今月のゲスト:ブルボンヌさん【シオリーヌのご自愛SESSION 第5回】

SPUR.JP

助産師であり、性教育について発信するYouTuberであるシオリーヌさんが、「自分を愛すること」についてゲストと語り合う連載。今回のお相手は、女装パフォーマーでありLGBTQ+にまつわるコメンテーターとして、雑誌やテレビ、ラジオで幅広く活動しているブルボンヌさん! 華やかなパフォーマンスを支える自己肯定感について思うこととは?

ドラァグで、男/女にまつわる固定観念を吹き飛ばす

Profile
シオリーヌ●助産師/性教育YouTuberとして活躍中。総合病院産婦人科病棟や精神科児童思春期病棟での勤務経験も。著書に『CHOICE 自分で選びとるための「性」の知識』(イースト・プレス)。新刊『こどもジェンダー』(ワニブックス)も。

Profile
ブルボンヌ●女装パフォーマー/ライター。ゲイ雑誌『Bʌ́di』の編集主幹を経て、ライター、エッセイストとして活動。女装パフォーマー集団「Campy!ガールズ」メンバー。新宿2丁目のミックスバー「Campy!bar」のプロデュースなども手がける(2021年5月現在は休業中)。

他人の目は気にしない! 輝く場所は自分で決める

ブルボンヌさん(以下B) この連載のタイトル、すごくいいよね。まさに今、私が大切にしているのが自己肯定感で、このテーマで若い世代に向けて学校で講演したりもしているんです。すべてのことは、自分を大切にすることから始まっていると思うんだよね。
シオリーヌ(以下S) 「友達を大切に、家族を大切に」と、他人を大事にすることは教わるのに、自分自身をケアすることはあまり教わらないですよね。
B 本当にそうだよね。でも私の世代に比べると、今の若い世代は自己肯定感が高い人も増えてきていて素晴らしいなって思う。私は比較的保守的な岐阜の地に生まれ育って、もう絶対に自分がゲイだとか言えないって思ってましたもの。高校生の頃、地元の書店で『薔薇族』というゲイ雑誌を見つけて、その文通欄で知り合った人と喫茶店でお茶をしたんです。当時はそれだけで周りから「あいつはホモだ」なんて思われたらどうしようとビクビクしていました。それが今では、女装した格好で住宅街を歩き、タクシーをつかまえられるまでになりました(笑)。
S 堂々とできるようになったきっかけはあったんですか?
B ひとつ印象的だった出来事があって。10年くらい前、今はビジネスパートナーであるうちの社長と、ラブな関係だった時期があるんです。その頃、彼が繁華街で手をつなごうとしてきたのね。私は変な目で見られるんじゃないかとすごく怖かったから、手を振り払ったの。そしたら彼がキョトンとして、「誰だか知りもしない人の目を気にして、今の幸せな気持ちを味わおうとしないのはおかしい」って。そう言われて、自分でもそうだなって気づいたんだよね。「人の目を気にしすぎると、自分らしく生きられないな」って。そこからコツコツ、自己肯定感を高めていきました。
S 私も学生時代は、周囲の目を気にして自分を押し殺したこともたくさんありました。実は大学生のとき、摂食障害になったことがあるんです。当時つき合っていた彼氏に、もっと痩せている女の子が好きだと言われて、ダイエットスイッチが入っちゃった。私は頑張り屋なので、半年で15キロくらい痩せたんですよ。どんどんごはんが食べられなくなって、そのあとに反動で過食して。治るまでに十数年かかったんです。
B ひどい!モラハラだよ!「女の子は痩せていたほうがいい」みたいな価値観は、狭い世界の限定的なものだと早く気づいたほうがいいよね。ゲイ業界では、ある程度の肉づきがあったほうが魅力的だとされているのね。特に都市部は「デブ専」率が高い傾向にあるの(笑)。だからぽっちゃりした冴えない感じの男の子が、新宿2丁目に来たとたんアイドルみたいにチヤホヤされたりするの。そのくらい、同じ人間でも世界が変わると扱いが変わるもの。いじめの問題もそうだけど、「おかしいな」と思ったらその場から逃げるって大事だよね。
S 本当にそう。逃げるってネガティブなことじゃない。
B 自分の輝ける場に行くことを「逃げる」と言っているだけよね。
S 自分にとって居心地のいい人や場所を選ぶ権利は、自分にある。それを忘れずにいたいですね。

あなたは向き合えている? 自分の男性性と女性性

S ブルボンヌさんはいつ女装パフォーマンスを始めたんですか?
B 20歳くらいだったかな。大学生のとき、パソコン通信でゲイ専門チャンネルを開局したのね。その集まりの余興として、みんなで女装したのが始まりだったんです。軽いノリでやってみたら、私、とても筋がよくて(笑)。
S 才能が花開いたわけですね!
B そのとき、ずっと自分が抱えてきた女性性を、初めて発散できた気がしたんだよね。子どもの頃って、ナヨナヨしているといじめられたりするじゃない? だから最初はすごくためらいがあったのね。でも自分の中に確実にある女性性を、濃縮してドンと出せるのがドラァグなんだよね。女性性を思いきりデフォルメすることで、男女にまつわる世間の思い込みについてパロディの形で問いかけているわけ。ところで、私はこうやって葛藤の中で自分の男性性・女性性と向き合ってきたけど、誰の中にだって本当は男っぽさと女っぽさ両方の要素があるはず。でも多くの人は、あまりそこと向き合う機会がないんじゃないかなと。
S  わかります! だからたとえば女性は、働き出すと当たり前のようにヒールを履き、お化粧するのがマナーだと言われて、苦痛を感じて初めて「なぜ女性だからって?」という疑問に突き当たる。逆にそれまでは、疑問を感じる余地もないのかもしれません。
B シオリーヌも私のプロデュースしているミックスバーに来てくれたことがあるけど、ああいう場所では、誰もが心を開いてそういった問題と向き合えるんだよね。普段は知り合わないようないろんな人たちが出会い、お酒も飲みつつ今まで閉ざしていた扉を開けることのできる場所。パンデミックが起こって、3店舗あったお店のうち1店はすぐに閉店の決断をしました。残りの2店も今はずっと休業中。頑張れる場所がなくなってしまい、すごくつらい思いをしています。「不要不急」だと言われたりもしたけれど、私たちはプライドを持ってやっているんですね。今はもちろん無理だけど、この苦境が過ぎ去ったら、また生身で触れ合うコミュニケーションを大切にしてほしいな。
S 本当に。お店が再開したら、また遊びに行きますね!

>>「シオリーヌのご自愛SESSION 」TOPへ戻る

SOURCE:SPUR 2021年8月号「シオリーヌのご自愛SESSION」
photography: Kae Homma text: Chiharu Itagaki

関連記事
  • 2011年8月10日にCDデビューを飾り、今年10周年を迎えるKis-My-Ft2が登場。ともに歩んできた10年の月日がもたらした変化やグループのあり方を追求し続ける、メンバーの熱い思いをお届けします! 今回は北山宏光さん、藤ヶ谷太輔さん、横尾渉さんが「自分だけが知ってる相手の変化」を答えてくれました。 Q自分だけが知ってる相手の変化とは? TAISUKE to HIROMITSU 「昔からしっかりしていたけど、さらに磨きがかかって、どーんと任せられる存在に変化したんじゃないかな。あとは俺もそうだけど、ドクロの服を着なくなった(笑)。それととがった靴もいつの日か履かなくなったんだよね。素材の柔らかいものにシフトチェンジしたのは大人になった証です」 北山宏光スペシャルインタビューはこちら WATARU to TAISUKE 「藤ヶ谷さんのベースにある性格は、メンバーしかわからない天然な部分と、意外とおしゃべりでチャーミングさ。誰に対してもさりげなく気づかいができるのは昔からだったし、視野の広さもずっと変わらないと思います。そういう姿勢は僕自身も一緒にいて学んでいるところです」 藤ヶ谷太輔スペシャルインタビューはこちら HIROMITSU to WATARU 「大きな変化とまではいかないけど、グループ内でのポジショニングが変わったんじゃないかな。バラエティ番組がきっかけで、ちょっと文化人っぽい感じになったよね。キャラが確立してきたというか、そういう立ち位置的なものができて、生き生きしている横尾さんになってきた気がする」 横尾渉スペシャルインタビューはこちら Kis-My-Ft2 きすまいふっとつー●2011年8月「Everybody Go」でCDデビュー。現在、「10万円でできるかな」(テレビ朝日系 月曜20時~)、「キスマイ超BUSAIKU⁉」(フジテレビ系 木曜24時25分~)、「もしもツアーズ」(フジテレビ系 土曜18時30分~)、「ザ少年倶楽部プレミアム」(NHK‐BSプレミアム 第3金曜18時~)に出演中。ラジオ「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」(文化放送 水曜24時5分~)も好評。 「BEST of Kis-My-Ft2」 Kis-My-Ft2 ¥7480[初回盤A]/avex trax シングル34曲とMUSIC VIDEO47曲に加え、10周年記念作品となる新曲を収録したベストアルバムが8月10日に発売。10周年を迎えたキスマイのこれまでの軌跡と足跡を感じられる一枚に。 取材・原文/山中ゆうき  構成/菅井麻衣子〈BAILA〉※BAILA2021年8月号掲載
  • デビュー5周年記念映画「BLACKPINK THE MOVIE」、8/4(水)公開!名実ともに世界No.1ガールズグループとの呼び声高いBLACKPINK。彼女たちのデビュー5周年を記念する映画「BLACKPINK THE MOVIE」が、8/4(水)より、日本をはじめ全世界約100か国で劇場公開されます! 映画公開に先立って行われたマスコミ試写会に参加して、この映画の魅力をしっかりチェックしてきましたので、さっそくお伝えします!映画「BLACKPINK THE MOVIE」メインポスター映画「BLACKPINK THE MOVIE」とは?本国デビュー5周年を記念した初の映画「BLACKPINK THE MOVIE」。その内容は、5年間の思い出を振り返る「記憶の部屋」、ユニークな4人の印象的なイメージカットを盛り込んだ「Beauty」、ファンに贈る「未公開スペシャルインタビュー」など、メンバーだけにフォーカスしたストーリーが、映画の中で多様なシークエンスで繰り広げられます。また、2021年のオンラインコンサート「THE SHOW」や2018年に公演されたコンサート「IN YOUR AREA」をはじめとする貴重な映像を、今回の劇場公開に合わせて再編集。10数曲ものBLACKPINKのヒット曲のパフォーマンスとリハーサル風景など、世界を魅了するステージと、そのステージを作り上げるJISOO(ジス)、JENNIE(ジェニー)、ROSÉ(ロゼ)、LISA(リサ)4人の姿が、2D上映のほか、体験型シアター4DXや、3面スクリーンで圧倒的没入感が話題のスクリーンX、さらにこの2つの 体験型シアターが融合された4DXSCREENなど、最大級の臨場感で映し出されます。映画の見どころは、圧巻のライブと貴重なインタビュー!ライブ:まるで会場にいる気分! パフォーマンスの迫力を五感で体感2021年1月に開催された、彼女たちにとって初のオンラインライブ「THE SHOW」。オンラインライブだからこそ可能な、趣向をこらした迫力ある演出が話題になりました。水が敷き詰められたプールのようなステージで披露した「DDU-DU DDU-DU」。荒廃したお城のようなステージで披露した「Kill This Love」。MVにも登場した大天使のようなオブジェの下でパフォーマンスした「How You Like That」。煌めく洞窟のなかで歌い上げた「Don’t Know What To Do」や「Lovesick Girls」……。次々と変化するセットで、生バンドを率いて披露された名曲のパフォーマンスに、大興奮したBLINKは多いと思います。ですが、今回映画館で観る「THE SHOW」は、その配信時の興奮をはるかに超える感動が待っています。というのも、大きなスクリーンと、音圧まで感じられる音響設備が整った空間で観ると、迫力が段違いだからです! カリスマ性あふれるパフォーマンスと表情、こちらの鼓動と呼応する生バンドの重厚なビートに五感が刺激されて、ライブ会場にいるかのような感覚に。また、BLACKPINKといえば、各メンバーの個性が活きたファッションとメイクも注目の的。自宅のテレビでオンラインコンサートを鑑賞した時には見逃していたかもしれない、4人それぞれのスタイリングを細部までチェックできます(アイメイクまではっきり見えました!)。今作には、2018年のワールドツアー「IN YOUR AREA」時の映像も随所に盛り込まれています。LISAの故郷であるタイ公演の様子を振り返るシーンでは胸がジーンとなります。ファンを目の前に弾けるような笑顔でパフォーマンスする4人の姿には、一日も早くライブ会場でBLINKが作るピンクオーシャンをまた見せてあげたいという想いが湧き上がってくるはず!インタビュー:4人が語るBLACKPINK愛、BLINKへの“感謝”と“恋しい気持ち”今作では、4人それぞれへのインタビューが収録されています。そこで語られた、JISOOの“新しいことへの挑戦”、JENNIEの“表現のスイッチ”、ROSÉの“音楽に対する愛”、LISAの“現在地の話”。そこからは、4人の個性が浮き彫りになります。また、BLINKへの“会いたい気持ち”と“感謝”の言葉もあふれていました。デビューから5年。さまざまな景色を共有し、枚挙にいとまがないほどの偉業を成し遂げてきたBLACKPINKとBLINK。4人からのメッセージを受け取ったら、あなたも彼女たちに会いたい気持ちが加速すると同時に、これからのBLACKPINKの活動が楽しみになるはず!圧倒的なライブパフォーマンスにドキドキしたり、4人のことが誇らしくなったり、恋しくなったり……。まるで感情のジェットコースターに乗っているかのような、あっという間の時間。劇場で是非楽しんでくださいね!4DX、ScreenX、4DXSCREENでも公開! 映画「BLACKPINK THE MOVIE」詳細公開日:8月4日(水)より全国ロードショー出演:BLACKPINK(JISOO、JENNIE、ROSÉ、LISA)映画公式サイト:https://blackpink-movie.jp日本配給:エイベックス・ピクチャーズⓒ2021 YG ENTERTAINMENT INC. & CJ 4DPlex. ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA映画「BLACKPINK THE MOVIE」予告映像BLACKPINK - 5th ANNIVERSARY [4+1] THE MOVIE MAIN TRAILERBLACKPINK 1st JAPAN FULL ALBUM「THE ALBUM -JP Ver.-」も8/3(火)発売!この映画の劇中で披露された楽曲の日本語ver.やセレーナ・ゴメスやCardi Bとのコラボ曲が収録されたアルバムが、8月3日に発売! 映画館に行く前に聴き込んで!アルバム特設サイト:https://sp.universal-music.co.jp/blackpink/thealbum_jp/>>【関連記事】BLACKPINK、8/3にフルアルバム「THE ALBUM-JP Ver.-」を発売!アルバムサンプラー映像BLACKPINK - JAPAN 1st FULL ALBUM 「THE ALBUM -JP Ver.-」 SAMPLERBLACKPINK profileアジアに舞い降りた“次世代ガールクラッシュ!”グループ名の「BLACKPINK」は、最も綺麗な色と表現されるピンクを少し否定する意味で、“美しいものが全てではない”という意味が込められている。またスペシャルなものの前に「BLACK」という名称がつけられるように“スペシャルな女性グループ”を意味するものでもある。 2016年8月8日に韓国でデビューショーケースを行い、同日20時に「SQUARE ONE」の収録曲「WHISLE」「BOOMBAYAH」にてデビュー。 日本においては、2017年7月に新人としては異例となるデビューショーケースを日本武道館で開催し、20万件以上の申込みが殺到し、話題沸騰に。 8月に発売した、デビューミニアルバム「BLACKPINK」はオリコンアルバムランキングで1位を獲得。また多くのファッション雑誌の表紙を飾り、大手化粧品メーカーやハイブランドのイメージモデルにも抜擢され流など新たなファッションアイコンとしても確立。2018年6月にリリースされた1stミニアルバム「SQUARE UP」が全世界44ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得、タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のMVは162日で5億回再生を突破。7月からは、自身初となるジャパンツアー「BLACKPINK AREANA TOUR2018」を開催。その最終公演として“海外女性グループ史上初”の京セラドーム大阪での公演を実施。全3都市8公演12万5,000人の動員を記録した。10月には、アメリカの名門レーベル「Interscope Records」と契約。グラミー賞前夜イベント「グラミー・アーティスト・ショーケース」でのパフォーマンスをはじめ、アメリカ最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル 2019」にも出演、ABCの看板番組である「Good Morning America」への出演も果たすなど、アメリカでの本格的な活動もスタート。2019年1月11日から始まった自身初のワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」は、全世界で16ヶ国22都市30公演をSOLD OUT。2019年4月に発売した2ndミニアルバム「KILL THIS LOVE」は、全世界配信後、アメリカのiTunesチャート1位を記録。韓国女性アーティストとして初の快挙を成し遂げた。タイトル曲の「Kill This Love」はMV公開後、3日間で再生回数1億回を突破し、177日後には、6億回再生を超えた。11月にはアメリカTIME誌が選定する「TIME NEXT 100」に選ばれ、ワールドクラスのアーティストとも肩を並べる存在に。2019年12月から2020年2月まで、「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」の日本公演となる自身初のドームツアーを開催。東京・大阪・福岡で20万5,000人を動員し、自身の記録を更新。YouTubeのチャンネル登録者数は世界1位、MVの総再生回数は42億回(2020年4月現在)となるなど、まさに“ワールドクラスのガールクラッシュグループ”として快進撃を続けている。公式サイトや公式SNSもチェック!■BLACKPINK JAPAN Official Websitehttps://ygex.jp/blackpink/■BLACKPINK JAPAN Official FANCLUB「BLINK JAPAN」https://blackpink.fc.avex.jp/■YG JAPAN Official Twitterhttps://twitter.com/YGJAPANofficial■YG JAPAN Official Instagramhttps://www.instagram.com/ygentertainment_jp/ 海渡理恵 20代のジャストモア世代ライター。音楽・アジアのエンタメに詳しく、K-POPを中心に、国内外のアイドルインタビューの経験が豊富。また、ライフスタイルやフードなど、カルチャー関連の記事も数多く執筆している。アイドルのオーディション番組は、日中韓問わずチェック。最近は、推しが増えすぎて、『時間が足りない』が口ぐせ。 ©︎YG ENTERTAINMENT 取材・文/海渡理恵
  • 世界を席巻する4人組ガールズグループ、BLACKPINK。8月3日には「THE ALBUM-JP Ver.-」をリリース、翌日4日には韓国デビュー5周年を記念して制作された初の映画『BLACKPINK THE MOVIE』が日本を含む世界約100カ国で劇場公開となり、なかなかライブなどでパフォーマンスに触れることのできないファンにとって嬉しい贈り物が続きます。映画は、世界を虜にするアスリートの活躍にも似た、高みを目指す4人のアーティストの今がリアルに伝わる胸熱映画となっていて、この夏を、ガールクラッシュBLACKPINKが盛り上げます!BLACKPINKといえば、ハイファッションブランドのイメージモデルも務め、化粧品などの広告に抜擢、ファッション誌の表紙を国内外で飾っていて、グループでも、ソロでもファッションアイコンとしても知られる存在。世界の注目度はいかほどかといえば、MVの総再生回数が187億回超え、という想像を超えた人気ぶりで、YouTubeのチャンネル登録者数は女性グループでは世界1位、レディー・ガガ、セレーナ・ゴメスらとのコラボ曲もヒット、ソロ活動でもビルボードを賑わせ快進撃を続けています。2018年と2021年のライブ映像を初め、この映画のために撮影されたパフォーマンスも圧巻でリアル。フィルムコンサートさながらで、何度も立ち上がって喝采を送りたくなってしまい、もはや懐かしい感のライブに通っていた頃の興奮が蘇りました。2D上映のほか、ライブ会場の臨場感を体験できる4DX、3スクリーンで迫力に圧倒されるスクリーンX、このふたつが融合された4DXSCREENなどでも楽しめます。また、スペシャルインタビューシーンでは、彼女たちの本音トークからスーパースターとして努力を惜しまず進化し続ける姿が伝わり、胸に熱いものがこみ上げてきます。4人それぞれの魅力が際立ち、デビュー3年目の頃にLISAさんにインタビューしたとき、「私たちの魅力は”BLACKでPINKなところ”」と話していたように、スイートで愛らしくもあり、パワフルでカッコよく、唯一無二の魅力でBLINK(ファン)を虜にしているんだなと再確認できました。 リリースされたばかりの「THE ALBUM-JP Ver.-」は、韓国のガールズグループ歴代1位となる120万枚のセールスを記録した初のフルアルバムの日本バージョン。映画の余韻に浸りながら、繰り返し聴きたい!『BLACKPINK THE MOVIE』 【出演】BLACKPINK(JISOO、JENNIE、ROSÉ、LISA) 【制作】CJ 4DPLEX 【日本配給】エイベックス・ピクチャーズ 【公開日】8月4日(水)より全国ロードショー ⓒ2021 YG ENTERTAINMENT INC. & CJ 4DPlex. ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA 「THE ALBUM-JP Ver.-」通常盤-1CD(全8曲収録) UPCH-2228/2,750円(税込)JENNIE Ver. -1CD(全8曲収録)+スペシャルフォトブック(JENNIE Ver./60P) UPCH-7589/3,850円(税込)JISOO Ver. -1CD(全8曲収録)+スペシャルフォトブック(JISOO Ver./60P) UPCH-7591/3,850円(税込)LISA Ver. -1CD(全8曲収録)+スペシャルフォトブック(LISA Ver./60P) UPCH-7590/3,850円(税込)ROSÉ Ver. -1CD(全8曲収録)+スペシャルフォトブック (ROSÉ Ver./60P) UPCH-7592/3,850円(税込)BLACKPINK THE MOVIEBLACKPINK JAPAN Official Website BLACKPINK JAPAN Official FANCLUB「BLINK JAPAN」“BLACKPINK JAPAN 1st FULL ALBUM「THE ALBUM -JP Ver.-」Special site桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」©︎YG ENTERTAINMENT
  • Tシャツ¥1500・パンツ¥6000/コエ 渋谷店(koe) イヤリング¥5400/アビステ サングラス¥3190・バッグ¥8690・靴¥11880/MURUA ルミネエスト新宿店サックスブルー×ベージュの知的配色のおかげで、ラフなコーデも上品にまとまるよ。厚底サンダルは楽ちん&美脚盛りを両立できて優秀♡ サングラスやビーズバッグ、夏らしい小物もたっぷり使って旬度を高めて。モデル/堀田真由 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/イワタユイナ スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! つけ衿にギンガムチェック。ガーリー派に人気のトレンドアイテムをたっぷり♡【大学生の毎日コーデ】 デコルテがのぞく開衿シャツでミニスカを大人にアプデ【大学生の毎日コーデ】 ミニマルな白Tで、脚長パンツの魅力を引き出して【大学生の毎日コーデ】
  • 7月後半のnon-no Web『大学生の毎日コーデ』の人気コーデをTOP10でお届け!【10位】 ロゴT&ショートパンツにジャケット羽織ってちょっぴり大人なムード【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【9位】 ショートパンツはシアーなシャツをさらっと羽織って、大人カジュアル【大学生の毎日コーデ】 ▶詳細をチェック【8位】 まるでアート! 大胆な水彩画タッチのワンピースが今日の主役【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【7位】 メンズライクなベスト&Tシャツのレイヤードでこなれ感を高めて【大学生の毎日コーデ】 ▶詳細をチェック【6位】 渡邉理佐は淡いラベンダースカートで甘さと色気を欲張りに【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【5位】 ティアードワンピからギンガムを覗かせてキュートなバランスに【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【4位】 ふわっと広がるチュニックで可愛げもスタイルアップも手に入れて【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【3位】 メンズライクなゆるベストで花柄スカートをクールに味変【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【2位】 デコラティブなブラウスでラフなデニムコーデを上品にイメチェン【大学生の毎日コーデ】▶詳細をチェック【1位】 ショートパンツで肌見せ! 夏にぴったりのヘルシー女子【大学生の毎日コーデ】 ▶詳細をチェック※7月17日~7月31日集計
  • BAILA編集部員のおすすめやお気に入りをリレー式で綴る「エディターズピック」 第74回はStyling/(スタイリング)のボーダーボディスーツ 定番にして最も苦手だったのが「ボーダー」。人が着ているを見ると可愛いな、素敵だなと思うことはあっても、いざ自分が着るとなるとなんだかほっこりしてしまい、着用したことは31年の人生でほぼゼロ。が、遂に見つかりました!ほっこりしないボーダーが。BAILAでもお馴染みのスタイリスト白幡啓さんが手がけるStyling/(スタイリング)から発売されているボーダーのニットボディスーツです。 ブラックボディにベージュの配色もビターで、モダンな細いライン、そしてフィット感があるからカジュアル感が抑えられると、一着の中に“流石”なポイントが満載。背中もやや開きが大きいので女らしさもしっかりキープ。 フレアのブラックデニムと合わせて、まじずは楽しみたいなと思っています!(編集K) 編集K 競馬好きのファッション担当。他にも音楽、ラジオ、野球(特に中日と高校野球)、お花、料理など、好きなもの多め。夢は日本馬の出走する凱旋門賞を現地観戦すること。
  • まぶしい太陽は気持ちにパワーを与えてくれるけれど、肌の衰えがコワイ夏真っ盛りの今。肌ダメージが加速しやすい今のシーズンこそ、カバーマークの新美容液とサプリメントで内から外から細胞レベルのエイジングケアを徹底して!“シミ消しファンデーション”フローレス フィットをはじめ、大人の肌悩みに真正面から向き合ってくれるアイテムがそろうカバーマーク。ブランド最高峰スキンケアであるセルアドバンストシリーズの美容液が、さらに進化します。2009年の誕生以来、セルアドバンストが着目してきたのは「母細胞」。体のさまざまな組織に存在し、その組織に必要な細胞を生み出すという、まさにお母さんのような細胞です。たとえば肌なら、表皮には表皮母細胞、真皮には真皮母細胞、とそれぞれに“お母さん”がいるんですって。それらの母細胞がいつまでも元気でいてくれればピチピチの細胞を生み出し、芯から若々しい肌が保てるわけですが、そう簡単にはいかないもの。加齢や紫外線などの外的ストレスは、母細胞にももちろんダメージを及ぼします。そんな母細胞の衰え(数も減るんですって!)に立ち向かう研究を約20年にわたり続けているのがカバーマーク。母細胞の活性化、糖化との関係、母細胞を生み出す骨髄幹細胞に着目……と、ありとあらゆる手で母細胞をバックアップしてきました。今回で5代目となるセルアドバンスト セラム WSには、有能な植物由来成分を新たに複数配合。母細胞の質と量を高める力をさらに強化しつつ、なじませた後の“見た目”の違いにもこだわった処方へとレベルアップしています。手の甲に出した瞬間は、以前よりテクスチャーが固めになったように感じましたが、指先でのばすとみずみずしくスーッ。それでいてなめらかなオイルのコクもあり、大人の肌も大満足。そして驚くのは、なじませるだけで肌に明るさ・ハリ・ツヤが宿ったような肌になれること! どんなに疲れていても、この肌に出会えるなら続けたい……そんな感動を覚えました(もちろん朝の使用もOK)。まだ使い始めて数週ですが、翌朝の肌のモチモチ感がアップ、キメも整ってきたような。うんうん、元気な細胞、生まれてるかも。これからも“母細胞に届け!”と願いを込めながら(笑)使い続けようと思います。セルアドバンスト セラム WS 40mL ¥14300/カバーマーク<8月6日(金)発売>セラムより少し先行して摂り始めたものもあります。それがこちら。カプセルTIは紫外線によって引き起こされる酸化・炎症を素早くケアし老化の引き金となる慢性炎症にもアプローチ。カロテノイドを含むクチナシ由来のクロセチン、ポリフェノールを含みリラックス効果も期待できるボダイジュエキス、アスタキサンチンなど心強い成分がいくつも閉じ込められています。 ちなみにこのサプリメントは大阪大学との共同研究により誕生したそう。大阪大学といえば、母細胞を生みだす「骨髄幹細胞」研究のパートナーでもあります。ならばこのサプリも、かなり期待値高めで間違いなし!ラグビーボールのような形状のソフトカプセルは飲み込みやすく、素早く吸収されそう。しかもインナーケアだから全身にそのパワーは及ぶわけで、ありがたすぎ。 おすすめの摂取タイミングは朝。2粒摂ってから出かければ、この猛烈な太陽の季節でも、ちょっと心安らかに過ごせそうです。 カプセルTI[美容補助食品] 14粒(7日分)¥1296、60粒(30日分)¥4890/カバーマークというわけで、この夏は肌を衰えさせる要因に内側からも外側からも積極アプローチ! 私たちのお悩みを知り尽くしたカバーマークだからこそできた、内外エイジングケアに全力で頼っちゃいましょう。あ、最後にもうひとつ。来月9/17には、目まわりのシワにフォーカスしたクリームもデビュー予定です。シワケアの王道・レチノールに加え、セルアドバンストシリーズでも採用されているクスノハガシワエキスを採用……ということは、目もとも細胞レベルでピンと元気になれるかも! こちらもご期待くださいね!モイスチュア リッチ リンクル クリーム 20g ¥6380/カバーマーク<9月17日(金)発売> *2週間分お試しサイズ(¥1650)も同時発売 「カバーマーク」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。Instagram:@marvelous.h イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 2011年8月10日にCDデビューを飾り、今年10周年を迎えるKis-My-Ft2が登場。ともに歩んできた10年の月日がもたらした変化やグループのあり方を追求し続ける、メンバーの熱い思いをお届けします!今回は二階堂高嗣さんのインタビューをご紹介。 Kis-My-Ft2・二階堂高嗣 二階堂高嗣 にかいどう たかし●1990年8月6日生まれ、東京都出身。B型。広い視野と鋭い嗅覚、笑いのセンスも持ち合わせた、現場を盛り上げるムードメーカー。バラエティの世界に魅了され、トーク力を磨き続ける努力家でも知られる。バラエティ番組「プレバト!!」(TBS系 木曜19時〜)に出演中。 時代の変化に順応できる力を身につけて、グループに還元を! 「状況がどんどん変化していく新しい日常の中で、まずはすべてを受け入れていこうという前向きな気持ちが強くあります。配信ライブが主流になったのもそう! もしかしたら、数年先にはこの日常が当たり前になっているかもしれない。ライブを“配信する”という方法しか選べない状況になってしまったからではあるけれど、誰でも観られる形態になったことは、感謝しかないと思っています。キスマイをより多くの方に知ってもらえるチャンスができたのは、僕らにとってポジティブなことだし。ライブの作り方やパフォーマンスも配信用に変わったことで、新鮮なキスマイを届けることができたと思うしね。もちろん、歓声やペンライトに包まれた会場に勝るものはないけど、今は安全にやることが第一だから。」「ひとつだけ引っかかるのは、“無観客”という言葉。僕はすごく違和感を覚えるんですよ。だって、画面を通してファンの方たちは観てくれているわけで。“無”って響きがなんか寂しい……。別の言葉に変換できないものかな。ほかのアーティストさんの配信ライブの情報を目にしても、必ず無観客って書かれてしまうんですよね。“観てくれているお客さまいますし!”って言いたくなる(笑)。誰か、なるはやでいい言葉を作ってください!っていう気持ちです」 Kis-My-Ft2 きすまいふっとつー●2011年8月「Everybody Go」でCDデビュー。現在、「10万円でできるかな」(テレビ朝日系 月曜20時~)、「キスマイ超BUSAIKU⁉」(フジテレビ系 木曜24時25分~)、「もしもツアーズ」(フジテレビ系 土曜18時30分~)、「ザ少年倶楽部プレミアム」(NHK‐BSプレミアム 第3金曜18時~)に出演中。ラジオ「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」(文化放送 水曜24時5分~)も好評。 「BEST of Kis-My-Ft2」 Kis-My-Ft2 ¥7480[初回盤A]/avex trax シングル34曲とMUSIC VIDEO47曲に加え、10周年記念作品となる新曲を収録したベストアルバムが8月10日に発売。10周年を迎えたキスマイのこれまでの軌跡と足跡を感じられる一枚に。 取材・原文/山中ゆうき  構成/菅井麻衣子〈BAILA〉※BAILA2021年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND