モードは拡張し伝播する。ポップアートを身にまとう

SPUR.JP

1950年代、伝統的なファインアートへのカウンターとして生まれたポップアート。大衆的、即物的といった言葉で表現されるこの芸術が、デジタルデバイスによって瞬時に世界中に拡散される時代がやって来た。この潮流はモードの可能性を切り開く新たなファクターに。着る人をキャラクター化する、デフォルメされたデザインと色彩─。ユニークな美は伝播され、時代を象徴するカルチャーへと形を変える。

私は動くスカルプチャー

ケープ¥736,230・シャツ¥327,800・パンツ¥295,900・靴¥250,800/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

イタリアのデザインアトリエ・フォルナセッティと、ルイ・ヴィトンのコラボレーションから。構築的なデザインのケープは彫刻のような フォルムを描き、シンプルなデニムスタイルを非日常の境界線へと連れ出す。

反復と増殖のレイヤードスタイル

ベスト¥115,500・シャツ¥63,800/コム デ ギャルソン(コム デ ギャルソン・シャツ)

現代のアートシーンを牽引するKAWS。現在、展覧会『KAWS TOKYO FIRST』も開催中だ。ソリッドなシャツやベストに落とし込まれたのは、代表的なキャラクター「COMPANION」や、ブランドネームを描き下ろした文字のグラフィック。

自分自身をペイントするように

コート¥184,800(sacai × KAWS)・ソックス¥17,600(sacai)・靴¥85,800(sacai × George Cox)/sacai

KAWSのオリジナルカラーパレットを忠実に再現した、鮮やかなマルチカラーのダウンコート。黒のソックス&シューズと合わせたミニマムなスタイリングで、ウェアラブルアートの愉悦を堪能したい。

最強のモードモンスター、現る!

コート¥324,500・ブラ¥67,100・ニット¥94,600・パンツ¥189,200・バラクラバ¥77,000・マフラー¥60,500・グローブ¥75,900・ブーツ¥130,900(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

甘いカラーリングとパフィなフォルムで、ポップかつユーモラスな存在感を演出。

既存の概念を軽々と飛び越えて

トップス¥765,600(参考価格)・パンツ¥344,300/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ)

民族衣装を彷彿とさせるビビッドなトップスにあしらわれた、極端に大きな3つのバックル。服とはかくあるもの、という常識を超越したクリエーションは、常に私たちの感性を刺激する。

現代に生きるポップアートの伝道師。KAWSって一体何者?

text: Sakiko Fukuhara

誰しもが一度は目にしたことがあるだろうKAWSの作品。現在開催中の展覧会『KAWS TOKYO FIRST』では初期から現在まで、KAWSを語る上で欠かせない作品が集まり、観る者に新しい視点と"楽しみ"を与えてくれる。ポップアートの代名詞ともいえるKAWSの表現とは? 日本での展覧会の監修を務めた山峰潤也氏が解説する。

Profile
1974年、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。90年代初めに、グラフィティアーティストとして頭角を現す。2001年には『KAWS TOKYO FIRST』をパルコギャラリーで開催。近年では『KAWS:HOLIDAY JAPAN』(2019年)も話題に。

1.アーティストKAWSの誕生

10代で夢中になったスケートボードをきっかけに、グラフィティの世界にのめり込んでいったKAWSことブライアン・ドネリー。バス停の看板広告にペインティングを施した「サブバータイジング」作品で一躍脚光を浴びた。注目を集める場所に"ボムする"というグラフィティライターの習性に倣うかのように、以降彼の表現はストリートからビルボードへ、そしてキャラクター、ファッションの世界へと広がりを見せていくこととなる。

2.キャラクターと裏原カルチャー

KAWSを代表するキャラクター、COMPANION(b)やCHUM(c)、KIMPSONS(d)が生まれた背景には日本のカルチャーとの密接な関わりが挙げられる。当時の東京はDCブランドブームが去り、裏原宿を中心に、スケートボードやグラフィティなど、ストリートカルチャーが隆盛を誇った時代。1999年には「バウンティハンター」の依頼により、"仲間"という意味を持つCOMPANIONが誕生し、2001年には飯田昭雄キュレーションによる『KAWS TOKYO FIRST』がパルコギャラリーで開催された。また、2006年にはメディコム・トイとともにブランド「Original Fake」を展開するなど、KAWSと東京にまつわるエピソードは数知れない。美術館からではなく、ストリートから生まれたアーティスト。親しみやすいキャラクターを相棒に、ミュージアムより先に大衆からの圧倒的人気を得たKAWSは、ポップカルチャーとハイアートが入り混じる時代の象徴ともいえる存在なのだろう。

3.ペインティング作品の変化と進化

日本での初個展で発表された《PACKAGE PAINTING SERIES》(d)は、キャンバス画がパッケージングされたユニークな作品。絵画作品を商品パッケージに入れるという行為からも、権威主義に対するKAWSのアンサーが感じとれる。色面分割で描かれる、極めてフラットで筆跡を感じさせない作風も、アニメーターとして働いていた経験を持つKAWSならでは。2010年以降はキャラクターをかたどったシェイプト・キャンバスを用いた作品(ef)も目立つ。フレームの中にいろいろなキャラクターのディテールが混ざり合い、絵柄の分解と再構築を意識した作品ともいえるだろう。また、近年のペインティング作品はミュージアムにも合うサイズ感へとダイナミックに変化。量産されるプロダクトとして誕生したCOMPANIONも、今ではブロンズ彫像と化し、ストリートから美術館へ、そしてパブリックアートとして、その存在は拡張を続けている。

4.さらなる新しい表現方法

グラフィティライターとして始まり、キャラクター作品、美術館での展示発表、パブリックアートで社会の中に浸透していったKAWS。インスタグラムでは160万を超える「#KAWS」の投稿がされ、インターネットの台頭とともに、彼の作品は私たちの想像を超えた次元へと進化を続けている。昨年発表された《HOLIDAY:SPACE》(g)は、宇宙飛行士COMPANIONを気球に乗せ、成層圏まで送り込んだという作品。また世界12カ所の所定の場所にカメラをかざすとバーチャルアートが登場する、アプリ「Acute Art」を使用したARアートも制作。日本では渋谷のスクランブル交差点に巨大なCOMPANIONが出現した(h)。空を超えた成層圏、そして仮想空間にも進出するKAWSの存在からますます目が離せない。

5.コレクターとしてのKAWS

世界各地のアーティストと交流し、購入した作品が投稿されるKAWSのインスタグラムは、彼の日常が垣間見られる貴重な場所。開催中の『KAWS TOKYO FIRST』では、アート作品に囲まれたKAWSのスタジオを再現した空間(a)も展示されている。そのコレクションはヘンリー・ダーガーやマイク・ケリー、横尾忠則や五木田智央まで。アーティストを知り、インスピレーションを受けながら制作を続けるKAWSのヒューマニティに触れられるだろう。

KAWS TOKYO FIRST
国内初の大型展覧会となる本展では、絵画、彫像、プロダクツのほか、KAWSのプライベートコレクションも展示される。
会期:10月11日(月)まで
会場:森アーツセンターギャラリー
https://www.kaws-tokyo-first.jp/

SOURCE:SPUR 2021年10月号「ポップアートを身にまとう」
photography: Mitsuo Okamoto styling: Tomoko Iijima hair: Yusuke Morioka〈eight peace〉 make-up: Yuka Hirac〈VOW-VOW〉 model: Elena

関連記事
  • 蜷川実花展 ~虚構と現実の間に~2018年より全国10会場を巡回集大成となる東京展が開幕!上野の森美術館で開催中の蜷川実花展に行ってきました!美しすぎる展示の数々会場内は いくつものテーマに沿った部屋が設置されており、頭上まで覆われた圧倒的な世界に酔いしれます色鮮やかな作品だけでなく、モノクロや柔らかい作品まで花々の生命を力強く感じる写真の数々に圧倒されました!部屋を進むごとに彩度が上がる工夫に感激どの写真もとても綺麗でした!全面写真に囲まれたスペース世界観が素晴らしく、蜷川実花さんの想いが込められた空間に感動の連続でした!有名女優や蜷川実花さんの作品は撮影禁止エリアのため観覧のみ、本当に美しくてうっとり…。障害者アスリートの方々のお写真はとてもかっこよくて惹かれました私物を使用した小道具も見どころ!終始ワクワクが止まらず最後まで 蜷川実花さんワールド全開でした!展示会詳細蜷川実花展 -虚構と現実の間に-会期:2021年9月16日(木)~11月14日(日) *会期中無休開館時間:10:00~17:00※最終入館は閉館の30分前まで会場:上野の森美術館入場にはチケットが必要です!*前売券と当日券があり、前売券はネットからのみ購入ができます。当日券より少しだけ安く購入できます!公式ホームページ心に残る作品ばかりです!私は期間中にもう一度行きたいな…と思っております!皆さんもぜひ 足を運んでみてください♩
  • ウェブエクラ週間(9/6~9/12)ランキングトップ10にランクインしたヘアスタイル人気記事をピックアップ!2021秋の最新ヘアスタイルは前髪あり?なし?前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に! 第1位 【ショートヘア】【50代おすすめヘアカタログ】今、むしろ短いほうがフェミニンな印象に!最新ショートヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。女性らしさを醸し出す理想のショートスタイルを公開。▶記事はこちら   第2位 【ボブヘア】【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。扱いやすさと華やかさ、両方に効くボブスタイルを公開!▶記事はこちら   第3位 【ヘアカラー】50代白髪悩み解決!今どきのしゃれ見え「大人のヘアカラー」大人にとってのヘアカラーは、白髪を隠すためのものだと思い込んでない? 実はここ数年で格段に進化したヘアカラー技術。ファッションカラーに近い発色や髪のツヤをプラスできる色みなど、最新カラー事情を徹底リサーチ。▶記事はこちら   第4位 【ミディアムヘア】50代の髪型【ミディアムヘア】鎖骨ラインが美しい!カールや毛束の動きでふんわり感をアピールミディアムの長さはトップがつぶれやすいので、立体感のあるフォルムにして髪質の悩みをカバーすることが重要!▶記事はこちら   第5位 【前髪テク】【50代に似合う前髪の作り方】前髪を変えるだけで髪悩み解決!スタイリング次第で自在に印象チェンジ 前髪がうねったり、ボリュームが足りない、フロントまわりが扱いにくい…。前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に!前髪のデザインとスタイリング次第で自在に印象を変えられます!▶記事はこちら   第6位 【ヘアカラー】【大人のヘアカラー研究】「明るめツヤラベンダー」で透明感と今どき感を演出!白髪があっても楽しめる!「おしゃれ!」とほめられる「大人のヘアカラー」を髪のプロがご紹介。今回は、脱・暗めカラーで透明感&今どき印象になれる「明るめツヤラベンダー」カラーを、DADA CuBiCの吉村さんが提案!▶記事はこちら   第7位 【ロングヘア】50代の髪型【ロングヘア】長さキープだからこそ動きで洗練度の更新をしたい!重くなりがちなロングは、顔まわりや首のラインを流れるようにカットすると、全体的に軽い印象に!ゆるくランダムに巻くことで華美すぎず、こなれた印象に見せる洗練ロングヘアスタイルをお届け。▶記事はこちら   第8位 【ショートヘア】【“切る派”のほめられヘアチェン6】「V字バング」で生えグセ&白髪を一気に解決!強い生えグセから前髪はあきらめていたというエクラ華組・細谷奈弓さん。そこで“深め前髪”をつくり、トップのボリュームアップと気になっていたハチ部分の広がりも解消。メリットだらけの最旬ショートの詳細をご紹介。▶記事はこちら   第9位 【白髪ケア】【50代の白髪ケア】目立つ!気になる!「根元白髪」をセルフカラーで解決ステイホーム期間中に伸びた髪。そこで根元白髪の目立ち具合に困った、というアラフィー世代の声が殺到!我慢ならない「根元白髪」問題を、自分で解決するための正しい手段を専門家たちが指南。▶記事はこちら   第10位 【白髪ケア】【大人のヘアカラー研究】ライター&編集部員おすすめの「ホーム用ヘアカラー」4選コロナ禍で需要が広がったセルフカラーリング。おうちカラーの2大悩み、仕上がりの美しさ&染めムラ予防のためのアイデアを披露!▶記事はこちら  ※集計期間:2021年9月6日(月)〜2021年9月12日(日)
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • BAILA10月号 今月号も今期の秋ファッションには欠かせない内容が盛りだくさんで読み応えたっぷり!ショートカットになって更に素敵になられた中村アンさんの表紙が目印です♡ 今回のブログでは、中でも私が1番見入ってしまった、2つの特集をご紹介させていただきます✨ ①フェミニン派のための最旬デニム講座 休日になると手に取ってしまうのは、やっぱりデニム!ですが、着こなしがマンネリしてしまったり…新しいデニムが欲しいと思っても、自分のいつもの雰囲気に上手く溶け込めずデニム選びに迷ったり…デニムのお悩みは尽きませんよね そんな中、とても参考になった今回の特集。 Part1.トレンドデニムと上手くつきあう7つのヒント、Part2.ニュアンスカラーの秋の着こなし、Part3.ユニクロ新作に大人がはきたいデニムがある! の3つの切り口で最旬デニムをご紹介しています。 デニムの着こなしが本当にお洒落!ぜひ、フェミニン派の方には特に見て頂きたい ②顔立ち4タイプ別「華ブラウス」に合わせのコツ Instagramを開けば、1度は目にする「華ブラウス」♡大きな襟が特徴のビックカラーブラウスや、ふんわりとしたボリュームのある袖が特徴のボリュームスリーブブラウス。どれも可愛いなぁ〜と思いつつ、自分には似合わないなぁ…と、眺めている毎日。笑 そんなお悩みに寄り添ってくれるこの特集。自分の顔立ちにフィットする甘さを見極めるポイントを顔タイプ別にレクチャーしてくれます! そのタイプにはちょっと難しいブラウスの着こなしも、アドバイスが付いているのでとっても参考になります♡ 流行りに乗って買ってみたけど、、なんだかミスマッチ…というお悩みの方や、可愛いブラウスが欲しいけど、どんなタイプが自分には合うのか分からない!という方には特に参考になる内容だと思います☺️ 今月号も読み応えたっぷりのBAILA10月号。 ぜひご覧ください Instagramもやっています
  • LEEマルシェおススメ! タイムセール開催中!これから大活躍のスウェットをセールでお得にゲット! ただいまお得なタイムセール開催中!これから大活躍のスウェットも対象なので、是非お早めにチェックしてみてください!9/24 09:59まで! 真冬に心地よい暖かさをキープしながら、着こなしにほのかな春めきをくれるプルオーバー 袖のボリュームやカフス&裾リブの幅など、女性が"着られて見えない"ビッグシルエットにこだわった一枚。身生地はコットン100%で驚くほど軽い着心地です。照れずに明度アップが叶うピンクとベージュ、鉄板のブラックの3色展開。 12closet【洗える】裏起毛BIGプルオーバー¥9,790 →¥3,916(税込)(60%OFF) ご購入画面へ 愛してやまないスウェットの次なる狙い目は高鮮度なロングネックタイプで決まり 裏パイルのスウェット生地を使用したオーバーサイズのプルオーバー。くたっとしたロングネックにはドローコードが仕込まれています。+シャツできれいめに着るのが新鮮。 STAR&STRIPEロングネックフレンチテリートップス¥9,680 →¥3,872(税込)(60%OFF) ご購入画面へ 生地はなんと和紙×コットン。ドライな肌ざわりでどんな日も快適に 和紙と希少な吊り編み機で編んだコットン裏毛生地を使用し、高温多湿な季節もさらっとした着心地をキープ。ハリ感のある素材がきれい見えを約束し、旬のくすんだミントグリーンがコーデの涼感アップに効果絶大です。着丈に少しだけ前後差があり、アウトしても決まります。 unfilペーパーコットンスウェット¥18,700 →¥5,610(税込)(70%OFF) ご購入画面へ 毎シーズンご好評いただいている吊り裏毛薄手パーカー 裏をループにして、シーズンレスに着用できるシリーズです。吊り裏毛の良さを残して、ループの立体感などを重視した素材を選定しています。そうすることで特徴的な立体的なフードを作ることができています。 DRESSTERIOR(Ladies)吊り裏毛ライトパーカー¥16,500 →¥11,550(税込)(30%OFF) ご購入画面へ タイムセール開催中! タイムセール対象アイテム一覧へ LEE月10号はこちらから! LEE10月号デジタルカタログ LEE10月号掲載アイテムはこちらから The post LEEマルシェおススメ!タイムセール開催中!これから大活躍のスウェットをセールでお得にゲット! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • マルニが、2021年秋冬より新たにマルニベイビーコレクションをローンチした。本コレクションでは、新生児用ロンパースやスタイ、1才半~3才のベビー用Tシャツやセットアップなど、マルニらしい遊び心あふれるプリントを施したアイテムが揃う。ギフトボックスに入ったスタイ7点セットや、ロンパース、スタイ、帽子の3点セットは、シーズンレスに使用できるコットン地を使用している。肌触りがよくソフトな素材なので、出産祝いやギフトにも喜ばれそう。 ロンパース、スタイ、帽子3点セット ギフトボックス ¥16,500(3ヶ月、6ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)同コレクションのために作られたエクスクルーシブなプリントは、遠くからでも目を引く大胆なデザインに。また、店頭ではマルニキッズの2021年秋冬コレクションも発売中。インスピレーション源となったのは、お気に入りの人形をドレスアップすることを夢見る子供たちの自己表現と、心に秘めたイマジネーション。彼らをファンタジーの世界へと導くような、ユニークなアイテムが取り揃う。 Tシャツ ¥14,300(18ヶ月、24ヶ月、36ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)花が咲きほこったフリルドレスや、遊びの時間にも動きやすいスウェット地のトップスなどは、おうち時間でもハッピーな気持ちにさせてくれそう。さらに、「MARNI」のロゴをあしらったセットアップなど、ちょっぴり背伸びしたい気分の男の子たちにぴったりのアイテムもご用意。マルニベイビーとマルニキッズはマルニ 表参道、BRAVE KID(ブレイブキッド)阪急うめだ本店および二子玉川店、伊勢丹新宿店リ・スタイル キッズ内にて発売中なので、ぜひ立ち寄って。 (左より)トップ ¥22,000、スカート ¥20,900(6歳、10歳) 、ドレス ¥31,900(6歳、10歳)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニキッズ)マルニ ジャパン クライアントサービスhttps://www.marni.com/0120-420-502(11:00~18:00) text: Fuyuko Tsuji 
  • 韓国語で"おかっぱ"を意味するタンバルモリ。韓国の女優やアイドルでこの髪型をしている人も多いため、甘い雰囲気のイメージを持っていないでしょうか? 今回ご紹介するタンバルモリは、シャープな前下がりボブがベース。マスクをつけるときでも抜け感がある仕上がりが魅力です。 HOW TO MAKE[cut]前下がりのカットラインがポイント。まとまりやすく、ワンカールで毛先にふんわりとボリュームをだせる。フェイスラインに沿うサイドバングをつくることで、ナチュラルな毛流れが生まれる。 [color]透明感のあるブラウンベージュ。一般的な地毛の黒髪に近い色みでありながら、上品なツヤで華やかに仕上がる。 STYLING 32mmのコテで毛先を内巻きになるようワンカールさせる。前髪と顔周りの毛は後ろに流れるように軽く外巻きに。「ティージープラス バーム」をパール1粒分程度とり、手のひらの体温でよく溶かす。その後、襟足→サイド→前髪の順で空気を含ませるようになじませる。 POINT パサつきやすい大人の髪でも、まとまりよく広がりを抑えてくれるボブスタイル。巻き髪やスタイリングが苦手な方は、毛先にワンカールのパーマをかけるのもおすすめ。 RECOMMEND 特にこのスタイルの似合うタイプはこちら。是非参考にしてくださいね。・顔型(面長・丸型・卵型・逆三角型)・毛量(多い・普通・少ない)・髪質(柔らかい・普通・硬い)・クセ(なし) このヘアを担当してくれたのは…金崎瑚能美さん(TONI&GUY 広尾サロン)文/岸田雅子 TONI&GUY 広尾サロン
  • 毎年即完売となる、カオスのスーペリアコートシリーズ。上質な素材を贅沢に使い、軽量で着心地抜群。ノーカラーコートの新色ベージュを含む3色をキープしたので確実に手に入れるチャンス!□カオスノーカラーコート軽く、さっとはおるだけでサマになるのが人気の理由 しなやかな素材ならではの流れるようなシルエットが最旬。ベルトを締めるとシャープな印象に。■カオス アールスーペリア ノーカラーコートベージュ、ブラック、モカサイズ:F¥74,800 バッグ(商品コード:386639)¥63,800/SHOP Marisol(ザンケッティ) ブラウス¥38,500・パンツ¥34,100/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス(片耳)¥24,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥57,200/フラッパーズ(ネブローニ)▶︎COLOR VARIATION■カオス アールスーペリア ノーカラーコートベージュ、ブラック、モカサイズ:F¥74,800 【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/濱田 福 取材・文/三尋木奈保
関連キーワード

RECOMMEND