ありがとうダニエル・クレイグ! 歴代No.1ジェームズ・ボンド、 全5作を辿る眼福ギャラリー

SPUR.JP

ダニエル・クレイグ(53)最後のジェームズ・ボンドとなる「007」シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。度重なる公開延期を経て2021年9月末にロンドンでワールドプレミアが実現し、10月1日ついに日本で公開された。

Photo:Samir Hussein/WireImage 
Photo:Samir Hussein/WireImage 

2006年の『007 カジノ・ロワイヤル』から、6代目のジェームズ・ボンドとして『007 慰めの報酬』(2008年)、『007 スカイフォール』(2012年)、『007 スペクター』(2015年)、そして『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』と5作品でボンドを演じたダニエル。それまでのおしゃれなモテ男スパイとは異なり、自身の過去に悩まされ、苦しむリアルな人間として描かれているダニエル版ボンドは歴代ナンバーワンともっぱらの評判。

Photo:Instagram(007)
Photo:Instagram(007)

加えて、身体を使った激しいアクション、筋肉美を見せつける水着姿、そして全裸で拷問を受けるシーンまで、鍛えあげた肉体美を惜しげもなく披露。ファンを魅了した点でも、最高のボンドだったといえるのでは?

Photo:Splash/AFLO
Photo:Splash/AFLO

そんなダニエルへの感謝の想いを込めて、場面写真、撮影風景、プレミアなどで撮影された美しきショットを厳選してお届け。しっかりと目に焼き付けて!

関連記事
  • and Bakeさんの「2022年カレンダーお披露目会」 【2021年10月28日まで開催】 and Bakeさんの「2022年カレンダーお披露目会」にお邪魔してきました and Bakeさんのアイシングクッキー 優しく繊細なデコレーションが施されたアイシングクッキーは、まるで一冊の絵本をぎゅっと詰め込んだよう。 双子のMASUKOさんとKURIKOさんが作っています LEEwebの大人気連載「Sayaの読む星占い」でもお世話になっているアンドベイクさんは、MASUKOさんとKURIKOさんによる双子のおやつ創作ユニットです。 お披露目会の様子をお届けします アンドベイクさんの新作カレンダーお披露目会にお邪魔してきた様子をお届けします。 カレンダー撮影に使ったアイシングクッキーが飾られていました! 会場では、カレンダーの撮影に使用した実際のアイシングクッキーの展示のほか、お披露目会限定の一点もののアイシングクッキーも販売(数量限定)。 一点もののアイシングクッキーたち 眺めるだけで幸せな気持ちに 可愛らしくて緻密なデコレーションや、キラキラのお砂糖でおめかししたクッキーはどれも眺めるだけで幸せな気持ちに。 来年のカレンダーと会場限定クッキー お邪魔したHT子となつおも、来年のカレンダーと会場限定クッキーを購入できてほくほくカレンダーをデスクに立てられる木製スタンドや、壁掛けできるホルダーも販売していたのでそちらもゲット  早く飾りたくてすでにウズウズしているのでした。 お披露目会は28日までですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。 <2022 and Bake Calendar exhibition > 2021/10/26・27・28 26,27日 11:00〜19:00 28日 11:00〜17:00 @水平線ギャラリー(最寄駅:鎌倉駅) ※11:00〜12:30の間は、混雑緩和のため事前予約制。予約状況等、詳しくは公式サイトをご参照ください。 アンドベイクさんのクッキーはLEE 1月号も飾ってくれます ちなみに! LEE 1月号(12/7発売)には、Sayaさんの2022年上半期「星と暮らしのカレンダー」が掲載。 可愛くカレンダーを飾ってくれるのは…もちろんアンドベイクさんのクッキー! そちらもぜひお楽しみに♪
  • 手っ取り早く新しいムードを取り入れるなら、コーデの軸となるパンツを最旬にチェンジするのが一番の近道■フェイクレザーパンツ FAKE LEATHER PANTS シーズンごとに注目度が増すレザーパンツ。ここではリアルより手入れが楽で見た目もひけを取らない上質な“フェイク”に絞って厳選!BRAND:Ron Herman ピタピタにはくレザーパンツはどうしても古く見えがち。ほどよくゆとりがあって脚の形を拾わないこんなテーパードシルエットなら、普通のパンツ感覚ではけて今っぽいこなれ感に。パンツ¥36,300/ロンハーマン ニット¥18,150/ジュンカスタマーセンター[アダムエ ロペ] Tシャツ¥13,200/エンケル(エスロー) 帽子¥20,900/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000・チェーンネックレス¥13,000/ノーク バッグ¥71,500/アルファPR(アエタ) ストール¥29,700/八木通商(チェザーレ ガッティ) 靴¥97,900/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)リアルかと見まごう上品なツヤ感。すそのスリットですっきり抜け感もBRAND:ELE STOLYOF 腰まわりにゆとりのあるシルエットですっきりとバランスよ くはける万能の一本。フェイクレザーのツヤ感のおかげで、カジュアルになりがちなフーディコーデもフェミニンかつリッチな表情に。すそにスリット入りで素肌がのぞくので抜け感が出しやすく、パンプス、フラット靴、スニーカー、と足もとコーデもやりやすい。パンツ¥20,900/ELE STOLYOF フーディ¥26,400/エイトン青山(エイトン) ピアス¥56,100/ザ ストア バイ シー 代官山店(ソフィー ブハイ) バッグ¥284,900/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャンルブタン) 靴¥45,100/ザ・グランドインク(ロランス)やや太めのシルエットと上品なミルクティー色が女っぽいBRAND:ASTRAET フェイクレザーのハードな印象が苦手、という人はこんなベージュはいかが? ミルキー配色で優しく。パンツ¥29,700/アストラット 新宿店(アストラット) ジャケット¥68,200/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥12,100/ザ ストア バイシー 代官山店(リダン) 帽子¥57,200/スープリームス インコーポレーテッド(バニー) メガネ¥29,700/アイヴァン東京ギャラリー(アイヴァン) ストール¥64,900/アイネックス(アソース メレ) バングル¥20,900/アマン(アンセムフォー ザ センセズ) バッグ¥36,300/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥44,000/ザ・グランドインク(ロランス)何にでも合わせやすい細身テーパード。後ろゴムではき心地も楽ちんBRAND:N.O.R.C すっきり細身でオーバーサイズニットともグッドバランス。後ろがゴムでストレスフリーではけるのもうれしい。マットなニットコーデが増える秋冬、レザーパンツのツヤ感はさりげない女っぽさ足しにも大活躍。パンツ¥12,100/ノーク ニット¥17,600/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ] シャツ¥42,900(ブーリエンヌ)・トートバッグ¥6,600(オープン エディションズ)/エスケーパーズオンライン ロングネックレス¥93,500・コインネックレス¥24,200/マリハ ショルダーバッグ¥33,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)【Marisol10月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO
  • グレーの色幅が広がった今季、なかでも少しだけ黄みを感じるグレーに注目。アラフォー世代の味方・くすみパステルとも相性がよく、優しげな華やかさが手に入る。秋コーデが最高潮に盛り上がる、グレー×パステルの旬配色を満喫して■Warm Pastel×GREIGE ピンク、イエロー、オレンジ……チアフルな暖色パステルと黄みのあるニュアンスグレーの、温度感高まる配色。ともにスモーキーな色みなので、甘くなりすぎないのもポイント。 ほんの少しあせたようなグレーをミルキーなピンクで包み込んで透け感のあるリブニットは、ウォッシャブルなアルパカ素材。少し黄みを感じる色出しが今季らしい。同じくやや黄み寄りピンクのロングコートをさらりとはおり、ぬくもりを感じるグレー×ピンクの配色に。この"くすみ色同士"のニュアンスが、甘めのカラーリングををほどよく大人に、そして優しげに見せてくれる。ニット¥28,600/イレーヴ デニムパンツ¥9,990/プラステ コート¥38,940/アンクレイヴ ピアス¥9,900/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ネックレス¥200,200/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥95,700/マルベリージャパン(マルベリー) 靴¥88,000/ジミー チュウグレージュ×ピンクの淡色トーンは素材のコントラストをきかせてギャザーをたっぷりとったグレージュカラーのスカートに、ピンクのタートルをゆるりと合わせて。スカートのほんのり透ける素材感と、ふんわりニットとのコントラストでぼやけ見えを防止。小物はピンクフレームのサングラスやグレージュのバッグなどの同系色と、引き締めシルバーを上手にミックス。スカート¥37,400/エンリカ ニット¥15,950/アンクレイヴ サングラス¥52,800/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥66,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥40,700/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥13,200/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ]ハンサムなグレージャケットにはベロア素材のイエローで柔らかさグレーのジャケットは、小さめでメタリックなボタン使いがスマート。光沢と落ち感のあるくすみイエローのパンツで、リラックスムードをプラス。ジャケット¥121,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カットソー¥8,800/ボウルズ(ハイク) パンツ¥49,500/アマン(アンスクリア) ストール¥29,700/ザ ストアバイ シー 代官山店(Cesare Gatti) メガネ¥36,300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥50,600/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ソフィー ブハイ) バッグ¥38,500/アイネックス(スキュー) 靴¥44,000/ザ・グランドインク(ロランス)上質なジャンプスーツに遊び心あるオレンジスカーフを投入バンドカラーシャツのような端正な仕立てのジャンプスーツは、大人の体をきれいに整えてくれる。少しムラを出したニュアンスのある黄みグレーに品のよさが漂って。淡いオレンジベースの柄スカーフでドレープをつくりぐるっと巻き、リッチなアクセントに。ジャンプスーツ¥110,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) スカーフ¥28,600/ビームス ハウス 丸の内(ディエッフェ キンロック) ピアス¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥322,300/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥44,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol10月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹下玲奈
  • ジャケットのきちんと感はそのままに、お堅さをほどよく和らげ、センスよく見せてくれる相棒とは? 今季の答えは「タートルトップス」。異素材合わせにワントーン…「ジェケット×タートルトップス」を感度高めに着るならこの4コーデ! リラクシーなデニムの日こそ、エレガントな黒を ツイード+黒リブツイード+リブで黒同士も表情豊かに。ジャケット¥42900(ジャーナル スタンダード レサージュ)・パンツ¥19800(ジェーン スミス)/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店 ニット¥27500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(サヤカ デイヴィス) カチューシャ¥12100/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) イヤリング¥20900(ココシュニック オンキッチュ)・リング¥70400(ココシュニック)/ココシュニック 時計¥28600/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥48400/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥9680/アダム エ ロペ 感度の高いワントーンで“紺ブレ”を新鮮に ネイビー+ベージュ紺ブレとタートルというまじめなトラッドを今っぽく見せる上で、効果的なブラウンのワントーン。流行のエコレザーのスカートを合わせたり、ニットをインするという着方のアップデートも不可欠。ジャケット¥30800/パリゴ丸の内店(ミューニック) ニット¥18700/アルアバイル スカート¥31900/インターリブ(サクラ) リング(右手人さし指)¥65000・(右手薬指)¥13980・(左手中指)¥19000/ロードス(アヴェーテ) バッグ¥69300/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) 透けるタートル、お仕事ではシャツとセットで チェック+シアーさりげなく甘さが加わり、チェックジャケットをまた違った趣で着こなせるチュールタートル。透け感が強いので、重ね着は必須。とはいえ上にジャケットを羽織ることを考えれば、厚すぎないシャツがちょうどいい“つなぎ役”に。ジャケット¥61600/アナイ トップス(10月下旬展開予定)¥6820/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) シャツ¥23100/ザ ライブラリー 表参道店(ザ ライブラリー) メガネ¥33000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) リング¥6200/ロードス(ルメル) セットアップを活用して白をスタイリッシュに セットアップ+オフホワイトほっこりしたり、子どもっぽく見えたり、苦手意識のある人も多い白のタートルは、そもそもオフ白のような品のある色を選び、似たようなカラーのジャケットでなじませるのが大人の正解。いかにもなスーツに見えないダブルのジャケット+パンツのセットアップで、いっそう都会的に。ジャケット¥33000・パンツ¥22000/エトレトウキョウ ニット¥8580/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) イヤカフ¥20900・リング(左手)¥36300・(右手)¥40700/ASAMIFUJIKAWA バッグ¥47300/シップス 有楽町店(ア ヴァケーション) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック) 撮影/木村 敦 ヘア&メイク/遊佐こころ〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/水野利香 モデル/森絵梨佳  取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2021年11月号掲載
  • 『Re:EDITリエディ』ならフレンチシックがもっと簡単可愛い!上品可愛くてお財布にも優しい注目ブランド『Re:EDIT(リエディ)』。最近モアスタイリストが“使える!”、“フレンチシックに最適”と口をそろえて言うんです。その魅力を深掘りしてみました!What's『Re:EDIT 』(リエディ)?旬アイテムを、サステナブルかつコスパよく提供。20代、30代の女性に支持され、モアスタイリストも“可愛くて使えるアイテムが豊富”と信頼を寄せる。シンプルで上品なテイストがフレンチシックとも相性よし!1.今、着たいフレンチシックがそろってる感度の高さが特徴の『Re:EDIT』は、旬アイテムをいち早く展開。上品でシンプルな印象はそのままに今っぽさをひとさじ加えた理想のフレンチシックができる。衿つきブラウスはエコレザーとで大人顔に繊細なブラウスとつややかなエコレザーパンツ、どちらもしっかり高見えするのもいいところ。ブラウス¥3499・パンツ¥3798・バッグ¥4499/Re:EDIT(リエディ) 靴¥15400/ダイアナ 銀座本店 カチューシャ¥1320・ネックレス¥4180/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥2640/ロードス(シースキー)秋冬のワンピは、クラシックな雰囲気で新鮮に。ワンピース¥3498・ニット¥2299・バッグ¥2998/Re:EDIT(リエディ) 靴¥6600/アメリカンホリック 帽子¥9680/CA4LA プレスルーム イヤリング¥3960/サンポークリエイト(mimi33)2.こだわり素材のベーシック服を展開コスパがいいのに素材にも妥協なし。着心地のよさや、環境に配慮したサステナブルな素材のアイテムが豊富なバリエで見つかる。冬の鉄板ニットワンピも選ぶ意味あるサステナ素材ワンピース¥4499・パンツ¥3979・バッグ¥3198/Re:EDIT(リエディ) 靴¥20900/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) スカーフ¥17600/マニプリ イヤリング¥19800/ロードス(イロリエール) ネックレス¥2948/サンポークリエイト(アネモネ)(右)リサイクル素材のきれい色パンツ。¥2499・(中)肌あたりのいいレーヨン混のカーディガンは前後2way。¥2247・(左)ベーシックで着心地のいいカットソーは、環境に配慮した農場で育ったコットンを使用。¥1998/Re:EDIT(リエディ)3.豊富なサイズ展開で似合うフレンチシックが見つかるボトムやワンピは、S、M、Lに加えて小さいさん用の「C」と高身長さん用の「T」があり、丈感を選べるから自分に合ったフレンチシックを極められる!クロップト風。靴下とでカジュアルに SC(コンパクト)サイズカットソー¥1999・パンツ¥3298・バッグ¥3979/Re:EDIT(リエディ) 靴¥17050/ダイアナ 銀座本店 帽子¥5720/CA4LA プレスルーム ネックレス¥3080/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥26400/オ・ビジュー(ロゼモン) 靴下/スタイリスト私物 軽やかなアンクル丈。大人シンプルにお似合い Sサイズブラウス¥3298・つけ衿¥1619/Re:EDIT(リエディ) 靴¥14850/ダイアナ 銀座本店 サングラス¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー パンツ¥3298・バッグ¥3979/Re:EDIT(リエディ) ネックレス¥3080/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥26400/オ・ビジュー(ロゼモン) フルレングス。脚長に見える! ST(トール)サイズいげちゃんのジャストサイズ♡ 体型に合わせるだけでなく、なりたい印象で丈の長さを選んでも。シャツ¥3298・Tシャツ¥1079/Re:EDIT(リエディ) 靴¥14850/ダイアナ 銀座本店 パンツ¥3298・バッグ¥3979/Re:EDIT(リエディ) ネックレス¥3080/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥26400/オ・ビジュー(ロゼモン)4.品のいい“働くフレンチシック”ができるオフィスにも着ていきたいきれいめアイテムだって得意なんです。MORE的おすすめは、ヘビロテ確実な美ラインパンツや上品アウター。センタープレスパンツが美脚を叶える脚のラインを拾わないセミワイドシルエット。まろやかカラーで好印象も。注目のジレでハンサムなお仕事コーデに。ジレ¥4999・ブラウス¥2999・パンツ¥2998・バッグ¥4198/Re:EDIT(リエディ) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店 スカーフ¥13200/マニプリ イヤリング¥7700/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) 時計¥28600/オ・ビジュー(ロゼモン)お仕事アウターに最適なこなれトレンチシーズンレスに使いやすい淡めベージュ。グラデをきかせた茶系ワントーンで大人フェミニンに。コート¥8999・ニット¥2799・スカート¥3499・バッグ¥4298/Re:EDIT(リエディ) 靴¥14850/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥9900/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) 時計¥26400/オ・ビジュー(ロゼモン)5.フレンチシックに似合う小物だって!旬デザインの靴&バッグも狙い目。今季はカチッとしたレトロなルックスのアイテムがそろい、フレンチシックに最適。この見た目でプチプラ!高見えするワンハンドル。バッグ¥3979・ブラウス¥3799・パンツ¥3399/Re:EDIT(リエディ) 帽子¥14300/CA4LA プレスルーム イヤリング¥7700/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ) リング¥16500/ロードス(マサエ)(右上)モードな形をアクセントに。¥3498・(右下)オケージョンにも。¥4298・(中下)リッチな柄も今季の推し。¥3198・(左)秋冬服に抜け感を。¥3498・(中上)最愛ローファーだって。¥3799/Re:EDIT(リエディ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ >>【関連記事】『ユニクロ』でプロが激推し!お仕事服アワード2021秋、大賞はこちらです!>>【関連記事】ボーダーはビスチェやつけ衿で旬の着こなし。20代に似合うフレンチシック撮影/小川健太郎(SIGNO/モデル) 上田祐輝(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/大平典子 企画・原文/青山玲子(MORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • スウェット¥7700・ブラウス¥12100/Ungrid パンツ¥2750/神戸レタス メガネ¥44000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) イヤリング¥2090/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥1990/GU 靴¥42350/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)ユーズド風のグリーンとオレンジのロゴがキュートなグリーンのスウェットはビッグカラーブラウスをレイヤード、甘さをミックスして今っぽくアプデ! 軽やかなショートボトム&ロングブーツを合わせて、より旬度の高い着こなしに♡モデル/岡本夏美 撮影/大辻隆広(go relax E more) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 馬場ふみかは甘いマーメイドスカートにフーディでカジュアルミックス【大学生の毎日コーデ】 袖コンシャス&チュールのチェックワンピでレディな秋スタイル【大学生の毎日コーデ】 一枚で即トレンドが叶う、ビッグカラーニットがこの冬の主役!【大学生の毎日コーデ】
  • たちまち“今”を感じさせる濃いベージュの着こなし。定番色の黒にアクセントとして1点投入すれば、モード感が一気に加速。濃いベージュのワンピースコーデとパンツコーデをピックアップ。発色のいいウールワンピースで甘さと辛さのバランスをとって辛口な黒の装いに、濃ベージュのワンピースで柔和さを加えて。ワンピース¥59,400/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥47,000/ピセア サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥14,850/ザ ストア バイシー 代官山店(ラウラ ロンバルディ) ストール¥39,600/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥196,900/ジミー チュウニットパンツも濃ベージュなら手抜き感なく着映えも簡単ほどよく緊張感のある黒のジャケットに、リラクシーなニットパンツを合わせて。首もとにあしらったスカーフが配色をまとめ、全身に統一感が。そのひと手間がおしゃれをブラッシュアップ。ジャケット¥96,800/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) パンツ¥27,500/エストネーション スカーフ¥19,800/トゥモローランド バッグ¥264,000/ジミー チュウ 靴¥148,500/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)「秋ファッション」に関する記事一覧>>撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • オンラインにも対面にも使える「セットアップ」の着回しコーデを紹介。落ち着いた印象与える「グレー」のアイテムを取り入れれば、シーンを選ばず着こなすことができる。デスクワークがメインの日はパンツとスニーカーで快適さ重視ウールフランネルのシンプルなプルオーバーとクロップトパンツの組み合わせ。リラクシーでありながら、ジャケットをはおればきちんと見えもかなう。 プルオーバー¥50,600・パンツ¥58,300(ともにエス マックスマーラ)・ジャケット¥238,700(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン ネックレス¥1,320,000/TASAKI バッグ¥459,800/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥113,300/ロロ・ピアーナ ジャパン(ロロ・ピアーナ)社内での打ち合わせには、ニットをインしてチェック柄でセンスアップトップスの中に薄手のタートルニットを着れば、この先、冬にも重宝。同系色のチェック柄パンツを合わせたワントーンも素敵。 プルオーバー¥50,600・パンツ¥78,100/マックスマーラ ジャパン(エス マックスマーラ) メガネ¥40,700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ベルト¥51,700・バッグ¥192,500/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 靴¥88,000/ジミー チュウ ニット/スタイリスト私物クライアントとの商談には、きれいめ小物とスカートで臨む同素材のスカートはタイトすぎないシルエットにドローストリング仕様。着心地のよさはもちろん、小物しだいできれいめにも装える。 プルオーバー¥50,600・スカート¥51,700(ともにエス マックスマーラ)・ストール¥115,500(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン 時計¥2,684,000/TASAKI バッグ¥429,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥108,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT/静物) 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2021年11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND