人生やりたいこと全部!YOLO LIFEを生きる

SPUR.JP

パンデミックを経て、価値観が変わった今。人生やキャリアを見直し、"理想の生き方"を実現する人々が社会や経済を動かす「YOLOエコノミー」と呼ばれる現象が話題だ。米国のヒップホップカルチャーに由来した言葉「YOLO」とは「You Only Live Once(人生は一度きり)」の略語。不確定要素の多い時代だからこそ、人生を諦めない!という志を持つ10名に今最もやりたいことを取材。そのエピソードをもとにファッションストーリーに仕立て上げた。ポジティブな未来予想図にワクワクしてくる!

自然あふれる場所で、瞑想時間をつくる

ニットドレス¥255,200・バッグ¥207,900・サンダル¥89,100/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)

新クリエイティブ・ディレクターにガブリエラ・ハーストを迎え新章が始まったクロエ。メゾンのDNAを体現するボーホーシックなストーリーを展開した。 TAIRAさんが願う、自然に囲まれた暮らしには、リラクシングなニットドレスを。色鮮やかなボーダーに心が躍る。ニットはリサイクルのカシミヤを採用している。エシカルな視点で仕立てた点にも注目して。

TAIRAさん(モデル)

大学在学中に東京でスカウトされ、モデルの道を歩み始めたTAIRAさん。大学院を経て、現在はロンドンを拠点にファッションウィークや広告撮影などで日々忙しく過ごす。思い浮かべる理想のYOLOライフはごくごくシンプル。仕事柄、日頃は都心で生活を送っているので、ファストペースな都市の喧騒から離れたいと思うことがあります。実は自然が豊かで、静かな森の中でひっそりと過ごしたいんです。家族や親友、気の許せる人たちと過ごすのもいいけれど、ひとりの時間も大切にしたい。スマートフォンやラップトップなどのデジタルデバイスから離れて、スローテンポなレコードでも聴きながらひたすらたくさん本を読みたいですね。自然の音、波音だけが聞こえる浜辺もいいな」
理想の暮らしにまといたい服について聞くと、「着心地が最高によくて、肌ざわりの気持ちいいものが好き」とTAIRAさん。ひとり心を落ち着かせ、瞑想にひたる時間に寄り添うドレスで、のびのびと暮らす姿が目に浮かぶ。

タイラ●北海道生まれ。国際基督教大学でカルチュラル・スタディーズを専攻。大学院でロンドンへ留学。2021年春夏にはプラダのエクスクルーシブとして、ワールドワイドなランウェイデビューを果たす。ロンドンでの仕事の日々は新しい出合いの連続だ。

巨大な温室に包まれたログハウスの中で音楽制作をする

ジャケット¥902,000・ニット¥262,900・フード(参考商品)・スカート¥377,300・ブーツ¥300,300/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

ふんわりと体を包み込むニットとバルーンシルエットのスカートには、太陽をたっぷり浴びて育った、ビビッドなオレンジを彷彿とさせるポップカラーのレザージャケットを。ムードの異なる素材同士を掛け合わせ、大胆かつエネルギッシュな装いに。フォルナセッティの
アートワークをルイ・ヴィトンの世界に落としこんだルックがイノベーティブな感性を刺激し、音楽制作も捗るはず。

Daichi Yamamotoさん(ラッパー)

「果物をもぎって、そのまま出かけられたりしたらいいですよね」と語る、ラッパーのDaichi Yamamotoさん。彼が理想とする暮らしとして挙げたのは、現在Apple TV+で配信中の住居紹介ドキュメンタリー「HOME」に登場する"ネイチャー・ハウス"。ログハウスをすっぽりとビニールで覆い、北国にいながら、地中海の気候を再現した家だ。
「ビニールハウスの中は花やハーブが生い茂っているんです。しかも、生活排水は地下で浄化処理し、植物を育てるための水に使ったり、暖炉の熱がビニールハウス全体を暖めたり。この家だけで生活がほぼ完結していて、理にかなっているんですよ。そういう無駄のない、合理的な生活に憧れます」
そんな環境と家を手に入れたら、音楽やアートの制作活動に没頭したい。
「鍵盤が好きだから、シンセサイザーをたくさん置くつもり。大学で勉強したメディアアートとか、他の分野の創作活動にも挑戦したいですね。楽曲制作は基本的に部屋にこもってすることが多いので、ほどよく外界と隔絶されて、自宅で集中して行えるのは理想的な環境。でも居心地がよすぎて制作する気が起きないとかあり得そう(笑)」

ダイチ ヤマモト●1993年京都府生まれ。老舗クラブ「京都METRO」を経営する日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。小さい頃から音楽に触れて育ち18歳からラップとビートメイキングをスタート。2021年6月16日には2ndアルバム『WHITECUBE』を配信リリースした。

世界中を旅しながらトランクショーで自分の"好き"を届ける

トレンチコートドレス¥353,100・ピアス(参考色)¥62,700・ブーツ(参考色)¥223,300/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ)

ロマンティックな装いをこよなく愛すSACHIKOさんには、トレンチコートドレスを。ボリュームのあるパフスリーブとギャザーたっぷりの仕立てがときめきを演出する。足もとには、鮮やかなグリーンが目を引くブーツをプラス。ガーリーな着こなしにもささやかな毒をきかせたい。

SACHIKOさん(meet me atオーナー)

大阪にあるセレクトショップとヴィンテージショップのオーナーを務めるSACHIKOさん。まるで我が子のように洋服を愛する姿からは、ファッションへの底知れない熱量を感じる。そんな彼女が思うYOLOライフは、トランクショーをしながら、旅をすること。
「もともと、移動することが大好き。アメリカやヨーロッパに買い付けに行ったときもかなりの距離を走ります。普段せわしなく動いているので、ゆったりした時間が貴重なのかもしれません。実は、店舗も2年に一度くらいのペースで移転しています。"店をもっとこう見せたい"という気持ちが出てくると、すぐ行動に移していますね」。
1カ所に留まることなく、自分の気持ちに正直に好きな場所へと赴くSACHIKOさん。そんな生活は、いつも"人との交流"ありき。「移動しながら、世界中の人たちにお気に入りの洋服や小物を届けられたら最高。買い物だけではなく、そこで出会った人と話して元気をもらったり、楽しく過ごせるような"憩いの場"をつくるのが理想のかたち。そういう場所が存在するからこその出会いがあると思うんです。おばあちゃんになっても、人と人とのつながりを実感できる場を提供できたら素敵ですね」

サチコ●大阪にあるセレクトショップmeet me at、ヴィンテージショップRAVIRLEVANTのオーナー兼バイヤー。独自の審美眼でアップカミングなブランドをいち早く取り入れ、全国にファン多数。一児の母でもある。

"アジアン カオス"な空間で、サブカルチャーの未来を創る

ドレス¥408,100・ボディスーツ¥317,900・タートルニット¥145,200・グローブ¥116,600・靴¥162,800(参考価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)

"変化や変換によって可能性を切り開く"というメッセージがこめられたプラダの秋冬コレクション。着る人のボディラインに美しく沿うドレスやニットのレイヤードが描くのは、タフでしなやかな女性像。アジアのサブカルチャーの知られざる魅力を開拓するHIRACさんが理想とする世界観を思わせる。緻密に編み込まれたジャカードも絵画のよう。

YUKA HIRACさん(メイクアップアーティスト)

ロンドンでのキャリアを経て、日本のファッション界で多忙な日々を過ごしているメイクアップアーティストのYUKA HIRACさん。人生は一度きり、好きなことをやらないと!と思った瞬間は突然だった。
「4、5年前にメイクアップの専門学校に特別講師として招かれたときです。学生がトライ&エラーを重ねながらも、ひたすら表現したいという熱気を放っていて。自分が渡英した際に現地で見たクリエーションや、周囲の人々、試行錯誤をした日々を思い出しました。すぐにロンドン時代の友達に連絡をとりNYへ。一年に1カ月程度はいろいろな国に行き、作品撮影などをして帰国するというルーティンをつくりました」
国内ではファッション業界以外のアーティストの友人にも恵まれ、それをきっかけに創作意欲に火がついたHIRACさん。コロナ禍で仕事がストップした際に"52日間メイクアップ日記"をSNSに投稿する。最終的には作品集を作り、展覧会を開催した。
「未来のYOLOな生活は、どこにいても、カオスな作品作りに取り組むことができる環境! "サブカル"とファッションを融合させたい。特にまだアジアの魅力は十分に世に伝わっていない気がするので、"アジアンカオス"な世界観を部屋で、ひとり黙々と創っていたいです」

ユカ ハイラック●福岡県生まれ。メイクアップアーティスト。渡英後、London college of fashionを卒業しフリーランスとして活動。現在はエディトリアルや広告で活躍する一方、自身のプロジェクトも進行中。

"人生のパートナー"と、故郷の海沿いで交流の場をつくる

プルオーバー¥151,800・中に着たカーディガン¥97,900・スカート¥140,800・帽子¥151,800・パンプス¥107,800 イザ(ニナ リッチ)

都会の喧騒から離れ、心地よい海辺でふたりで過ごすときも、装いを楽しむ心は忘れずに。
やわらかな太陽の光を受け、桃色に透けるナイロン素材のプルオーバーは水辺でも安心。ウィットのあるスタイルを好むファンさんの心と共鳴するアイコニックなハットと合わせて。

Hwang Sunwooさん(作家)

「YOLOライフを実現するには、未来への心配事が少ない環境に身を置きたいですよね」と語るのは、ソウルをベースに活動する作家・インタビュアーのファン・ソヌさん。女性ふたりの同居生活を描いたエッセイ『女ふたり、暮らしています。』の著者のひとりだ。そんな彼女が思い描くYOLOライフは、同居人キム・ハナさんと一緒に韓国屈指の港町・釜山の海沿いで暮らすこと。
「ソウルでの生活はどうにも忙しくて、毎日解決しなければならない問題が山積み。そんな心配の必要がない、時間的にも、経済的にも余裕のある暮らしが理想ですね。キム・ハナさんと私は海の街である釜山出身。海水浴場近くで幼少期を過ごしたので、思い入れも強い。YOLOな生活に思いを馳せると、ふたり一緒の、この街での楽天的な暮らしが思い浮かびました」と語る。
バイタリティあふれるファンさんが考えるライフプランにも、エネルギッシュさが垣間見える。「気軽に集まれるカフェや書店を運営しながら暮らしたいですね。運動も好きなので、海の街ならではのスポーツ、ビーチランニングやサーフィンを楽しみたい」

ファン・ソヌ●作家。韓国・釜山市生まれ。ファッション雑誌『W Korea』のエディターを務めた後、そこで培ったノウハウを活かし、現在はインタビュアーとして活動しながら、コンテンツ制作に取り組む。YouTubeチャンネル「ペンユニオンTV」を運営。著書にインタビュー集『かっこよければすべてお姉さん』(未邦訳)。

「hawaii delivery」の音楽と、海辺でスローな暮らしを送る

ドレス¥239,800・ブーツ¥90,200/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) その他/スタイリスト私物

「hawaii delivery」のプレイリストのお気に入りの音楽と、海風を楽しむときはサイケデリックなプリントのドレスを。ロンドンのクラブカルチャーに着想を得たパターンに心躍る。

Kim Hanaさん(作家)

エッセイ『女ふたり、暮らしています。』をファン・ソヌさんと一緒に手がけたキム・ハナさん。コピーライターとして活躍した後、執筆活動や、ポッドキャストで配信中の番組「チェキラウト-キム・ハナの側面突破-」のパーソナリティを務めるなど、多忙な日々を送っている。ミニマリストでもある彼女はYOLOライフについてこう語る。「すさまじい速度で時間が過ぎていく街ではなく、のんびりとした時が流れる海辺で暮らしたい。波の音を聞きながら、静かに海辺を歩いたり、日光をたっぷりと浴びたり。そこには同居人で、共同作家でもあるファンさんも一緒にいると思います」
現在、キムさんはファンさんと一緒に運営する音楽プレイリスト「hawaii delivery」をYouTubeで配信中。"海辺のバーで聴きたい音楽"をテーマにセレクトしている。「釜山では、『hawaii delivery』が流れるバーの経営をしているかもしれません。キャッチボールをしたり、ウクレレを弾いたり、カクテルやビールを飲んだりするのも素敵。近所の友人たちと一緒にブッククラブを開いたりするのもいいですよね」

キム・ハナ●作家、ラジオパーソナリティ。韓国・釜山市生まれ。広告代理店のコピーライターとして活躍後、現在はエッセイの執筆や、YouTubeチャンネルの運営や、ポッドキャストの配信を行う。著書『話すことを話す』(邦訳予定)、『力を抜く技術』(未邦訳)ほか多数発表。

水に囲まれた場所で、アートな和菓子を創造する

トップス¥324,500・スカート¥389,500・ヘッドピース¥60,500・グローブ¥75,900(すべて予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

スパングルを敷き詰めた夢のようなセットアップ。モヘアのヘッドピースと、ムートンのグローブを組み合わせて。寿里さんのインスピレーションをかき立てる"水"のように曖昧に揺れ、光を受けてきらめくような佇まいの一着だ。コットンキャンディのようにやわらかく甘やかなスタイリングは彼女が生み出すロマンティックな和菓子にも通ずる。ひとたびまとえば、どんな環境に身を置いても美しい光を放つ存在になるに違いない。

かんたんなゆめ Juriさん(和菓子アーティスト)

〈和菓子かんたんなゆめ〉を営む、寿里さん。クリームチーズやレモンを使用し、伝統的な練り切りをモダンにアップデートした「嬉々〜KIKI〜」で話題を呼んでいる。
「敷居が高いと感じる上生菓子(和菓子)ですが、見た目の美しさや、繊細な表現は、今しか出合えない四季のデザインであり、食べたらなくなる儚い存在。そこで、和菓子を気軽に楽しめるように日本茶以外にコーヒーや紅茶、日本酒などとも相性のいい"チーズケーキのような味わい"を考案しました」
高校時代に製菓衛生師の国家資格を取得し、飲食企業に就職。そして入社6年目にある転機が訪れた。「"時間とお金は対等な価値がある"と知人に言われて、納得したんです。一旦全部をなげうって自分の時間を得たいと思いました。ほんの一瞬でも息抜きになる和菓子を、身近に口にするきっかけをつくれたらと思い、〈かんたんなゆめ〉を始めたんです」
現在は日本橋で和菓子屋barとして営業中。再開発エリアで2年後に店舗は取り壊しが決まっている。
「製造から接客までひとりで行なっていますが、将来的にはチームメイトを募ったり、郊外に移住して"和菓子アーティスト"としての活動も始めたいと思案中。いつも散歩中に季節を感じながらアイデアを練るので、鎌倉の川や海のような"水の流れ"を感じられる場所が好きですね。今回作成した作品 (写真上)は光を受けて揺らめく、水流を表現した錦玉(吉野羮)。水と光が生み出す淡い関係性を感じてほしいです」

寿里●宮崎県生まれ。和菓子アーティスト。「かんたんなゆめ」という店名は中国の故事「邯鄲の夢」から。人の一生は儚いものという意味を込めた。店舗「かんたんなゆめ 日本橋別邸」は不定期営業中。Instagram(@kantan.na.yume)をチェックして。

小型蒸留器を持って、世界中を旅する

ブラウス¥148,500・スカート¥107,800・スカーフ¥74,800・グローブ¥74,800・ブーツ¥154,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) タイツ/スタイリスト私物

バウハウスのクリエーションから着想を得て、幾何学模様のパターンを用いたセットアップはジル サンダーより。個性豊かな植物の蒸留をする際には、デザイナーのメイヤー夫妻が考える「服を組み替えることや、服で遊ぶことの楽しさ」を反映した探究心あふれるルックを合わせて。素材の無限の可能性に魅せられた堀江さんのように、先鋭的な感覚を持つ女性にこそまとってほしい。

Rei Horieさん(蒸留プロデューサー)

「いつか食に関する仕事で独立したいと思っていたのですが、自分の得意分野もわからず、躊躇していたんです。そんなときに、クラフトジンと出合いました。お酒は苦手でしたが、口の中に広がる香りが素晴らしく、まるで瞑想をしているかのような感覚に導かれるんです。その体験から、蒸留で世界中にある素材の可能性を花開かせることができると気がつきました」
一流企業の広告コンサルティングに携わっていた堀江さん。蒸留酒に関わる仕事がしたいと転職を決意し、YOLOライフへと一歩踏み出した。安定志向だったと語る彼女は、周囲に起業家やフリーランスの友人を増やし、積極的にコミュニケーションすることで、自分を鼓舞したと言う。
「会社を辞めてから、まずはこれまでに培った広告のスキルを活かして、クラフトジン『HOLON』のプロデュースに携わったり、蔵前にオープンした『東京リバーサイド蒸溜所』の企画、PRから始めました。その合間に蒸留について独学で勉強していたので、最近ではやっと製造にも携われるようになったのです! 将来的には小型の蒸留器とともに、その土地ならではの植物を蒸留しながら旅をしたい。国や気候が変わるとそこに生息する花やハーブもまったく異なります。それらを蒸留するワクワク感はひとしお。お酒だけでなく、香水などに用いるエッセンシャルオイルはブレンドもできるので、可能性はいろいろ。友人たちと一緒に素材を集めて、蒸留作業をするのも楽しそうです」。
まさに"YOLOエコノミー"を体現する彼女の蒸留への"冒険心"は尽きない。

堀江 麗●東京都出身。企画PR、飲料プロデュース。Google Japanに数年間勤務の後、クラフトジン「HOLON」を監修。現在は「東京リバーサイド蒸溜所」の運営や、クラフトジンの開発に携わっている。

すべてをキャンバスにできる古民家で自由に絵を描きながら暮らす

ドレス¥163,900・中に着たブラウス¥82,500・カチューシャ¥53,900/イザ(パトゥ)

フラワープリント、鮮やかな色彩、ボリュームのあるシルエット、フリルのカラー、リボンディテール。ガーリーなモチーフを盛り込んだルックは、まるで大切なものを詰め込んだ宝箱をひっくり返したかのよう。豊かなカラーパレットとポエティックなフォルムが、自身の
ファッションや、描画をするときのイマジネーションをかき立てる。自分の周りを"好き"で埋め尽くしたいと願うHIBARIさんの気持ちを表現したような一着は、ポジティブなエネルギーにあふれるすべての人の背中を押してくれる。

HIBARIさん(モデル・アーティスト)

服から家電まで心赴くままに絵を描いてゆくHIBARIさん。理想は古民家での生活だ。
「すべてを自分の好きなようにできる空間が欲しいんです! 賃貸だと壁や床にはペイントできないじゃないですか。だからそういうことを気にせず、360度キャンバスにできる古民家を手に入れられたら素敵。モデルの仕事や今の生活がめっちゃ楽しいので、東京にいながら、それがかなったら最高です」
そう願う理由は、目に入るものすべてを自分の気持ちが上がるように、という思いからだ。「とにかくハッピーなものが好き。理想のデザインを見つけるのは意外と難しいから、だったら自分で描いちゃえ! って何にでもペイントしちゃいます。着なくなった服も、絵を描くことでまた可愛いと思えたりするんですよ。100円の靴だって特別なものになります。シンプルに描くこと自体が楽しいというのもありますね!」
周囲の人間を笑顔にしてしまうポジティブさが魅力のHIBARIさん。彼女が心に常にとどめている座右の銘は「楽しく生きる」だ。「先のことを想像するのも大切だけど、今やりたいこと、こうしたいってことを実現するのも大事ですよね。人生は一度きりだってことを忘れずに生きていきたいです」

ヒバリ●島根県生まれ。20歳のときに上京し、お笑い芸人として活動。現在の所属事務所PUMP managementに声をかけられ、これまでの基準を超越した美しさを見いだすという理念に共感しモデルに。現在はさまざまなファッション誌やランウェイショーで活躍中。

農業からスケートボードまで。衣食住を体験できる民宿プラットフォームを開く

ジャンプスーツ¥143,000・ニット¥79,200・ブーツ¥102,300/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) 帽子¥74,800/モンクレール ジャパン(2 モンクレール 1952 ウーマン)

ボリュームのあるスリーブと、ブラックとベージュのバイカラーで、ジャンプスーツをモダンな印象に。フロントにフェザーをあしらった意外性のあるパフィハットがツイストをプラス。固定観念にとらわれない、現代的なワークスタイルが完成した。

Yuichiro Wakamatsuさん(みかん農家・「Tangerine」オーナー)

東京やカナダ、長野、オーストラリアなどさまざまな場所に移り住んできた若松優一朗さん。「これまでもYOLO ライフだった」と語る彼の現在の居住地は地元の愛媛県宇和島市だ。「農業は食に直結する絶対に残さなきゃいけない産業なのに、高齢化が本当に進んでいるんです。体が動く若い人が担っていないなんて問題ですよね。僕には実家のみかん農家を途絶えさせてまで、外で仕事をする選択肢はなかったので、2019年に完全帰省しました」
さらに、農業に興味を持ってもらうきっかけに、と立ち上げたのが、オリジナルブランドの「Tangerine」だ。農園で育てたみかんを搾ったジュースをメインに、Tシャツをはじめとするアパレル製品なども販売している。「カナダで出合ったスケートボードカルチャーや、グラフィックデザイナーの友人など、これまでの人生で得た経験や人脈を活かして運営しています。コロナ禍以前は、ジューサーで作る生搾りジュースをイベントなどで振る舞ったりもしていました。このブランドが都会と地方をつなぐ存在になってくれればと思っています」
そんな若松さんが今後目指すのは民宿の経営だ。「スケートパークやギャラリーも併設して、都会から遊びに来てもらったり、地元の人が集まったりできるコミュニティスペースにしたいんです。もちろん農業も体験してほしい! 民宿を通して地方での生活に興味を持ってもらい、将来若い農家が増えたらうれしいですね!」

若松優一朗●1993年愛媛県生まれ。東京や海外で生活したのち、2019年に実家のみかん農家を継承。スケートボードやアート、音楽のカルチャーをミックスしたオリジナルブランド「Tangerine」も運営。みかんと農業の魅力を発信し続けている。

SOURCE:SPUR 2021年10月号「人生やりたいこと全部!YOLO LIFEを生きる」
photography: Teruo Horikoshi〈 TRON〉 styling: Yuuka Maruyama〈 makiura office〉 hair: Kazuhiro Naka〈 KiKi inc.〉 make-up: Asami Taguchi〈 Home Agency〉 prop styling: Haruka Kogure model: YO, NAMA.S, Olga.K interview & text: Michino Ogura(TAIRA,YUKA HIRAC,Juri,Rei Horie), Mai Ueno(Daichi Yamamoto,HIBARI,Yuichiro Wakamatsu) cooperation: PROPS NOW, RIKASHITSU, HIBARI

関連記事
  • 蜷川実花展 ~虚構と現実の間に~2018年より全国10会場を巡回集大成となる東京展が開幕!上野の森美術館で開催中の蜷川実花展に行ってきました!美しすぎる展示の数々会場内は いくつものテーマに沿った部屋が設置されており、頭上まで覆われた圧倒的な世界に酔いしれます色鮮やかな作品だけでなく、モノクロや柔らかい作品まで花々の生命を力強く感じる写真の数々に圧倒されました!部屋を進むごとに彩度が上がる工夫に感激どの写真もとても綺麗でした!全面写真に囲まれたスペース世界観が素晴らしく、蜷川実花さんの想いが込められた空間に感動の連続でした!有名女優や蜷川実花さんの作品は撮影禁止エリアのため観覧のみ、本当に美しくてうっとり…。障害者アスリートの方々のお写真はとてもかっこよくて惹かれました私物を使用した小道具も見どころ!終始ワクワクが止まらず最後まで 蜷川実花さんワールド全開でした!展示会詳細蜷川実花展 -虚構と現実の間に-会期:2021年9月16日(木)~11月14日(日) *会期中無休開館時間:10:00~17:00※最終入館は閉館の30分前まで会場:上野の森美術館入場にはチケットが必要です!*前売券と当日券があり、前売券はネットからのみ購入ができます。当日券より少しだけ安く購入できます!公式ホームページ心に残る作品ばかりです!私は期間中にもう一度行きたいな…と思っております!皆さんもぜひ 足を運んでみてください♩
  • 仕事の日のランチは、専らお弁当を持参してお弁当節約生活を送っています。でも毎朝早く起きて、お弁当を作るのは大変・・・だから私は、休日に1週間分のお弁当のおかずをまとめて作り置きしています!作り置きおかずがあれば、慌しい朝のお弁当作りも超楽チン♪♪そこで今週も私がよく作る時短&簡単作り置きおかずをご紹介します★今週のメイン食材は「餃子の皮」今週は「餃子の皮」をメインに、アレンジして4品つくりました 〜!!餃子の皮48枚(24×2袋)使い切りレシピです★水菜とツナのパリパリサラダ◆材料*水菜:1袋*ツナ:1缶*餃子の皮:4枚*サラダ油:適量◆作り方1. フライパンにサラダ油を入れ、餃子の皮を揚げる。2. 水菜を3cmほどの長さに切る。3. ボウルに(2)、ツナ、細かく砕いた(1)を入れ、よく混ぜ合わせて完成!餃子の皮でキッシュ◆材料*餃子の皮:13枚*卵:4個*ベーコン:5枚*ミニトマト:8個*冷凍アスパラ:20g*和風だしの素:小さじ1*塩胡椒:少々◆作り方1. ベーコンを短冊切りする。2. ミニトマトを4等分に切る。3. ボウル卵を割り入れ溶き、(1)、(2)、冷凍アスパラ、和風だしの素、塩胡椒を入れ、よく混ぜ合わせる。4. アルミカップに餃子の皮を敷き、(3)を適量流し入れ入れる。5. オーブンレンジで卵が固まるまで焼いて完成!ササミの梅しそ巻き◆材料*ささみ:2本*大葉:10枚*梅チューブ:適量*餃子の皮:15枚*サラダ油:適量◆作り方1. ささみを茹で、適当な大きさにほぐす。2. 大葉を縦半分に切る。3. 餃子の皮の上に大葉を敷いて、(1)を適量のせ、梅チューブをお好みで入れて、くるくる巻く。4. フライパンにサラダ油を入れ、(3)を揚げ焼きして完成!海老ニラ餃子◆材料*豚ひき肉:200g*ニラ:1袋*むきえび:80g*餃子の皮:16枚*しょうがチューブ:小さじ2*醤油:大さじ1*ごま油:適量*水:適量◆作り方1. ニラを2cmほどの長さに切る。2. むきえびをあらかじめ刻む。3. ボウルに豚ひき肉、(1)、(2)、しょうがチューブ、醤油を入れ、粘り気が出るまでよく混ぜる。4. 餃子の皮の上に(3)を適量のせ、折り畳む。5. フライパンにごま油を少量入れ、(4)を並べ、焼く。6. 焼き目がついたら、水を少量入れ、蒸し焼きして完成!どれも超簡単★時短レシピ!簡単な作り置きおかずで、無理なくお弁当生活を続けましょう 〜♡♡*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • 12星座全体の運勢「主観の結晶化」 昼と夜の長さが等しくなる「秋分」を2日後にひかえた9月21日には、うお座28度(数えで29度)で満月が形成されていきます。そんな今回の満月のテーマは、「画竜点睛」。すなわち、物事を完成させるための最後の仕上げの意。前回の記事の中では、9月7日のおとめ座新月から21日のうお座満月までの期間は「かつて否定した自分自身(の実感や衝動)との和解」ということがテーマになると書きましたが、それは以前なら単なる主観でしかないとして切り捨てていた個人的な思いや直感が改めて検証され、そこには顧みるべき何らかの意味や価値があるのではないかといった“読み解き”が促されていきやすいという意味でした。つまり、先の「仕上げ」とは、権威や影響力があるとは言えど誰か他の人の意見や考えや根拠をうのみにするのではなく、あくまでみずからの主観的な確信を熟慮のうえで結晶化していくことに他ならないのだということです。例えば、藤原定家の「見渡せば花ももみじもなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」という有名な歌があります。浜辺であたりを見まわしてみても何もないという意味で、表向きには何にもない景観です。そもそも、花は春、紅葉は秋ですから、同時に観れる訳がない。ただ、「ない」とあえて否定することで、うっすらとその痕跡が重層的にイメージされ、その上に実際の「秋の夕暮れ」が見えてくると、もはやそれはただのさびしい風景ではなく、心的空間における仮想現実体験のような積極的なニュアンスをもつまでに至るのです。無駄を省いて、一つだけ残ったものとしての秋の夕暮れ。何でもないような一日をあらんかぎりの高度な手法をもって大切に締めくくるという意味で、実に今回のテーマに即した作品と言えるのではないでしょうか。同様に、今期は他の人が何と言おうとも、自分にとってこれだけは大切な体験・体感なのだということを、手を尽くして結晶化してみるといいでしょう。>>星座別の運勢を見る水瓶座(みずがめ座)今期のみずがめ座のキーワードは、「信じられないがゆえに信じたい」。 コロナ禍は、ジェンダー格差や経済格差など社会におけるさまざまな分断を露呈させました。いや、より厳密には、長きにわたって存在してきた分断を一気に加速化させ、噴出させたのだと言えます。  それは見方を変えれば、これまでなんとなく支持されてきた共同幻想(「お上の言うことに従っていれば助けてもらえる」「我慢してがんばっていれば、豊かになれる」etc)がいまガラガラと崩壊しつつあるのだという風にも考えられますが、そうだとすれば、私たちは共同性の核となるようなものを、もう一度この社会のなかに作っていく必要性に駆られている訳です。  やはり生活していく上でも、仕事をしていく上でも、そして間違った情報に騙されないためにもコミュニティというものは欠かせない訳ですが、それにはどんな方向性があるのか。たとえば、この点について20年前の2001年に、宗教学者の山折哲雄と同じく宗教学者の島田裕巳が行った「オウム事件―救済とテロリズム」と題された対談のなかで、次のように語っています。  「島田 オウムにいた人たちは、すべてかどうかはわからないけれども、元信者に話を聞くと、家族が嫌いだと言うんです。 山折 「イエスの方舟」の信者たちが言ってましたね。自分の血縁家族は本当の家族ではなくて、「イエスの方舟」の世界が本当の家族だと…。 島田 社会はそのへんにはなるべく目をつぶっています。やはり、そういう家族共同体では解決しない。 山折 日本の社会全体が今、家族幻想に酔っている。そこにしか最後のよりどころはないと思い込んでいる。国家の政策もそういう方向に行っている。だけれど、実際は老人介護の問題を突き詰めていくと、あれは日本の家族が崩壊しているということを前提にして作られた政策ですね。厚生労働省はそういう政策を作っている。ところが文部科学省は何を作ろうかとしているかというと、家族の再構成ということです。国家の政策が分裂しているんです。」  ここでは、「ほっとけば野生化する人間をなんとかそうでない人間にするための文化的な装置(山折)」の最大のものとして「宗教」が取り上げられているのですが、何を信じるべきか/信じざるべきかという信仰の問題は、いままさに日本社会でもホットトピックとなっているように思います。  山折は対談の中で、「何かを容易に信じることができない社会において、だからこそ信じるのだというメッセージを、あくまで個人的に掲げていく」という在り方を「百人が百人できる道ではないけれど」とことわりつつも、ひとつの有効な方向性として提示していますが、これは今期のみずがめ座にとっても重要なモデルとなっていくのではないでしょうか。 参考:山折哲雄『悪と日本人』(東京書籍)12星座占い<9/19~10/2>まとめはこちら<プロフィール>應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「主観の結晶化」 昼と夜の長さが等しくなる「秋分」を2日後にひかえた9月21日には、うお座28度(数えで29度)で満月が形成されていきます。そんな今回の満月のテーマは、「画竜点睛」。すなわち、物事を完成させるための最後の仕上げの意。前回の記事の中では、9月7日のおとめ座新月から21日のうお座満月までの期間は「かつて否定した自分自身(の実感や衝動)との和解」ということがテーマになると書きましたが、それは以前なら単なる主観でしかないとして切り捨てていた個人的な思いや直感が改めて検証され、そこには顧みるべき何らかの意味や価値があるのではないかといった“読み解き”が促されていきやすいという意味でした。つまり、先の「仕上げ」とは、権威や影響力があるとは言えど誰か他の人の意見や考えや根拠をうのみにするのではなく、あくまでみずからの主観的な確信を熟慮のうえで結晶化していくことに他ならないのだということです。例えば、藤原定家の「見渡せば花ももみじもなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」という有名な歌があります。浜辺であたりを見まわしてみても何もないという意味で、表向きには何にもない景観です。そもそも、花は春、紅葉は秋ですから、同時に観れる訳がない。ただ、「ない」とあえて否定することで、うっすらとその痕跡が重層的にイメージされ、その上に実際の「秋の夕暮れ」が見えてくると、もはやそれはただのさびしい風景ではなく、心的空間における仮想現実体験のような積極的なニュアンスをもつまでに至るのです。無駄を省いて、一つだけ残ったものとしての秋の夕暮れ。何でもないような一日をあらんかぎりの高度な手法をもって大切に締めくくるという意味で、実に今回のテーマに即した作品と言えるのではないでしょうか。同様に、今期は他の人が何と言おうとも、自分にとってこれだけは大切な体験・体感なのだということを、手を尽くして結晶化してみるといいでしょう。>>星座別の運勢を見る射手座(いて座)今期のいて座のキーワードは、「深淵なる井戸」。 いまネットニュースのコメント欄やSNSなどでは、激しい言葉、強烈な言葉が氾濫しているように見えます。しかし、それらの大半は感情的な反応や無内容な大声がエスカレートしたようなものであり、言葉そのものとしての力はひどく衰弱している、あるいは、言葉が強い力を持つことが難しくなっている、と言わざるを得ない状況なのではないでしょうか。  そういう状況の中にあって思い出されるのが、「バルカンのパスカル」とも呼ばれたエミール・シオランです。彼は作家であるとか思想家であるといったカテゴリー以前に、一個の巨大な反抗者であり、私たち人間の業のような憎しみや残酷さなどをたじろぐことなく凝視した点において突出した存在でした。  たとえば、『悪しき造物主』と題された著書の「扼殺された思い」という章では、「愛することではなく憎むことをやめたとき、私たちは生きながらの死者であって、もう終わりだ。憎しみは長持ちする。だから生の<奥義>は、憎しみのなかに、憎しみの化学のなかに宿っているのだ」と述べられていますし、残酷さについても、彼は「残酷さは私たち人間のもっとも古い特徴であり、私たちはこれを借りもの、にせもの、みせかけなどと呼ぶことはほとんどない。こういう呼称は、逆に善良さにこそふさわしい。善良さは新しい、後天的なものであり、深い根は持っていない」と言い切ってみせるのです。  こうしたシオランの悪への凝視は、この世は「悪しき造物主」がつくったものであるというグノーシス主義への彼の関心と深く結びついていました。彼は古代のグノーシス主義者の「人間はみずからを救済したいと思うなら、無知への回帰を果たすことによって、生まれついての自己の限界に戻らなければならない」という教えに沿うかのように、次のように書いています。  「横になり、目を閉じる。すると突然、ひとつの深淵が口を開く。それはさながら一個の井戸である。その井戸は水を求めて目も眩むような速さで大地に穴をうがっていく。そのなかに引きずり込まれて、私は深淵に生をうけた者のひとりとなり、こうして、はからずもおのが仕事を、いや使命さえ見出すのだ。」  今期のいて座もまた、こうしたシオランの静謐(せいひつ)で自己自身を見つめた言葉に沿って、井戸に引きずり込まれていくべし。 参考:エミール・シオラン、金井裕訳『悪しき造物主』(法政大学出版局)12星座占い<9/19~10/2>まとめはこちら<プロフィール>應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • キャンドル、ディフューザー、ルームスプレー…etc. 家で過ごす時間が増えた今、空間の香りは気持ちを左右する大きなファクターのひとつ。書斎では集中力を高める香り、リビングではリラックスできる香り、寝室はゆったりと心を鎮める香りで安眠へのカウントダウンを。空間、目的、時間で香りを使い分け、心身を整える。フーッと思いきり深呼吸できる心地よい空間を手に入れて1)Aroma Diffuser 知的で清楚な印象のフローラルのディフューザーで空間に安らぎを柳の枝をリードにしたインテリアピースとしても素敵なディフューザー。おすすめは深みと清潔感を醸すアンバーとムスクにほのかに混じるすみれとローズが可憐なスズランを思わせるフローラル。バンフォード リリー・オブ・ザ・バレー ウィローディフューザー(リードつき) 250㎖¥10,560/ピューリティ2)Room Spray 書斎や自宅のワークスペースを集中できる空気に切り替えホリスティックなアプローチで健やかな美しさを育むTHREEから待望のオーガニックのホームフレグランスが登場。頭脳明晰化作用のあるローズマリー油を基調にしたハーバルグリーンの香調が自宅での仕事タイムを集中できるものに変える。ホームフレグランス ポッシビリティ74㎖¥3,960/THREE3)Aroma Candle 夏の避暑地を思わせる森と土の香りのアロマキャンドル豪華な大理石のホルダーに収められているのは米や大豆など植物成分で作られたロウなので安心。夏に人気のシトラスに土っぽいパチュリ、樫や杉の木の香でつづるウッディノートに心安らぐ。ブジー・パルフュメ カンパーニュ・ディタリー 300g¥18,700/オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー4)Room Spray 地中海を渡る風をイメージした夏の香りでお部屋をリフレッシュ800年の歴史の中で培った天然栽培の植物や油脂を使った伝統の処方で製品を作り続けるサンタ・マリア・ノヴェッラ。海風の香り、地中海沿岸の灌木、刈ったばかりの小麦、乳香を調和させた太陽のようなぬくもりある香り。ルームスプレー エスターテ 100㎖¥14,300/サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座5)Aroma Candle 庭やべランダにはレモングラスのキャンドルでおしゃれに虫除け対策60周年を迎えるパリのパフューマリー、ディプティックが夏の夜、屋外で快適に過ごすためのキャンドルを創作。刺激的かつさわやかな香りで蚊を寄せつけない虫除け効果をもつレモングラスのキャンドルが、夏の夜をロマンティックに照らす。フレグランスキャンドル(シトロネル)190g¥8,800/diptyque Japan6)Linen Spray リラックス効果の高いイランイランの香りのシーツに包まれてよい夢を高級ホテルのアメニティでおなじみのモルトンブラウン。空間やカーテン、シーツなどを香りづけするリネンミストはひとつあるととても便利。イランイランにカルダモン、バニラをブレンドした上品な甘い香りで安眠を。イランイラン ホーム&リネンミスト 100㎖¥5,940/モルトンブラウンジャパン【Marisol8月号2021年】撮影/山田隆史(angle) スタイリスト/郡山雅代(STASH) 取材・文/平 輝乃
  • 秋冬の着こなしの軸になるアウター。大切なアイテムだからこそトレンドは誰より早くチェックしておこう! 今回はおしゃれプロが狙っているロングコートを大公開。リバーコート、MA-1、中綿コート、それぞれがこだわる選定ポイントをぜひ参考に。 1.アンクレイヴのくすみ色コート スタイリスト 佐藤佳菜子さん 「年を重ねてからのほうが明るい色がしっくりくるようになったのと、髪をショートにしてから甘めのトーンも気負わずに楽しめるようになったので、思い切って今シーズンはやわらかなセージカラーをセレクト。定番のリバーコートも新しい気持ちで着こなせそうです」 シンプルな表情ながらポケットや襟でさりげなく立体感を出したこだわりの一着。ゆったりとした形で絵になる装いに。¥38940/アンクレイヴ 2.カレンソロジーのチェックコート スタイリスト 門馬ちひろさん 「おしゃれに時間をかけられない慌ただしい日も、さっと羽織るだけでサマになるコートが欲しくて即決。お目立ち感のある大きめのチェック柄ですが、ベーシックカラーの配色で落ち着いて見える上、可愛げのあるシャギー素材で着るたびにテンションがアップ!」 ゆるやかなショルダーラインやアルパカ混のやわらかなシャギーがフェミニンな着こなしにフィット。¥75900/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 3.アンクレイヴのMA-1コート ライター 東原妙子さん 「ウールのコートにやや飽きてしまい、着こなしのアクセントになる“シャカシャカ系”のコートに注目。このMA-1はすっきりとしたロング丈とミニマルなデザインでダウンほどカジュアル見えしないんです。スカートにも似合ってきれいめに着られるので冬中重宝するはず」 ミリタリーテイストのMA-1ジャケットをそのままロング丈に。無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインがまさに大人向き。¥38500/アンクレイヴ 4.スタニングルアーのリバーコート ライター 伊藤真知さん 「ベージュや黒、グレーといった定番色のコートはひととおり持っているため、今年は“アガる”色にチャレンジ。柿を思わせるような、ほのかに渋さのあるオレンジなので、意外にどんな色のアイテムとも合わせやすく、ロング丈&オーバーサイズでも迫力が出すぎません」 エフォートレスなムードの着流しコート。付属のベルトでシルエットに緩急をつけられる。¥68200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 5.ノーク バイ ザ ラインの中綿コート ライター 野崎久実子さん 「ショートカットでカジュアル好きの私は、スポーティに転びすぎないアウターが大前提。こちらはラフに着られるフードつきの中綿コートですが、スマートなシルエットで上品な印象。さりげなくクリーンな女らしさを演出してくれる明るい白も心惹かれた理由です」 前を開けても閉めても、すっきりと着られる頼もしいロング丈。ふかふかの着心地で防寒性が高いのに軽量。¥27000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 6.フレイ アイディーのボリューム袖コート ライター 榎本洋子さん 「中に厚手のニットを着てももたつかないたっぷりとしたボリューム袖のコートは、手持ち服にオーバーサイズが多い私にぴったり。さらに身長165cmの私でもちゃんとマキシ丈になる長めの着丈や、Iラインをアピールしてくれるきれいなシルエットも嬉しいポイント」 甘くなりがちなボリューム袖コートをスタンドカラーでマニッシュに仕上げた一着。¥52800/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/坂田幸一 スタイリスト/大平典子 取材・原文/野崎久実子 構成/岡谷真唯子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2021年10月号掲載
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • マルニが、2021年秋冬より新たにマルニベイビーコレクションをローンチした。本コレクションでは、新生児用ロンパースやスタイ、1才半~3才のベビー用Tシャツやセットアップなど、マルニらしい遊び心あふれるプリントを施したアイテムが揃う。ギフトボックスに入ったスタイ7点セットや、ロンパース、スタイ、帽子の3点セットは、シーズンレスに使用できるコットン地を使用している。肌触りがよくソフトな素材なので、出産祝いやギフトにも喜ばれそう。 ロンパース、スタイ、帽子3点セット ギフトボックス ¥16,500(3ヶ月、6ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)同コレクションのために作られたエクスクルーシブなプリントは、遠くからでも目を引く大胆なデザインに。また、店頭ではマルニキッズの2021年秋冬コレクションも発売中。インスピレーション源となったのは、お気に入りの人形をドレスアップすることを夢見る子供たちの自己表現と、心に秘めたイマジネーション。彼らをファンタジーの世界へと導くような、ユニークなアイテムが取り揃う。 Tシャツ ¥14,300(18ヶ月、24ヶ月、36ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)花が咲きほこったフリルドレスや、遊びの時間にも動きやすいスウェット地のトップスなどは、おうち時間でもハッピーな気持ちにさせてくれそう。さらに、「MARNI」のロゴをあしらったセットアップなど、ちょっぴり背伸びしたい気分の男の子たちにぴったりのアイテムもご用意。マルニベイビーとマルニキッズはマルニ 表参道、BRAVE KID(ブレイブキッド)阪急うめだ本店および二子玉川店、伊勢丹新宿店リ・スタイル キッズ内にて発売中なので、ぜひ立ち寄って。 (左より)トップ ¥22,000、スカート ¥20,900(6歳、10歳) 、ドレス ¥31,900(6歳、10歳)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニキッズ)マルニ ジャパン クライアントサービスhttps://www.marni.com/0120-420-502(11:00~18:00) text: Fuyuko Tsuji 
関連キーワード

RECOMMEND