町に、本屋があるうちに。本への愛が溢れるドキュメンタリー『ブックセラーズ』

SPUR.JP
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

ここ一年の自粛生活でいちばん気が晴れたのは、本を一冊手にして、ぶらっと散歩にでかけるようなときでした。晴れた空の下、公園で過ごしていると、気分もからっと変わっていく。しかも本があれば、それだけで別世界に没入できるのです。コストパフォーマンスという言葉を持ちだすまでもなく、こんなに手軽ですごいものって、他にないんじゃない?――そんなことを改めて考えたりもしました。

NYのブックフェアで始まるドキュメンタリー『ブックセラーズ』には、そんな本の魅力に取り憑かれた人々、本好きが次々登場します。ブックハンターやコレクター、有名古書店の店主、新たに店を構える新世代オーナー。みんなクセがあって情熱的で、そんなところに「読者代表」のような立場でフラン・レボウィッツが出てくるのも面白い。彼女はNetflixでスコセッシが撮ったドキュメンタリー『都市を歩くように』でのキャラそのままに、NYと本をめぐるカルチャーについて早口で語ります。そんな彼らが自慢のライブラリーや、滅多に見られない希少本を開帳するのを見るだけで、楽しくなる。

ただもちろん、変わりゆく社会において、本や書籍は今後どうなるのか――という懸念も、映画のテーマとして通底しています。NYではどんどん書店が減り、古書業界もネット取引で一変したそう。でもやっぱり、物としての本、町の本屋には歴史と文化がある。なにより、本ほど「シェアする」のにぴったりなものってないんですよね。図書館で大勢が共有することもできるし、優れたものほど人から人へと手渡されていく。その証拠に、ブックフェアでも基本、客は貴重な本を手に取るのを許されているのです。

実は私もいま、去年から翻訳してきた本が最終段階に入っているのですが、一冊の本ができるまでにどれほどの労力が払われるか。私自身というより、何人もの人が時間を費やしてこつこつ作る、その過程が詰まっているのを実感します。どんなに世界が変わっても、これからもそんな本をふらっと店で手にして、ベンチに座って読めるようであってほしい。もっと本好きになりたい、『ブックセラーズ』はそう思わせてくれる映画です。

『ブックセラーズ』
監督/D・W・ヤング
出演/フラン・レボウィッツ、ゲイ・タリーズ、パーカー・ポージー
4月23日、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開

関連記事
  • はおっておしゃれな春アウター3選!【IN&OUTな春服アワード】働く女子のための「IN&OUTな春服」アワード家の中でもラクで、きれいで、仕事にも行ける服をMOREが表彰! おうちの中やご近所で過ごす時間が増えた今、「中」で着る服がそのまま「外」でのシーンでも活躍できたらラッキーじゃない? そんな目線でチョイスした服こそ、間違いなくこの春いちばん使える服!●はおりもの部門●コーデの配色を選ばず、春らしい軽さもくれる淡いベージュやエクリュ系に支持が集中。1位 マウンテンパーカシンプルできれい見えするショート丈はIN&OUTどちらでもコーデしやすい!”はずし”役ではなく、お仕事服にすんなりなじむ、上品さを感じるデザインが充実。フェミニン派も安心して着こなせるはずです!(編集 松本)比翼仕立てのフロントや控えめなフラップポケットですっきりと仕上げたコットン100%。ニットやスウェットを中に仕込んでももたつかないサイズ感も好ポイント。ジャケット¥3990/ユニクロ【 IN 】シャツとニットパンツをよりカジュアルにゆるシャツ+ニットパンツのご近所カジュアルに軽快さを白に少しだけグレーを混ぜたようなマットな色合いは、カジュアルコーデに投入してもラフ見えせず、どこか大人っぽく映る。ジャケット¥30800/Stola. シャツ¥6930/フリークス ストア渋谷 パンツ¥36300/ウメダニット(コズ マニュファクチャード バイ ラッピンノット) バッグ¥20900/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥1650/お世話や(OSEWAYA) リング(5個セット)¥2530/サンポークリエイト(アネモネ)【OUT】お仕事コーデに着回し。つや素材やヒール靴ともお似合いつやパンツに美形パンプス、上品なポシェット。相反するテイストと難なく調和するのが“きれいなマウンパ”のいいところ。背伸びすることなく女っぽさを醸したい気持ちにも、しっかり寄り添ってくれる。ジャケット¥30800/Stola. Tシャツ¥42900/77サーカ パンツ¥1990/GU 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥56100/アー・ペー・セー カスタマーサービス イヤリング¥2580/サードオフィス(ROOM)2位 ざっくりカーデフィッシュネット風の編み地による新鮮な透け感が差のつく着映えを実現。この春のリラクシーなムードにぴったり。レイヤードもしやすく、インナーのデザインや色次第でいくらでも表情が変えられます。(編集 青山)新鮮な透け感&大きなポケットが目を引くやわらかなアイボリー。ゆるっと落ちる肩のラインが、着こなし全体にリラックス感をもたらして。カーディガン¥19800/1LDK apartments.(マイ)【 IN 】清涼感たっぷりのルックスは夏の先取りもうまくいく♡カーデと同系色のタンクトップをインすると、編み地の涼やかな透け感が際立って、より爽やかに。カーディガン¥20900/ルーニィ タンクトップ¥10780/Stola. パンツ¥29700/グーニーPR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) バッグ¥15400/キャセリーニ(ル・ベルニ) 帽子¥11000/メゾンドリリス イヤリング¥1760/ゴールディ ネックレス¥1210・ビーズネックレス¥1100/お世話や(OSEWAYA)【OUT】重ね着で上級者感が増す。一目置かれるきれいめコーデに着回し今まで何度もしてきたVネックカーデ+シャツの重ね着が、瞬く間にアップデート完了。カーディガン¥20900/ルーニィ シャツ¥26400/1LDK apartments.(エムエフペン) カットソー¥4950/アパートバイローリーズ スカート¥17930/シップス 有楽町店 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥39600/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア)ピアス¥3300/ルルドインターナショナル(ダナン)3位 薄軽テーラードジャケット裏地のない柔らかな薄軽生地がこれからの季節に活躍。カーデのような気軽さも◎。持ち前のきちんと感はそのままに生真面目さや着心地の暑苦しさはなし! 大人化を目指したいモア世代に最適なはおりもの。(編集 渡辺)涼やかな風合いと着心地のリネンブレンド生地。気さくにはおれるノーボタン仕様で、袖口には無造作にたくし上げたようなタックを施すニクい演出が! ジャケット¥5500/アメリカンホリック【 IN 】楽ちんコーデにはおれば秒でお出かけ準備が完了!柔らかく、軽く、しなやかなビスコース混リネン生地。端正なダブルボタンデザインとくたっとした風合いのバランスが絶妙で、カジュアル服とも違和感なくマッチするから、休日のカーデ感覚で投入できる。ジャケット¥37400/TICCA Tシャツ¥1490/Gap新宿フラッグス店 パンツ¥19800/コンバース トウキョウ 代官山 バッグ¥1430/フラッパーズ(マルシェ) イヤリング¥2320・ブレスレット¥1880/サードオフィス(ROOM)【OUT】きちんと、だけど好感度大。さっとはおってお仕事コーデに着回し薄軽な生地は、袖をぎゅっと上げてひじ下に抜け感を出すこなれた着こなしも簡単! 縦に自然と落ちるシルエット&ロング丈のプリーツスカートでIラインを引き立て、親しみある女性らしさを。大人の余裕ってこういうこと!ジャケット¥37400/TICCA シャツ¥35200/ボウルズ(ハイク) スカート¥5896/mite 靴¥48400/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥14300/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) イヤリング¥1980/サンポークリエイト(アネモネ)【関連記事】おうち時間を快適に、そのままお出かけできて楽なスカート、トップ3【IN&OUTな春服アワード】 【関連記事】注目は白よりブルーシャツ! おうちで着てそのまま外もOKな【IN&OUTな春服アワード】 【関連記事】外出時もリモートワーク時も旬のパンツで乗り切れる!【IN&OUTな春服アワード】 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/田村昌裕(FREAKS) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 構成・原文/福井小夜子(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES EASE GLITCH COFFEE & ROASTERS ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • リラックスしているのに、 凛とした緊張感がある。 愛らしいのに、爽やかな色気がある。この春気になる、 海と風を感じるスタイルの秘密を、 七瀬と一緒に、 解き明かす。白と黒とネイビーと。マリンは色で遊びたい。白と黒とベージュ‘‘カラーレス”に仕上げる大人のボーダースタイル ボーダーを着る時は、あえて差し色を使わない。それだけで、古い映画で見たような、大人っぽくて印象的なスタイリングに。 カットソー¥9790/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) サロペット¥8800/アダストリア(ジーナシス) ジャケット¥39600/ゲストリスト(アッパーハイツ) イヤリング¥869/GU ブレスレット¥7150/フォーティーン ショールーム(イン ムード) リング¥1430/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥37400/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) 靴¥9900/ラ マヌアル アルパルガテラ白とネイビーとグリーンとエトセトラ優等生な白と紺をカラフルにトッピング カジュアルに着てもきちんと品よく決まるのがネイビーと白。だから、きれい色をちりばめ鮮度UPを。小物はトーンの違うグリーンで、初夏の空気をまとって。 パーカ¥6050/キャブ(ユナイテッドアスレ) カットソー¥9900/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) スカート¥64900/シップス グランフロント大阪店(ミー) 靴下¥990/Tabio(靴下屋) ピアス¥3850・バッグ¥7150/キャセリーニ 靴¥7590/RANDA白とネイビーとピンクとオレンジクリーンな服に映えるプレイフルな色の小物 永遠の定番配色のトリコロールから、キャトルクルール(4色)にアプデ。スポーティなコーディネートに、ぱきっとしたピンクとオレンジが映えてのびやかなムードに。 シャツ¥11880/AKTE パンツ¥15180/Bshop(ル グラシック) ヘアバンド¥1700/アメリカンホリック プレスルーム イヤリング¥32450/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥6600/キャセリーニ 靴¥7700/コンバースインフォメーションセンターモデル/西野七瀬 撮影/齋藤弦(ACUSYU) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ツータックパンツは甘めブラウスと合わせるのもいい感じ。モノトーンなら凛とした表情に※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます家の中に他人が住んでいると、それなりに気を使ってきちんとした格好をキープしなくてはならないので、適度な緊張感が生まれる。でもその緊張感は心地よく、むしろ今の時代だからこそありがたさを感じるほど。明日は在宅なのでボトムスはゆったりシルエットなツータックのテーパードパンツをチョイス。可憐な黒のレースブラウスで甘さをちょい足しすることでどことなく上品で、モノトーン配色が凛とした印象を与えてくれる。パンツ¥26,400/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ブラウス¥15,400/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) ネックレス¥45,100/ストローラーPR(リューク) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥46,200/エストネーション(ブレンタ)パンツ/マルティニーク【SHOP Marisol】▶J&M DAVIDSON (ジェイアンドエムデヴィッドソン)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「白パンツ」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • エクラで毎度大好評のスタイリスト・大草直子さんによるお悩み相談企画。今回のテーマは「アラフィーのおしゃれの基盤の見直し」。今回は「小物は「守り」「攻め」「遊び」の3つを持っているかのチェックを」と話す大草さんの小物合わせ術を大公開!スタイリスト 大草直子さんスタイリスト 大草直子さんおおくさ なおこ●スタイリングの提案にとどまらず、私設メディアの開催、ブランドとの商品開発、トークイベント、執筆などエネルギッシュに活動中。5回目となる本誌でのお悩み相談企画も毎度大好評。 Instagram:naokookusa>>バッグの《守り》《攻め》《遊び》って?>>靴の《守り》《攻め》《遊び》って?クライアントと初対面Bag : 守りShoes : 遊び もう少し若いころなら「守り」と「守り」で固めていたかも。でも経験を積んだ今は、“はじめまして”の気持ちを、ファッションへの「遊び」心で表して。 バッグ(H19×W19×D11cm)¥244,200/リシュモン ジャパン(アライア) 靴(H8.5cm)¥104,500/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) カットソー¥17,600/サードマガジン スカート¥26,400/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) サングラス¥34,100/グローブスペックス エージェント(アン・バレンタイン) ピアス¥53,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)「大草直子」記事一覧はこちら>>撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/大草直子 取材・原文/松井陽子 ※( )内の数字はサイズを表し、バッグはH=高さ、W=幅、D=マチ、靴はH=ヒールの高さです。 ※エクラ2021年5月号掲載
  • ライター愛ちあん独占取材! どこよりも早いレポをお届けタリーズから、4/14(水)より新作ドリンク3品が登場。なかでもおすすめの「メロンヨーグルトスワークル」(Tallサイズのみ¥594)と「&TEA ティースワークル ブルーベリーアールグレイ」(Short ¥517、Tall ¥572、Grande ¥627)を、ライター愛ちあんが一足お先にチェックしてきました♬フレッシュジュースのような爽やかさ「メロンヨーグルトスワークル」タリーズ初のメロンドリンクとして発売される「メロンヨーグルトスワークル」。スワークルとはフローズンタイプのドリンクで、タリーズオリジナルのメニューです。青肉果肉のメロン果汁とはちみつ入りのチチヤスヨーグルト、氷をミックス。飲む前からメロンの華やかな香りが漂い、期待が高まります。飲んでみると、メロン果肉をミキサーにかけジュースにしたかのようなフレッシュさ! 味も香りもとにかく華やかです。メロン好きもうなるほどの濃厚さで、品のある味わいはリピート確定♡ チチヤスヨーグルトが程よいミルキー感を演出し、後味にはほのかな酸味が。フローズンだけどシャリシャリ感は控えめなため、ジュースのようにゴクゴク飲みやすいのもポイント。朝食代わりや、気分を変えたい時におすすめしたい!新感覚の紅茶体験!「&TEA ティースワークル ブルーベリーアールグレイ」「&TEA ティースワークル ブルーベリーアールグレイ」は、お店でじっくりと水出し抽出したアールグレイティーとブルーベリー果肉、氷をミックスしたフローズンドリンク。ブルーベリーの酸味をまろやかに仕上げるため、隠し味にはちみつが使われています。タリーズではコーヒーメニューはもちろん、紅茶メニューも人気でさまざまなメニューがラインアップされていますが、フローズンの紅茶はなんだか新鮮♪飲んでみると、ベリーな色合いとは裏腹に、ほろ苦く切れ味のよいアールグレイの味が全開で甘さ控えめ。ブルーベリーはつぶつぶした食感が存在感◎です。フローズンならではのシャリシャリ感をしっかり感じられるので、早くも夏気分☆味も食感もこんな紅茶は初めて! アールグレイ好きにはとくにトライしてほしい一杯です。甘さとフルーツ感を求めたいなら「メロンヨーグルトスワークル」。いつもと違う紅茶が飲みたくなったら「&TEA ティースワークル ブルーベリーアールグレイ」。ハマっちゃうこと間違いなしの新作、ぜひ飲んでみてください♬※一部取扱いのない店舗があります※価格はイートインの場合で、お持ち帰りの場合は税率が異なります。▶▶『タリーズコーヒー』公式サイトはこちら関連記事【タリーズ 新作レポ】映画『トムとジェリー』コラボメニューは、チーズ尽くしで可愛さも満点‼︎【タリーズ 新作レポ】ホイップまで豆乳のオールソイ! 甘さ控えめの「アーモンドプラリネソイラテ」【タリーズ 新作レポ 】「モカマキアート」「ホワイトモカマキアート」を飲み比べ!取材・文/矢野愛 ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 海外エンタメ好きなライター・今 祥枝が、30代女性におすすめの最新映画をピックアップ! 今回は、宇宙飛行士でひとり親の母と、幼い娘のロケット打ち上げまでの日々を描いた物語『約束の宇宙(そら)』をご紹介。本作を通して、女性が働きやすい社会について考えるヒントを見つけることができるかもしれない。 ナビゲーター 今 祥枝 海外エンタメが大好きなライター。一年365日、映画&ドラマざんまいの日々。 ©Carole BETHUEL ©DHARAMSALA & DARIUS FILMS 『約束の宇宙(そら)』 男女平等を実現しようという議論が、日本でも高まっている昨今。世界各国で調査した、ジェンダー・ギャップ指数や女性の働きやすさなどの日本の順位を知って、あらためてジェンダー不平等に疑問や憤りを感じた人も多いのではないだろうか。一方で、仕事や結婚、出産といった人生設計について考えるとき、ジェンダーの違いをどのようにとらえるべきなのか、迷うところもあるかもしれない。そんなもやもやする気持ちに、ひとつの視点を与えてくれるのが『約束の宇宙(そら)』だ。宇宙飛行士でひとり親の母と、幼い娘のロケット打ち上げまでの日々を描いた物語は、詩的な映像美と坂本龍一の音楽がマッチして感動的なまでに美しい。同時に、人生を懸けたキャリアを歩み続けることが、女性にとっていかに困難であるか。そして母親であるからこその、身を切られるような自責の念についても伝えている。フランス人宇宙飛行士サラは、ドイツの欧州宇宙機関で長年の夢だった宇宙へ行くことを目指して、訓練に励む日々。そんななか、ミッションのクルーに選ばれる。喜びの一方で7歳の娘ステラと約1年間、会えなくなるまでには2カ月しかない。高揚する気持ちと不安で心乱れる等身大の女性を、エヴァ・グリーンが繊細に演じて胸が締めつけられるよう。劇中、サラが女性だから差別されていると思わせるシーンはほぼない。それでも元夫や同僚の男性たちに、女性であり、母親であることを“心配”されるたびに、いらだちを感じるサラ。宇宙飛行士としての覚悟は当然だが、現実的なサポートも必要なのだ。女性が働きやすい社会、女性が生きやすい社会について考えるヒントが、そこにあるのかもしれない。脚本&監督/アリス・ウィンクール 出演/エヴァ・グリーン、マット・ディロン 公開/TOHOシネマズシャンテほかにて4/16より こちらも必見! ©2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 『ビーチ・バム まじめに不真面目 』 『ダラス・バイヤーズクラブ』のマシュー・マコノヒーが、放蕩の詩人を演じる超個性的な一作。人気ラッパーのスヌープ・ドッグほか、多彩な共演陣も怪演!気鋭のデザイナーによる衣装も楽しい。監督/ハーモニー・コリン出演/マシュー・マコノヒー、スヌープ・ドッグ公開/キノシネマほかにて4/30より ©2020 The British Film Institute, British Broadcasting Corporation & Fossil Films Limited 『アンモナイトの目覚め 』  1840年代のイギリス。化石を通じて、抑えきれない情熱をあらわにしていく二人の女性の愛を描く。ウィンスレットとローナンによる渾身の演技に圧倒される。南西部の海辺の町の風景も魅力的だ。監督/フランシス・リー出演/ケイト ・ウィンスレット、シアーシャ・ローナン公開/TOHOシネマズ シャンテほかにて上映中 イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2021年5月号掲載 【BAILA 5月号はこちらから!】
  • 美男子揃いのBLドラマで人気に火がつき、今世界中で大ブームを巻き起こしている「タイドラマ」。一度ハマると抜け出せない魅惑の世界を"推し男子"とともにピックアップ! 第7回は『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ』をご紹介。 【第7回】好きだからこそ言えない想い。BLドラマの王道『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ』 あなたは親友のことを好きになったことがありますか?なんでも話せる友達。どんなことも知っていて、大事な人。それは、恋人よりも大切な存在なのかもしれない。でも、好きな気持ちに気づいてしまったら、それはもう、戻れないもの――。今回紹介する『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ』は、そんな親友のことを好きになってしまったThirdの切ない片想いを描いています。 ©GMMTV Company Limited. 大学の映画学専攻に通うThirdは、同じ専攻で音声を担当する親友のKhaiと、編集を担当するBone、そして撮影担当のTwoとともに映画製作に励んでいます。 この四人は学校でもかなりモテる存在で、女の子に困ることはありませんが、Thirdはかたくなに女の子からの誘いを断ります。それは、Khaiが好きだから――。 Third ©GMMTV Company Limited. その想いにまったく気づくことのない、女の子が大好きなKhaiは、あろうことか酷い別れ方をした女の子のフォローをThirdに頼む始末。でも、Thirdはそんな苦しくも切ない日々を送りながらも、Khaiを諦められず、想い続けてしまうのです。ただ、想いは絶対に口にすることなく。この関係が壊れるぐらいなら、友達でいい。そう自分に言い聞かせて……。 Third役・ガン(左)とKhai役・オフ(右)©GMMTV Company Limited. 「好き」と言ってしまったら、もう元の関係には戻れない。それがわかっているから、口に出せない……。きっと誰もが一度はそんな経験をしたことがあるのでは。しかし、このままではいけないとThirdは意を決して告白をするのですが、Khaiは女の子にフラれた自分へのフォローだと勘違いし、その想いは伝わることなく……。諦めたThirdは、Khaiと距離を置くことを決意しますが、そこからがこの物語の引き込まれるところ。後半はKhaiの目線で描かれ、今まで誰が見ても嫌な奴だと思っていたKhaiが愛おしく見えてくるから不思議! ©GMMTV Company Limited. 果たして、Thirdの片想いは成就するのか、それとも……。本作でThirdを演じたGunが、うちに秘めた想いを涙に変えて爆発的に表現するシーンは圧巻。シャワーとともに流す涙は苦しくて、切なくて……。 ©GMMTV Company Limited. また本作を語るのに外せないのが、仲間の存在。ThirdのKhaiへの想いに気づいたTwoのアドバイスや、少し大人びた恋をするBoneなどのサイドストーリーもしっかりと描かれ、物語に色を添えています。楽しい時はもちろん、本当に苦しい時に一緒に乗り越えられるのは、仲間がいるから。彼らの成長が一緒に描かれているのもこの作品の魅力のひとつ。 ©GMMTV Company Limited. さらに作品全体が“映画”をテーマにしているからこそ、有名な映画のシーンやセリフが引用されていたり、映像もすべて映画のような美しい仕上がりになっていてとても印象的。このドラマを観た後に、ドラマ内で出てくる映画を観てみると、さらに深みがでるのでオススメですよ。※本作は、権利元で許諾を得ていない映像作品やDVDジャケット、キャラクターグッズなど日本での展開(放送、配信、DVD発売)に置いてモザイク処理をしておりますのであらかじめご理解下さい。 推しタイ!Pick Up タイ美男子名鑑 ガン(Gun/Atthaphan Phunsawat) ©GMMTV Company Limited. 切なくも美しい涙の演技が印象的だったThirdを演じたのは、“Gun”(愛称:ガン/本名:アタパン・プーンサワット)。 1993年10月4日生まれ。Khaiを演じたOffとカップル役で共演した作品は数多く、“Off Gun”と呼ばれています。可愛らしく切ない一面がフィーチャーされた本作でしたが、『The Gifted』(2018年)では複数の人格に翻弄される狂気的な役を熱演。役柄のふり幅が大きいからこそ、今後どんなお芝居を見せてくれるのかさらに楽しみになる俳優さんです。 【作品情報】 『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ』 WOWOWにて全12話一挙放送 5月・6月放送予定  監督:ナッタポン・モンコルサワット出演:サード:アタパン・プーンサワット(ガン) 、カイ :ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)、 トゥー:ナワット・プンポーティンガム(ホワイト)、ボーン:シナラット・シリポンシャワリット(マイク) ©GMMTV Company Limited.   エンタメ系フリーライター 吉田可奈 音楽や映画を中心に執筆中。推しは日に日に増える推し増し型。 Twitter:@knysd1980 構成・文/吉田可奈 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉
  • 人気クリエイターたちは、忙しいからこそ家を整え、家時間を大切にしている。数年前から逗子で暮らし始めたというエディター・ライターの坪田あさみさんに、快適な家づくりのコツを聞いてみました。坪田あさみさん坪田あさみさん出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして活躍。ファッションはもちろんセンスあふれるライフスタイルも注目の的。夫とともにオムライスとオムレツサンドの店『サンダウナー東京オムレツ』(@sundownertokyoomuretsu)も経営。今の自分たちに心地いい家、暮らしを湘南で実現3年前「試しに家を借りて暮らしてみよう」と始まった逗子での暮らし。 「ビーチベッド持参で海に行き、お酒を飲んでいると、約束もしていないのに友人たちがやってくる。いろいろな職種の人とつながれるのも魅力です」と坪田さん。夫が逗子でお店を開くことになり、本格的に家探しをスタート。駅からも海からも徒歩圏の立地に、頃合いのいい広さの物件を見つけ、スケルトンリノベーションをして昨年入居。 「やりたいことが明確だったので、地元の工務店に依頼しました。毎日現場に足を運び、実際に見ながら打ち合わせができて大正解。バスルーム以外は間仕切りのないオープンなプランですが、それぞれのスペースが落ち着くサイズ感でとても住み心地がいいです。場所がら湿気が多いので風通しよく、また仕事をしているので掃除がラクなようにも配慮しました。家事動線もスムーズで、長年温めてきた『こうしたい!』がすべて実現しました」 インテリアは愛用するTRUCKの家具を軸に、好きなものをミックスさせた。ほどよく力の抜けた、洗練されたかっこよさは坪田さんそのもの。ここで暮らすようになり「夫婦ともに仕事とプライベートの区切りがはっきりしてバランスよくなった」ともいう。抜群のセンスの裏には、衣食住すべてに愛情を注ぎ、美意識を働かせた、こんな暮らしの積み重ねがあるのだ。「インテリアはひとつのテイストでまとめず、ミックスさせるのが好き」と坪田さん。木製の家具が多いので、あえて床は無機質な仕上がりのモールテックスにしたとか。2つのソファとチェストはTRUCKのもの。「コンパクトで厨房みたいに使いやすい、シンプルなキッチンにしました」。鍋や調理家電はデザインの美しいものを選び見せる収納に。冷蔵庫は業務用を選び、モールテックスでつくったカウンター下に設置。食器などは白い扉の奥に収納している。寝室の壁は1面だけニュアンスのあるカーキに塗った。ベッドはアクメファニチャーで購入。ベッドに寝転び、正面の壁にプロジェクターで投影して映画やドラマを見るのもお気に入りの時間。床はチーク材のヘリンボーン張り。「仕事でTRUCKを取材した際に、ものづくりの真摯な姿勢と製品のすばらしさに感銘を受け、その場でオーダーしたのがこの机。以前は食卓として使っていました。木の質がとてもよく、年月とともに味が出てきて、木製家具はTRUCKで買いたくなります」。横は収納として使う、飛行機で楽器を運ぶためのコンテナ。何脚か持っていたイームズのチェアは気に入ったこの2色のみ手元に残した。「ここで仕事をしていてふと顔を上げ、室内を見回したときに、好きなものしかないことにとても幸せを感じます」 チェストの上には旅の思い出や香りもの、坪田さんのジュエリーがセンスよく置かれている。LDKには壁をカーキに塗った夫のコーナーも。愛用のサングラスが並ぶ。食事をしたり写真集を眺める、イームズのテーブルとピエール・ジャンヌレのチェアを置いた窓辺のコーナー。ラグはZARA HOME。TRUCKのサイドテーブルの上にはレコードプレイヤーを。ラグや家具は気分や季節によって置き替えて楽しんでいる。>>「インテリア」記事一覧はこちらから撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ) 取材・原文/鈴木奈代 ※エクラ2021年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND