45メゾンのデザイナー達の愛に溢れたアルベール・エルバス追悼ショー

SPUR.JP

9月27日から9日間に渡り、1年ぶりにほぼフィジカルで開かれた、パリ・ファッションウイーク。会期前から、トリを飾るアルベール・エルバス追悼ショーの話題で持ちきりでした。バス停から広告塔まで、アルベールのポートレートにLove brings love (愛が、愛を呼ぶ)と言う言葉と当日のライブストリーミングのウェブアドレスが添えられたポスターが街中の至るところに貼られていたので、ファッション関係者だけでなく一般の人々にも、このイベントが広く告知されていたのです。
4月に59歳で他界したアルベール。2月2日の投稿でもご紹介したように。ランバンを去って以来5年間の熟考の末、彼が新ブランドAZファクトリーをローンチしたのは、ほんの9か月前のことでした。同ブランドはテキスタイルの最新技術と彼が生涯のモットーとしていた“ラブ”が基本コンセプト。全ての女性が着て自信を持ち、心地よく感じられる素材とシルエットを提案しています。また、テキスタイルの最新技術とクチュールのノウハウを融合しています。オンラインでの販売を主としたAZファクトリーの2021年春夏コレクションは、アルベールの最初で最後の作品となりましたが、もちろんブランドは続行します。

 そこで、記念すべき今回のコレクションに当たってアルベールのチームが打ち出したアイディアは、モード界の新旧の才能とのコラボレーション。この呼びかけに応え、45のメゾンがアルベールのための“オマージュ”をデザイン・制作したのです。ちなみに博愛主義者のアルベールは、1945年に開かれた展覧会、テアトル・ド・ラ・モードに似た企画をいつか実現することが、夢だったとか。同展は第二次大戦直後のどん底の時代に、パリ・オートクチュール協会のイニシアチブで60人ものクチュリエが結集し、クリスチャン・ベラールのアート・ディレクションのもとに、人形にオートクチュールのドレスを着せた展覧会でした。今回のコレクションで、人形ではなくモデルたちがまとったのは、各メゾンのデザイナーたちが、それぞれのアルベールへの想いを表現したドレス。参加メゾンはグッチ、ディオール、サンローランといった大手を始め、クリストファー・ジョン・ロジャーズ、シモーネ・ロシャなど若手まで。

会場となったパリ・北マレ地区のカロー・ド・トンプルでは夜8時前にドアがオープンすると、ファッション関係者はもちろん、大統領夫人のブリジット・マクロンやパリ市長アンヌ・イダルゴら政界の大物、そしてオマージュを寄せたデザイナーのほとんども姿を見せました。しばしのカクテル・タイムの後、一瞬ライトが消えると、アルベールの元パートナー、アレックス・クーが、亡きデザイナーのクリエイティビティを讃え、このイベントに込めた熱い想いを語るスピーチを披露。アルベールの元スタッフや友人たちが占めたブロックからは、感極まってのすすり泣きの声も聞こえました。
そしてショーが始まるとまず最初は、アルベール自身がデザインしたAZファクトリーのシグネチャー・ルックからスタート。特別に開発された最新技術を使い、ニットのゲージの増減によってボディにフィットするシリーズ「My Body」からのリトル・ブラック・ドレスです。続いて“オマージュ”の45メゾンはアルファベット順の登場で、トップ・バッターはピーター・ミュラーによる、アライア。アルベールらしさを表現したルックの一連はY/プロジェクトで幕を閉じました。ちなみにこれらの作品は、今後ミュージアムに収められるとか。

第二部ではAZファクトリーのスタッフ自身による、アルベールへのオマージュ、25体。最後にアンバー・バレッタが最終ルックを披露すると、ステージの壁一面を覆っていたカーテンが開き、3段に設置されたコンパートメントにはモデルたちがずらり。これらのルックは2021年春夏コレクションとして、オンライン販売が予定されています。
そしてO’Jaysの1970年代のヒット曲Love Trainをバックに、ハート型の赤の花吹雪が降って床を埋め尽くすと、ゲストたちも思わず踊り出したのでした。こうして、しんみりとした追悼会ではなく、華やかで楽しいイベントとなった、Love brings love。アルベールがショー・マスト・ゴー・オン!と叫ぶ声が、聞こえてきそうな一夜でした。

 Text: Minako Norimatsu

デザイナーたちからのオマージュには、日本勢も参加。右:コムデギャルソンのドレスは、アルベールがランバン時代にミニーマウスとコラボレーションしたことを思い出させる一点。左:トモ コイズミは、アイコニックな細かなフリルを、アルベールが得意とした大胆なラッフルに見立てた。

右:アルベールが15年も在籍したランバンで、現在アーティスィック・ディレクターを務めるブルーノ・シアレッリは、アルベールの代表作を新たな解釈で。左:ドリス・ヴァン・ノッテンによるドレスでは、まるでアルベールがモデルと一緒に歩いている様に見える。

若手デザイナーも、アルベールに作品を捧げた。右:ウエールズ・ボナーはシグネチャーであるテイラード・スーツを、アルベールが好んで着たスモーキング・スタイルで。左・テベ・マググはつば広の帽子とプリーツで、アルベールらしさを取り入れた。

競合メゾンのビッグ・デザイナーたちが、こんなに楽しそうに一堂に会するのは稀なこと。フロント・ロウの面々は、右からマシュー・ウイリアムズ(ジバンシィ)、ピーター・ミュラー(アライア)、ピエールパオロ・ピッチョーリ(ヴァレンティノ)、ドリス・ヴァン・ノッテン、そしてドリスのパートナーのパトリック・ファンへルーヴェ。

ショーの前後には、Love Brings Loveのエプロンをつけたウェイターたちが、スイーツやミニバーガーを振る舞った。

10日5日は、ショー会場にもLove Brings Loveのポスターが。ショー閉幕後、床を覆ったのはハート型の花吹雪と、AZファクトリーのロゴである変わりスマイリー。Photos: Minako Norimatsu

フィナーレでは、アルベールのポートレートを囲んで、モデルたちが各コンパートメントでポーズを取った。中段・ポートレートのすぐ右は、バレンシアガのデムナ・ヴァザリア。

関連記事
  • キュートなファミマ靴下に夢中です♡ 100人隊のおしゃれTB2名がカブり買いしたのは、ファミリーマートオリジナルブランド、「コンビニエンスウェア」のソックス! 2人の感想をご紹介します♪ 1:【コンビニエンスウェア】ファミリーマートのラインソックスが何気にかわいい 「ファミリーマートから『コンビニエンスウェア』が発売されているのをご存知ですか。発売から随分経っていると思うのですが、気になりながら手にとったことがなかったアイテムをいよいよ購入してみました! ホワイトソックスに見覚えのあるラインが特徴のソックス2種類。まずは素材。綿、ポリエステル、その他。ざっくり(笑)。サイズ、22-25 / 25-28。ざっくり。ざっくりな記載とは別に抗菌防臭、足底クッションで機能も◎」 「コンビニホワイトはそうです、ファミマカラーそのまま。でも履いていたら、あ。あの人ファミマ好きなのね!とはならないなんかおしゃれ具合(いや、ファミマ好きですよ)」 「サイズが大きい方しかなかったので夫用に購入しました。履き心地は結構フィットしてます」 「ラインソックス am/pmは数量限定販売。この配色なんだっけ?と思ったら、am/pmでした! 懐かしい〜!!と一人ちょっとだけテンション上がりました。ソックスの柄でam/pmの店内やスナックを思い出しました!」 「こちらは数量限定販売らしいですよ。運よく小さいサイズがあったのでこれはわたし用」 「お値段もお手頃390円(税抜)。足底のこのブランドロゴもなんだかシュールでかわいいじゃないですか」 「コンバースに合わせてみる。意外にキュッとした履き心地なのでふくらはぎがむぎゅっとなるのですが、汗。コンバースとリブスカートと合わせて。色合いがかわいい。意外に使えます!」 2:ファミマのコンビニソックス◎ 「コンビニで見つけたちょっといいもの。少し前にリヨンちゃんが同じのあげてましたね。内容かぶってるけど写真撮ってたのでかぶせます!」 「ファセッタズムのデザイナーさんが手がけるファミマのコンビニエンスウェア。3月だったかな……発売当日、どんなもんだろ……と見に行って前評判で気になっていたラインソックスを購入しました。なぜならファミマカラーのラインが可愛すぎたから♡ 入店時のあのメロディーが聞こえてきそう」 「しっかり肉厚なソックス。これで390円(税抜)ですよ。390円だからって侮ることなかれ。履くとふっかふか。もともとこういう肉厚ソックス大好きなのでこれは個人的に大ヒットでした♡」 「てことで、私も当日撮っていた写真を少し。ブーツに合わせてチラリズム」 「バレエシューズに」 「そして今月、新色が登場。第二弾 am/pm柄。am/pm ソックス! 懐かしい!! 今回、パターンの表記部分がちゃんと『am/pm』になってますね」 「こちらも同じく390円(税抜)。あいかわらずふっかふか♡ ブーツとスウェットパンツに合わせてます。足曲げた時にチラッと見える感じで履くことが多いですが、スキニーやレギンスなんかの上からレッグウォーマーちっくに履くのも可愛いかなーなんて思ってます。ちょっとクセ強めですがいいんです。ファッションは自己満足自己満足……」 「並べると、まぁ可愛い」 ちらっと見えるおなじみの柄に思わずニンマリ。おしゃれさんも愛用するソックス、注目です! 月刊トップブロガー「コンビニで見つけた、ちょっといいもの」
  • かねてからおしゃれプロの間でも話題を集めてきた「enrica」。女性らしいけど甘すぎない、その絶妙な服作りの秘密を紐解きます。 服作りを始める前は遺伝子研究に携わっていたという経歴を持つ、デザイナーの町田栄子さん。1997年にそれまでの仕事を辞め、服飾の勉強のため渡仏。パリでの修行を経て2010年に帰国し、enricaを立ち上げました。「ブランドテーマは心地よさと女性らしさ。日本の伝統的な素材や技術、出会う人々とのつながりを大切にしながら洋服作りを行っていたら、自然と天然素材や天然染めに行き着きました」。30代・40代女性に向け「女性として自分を大切に考え、そんな大切な自分のためにenricaを選んでもらえたらうれしいです」というメッセージを送ってくださいました。 前後上下、4way以上に多彩なアレンジが楽しめる、ボレロとアームカバーのいいとこ取りアイテム enrica(エンリカ) ミックスヤーンカーディガン ¥25300(サイズ:フリー) カットソー¥12100/LEEマルシェ(ルミノア) パンツ¥19800/パサンド バイ ヌキテパ ネックレス¥42900/デミルクス ビームス 新宿(アリアナ ブザード ライフォル) バッグ/モデル私物 スニーカー/スタイリスト私物 肩から手首をすっぽりおおうゆったりとしたアームウォーマーに、共地の長いリボンがついた、ユニークな作りのニットアイテム。前後も上下も自由に着用できて、リボンの結び方もアレンジ自在。例えば室内ではカーディガン代わりに、外出のときはアウターの上からストールのようにと、さまざまな使い方が楽しめます。素材はごく繊細なベビーアルパカを使用したミックス糸。保温性があり、とても軽くて暖かな肌ざわりも自慢です。 バックサイドを前にしても 前後を逆にしてリボンを後ろで結んで垂らすように着ると、このような見え方になります。※下記に詳しい着用動画あり ミックスヤーンカーディガンをLEEマルシェでチェック! 【LEE公式通販】LEEマルシェ   撮影/菊地 哲(モデル) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/五明祐子 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年10/7発売LEE11月号現在)です。
  • こんにちは!しんしんです!最近雑誌で見かけることがじわじわ増えているアクセサリーブランド「gemma alus」日本には店舗がなく手に入れるのが難しそう...と思っていたのですが、先日公式オンラインショップがオープンしたとのニュースをキャッチしたので、早速購入してみました。韓国人デザイナーによるミラノ発のアクセブランド「gemma alus」ブランド名の“GEMMA ALUS”(ジェンマアルス)には、“宝石”と“艶やかでエレガントな魂”という意味が込められているそう。ミラノを拠点に活躍する韓国人デザイナーが、イタリアの複数の大手ファッションブランドで経験を積んだ後、2011年に立ち上げたブランドです。ブランドのアイコン的存在「イニシャルモチーフのロングネックレス」初めの1点として買うなら、イニシャルネックレスが間違いなさそう!と思い、Mを購入しました。敢えてゆらぎのあるデザインにすることで、ヴィンテージ感と優しさが醸し出されているように思います。着画はこんな感じ!暑い日だったので、ノースリニットに合わせてみました。これからの秋冬シーズンは、モックネックやハイネックのニットをコーデに取り入れる機会が増えていくので、ロングネックレスの出番はたくさんありそう♪最後までお読みくださりありがとうございます♡*しんしん*モアハピ部 No.570 しんしん のブログ
  • 春に即完売した大ヒットコラボ、2021秋冬コレクションも発売しますよー!『GU(ジーユー)』と、日本を代表する超人気ファッションブランド『アンダーカバー(UNDERCOVER)』とのコラボレーションコレクション「ジーユー×アンダーカバー(GU×UNDERCOVER)」がカムバック! 2021秋冬コレクションが、10月29日(金)より、全国の『GU』店舗および公式オンラインストアで発売されます。両ブランドを熟知するエディター沖島が、ひと足お先に実物をくまなく試着しまくった結果「コレは買いだ!」とジャッジした超おすすめアイテムをご紹介します。『アンダーカバー』ってどんなブランドなの?デザイナー・高橋盾さんが1990年にスタートした『アンダーカバー(UNDERCOVER)』は、アート・音楽・サブカルチャーなどのさまざまな要素をまとめあげ、独自の世界観を持つコレクションを展開し、世界中のファッションラバーから熱狂的な支持を集める超人気ブランドです。2002年からパリ・ウィメンズファッションウィークに参戦し、昨年の春、19年ぶりに東京でメンズ・ウィメンズの2021-22秋冬新作ショーを披露し話題となりました。今年4月にリリースされた「GU×アンダーカバー」の初コラボコレクションは、アイテムによっては即日完売するほどの人気っぷり。今回の秋冬も期待しかない!試着しまくってわかった、ウィメンズマストバイリスト14選第2弾の今回も、前回同様“FREEDOM/NOISE”をキーワードに、デザイナーの高橋さんが『GU』のために制作したオリジナルの柄・グラフィック・キャラクターなどを展開。ウィメンズ全20型、メンズ全28型、さらに初となるキッズ全8型(サイズ100〜160)をラインナップ。ウェアだけでなく、ルームウェア、シューズやバッグ、ソックスなどの小物、フィギュアまでそろいます。今回はウィメンズを中心に大量試着ノックして参りましたよ〜!おすすめ1:ジャカードセーター UNDERCOVER(¥2990)・ジャカードニットスカート UNDERCOVER(¥2990)まずは、ピーンとしっぽを立てた横向きのネコちゃんがダイヤ状に配置された総柄プリントの「ジャカードセーター UNDERCOVER」(¥2990)・「ジャカードニットスカート UNDERCOVER」(¥2990)のセットアップ。もちろん別々でも購入、着回し可能です。エディター沖島はブラックを試着しましたが、もう1色のカラバリ、ベージュも色ち買いしたいレベルの素敵さでした! ニットはややハイネック・クロップト丈でコンパクトなつくり。スカートは全体にプリーツが8本入っていて、はくとふんわりシルエットに。おすすめ2:ニットチュニックUNDERCOVER(¥3490)・ハイウエストチェックパンツUNDERCOVER(¥2990)もうひとつ、セットアップで着られる「ニットチュニックUNDERCOVER」(¥3490)・「ハイウエストチェックパンツUNDERCOVER」(¥2990)は、前身頃にダイヤチェックのニット、後ろ身頃にブラック1色のジャージ素材と、色柄と素材を前後で切り替えたユニークなデザインが目を惹きます。トップスはヒップまですっぽり隠れる長め丈、パンツはハイウエストで股上深め、おまたに食い込むこともなく楽にはけますよ。おすすめ3:コンビネーションブラウス UNDERCOVER(¥2490)・サテンリボンコーデュロイワイドパンツ UNDERCOVER(¥2990)続いては、赤いラインがアクセントになった「コンビネーションブラウス UNDERCOVER」(¥2490)と「サテンリボンコーデュロイワイドパンツ UNDERCOVER」(¥2990)を組み合わせて着てみました。ブラウスは、赤・ベージュ・ブラックの3色をバランスよくパネリングし、フロントボタンが隠れてすっきり見える比翼仕立て。ふんわりバルーン袖だけ、ちょっぴり透け感のあるシフォン調素材です。コーデュロイパンツはハイウエストのワイドシルエットで、センタープレスラインがあしらわれているので、カジュアルすぎずきれいめにはけます。両サイドにあしらわれている長いストレートリボンが、動くたびにふわふわと揺れてきれいです。おすすめ4:グラフィックワンピース UNDERCOVER(¥2990)おすすめ3コーデの上から、「グラフィックワンピース UNDERCOVER」(¥2990)をレイヤードして着てみました。ブルーのサークルラインで目隠ししたちょこんと座るネコちゃんのフロントプリントと、裾にあしらわれたフリルがデザインの特長です。ウエストにポケットがついているのが地味に便利。エディター沖島が着たブラックはかなりクールですが、もう1色のパープルは少し甘めな印象になりますのでぜひ両色チェックしてみてください。おすすめ5:オーバーサイズバックギャザーコート UNDERCOVER(¥5990)・プリントワンピース UNDERCOVER(¥3490)本格的に寒くなるこれからのシーズン、「コートもチェックしなくては!」というわけで「オーバーサイズバックギャザーコート UNDERCOVER」(¥5990)と、中に着る「プリントワンピース UNDERCOVER」(¥3490)も試着。コートは、全体のシルエットもバルーン袖もふんわり大きめ。ハイウエスト位置についたフラップポケットや、袖内側のダーツなど、体をきれいに見せるディテールが随所にあしらわれています。真っ赤なリップ柄のワンピースは、キュッとコンパクトなトップスと、ふんわりとしたギャザースカートをハイウエストラインでつないだフェミニンなデザイン。胸上にあたる横位置にダーツが1本スッと入っています。1枚で着るとひざが出る短め丈なので、大人世代はぜひ、ワイドパンツやフレアパンツとレイヤードするコーデを楽しんでみて。「オーバーサイズバックギャザーコートUNDERCOVER」は、ウエストにあしらわれているドロストコードをキュッと絞ってシルエットチェンジが可能。また、商品名の由来にもなっている、背面のたっぷりとしたギャザーがとっても可愛い!おすすめ6:マシュマロフィールラウンジセット UNDERCOVER(¥3490)「おうち時間に着るリラックスウェアにも気分が上がるような仕掛けをしたい!」ということでラインナップ入りを果たした「マシュマロフィールラウンジセット UNDERCOVER」(¥3490)。レギュラーコレクションにはパンダ・クマ・うさぎ・ライオンがいますが、本コラボにはネコちゃんがエントリー。着た瞬間から軽くてあったかく、もはや“人間をダメにするふわもこ”です。ネコ耳の間にツノが1本、合計3本がフードにちょこんと生えています(フードを下ろすと普通のパーカ)。おすすめ7 :エッジききまくりの小物いろいろウェアのほか、写真左上から時計回りに「ミニウォレット UNDERCOVER」(¥1990)、「ボリュームソールレースアップブーツ UNDERCOVER」(各¥3990)・「ソックス UNDERCOVER」(各¥790)・「フェイクファーポーチ UNDERCOVER」(各¥990)と、見逃せない小物が目白押し!「GU×アンダーカバー」発売日・取扱店舗・購入方法は?以上、10月29日(金)より発売される「ジーユー×アンダーカバー(GU×UNDERCOVER)」コラボコレクションのなかから、エディター沖島おすすめアイテム14選を実際に試着しながらご紹介しました。全国の『GU』店舗および公式オンラインストアで発売されますが、一部商品は大型店舗のみの取り扱いになるので、お目当てのアイテムがお決まりの方は、全商品を販売する公式オンラインストアでの購入が間違いなし! 今回も完売必至の上出来アイテムぞろいなのでぜひお見逃しなく。『GUxUNDERCOVER』公式スペシャルサイトへ エディター沖島(沖島麻美) 編集&ライター歴16年目の姉MORE世代。宝島社『InRed』『GLOW』→ハースト婦人画報社『ELLEgirl』を経て独立。雑誌や書籍などのペーパーメディアと、WebやSNSなどのオンラインメディアをハイブリッドで企画・制作・運用できるのが強みです。プロ目線で厳選した人気の上質プチプラアイテムを続々お届けしていくのでお楽しみに♡Instagram: https://www.instagram.com/asamiokishma/ >>関連記事『GU』お仕事服アワード2021、決定! プロが選んだのはこの7点>>関連記事【GUパジャマ】うさぎ、くま、パンダが可愛すぎて今すぐパジャマパーティしたい>>関連記事【GU】とんでもなく脚長に見える!新作パンツで5日間着回しコーデ取材・文/沖島麻美 ※価格・入荷予定・在庫状況を含むすべての商品情報は2021年10月21日時点でのもので、実際の店頭や公式オンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • かねてからおしゃれプロの間でも話題を集めてきた「enrica」。女性らしいけど甘すぎない、その絶妙な服作りの秘密を紐解きます。 服作りを始める前は遺伝子研究に携わっていたという経歴を持つ、デザイナーの町田栄子さん。1997年にそれまでの仕事を辞め、服飾の勉強のため渡仏。パリでの修行を経て2010年に帰国し、enricaを立ち上げました。「ブランドテーマは心地よさと女性らしさ。日本の伝統的な素材や技術、出会う人々とのつながりを大切にしながら洋服作りを行っていたら、自然と天然素材や天然染めに行き着きました」。30代・40代女性に向け「女性として自分を大切に考え、そんな大切な自分のためにenricaを選んでもらえたらうれしいです」というメッセージを送ってくださいました。 シルク混素材の上品な光沢と落ち感を味方に、大人の女性らしい着こなしを完成させて enrica(エンリカ) コットンシルクギャザーブラウス ¥33000(サイズ:フリー) パンツ¥28600/ティッカ イヤリング¥12980/シップス 有楽町店(ドミニクドゥネーブ) バッグ¥36300/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴/スタイリスト私物 福井県で織られたコットンシルクのバンドカラーブラウスは、細やかなギャザーによるボリューミーなシルエットが魅力。生地の縦糸にシルクを使っているので、着用するとほどよい落ち感が生まれ、すっきりきれいに着こなせます。華やかさと同時に品のよさを感じさせる落ち着いたオレンジは、大人にも取り入れやすいと大評判。カジュアルなコーデをシック&フェミニンな印象に導きます。タックインでもアウトでもサマになる、やや長めの着丈もポイント。 コットンシルクギャザーブラウスをLEEマルシェでチェック! 【LEE公式通販】LEEマルシェ   撮影/菊地 哲(モデル) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/五明祐子 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年10/7発売LEE11月号現在)です。
  • ファッションやアクセサリーはもちろん、食、絵画などなど日本のクリエイティブなアートが体感できる素晴らしい祭典でした‼︎様々な分野のクリエイターが集まる祭典、 「room43」に伺いました。まずは、25歳の若手アーティストアメリカ人 Addie M.Waltersさん。 自然界の抽象的な美しさをテーマに、 本や雑誌のリサイクルならぬ「アップサイクル (元の製品よりも次元・価値の高いモノを 生み出すことを、最終的な目的とする)」した コラージュアート。 やはりサステナブルはアートな世界でも キーワードですね‼︎祭典会場の外壁を飾っていたのは、日本人画家 THEO HAZEさん。 なんと20年来、世界各地で三味線の奉納演奏を 行い、土地が持つ記憶とご自身の神秘的な体験を アートに。大型ビジョンの映像や天井のデコレーションが、 個性的な各ブースと融合して、活気ある祭典を 演出していました。 こちらは若手デザイナー、小池優子さんの作品。 コレクション製作テーマは「灼熱の夏の一日」。 気持ちが高揚する時間や世界が違って見える 色彩が、光の乱反射で表現されています。 こちらは、「AS YET UNNAMED」。 天然素材のナチュラルな風合いを生かした作品が 印象的でした。キュートなデザイナーさんの作品、 「てってストアレコードバッグ」。 本物のレコード盤をバッグにするという アイディアも◎。 わたし達からすると懐かしいものばかり。 ピンクレディーのレコードバッグもなんだか可愛い‼︎ キャッチーでオシャレながら、しかも軽くて 機能的でもあります。 こちらは、パールアクセサリー、 「メゾン・ド・ヒロ」。 パールながらカジュアルなアクセサリー。 アラフィフ世代は大好きなテイストでは ないでしょうか。 パールを普段使いでカジュアルに 使いこなせると、素敵ですよね。帽子やスカーフ、ランジェリーから 化粧品、食まで全部で376ブースもありました。 「rik skog 」さんのハンガーは 再生紙でできたエシカルハンガーです。 ユニークなマネキンまで。昨年からたまに付けているイヤーカフ。 「DUE DONNE (ドゥエドンネ) 」さんは、 大人の女性に向けるノンホールの 「イヤーアイテム」を製作されています。 イヤーカフは注目していて、結構色々見ますが、 「DUE DONNE」さんのものはとても洗練されて いて付け心地もよかったです。 そして、 この祭典で一番目を見張ったのが こちらの「OGOH OGOH」竹中さんの作品。 「room43」のこの祭典に向けて、なんと 準備期間は12年‼︎ まずは作品をご覧下さ〜い‼︎有名な器作家であった竹中さん。 ご自宅の改装写真やこれまでの器、手掛けた ホテルからレストラン、様々なお写真を見せて 下さいました。 インテリア、器のセンスにはもう感嘆‼︎ さらに茶道裏千家。 見ての通り、ファッションセンスも半端なしです。 お年はなんとover70。 コムデギャルソンがキレキレに決まっていました。 わたしも白シャツが大好きで、 コレクション化していますが、 竹中さんはコム・デ・ギャルソン 初代からなんと200枚。 「一年に一回しか着ないけどね」とのこと。 おっしゃれ〜な眼鏡も200本もあるそうです。 お若い方のブースが多い中、 「センスに歳は関係ない。」と仰っていました。 いやいや、持って生まれたセンスはもちろん、 これくらいの様々な世界の経験がないと、 これだけのセンスは身につかないと思いました。 とにかくセンスの塊のような方で、 リスペクトしきりです。 京都からみえていたので、一瞬で関西弁トーク。 長々とお話させていただき、元気と勇気を いただきました。 .色々なクリエイターの方の思いを伺うだけで、 学ぶことも多く、楽しい時間を過ごさせて いただきました。 こちらは、妹とわたしの姉妹購入品。 眼鏡には韓国のバングルの文字が。世の中には出回っていない、 どこにでもはない特別感。 人と同じものを着たり、 人と同じ行動をすることが良いと されがちな日本人ですか、 これからは個々の時代。 大量生産、大量消費の時代から、 サステナブルでエシカルな時代へ。 誰かと被ることのない、 オンリーワンな感じが、 これからの新しい形ではないでしょうか。 この日のスタイリングは… またまた大好きな真っ白です。 Knit … CARVEN Shirts … GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Pants … IENA Hat … Lack Of Color Shoes … GUCCI Bag … VIOLAd'OROのカゴバッグの内袋(笑)成田千恵
  • かねてからおしゃれプロの間でも話題を集めてきた「enrica」。女性らしいけど甘すぎない、その絶妙な服作りの秘密を紐解きます。 服作りを始める前は遺伝子研究に携わっていたという経歴を持つ、デザイナーの町田栄子さん。1997年にそれまでの仕事を辞め、服飾の勉強のため渡仏。パリでの修行を経て2010年に帰国し、enricaを立ち上げました。「ブランドテーマは心地よさと女性らしさ。日本の伝統的な素材や技術、出会う人々とのつながりを大切にしながら洋服作りを行っていたら、自然と天然素材や天然染めに行き着きました」。30代・40代女性に向け「女性として自分を大切に考え、そんな大切な自分のためにenricaを選んでもらえたらうれしいです」というメッセージを送ってくださいました。 ふんわり軽くて柔らかな肌ざわりと、あたたかみに包まれる幸福感を堪能 enrica(エンリカ) モヘアシャギーカーディガン (各)¥35200(サイズ:フリー) ブラウス¥27500/カレンソロジー 二子玉川(カレンソロジー) パンツ¥25300/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥22000/UTS PR(フォークバイエヌ) バッグ¥24200/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(キリム アーツ) 靴¥29700/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(カステラーノ) タンクトップ/スタイリスト私物 今季のテーマである木蓮の木肌を表現したモヘアカーディガン。毛足の長いキッドモヘアを使い、シャギー加工を施し、変形片畦編みで仕上げられています。しっかりとした厚みがありながらも、着心地はあくまでソフトで軽やか。秋口の羽織りに、冬はコートインで、さまざまな重ね着に大活躍します。 ブラック モヘアシャギーカーディガンをLEEマルシェでチェック! 【LEE公式通販】LEEマルシェ   撮影/菊地 哲(モデル) 草間大輔(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石上美津江 モデル/五明祐子 取材・原文/葛畑祥子 ※商品価格は消費税込みの総額表示(2021年10/7発売LEE11月号現在)です。
  • ハワイからお届けするブレンダの連載、第5回目のテーマは「体型維持のための秘訣」。常に何事もほどほどに、「今を生きる!」ということを大事にしているブレンダ。エクササイズや食事で気をつけていることについて聞いた。いくつになってもスタイルのいいブレンダ。どんなものを食べてるの? どんな運動をしているの? そんな、私たちが気になるトピックスについて。私はたぶん、皆さんにとって、いいフィットネスやダイエットのお手本ではありません。ただ、アクティブなライフスタイルや健康的な食生活については提案できることがあるかも。常に何事もほどほどに、「今を生きる!」ということを大事にしています。 好きな食べ物はお米料理、パスタ、パン。どれも炭水化物、グルテン、砂糖、塩がたっぷり。毎日食べ続けたら、服が入らなくなるどころか、健康にもシリアスな問題が出てくることでしょう。 私たちの体はみんなそれぞれ違います。ライフスタイルも目標も違う……全員に当てはまるひとつの正解というものはないのです。友だちはパーソナルトレーナーをつけたり、フィットネスクラスに通ったりいろいろ。そのストイックな自律心や時間の使い方は本当に尊敬するけれども、私のやり方はちょっと違うのです。 好きなエクササイズはひとりでの長い散歩やハイキング。ちょっと早足で、腕もよく振って、音楽に乗りながら心拍数を高めていく(ランニングはちょっと苦手)。クールダウンでゆっくり歩くのも好き。瞑想しているような状態になって、深呼吸をしながらまわりの自然、音に包まれ、その瞬間に生きていると感じることができます。このエクササイズの方法は簡単で、いつどこにいてもできるから、私に合っています。 食事は、2つの方法を交互に取り入れています。ひとつはプチ断食。一日の食事を8時間の間ですます方法(何を食べてもいい)。消化器官を休ませてくれて、結果、消化力が高まります。私の場合、減量にも効果的です。もうひとつは炭水化物、砂糖、自分に合わないタンパク質(グルテンやレクチン)を控えること。お米や麦(パンやパスタ)を抜き、そのかわりにカリフラワー、ブロッコリーやほうれん草を多めに、チキンや魚のメインディッシュと一緒に食べるようにしています。これは私の健康と、エネルギーレベルをアップしてくれます。 小さなことでもその積み重ねでいい効果は生まれます。もっと厳しいルーティンをチョイスすればもっと大きな効果を得ることができるかもしれませんが、今の私はジムに通って鍛えたり、好きな食べ物にさよならするマインドはありません。すべてほどほどに。今を生きよう!Private photos . .ヘルシーで美しい体型を維持するためにどんな生活をしているの?定番のヘルシーミールは、ローストした野菜とグリルした魚の盛り合わせ。れんこん、アスパラガス、カリフラワー、グリルドサーモンにオリーブとアボカドを添えて。調味料はアボカドオイルと塩こしょう、レモン汁だけ好きな軽食、スナックはピスタチオかクルミ、干し魚。それかフレッシュなポキボウル(ひと口大にカットしたマグロを、ごま油、塩こしょうで味つけして、刻んだオニオンとネギをトッピング)。甘いものより、どちらかというとこういう塩味系のほうが好み 2020年はいろいろむずかしい一年でしたが、よかったのは、いつも以上にアクティブに体を動かす時間を多くもてたこと(毎日ハイキングしたりビーチで泳いだり)。それと家でたくさんヘルシーなごはんを作れたこと(外食せずに)。おかげで子供ができて以来ベストな体型になれたと思いますもしできることなら、毎日こんなインディアンフードのディナーを食べたい!簡単なハイキングやウォーキングをするのに、特別な格好は必要ないの、ただ快適な靴があれば。いつもスニーカーかウォーキングサンダルを車に乗せています。 衣装/すべてブレンダ私物ブレンダブレンダぶれんだ●ハワイ州出身。17歳でモデルデビューして以来、『JJ』『MORE』『BAILA』『Marisol』など数々の日本の女性誌の表紙を飾るほか、CMや広告、デザイナーとしても活躍。自身も大のファッション好きで、エクラでは’21年7月号よりこの連載がスタート!>>ブレンダの記事をもっと見る撮影/Ijfke Ridgley ヘア&メイク/Risa Hoshino モデル/ブレンダ 取材・原文/Reiko H. ※エクラ2021年11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND