花材のセレクトが鍵になる、秋の世界観を描くブーケ集

SPUR.JP

異国の花材をセンス良くマリアージュして“実りの秋”を表現


ブーケ¥35,000~

小さな綿の実のようにふわふわと起毛したフィリカに、羽毛のように柔らかな葉を持つ南アフリカ原産のプルモーサスナナス。特徴的な異国の実やグリーンをラフに束ね、シャビーシックな色合いでまとめたブーケには秋の涼やかな風がお似合い。風に気持ちよく揺れる葉や実たちが、ブライズルックの小粋なアクセントに。

イリア
http://iria-sachitanosaki.com/
sachichevel.113077@gmail.com

 

“秋の山”を描く、落ち着いた大人カラーのパレット


ブーケ¥35,000

あえて華やかなビビッドカラーは避け、ダークトーンのパープルやマットなグリーンを基調にしたブーケのイメージソースは“秋の山”。ふさふさとした形状が秋を表すのにぴったりのイネ科のパニカムや色づいた丸い実が愛らしいシンフォリカルポスなど、山に自然と生えているようなナチュラルな花材一つ一つがピースとなり、シックな色合いを完成させる。

ファーヴァ
http://farver.jp/
03-6451-0056

 

関連記事
  • スイーツにお酒……と手みやげに頭を悩ますこの季節。今年は世界にひとつのブーケはいかが? エクラスタッフやおしゃれな方たちが「ここぞ」というときに頼りにしている、とっておきの人気フローリストをご紹介。FUGA(フウガ) 推薦人コメント/LEGARE ブランドPR 矢口真弓さん 「このかたにはこれ!と花材を指定した依頼をすることが多く、いつも素敵に仕上げてくれます。花の種類は少ないほうが個性的に。深紅のブーケは贈る側も高揚します」。好みや用途に沿った提案が頼りになる店。 【SHOPINFO】 東京都渋谷区神宮前 3の7の5青山MSビル ☎03・5410・3707 11:00〜19:00 (日曜、祝日〜18:00) ㊡夏季、年末年始 fuga-tokyo.comRose Farm KEIJI(ローズファームケイジ) 推薦人コメント/スタイリスト 千葉美枝子さん 「友人の紹介で知ったここにしかないオリジナルのわばらは繊細で可憐。花も蕾も美しく、花の持ちもいいです」。國枝啓司氏が生み出すわばらは自然な美しさ。ブーケはその時々農園でとれる花だけを束ねて直送。 【SHOP INFO】 ☎077・585・1133 www.rosefarmkeiji.net オンラインショップ、もしくは電話にて購入可Le Vésuve(ル・ベスベ) 推薦人コメント/ホテルPR 清水真紀さん 白いバラや実などを束ねた雪景色のようなブーケ。「花と対話するかのように優しくまとめられた花束に誰もが笑顔に。お店も都会のオアシスのよう」。花の形を生かした自然な濃淡色のナチュラルなブーケが得意。 【SHOP INFO】 東京都港区南青山7の9の3 ☎︎03・5469・5438 11:00 〜18:00 ㊡火曜 www.levesuve.com他の画像を見る撮影/三木麻奈 スタイリスト/石山とみ子 取材・文/鈴木奈代
  • デモ騒動が一段落し、ハッピーホリデー気分の盛り返しを図るパリ。この時期は期間限定ストアや店頭イベントが多いほか、レストランは営業日・時間がいつもと違うので、念入りなプランを立てるべし。ここでは私のおすすめコースをご紹介しましょう。 まずは、パリジェンヌ御用達のセザンヌ(Sézane)をチェック。気取らない「普通」の服で手頃なお値段、そしてファウンダーのモルガン・セザロリーが人気ブロガーだったことから、ここ最近異常なほどの人気を誇るブランドです。特にこの時期、“歳末助け合い”の気持ちがあるなら、セザンヌ「ソリデール」へ。ブランドのアウトレットと顧客自身が寄贈するセザンヌのセカンドハンド、両方から成る商品構成です。売上の一部はマラリアのリサーチ団体に寄付されるというシステム。またこの隣には、おしゃれ家族のルポを専門とするオンライン・マガジン、ザ・ソーシャライト・ファミリー(The Socialite Family)がクリスマス・ギフトのポップアップストアをオープンしました。このほかのポップアップは、写真を参照のこと。一方食では、ピンポイントでクリスマスと大晦日の計画を立てましょう。レストランが軒並み休みな12月24日、25日でも開いているのは、ブイヨン・ピガール(Bouillon Pigalle)とブラッスリー・バルベス(Brasserie Barbès)。いずれも昼から夜遅くまでノンストップという営業時間と、フランスの家庭料理的なメニューがウリです。美味しいものを買い込んで、宿泊先で食べるのもいいでしょう。生鮮食品も含めたベスト・フードが美しくディスプレイされているから楽しく、またちょうどいい規模なので買いやすいのは、やっぱりメゾン・プリソン(Maison Plisson) ですね。 逆に大晦日は、どのレストランも大賑わい!ドリンクなら、秋にオープンしたばかりのエドゥアール7劇場併設のレストラン、フルーフルー(Frou Frou)内のバー、カンカン(Can Can)へ。まさにスピークイージーと言えるこのバーでは、人間観察も楽しみの一つ。また大奮発して大晦日の特別メニューを食すなら、アピシウス(Apicius)へ。キャビア添えの帆立貝からトリュフをまぶしたチキンまで、贅沢を極めた5皿のコースはチーズとデザートもついて650ユーロ!19世紀建造の邸宅を改装した隠れ家的レストランだから、シャンデリアやトロンプルイユの天井、アンティークの屏風などミュゼ並みの内装も贅沢な一夜の醍醐味。年末のパリ、盛りだくさんです!  text: Minako Norimatsu 白い食器のアスティエ・ド・ヴィラットはあまりにお馴染みですが、クリスマスのディスプレイなら、やはりここが一番。この時期、上階は、ツリーのオーナメントの洪水!173, rue Saint Honoré 75001チャリティを目的としたセザンヌの“ソリデール”店は、アパルトモンと呼ばれる旗艦店の隣に12月23日までオープン。営 11時〜20時(火〜土)、〜19時(日)、休月曜 12, Rue Saint Fiacre 75002 (1月21日以降は3, rue Saint Fiacre)クッションからグラス類までインテリア雑貨を取り揃えたザ・ソーシャライト・ファミリーのポップアップストアは、12月31日まで。12, Rue Saint Fiacre 75002 営 11時〜20時、〜19時(日)ボンマルシェ地上階では今月いっぱい、リップスティック専門のラ・ブッシュ・ルージュのスタンドを青山フラワーマーケットのブーケが飾っています。右:イニシャル刻印可のレザー・ケースとレフィルのセット。左:限定4色。24, rue de Sèvres 75007 営10時〜20時、〜20時45分(木)、11時〜19時45分(日) 無休マダムMはアート・プロジェクトを手がけるエミリー・マランとインテリアや雑貨のシェ・モワによるクリスマスギフトのポップアップ、1月5日まで。168, Galerie Valois, Jardin du Palais Royal 75001 営 11時30分〜19時30分。 休 月曜と12月30日グランパレには仮設のスケートリンクが。営 10時〜13時、14時〜19時、20時〜翌2時 Grand Palais Avenue Winston Churchill 75008 www.legrandpalaisdesglaces.com で事前にチケット購入も可能大人気のDIY ブログ、メイク・マイ・レモネードが、この秋にオープンした路面店にてワークショップをスタート。この年末ギフトの準備にお勧めなのは、素敵なカードが書けるカリグラフィー・レッスン。(写真はソーイングキット)詳しいプログラムと予約はネットで。https://www.makemylemonade.comブラッスリー・バルベスはシーフードも豊富で、定番ディッシュにややモダンなタッチ。 2, Boulevard Barbès 75018営8時〜翌2時30分 無休オーソドックスな食堂と言った雰囲気の、ブイヨン・ピガール22, Boulevard de Clichy 75018 営12時〜0時 無休 予約不可なので、いつも長い行列が。メゾン・プリソン。サントノレ店 35, Place du Marché Saint Honoreé 75001 マレ店93, Boulevard Beaumarchais 75003 営 8時30分〜21時、9時30分〜(日、月)〜20時(日) 無休、ただし12月25日と1月1日はクローズ。フルーフルーはデザイナーのアレクシ・マビーユによる内装。レストランでは12時〜翌0時30分の間、いつでも食事が可。写真のバー、カンカンは18時〜21時、23時〜翌2時。休 日、月。ただし12月31日はオープン。10, Place Edouard VII 75009アピシウスの店内。20, rue d’Artois 75008  休日曜 朝食、昼食、ディナー共要予約。バーは18時〜2時
  • 「MAQUIA」1月号の『美女子ネタ』から、ファッション情報をピックアップ。イベントが増える年末年始のコーデにプラスしてトレンドを楽しんで!美女子ネタ「お土産」がテーマのアクセサリーで異国気分アムステルダム在住のデザイナーによるブランド「ジェム・キングダム」の作品は、全てハンドメイド。旅の思い出を詰め込んだような、キャッチーなデザインのホリデイコレクションに注目が。(右)ネックレス(SV×ヒスイ)¥49000、(左)ピアス(SV×淡水パール)¥14000/H.P.FRANCE(ジェム・キングダム)エコファーで作るカジュアルアウターが今、新鮮!環境を意識したサステイナブルな物作りに関心が集まる中、新たなスタンダードになりつつあるエコファーのアウターを提案しているsmuk(スムーク)。短め丈のブルゾン風コートは、どんなボトムスとも好相性。(右)ネイビーファーコート、(左)2本ラインファーコート 各¥39000/フラッパーズ(スムーク)もっと見る >MAQUIA1月号撮影/小川久志 スタイリスト/古田千晶 取材・文/佐藤 梓 構成・文/木下理恵(MAQUIA)【MAQUIA1月号☆好評発売中】
  • こんにちは、はまじマネージャーです。   一気に、寒くなりましたね! 今週のはまじも、いよいよ冬仕様に。   この日は収録終わりの夜、とあるライブに行くことが決まっていました。   ライブが終わる頃、外は冷え込むだろうな〜! でもきっと、会場は暑いよね?   という事を見込んで、、、 はまじがチョイスしたのがこのストール(スカーフ)です。   「会場でかさばらないように」と、コートではなくコンパクトになるダウンのような、羽毛入りストール。 広げると結構幅があるので、コートのような役割も果たします。   これが軽くて本当にぬくぬくあったか〜♡ (拝借して、包まれてみました) 羽のように飛んでいけそうです。 案の定、ライブ会場は熱気ムンムンでしたので、サササ〜っとコンパクトに収納。 大っっっ活躍なのでした♩   みなさんの防寒対策、冬支度はいかがですか?   急激な温度変化で、風邪などひきやすい時期ですね。 お身体どうか、お気をつけくださいませ︎     Instagram ▷ hamaji_0912   シャツワンピース  スタジオニコルソン カーデガン  BLAMINK ダウンストール(スカーフ)  P.H.Designs ブーツ   エンリーベグリン バッグ  Mimi ネックレス  マリエレーヌ ドゥ タイヤック
