胸を露出した写真をインスタグラムに削除されたマドンナ、再投稿し「トップレスの解放」を訴える

SPUR.JP

ここのところ、過激な行動や装いの話題が続いているマドンナ(63)。称賛とともに多くの批判も寄せられるなか、先日、またも過激な写真をインスタグラムにアップ。すると、投稿がインスタグラムに削除されるという事態に!

Photo:Instagram(madonna)
Photo:Instagram(madonna)

今回マドンナが投稿したのは、バストトップを露わにしてベッドに横たわる姿や、網タイツのみをまとった下半身の写真など。

これまで大胆な姿を度々披露してきたマドンナだが、これほど肌を露出した姿をインスタグラムで公開するのはレア。

Photo:Instagram(madonna)
Photo:Instagram(madonna)

ファンからは、「こんなくだらない写真を載せるのではなく、素晴らしい音楽を作るべき」「ポルノのような写真をどうしてインスタグラムに載せるの」などの悲嘆の声が多数寄せられた。

Photo:Instagram(katebeckinsale)
Photo:Instagram(katebeckinsale)

そんなマドンナの写真は、セレブ仲間にも衝撃を与えたよう。ケイト・ベッキンセイル(48)は、この写真を使って娘リリーをサプライズ!

ケイトが「『私のお尻は最高よ!』とこの写真を投稿したら、やり過ぎかな?」と送信すると、娘は「ちょっと混乱してるわ。やり過ぎだと思う」と返信。それに対しケイトは「これはマドンナよ。私がこれを投稿するわけじゃないじゃない! 母親のお尻の見分けがつかないなんて信じられないわ」というメッセージのやりとりを披露し、世間の笑いを誘った。

この投稿をInstagramで見る

Madonna(@madonna)がシェアした投稿

さらに驚くのがインスタグラムの対応。なんと、マドンナの投稿を削除したのだ!

これに対しマドンナは、同じ写真をスタンプで加工して再投稿。削除された理由を「バストトップが出ていたから」だと明かし、「私たちがいまだ、バストトップ以外の身体しか見せられない文化で暮らしているなんて驚き。バストトップが女性の身体で唯一、性的に扱われるパーツであるかのようにね。男性のバストトップは性的じゃないの? 女性のお尻はどう?」と抗議の声を上げた。

Photo:Getty Images
Photo:Getty Images

すると最初の投稿とは打って変わり、「本当にその通り」「トップレスを解放せよ」といった同意の声が続出!

これまでにもトップレスの解放を求めたり、脇毛を剃らずに披露したりと、自らの身体を使って多様性や表現の自由を訴えてきたマドンナ。今後はどんなサプライズ行動で世間を驚かせるのか、ますます注目が寄せられそうだ。

text : Mariko Peeling

 

 

 

関連記事
  • 長年悩まされていたパンツやスカートの下の静電気問題。このアイテムですっきりと解決しました。皆さんこんばんは。 早速ですが、皆さん冬のパンツやスカートの下の寒さ対策どうされていますか? 私はレギンスを履いたり、タイツを履いたり…。 その時どうしても気になるのが、憎き静電気。 せっかくおしゃれしているのに、ボトムスが静電気でひっついてしまい綺麗に見えない。 お出かけ前に静電気防止スプレーをしても途中でやはり張り付いてしまう。 いっその事、寒くても何も履かずに出掛けてしまおうか、と思ってしまう程。 皆さんどうしているのだろうかと色々なブログや記事を読んで見たりもしましたが、なかなか解決せず… そんな時にダメ元で試してみたアイテムがびっくりする程優秀でした。GUNZE Tuche ペチレギ ¥1,100GUNZEさんから発売されていたペチレギ。 ペチコートの様な機能を持ったレギンス。 その名もペチレギ。 これがものすごく良かったです。素材は■ ナイロン、キュプラ、ポリウレタンマテリアルに関しては全く詳しくないのですが、本当に静電気と摩擦による張り付きが最小限に抑えられます。先日裏地のない冬素材のスカートの下に一日履いて出かけましたが、全く張り付きが気になりませんでした。(ペチコートも静電気防止スプレーもしませんでた。) そして、私が一番困っていたのは、冬のニットパンツ。 ニットパンツは冬に履きたいアイテムですが、防寒対策で下にレギンスなどを履いてしまうとすぐに静電気が起きてしまい、とても履いて出かける気になれずにいました。 その問題もサラッと解決。 多少の張り付きはありますが、許容範囲。 早く出会いたかった、と思ってしまう程優秀でした。ペチレギは5分丈、7分丈、9分丈と自分の好みの長さが選べます。 お色は透けにくいベージュと万能ブラック。 厚さは130デニールと防寒対策にも適しています。伸びがよく履き心地も○皆さんに是非試して頂きたいアイテムです。こちらを見つけたのは午前3時。 ついでにセールになっていた夏用のジュートバックを購入してしまいました。MAISON BENGAL ジュートメッシュバック昨年の夏のアイテムなのだと思いますが、夏にワンピースと合わせたいなと思って購入しました。 MAISON BEGALのブランドの取り組みも素敵です。【MAISON BEGAL/メゾンベンガル】 イギリス人のSheenagh Dayが2004年に設立したフェアートレードカンパニー。 ハンドメイドでしっかりとした、ナチュラルな素材で作られた商品を多く販売しており、 使われるすべての染料は 有害な化学製品を含まない環境にも配慮した製品になっています。それでは。 静電気が気になる方は、是非ペチレギをお試し下さい。■ペチレギはこちらから→♡■メゾンベンガルジュートバッグ→♡■Instagramもご覧頂けると嬉しいです。No.149 kumiko
  • 思わずはっと目が留まる印象的な“冬の白”を味方に、その日なりたい自分に。カジュアルか、きれいめかの鍵を握るのは白の割合! 白が少ないほどカジュアルで、多くするほどきれいめになる簡単な法則を教えます。 着たのはこれ!【7枚で作る、マンネリ知らずの着回し実用書】 《WHITE 10%》 カーディガンから“ちらりとのぞく白”でおしゃれな抜け感は簡単につくれるごく少量をポイント使いすると白のクリーンさとヘルシーさが印象的に際立って、決して子どもっぽくならない理想のカジュアルが簡単に。フーディをインナーにした高感度な重ね着は、首もとから見える大きめのフードがアクセント。横顔や後ろ姿までなんだかおしゃれっぽく見えるから、カーディガンとプリーツの組み合わせもまた嬉しい気持ちで着られる。カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) フーディ¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥135300/ロンハーマン(トッズ) 《WHITE 25%》 白のざっくりニットをひと巻き。気張らない日は小物感覚で楽しんでも色や素材が重ためになる季節に、白はさし色としても効果的。ニットをさらりとたすきがけにすれば、シャツワンピースもどこか“ゆるむ”感覚。さりげなく、おしゃれな大人のこなれ感をアピールできるのも素敵。シャツワンピース¥39600/プルミエ アロンディスモン 肩に巻いたニット¥33000/スローン 中のカットソー¥12100/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(キャストコロン) ピアス¥13200/グリン ジャパン(グリン) バッグ¥33000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 《WHITE 50%》 トップスの白は親しみやすいクリーンさ。コートを重ねても軽やかでいられる白のハイネックブラウスは今の気分のクリーンさがいい。ニュアンスカラーのコートやスカートも優しさを残したまま、しゃきっと見違える。スカート¥27500/インターリブ(サクラ) ブラウス¥20900/STYLEVOICE.COM(ブリゼ フォー チエコ クロダ) コート¥32000/ノーク バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス(右耳)¥38500・(左耳)¥26400/リューク 靴¥23100/グラビテート(カミナンド) タイツ/スタイリスト私物 《WHITE 90%》 上下をつないだ“ほぼ白”コーデなら背すじがすっと伸びる都会的なイメージに満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。タートルニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17600/アンクレイヴ コート¥165000/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥46200/ゲストリスト(ルチェンティ) 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 一年で最も極寒の1〜2月は、いかに暖かさをキープしておしゃれを楽しむかがポイントに。暖かさにも今っぽさにも効くレイヤード。手軽に印象を変えることができるので、着慣れたアイテムのときこそ重ねてリフレッシュを! 今月の主人公 佐藤晴美 趣味で始めたファッションブログが編集者の目に留まり、連載を持ったことをきっかけに、昨年一念発起してフリーのWEBライターへと転身! 何かと世知辛い世の中だし……体力のある今のうちはまだまだ頑張りたい! そんな高い志を持ち、あいた時間はフードデリバリーのスタッフとして働き“二刀流”を実践。 着回したアイテムの詳細はこちら! Day1-5はこちら Day6-10はこちら 《Day11》月イチ恒例の“サ活”でたまった疲れをリフレッシュ! ベージュニット+リブタートルニット最近は女性ファンも増えてきたけど、実は歴5年の筋金入りのサウナーの私。体も温まるし、汗をかいて頭がスッキリするから、仕事の前にサクッと行くのがおすすめだったりして。そんなサ活の日は、脱ぎ着のしやすいゆるニット+スカートがうってつけ。湯冷めして風邪をひかないように、タートル&タイツのあったか仕込みも忘れずに。タートル¥7990/プラステ ニット31900/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) スカート¥57200/ビギ デパリエ事業部(デパリエ) タイツ¥6380/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥13200/ウノハ ピアス¥107800/マリハ 時計¥49500/シンゾーン ルミネ有楽町店(SEIKO Shinzone) バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY12》映画デートがドタキャン…一人飲みして帰ります(泣) ウールコート+ボアベスト久しぶりの映画デートにウキウキのグリーンで来たのに、彼からのドタキャンで断念。仕事だから仕方ないとは思いつつ、楽しみにしていただけに若干の怒りが……。ここは一杯飲んでリセットするために立ち飲み屋へ直行! ボアベストを重ねてしっかり防寒してきたおかげで、冷たい夜風がむしろ心地いいくらい。大好きなあらごし梅酒のお湯割りが体にしみる~。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ベスト¥26400/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) スウェット(ルミネ新宿店限定)¥13200/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュストーリー) スカート¥18700/ルーニィ ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) ネックレス¥19800/アガット バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY13》いち早く春物をチェックしに仕事帰りにショッピング ブルーデニム+ロングブーツ春まではきたいシンプルなブルーデニム。新しい服を買うときは手持ち服との相性もチェックしておきたいからこそ、マイ定番で行くのが大事。そして限られた時間で少しでもスムーズに試着できるように、するっと脱げて履きやすい筒太なブーツもマスト。重ねることでおしゃれに見えるし、寒さ対策にもなって一石二鳥。タートルニット¥31900/スローン  シャツ¥22000/サードマガジン デニム¥24200/エスアンドティ(バウム・ウンド・ヘルガーテン) ストール¥68200/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) リング¥23100/マリハ カチューシャ¥13200/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) バッグ¥52800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥96800/マリハ 《DAY14》ふぅ~、今日も完食で大満足!激辛ラーメンで体がポカポカ。さて、午後ももうひと頑張りしますか! ウールコート+ダウンブルゾン最高気温5℃という極寒の日は、タートル+ダウンブルゾン、ロングコートに保温パンツと最高レベルのあったかコーデで。そしてそんな日のランチは、むちゃくちゃ辛いんだけど食べるほどにやみつきになる「北極ラーメン」に限る! しまった、今日に限って白パンツ……でも洗えるから、まぁ行っちゃおう。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ダウンブルゾン¥6160/タイオン パンツ¥18700/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) 黒タートル¥7990/プラステ ブーツ¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥64900/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) リング(人さし指)¥11660・(中指)¥9790/ZUTTOHOLIC(パズコレクティブ) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン) ネックレス¥19800/アガット 「蒙古タンメン中本」目黒店辛さ0の塩タンメンから辛さ9の北極ラーメンまで、野菜たっぷりのヘルシーなタンメンは男女問わず大人気。東京都品川区上大崎2の13の45・1F ☎03(3446)1233 営業時間:10時~22時30分(テイクアウトは9時~23時) 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/水野利香 モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 撮影協力/tokyobike ※BAILA2022年2月号掲載
  • モノトーンに鮮やか色のニットを加えて華やぎを 会社へ行く日の相棒は気分が上がる明るい色のニットをご指名! ベリーのような深いパープルで今っぽさも大満足。ウール100%で暖かく、ソフトな肌触りも嬉しい。きれい見えするボリュームスカートを合わせたら、ロングブーツでしっかり防寒。見た目も着心地も寒さを感じさせないコーデに。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ニット¥31900/スローン スカート¥57200/ビギ デパリエ事業部(デパリエ) カチューシャ¥13200/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) リング(人さし指)¥11660・(中指)¥9790/ZUTTOHOLIC(パズコレクティブ) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン) バッグ¥52800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) タイツ¥1320/タビオ(靴下屋) ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉  スタイリスト/水野利香  モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2022年2月号掲載
  • こんばんは!神谷です。 1年で一番寒い時期が到来しましたね❄️ 私は寒いのも暑いのも苦手なので、早く適温な季節になってほしいです… さてさて、今日は本格的な寒さにも負けない、おすすめのインナーをご紹介したいと思います☺️ 是非参考にしてみてくださいね♡ モンベル 『スーパーメリノウールアンダーウエア』 タイツ・Uネックシャツ 定価/ ともに¥5,500(税込)サイズ/ Mサイズ 素材/ ウール100% 普通のインナーに比べると少し高価ではありますが、mont-bell(モンベル)はご存じの通りアウトドアブランドなので、厳しい冬山などにも対応できるその機能性はお墨付き。 寒がりさんにはもってこいなんです☺️‼︎ パッケージの後ろに詳しい説明がありましたので載せておきます ウールは汗などの水分を吸収して発熱する性質があるんですね! また、汗をかいて逆に冷えてしまうのを防ぐ効果も。この時期、外は寒くても室内は暖房が効きすぎて汗をかくこともあるから、この機能はありがたいです Uネックシャツはトップスに響きにくそうなアイボリー、タイツはブラックをチョイスしました! タイツは足首までのレギンスタイプなので、ストッキングの上に重ねたり、靴下と組み合わせてスニーカーに合わせたりと色々使えます 素材は透けるくらい薄手なので着膨れすることもなく◎。 着てみるとこんな感じ! Instagramもやってます。よろしければご覧ください*
  • カーディガン&プリーツスカート、甘めコーデを辛口小物で引き締めて ふわふわのカーディガンと揺れるプリーツスカート。グッドガールな組み合わせにビットローファー、かっちりしたバッグ、チェック柄ストールのハンサムトラッドな小物をオン。少し辛口で大人っぽく引き締めつつ、おしゃれにハズして今っぽく。ニット¥2990/ユニクロ カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) バッグ¥39600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ストール¥17600/ユナイテッド トウキョウ 神宮前店(ユナイテッド トウキョウ) バングル¥20900・リング¥19800/グリン ジャパン(グリン)  靴¥23 100/グラビテート(カミナンド) タイツ/スタイリスト私物 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/川添カユミ〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/新川優愛 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 1週間の「BAILA今日のコーデ」をまとめてお届け【1月14日(金)〜1月20日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月14日(金)のコーデ ニットやカットソー素材のタートルトップスとの組み合わせはもはや定番。ぱりっとしたシャツ仕立てのタートルを重ねれば、ベーシックなニットが凜とした印象にイメージチェンジ。そのぶんあいまいで優しい配色にすることで、ほどよい甘さも手に入れる。 1月15日(土)のコーデ パッと着てサマになるビッグシルエットのシャツジャケット。ニット&スカートの定番コンビに旬のムードをプラスして。足元はあえて黒タイツではなくソックスを。肌が見えるすき間を作ることで新鮮に。のっぺりした重さを回避するメリットも。 1月16日(日)のコーデ 季節感と存在感のあるふわっと素材のニットカーディガンにボリュームストールをぐるぐる。休日らしい組み合わせだけど、ボトムと足もとは白でまとめてすっきり大人っぽく。このバランスがあか抜けて見えるコツ。 1月17日(月)のコーデ 前後のセンタープレスで白でもすっきり美脚が叶うパンツ。実は保温機能だから、真冬の通勤で頼れる1本! トップスはラクーンを贅沢に使ったふわふわのニット。素材と色でメリハリをつけて、シンプルなワンツーコーデも洒落感たっぷりに。 1月18日(火)のコーデ まさにブラウス感覚で着られるようなデザイン性のあるシャツを、ニットをインナーにして思い切って主役にして新鮮に! タートルと重ねても顔まわりがもたつかないのはバンドカラーシャツだからこそ。2枚を同色でそろえることで、さらりと“頑張りすぎない感じ”が心地いい。 1月19日(水)のコーデ 長く愛用できるシンプルなニットは今の気分を込めてグレーをセレクト。合わせた白シャツはヒップまで届くロング丈。ニットの丈と差をつけることで奥行きとリズムが出て、ニット一枚で着るときとはがらりと印象が変わるのが面白い。 1月20日(木)のコーデ 大人にも定番化してきた、注目色グリーン。面積の大きいロングスカートで取り入れて、ラフなコーデをモダンな印象に。トップスはネイビーのロゴスウェットにぴたっとしたリブタートルをイン。レイヤードの今っぽさとあたたかさ、どちらも叶う組み合わせ。
  • ぴったりし過ぎないから脚のラインを拾わない!裾上げ不要のアンクル丈こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 本日ご紹介するのはこちら。 レビュー高評価で気になっていたGUジーンズ。 スリムテーパードアンクルジーンズ(丈標準) 税込2,490円柔らかすぎないしっかりとしたデニム生地とぴったりしすぎない絶妙なシルエットで肉感を拾いません!程よいゆとりがあるから中にタイツを履くこともできますよ!何より嬉しいのは裾上げ不要な丈感。 身長157cmの私が着るとこのくらいの丈感になります。スキニーのようなぴったりし過ぎるシルエットが苦手な方にぜひ試して欲しい! GUの新ジーンズです。コートはオフホワイトのショートコートを合わせました。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね! それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Ameba公式ブロガーやっています。 アメブロはこちらから。(画像をクリック) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数12万人突破! インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をクリック)No.163 tomomiyu
関連キーワード

RECOMMEND