ステイホーム中も、ちょっとした外出も! 今必要なのはマルチに着られる優秀ルームウェア

SPUR.JP

まだまだお正月気分が抜けない今、自宅でゆっくりと過ごす人も多いはず。せっかくなら極上のルームウェアを手に入れて、“お家時間”をクラスアップさせたいところ。そこで今回は、「ラグジュアリー」「着心地」「ワンマイル」の3カテゴリーでご紹介。とっておきの1着を見つけたら、リラックスタイムがいっそう充実のひとときに!

 

とことん気持ちを上げる「ラグジュアリー」デザイン
1年の始まりに弾みをつけるためにも、思いきってラグジュアリーなルームウェアをまとうのもおすすめ。デザインはもちろん、素材の上質さをも極めたアイテムは、袖を通した瞬間に“優雅”を連れてきてくれる。2021年を軽やかに駆け抜ける活力になること間違いなし!

photo:

占星術への情熱をシルクガウンに投影して【ディオール】

シルクプリントガウン¥290,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

ラウンジウェアだけを集めたカプセルコレクション「ディオール シェモワ」より。なめらかなシルクに、ムッシュ ディオールの占星術への情熱を反映させたパターン「トワル ドゥ ジュイ ゾディアックモチーフ」をプリントした。上質なガウンを羽織れば、自宅での何気ない瞬間もドラマティックに。

クリスチャン ディオール
www.dior.com
0120-02-1947

心躍るケン・スコットのフラワープリント【グッチ】

シルクプリントパジャマ上下セット¥335,000/グッチ ジャパン クライアントサービス(グッチ)

「ファッション界の庭師」というニックネームで知られた、デザイナーのケン・スコット。彼のアイコニックなフラワーパターンを、贅沢にシルクプリントで取り入れた。鮮やかな大輪の花と肌を滑るほどしなやかなマテリアルは、就寝時までも華やかに演出してくれる。

グッチ ジャパン クライアントサービス
www.gucci.com
0120-99-2177

リアリティに少しの甘さを加えたら【3.1 フィリップ リム】

フード・タイ付きスウェットトップス¥36,000・タイ付きジョガーパンツ¥43,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)

新しい生活様式と向き合って製作された今回のカプセルコレクション。フレンチテリーを用いたカジュアルなトップスとジョガーパンツには、光沢のあるナイロンのタイをプラス。実用的でありながら、ファッション性も高いアイテムを完成させた。

3.1 フィリップ リム ジャパン
https://www.31philliplim.com/jp/
03-6433-5011

グランジのムードを放つタイダイニット【セリーヌ オム バイ エディ・スリマン】

タイダイクルーネックセーター¥195,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン)

クリエイティブに自己主張をするティーンに焦点を当てて製作された2021年のサマーコレクション。ルーズなシルエットと柔らかな質感が、体をゆったりと包み込んでくれる。ブラック、ブルー、オレンジ、というスパイスの効いたカラーパレットのタイダイ染めはスタイリングのフックにも。

セリーヌ ジャパン
www.celine.com
03-5414-1401

フーディにロマンティックなディテールを【ヴァレンティノ】

リボン付きフーディ¥230,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ)

スポーティなオーバーサイズのフーディ。裾にはリボンディテールとセンシュアルな印象のレースをあしらい、絶妙なバランスに。ベーシックなトップスだけれど、一筋縄ではいかない表情をのぞかせる。肉厚なマテリアルは、自宅でもずっと着ていたくなる心地よさ。

ヴァレンティノ インフォメーションデスク
https://www.valentino.com/ja-jp
03-6384-3512

デニムの見た目とスウェットのイージーさをドッキング【ラグ & ボーン】

デニムプリントジョガーパンツ各¥28,000/ラグ & ボーン 表参道店(ラグ & ボーン)

ジーンズをデジタルプリントした、ユニークなジョガーパンツ。テリーコットン100%のスウェット生地は、驚くほどソフトな質感で、ウエストと裾はゴム仕様。リラクシングを極めたデザインが抜群のはき心地を叶える。ウォッシュ加工のライトブルーとインディゴの2色から選べるのも嬉しい。

ラグ & ボーン 表参道店
https://rag-bone.co.jp
03-6805-1630

 

クラシックスタイルで「着心地」を極めてみる
ルームウェアで絶対に譲れないのは、着ている時の快適さ。肌触りの良いマテリアルでオーセンティックなパジャマスタイルを完成させた究極の10着をピックアップ! これさえあれば、穏やかな時間も心地よい眠りも手に入る。

photo:

毎日を豊かにする上質な王道デザイン【スリーピー・ジョーンズ】

チェックフランネルパジャマ上下セット¥27,000/モットハウス・トーキョー(スリーピー・ジョーンズ)

オーセンティックなデザインが人気のパジャマブランド。赤のタータンチェックが一層クラシカルなムードを後押しする。生地には柔らかなフランネルを採用し、ずっとまとっていたくなる心地よさを実現。袖を通せば、心までオフモードへと誘われる。

モットハウス・トーキョー
http://www.themotthouse.tokyo
03-6325-2593

使用すればするほど馴染むリネンを用いて【ヒデコ&ヨーゴホーム】

オフホワイト リネンパイピングパジャマ上下セット※共布巾着付き¥32,400/スパイラルマーケット(ヒデコ&ヨーゴホーム)

吸水性と保温性に優れるリネンは、使うほどよりなめらかになり肌馴染みが良くなる優れもの。そんなマテリアルをクラシックなデザインと融合させ、特別感のある一着へと昇華した。大切に愛用して、自分だけのとっておきのアイテムへと育てたい。

スパイラルマーケット
https://www.spiral.co.jp
03-3498-5792

耐久性に定評があるフランネルパジャマ【ラルフ ローレン ホーム】

フランネルチェックパジャマ上下セット¥18,000/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン ホーム)

触れた瞬間、その肌触りの良さに思わず頬がゆるむフランネルを用いて。しっかりとした生地感で、型崩れしにくく丈夫なのもポイント。タータンチェックと胸ポケットにあしらわれた「ポロプレイヤーロゴ」の刺繍がラルフ ローレンらしさを主張する。

ラルフ ローレン
https://www.ralphlauren.co.jp
0120-3274-20

お手入れが簡単な機能派【ヴェルメイユ パー イエナ】

ロイヤルオックスギンガムナイトシャツ¥23,100・ナイトイージーパンツ¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店

ボタンダウンシャツによく用いられるオックスフォード素材によって、ナイトウェアながらどこか端正な佇まい。イージーケア加工が施されているため、シワになりにくいのも魅力的。襟はレギュラーカラーにもオープンカラーにもなる2wayで、こだわりがそこかしこにちりばめられている。

ヴェルメイユ パー イエナ 青山店
https://baycrews.jp/brand/detail/vermeilpariena
03-6419-9086

素材の良さが際立つミニマルデザイン【コンテンポ】

コットンパジャマシャツ¥19,000・パンツ¥17,000/ヤエカ ホーム ストア(コンテンポ)

あらゆる装飾を削ぎ落とした清廉なホワイトが印象的。上質な綿を使用したハリのあるパラシュートクロスは軽やかな肌触りで、ゆったりとしたヒップ周りのシルエットと相まって抜群の快適さを叶える。一着持っておくだけで、ぐっと暮らしの質の底上げに。

ヤエカ ホーム ストア
http://www.yaeca.com
03-6277-1371

編み立て方にもこだわったパイル地に包まれて【ボッコ】

コットンパイルパジャマ上下セット各¥28,000/ゴウ インク(ボッコ)

柔らかい糸をゆっくり編み立てた綿100%のオリジナルパイル地を採用。軽くふっくらとした質感と大きめのフォルムは、自宅でのリラックスタイムにうってつけ。ニュアンスのある色味がおしゃれ心もしっかり満たしてくれる。

ゴウ インク
https://bodco.tv
03-3402-3753

端正なストライプに甘さをひとさじ【ブルックス ブラザーズ】

コットンポプリンマルチストライプパジャマ¥16,000/ブルックス ブラザーズ ジャパン(ブルックス ブラザーズ)

ピッチの細いストライプが洗練された印象。ロマンティックなピンクと丸みを帯びた襟がかすかなフェミニニティを添え、絶妙なバランスへと導いて。ウエストにはリボンとゴムを両方使用しており、しっかりフィットさせることができる。

ブルックス ブラザーズ ジャパン
http://www.brooksbrothers.co.jp
0120-02-1818

誰からも愛されるストライプパンツをセットに【CDG】

パジャマパンツ2本セット¥33,000/コム デ ギャルソン(CDG)

リラクシングなパジャマパンツが2本セットになっている嬉しいアイテム。ベーシックなブルー系のストライプ、というのも使いやすさを後押しする。着る人を選ばないうえに、ジッパーバッグに入ったパッケージも素敵なのでギフトにもうってつけ。

コム デ ギャルソン
https://www.cdgcdgcdg.com
03-3486-7611

ウッドチェア¥135,000/桜製作所(ジョージ ナカシマ)087-845-2828
ウッドチェア¥135,000/桜製作所(ジョージ ナカシマ)087-845-2828

幅広く活躍するパジャマドレス【エシャペ】

コットンパジャマドレス¥42,000/エイトン青山(エシャペ)

さらりとしたインドのスヴィンコットンの質感と、深みのあるグリーンがシックなムードを薫らせて。天然の黒蝶貝を用いたボタンは繊細な光沢を放ち、上品なアクセントに。スタイリング次第では、ワンマイルどころか十分外出着としても活躍する。

エイトン青山
https://echapper.com
03-6427-6335

シアーなインディアンコットンを風になびかせて【キタン】

インディアンコットンチュニック¥56,000・イージーパンツ¥33,000/アングローバル(キタン)

世界中の民族服や文化から着想を得ているキタン。インディアンコットンやゆったりとしたフォルムからオリエンタルな雰囲気が漂う。シアーな質感は軽やかで自宅で着てもくつろぎのひと時に。外に出る時はレイヤリングを楽しむのもおすすめ。

アングローバル
https://www.quitan.jp
03-5539-5213

癒しを運ぶオールインワン【ローレン マヌーギアン】

オールインワン¥72,000/ピルグリム サーフ+サプライ(ローレン マヌーギアン)

アルパカ混の上質な素材を採用したオールインワン。まとった瞬間、そのふんわり感と暖かさがクセになる。体のラインを拾わないシルエットでありながら、Vネックがすっきりとした印象をプラス。

ピルグリム サーフ+サプライ
https://www.beams.co.jp
03-5459-1690

痒い所に手が届く嬉しい一枚【トロワズィエムチャコ】

レースワンピース「Lakuchanto」※メッシュポーチ付き¥21,000/アプレドゥマン(トロワズィエムチャコ)

まるで外出着のようなときめくデザインながら、素材にはストレッチレースやスウェット生地を用い着心地の良さを追求。さらに取り外し可能なブラカップ付きで、アンダーウェアの締め付けからも解放してくれる。

アプレドゥマン
https://troisiemecha.fashionstore.jp/
03-6274-8533

フィット感抜群のニットをセットアップで【ババコ】

タートルネックニット¥45,000・パンツ¥39,000/ショールーム リンクス(ババコ)

ベーシックなリブニットにアイレットをちりばめアクセントに。袖や裾をフリルにすることで、フェミニニティをひとさじ添えた。体にフィットするため、動きやすいのも嬉しい。デニムなど様々なアイテムとも好相性なので、おしゃれの底上げにも一役買う。

ショールーム リンクス
http://www.links-partners.com
03-3401-0842

バランス感が見事なフラワープリントシャツ【コトナ】

フラワープリントシャツ各¥28,000/アルファ PR(コトナ)

ブランドのキーワードは「現代の高等遊民のワードローブ」。気持ちの良い1日を過ごすためのコレクションとして作られただけあり、幅広の身頃と柔らかな素材が快適さを叶える。フラワープリントの襟とカフスによって、カジュアルに傾きすぎずに着られるのもポイント。

アルファ PR
https://alpha-tokyo.com/pr/
03-5413-3546

ダブルスーツをルームウェアにしたら【エフィレボル×ノウハウ】

チェック柄ダブルブレストパジャマ上下セット¥28,000/ビン(エフィレボル×ノウハウ)

ピークドラペルのダブルスーツをパジャマに落とし込んだデザインが新鮮。パンツはワイドのゆったり仕様。着心地はリラクシングなものながら、突然のリモート会議や、ちょっとそこまでの外出にも対応できる優れものだ。

ビン
http://shop-tokyo.jp
03-6416-0634

ヴィンテージの風合いを新品で楽しんで【シンク コトハヨコザワ】

ウェーブロゴスウェットトップス¥7,182・パンツ¥7,182/コトハヨコザワ(シンク コトハヨコザワ)

デザイナーが古着屋で出合ったお気に入りのスウェットのほつれを再現。リブ部分をメロウ縫いすることで着古したようなうねりを出した。トップスのフロントにはウェーブさせたロゴを配してアクセントに。ヴィンテージ特有の味のあるくたびれ感と、新品ゆえの長く愛用できる丈夫さを両立した夢のアイテム。

コトハヨコザワ
https://kotohayokozawa.com



photography : Keisuke Kitamura styling : Kaoru Watanabe text : Mai Ueno special thanks : AWABEES, BULLPEN

関連記事
  • もうすぐやってくるホリデーシーズン。一年で最も忙しい時期を駆け抜けた後には、いつもより特別感のある1本で自分や大切な人を労いたい。2021年のクライマックスとなるひとときに、「うち飲み向上委員会」が提案するのはシャンパンをはじめとした、華やかで気分を上げてくれるお酒。ワインのプロフェッショナルをゲストに招き、ピックアップした至極の6本をお届けします!ホリデーうち飲みはシャンパン&華やかなお酒で贅沢したい!  エディターAKIYAMA(以下A)師走真っ只中、あれやこれやが終わらないのですよ……。でもその先に、おいしいお酒が待っていると思えば頑張れる!ということで今回はホリデーを祝うお酒をご紹介します。 ライターYOKOMIZO(以下Z)ゲストで来ていただいたのは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を持つエディターの門前直子さん。今日はホムパで話すと株が上がる、シャンパンTIPSも教えていただけたらと思います! 門前直子さん(以下M)ホリデーはいつもよりちょっといいものを、という気分になりますよね。飲んでみたかったお酒も入っていたので嬉しいです。 A 「ベストうち飲み賞」のチェックもお見逃しなく!!ロゼの魅力に開眼!「テタンジェ・プレスティージュ・ロゼ」(ライターZリコメンド)テタンジェ・プレスティージュ・ロゼ〈750㎖〉¥9,308/サッポロビールお客様センター(テタンジェ) 前菜から海鮮、お肉ともペアリング! Z 明るいバラ色のシャンパンはグラスに注ぐところから気分が上がります! きめ細やかな気泡は長く続き、いちごやラズベリーの甘酸っぱい香りの中にしっかりとした葡萄の味が楽しめる。乾杯からデザートまで食事を通して飲める辛口ロゼだと思います。 M テタンジェは世界的に有名なシャンパンのブランドのひとつ。白ブドウだけで造られたシャンパンのイメージが強いので、「あのテタンジェからロゼが出ているんだよ」とパーティに持っていったら、珍しさも手伝ってひと盛り上がりすると思います。 A シュワシュワ&ピンク色、幸せな気持ちになる〜! 愛らしさだけでなく、料理のジャンルも選ばない懐の深さもあります。 M キリッとした酸味を持ちながら、味わいはやっぱりエレガント。テタンジェのロゼは初めてですが、ロゼになってもおいしい。より飲みやすく仕上がっていますね。 テタンジェのHPをチェック!(外部サイト)ナチュラルワインで泡を愉しむ「シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット キュヴェ・アレクサンドリーヌ 2013」(門前直子リコメンド)シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット キュヴェ・アレクサンドリーヌ 2013〈750㎖〉¥9,020/銀座カーヴ・フジキ(クリストフ・ルフェーヴル) ヴィンテージのシャンパンで通を気取るべし! M オーガニックの葡萄を使った、珍しいナチュラルワインのシャンパンです。これは2013年ヴィンテージのもの。瓶内発酵で6年6ヶ月も熟成させているんですけど、グレープフルーツジュースのようにスッキリ。 A レモンや柑橘系のニュアンスがすごいです! M 予算に余裕があるなら、ヴィンテージのシャンパンを選ぶのもおすすめ。葡萄のできが良い年に造られているシャンパンだからおいしいですし、年月を経て味のふくよかさが増している。カンバセーションピースとしてもスペシャル感があるのでホリデーには最適だと思います。「この年は葡萄のできが良かったシャンパンなんですって!」とコメント付きで。 Z 掴みはバッチリですね。通っぽいです! M もうひとつ通っぽさをアピールできるトリビアがありますよ。シャンパンのボトルに書かれている“NM”、“RM”などの文字、これがなんのことを示しているかご存じですか?A ノーアイディアです。恥ずかしながらこれまでスルーしておりました……! M この2文字は、生産者の業務形態を表していて、シャンパンボトルには表示することが義務付けられているんです。これにより生産者が大手メーカーなのか、小規模生産者なのかがわかります。 A  へぇボタンを連打です! ボトルからそんな情報がわかるようになっていたのですねぇ。 M NMはネゴシアン・マニュピランの略です。生産者から葡萄や果汁を購入し、シャンパンを造る生産者。大手メーカーをはじめ、シャンパンの生産者の大半はこちらです。RMはレコルタン・マニュピラン。自社畑で収穫した葡萄を使い、醸造もする生産者で、ほとんどが小規模生産者になります。おのずと生産量が少なく、人気の高いものは入手が困難なことも。今飲んでいる、このシャンパンもRMと書かれています。シャンパンのウンチクを知らなくても、なんでこれを選んだの?って聞かれたら「レアだから」とだけ答えれば事実ですから嘘になりません(笑)。 Z このトリビアを今すぐ言いたい! まずはレコルタン・マニュピランを噛まずに言えるようにしないと! シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット キュヴェ・アレクサンドリーヌ 2013をチェック!(外部サイト)環境も品質も守るパッケージ「ルイナール ブラン・ド・ブラン」(エディターAリコメンド)ルイナール ブラン・ド・ブラン〈750㎖〉¥12,210/MHD モエ ヘネシー ディアジオ(ルイナール)A 誰もが知る世界最古のシャンパーニュメゾン。なぜこのタイミングでご紹介したいかというと、新パッケージをご覧あれ! Z ルイナールのボトルにおしゃれなカバーが付けられていますね。 A こちらはギフトボックスの代替として考案された「セカンドスキン」。原材料に環境認証を取得したヨーロッパの森の木材を100%使用したウッドファイバー製でリサイクル可能。この森では1本の木を伐採するたびに、新たに4本の木を植えることが義務付けられているんだそう。さらにセカンドスキンは従来のギフトボックスと比べて重さは9分の1で、二酸化炭素排出量も削減でき良いこと尽くし! M サステイナブルな試みに加え、デリケートなシャンパンを紫外線から守る役目も果たしてくれますね。 A そうなんです! 水に漬けてもOKなので、屋外でアイスバケツに入れるときはセカンドスキンをつけたままで保冷してください。 Z 味わいは間違いないですし、ホリデーならここにメッセージを書いてプレゼントするのも小粋な演出かと♡ ルイナールのHPをチェック!(外部サイト)国産ワインは宮城に注目!「スプマンテ 2020」(門前直子リコメンド)スプマンテ 2020〈750㎖〉¥3,600/ファットリア アル フィオーレ 味もセンスも抜群! 東北のスパークリング M ファットリア アル フィオーレは元々レストランを開いていたシェフが始められた宮城県にあるワイナリーで、今も料理人を続けながらワインを造られています。スパークリングワインですが、とろみがあってめちゃくちゃおいしいんですよ!ピーチやネクターとかのニュアンスと、カルピスのようなコクが印象的。 A 果実の旨みが一年酷使した体にじんわり染みるよう。ささやかにお祝いしたい気持ちの時にも寄り添ってくれる優しい味わいですね。 M このスパークリングはシャルドネとネオマスカット、そしてワイン用に造られる葡萄ではないデラウェアが使われています。デラウェアをアンフォラという素焼きの陶器(元々ジョージアで造られていた陶器)で熟成させることでシェリー酒のような酸化熟成が進み、このまろやかさが出るんです。ほのかなジャスミンティーのようなニュアンスも相まって和食の家庭料理にも合うと思います。 Z お正月にお節料理やお煮しめと一緒に飲みたいです。和紙のエチケットもセンスが良い! M 泡が抜けてもおいしく飲めるので、お食事中通して飲んでもいいと思います。エチケットが可愛いとホームパーティなどに持っていった時、ワインに詳しくない人にも反響があって嬉しいですね! ファットリア アル フィオーレのHPをチェック!(外部サイト)あの世界的スターのラムブランド「セルバレイ ホワイトラム」(ライターZリコメンド)セルバレイ ホワイトラム〈750㎖〉¥3,750/セルバレイZ 世界的なミュージシャンであり、最高のエンターテイナーであるブルーノ・マーズがオーナーのラムブランドということだけで注目度100%。手土産にすれば話題をさらうこと間違いなし! M 瓶のデザインがすごく良いですね。ラムを普段飲むことがないので、すごく新鮮です。 Z 2014年創業のわりと新しめのラム酒ブランドで、ブルーノがこのラムのおいしさに感銘を受けオーナーになったそうです。昨年のグラミー賞授賞式では、ブルーノがフラスクボトルを持ってレッドカーペットに現れ話題になったのですが、その中に入っていたのもセルバレイのラムだったとも言われています! A 商売もうまいなー! 洒落た戦略に脱帽。ラムはハードリカーだからホットミルクに入れたり、紅茶にいれたりして飲むだけだった。ストレートで飲むと、奥深い味わいがわかるね。 Z 原料のサトウキビの爽やかな甘みがほのかに。シルキーな口当たりで、ちびちび飲んでいるとリラックスできます。冷たいお酒ではないものがいいという時のチョイスとしても◎です。 セルバレイのHPをチェック!(外部サイト)運良く出合えたら即買い!「No.6 水野学タイプ」(エディターAリコメンド)No.6 水野学タイプ〈750㎖〉¥8,500/新政酒造 シャンパングラスで飲みたい生酒! A 秋田県にある新政酒造の生酒ブランド「No.6」が発売から10年を記念して6人のアーティストとコラボ。これはくまモンでお馴染みのクリエイティブディレクター、水野学タイプです! M この10周年記念酒、飲んでみたかったんです。パッケージだけでなく、味わいもそれぞれ異なるんですよね? A 「No.6」は新政酒造の蔵で発祥した6号酵母の味わいをダイレクトに表現するために造られた生酒。水野学タイプでは無肥料・無農薬栽培の原料を使い、最も新しい杉桶で醸造されています。さらに国産のミズナラの新樽で短期間熟成し完成した、最高峰の素材と技術による賜物なんです。今企画の中でも最上級モデルなんだそう! Z おいしー!! 梨を思わせるまろやかな甘みが印象的。酸を感じる余韻が後味をスッキリさせてくれる。喉をするすると通る飲み心地で、これは日本酒なの?というようなサプライズな味です。 M お魚全般に合いそうだからカルパッチョ、もしくはマスタードを使ったお料理にも。チキンに粒マスタードを添えたひと皿など、このお酒の酸味がすごく合うと思う。 A 水野学タイプは大人気となっているので、お酒をわかっている人たちには入手できたらすごいとそれだけで褒められ、株がぶち上がること間違いありません! 新政酒造のHPをチェック!(外部サイト) 〜今回の「ベストうち飲み賞」を発表します!〜 A 今日はひと足先に年末年始のハッピーな気分を堪能させてもらいました! 普段より背伸びしたお酒はご褒美感がすごい。皆さんは今年のホリデーにどれを飲まれたいですか? M 手前味噌になりますが、シャンパンが大好きなので「シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン ブリュット キュヴェ・アレキサンドリーヌ」を飲みたいですね。飲んでいてもとても豊かな気分にしてくれる一本です。 Z もし買えるチャンスがあるなら「No.6の水野学タイプ」を! 家族や友人に振る舞って、一緒に驚きを楽しんだらいい思い出となりそう。 A どれもおいしかったけど、ホリデーのスペシャルなムードを存分に堪能できるこのふたつに決定。皆さんもとっておきの1本とゆく年を振り返りつつ、よい年をお迎えください! >>大人気の韓国ドラマを観ながら飲みたいお酒BEST6! あの韓ドラに出てくるお酒も登場!!【うち飲み向上委員会vol.9】【うち飲み向上委員会メンバー】 門前直子食べること&飲むことが大好きなフリーランスエディター/ライター。エンゲル係数がやたら高いものの、日々見て見ぬ振り。ワインセラーから冷蔵庫までワインが侵入してきたため、大きなセラーを購入するか真剣に思案中。https://www.instagram.com/gkgkmgmg/?hl=ja ライターYOKOMIZOおいしいお酒とごはんのためなら、高い海外輸送費も厭わず即ポチ。苦手な家事は休日に大好物の泡を飲みながらやっつけます。最近は海外の料理番組を観て、妄想トラベル。 エディターAKIYAMAお酒はもっぱら外でハシゴ酒だったのが、ここ1年でうち飲みの魅力に開眼! おいしいお酒を飲みながら、ほろ酔い気分で愛猫と遊ぶのが至福の時間。 photography:Ayumu Yoshida, Kotoko Suzuki styling:Mayu Yauchi,illustration:Abbott Okutani text:Momoko Yokomizo
  • 本日は人気シリーズ「100人隊が選ぶ色」をお届け。今回は、寒い季節にこそ取り入れたくなる「赤」に注目しました。おしゃれ上手隊員4名の「赤」を効かせたコーディネート、ぜひチェックしてくださいね! 1:TOMORROWLANDの大判ストールでネイビー×レッドの反対色合わせ! 「ネイビー×レッドの反対色でコーデのポイントとなるストール使いも大好きです。いつかのセールで購入したものですが、赤系のストールは1枚あると重宝します。まきものを味方につけて、寒い冬を乗り越えたいです」 2:Traditional Weatherwearの真っ赤なカーディガンを投入! 「赤いトップスが欲しいなぁ。とずっと思ってました。鮮やかな赤で、ずっとお気に入りになりそうなものを……と思っていた時、たまたま通りかかったお店の前で、ふとウィンドウ越しに目に入ったカーディガンが。か、かわいい。と惹かれてしまいました」 「真っ赤な赤に、ゴールドのボタン。166cm、普段はMかLを選びますが、こちらの表記はSサイズ。形もゆとりあり、年代問わず着られるところもよい。自分の還暦にこのカーディガンを着れるくらい、大事に着たいと思います(笑)。一緒に試着していたベージュのノーカラーコートと合わせたらそれもすごく可愛かったです」 3:Steven AlanのWRAP LONG SKIRTがほぼ白黒のクローゼットに仲間入り! 「欲しいなー、もうちょっと考えよ……やっぱり欲しいなー、でも今はいっか……を繰り返してきたカラーアイテム。今年こそ買うぞ!と決め、ほぼ白黒のクローゼットに赤いスカートが仲間入り」 「ネットで見て好きかも♡と思い、最寄りの店舗に行ってみたらちょうどお人形が着ていたラップロングスカート。こちらはダークレッドです」 4:MY定番、SHIPSの赤カーディガンでワンマイルコーデ! 「カーディガンが主役のカジュアルスタイル厚手の赤カーディガンを主役にしたワンマイルコーデです。寒くなってくると赤が着たくなります。この着こなしで今年購入したのは下に着ているAMERICAN HOLICのカットソーだけ」 「外に出てみたら首が寒くてマフラーを追加。サンタさんとリンクコーデ……。赤・白・黒ってしっくりくる~って思ったらサンタクロースの服のまんまでした(笑)。意外な所に色合わせのヒントがあったりして!?」 これからクリスマスシーズンにお正月……と、さらに赤が似合う季節がやってきます。寒い季節に映える赤コーデ、ぜひチャレンジしてみてくださいね! 「LEE100人隊が選ぶ色」シリーズはこちら!
  • 読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス!大人のための今更漢字力検定、第358回は「鯑」の読み方です! 今日のお題【鯑】 「鯑」、正しく読めますか?   お正月のおせち料理で食べる人が多いかも。 ■ヒント 「鯑」の意味は     「ニシンの卵。また、それを感想または塩漬けにした保存食品(集英社『国語辞典』)[第3版]」 ■使い方はこう! 「おせち料理に鯑が入っているのは、子孫繁栄を願ってるんだって」   「鯑のプチプチ感がたまらなく好きなんだよね~」   ↓↓↓   正解は…… ■正解は…  正解は、「かずのこ」でした! ■「鯑」は日本うまれの漢字 中国から伝わったといわれる‟漢字“。その中でも、日本で生まれた漢字があり、「鯑」もそのひとつ。この漢字は辞書に載っていないことが多いです。ちなみに「数の子」は当て字で、カドノコがカズノコに訛ったと言われています。 漢字クイズにチャレンジする!→ 取材・文/高橋夏果
  • 少しずつ気を付けながら出歩けるようになったとはいえ、海外旅行に出かけられるのはまだ先の話になりそう。旅への欲求がマックスになったうち飲み向上委員会のメンバーを救うのは、世界の食文化への入り口を開いてくれるスーパーマーケット「成城石井」! いつものスーパーでは見かけない輸入ものの珍しい食材、こだわり抜かれたオリジナルフードに、沈んだ気分も爆上がり! さらにワインのラインナップも豊富だから、ひとつのスーパーで買い物が完結するという便利さも嬉しい。というわけで今回は、成城石井で販売されているワインを飲み比べ。おすすめのおつまみペアリングもご紹介します! 人気スーパー成城石井で買える! 極旨ワインと海外気分のごはん ライターYOKOMIZO(以下Z) バンコクの屋台、パリのビストロ……一体いつ行けるんだ〜! 恋しすぎてどうにかなりそうです。 エディターAKIYAMA(以下A) 最近口を開けば“海外旅行”なあなた、そしてそんな人が日本中にたくさんいるはずなので、成城石井をフィーチャー! SPUR.JP編集部のエディターTARUIと一緒にお届けします。ライフスタイルとカルチャー、フェムテックなどの担当で、おいしいものにも詳しい。 エディターTARUI(以下T) お酒はあまり強くないですが好きです。家族がよく飲む方なので色々な種類をいただくけど、食卓に上がるのはワインが圧倒的に多いかなあ。なので今日はワクワクしています。 A 今回もそれぞれの推しワインの中から、「ベストうち飲み賞」も発表しちゃいますよ〜!大ヒットワインの白も旨い!「2015 CH モン・ペラ ブラン」(エディターAリコメンド)2015 CH モン・ペラ ブラン〈750㎖〉¥2,629/成城石井( デスパーニュ) 寒い季節に合う、アロマな白ワイン A モン・ペラは赤がワイン漫画に登場したことで大ブレークしたのですが、白も飲まなきゃ損なくらいおいしいんです! Z ソーヴィニヨン・ブランらしい爽やかさですね。柑橘類というよりは、リンゴのような酸と果実味がいきいき。一口飲むとすっきり辛口だけど、丸みのある舌触りで余韻はまろやか〜。 T バランスが良いので、食事をしながら飲めるワインですね。いつも2,500円くらいでおいしいワインがないか探していて。3,000円台は絶対おいしいのがあるんですけど、これくらいの価格で見つけるのが楽しいし、普段飲むワインの許容範囲かなと思う。 Z 成城石井はその価格帯もたくさんありますよ! 種類もさることながら品質管理もこだわっていて、海外から輸送する際には定温管理がされたリーファコンテナで運ばれているんです。 A ワインにもかなり本気なんだね、ますます気になる〜! 2015 CH モン・ペラ ブランをチェック(外部サイト)秋を楽しむ、赤とひと皿「クロワ・サンジャック ブルゴーニュ ピノノワール」(エディターTリコメンド)クロワ・サンジャック ブルゴーニュ ピノノワール〈750㎖〉¥2,519/成城石井(ドメーヌ ド ラ クロワサンジャック) 秋の味覚、キノコとペアリング♡ T 夏はキンキンに冷やされた白ワインがおいしいと感じるように、秋はピノノワールがおいしいと聞いたことがありまして。ちょっと切なく優しくてニュアンスのある味が、この季節感に合うということだと思います。 Z 野菜やフルーツだって季節によって自然とカラダが求めるものが変わりますよね。このしなやかなタンニンも、寒い季節だからじんわりおいしい。疲れて帰ってきた時に受け止めてくれるこの感じ、余韻はほんのり甘くてしみる〜。 A 口当たりは軽やかだね。ラズベリーやフランボワーズ系の果実味がしっかり感じられて満足感もある。重めの赤が苦手な人にはぴったりかと。 T このワインに合う椎茸のステーキは簡単に作れるのでぜひ。大きい椎茸を使うんですけど、石突を切り落として、中央(石突のあったところ)に包丁で格子をいれ、オリーブオイルを引いたフライパンで両面を焼いたら調理はほぼ終了。同じフライパンでバルサミコ酢をちょっと煮詰めてタラタラ〜とかけて、塩胡椒をふりかけるだけ。カロリーの事は忘れてバターで焼いてもOK。家ごはんはできるだけ簡単にしたいんです! でもこのメニューは家族も喜んでくれる。 Z かっこいい!そういう必殺メニューを持つのが憧れです! クロワ・サンジャック ブルゴーニュ ピノノワールをチェック(外部サイト)リッチな泡をお手頃に「ミラベッラ フランチャコルタ ブリュット」(エディターAリコメンド)ミラベッラ フランチャコルタ ブリュット〈750㎖〉¥2,849/成城石井(ミラベッラ) ホリデーの特別な食事ともぴったり! Z フランチャコルタでこの価格はお得感がある! 同じ瓶内二次発酵のシャンパーニュよりお手頃と言われているとはいえ、リッチなワインという印象がありますもん。 T 量を飲む人や、何人かで飲むと1本空くのもあっという間。これくらいの価格でちゃんとおいしいのはありがたい限り。味わいもイタリアのスプマンテらしさがありますね。 A 今、成城石井でシンガポールフェア(10/29日〜11/30まで)をやっていて、自家製のお惣菜がおいしそうで色々買ってきちゃいました!この「シンガポール風ドライミーシャム(海老のピリ辛焼ビーフン)」と合わせてみてください。海老の風味と合うから、お酒が進みますよ〜。 Z エスニックな味わいとワインのほのかな甘みがいい具合。和食とも合いそうですし、お正月のおめでたい席にもいいですね。 T 魚介と相性が良いから、お寿司とのペアリングも試してみたい! ミラベッラ フランチャコルタ ブリュットをチェック(外部サイト)軽やかな前菜にはロゼを「フェウドアンティーコ ロザートDOP」(ライターZリコメンド)フェウドアンティーコ ロザートDOP〈750㎖〉¥2,409/成城石井(フェウドアンティーコ)Z 次はイタリアからオーガニックワインのロゼ。色もさることながら、味わいもピンクグレープフルーツのような爽やかな酸味がおいしいですよ。 T 成城石井でオーガニックワインが買えるなんて知らなかった! 幅広いお客さんの好みに応えてくれますね。 A スルスルと飲み心地が良い〜。青カビチーズとか、燻製ピスタチオとかクセ強めのおつまみを食べた後に飲むと口の中がウォッシュされてエンドレスになるな、コレ。 Z ウェルカムドリンクとしても華やかさがあって喜んでもらえると思います。TARUIさんのワインのお好みは? T 赤のフルボディが好きです。どちらかというと食事に合うワインを楽しんでいる感じですね。家でちょっと食べてちょっとワイン飲むとすごくリラックスできますよね、その感覚を求めているのかもしれません。今日はもうこれ以上仕事やんないぞ、みたいな(笑)。 A・Z わかる〜!! フェウドアンティーコ ロザートDOPをチェック(外部サイト)  スパイス料理も受け止める包容力!「テラ・アルタ アウレオラ クリアンサ」(ライターZリコメンド)テラ・アルタ アウレオラ クリアンサ〈750㎖〉¥1,309/成城石井(アウレオラ) 鍋料理も赤ワインをお供に Z 渋みが結構強いけど冬のテーブルワインならこれくらいがいいと思って。しっかりとコクがあって、レーズンのような甘味とスパイシーな風味もほのかに。それでいて味わいはすっきりとドライなので、鴨鍋や純豆腐などパンチのある味を穏やかに包んでくれます。 A ひとりでも家族でも冬は鍋頼みですから! 家にストックしておきたい。 T 成城石井の自家製のお惣菜「シンガポール風ビーフルンダン(9種スパイスの牛すね肉煮込みご飯)」と食べてみたら合う!ところでさ、What’s ルンダン? A  ルンダンとはですね、CNNが発表する「世界一おいしい料理」で、1位に輝いたこともある東南アジアを代表する料理のひとつです。このメニューはシンガポール風にアレンジされていて牛肉とスパイスとココナッツクリーム、レモングラス、ナッツなどが一緒に煮込まれているそう。 Z 成城石井の自家製のお惣菜は世界各国の家庭料理を上手にアレンジしていますよね、どれも食べやすい。 A 今回のフェアは駐日シンガポール大使およびシンガポール政府観光局の全面協力もあって、味わいはかなり本格的。これまでも職人が現地に足を運んでとことん試食&研究。さらに今回は大使館のキッチンで、プロ級の腕前を持つ大使から直々にレシピを伝授されたシェフが日本人の口に合わせて作り上げていくから新鮮だけど親しみがある! T すごい企業努力、知らなかった〜! ルンダンにもう夢中、今日買って帰ります。 テラ・アルタ アウレオラ クリアンサをチェック(外部サイト)はじめてのバローロは肩肘張らずに「ロヴェルシ バローロ」(エディターTリコメンド)ロヴェルシ バローロ〈750㎖〉¥3,729/成城石井(ロヴェルシ)T バローロの生産地ピエモンテ・バローロ村に行ったことがあって、風土が最高なんです。ヘーゼルナッツも有名で生ハムはもちろん、葡萄もおいしい。世界遺産の葡萄畑はのどかで美しく、空気のきれいなところで育ったワイン、5,000円以上が多い中、3,000円台で味わえるなら、お買い得かも。今回のラインナップの中では高い方だけど、いつかバローロを飲んでみたいと思っていた人も、たまのご褒美にもちょうどよく狙いめです。 A 最初は軽いけど、後から熟成感のあるまろやかさを感じる。プルーンや黒いベリー系の香りと味わいが焼売や餃子とも相性良さそうだなあ。Z 成城石井の自家製焼売がジューシーで大好きです。いつかのイタリア旅行では、「最後の晩餐」をほろ酔い状態で見学してほぼ覚えていないから、次回ピエモンテ遠征と共にリベンジしなきゃ!A 同じことを繰り返しそうで心配だよ(笑)。 ロヴェルシ バローロをチェック(外部サイト) 〜今回の「ベストうち飲み賞」を発表します!〜 Z ヨーロッパのワインとシンガポール料理、このペアリングが気軽に楽しめるのもうち飲みならでは。青い鳥は家にいたんだね……。 A そうそう! 家ごはんがマンネリぎみになったら成城石井に行けばよいのです。さて今回のワイン6本から「ベストうち飲み賞」を選びたいのですが、皆さんいかがでしょう? T 普段は酒屋さんや専門店で購入することが多かったのですが、成城石井の美味しいワインに出会い、充実ぶりに感動したので今日も会社帰りによります。スペインの赤ワイン「テラ・アルタ アウレオラ クリアンサ」は、ルンダンとともにリピートしたいですね。 Z 今回、寒くなるとやっぱり赤ワインのおいしさが倍増するのを実感。「クロワ・サンジャック ブルゴーニュ ピノノワール」は渋みがありつつもいつまでも飲んでいられる味わいでした。 A 「ベストうち飲み賞」を含め今の季節に合うワインが揃い踏み。たまには自炊をお休みして、成城石井のお惣菜やおつまみと一緒にぜひお試しください!※ここで紹介した成城石井のワインは、販売状況により休売になることがあります。【うち飲み向上委員会メンバー】 エディターTARUI最近はナチュールワイン傾向で個性豊かなジャケ(エチケット)買いもマイブーム。一方、スーパーなど、ワイン売り場でじろじろ眺めつつ、色々想像しながらお手軽なオリジナルのテーブルワインを探すのも楽しい時間。会社そばの「成城石井 東京ドームラクーア店」のワインのラインナップもすごいそうなんで、早めに偵察したい。 ライターYOKOMIZOおいしいお酒とごはんのためなら、高い海外輸送費も厭わず即ポチ。苦手な家事は休日に大好物の泡を飲みながらやっつけます。最近は海外の料理番組を観て、妄想トラベル。 エディターAKIYAMAお酒はもっぱら外でハシゴ酒だったのが、ここ1年でうち飲みの魅力に開眼! おいしいお酒を飲みながら、ほろ酔い気分で愛猫と遊ぶのが至福の時間。 photography:Kotoko  Suzuki illustration:Abbott Okutani text:Momoko Yokomizo
  • デビュー10周年を迎えたSexy Zone。彼らの魅力をひもとくインタビュー特集2021年11月16日のSexy Zoneデビュー10周年を記念して、MORE誌上で“セクゾ祭り”を開催!!!!! 盛りだくさんのコンテンツでひもとく彼らの個性とキャラクター、5人で積み重ねてきた歴史の答え合わせ、10年分のSexy Zoneの“ONE BY ONE”な魅力の数々。これを読めば、彼らのことがもっともっと大好きになる♡ [目次] 【Sexy Zone 10thインタビュー】中島健人 中島健人を構成する「10のキーワード」 中島健人のロングインタビュー 【Sexy Zone 10thインタビュー】佐藤勝利 佐藤勝利を構成する「10のキーワード」 佐藤勝利のロングインタビュー 【Sexy Zone 10thインタビュー】松島 聡 松島 聡を構成する「10のキーワード」 松島 聡のロングインタビュー 【Sexy Zone 10thインタビュー】菊池風磨 菊池風磨を構成する「10のキーワード」 菊池風磨のロングインタビュー 【Sexy Zone 10th対談】お互い、どう見えてた? Sexy Zone松島聡×佐藤勝利 Sexy Zone中島健人×菊池風磨 メンバーと関わりのある「あの人」が語る!Sexy Zoneの魅力とは? 「Sexy Zone検定」でメンバーが問題を解く! メンバーから10年の歴史にまつわる問題を出題 セクラバからの質問にメンバーがお答え 【Sexy Zone 10thインタビュー】中島健人中島健人を構成する「10のキーワード」なかじま・けんと●1994年3月13日生まれ、東京都出身。2011年にSexy Zoneとしてデビュー後、音楽業だけでなく俳優としても活躍。主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系・火曜21:00〜)が7月6日よりスタート!中島健人を構成する「10のキーワード」【1】負けず嫌い「力が入るとから回ってしまうから今は“抜く”ことも意識しているけれど、大事なものに対してはやっぱり思う。『絶対に負けたくない』って」(中島健人、以下同)中島健人を構成する「10のキーワード」【2】ドジ男子「必死に『ないない!』と探しているものはたいてい目の前か、かばんの中にある。よく転ぶ、つまずく、ぶつかる、オッチョコチョイ。プライベートの中島健人は抜けている」中島健人を構成する「10のキーワード」【3】没入力「中島健人は0か100かの男。スイッチが入るとゾーンに入る、周りが見えなくなる、時間を忘れて没入する」中島健人を構成する「10のキーワード」【4】王子様「厳しい母から叩き込まれたレディファースト精神」中島健人を構成する「10のキーワード」【5】プライド「プライドは高いと思う。でもそれは、ジャニーズ、グループ、作品……。“自分が大切にしているもの”に対して持つ誇り。自分を守るためのよけいなプライドはずいぶん前に捨てました(笑)」中島健人を構成する「10のキーワード」【6】怠け者「歩いた先々で電気もテレビも全部つけっぱなし。昼なのに間接照明がついたままの部屋でベッドに寝転びゲームをし続け、玄関先に置いてもらったデリバリーを30分放置。0か100かの男はスイッチが切れると急にダメになる」中島健人を構成する「10のキーワード」【7】キング·オブ·ホスピタリティ「いつなんどきも周りにいる人のことが気になってしまう。この性格は昔から。『気遣いができる』とほめられることもあるけど疲れることも。そんな自分がたまに面倒臭い」中島健人を構成する「10のキーワード」【8】ハリウッド「子供の頃から映画が好き。家族と観てきたハリウッド作品は中島健人をつくってきたもののひとつ。ハリウッドはいつかたどり着きたい場所」中島健人を構成する「10のキーワード」【9】収集癖「幼い頃から集めている『遊戯王カード』をはじめ、好きなものを収集し続けるくせがある。マグカップ、映画のパンフレット、今までもらったファンレターも大事にとってありますからね」中島健人を構成する「10のキーワード」【10】ロマンティック「今では仲のよい粗品さん(霜降り明星)と初めて食事をした時も、バラの花をプレゼント。男女問わず喜びを贈るのが中島健人の人生のマナー」Sexy Zone中島健人を構成する「10のキーワード」中島健人のロングインタビュー中島健人さんが語る、グループへの熱い思い甘いルックスと甘い言葉、完璧なパフォーマンス、そして、ユーモアあふれるおちゃめな素顔で世の女性たちを虜にする現代の“王子様”。ステージ上はもちろんのこと、ドラマや映画やバラエティ番組でも圧倒的な存在感を放ち、最年長メンバーとしてグループを牽引してきた中島健人さん。彼がSexy Zoneとしてデビューしたのは17歳の頃。当時の記憶を振り返ってもらうと、まず飛び出したのがこの言葉だった。中島「2011年9月29日、帝国劇場で行った結成&デビュー会見。それがSexy Zoneの始まりだったんですけど。そこで思ったのは“オレはなんでここにいるんだろう。こんなはずじゃなかった”。それが当時の自分の正直な感想だったんですよ」「こんなはずじゃなかった」その思いからすべては始まった中島さんがジャニーズ事務所に入ったのは14歳の頃。所属して間もなく、菊池風磨、松村北斗、髙地優吾と共にB.I.Shadowとして活躍するように。『Myojo』の投票企画「あなたが選ぶJr.大賞」では2年連続で1位を受賞。中島さんはデビュー前から注目を集める存在だった。中島「偉そうな言葉に聞こえてしまうかもしれないけど……。自分でも、そのために死ぬほど努力もしていた。オレ、Sexy Zoneの前に中山優馬 w/B.I.ShadowやNYC boysとしてCDデビューしているんですけど。そこでの立ち位置は端っこか後列で。正式デビューする時は真ん中に立ちたい、その強い思いを糧に突き進んできたんですよ。なのに、デビュー時自分が立っていたのはまたもや後列。しかも、目の前にいるのはついこないだ事務所に入ったばかりの“可愛い後輩”だった年下3人。17歳の自分にはその現実を受け入れることができなくて……。悔しくて、悔しくて、何度も家でひとりで泣きましたからね」平均年齢約14歳、ジャニーズ史上最年少グループとして華々しくデビューしたSexy Zoneだが、世間の注目度とは裏腹に「メンバーの関係性はガタガタでした」とデビュー当時を振り返る。中島「話し合おうと思っても、松島(聡)は13歳、(佐藤)勝利は14歳、最年少のマリウス(葉)に関しては11歳。Jr.経験も短く、年も離れていて話し合いすらまともにできなくて。今でこそみんな大人になって年齢差を感じることはなくなったけど、当時はそれをすごく大きく感じた。さらに、菊池(風磨)に関しては反抗期の真っ最中(笑)。そういうオレも同じでまだまだ未熟で幼かった。今思えば、年下チームも大変な思いをしていたと思うんですよ。経験もノウハウも少ないままデビューしてしまったからこそ戸惑うことも多かっただろうし、勝利に関してはまったくかみあわないグループのセンターという重荷を背負わされて苦しい思いをしていたと思う。大人になった今ならそれがわかるんだけど。当時は自分の悔しさばかりに目がいって、メンバーのことまで考える余裕が自分にはなかったんですよね」念願のデビューを果たしたものの「この先、どうなってしまうのか。どうしたらいいのかすらもわからない」そんな不安を感じる毎日。中島「デビュー当時の映像を観てもらえればわかると思うんですけど。あの頃のオレ、無理して笑ってるんですよ。それが伝わってしまったのか、ジャニーさんから“ユーの笑顔、気持ち悪いよ”と言われて落ち込んだこともあったりして……。何をしてもうまくいかない、それがオレにとっての“Sexy Zone創成期”でした」ずっと後ろ向きだった気持ちが前を向き始めたのは、デビューから約1年半後、ドラマ『BAD BOYS J』の主役を演じた時だった。中島「初めて作品の真ん中に立ったことで、それまでグループの立ち位置にこだわっていた自分を捨てることができたというか。前とか後ろとか関係なく、自分が立っている場所で輝けばいいんだって、そう思えるようになったんですよ。そこで、自分ではなくグループのことをあらためて真剣に考えるように。このままだとグループはダメになる、自分にできることはなんなのか……。そこで、決意したんです。最年長である自分がしっかり引っぱっていこう、グループのことを、メンバーのことを、より多くの人に知ってもらうために自分が“入口”になろうと。外に出る時はその思いで戦うことを心に決めたんです。Sexy Zoneという名刺を大量に抱え、多くの人にばらまくために」自分の個性を探し見つけた「セクシーサンキュー!」その言葉どおり、そこからの中島さんはドラマからバラエティ番組までジャンルレスに活躍。特に注目を集めたのが“王子様”なキャラクターと「セクシーサンキュー」をはじめとする唯一無二の語彙センスだった。中島「ちなみに、このキャラはすでにデビュー前からあったもの。ジャニーズJr.時代から“『iPod touch』を買ったから、今日はみんなの愛にタッチしちゃうぞ”とか、そんなことばかり言っていましたからね(笑)。誕生のきっかけは、コンサートの前説に出た時にジャニーさんから言われた“ユーつまらないよ、もっと自分を出しなよ”という言葉。そこで、自分ってなんだろうと考えた時にあふれ出てきたのがこのキャラで。ジャニーズJr.の仲間からは“変なヤツ”という目で見られることもあったけど、そんなオレをジャニーさんや先輩たちは面白がってくれたんですよ」実は「セクシーサンキュー」にもこんな誕生秘話が。中島「初めてそれを口にしたのは新聞社の方々とのインタビュー会で。“セクシー時代にはどんな言葉がはやりますか?”という質問にこう答えたのが最初なんです。でも、会場はシーンとしちゃってだだスベり(笑)。笑ったのはジャニーさんだけだったんだけど、使い続けていたらそれが自分の武器になっていたんですよ」誰かと同じではなく自分だけの何かを探し築き上げた個性。それが多くの人に伝わるきっかけになったのが、デビュー直後に行った8万人握手会。初めて会った喜びを口にする女の子に対して「夢の中で会ったじゃん」、靴が脱げてしまった子には「気をつけて、シンデレラ!」、甘い言葉をひとりひとりに投げかけた、その神対応は今でも語られる伝説に。中島「握手会ってひとり1秒くらいで終わってしまうんですよね。でも、その1秒のためにみんなは何時間も並んでくれるわけで。その感謝の思いもこめて、ひとりひとりの1秒を“特別な一秒”にしたかった。自分としては当たり前のことをしていただけなんだけど、ネットやSNSでそれが広がって。気づいたらそれが自分の個性になっていた。この個性を築き上げたのは自分だけの力じゃなく、ファンのみんなのおかげでもあるんですすべては「グループのため」爪あとを残すのに必死だったそんな唯一無二の個性を武器に活躍の場をグンと広げた中島さんだが、常に心の中にあったのは「グループのため」という思いだった。中島「とにかく爪あとを残すのに必死で、ひとつひとつの仕事に全力で挑みました。その裏にあったのは、Sexy Zoneの名刺を配りたいという強い思いだったんだけど……。それがメンバーにうまく伝わらず悩んだ時期もありました。彼らにはオレがひとりで突っ走っているように見えたのかもしれない。でもオレはオレで〝こんなに頑張っているのに、なんでわかってくれないんだよ〟と思ってしまう部分もあったりして……」そこで飛び出したのが「今だから言えるけど、オレね、当時はメンバーのことが嫌いだったんです。〝嫌い〟という言葉は語弊があるかもしれないけど……。温度が違う、合わない、そう感じることが多かったんですよね」という言葉だった。中島「あの頃は、生まれた溝を埋めるための話し合いができるような関係性でもなかったし、オレもまた思いをうまく伝える方法がわからずに自分の理想ばかりを押しつけていたのかもしれない。きっと、メンバーはメンバーでそんなオレに不満を持っていただろうなって、これもまた大人になった今ならわかるんだけど。当時は理解してもらえないことが、悔しかったしつらかったんだよね」そんなグループ内の関係性が変化したのは、それぞれが自分のフィールドで活躍するようになってから。中島「そこでやっと、お互いの大変さやそれぞれの思いを感じ取れるようになったのかもしれないし、それぞれが大人になったというのも大きいと思う。ちゃんと話し合うことができるようになって……。そこからなんだと思うんですよ、本当の意味でグループの関係性がよくなっていったのは」そんな過去があるからこそ「今のメンバーの活躍がうれしくてしかたがない」と中島さんは言葉を続ける。中島「ドラマ『青野くんに触りたいから死にたい』で勝利が主役を演じます、ドラマ『コタローは1人暮らし』に松島が出ます、そんな知らせを聞くたびに、オレね、今でもちょっと泣きそうになるんですよ。うれしくて。今、メンバーのことを好きかと聞かれたら……オレにとってメンバーはもう、好きとか嫌いとかそんな小さな次元で考える存在ではなくて。ただ、言えるのは誇りに思っているということ。ね、うちのメンバー面白いでしょ、みんなもっと気づいてよって、オレの中にあるのは今もそんな気持ちなんです」オレはパパ、菊池はママ。5人は“家族”なんだと思う中島「B.I.Shadowの頃から、約13年間ずっと一緒に人生を歩んできた、オレにとって菊池は人生の相棒のような存在。オレの喜怒哀楽を隣でずっと見てきた人だから。たまに思うんですよ、中島健人をいちばん知っているのは彼なんじゃないかなって。それだけに、彼に対しては特別な思いがある。そして、そんな菊池がバラエティ番組を中心に、ウイットに富んだ才能を生かしている姿は本当にうれしくもあって。年下3人に関してはまた菊池に対する思いとは違う思いがオレの中にある。なんだろう、Jr.経験が浅いままデビューした彼らの成長過程を身近で見てきただけに、少し父親のような目線で見てしまうことがあるというか。松島は本当に才能豊かで。そのなかでもアイドル能力がずば抜けて高い。出会った頃はお猿さんみたいだったのに、今ではイケ散らかしちゃって、色気まで漂わせていますからね(笑)。ベイビーだったマリウスも今では“カッコいいな”と見とれるほどの立派な大人に。インテリジェンスな姿勢や知識を武器に自分の道を見つけて歩んでいるなって思う。勝利はセンターという重荷を背負わされたうえに、上と下にはさまれて、いろんなことと戦ってきたから。本当に強くなったなって思う……。その成長を感じるたびに感慨深い思いでいっぱいになることもあって」そして「勝利からも言われたことがあるんですよ。“ケンティはパパだよね”って。その理由を尋ねたら“いつも仕事頑張ってるから”って。それを聞いて的を射ているなと思った」と中島さんは笑う。中島「で、オレがパパなら、そのママはやっぱり菊池なんだよね。メンバーのケアをしてくれていたり、オレの知らないところでグループを支えてくれていたのはやっぱり彼で……。Sexy Zoneってグループであり家族だったんだと思うんですよ。よく“親も最初から親だったわけじゃない。子供と一緒に成長していく”って言うけど、新米パパと新米ママだったオレと菊池もきっと同じなんだと思う。で、10年後にようやく家族らしい家族になれたっていう。そこがSexy Zoneの面白いところだよね(笑)」今はそんな家族と一緒に過ごす時間が、とても心地いいそうだ。中島「以前は“全部、自分で背負わなきゃ”と思っていたものを、今ではメンバーが分担して背負ってくれていると思えるようになった。さらには、それぞれが担っている役割がどんどん豊かに大きくなっている気がする。そこには信頼感しかない。だからこそ今、オレの中に自分のことに集中できる余裕が生まれて。30歳までの3年間は攻めまくりたいと思っているんですよ。10周年を目前に控えた今、グループとしても、個人としても、新しいスタート地点に立ったような気持ちで。“これから”が本当に楽しみなんです」最後に、あらためて「中島健人にとってSexy Zoneとは?」と尋ねると、こんな答えが返ってきた。中島「やっぱり家族なのかな。でも、今はもう親子ではなく横並び、友達みたいな兄弟になっていると思う。年下メンバーを頼ることもあれば、彼らに教えてもらうことも多いしね。昔は同年代のグループをうらやましく思ったこともあるけれど、そうじゃなかったから、悩み迷った時期があるからこそ今の自分がいる。今は心から思っていますから。Sexy Zoneでよかったって」Sexy Zone中島健人「今だから言える、メンバーへの思い」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る 【Sexy Zone 10thインタビュー】佐藤勝利佐藤勝利を構成する「10のキーワード」さとう・しょうり●1996年10月30日生まれ、東京都出身。Sexy Zoneの頼れるセンター。主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ『青野くんに触りたいから死にたい』が2022年春に放送予定など、俳優としても活躍の幅を広げる佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【1】生真面目「周りから『真面目だな』と言われることがある。『もっと柔軟になれたら』と思うことはあるけれど、自分を曲げることはやっぱりできない」(佐藤勝利、以下同)佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【2】同志「一緒に戦う人がいるから前に進める。いつだって僕に力を届けてくれる存在」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【3】面倒くさがり「グループ、作品、楽曲……ベクトルが好きなものに向いている時は頑張れるけど、本当の僕は面倒くさがり屋」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【4】ブレない芯「今も昔も“大切なもの”は変わらない。変えることはできないし、変えたいとも思わない」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【5】家族「“当たり前”だけど“大切なもの”」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【6】笑い「“笑い”にはものすごく知力を感じる。誰かを笑顔にできる、楽しませることができる、僕もそんな人でありたいと願う」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【7】美学「“人と同じ”は好きじゃない。自分だけの何かを探しながら、自分の道を自分の足で歩いていきたい」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【8】探究心「小さい頃から『なんで?』を繰り返す子供だった。そんな僕に母は『疑問を持つことはよいことだ』と言ってくれた。大人になった今も僕はたくさんの『なんで?』を抱えて生きている」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【9】ハマる力「心ひかれたものに対してはとことんハマる傾向がある。『なんでできないんだろう』、『どうしたらできるんだろう』もっと先へ、もっと奥へ、僕の興味は終わりがない」佐藤勝利を構成する「10のキーワード」【10】センター「佐藤勝利の存在意義。今も昔もこれからも、ずっと大切にしていきたいもの」Sexy Zone佐藤勝利を構成する「10のキーワード」佐藤勝利のロングインタビュー佐藤勝利さんが語る、グループへの熱い思い佐藤「僕、芸能界にはまったく興味がなかったんです。この世界に入る前は音楽番組すらまともに観たことがなかったし、自分の外見を気にしたこともなかった。そんな自分がまさかエンターテインメントの世界に飛び込むことになるなんて、本当に想像もしていなかったんですよ」デビューから約10年、Sexy Zoneのセンターとして、ステージの真ん中で圧倒的な輝きを放ち続けてきた佐藤勝利さん。彼の物語はそんな意外な言葉からスタートした。佐藤「ジャニーズ事務所のオーディションも自分からではなく、母に半ば無理やり連れていかれて参加したんです。ただ、その会場でスイッチが入った。扉を開けた先は夢や目標に向かって突き進む人たちの強い意志と熱気にあふれていて。幼い僕にとって、初めて目にしたその光景はとても衝撃的でした。そんな人たちの前で何もできない自分が悔しかった、負けたくない、勝ちたいと思った……。その思いがこの世界に飛び込む大きなきっかけになったんです」まったく興味のなかった世界に足を踏み入れたのは「ジャニーさんの存在も大きい」と佐藤さんは続ける。佐藤「僕は幼い頃から“誰かと同じ”が好きじゃなくて。変わっているもの、面白いもの、普通じゃないものが好きでした。そんな僕の興味を引いたのがジャニーさんだったんです。今までつくり上げてきたものも唯一無二なら、ジャニーさんという存在も唯一無二。すごいな、面白いな、変わっている人だなって(笑)。そんな大人に出会ったのが初めてだったので。何を考えているのか、気になったし知りたかった。また、ジャニーさんはそれまでエンタメに触れたことがなかった僕にいろんな世界を見せてくれたんです。そのひとつひとつが僕にとっては衝撃的で、それもまた僕の好奇心や探究心をかき立てたんですよね」デビューして砕け散った幼さゆえの“根拠なき自信”14歳の誕生日にジャニーズ事務所に入所、そして、その11カ月後にはSexy Zoneが結成。異例とも言えるスピードでデビューへの階段を駆け上がった佐藤さん。佐藤「周りからは“早い”と言われたけど、デビューが決まった時に僕は正直あまり驚かなかったんです。その理由は“自分はデビューできる”と信じていたから。強気というか、無邪気というか、当時の僕は妙に根拠のない自信を持っていて。センターを任された時も同じ。ジャニーさんから“YOUは真ん中だよ”と言われ続けていたのもあって、なんの疑問も持たずに“そうですよね”とすんなり受け入れている自分がいたんですよ。今振り返れば、そんなふうに思えたのはきっと、無知だったからなんだと思う。よくも悪くも何も知らなかったからこそ、ある意味、純粋にすべてを受け入れることができたというか。でも、それは決して悪いことではなくて。あの頃の写真を見返すと、当時の僕はすごく“強い目”をしているんですよ。まあ、それも経験を積み重ねる中で自分の無力さを痛感して、しだいに変わっていくんですけどね(笑)」未知なる世界に飛び込んだ佐藤さんを支えていた“無知ゆえの根拠なき自信”。しかし、それはデビューして間もなく砕け散ることになる。佐藤「デビューするということは、グループ名の看板を背負い、佐藤勝利という名前を掲げ、表舞台で勝負すること。もちろん、何をするにも評価を伴うようになるわけで。そこで、僕は自分が何もできないということを痛感することになるんです。今でも忘れられないのが、サポーターを務めさせていただいたバレーボール大会の生放送。時間内にコメントを収めることも、VTRの振りすらまともにできなくて。進行を間違えてあわや放送事故が起きそうになったことも。僕だけでなく最年長のケンティ(中島健人)まで一緒に怒られてしまい落ち込むこともあったし……。初めてのドラマ『ハングリー!』も挫折の嵐でした。求められることに応えることができない、柔軟に対応できない、まともな芝居ができない。それはもう、かなり落ち込んで。15歳ながらに思いましたからね。もうドラマの仕事は来ないかもしれない、僕の人生終わったなって」気づけば攻撃から守備へ。臆病になっている自分がいたセンターポジションと華やかな経歴ゆえに“恵まれたアイドル”というイメージを持たれがちな佐藤さんだが、実はその歩みの裏側にはたくさんの苦悩や葛藤が存在している。佐藤「今でこそ、松島(聡)とは親友みたいに仲がいいんだけど。実はデビュー前後、彼と少しバチバチしていた時期があったんですよ。年齢が近い彼に対しては負けたくないという想いもあったし、ある意味、ライバルみたいな存在だったのかもしれない。一時期、ジャニーズJr.の間で“すごい歌がうまいヤツがいる”と話題になったことがあって。それが松島だったんですよね。さらに、彼はダンスのうまさでもすでに注目を集めていて。それが悔しかったんだと思う。歌もダンスもできない、そんなコンプレックスが僕の中にずっとあったから……」ここで、佐藤さんが続けたのが「僕は決して器用な人間ではないんです」という言葉だった。佐藤「自分はいろんなものが足りない、できないことがたくさんある、それを自覚するようになってからはグループの中での意識も変わりました。ひと言で言うと“攻撃”ではなく“守備”に回るようになったというか。メンバーはよく僕のことを“グループを俯瞰することのできる、Sexy Zoneのバランサー”と言ってくれるんですけど。それは、僕にできることがそこしかなかったからなんです。歌やダンスがうまければ、もっと前に出て攻撃に徹することもできたかもしれない。でも、僕にはその力がない。だからこそ、欠けている能力を補填するように守備に徹したというか。それが正解だったのか不正解だったのか、今でもよくわからないけれど……。あの頃の僕にとっては、それが“自分がグループの中でできること”の最大級のベストだったんです」年上メンバーと年下メンバーの懸け橋となり、ときにはグループの意見を事務所に伝える役割を担うことも。自分よりも常にグループのことを考え優先して考えて動く、それが当時の佐藤さんの姿だった。佐藤「ひとりではなく仲間と何かをつくりたい、仲間と力を合わせて前に進みたい。単純に“集合体が好き”っていうもともとの性格も影響しているんだろうけど。そうすることで、自分がグループにいる意味を、存在意義を、つくりたかったんだと思うんです。そうやって、あの頃の僕は自分を保っていたんだと思う。でも、それが少し行きすぎてしまったというか。“引くのが美学”みたいなものが自分の中に生まれ、それが悪いくせとなって身についてしまい……。しだいに気づくわけですよ、“このままじゃダメだな”って」当時、初めて会う人によく言われたのが「勝利君は話すと意志があるし、内側に秘めた炎を持っている人なんだね」そんな言葉だった。佐藤「つまりそれは、僕という人間が周りにちゃんと伝わっていないということなんです。“引く美学”と言ったら美しく聞こえるかもしれないけど、実際は臆病なだけ。また、その自分の中で勝手につくり上げた美学を貫けば貫くほど、さらに臆病になっていくんですよね。自分はベンチからバッターを見守るばかりで、バッターボックスに立とうとしないから、いざそこに立った時にはうまくボールを打つことができない。だからこそ、思いきりバットを振るのがどんどん怖くなってしまって……。そんな僕が変われたのは、時間もあるし、経験もあるし、ジャニーさんが亡くなったのもきっと大きいんだと思う。今まではジャニーさんが思い描く理想を目指していたけれど、これからは自分たちが思う理想を描き出していかなければいけない、そんな思いも背中を押してくれた気がします。それまではから振りするのが怖くて、バントばかりしていた僕ですが、しだいに大きくバットを振ることができるように。ホームランを打つためには思いきりバットを振らなくてはいけない。から振りしてしまう可能性もあるけれど、それを恐れずにまずは自分らしく思いきりバットを振ってみようって」Sexy Zoneがいるから僕は今ここに立っているそう語りながら「そもそも“みんなと同じ”が好きじゃない僕は安全策や平均点を狙うようなタイプではないのにね。自分らしく歩けるようになるまで、ずいぶん時間がかかってしまいました」と笑った佐藤さん。佐藤「デビュー前の話になるんですけど。僕はジャニーズのこともよくわからないままこの世界に飛び込んだので。入所してから、レンタルCDショップに通って、そこで借りることができるジャニーズの先輩たちの楽曲を1から100までほぼ全部聴いたんです。知らないと何も始まらない、ジャニーズになれないと思ったから。僕はその場でポンとできないタイプというか。準備をして、学んで、理解して、納得しないと前に進むことができない。妙に生真面目なところがあるというか。また、この仕事には“こうすればそれっぽく見える”というテクニックがたくさん存在すると思うんだけど。僕はそれを選択したくなくて。そんな僕に対して“もっと上手にやればいいのに”ともどかしく感じる人もいるかもしれない。でも、僕はそれができないし、したくない。それは、今も昔もブレずに変わらない僕の美学でもあるんだけど……。僕が何よりしたくないのが、その美学に反することをグループに持ち込むことなんです。Sexy Zoneが好きだから、心からいいグループだと思っているから、ひとりではなくこの5人で“勝ちたい”とずっと思い続けているから」そこで佐藤さんから飛び出したのが「自分では想像もしていなかった芸能界という世界に今もい続けているのは、Sexy Zoneがそこにいるからなんです」という言葉だった。佐藤「Sexy Zoneはよくも悪くも型にハマらない、枠にとらわれない、個性豊かなメンバーが集まっているグループで。僕はそこがこのグループの面白いところだと思っていたし、最大の魅力だと感じていた。結成当初はまだふわっとした感覚だったけど、5人で共に歩めば歩むほど、それはどんどん確信に変わっていった。うまくいかなかったり、結果を出せないこともあったけど、僕は自分のその感覚を間違っていないと思ったし信じてきた。その熱が自分の中にずっとあったからこそ、今までも何が起きようとも走り続けることができたんです。『この5人で勝ちたい』。それが僕の原動力のすべて。勝ちたいからこそ、自分らしくない歩き方をしたこともあった。本来は面倒くさがり屋な僕が歌やダンスを頑張るのも、自分が評価されたいからではなく、グループの一員として戦いたいからなんです。誤解を恐れずに言うと、今もまだ僕は芸能界にも自分にもあまり興味がなくて。Sexy Zoneにしか興味がないんです。デビューするのが早かったのもあるかもしれないけど、ある意味、僕にとってSexy Zoneは人生そのもので。たまに思うんです、ひとりでやっていくことになったら、続かないかもしれないって。それくらい、自分にとっては当たり前のものであり大切なものなんです」佐藤さんが見ているのは常に“ひとり”ではなく“5人”の未来。その歩み方は「これからもきっと変わらないと思う」とまっすぐな目で語る。佐藤「僕が勝つことにこだわるのはこの名前もあるのかな。“勝利”は亡き父がつけてくれた名前。僕は姉とふたりの兄がいるんですけど、忙しい父が出産に立ち会えたのは末っ子の僕だけで。その感動と衝撃がこの名前になったらしいんです。生まれたこと、そのものが人生の勝利だと。その人生を僕は同志と共に歩んでいきたい。喜びも悔しさも分けあいながら、その歩みをかけがえのないものにしていきたいなって思うんです」Sexy Zone佐藤勝利「原動力は"メンバー5人で見る未来"」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る 【Sexy Zone 10thインタビュー】松島 聡松島 聡を構成する「10のキーワード」まつしま・そう●1997年11月27日生まれ、静岡県出身。メンバーからも“ダンスの要”と言われるほどの表現力で、グループを支える存在。ドラマ『コタローは1人暮らし』では連続ドラマに初出演するなど、俳優としても活躍する松島 聡を構成する「10のキーワード」【1】笑顔「昔はうまく笑えないのがコンプレックスだった。でも、笑えるようになった時、笑顔は僕の武器になった。笑顔は伝染する。見てくれる人を幸せにしたい」(松島聡、以下同)松島 聡を構成する「10のキーワード」【2】好奇心旺盛「よく言えば“好奇心旺盛”、悪く言えば“三日坊主”。興味があちこちに飛び火してなかなか定まらないけれどいろんなものに触れ、吸収することができるから、けっこう楽しい」松島 聡を構成する「10のキーワード」【3】観察力「人の行動や話し方を見ながら想像を膨らませてしまう。これはもうクセみたいなもので『観察力に長けているからものまねに向いている』とものまね芸人のホリさんから言われたこともあったりして」松島 聡を構成する「10のキーワード」【4】末っ子気質「周りから『甘えん坊』だとよく言われる。年上の人といると、より“弟感”が増すらしい僕は姉がいる末っ子っなんですけど。本当はお兄ちゃんが欲しかったんです。そう思うようになったきっかけは風磨君。あんなお兄ちゃんが欲しかったし、今でも欲しい(笑)」松島 聡を構成する「10のキーワード」【5】アート「僕が愛してやまないもの。可能性が無限大。ルールがなく自由に表現できるアートはジャニーズにもよく似ている」松島 聡を構成する「10のキーワード」【6】「嫌い」「僕が絶対に使わない言葉。『嫌い』はすべてをシャットダウンして自分の可能性すらゼロにしてしまうから」松島 聡を構成する「10のキーワード」【7】A型「カバンの中も部屋も常にきれい。朝は必ず掃除機をかける几帳面な性格は父親譲り」松島 聡を構成する「10のキーワード」【8】人見知り「『誰とでも仲よくできる』イメージを持たれるのはきっと、人見知りがゆえに頑張って話そうとしてしまうから」松島 聡を構成する「10のキーワード」【9】和洋折衷「和と洋の融合は素晴らしくて最強。