  • やっと行けた!三軒茶屋NATIVO さんで至福の時間を過ごしてきました。三軒茶屋からかなり離れた場所に 突如、白いカーテンが掛かった とても雰囲気の良いお店が出現。 誘って頂いた時に旅行だったり 仕事で抜け出せなかったりと 行きたいのに行けない!と ずーっと恋い焦がれていました。 その名もNATIVO オープン当初は シェフが旅してきた 南米料理にフーチャーされていたのですが 今は、ヨーロッパと南米で磨かれた感性を シェフのフィルターを通されてイタリア寄りの お料理がオンメニューされています。 NATIVOのバーニャカウダこの下にトロトロ玉ねぎが!他の画像を見るシグネチャーである玉ねぎのお料理は、 4時間かけて火入れ。さらにトロトロに炒めて 旨味を凝縮した玉ねぎを、玉ねぎの器に詰めて エスプーマをたっぷり乗せた逸品。 そのビジュアルもさることながら ずーと舐めていたい。いや このお風呂に浸かりたい。と言ったら お店の方に聞かれていて、笑われてしまいました。 バーニャカウダも日本で見る スタイルではなくonthe目玉焼きスタイル。 赤鶏のバターチキンは ピカタにした肉厚の鶏肉を たっぷりの澄ましバターに 浮かべられるようにして登場。 こんなバターチキンは、食べたことない 美味しさ。 この澄んだバターは、ただのバターではなく インド料理やアーユルベーダで言う“ギー” バターを煮詰めて、蛋白質・糖分・水分を 飛ばした物。 これが、美味しくて。 チキンにヒタヒタに付けながら、楽しみました。 メインを1つにして パスタを2つオーダー。 1つはズワイガニとトランペット茸 もう1つはポルチーニ。 どちらもパスタはどこ?と言うくらい 具沢山。最高でした。 こちらを代表するデザートは アマゾンカカオをたっぷりと 擦りおろしたカカオジェラート。 目の前で削られるアマゾンカカオは、 これでもか!とプレゼンされます。 最初はツルツル。アマゾンカカオの雪が!無骨なトラットリア料理に 異国のテイストを合わせた 唯一無二のお店は 待った甲斐があった 今年一番のご褒美なお店でした。本日のメニューも素敵な装丁いちいち素敵。NATIVO →★美女組NO.107ウマキのブログ
  • 11月に登場した限定レッドボトル。ドラマティックな広告ビジュアルが街を彩る。 「シャネル No.5」は、クチュリエが発表した最初の香水であるとともにマドモアゼル シャネルが生み出した普遍的なスタイルの象徴として、シャネルのアイコン的フレグランスだ。 単一の花の香りが主流だった時代に、調香師エルネスト ボーはグラース産のジャスミンやローズ ドゥ メをはじめとした80種類以上の天然香料に合成香料アルデヒドを組み合わせたフローラル ブーケの香りを生み出した。その香りだけでなく、虚飾を排した直線的なフォルムのボトルにナンバーだけの名前を記したデザインも革新的だった。 (C)CHANEL2018年のホリデーシーズン、この伝説的な透明のガラスボトルが初めて赤く染まり、限定レッドボトルとして登場。現在、ドラマティックな広告ビジュアルが渋谷と銀座の街をジャックしている。 シャネル銀座ビルのディスプレイ渋谷の屋外ビジョンではロングバージョンのキャンペーンムービーを上映松屋銀座の壁面もシャネルNo5のレッドボトルにラッピング 渋谷駅前では屋外ビジョンで限定レッドボトルのロングバージョンムービーを上映し、銀座中央通りでは向かい合うシャネル銀座ビルと松屋銀座の壁面をディスプレイするだけでなく、夜間はLEDによる幻想的な赤い空間を演出している。 渋谷のキャンペーンは12月14日(金)まで、銀座のキャンペーンは12月28日(金)まで。華やかな街を彩るシャネルの赤をチェックして。 問い合わせ先/シャネル カスタマーケア TEL0120-525-519chanel.com
  • 10日は省エネモードで過ごしたい日。ここで無理をすると、体に負担がかかり、風邪をひきやすくなるかも。体力・気力を高めにキープできれば、週の後半は公私ともに大充実。13日は「今、この人に会えるなんて!」という感動のある出会いの気配が。恋愛なのか、職業的野心なのか、目的がクリアなほうが、実りのあるつきあいに発展します。 今月の運勢をおさらい フルーツタイプ別の基本性格 TOP(フルーツナンバーを調べる) フルーツナンバー別 フォーチュンカレンダーは、該当週と翌週の運勢も公開。週をまたぐ場合や先の予定を立てるときに役立てて。 [ 蜜柑1 ] 発展日 発展しやすい日。積極的に動いて、幸運の種まきをするといい日。 変化日 物事の流れが急に止まったり、方向が変わることが。変化は前向きに受け止めて。 大変化日 変化日の作用がさらに強まって訪れる日。急ブレーキがかかるようなアクシデントもあり。 トラブル日 トラブルに出会いやすい日。よかれと思って、よくないものに手を出す危険あり。 収穫日 物事がまとまりやすい日。この日、縁があった人やモノとは安定した関係をもてそう。 キャンセル日 予定がキャンセルになりがち。この日、決めたことなども先で変更になりやすい。 大キャンセル日 後でキャンセルになりやすいものと縁ができやすい。急激に進む、決まることには注意を。 引力日 いろいろなものを引き寄せやすい日。またその影響を強く受ける日。収穫日と重なればよい人やモノを、トラブル日、キャンセル日、大キャンセル日と重なれば困った縁を引き寄せやすくなります。 癒し日 あまり頑張りがきかない日。できれば、無理をせずにリラックスして過ごして。ほかのよい運と重なればうれしい癒しあり。変化日、大変化日、キャンセル日、大キャンセル日と重なったら油断をしないように。 恋愛ゾーン ハートのついている日は恋愛ゾーン。男性との出会いも多く、恋も発展しやすいとき。ふたつのハートがつく日は、その作用がより強まる強力恋愛ゾーン。3つのハートがつく日は、特定の年の特定の月にしか訪れないスペシャル恋愛ゾーンです。ただし、注意する日(*)と重なったら、舞い上がりすぎないように。(*)注意する日とは、変化日、大変化日、トラブル日、キャンセル日、大キャンセル日をさします。 水晶玉子先生の「フルーツ・フォーチュン」 TOP 基本性格 今月の運勢 今週の運勢 上半期・下半期の運勢 [ 蜜柑11 ][ 蜜柑21 ][ 蜜柑31 ][ 蜜柑41 ][ 蜜柑51 ]
  • スイーツにお酒……と手みやげに頭を悩ますこの季節。今年は世界にひとつのブーケはいかが? エクラスタッフやおしゃれなかたたちが「ここぞ」というときに頼りにしているとっておきの人気フローリストをご紹介。予算は¥8,000。シャンパン1本分の予算で、こんなにドラマチックで素敵な手みやげに。1.ウヴル華やかなシーズンにぴったりな心浮き立つブーケは、3種のバラ、2種のダリアなどパッと目をひくピンクの濃淡に、さし色のシックなボルドーのアレンジ。センスあふれる色の合わせ、自然なグラデーションによる立体感のある美しいブーケが話題の注目店。トレンドに敏感な女性が集うホームパーティなどに持参すれば、会話も広がりそう。東京都品川区上大崎3の10の8 ☎︎03・6721・6779 www.oeuvre-tokyo.com 営業日・時間はインスタグラム(oeuvre_tokyo)参照。オーダー(¥5,000〜)は 1週間前までに。2.マコトオクドミモダンでスタイリッシュな東京スタイルのブーケは、シンプル&シックなインテリアの家や、男性への手みやげにもぴったり。写真はサンダーソニア、ケイトウ、カラー、バラなど黄色の濃淡を組み合わせたハッピーな気持ちになれる鮮やかなブーケ。折り紙のような凝ったラッピングまでもがおしゃれと評判。☎︎03・6276・5225 www.makotookudomi.com オーダーは、事前にメールもしくは電話にて。3.ザ リトルショップ オブ フラワーズ / アトリエ野原から摘んだままのような空気感をもつ、きれいにまとまりすぎないアレンジが魅力。ダリアやエキナセア、ブルーベリーの葉などを合わせた写真のブーケは、木のぬくもりあふれるナチュラルなインテリアや、和の空間にも合いそう。依頼時には贈るかたの好きな映画などを伝えるのも、イメージソースに役立つとか。ニ他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/石山とみ子 取材・文/鈴木奈代 ※掲載したブーケは予算¥8,000で製作。季節や仕入れ状況により同じ花材がそろわない場合があります。
関連キーワード

RECOMMEND