期待以上の美味しさです! ミスド×ピエール マルコリーニ♥ #深夜のこっそり話 #1365

SPUR.JP

ミスドから、世界的ショコラティエであるピエール マルコリーニ監修のドーナツが期間限定販売されているのをご存じですか? 先日たまたまテレビで観た菅田将暉さん出演のCMに触発されて口が一気にショコラモードになり、すぐさま近くのミスドまで自転車をすっ飛ばしました。店に着いたのが午後1時前でしたが、なんとすでに全種類完売。悔しさ混じりに店員さんに尋ねると、その店での出来上がり時刻は午前11時とのこと。わずか2時間足らずで売り切れるなんて相当な人気っぷりです。何としてでも手に入れたいという衝動に駆られ、リベンジを誓ったのでした。

翌日は張り切って1110分前に到着しましたが、すでに店の前には行列が(ソーシャルディスタンスをとっていることもあり、けっこうな長蛇の列でした)。販売開始とともにピエール マルコリーニ コレクションのドーナツだけが飛ぶように売れていきます。祈る思いで並ぶこと約20分、なんとか無事にテイクアウトすることができました!

私が購入したのは全6種類のうちの4種類。結論から言うと、どれも期待以上の美味しさでした。チョコ好きの私の一番のお気に入りは「フォンダンショコラドーナツ ショコラ」(写真左下)。ブラウニーのようなしっとりと密度の高い生地の真ん中に、なめらかなガナッシュクリームがみっちり入ったチョコづくしのドーナツです。なかなかヘビーなルックスですが、このガナッシュクリームがビターかつほんのりスパイシーで大人の味わい。濃厚ながらも食べやすく、カカオの風味がしっかり感じられます。コーヒーにもめちゃくちゃ合う!

ガナッシュクリームにフランボワーズフィリングを添えた「フォンダンショコラドーナツ フランボワーズ」(写真右上)は、甘酸っぱいベリーのフィリングがコク深いチョコと相性抜群。こちらもかなり甘そうに見えますが意外に控えめです。そしてハート型の「デニッシュショコラ」2種。中身がサクサクのデニッシュ生地で、生地の間にガナッシュホイップとヘーゼルナッツクリームやフランボワーズフィリングがそれぞれサンドされています。「フォンダンショコラドーナツ」よりもマイルドな食べ心地。愛らしい見た目も相まって、食べると華やかな気持ちになりますよ。

実際に食べてみるとどれもクオリティが高く、ピエール マルコリーニの代表作ボンボンショコラを彷彿させる贅沢なラインナップ。リモートワークで疲れた脳にも効果的です。本コレクションの販売期間は3月中旬までですが、原材料がなくなり次第終了なのでぜひお早めに! 私も全種類コンプリートを目指して、近々また買いに行こうと思っています。

>>ヴィーガンパンってこんなに美味しいの!? #深夜のこっそり話 #1352

>>お取り寄せ求む! 京都のふわふわ抹茶パン #1338 #深夜のこっそり話

>>自分にも、あの人にも、どんな時もおやつは最強バディ! #SPURおやつ部 | SPUR

一番のお気に入りは「フォンダンショコラドーナツ ショコラ」。しっとり密度の高い生地にビターなガナッシュクリームを入れたチョコづくしの一品。

ハート型の「デニッシュショコラ フランボワーズ」の断面はこんな感じ。サクサクのデニッシュ生地の間にガナッシュホイップとフランボワーズフィリングがサンドされています。表面にはホワイトチョコとフランボワーズシュガーをトッピング。

関連記事
  • 周りの目を気にして好きな着こなしができない……そんな悩みを吹き飛ばしてくれるファッション猛者6名がNintendo Switchのソフト「あつまれ どうぶつの森」に大集合! 素敵だなと思って着ていた服を友人からダメ出しされ、落ち込んだ経験を持つモトーラ世理奈さん。とある出会いが「可愛い」の概念を変え、自分が好きだと思った服を着ていいのだと自信につながったそう。続く板垣李光人さんはアレッサンドロ・ミケーレの存在を知り、ファッションに目覚めたエピソードを披露しています。タレントの丸山礼さんはオンとオフ、どちらも自分らしいと肯定する姿がかっこいい。 タイツに目がない!というデザイナーの三井リンダさん。そのファッションポリシーに消えることのなり反骨精神が宿ります。漫画家の内田春菊さんは数々のファッション遍歴の末たどり着いた「捨てない」スタイルで独自のアプローチ。ファッションエディターの岡部駿佑さんはその高い美意識でアンドロジナスなスタイルを追い求めています。  語ることは6人6様ですが、自分と向き合って見つけたそれぞれの最適解に、学ぶところがたくさん! みなさんも「好きなように服を着る会」に参加しませんか? \  SPUR 3月号のご予約はこちらから!  / Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • ハイセンスなセレクトで大人花嫁の心をキャッチするドレスサロン・ミーチェに、アントニオ・リーヴァの2021年新作コレクションが入荷した。 イタリア・ミラノ発のアントニオ・リーヴァといえば、艷やかな最高級シルクを駆使した構築的なデザインが特徴。360度どこから見ても美しい、凛としたエレガントな着姿が魅力だ。 2021年新作コレクションのテーマは「ETOILE(エトワール)」。可愛らしさの中にも、厳格さ、芯の強さを兼ね備えた多様性のある花嫁像をさまざまなデザインに落とし込んだ。お馴染みのミカドシルクのみならず、刺繍が施されたチュールやシルクオーガンジーといったウェディングドレスらしい素材も、ブランド独自のユニークな視点でフレッシュなドレスへと生まれ変わった。ひと目で心を奪われる、まるで花びらのようなスカートの広がりが印象的なボリュームドレスは、今シーズンのトレンドでもあるラッフルデザインをモダンにアレンジ。 デコルテから裾に流れるフリルが何とも美しいマーメイドドレス。コレクションではほんのりブルーがかったカラードレスだが、ミーチェではホワイトドレスに仕様を変更して入荷。まるで真珠のような輝きは、最高級と称されるミカドシルクだからこそ。ボリュームレスな動きやすいデザインのため、ゲストと距離の近いミニマムなウェディングと好相性。 また、2021年2月1日(月)〜28日(日)までの期間限定で、アントニオ・リーヴァ フェアも東京店・京都店にて開催予定。数あるインポートドレスの中でも、アントニオ・リーヴァの品揃えは国内随一! 取り扱いはここだけというウェディングシューズとともに、ぜひチェックしたい。 アントニオ・リーヴァ フェア期間:2021年2月1日(月)〜28日(日)場所:ミーチェ東京店東京都港区元麻布3-4-26 B1F京都店京都府京都市東山区新門前通大和大路東入四丁目松原町274-1*フェア期間中に初回来店の予約を電話またはメールにて申し込んだ方対象ミーチェhttp://www.micie.jp/03-5475-5120 ウェディングシューズも必見! 最新コレクションはこちらから
  • SPUR3月号では、時代を動かす「情熱服」にフォーカス。カバーを飾るのは吉沢亮さんです。大河ドラマの役柄にゆかりある帝国ホテルで、彼の内面に宿る青い炎を映し出しました。モード誌初登場の大リーガー、前田健太選手は赤の装いで「冷静と情熱のあいだ」について語ります。漫画家の宇佐崎しろさんは、Mame Kurogouchiをまとった女性を熱量込めて描きました。心に火を灯す1冊です。私はいったい誰なんだろう。何者にもなれない凡庸な自分を愛せず、悩む日もありますよね。そんなときはファッションの力を借りてみませんか。極端なシルエットの服をまとって体を拡張したり、ボディペイントしてみたり。装いで自己解放し、実験する旅へ出ましょう。アイデンティティに悩むすべての人にお届けする、新時代のファッションストーリーです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  様々な価値観が大きく変化する現在。激動の時代を強く生き抜くために必要なのは、すべての人を優しく包み込む“パブリック スペース”です。年齢や職業、性別の垣根を超え、あらゆる人が自由に行き交いコミュニケーションをとれる場所。昨日までは知らなかった隣人とのふれあいから生まれる“文化のパッチワーク”をファッションで表現しました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  “新しいコレクション様式”に各ブランドが取り組んだ2021年春夏シーズン。フィジカルとデジタルの交差点でSPURエディターが感じたのは「その服に情熱があるか」という問い。可能な限りリアルタイムでショーを追いかけた本誌編集長のエッセイを皮切りに、編集者総出演で本気で驚いた服を語ります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モードに愛を惜しみなく注ぎ、伝え、広めていく。そんな人々の、ファッションへの情熱への源とは何なのだろうか? 原宿でセレクトショップ・GR8をオープンさせた久保光博さんをはじめ、オンラインキュレートショップのファウンダー、スタイルアイコンに話を聞きました。彼らのヴィジョンを通して、今の時代だからこその服の価値を一緒に考えてみませんか? エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  おそろいのジュエリーを身につけるのは、カップルだけでなく、友達同志でもいいはず。SPUR3月号「私とあなたのチングジュエリー」では、それぞれの個性に合わせて選んだ宝物を思い出写真に重ね、無敵のエナジーを送り合う、女の子2人をイメージしました。離れていても、またすぐに会える日を夢見て。エターナルな関係を祝福しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  難事件の数々をエレガント、かつ鮮やかに解決へと導く名探偵A。クールな表情の内側に、問題を読み解くための情熱を秘めている。そんな彼女のトレードマークは麗しいブラウス。ある時はジャケットやニットベストに重ねて、またある時はヴィクトリアンムード漂うつけ襟を優雅にまとう。ブラウスがもつ変幻自在の魅力を追うファッションストーリー。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  自然の恵みで満たされたフルーツ。それらのパワーと呼応するように、ネイルアートとジュエリーで装った、みずみずしいスタイリングテーマをお届けします! メロンやベリー、ざくろや柑橘などの果実と、モードな要素を掛け合わせて。あえて相反する爪のカラーをぶつけてみたり、リングの色石をリンクさせたり。今すぐ挑戦してみたい遊び心も詰まっています。ぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  まるでショーケースにずらりと並ぶアイスクリームのように、心ときめく新色が続々リリース中。そんな春らしいパステルカラーを使ったメイクアップを特集しました。ピンクをレイヤードした「Very Strawberry」、カラフルな色をミックスした「Cotton Candy」など、4つのフレーバーに例えた春の顔で、一足早く次の季節へ踏み出そう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎日マスクを装着する生活を送っていると、摩擦で赤みが生じたり、ニキビができたり、いつの間にホウレイ線が深まったり……ありとあらゆる肌トラブルが襲ってきます。今回SPURは「アンダーマスクのトラブルマスター」と題して、そんな悩みにアプローチするスキンケアアイテムを紹介します!いつかはマスクを取らねばならない未来のために、いまのうちにきれいを準備しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  サステイナブルな未来のために、世の中は今、変わろうとしている。それはチョコレートの世界も同じ。買って食べて美味しい、だけでは終わらない。 "知識を得て選び、味わう"時代へと転換しているのだ。チョコレートを取り巻く社会問題の解説とともに、それらの解決を目指す作り手たちのこだわりの逸品を厳選して紹介。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • ファッション編集者として暗中模索の日々を過ごしていた2020年も終わりかけの頃。10月に発表されたノワール ケイ ニノミヤの新作がそんな自分を救ってくれたのです。「ノワール=黒」を侵食していくピンク色の提案には意表を突かれ、その一瞬、幻想的な世界へと誘うルックをSPUR3月号で特別に撮りおりし。シャンデリアのように夢見心地にさせてくれるドレスが、モードの力を呼び覚ましてくれました。エディターの「こんな服見たことない!」特集、ぜひご覧ください。 SPUR3月号「エディターの「こんな服見たことない!」 」を試し読み(外部サイト)
  • 大好きなフルーツをインスピレーションに、ネイルアートとジュエリーをマッチング。SPUR3月号「果実とネイルと宝石と」テーマでは、そんなみずみずしさに溢れたスタイリングを提案します! 選ばれた果実はラフランスにベリー、メロン、ざくろ、柑橘類。輝きを放つ果実に“挑む”ような、力強いモードは必見です photography: Hiroko Matsubaraたとえばこちらは、本誌では未掲載のベリーのカット。登場するのは3名の手。「身に着けるものも、自分の意思で選び取る凛とした女性」というイメージでキャスティングしています。カラーストーンは、いちごの実と葉をイメージ。ゴールドのジェルネイル×モダンな白のポリッシュで知性のある品をプラスします。明日から真似できるアイディアも揃っているので、ぜひ参考にしてみてください。 SPUR3月号「果実とネイルと宝石と 」を試し読み(外部サイト)
  • その店には、スタイリストさんがリースしたいアイテムが揃っているという。2005年にラフォーレ原宿にオープンしたショップ「GR8」について、最近特にそんな噂が広がっていました。メンズの買い付けが多かったオープン当初に比べて、近年はウィメンズも強化。ステファン・クックや、日本初上陸のパウラ・カノヴァス・デル・ヴァスなど新進気鋭、勢いのあるブランドも手に取って着てみることができるんです。このコロナ禍においても前年比15%増という売り上げも示す通り、今勢いを感じる! こんな状況だからこそ、服へ情熱を注ぐその源に触れてみたい。そんな気持ちで、オーナーの久保光博さんにお話を伺うところから、SPUR3月号「“服愛”のエヴァンジェリスト」企画はスタートしました。 こちらは「GR8」に取扱のあるアイテムでスタイリング。クレジットはぜひ誌面にてチェックを! photography: Taro Hirayama 若手ブランドとの密な関係性、「服と人間力は比例する」、新しい挑戦についてなど、今の時代だからこそ聞きたいヒントがたくさん詰まっています。また、この特集では他にも2組にインタビュー。若き才能のあるデザイナーやアーティストが自ら商品を決め、売れる場を作りたいと、昨年8月にオープンしたオンラインキュレートショップAPOC STOREの立役者2人。そしてコム・デ・ギャルソンを愛するコレクターとして知られ、自前のコレクションの展覧会も開いたMichelle Elieさん。モードに向き合うそれぞれの形から、私自身も多く学ぶものがありました。ぜひチェックしてみてください! SPUR3月号「“服愛”のエヴァンジェリスト 」を試し読み(外部サイト)
  • 渋谷駅を中心に駅や公園の再開発、新たな宿泊施設の建設などが盛り上がっている現在。そんな中、あらゆる人々を優しく受け止める“パブリックスペース”にも変化の兆しが訪れています。SPUR3月号では「みんなのパッチワーク広場」と題し、次世代の“公共の施設”をモードに解釈しています! 性別や年齢、職業などの垣根にとらわれず、さまざまな人々が自由に行き交うことが出来る“セーフティネット”。隣人同士の“絆”を象徴する“パッチワーク”を用いた衣装でモードにスタイリングし、理想の公共のスペースを考えていきます。今回数名のモデルの皆さんに登場していただいたのですが、東京の広場をボードで自由に移動するスケーター、DAISAKUさんに登場いただきました。 BODEのパッチワークシャツに身を包み、自由に動く姿が印象的。また、ファッションの提案だけでなく、未来のパブリックスペースの在り方を考える一般社団法人「ソトノバ」代表の泉山塁威さんと、「人と都市から始まる舞台芸術祭」を主宰するフェスティバル/トーキョーの河合千佳さんとの対談企画も掲載します。読み物とファッションページをぜひ合わせてチェックしてくださいね。 SPUR3月号「みんなのパッチワーク広場 」を試し読み(外部サイト)
  • 見てるだけで胸がときめく、身にまとえば心が躍る、ピンクの魅力は無限大。新木優子が表現する、『ピンクが私たちにくれるもの』。合わせる色みやその日の気分によってたくさんの魅力が生まれるのがピンク。思いがけなかった配色や、いつもと違うテイストにもトライしてみたい気持ちがわくかも♥大人気のピスタチオグリーンとも実はピンクって相性抜群。ナチュラルで優しい配色の完成。 コート¥29980/eimy istoire ルミネエスト新宿店 ニット¥8990/UNIQLO スカート¥11000/ガールズソサエティ ピアス¥14700/LYDIA(Susan Alexandra) 靴(1月発売予定)¥8000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ほんのりくすんだイエローとピンクは温かいムード。 ニット¥3628/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ワンピース¥22000/デイシー ルミネ新宿2店(me couture) シュシュ¥21000/LYDIA(Yan Yan) バッグ¥7800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) 靴¥38000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)ピンク、パープル、オレンジも全部ペールトーンでまとめてスウィーティに。ロゴとリップの赤をきかせたのもポイント。 Tシャツ¥3900(シャルル シャトン)・靴¥38000(MI/MAI)/シャルル シャトン ラフォーレ原宿店 スカート¥18000/デイシー ルミネ新宿2店(me couture) 帽子¥12500/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ラック オブ カラー) ネックレス¥6000/ROSE BUD 新宿店(DREAM COLOR DEPOT)a たっぷりハートが舞ってるコートにときめきが止まらない! コート¥37000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(ジャッキー) b 流行中のベロアヘアゴムはローポニーにつけて大人可愛く。 リボンゴム¥4600/THE HAIR BAR TOKYO(Jennifer Ouellette) c フューチャリスティックな質感がモードなバッグ。 バッグ¥71600/MATT.(Marine Serre)a ワッフル素材のピンクボーダーTはデニムやミニと合わせてフレッシュに着こなしたい。 Tシャツ¥3900/ビームス ボーイ 原宿(ヘルスニット) b 肌がきれいに見えるシックなスモーキーピンク。ベロア素材も素敵。 ブラジャー¥5500・ショーツ¥4500/K +1% c フリンジのついたバッグは差し色にぴったりなミニサイズ。 バッグ¥5800/シティショップ(アバカシィ) d ぽってりとしたハットはどこか温かい印象の桃色に配色テープがレトロな可愛さ。 帽子¥16000/メゾンドリリス e キラキラの全面グリッターはコーデのキュートな主役に。 靴¥9800/atmos pink flagship Harajuku(FILA)モデル/新木優子 撮影/柴田フミコ(モデル・物) 富田恵(物) ヘア&メイク/ 河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND