットスタイルでお出かけ」よりこの日のコーデは大人ハンサムなジャケットスタイル。パールボタンが気に入り即決したのにサイズ無しであきらめかけてたところご縁があり私の元へ。愛着が湧きます。ジャケット/ADAM ET ROPE トップス/SINME パンツ/ZARA ブーツ/FABIO RUSCONI バッグ/FENDIデニムとブーツを合わせたカジュアルスタイル。オジジャケもパールボタンとソフトなシルエットのおかげで柔らかくてフェミニンな印象になるので気に入ってます。ジャケット/ADAM ET ROP ニット/AP STUDIO デニム/upperhights ブーツ/ZARA バッグ/CHRISTIAN VILLA【ZARAパンツ】華組 成田千恵さんブログ「ZARAのブラックエコレザーパンツ」より今シーズン、真っ先に目に止まったZARAのエコレザーブラックパンツはエレガントにもカジュアルにも大活躍しています。ZARAのエコレザーは毎年、必ずチェックしています。今シーズンは幅広く短め丈のものをワードローブに加えました。トップス/ENFOLD ジャケット/ENFOLD パンツ/ZARA 靴/FABIO RUSCONIトップス/PLST パンツ/ZARA バッグ/ザネラート 靴/AP STUDIO【ZARAトップス】華組 沢辺史さんブログ「美容スペシャリストとのランチ」よりこの日はブラックワントーン。最近ワントーンにハマっています。ブラックリボンパンツは、どんなシーンでもシーズン問わず使える万能選手。ZARAのニットの袖レースがブラックの重さを抑えてくれます。シルバーバレエシューズもかわいさと大人っぽさをあわせ持った最近のお気に入りです。トップス/ZARA パンツ/saqui 靴/SPELTA【ZARAトップス&パンツ】華組 山口りえさんブログ「zaraボウタイシャツで表参道へ」よりボウタイシャツで、少しキチンと感を出してみました。zaraのボウタイシャツは透けていて抜け感があり着やすいです。コート/Salvatore Ferragamo シャツ/ZARA パンツ/ZARA 靴/LAUTREAMONT バッグ/HERMÈS【ZARAトップス】華組 成田千恵さんブログ「ライダースで大人カジュアル」より毎年大活躍するアイテムは、ZARAの薄手タートルニット。手首の小さなボタンやスリットも魅力ですライダースジャケットも毎年活躍しています。こんなパンツにも、スカートにも、フェミニンなワンピースにもこれ一着でかなり着回すことができます。ジャケット/beautiful people トップス/ZARA パンツ/ENFOLD バッグ/MAISON BOINET|メゾンボワネ スニーカー/converse ②秋本番のおしゃれコーデ【ZARAの柄ワンピ&ブーツ】華組 宮原 江里子さんブログ「ZARAの柄ワンピ&ブーツでお出かけ♩」より今秋ZARAで見つけたお出かけにぴったりな柄ワンピース。私のワードローブはブルー系が多いなと思いながらも、パキっと目を引くこの花柄ワンピースが気になり購入しました。エレガントなワンピにハードなブーツ合わせで少し崩したコーデ。ワンピース/ZARA ブーツ/ZARA バッグ/HERMES【ZARAトップス・パンツ・靴】華組 大垣佳世さんブログ「ゆるっとコーデで、大人も楽しめる「チームラボボーダレス」の世界へ」よりこの日は娘たちと一緒なので、楽チンゆるっとコーデ。トップス/ADORE パンツ/ZARA 靴/UNIQLO バッグ/Unitedarrowsブログ「秋は差し色投入コーデで♫」より寒くなると暖色系やシンプルコーデでまとめてしまいがちですが、こういう季節に差し色カラーを投入するのが好きです。ZARAのトップスはピッタリサイズですが、薄くて軽くて丈もバッチリなのに着痩せすると言う優れもの。トップス/ZARA スカート/United arrows バッグ/jimmy choo 靴/ZARA【ZARAニット】華組 内藤有耶さんブログ「ZARAのふんわりバニラミルク色ニット♡」より今季はZARAで見かけたこのニットに一目惚れ。パフスリーブで可愛げをプラスしたカジュアルコーデ。ニットが甘さたっぷりなので、あえてベイカーパンツと合わせてボーイッシュに。全身アースカラーが地味にならないのは、友人作のオーダーメイドターバンのおかげです。ニット/ZARA ターバン/友人作【ZARAシャツ】華組 横山希世さんブログ「ZARAのアニマル柄オーバーサイズシャツで、マリンアンドウォークへ。」よりZARAで一目惚れのシャツを着てみなとみらいへ朝のドライブ。可愛いレオパード柄サテンブラウス。季節の変わり目は着る物に困りますよね。ブラウス、シャツ✖️ジャケットスタイルが脱ぎ着の調節がしやすいので最近の私の定番です。シャツ/ZARA【ZARAデニム】華組 内藤有耶さんブログ「足にジャストフィットするオーダーメイドのぴったりキラキラパンプス♪」より白・黒・グレーのモノトーンだけでまとめたコーデはわたしが着るとちょっと寂しくなりがちですが、キラキラパンプス+赤ソールのおかげで程よく華と女らしさが加わりました。トップス/Deuxieme Classe ジレ/Philip.J デニム/ZARA 帽子/CA4LA【ZARAブーツ】華組 豊田真由美さんブログ「今シーズンのブーツもZARAが狙い目!」よりZARAのショートブーツはデザインの種類が多く、毎年選ぶのが楽しみになってます。型押しは去年購入したものですが、スタッズ付きとかかとがゴールドのラインが入ったものは今年購入しました。ワンピースやデニム、何にでも合うのでこれからのコーデに欠かせないアイテムになりそうです。ブーツ/ZARA【ZARA パンツ】華組 近藤和子さんブログ「2wayで着られる便利ニット」よりコーディネートを考え込まずにサッと決まるニットがとても便利です。このニットは短めの袖がワイドで、首回りが詰まっていて、丈も短め。一枚でキマって、キレイめに着られる、と一目惚れでした。ZARAのエコレザーパンツ、スタッズ付きローファー、エルメスのバッグを合わせて、友人たちとの食事会へ。ニット/SOÉJU パンツ/ZARA バッグ/エルメスブログ「ライダースジャケットの季節」より考え抜いて一昨年購入したライダースジャケットは、beautiful peopleのもの。ジャストサイズのレザージャケットは既に持っていたので、たっぷりしたサイズが欲しくて、メンズサイズ(170)を選びました。このサイズは大正解で、ジャケットとコートの狭間の季節にぴったりなんです。靴はZARAのスタッズ付きのローファーで、さらにエルメスのレザーバングルを加えて、ロックな感じにスタイリング。ジャケット/beautiful people パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/ZARA【ZARA トップス&パンツ】華組 一色華菜子さんブログ「明るめカーキのモッズコート」よりモッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です。ノーカラーなので、首詰まりの服が多い私にはすっきりおさまりが良く、ほんと着回しがきく!トップス/ZARA パンツ/ZARA KIDS コート/JOURNAL STANDARD relume スニーカー/converse バッグ/editsheen 【ZARA ワンピース】華組 宮原江里子さんブログ「流行りの「ニットベスト」×「マキシワンピース」でご近所コーデ」よりニット/VIS ワンピース/ZARA スニーカー/NIKE バッグ/GU サングラス/Ray-ban【ZARAトップス】華組 豊田真由美さんブログ「秋のプチプラブラックコーデ」よりこの時期活躍してくれるZARAのトップスは、気になる箇所を隠してくれる優秀ニットです。毎年活躍してくれるZARAのハイネックニット。この袖丈、気になるプルプル二の腕を隠して手首を見せているので、重くなりがちなブラックコーデもスッキリ見せてくれます。バングルなど小物をプラスする楽しみも。トップス/ZARA スカート/COCA ブーツ/セレクトショップにて購入 バッグ/セレクトショップにて購入【ZARAバッグ】華組 伊藤美帆さんブログ「リュクスパーカーとクラッチバックで大人カジュアル」よりザラで発見♪した持つだけで、コーデが今っぽくなるクラッチバックです。旬なクラッチバックが欲しいなあ。と思いつつ、「長く使うかな〜?」とか「汚れやすいかな?」と、なかなか踏み切れずにいました。ついに巡り会えました。カラー、素材。もちろんお値段もベストバランスです。ブラウス/E by eclat バッグ/ZARA 【ZARAジャケット】華組 成田千恵さんブログ「ZARAの旬顔ジャケット」より今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していました。ZARAでわたしの理想にぴったりなジャケットを見つけました。薄ーいキャメルのウィンドーペインで、無地ライクに着こなせるジャケットです。実はスーツで売られていましたが、わたしの体型にはパンツが合っていなかったので、手持ちのネイビーのパンツを合わせてみました。秋になったので、綺麗にヒールでまとめてみました。ジャケット/ZARA トップス/マルティニーク パンツ/アナディス 靴/ピッピシック バッグ/HERMES【ZARAジャケット&パンツ】ブログ「今シーズンはブーツで‼︎」よりZARAのジャケット、何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツでカジュアルコーデ。パンツは、裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。裾ゴムのパンツは今年もよく見かけるので、こんな風にショートブーツには合わせやすくてオススメです。 また、ニットのスウェットパンツなんかも裾が締まっているので、ジャケットに合わせると、大人カジュアルでバランスがいいと思います。ジャケット/ZARA Tシャツ/オーラリー パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF 眼鏡/ヴィクター&ロルフロングスカートを合わせてみました。ショートブーツは、ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大!スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。ジャケット/ZARA スカート/IENA バッグ/メゾン マルジェラ サングラス/CELINE【ZARAパンツ】ブログ「デコラティブな白シャツで華組ランチ」よりランチコーデには、デコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。お気に入りのデコラティブな白シャツをメインに、毎年登場してしまいますが、エコレザーパンツを合わせています。ZARAには、エコレザーパンツは毎年定番のように出ていますが、素材感は毎年進化していて、今年はスカートからパンツまで色もデザインも豊富でした。そして、こんな日常を抜け出す機会には、たまにはヒールで‼︎ブラウス/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)【ZARAワンピース 】華組 宮原 江里子さんブログ「ZARAの着痩せワンピースでテラスランチ♩」より今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UP!合わせるバッグは同系色にしてワントーンコーデか、差し色にしてパキッとコーデか迷います。ワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import【ZARAパンツ】華組 沢辺史さんブログ「定番シンプルなワンツーコーデ」よりパンツは、一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。(サイズがS,M,LのみでSでもウエストも大きく丈も長めなので試着必須です)トップスは、脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。バッグはVASIC Bond mini、足元はur’sのレオパード柄バレエシューズを合わせてみました。トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s【ZARAスカート】華組 近藤和子さんブログ「ZARAのエコレザースカートで丸の内へ」より去年のZARAのエコレザーのAラインスカートに、春先に買ったゆったり目のヘインズの黒Tをコーディネート。エコレザースカートは秋になったら真っ先に履きたかったお気に入りです。a-Jolieのキュートな籠バッグとZARAの最強・白のバレエシューズを合わせて重くならないように気をつけました。 トップス/ヘインズ スカート/ZARA 靴/ZARA バッグ/a-Jolie【ZARAワンピース 】華組 一色華菜子さんブログ「ZARAドットワンピで、山種美術館へ」よりZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 時計/Cartier ③晩夏の秋を先取りしたコーデまだ暑さが残る晩夏から秋本番まで、何を着ようか悩ましい時期、今から秋までバッチリ着回せるおしゃれコーデは必見。【ZARAトップス】華組 一色華菜子さんブログ「ZARA KIDS ロゴTで、イイダ傘店 展へ♪」よりSMILE LIKE A BANANA☺︎のロゴが愉しくて、夏の終わりだというのについ買ってしまったTシャツ。思わず口角上がりそうなフレーズとオフホワイト地が可愛くて、Tシャツが欲しいと言っていた息子とお揃いで買ってしまいました。ワンピース、秋色モカコンバースにゼブラ柄のチープなポシェットを合わせて。トップス/ZARA KIDS ワンピース/海外で購入 スニーカー/converse バッグ/no bland ストール/ao daikanyama【ZARAトップス&デニム】華組 成田千恵さんブログ「秋一番、ZARAコーデ②」より秋にもデニムは大活躍‼︎ZARAのゆったりハイウエストデニムは、ワンマイルコーデからちょっとしたお出掛けまで大活躍中です。ちょっと新鮮なハイウエストゆったりデニムは、とにかく履き心地抜群‼︎この日はお仕事の打ち合わせに。デニムを綺麗目にコーデしてみました。Topsもハイウエストデニムに合わせたショート丈で、ZARAのものです。トップス/ZARA デニム/ZARA バッグ/ VIOLAd'ORO|ヴィオラドーロ 靴/PELLICO【ZARAデニム&シューズ】華組 成田千恵さんブログ「秋一番、ZARAコーデ②」よりZARAのブラックデニムに3.1 Phillip Limのショート丈TOPSを合わせています。秋色を取り入れ、レオパードのペタンコパンプスとカラーをリンクさせてみました。トップス/3.1 Phillip Lim デニム/ZARA バッグ/ZANELLATO|ザネラート 靴/ZARA【ZARAトップス】華組 内藤有耶さんブログ「アクティブに動き回れる大人リュックコーデ」よりたくさん歩き回る旅先は、ハンズフリーなカジュアルコーデがちょうどいい。キャップにリュックにスニーカーと、子供っぽくなりそうなアイテムばかりを合わせたので、上下共にオールブラックで大人っぽくクールにまとめてみました。トップス/ZARA パンツ/ENFOLD バッグ/レジスタント ソレイユ リュック【ZARAトップス】華組 伊藤美帆さんブログ「今年も活躍!ZARA の華ありブラウス」より以前、ZARAで購入した大人の華ありブラウス。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。もう1着の柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。余談ですが、シアー素材を着るときに大切な、インナーの色と形。見落としがちですが、見た目の印象を大きく変えるので、こだわるようにしています。個人的にはボトムスの色と合わせる事が多いです。トップス/ZARA ザラ パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ【ZARAシューズ】華組 近藤和子さんお気に入りのスカートは数年前のウィムガゼットのものですが、裾のひらひらとオリーブグリーンの甘辛バランスが絶妙で、とても気に入って毎年着ています。真夏なら迷わず白Tを合わせますが、9月も半ばになったので、トップスにカーキベージュを選びました。Tシャツは今年、私の中でNo.1だった、無印良品のもの。靴は、春先に大活躍したZARA。バッグはもう25年くらい前のマイ ファースト エルメスです。トップス/無印良品 スカート/ウィムガゼット 靴/ZARA バッグ/エルメス【ZARAベスト&パンツ】華組 成田千恵さん今秋、真っ先に選んだZARAアイテムでスタイリングしてみました。まずは、ショートベスト。 合わせたのは、同じくZARAのハイウエストパンツ。セットアップ風に綺麗目に着るのが好きです。ベスト/ZARA パンツ/ZARA Tシャツ/UNIQLO バッグ/VIOLAd'ORO 靴/PIPPICHIC今年、チャレンジしてみたかったのは、こんなハーフパンツ。広がりすぎない大人っぽいシルエットとハイウエスト、膝ギリギリの丈感など、アラフィー世代でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。TopsもZARAのものですが、数年前のもので、かなり気に入っています。大切にしているものにお値段は関係ありません。この襟の感じや袖の長さ、シンプルなデザインになぜか惹かれます。トップス/ ZARA パンツ/ZARA バッグ/ 1métre carrè 靴/STILMODA【ZARAシューズ】華組 佐藤綾子さんブログ「ロゴトートを持ってお洒落なパティスリーへ♬」よりコーデは少し秋を意識してこっくりとしたブラウン系のスカートを選びました。 ストラスブルゴ×エクラ10月号の付録「トートバッグ」のオータムベージュとも相性が良いようです。トップス/Ron harman スカート/Spick & Span サンダル/ZARA ネックレス/littledarin バングル/united arrows 指輪/ADER バッグ/ストラスブルゴ×エクラ【ZARAワンピース】華組 有村一美さんブログ「ZARAワンピにトートを合わせて」よりまだ暑い日が続いていますが、このワンピはさらっと一枚で着られてとっても涼しい。ふんわり袖とフリルの裾でともすれば甘くなりすぎるデザインですが、このトートを持つとちょうどいい感じになりました。このコーデそのまま大活躍間違いなしです。ワンピース/zara 靴/ferragamo ピアス/handmade バングル・時計/hermes バッグ/ストラスブルゴ×エクラ【ZARAトップス】華組 有村一美さんブログ「柄ブラウスで女性らしさをプラス」より柄ブラウスは着るだけで印象が華やかに。黒ベースの幾何学模様で、よく見るとブルーのドット柄になってます。光沢のあるツルッとした生地で高見えしそうと思って購入。デザインはあくまでシンプル。柄があるだけで一枚でパッと華やかになってとても便利です。シワも気にならないし軽いので、旅行に持っていくにもいですよね。トップス/ZARA スカート/ユニクロ【ZARAパンツ】華組 近藤和子さんブログ「着回しが楽しくなる服♪」より普段服を買う時、着回しが効く、着心地が良い、を考えて選んでいます。トップスはsoeju(ソージュ)というブランドのもので伸縮性があって、シワになりにくく、サラッとしていて着心地がとても良い。ZARAのイエローパンツに合わせてキレイめランチスタイルに。トップス/soeju パンツ/ZARA【ZARAサンダル】華組 一色華菜子さんブログ「秋色ジレで、ロンドンナショナルギャラリー展へ」より夏の終わり、華組有村一美さん、鈴木たま江さんと上野でアートな1日。そんな久しぶりのアートデートには、ギャラリーヴィーのキャメルロングジレを。まだまだ暑いのでノースリーブだけど、色だけ秋を意識しました。ジレ/GALERIE VIE トップス/UNIQLO パンツ/coen 靴/ZARA バッグ/dragon【ZARAトップス&スカート】華組 内藤有耶さんブログ「ZARAの細見えパワーショルダートップスと、きれい色のひらりんスカート」よりパワーショルダートップスは、ZARAで見つけたので、ベージュと黒の2色を色違いで購入。特にベージュは肌色とのコントラストがつきにくいので腕がなんとなくごまかされて安心だし、なんといってもこの肩のデザインのおかげでそちらに目線が行ってくれる!同じくZARAで購入した、きれいなラベンダーピンクのひらりんスカートです。トップス/ZARA スカート/ZARA サンダル/ne Quittez pas バッグ/stoy.▶︎ZARAオンラインストアはこちら    ▲【アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集】トップに戻る  ▼その他のおすすめ記事もチェック
  • アウターが主役の冬コーデ。カジュアル派もきれいめ派も、相棒にしたい最旬コート&アウターを2022冬のトレンドからピックアップ。アラフォーの強い味方、さっと羽織るだけでこなれて見えるコート&アウターをお届けします!【目次】   ①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」 ②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター ③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター ④40代がトライしやすい「くすみパステル系アウター」 ⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」 ⑥“レトロでかっこいい”を叶えるなら「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」 ⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈」①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」アラフォースタイルにきちんとスタイルにひとさじのトレンド感を添えるなら「ガウンコート」。流れるようなショールカラーが、知的な女性らしさを後押し。顔まわりが華やかに見える効果も。Brand: Des Pres さりげなくはおるだけでエレガントに着映え 襟もとからすそにかけてのゆったりとしたドレープが、動くたびにニュアンスを生み出す。こっくりとしたキャメル色と洗練された艶がフェミニンでリッチな印象コート¥92,400/デ・プレ ブラウス¥17,600/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥44,000/プルミエ アロンディスモン ピアス¥134,200/マリハ バッグ¥66,000/アマン(ザネラート) パンプス¥80,300/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)Brand: Estnation デニムなどのカジュアルなスタイリングにも合う、ワイドなショールカラー。深めのサイドスリットで、いっそうアクティブな印象に。 コート¥79,200/エストネーションBrand: Stumbly ショールカラーが細めになると、ぐっとハンサムな雰囲気に。ベルトでウエストを絞って、たっぷりブラウジングする着こなしもおすすめ。 コート¥64,900/スタンブリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand:M7days 870gと超軽量でノーストレス!ふわふわの肌ざわりも魅力 とにかく軽く、ガウンのように気軽にはおれるデザインが大人気。袖と身頃にゆとりがあるので重ね着もしやすい。流れるようなショールカラーが縦長シルエットを強調し、ボリューム感があってもすっきり見えるから安心。ロングガウンコート¥27,500/M7days[Marisol限定]商品コード:391377 色:ブラック、ベージュ サイズ:F REMI RELIEF 別注BIGスウェットプルオーバー(商品コード:380402)¥16,280(カオス)・デニムパンツ(商品コード:386564)¥27,500(ジェーン スミス)・ネックレス(短)Carlo Necklace 50 CM (商品コード:385519)¥28,600・(長)Eliza Necklace(商品コード:369778)¥26,400(ともにマリア ブラック)・バッグ(商品コード:386848)¥26,400(シータパランティカ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol着るだけでドラマティック!ニュアンスカラーのワントーンに 「バサッとラフにはおるだけでサマになるのが、ダブルフェイスのロングコートの最大の長所です。シンプルニット×レザーパンツの今年らしいワンツーコーデに合わせて、ニュアンスたっぷりのワントーンスタイルを楽しみます。とびきり上質なウールを使用しており、とにかく軽い。ほんのりした艶感も大人にはうれしいポイントです」 【Marisol別注】 磯部安伽さん×ebure コート ¥132,000 靴(商品コード:354433)¥39,600/SHOPMariso(l ファビオ ルスコーニ) ニット¥39,600・パンツ¥107,800/エブールギンザシックス(ebure) その他/本人私物【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリング協力/高橋美帆 取材・文/磯部安伽②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター肩が凝るような重たいコートや堅苦しい素材感は苦手! そんな働くアラフォーにおすすめの旬のアウターは暖かくて、大人の可愛さも演出できるボア素材のもの。引き続き人気のボア素材は、ふわふわとした唯一無二の可愛さ。カラバリもいちだんと豊富に!Brand:Heliopole たっぷりとした分量感はスタイルの主役にぴったり コートの魅力を最大限に引き出すために、インはワントーンでシンプルなスタイリングでまとめるのが正解。 コート¥36,300/エリオポール代官山(エリオポール) ニット¥34,100/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥36,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(ロエフ) ピアス¥35,200/マリハ イヤカフ¥93,500/プライマル スニーカー¥6,380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)Brand:House of Lotus 正統派のノーカラーコートのたたずまいはキープしつつ、清潔感のあるボアが更新感をプラス。ポケットのパイピングがアクセントに。 コート¥74,800/ハウス オブ ロータス 青山店Brand:Sakura 上品なグレーと、少しラフな仕上げのボア素材の組み合わせが絶妙。サイドに長めのスリットが入っているから足さばきもいい。 コート¥59,400/インターリブ(サクラ)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: THIRD MAGAZINEオーセンティックなピーコートもボアになるだけで可愛げがアップ。着た時の軽さも魅力。 コート¥110,000/サードマガジンBrand: muller of yoshiokubo 袖がファスナー使いで自由に取りはずせて、ベストにもなる斬新デザイン。カジュアルにもきれいめにも合うので便利! コート¥86,900/ミュラー オブ ヨシオクボBrand: AURALEE 生成りのような色合いと丈感に惹かれる。形自体は飽きのこないベーシックなので思いきって着てみたい。 ブルゾン¥110,000/オーラリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子今年らしさ満点のボアコートは黒パイピングでハンサムに テディベアみたいにモコモコで抱きしめたくなるアイボリーの可愛いボアコート。40代ならスウィートに着こなすよりは、あえて黒のトリミングでシャープな印象を与えて、大人っぽくモードな雰囲気で着こなすのが今の気分。着膨れしてみえないようにインは細めのデニムですっきりとさせて。デニム(商品コード:384131)¥31,900(マディソンブルー)・コート(商品コード:386569)¥72,600(ジェーン スミス)・Tシャツ(商品コード:386555)¥15,400(ジェーン スミス)・パールネックレス(商品コード:336375)¥25,300(カドー)・ゴールドプレートネックレス(商品コード:369778)¥26,400(マリア ブラック)・バッグ(商品コード:386637)¥121,000(ザンケッティ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター軽くて、暖かくて、お手入れ簡単なキルティング素材のアウター。ワンマイルウェアとしても重宝する、今の気分がつまった代表選手。Brand:SLOANEサークルステッチが大人スタイルにマッチ 薄くて軽い中綿入りで、スマートに防寒とおしゃれを両立。 コート¥93,500/スローン ニット¥42,900・スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン) スカーフ¥31,900/イレーヴ イヤカフ¥17,600/UTS PR(ルフェール) ボールチェーンネックレス¥22,000・ネックレス¥42,900/マリハ バッグ¥151,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥35,200/エリオポール代官山(コルソローマ,9)Brand:Shinzone トレンドカラーのセージグリーン。ベロアのパイピングが全体の印象を引き締め、カジュアルすぎない仕上がりに。 コート¥51,700/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:AURALEE for Ron Herman キルティングでも、格子状ではなく縦ステッチになるとぐっと大人っぽくきれい見え。 コート¥92,400/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) Brand:THIRD MAGAZINE ベルトつきのチェスターデザインで縦ステッチ、素材にほんのり光沢感もあるから、布帛コートの気分で着こなしたい。コート¥74,800/サードマガジン Brand:23区 コンパクトなノーカラージャケットタイプなら、ワイドパンツやロングスカートなどの旬ボトムスをバランスよく着こなすことが可能。すそのドロストでフォルムをアレンジできる。 アウター¥25,960/23区Brand:MADISONBLUE キルティング素材にアレンジしたCPOジャケット。たっぷりとしたビッグサイズが、大人の可愛らしさを引き出す。 ジャケット¥117,700/マディソンブルー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂④40代がトライしやすい「くすみパステル系コート」2022の冬こそ、コートできれい色に挑戦!アラフォーも無理なく着こなせるスモーキーなカラーパレットからチョイスしてみて。■モスグリーンBrand: Hykeきれい色初心者におすすめのモスグリーン カーキグリーンの延長線上でスタイリングできる色だから、こんなカジュアルデザインなら手持ちのワードローブと無理なくなじむはず。ライトグレーのスカートをきかせ色にして。コート¥79,200/ボウルズ(ハイク) ニット¥31,900・スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥22,000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ) シューズ¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)■スモーキーブルーBrand: United Arrows きれいめスタイルにマッチする、スモーキーブルー。共布のストールつきでアレンジが楽しめる。 コート¥143,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)■ローズピンク Brand: N.O.R.C by the line 冬の装いの中で、ドラマティックな華やかさを約束してくれるローズピンク。撥水機能つきの素材という、うれしい実用性も。コート¥32,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ■ブリックオレンジ Brand: Muller of yoshiokubo 動きのある長い毛足が今年らしい、ブリックオレンジのコート。大きめの襟や太めの袖など、さりげないディテールが個性をプラス。コート¥84,700/ミュラー オブ ヨシオクボ ■アッシュグリーン Brand: Uncrave グレーにもブラウンにも合う上品なアッシュグリーン。気軽に着られるショート丈、かつくすみトーンのきれい色だから今すぐトライできそう! コート¥33,550/アンクレイヴ ■アイスブルー Brand: PLST 薄く軽やかなアイスブルーのロングコートは、着流し感覚でさっとはおってさっそうと着こなしたい。しっとりとした光沢感があり、驚くほど高見え! コート¥21,000/プラステ 【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」<定番的な存在であるミリタリー系の服も、今季は進化したデザインがかなり出ています。海軍風のジャケットがツイード素材だったり、MA-1がサテン地だったり、カーゴパンツがレザーだったり。レトロシックでときめく要素が加わり、更新するなら今季と太鼓判を押したくなるほど(笑)。コーディネートでは男っぽさを引き算する作業を。レーススカートやバレエシューズなど、甘さ、女っぽさと対峙させるほどに、魅力が引き立ちます>(スタイリスト・徳原文子さん)■ジャケット(カオス) ポインテッドトゥパンプスやニットワンピなど、合わせをフェミニンに。 ジャケット¥52,800/カオス丸の内(カオス)ワンピース¥59,400/サザビーリーグ(デミリー)ストール¥34,100/ロンハーマン(モンキジ)バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)バッグ¥139,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,100/フラッパーズ(ネブローニ) ■ジャケット(レリタージュ マルティニーク) もはや定番なMA-1もサテン地ならちょっとクールな印象に。 サテンMA-1ジャケット(共布ベルトつき)¥75,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク)■コート(マッキントッシュ) ピーコートもオーバーサイズのゆるシルエットでアップデート! ピーコート¥134,200/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子 色あせたセピア写真のような、くすみ配色 メンズユーズド風のあせた色合いが特徴のMA-1ジャケットが主役。いつものMixコーデを軸にしつつ、色のトーンをまとめることで、ヴィンテージムードを増した装いに。 「普遍的な魅力をもつアイテムの代名詞、MA-1ジャケットが今シーズンはトレンドとして復活。大人が選ぶならこんなオーバーサイズ&ブラウンのような、ひとくせデザインがおすすめです。手持ちの同系色のきれいめ服となじませながら、配色でレトロに甘辛コーデを更新させてみて」。<徳原文子さん>ジャケット¥75,900/アマン(アンスクリア) ニット¥27,500/イレーヴ スカート¥68,200(カオス)・バッグ¥143,000(ザンケッティ)/カオス丸の内 ターバン¥9,350/メゾンドリリス 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 辛口指数の高いカーキのMA‒1をフェミニン服のパートナーに カーキのMA- 1 は、ミリタリー色が強いのでドット柄など甘アイテムと好相性。コンバットブーツで旬味も加速。 ブルゾン¥48,400/ウィム ガゼット青山店(コル ピエロ) ニット(10月発売)¥15,400/オンワード樫山(ジョゼフ ストゥディオ) スカート¥68,200/サードマガジン バッグ¥86,900/サードカルチャー(ミチノ・パリ) キャップ¥3,740/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥82,500/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)無骨なメンズっぽさがレースのエレガントさを引き立てる メンズテイスト満載なツウ好みの本格派MA- 1 には、レースのスカートなどあえて女らしさ全開のアイテムを合わせてバランスをとるのがポイント。グレーベースのくすみ配色ならシックで大人っぽく、トーンをそろえることでコーデ全体のまとまり感もさらにアップ。 ブルゾン¥63,800/グッドスタンディング(リノ) Tシャツ¥12,100・スカート¥121,000/エブールギンザシックス(ebure) バッグ¥90,200/サードカルチャー(ミチノ・パリ) ネックレス¥13,500/アビステ 靴¥38,500/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/THE UPPER バックグラウンズファクトリーBrand:The Shinzone 本格的な仕様でありながら、リブのグレーやジップのオレンジなどのアレンジディテールが光る。ジャケット¥63,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:Inscrire モダンなチョコレートブラウンは、ふだんフェミニン派の人におすすめ。ジャケット¥75,900/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アンスクリア)Brand:near.nippon シンプルなブルゾン感覚で着られるブラック。後ろ下がりのすそが可愛いポイント。ジャケット¥61,600/プルミエ アロンディスモン(ニアーニッポン)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: JANE SMITH 「トレンドのMA-1もシャカッとした生地とライトベージュが新鮮。温かみのある色みも合わせやすい」 ブルゾン¥61,600/UTS PR(ジェーン スミス)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子⑥“レトロでかっこいい”を叶える「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」40歳の女性が、かっこよく、そしてちょっぴりモードにレトロというキーワードを着こなしに取り入れるなら「平常心で軽やかに楽しむ、ネオスポーティ」。もしくは「大胆に遊び心をこめた、きかせるトラッド」がおすすめ。”大人が着るからおしゃれに見える”レトロなムードをまとった、旬のアイテムをアウターでも!■ダウンジレ (ドゥロワー) "ゲレンデカジュアル"なスタイリング。いつものダウンジレを、スキー場に映えそうなピンクに。この高揚感を街で楽しむのが粋。 ジレ¥179,300・ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) サロペット¥38,500/ショールーム セッション(サージ)バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ)パンプス¥52,800/アマン(ペリーコ)ネックレス¥14,850/ザ ストア バイ シー 代官山店(ローラ ロンバルディ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子メンズの古着のようなブルゾンを、女らしく ノスタルジックなスポーティブルゾンに、タイトスカートやレザークラッチなど正反対の属性をもつフェミニンな服を合わせて。キレのある女っぷりを表現。 「ピンヒールでさっそうと歩いていく、ポジティブでかっこいい姿をイメージして着こなしてもらいたいです。遊び心をもち続ける大人の女性って魅力的に見えますよね。タートルをインすることでレトロ感を増して」。 ブルゾン¥85,800/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール) カットソー¥28,600/エイトン青山(エイトン) スカート¥27,500/カオス丸の内(カオス) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 ■コート(アパルトモン) おじっぽいブリティッシュなど、女っぽさから一番遠いテイストであるトラッド。古着のようなこなれ感が魅力ですが、野暮ったく見せない心配りが必要です。トラッドの"くせ"は、正統派に着ようとするのではなく、アクセントに変えてしまうと◎。 コート\107,800/アパルトモン 青山店(アパルトモン)■スタジアムジャケット(マディソンブルー) 今シーズンのトラッド服は、「遊び心増し増し」で選ぶ一方で、カジュアルにではなくきれいに着る。このメリハリが、レトロだけどスタイリッシュな大人のしゃれ感を成立させます。 スタジアムジャケット¥238,700/マディソンブルー⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈アウター」コーデの鮮度を上げてくれる一枚が欲しい!というアラフォーは、今季の大本命、きれいめミドル丈をチェックして!腰より少し長めの丈感が主流に。きちんと感とリラクシーなムードが共存しているから、着回し力も抜群。(上段右から)しっかり目が詰まった、ハリのあるメルトン素材がオーセンティックな魅力を放つ。 コート¥96,800/オーラリー  フードとジャケットが合体したようなハイブリッドデザイン。薄く軽やかで休日カジュアルにもぴったり。 コート¥69,300/ロンハーマン    (下段右から)シックなブラックと、脱ぎ着した時にちらっと見え隠れするべージュカラーとの配色がなんとも贅沢。コート¥108,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)  今年はベルトでウエストマークするタイプも豊作。きちんと感が簡単に手に入り、バランスよく着こなせる。コート¥77,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)  しなやかな素材感のテーラードタイプは引き続き人気。長めのミドル丈がニュアンスを生み、女らしさを添えてくれる。コート¥86,900/インターリブ(サクラ)Middle Coat/ミドル丈コート ヒップが隠れるくらいの長めミドル丈が今季の注目。カジュアルにはおれる気軽さが魅力。シンプルで軽やか、今の気分にマッチする新定番 どんなシーンにもマッチして気負わずに着られるから、毎日使いにぴったり。コート¥129,800・パールネックレス¥85,800・ゴールドネックレス(短)¥49,500/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ニット¥26,400/プルミエ アロンディスモン パンツ¥66,000/エストネーション ゴールドネックレス(長)¥35,640/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) バッグ(11月下旬発売予定)¥204,600/ロンハーマン(トッズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂着こなしが難しいと思われがちだけど、パンツにもスカートにも合う絶妙丈で安心! 着回したのはこれ! ATONの襟つきミドル丈コート冬に着映えるクリーンなホワイト 寒い季節に着るホワイト、しかもアウターで取り入れればその存在感は格別。ミドル丈なら大げさにならず、デイリー使いしやすい。コート¥75,900/エイトン青山(エイトン))Pattern 1ボクシーなミドル丈アウターとロングスカートの最新バランス かっちりとしたアウターとハリのあるスカート。"形のある"アイテムの組み合わせが、リラックスの先を行く今年らしさ。コート/上と同じ ニット¥19,800/プルミエ アロンディスモン スカート¥97,900/カオス丸の内(カオス) ピアス¥10,780/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) リング¥9,900/ビームス ハウス 丸の内(ローラ ロンバルディ) バッグ¥31,900/エストネーション(ブレンタ) ローファー¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)Pattern 2メンズライクなデザインだからパンツとの相性は間違いなし よけいな装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインが、マニッシュな雰囲気を後押し。ゆとりのあるシルエットなので重ね着もスムーズ。 コート/上と同じ ニットベスト¥31,900/UTS PR(ジェーン スミス) シャツ¥40,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ) パンツ¥31,900/ロンハーマン メガネ¥36,300/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥141,900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ローファー¥85,800/ドゥロワー 六本木店(パラブーツ フォー ドゥロワー)Pattern 3ゆるめのカジュアルを清潔感のある白で引き締めて 少し"やんちゃ"なスタイリングを大人仕様に。コート/上と同じ スウェット¥16,280(レミレリーフ×カオス)・スカート¥28, 600(カオス)/カオス丸の内 カットソー¥15,400/エイトン青山(エイトン) 帽子¥12,100/ビームス ハウス 丸の内(エーケーワン) チョーカー¥30,800/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) リング¥33,000/CHERRY BROWN バッグ¥37,400/エストネーション(ナヌーシュカ) スニーカー¥68,200/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 着回したのはこれ! LOEFFのノーカラーコート今年らしい女らしさならベルトつきを たっぷりとしたシルエットで、ガウンのようにラフにはおれる一枚。付属の共布ベルトを使ったシャープなアレンジも可能。コート¥66,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)Pattern 1軽快なミドル丈できれい色パンツがリアルに着地 きれい色パンツにロングコートを合わせると、時としてエレガントな迫力が出すぎてしまうことも。ミドル丈の軽やかさやゆったりとしたフォルム、カジュアル感のさじかげんがちょうどよく、リアルに着こなしやすい。コート/上と同じ ニット¥12,100/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥28,600/マリハ バッグ¥93,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) Pattern 2ガウンのようなゆったり感がデニムカジュアルを更新 トップスアウトしたシャツの上から、オーバーシルエットのコートをオン。このゆる×ゆるの合わせが、カジュアルに今っぽいムードをプラス。シンプルなデニムスタイルこそ、ボリュームバランスで鮮度高く着こなして。コート/上と同じ シャツ¥68,200/モールド(チノ) デニム¥38,500/インターリブ(アラタ) ピアス¥42,900/マリハ サングラス¥49,500/グローブスペックス エージェント(アーレム) バッグ¥49,500/アルファ PR(アエタ) ブーツ¥30,800/アルアバイルPattern 3ウエストマークで魅せるキレのいい着こなし ワンピーススタイルもコートの丈感が変わるだけで、一気に最旬ムードに。腰の高い位置でベルトを締めればスタイルアップも狙える。コート/上と同じ ワンピース¥31,900/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ハット¥24,200/UTS PR(マサカズ フルサワ) ピアス¥20,900/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥74,800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ザンケッティ) ブーツ¥61,600/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂▼あわせて読みたい
  • 1週間の「BAILA今日のコーデ」をまとめてお届け【1月21日(金)〜1月27日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月21日(金)のコーデ ふわふわのカーディガンと揺れるプリーツスカート。グッドガールな組み合わせにビットローファー、かっちりしたバッグ、チェック柄ストールのハンサムトラッドな小物をオン。少し辛口で大人っぽく引き締めつつ、おしゃれにハズして今っぽく。 1月22日(土)のコーデ 満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。 1月23日(日)のコーデ 上下のシルエットにメリハリをつけるのは体をきれいに見せる方法の王道だけど、だからこそアップデートが必要。「ぴたふわ」から「ゆるぴた」へ。2022年の気分に合わせたシルエットバランスでカジュアルコーデを今っぽく見せて。光沢あるナロースカートで女らしさもほんのり。 1月24日(月)のコーデ デニムライクなシャンブレーシャツをニットの袖口と裾からのぞかせ、レディなプリーツスカートをカジュアルダウン。キャップやラインソックスなど小物も効かせてこなれ感を倍増。色を抑えているから、ラフなのに印象はあくまで上品。コートは袖を通さず肩にかけて洗練されたムードに。 1月25日(火)のコーデ 会社へ行く日の相棒は気分が上がる明るい色のニットをご指名! ベリーのような深いパープルで今っぽさも大満足。ウール100%で暖かく、ソフトな肌触りも嬉しい。きれい見えするボリュームスカートを合わせたら、ロングブーツでしっかり防寒。見た目も着心地も寒さを感じさせないコーデに。 1月26日(水)のコーデ 黒のタートルニットとデニム、冬の定番ワンツーコーデもシャツを1枚重ねればぐっと新鮮なイメージに。シャツがメインだからクリーンな印象も簡単に。ショルダーバッグやスニーカーを合わせてアクティブな印象にまとめて。 1月27日(木)のコーデ カッコよさと華やかさを同時にかなえてくれる、みずみずしいグリーンは大注目のカラー。落ち感がありながらも、タックが効いた立体的なシルエットで洗練感のある着こなしが思いのまま。マキシ丈のコートをさらっと羽織ってより一層こなれたムードに。
  • ニット¥9900/eimy istoire ルミネエスト新宿店 パンツ¥12100/リー・ジャパン(Lee) ジャケット¥11000/アダストリア(ローリーズファーム) イヤリング¥1870/お世話や(OSEWAYA) ネックレス¥22000/フォーティーン ショールーム(ウノシエル) バッグ¥7900/CHARLES & KEITH JAPAN 靴¥7150/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)もこもこのボアジャケット、キレイ色ニット、美脚デニム。女の子を可愛く見せてくれるアイテムが集結。可愛さとカジュアルさの絶妙なバランスはメンズからも好印象。足元がスニーカーだから、チェーンバッグで大人っぽさをほんのり。モデル/紺野彩夏 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 上品なボウタイブラウスをデニムでカジュアルダウン【大学生の毎日コーデ】 ゆるニット×コンパクトなミニスカのバランスが最高♡【大学生の毎日コーデ】 旬のビッグカラーニットにタートルをイン、首元で味変!【大学生の毎日コーデ】
  • 『ユニクロ ユー』2022年新作が1/28(金)発売!洗練されたデザインとカラーリングで、世代を問わず人気を集める『ユニクロ ユー』。待望の2022年春夏コレクションが、1/28(金)に発売となります! ファーストコレクションから『ユニクロ ユー』を愛してやまない私ライターみかりん。気になるアイテムを全部試着してみたのですが……今シーズンは上半身をきれいに見せるトップスが豊富‼︎まずは洗濯機洗いOKなカジュアルセットアップ!ボクシーT(半袖) ¥1990 ミディスカート ¥2990まず着てみたのは、リブコットンを使用したボクシーTとスカートのセットアップ! もちろん別々でも着用できます。ほどよいハリ感があるので体のラインを拾わず、立体的な袖のおかげで二の腕がスッキリ♡ スカートは正面にたっぷりとギャザーがあしらわれているので、気になるお腹まわりも自然にカバーしてくれます。このアイテムのポイント・「体型カバーしてます感」ゼロで体がきれいに見える・同素材でリラックス感のあるガウチョパンツも展開・ネットに入れて洗濯機洗いOK肩のボリュームが肩幅&二の腕を自然にカバー♡ギャザーシャツ(ノースリーブ) ¥2990 ワイドレッグジーンズ ¥3990このギャザーシャツ、肩部分に厚みがあるパワーショルダー風のデザイン。実は肩幅の広さがコンプレックスな私、これを着たらがっしり見えちゃうんじゃないかなーと心配していたのですが! が‼︎ 肩部分の厚みと衿もとにたっぷり入れたギャザーの効果で、全然がっしり見えない……! むしろいつもよりほっそり見える気すらする! デニムは、フィットした腰まわりからストンと落ちるワイドなシルエットで、楽ちんなのに腰高見えが狙えます♬横から見るとこんな感じ。ふんわりと広がるボリュームのあるシルエット、可愛いいい‼︎ このボリュームで、気になる二の腕もやんわりカバーしてくれています。このアイテムのポイント・見るだけより着た方が圧倒的に「体がきれいに見える」を実感できる・肩幅が気になる人にこそオススメ・デニムは単独で、シャツはそのままで洗濯機洗いOKこのTシャツがスゴい!2022年ver.エアリズムリラックスクルーネックT(半袖) ¥1500 ベイカーパンツ ¥3990 ドローストリングショルダーバッグ ¥2990今回の試着で最も感動したのが、実はこのエアリズムリラックスクルーネックT。『ユニクロ ユー』の定番クルーネックTと比べると、少し薄手でさらりとした素材。「エアリズムリラックスクルーネックT」という名前のとおりリラックスできるゆったり感なのに、全くだらしなく見えない! むしろ女性らしく見えるんです‼︎ 五分袖で肘まで隠れるのも嬉しい♡ このコーデではインしていますが、着丈もおしりが半分隠れるくらい長めです。ショルダーバッグは、水をはじく撥水機能つき!ベイカーパンツは、股上ゆったりで足首に向けて細くなるキャロットシルエット。コットン100%のサテン素材&フロントプリーツで、きれいめにもはける万能な一本!このアイテムのポイント・Tシャツはきれいなゆったりシルエットで何枚でも欲しい!・ショルダーバッグは容量たっぷりで中にはポケットもあり・ベイカーパンツはお仕事服にも◎・Tシャツは洗濯機洗いOK、パンツはネットに入れて洗濯機洗いOKスーツにもなるおしゃれセットアップにトライテーラードジャケット ¥7990 テーラードパンツ ¥3990 クルーネックT(半袖) ¥1000 ニットスニーカー ¥3990最後は、スーツとして使える本格的なセットアップ! リネンのような風合いが涼しげで、実際の着心地もとっても軽いんです。ボタンを留めると中心が少し左寄りになって、シングルとダブルの中間のようなひねりのきいたデザイン。サイドの縫い目部分にポケットが隠れているのも『ユニクロ』らしいですよね。同素材のパンツもスッキリ美脚見えです♬ このアイテムのポイント・フォーマルすぎないセットアップでおしゃれ度高い!・『ユニクロ ユー』らしい洗練されたカラーリング・ドライクリーニングOK改めて見て思った「どのコーデもおしゃれすぎん?」試着をさせてもらうときは、プレスの方にオススメを聞きつつ一緒にコーディネートを考えていくことが多いんです。今回もそうだったのですが、振り返って今見てみても「どのコーデもおしゃれだな〜どのアイテムも欲しいな〜」と心から思える。どれもおしゃれで、どんな組み合わせも素敵になる(しかも今季は体型カバーも◎)。これが『ユニクロ ユー』のすごいところなんです! 何を買おうか、今本当に悩んでいるところ(笑)。みなさんも店舗やオンラインで各アイテムを見て、この感動を味わって〜!『ユニクロ ユー』特設ページはこちら>>関連記事:【ユニクロ2022春夏】細かすぎて伝わらない⁉︎ 新作バッグがすごかった>>関連記事:【GU展示会】1690円で美脚になれる最強カラーパンツとの出合い取材・文/堀越美香子 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • パリもミラノも、マダムたちは“自分らしさ”を一番に、トレンドも軽やかに楽しんでいる様子。フラット靴で街を元気にかっ歩するおしゃれマダムのスタイルには、まねしたい発見がいっぱい!  【目次】 ①お手本にしたい!こなれスタイル ②明るくきれいな色みが主役 ③個性が光るアウター ④バッグは斜めがけ ⑤足もとはボリューム感 ①お手本にしたい!こなれスタイル冬のこなれスタイルのお手本は、やっぱりパリ&ミラノの2都市!アニック(インテリアデザイナー・パリ)襟に切り返しがある、スッキリとしたラインのボルドーカラーのコートは、長年大切に着ているというオールド セリーヌ。新作バッグ“ディオール ボビー”を斜めがけにして、さらに長めにラフにかけたマフラーで、今年風のエレガントな着こなしに。イエローのベルボトムパンツを合わせた個性のあるカラーミックスコーデは、足もとのスニーカーとリンクさせ、全体にまとまりを出して。アンナ(イベントオーガナイザー・パリ)斜めがけにしたジャックムスのミニハンドバッグがかわいいアクセント。ボリュームのあるトレンチは、ストックホルムのトーテム。ハイウエストでベルトを絞った、メリハリのあるシルエットがエレガント。インナーには、白のタートルにライトブルーのアクネ ストゥディオズのスウェットで、シンプルになりすぎないスタイリングに。ロングブーツは、ブルガリア発のブランド、バイファーのもの。ソフィ(ジュエリーデザイナー・ミラノ)ベーシックな着こなしのシックなアクセントにもなるロングジレを、ジャケット感覚で着るマダム。ニットのフーディもボリュームが出すぎないフォルムで、サイドラインパンツから縦につながるIラインが強調され、スタイルアップ効果もかなえてくれる。使い込んで深い味わいのあるサンローランのニキ チェーンバッグとゴールデングースのスニーカー。大人の女性らしいぬくもりと抜け感が素敵。ナタリア(コスメブランドオーナー・ミラノ)ベーシックなアイテムこそ高級感のある素材やシルエットがカギに。バーバリーのチェスターコートをさらりと肩かけしたり、カシミヤのタートルニットを無造作にウエストインしたり、センスフルなスタイリングが印象的。セレブにもファンが多いアクアズーラの上品なマウンテンブーツとモードなパンツを同系色にすれば、脚が長くすっきりきれいに見える効果が。斜めがけしたバッグはロエベ。 ②明るくきれいな色みが主役ニュアンスカラーからビビッドカラーまで、思い思いに、明るい色使いを身につけているマダムたちが増えている。ムリエル(女優・パリ)ボトムはワークパンツやサロモンのスニーカーでボリュームを出してマスキュランに。ブルーで合わせたジャケットや斜めがけにしたバッグ、マフラーもぐるぐる巻きにして、トップスはコンパクトに。絶妙なバランスが、ゆるさのあるスタイリッシュさを感じさせて。マルティーヌ(主婦・パリ)上質な毛皮に定評のあるスプラングフレールのベージュコートをメインに、インナーも白やベージュで統一。モスグリーンのマフラーが顔まわりにほどよい明るさを、細身のライトデニムでボトムにも軽快さをプラス。ベルトやブーツに引き締めカラーを取り入れて。オレリア(インテリアデザイナー・パリ)オフホワイト×ベージュのワントーンスタイリング。ウエストをマークしたフリースジャケットに、マフラーをシンプルに巻いて上半身をコンパクトに。さらに細身のデニムですっきりと。ビルケンシュトックで“見せる靴下使い”はまねしたいポイント。マリネッラ(主婦・ミラノ)プラダのスキニーデニムにVネックトップスを合わせたワンカラーコーデ。発色の美しいエルメスのチェック柄大判ストールは、コートがわりにラフにはおるだけでおしゃれ度がアップ。デコルテにはビーズアクセサリー使いで、大人の遊び心をプラスして。ブーツもエルメス。アレッシア(PR・ミラノ)ボリュームたっぷりに広がるデニムスカートには、ペルーの女性たちの手仕事の技でつくられたという、鮮やかなブルーのアルパカ製アウターを。一方顔まわりはタイトに巻いたエルメスのスカーフ、カシミヤのニット帽、トムフォードのサングラスで小さくまとめてメリハリを。ジョルジャ(フォトグラファー・ミラノ)気持ちが上向きになるハッピーカラーのコート。いつものトップスとデニムに合わせるだけで一気に華やいだ印象に。存在感がきわだつ赤を、ディオールのサドルバッグの陽気なラスタカラーで拾ってコートとリンクさせるテクもまねしたい。ニューバランスのスニーカーで軽快に。 ③個性が光るアウタートレンドのスポーティ、こなれデザインのチェック、端正なコートなど、アウターも自分らしいセレクトを楽しんでいる!スポーティキアラ(テクノロジー関係・ミラノ)バブアーのロング丈ワックスドコート。すそから少しだけ見えるチープマンデーのデニムとサンローランのウエスタンブーツで、タイトフィットかつ直線的なシルエットに。ジルサンダーのホワイトカラーのバッグが、ミニマルスタイルに拍車をかけて。サングラスはセリーヌ。パトリツィア(デザイナースカウトマン・ミラノ)サカイのボンバージャケットを大人の貫禄で楽しむマダム。フーディで軽やかにアップデートしつつ、白のワイドパンツでリラクシーに着こなして。ステラマッカートニーforアディダスのスニーカーとジャックデュランのメガネで、ややくせをつけて、今どきのバランスに。クレリア(エリアマネージャー・ミラノ)長め丈のナイキのMA-1タイプを軸に、インの上下を淡いローズピンクで品よくまとめながら、白いTシャツのチラ見せレイヤードでスタイリングに抜け感を。ムードの異なるアイテム同士を気負わずにマッチングすることで意外性の高い着映えに。斜めがけバッグはディオール。クリスティーナ(PR・パリ)エールフランスでも着用されているネイビーのブルゾンは、ジャストサイズをセレクト。ジルサンダーのシンプルなパンツやジップアップのブーツを合わせて、きれいめスポーティにアレンジ。アクセントカラーには、白とイエローをチョイス。ミニバッグはデンマークのエコー。チェック柄アンヌ=マリー(建築家・パリ)マージュのベージュのチェックジャケット、切りっぱなしのホワイトデニム、アディダスのスタンスミス、と定番のアイテムを使ったスタイリング。何げなく巻いたマフラー、アメリカ発イレステーバのサングラスなど、上質な小物使いで洗練された着こなしにグレードアップ。アナ(バイオテック関係・ミラノ)サカイらしいひねりを加えたハイブリッドなアウターに、ミラノで人気のロエベの太めロールアップデニムで高センスを感じさせる着こなし。「エコ、サステイナブルに積極的なブランドの商品を買って応援しています」と、we-ar4のスウェットとショルダーバッグをチョイス。きれいめクリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)ウエストをマークし、襟を立てたコートは、’70年代のセリーヌ。コペンハーゲンで見つけたお気に入りの一着だそう。手袋やバッグ、サングラスは、エルメスのヴィンテージでそろえ、サステイナブルなスタイリングに。グレーやネイビーの落ち着いた色使いがエレガントさを演出。 ④バッグは斜めがけブランドバッグもカジュアルバッグも、斜めがけするマダムが急増中。上質なカジュアル感を演出するのに最適なテクニック!ロベルタ(実業家・ミラノ)自分に似合うスタイルを熟知しているマダム。ブルマリンのコートにディオールのアイコニックなサドルバッグで視線を上に集める工夫を。華とツヤがある優美なパンツとコンバースのハイカットでスポーティさを加えた辛口ドレスアップ。サングラスはサンローラン。カロリーナ(主婦・ミラノ)ゆるシルエットのボトルネックニットとフェイクレザーパンツに、H&Mのダウンジレでこなれ感を。シャネルのバッグを投入すれば、日常の装いがすぐさま上質なたたずまいに。手もとには、キャロリーナ・ブッチのカラフルなビーズブレスをたっぷりと重ねて。マルタ(ビジュアルマーチャンダイザー・ミラノ)カジュアルにもきちんとにも、コーデしだいで表情を変えるJW PEIのバッグ。プラダのニットにチェック柄パンツ、ヴァレンティノのスニーカーというハンサムなルックスに、ザラのもこもこファーコートとクロコ型押しデザインのバッグでレディさをプラス。アレッシア(ファッションエディター・ミラノ)ダンガリーシャツ、マルジェラのざっくりニットの上からプロエンザスクーラーのバッグを斜めがけ。フレッシュなイエローをさし色に、メンズのチノパンでリラックスムードなのに、まわりと差がつくワンランク上のおしゃれ。トムフォードのサングラスもスパイスに。ジュリア(インテリアデザイナー・ミラノ)メゾンキツネのボーダーTと紺色ニット、ユニクロのデニムに、スポーツマックスのアニマル柄コートでパンチを効かせたスタイリング。クラシックなグッチのホースビットのバッグでさらにブラッシュアップして。冬でもヌーディな足もとで、ヘルシーな色気を。フロランス(占い師・パリ)ベージュトーンでまとめたトレンチコートスタイルに斜めがけしたのは、ライトなカーキの米軍ミリタリーバッグ。キャンバス地でマチもあり、太いストラップ使いが今どきスタイルにマッチ。パソコンなどを運ぶ仕事のときにも便利で、毎日使いしているのだそう。 ⑤足もとはボリューム感厚底フラット靴が席巻!シンプルスタイルも、足もとのボリューム感でたちまち新鮮バランス。ボリュームブーツキャロリーヌ(空港勤務・パリ)今年人気のチェルシーブーツ。コペンハーゲン発のビリビは、エッジの効いた厚いソールをアップデートした一足。オリジナルのブラウンの縁取りは、デニムとの相性もよさそう。エステル(プロデューサー・ミラノ)タータンチェックコートをゆるく着て女性らしいムードを醸し出していたマダム。ブラックデニムにJWアンダーソンのチャンキーソールのサイドゴアで足もとはマニッシュに。クレール(編集者・パリ)レザーのマウンテンブーツをふだん使いにも活用。クラシックなデザインが今また新鮮! だそう。デニムを合わせたカジュアルスタイルはもちろん、コーディネートの幅が広がる。ボリュームスニーカーリリアン(弁護士・ミラノ)セリーヌの端正なオーバーサイズコートと重めの足もとで冬のデニムルックを一新。ショートヘアに控えめなジュエリー使いで全体をシンプルにまとめたら、ディオールのスニーカーとスポーツソックスで、タフな女性のニュアンスを加えて。マーレイヌ(主婦・パリ)バレンシアガのトラックトレーナー。ホワイトにネオンカラーのオレンジがアクセントのスポーティなデザイン。5cmのソールになっているので、スタイルアップにも。アンナ(ファイナンス・ミラノ)モノトーンコーデは小物を替えるだけで気分が上がる。グッチのGG ソックスにディオールのカムフラージュ柄スニーカー。足もとからモダンでスポーティなエッセンスが香る。アニック(インテリアデザイナー・パリ)クロエの ブレーク ロウトップ スニーカー。素材をミックスした都会的なデザインと、軽量のラバーソールが人気。ビタミンカラーで冬のスタイリングを盛り上げてくれる。    ▲ページトップに戻る>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadamaa ※エクラ2022年2月号掲載
  • コート¥38500/LAGUNAMOON ブラウス¥9900/LAGUNAMOON パンツ¥9890/épine バッグ¥2690/神戸レタス スカーフ¥1100/神戸レタス 靴¥42350/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)クラシカルなボウタイブラウスを合わせて、デニムを品よく着こなし。ブーツインすれば、なんだか憧れの海外セレブっぽい! 落ち着いたトーンのピンクコートを合わせれば華やかさも盛れてお出かけにぴったりのコーデに。モデル/鈴木ゆうか 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! ゆるニット×コンパクトなミニスカのバランスが最高♡【大学生の毎日コーデ】 旬のビッグカラーニットにタートルをイン、首元で味変!【大学生の毎日コーデ】 ワンピにクロップド丈トップスを重ねてトレンド先取り♪【大学生の毎日コーデ】
  • エクラ2月号華組スナップには、MADISONBLUEのお気に入りボウタイブラウスで。スナップには出なかったもう1スタイルも‼︎エクラ2月号スナップには、 ネイビー×グレーで スタイリングしてみました。 わたしは昔からシャツやブラウスが 大好きで、集めているというよりは 集まってきているのですが、 今回のスナップには今ハマっている クラシックなスタイルにしたくて、 大好きなボウタイブラウスに してみました。MADISONBLUEのボウタイブラウスと ハイウエストデニムで綺麗な大人カジュアルです。 ブーツ、指輪、バッグと小物もすべて ネイビーにして、スッキリとシンプルに まとめています。 ボウタイブラウスの額縁を勤めるのは、 シンプルな襟のコートです。 Coat … ebure Blouse … MADISONBLUE Denim … MADISONBLUE Bag … HERMES ring … Ilaria Perú Boots … FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ) 指輪はネイビーのリアルストーン。中にはゴールド が流し込まれていて、ラメのように光るんです。 おもちゃみたいな大きな石をカジュアルスタイルに 使うのはわたしの定番小物使いです。 ネイビーコーデ、特にデニムを着用するとき、 わたしはこの指輪を大抵つけています。 こちらは、南米に駐在していた頃、 少しずつ集めていたペルーのブランド、 「ILARIA」。 ペルーではなくても、南米の国々の空港にも あったりします。 もしも南米に行かれることがあったら、 必ず覗いてもらいたいくらいオススメです。 こんな大きな石にも関わらず、お値段が かなりお安い。 指輪のみならず、色々なアクセサリーが 扱われています。 そして、こちらは先日、友人と会った時の コーディネートです。 ボウタイブラウスはヘビロテで大活躍 しています。 Coat … Drawer Blouse … MADISONBLUE Pants … martinique Bag … CELINE こちらは、撮影の際、提案したもう一つのコーデ。 やはり、ネイビー×グレーでした。 帽子は今年、普段のカジュアルにかなり  愛用しています。 簡単に誰でもお洒落になれるおすすめアイテムです。 シンプルな装いに思い切って被ってみて くださいね‼︎ アラフィフのすごいところは多少派手でも 派手に見えない(笑) 今までならちょっと気が引ける、、、 そんなアイテムこそどんどん取り入れてみて ください‼︎お洒落の幅が広がります。 わたしのインスタグラムはこちらから Coat … ebure Knit … MUJI Pants … MADISONBLUE Bag … STUDIO CHERIE Boots … FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ) Earring(ピアス) … STUDIO CHERIE Hat … Maison Michel(メゾン・ミッシェル)成田千恵
関連キーワード

RECOMMEND