それは世界でひとりのシンメ(立ち位置が左右対称のメンバー)であるマリウスが僕に教えてくれたこと」松島 聡を構成する「10のキーワード」【10】ありがとう「ひとりでできる仕事もなければひとりで生きていくこともできない。たとえ、直接伝えることができなくても心の中に『ありがとう』を忘れずに抱ける自分でありたい」Sexy Zone松島聡を構成する「10のキーワード」松島 聡のロングインタビュー松島 聡さんが語る、グループへの熱い思い松島「僕がジャニーズ事務所に入ろうと思ったのは、姉が見せてくれたHey! Say! JUMPさんのライブDVDがきっかけなんです。そこで、“こんな世界があるんだ!”と衝撃を受けて。“僕もあの世界の一員になりたい!”と好奇心の赴くままに自分で履歴書を送ったんですよ」松島さんがジャニーズ事務所に入所したのは13歳の頃。その一枚のDVDに出合うまで「芸能界のことはもちろん、ジャニーズのこともよく知らなかった」と振り返る。松島「だからね、入所当時の僕の夢は Hey! Say! JUMPさんのバックダンサーになることだったんです。自分がアイドルとしてデビューすることではなくて(笑)。そもそも、ジャニーズJr.の中から選ばれた人がデビューするという仕組みすら知らなかったので。自分がデビューできるなんて想像もしていなかったからこそ“あの世界の一員になりたい”という願いが叶っただけで大満足。よくも悪くも野心や欲が全然なくて。みんなと歌ったり踊れる毎日がただただ楽しくてしかたなかったんですよね」そんな松島さんの人生が一変したのが、2011年9月29日に行われたSexy Zoneの結成会見。それは彼がジャニーズ事務所に入所してから、わずか数カ月後の出来事だった。松島「たしか、その日はKis‐My‐Ft2さんの舞台に出演していて。楽屋に戻ったら衣装が5着並んでいたんです。わけもわからずその衣装に着替えると“今からステージに立つよ。そこで、フラッシュをたくさん浴びると思うけど驚かないでね。胸を張って堂々と自分の名前を言うんだよ”と言われて……。そこで初めて知ったんですよ、自分がSexy Zoneというグループの一員になることを。でも、実は僕自身はあまり驚いていなくて。これもまた無知ゆえなんですけど、“バックダンサーの新しいユニットが生まれた”くらいにしか思っていなくて。華やかな結成会見も“世間を楽しませるためにジャニーさんが考えた新しい演出かな”と思っていたんです(笑)。家に帰ると家族は“大変なことになった”とアワアワしているし、翌日の学校も大騒ぎだったんですけど、そこでも僕はまだ“次のJUMP兄さんたちのコンサートもバックで踊れたらいいな”しか考えていなかったっていうね(笑)」入所後、数カ月でデビュー。“戸惑い”でいっぱいだった松島「ただ“楽しい”だけだった毎日に“戸惑い”や“不安”が生まれ始めたのは、やっぱりデビューしてからなのかな。まず、僕は入所して一年もたたないうちにデビューしたので、圧倒的に経験が足りなかったんだよね。何が正解なのか、何が間違っているのか、何がわからないのかすらもわからない。もちろん、そんな未熟な僕をメンバーはサポートしてくれるんだけど……。罪悪感みたいなものがずっと自分の中にあったかな。そもそも、僕はデビューを目指してこの世界に飛び込んだわけではなかったから。本気でデビューを目指し頑張っている仲間たちに対して“申し訳ない”って、どこか後ろめたさを感じてしまう自分がいたんですよね」ステージの上に立つたびに感じていたのは「自分はここにいていいのか」という思い。「あの頃は、自分に自信を持つことができなかった」と松島さんは振り返る。松島「当時の僕からするとメンバーさえも“すごい人たち”だったんですよ。まず、ケンティ(中島健人)や(菊池)風磨君は大先輩であり、僕にとってはいつも優しくしてくれる“大好きなお兄さん”でもあって。ふたりのいる楽屋に遊びにいくのが楽しみでしかたがなかった。マリウス(葉)もジャニーズJr.の中では生粋の愛されキャラで。ドイツから日本にやってきた彼がリハ室に入ってくると、全員がマリウスだ! って駆け寄り先輩までもが笑顔になる、そんな光景を目にして“いったい、この子は何者なんだ?”と。驚いた初対面の記憶は今も鮮明に残っていますからね(笑)。(佐藤)勝利もまたジャニーズJr.の中では特別な存在でした。ビジュアルも存在感も圧倒的で、みんなから一目おかれる人だったんです。だからこそ、そんなメンバーについていくために、当時の僕はいつも必死で……」そこで飛び出したのが、デビュー当初のこんなエピソードだった。松島「あの頃の僕は勝利とぶつかることが多かったんです。今振り返ると、年齢も近いし、どこかライバル視してしまう自分がいたのかな。どんなに頑張っても追いつけない、彼のいる場所に届かない気がして。勝利の持っているものすべてが羨ましかったし、悔しかったんだよね」実は、以前のインタビューで同じエピソードを語っていた勝利君。そこで彼が言った「歌もダンスも、自分にはない才能を持っている松島が羨ましかった」という言葉を伝えると「勝利もそうだったんだ……。なんかうれしいな」と松島さんは感慨深げに呟き照れくさそうに笑った。ステージを降りなかったのは大切な仲間がそばにいたから松島「実はあの頃、何度も思ったことがあるんですよ。もう、やめたほうがいいんじゃないかって。僕はこのステージに立つべき人間じゃないのかもしれないって。それでもやめずに続けたのは、支えてくれる大切な人がいつもそばにいたからなんだと思う。メンバーはもちろんだけど、僕にとってマリウスはとても大きな存在で。シンメであるのと同時に、経験が少ない環境も同じで、共有できるものがたくさんあったというか。何度も助けられたし、一緒にいくつもの壁も乗り越えてきた、僕たちの間には強い絆があって。うまく言葉にできないんですけど、マリが隣にいるだけで僕は安心できるし、頑張ろうという気持ちになれるんですよ。今でもたまに思うんです、マリがいなかったら、最初の数年で僕は諦めてしまっていたかもしれないなって」過去にはそんなマリウスさんと離れて活動した時期も。その時もまた「支えてくれたのは周りの大切な人たちだった」と松島さんは続ける。松島「僕とマリはSexy Zoneから少し離れてそれぞれ別のユニットで活動していた時期があるんです。それは、ジャニーさんが経験の浅い僕たちを成長させるために用意してくれた時間だったと思うんですけど。正直最初は戸惑ったし、不安だった。でもそんな僕を救ってくれたのが、同じユニットのメンバーである松倉海斗と松田元太(2人ともTravis Japan)だったんです。ふたりからの“また聡と一緒にやれてすごくうれしい”というまっすぐな言葉は、仲間たちに対して申し訳ない気持ちを抱えていた僕の心にとても強く響いた。そう言ってくれるふたりの存在が“ここで諦めちゃダメだ”と僕の背中を押してくれた。ふたりの思いに応えたい、このユニットを盛り上げたい、そのためにもジャニーズJr.歴の長いふたりからいろんなことを教えてもらおうって」実際、ふたりと過ごした時間は「大切な経験になったし、とても大きなプラスになった」と振り返る。松島「Sexy Zoneに戻り5人で活動するようになった時も、デビュー当時とは違って堂々とステージに立てる自分がいたし。自分の中にたくさんの引出しを蓄えることができたからこそ、その引出しを早く開けてグループに貢献したいという気持ちがさらに高まった。今でもふたりには本当に感謝しているんです」ずっと自信を持つことができなかった松島さんのSexy Zone創成期。松島「でもね、5人で活動するようになってから、自信を持てるようになったのかと聞かれたら……。それはまた別の話で。僕が本当の意味で100%自分に自信を持てるようになったのはきっと休養期間を終えてから。実は本当に最近の話なんです」 “ありのままの自分”がいい。もう嘘をつくのはやめました松島さんが病気療養のため活動休止を発表したのは、2018年の出来事。仕事から離れ心と体を休めることに専念していた彼がステージに戻ってきたのはその約2年後、2020年の夏だった。松島「ここで伝えておきたいのが、僕がお休みしたのは仕事のせいだけじゃないってことなんです。それまでの僕の中には見ないふりをしていたことやふたをしてしまっていたことがたくさんあって。それが積み重なってパンクしてしまったのが、あの頃の僕だったんです。自分と向きあえていなかったからこそ、僕には時間が必要だった、それが僕にとっての休養期間で。実際、時間をかけて自分と向きあったことで、心が整理されたし、自分とのつきあい方もわかるようになって、すごく強くなれたとも思う。そしてそれが今の自分の大きな自信にもなっていて」休養期間を経て、松島さんの中ではさまざまな変化があったそうだ。松島「変わったと感じることはいろいろあるけど。いちばんはやっぱり“ありのままの自分”で周りと接することができるようになったことなのかな。以前の僕は遠慮ぎみだったというか。自信がないからこそ“嘘”が多かった気がするんです。たとえば、相手を傷つけないために自分の意見を引っこめたり、心の中では違うと思いながらも相手の意見に賛同してしまったり……。でも、嘘が多い関係は長続きしないし、何も生み出さないし、自分の負担にもなってしまうんだよね。違うことは違う、うれしいことはうれしい、メンバーに対する愛情もちゃんと“好き”と言葉にして伝える。復帰後の僕はものすごく素直になれていると思う。そして、それは仕事に対する姿勢にも通じていて。僕ね、デビュー当時は自分のキャラクターがよくわからなかったんです。僕たちはジャニーさんから“自分で考えなさい、自分で行動しなさい、他人と同じことをするのをやめなさい”と育てられた。でもそれが僕には難しくて。誰ともかぶらない“自分”を見つけるために、生意気にイキってみたり、おバカを突き通してみたり、可愛い弟キャラを演じてみたり。でも、それって結局は“自分”じゃないんだよね。だから、復帰後はもう迷走するのをやめました。そこもまた“ありのままの自分”でいいじゃんって。遠回りしたけれど“自分らしくいることがいちばんの個性なんだ”って、ようやく気づくことができました」 遠回りしたかもしれないけど大切なものをたくさん見つけた今の彼は無理せず背伸びせずありのままの自分で毎日を楽しんでいる。松島「実は僕、今まで目標を持つことができなかったんです。そもそも“バックダンサーになりたい”からすべては始まっているので。その夢を叶えてからは、自分がどこにいるのかも何を目指しているのかもわからないまま、激流の中をグルグル回っていた。でも、今はちゃんとその目標も持つことができている。自分の固定観念を捨てて、スタッフのみなさんが用意してくれた世界に染まる、カメラの前に立つ被写体の仕事をもっとしたいし。自分ではない誰かを演じる役者の仕事ももっと追求したい。僕はやっぱり“表現”が好きなんです。自分らしく歩めるようになってから、あらためてそこに気づくことができた。実はこんな欲が出てきたのは初めてのことで。それがすごくうれしかったりして」自分の武器や個性や願いがわからないと進む道が見えない。自信がないと「したい」、「やりたい」が言えない。それができている「今の自分はすごく好き」と彼は言葉を続ける。松島「本当の意味での僕のスタートラインは復帰した昨年だと思うんです。そこから、やっと自分らしい人生が始まった。だから、僕はまだ1歳なんですよ(笑)。でも、それは決して悪いことではなくて。10年やってきているのに、まだまだ新鮮に感じることがたくさんある。それってすごく幸せなことだと思うんだよね」グルリと遠回りしてしまったかもしれない。でも「だからこそ、見つけたものもたくさんある」と微笑む。松島「人生にはいろんな道があるから。正直、違うプランを考えたこともあるんです。でも、やっぱり違う道を歩く自分は自分じゃないと思った。ジャニーズ人生しか、5人で歩む未来しか、僕は考えることができなかった……。休養中、家のテレビで4人を観た時もそこに自分がいないことが寂しかった、4人に会いたかった、また一緒にものづくりをしたいと思った。そこでも強く感じたけど、僕にとってはSexy Zoneって“当たり前”な存在なんです。考えない日はないし、夢にも出てくるし、家族の会話にも出てくる。人生の、日常の、体の一部みたいな感覚で。今も昔も頼れる存在のケンティと風磨君も、今では親友のような勝利も、強い絆で結ばれているマリウスも大切な僕の一部。だからね、今はマリがお休みしているけど寂しくはないんです。遠く離れていたとしても、いつも感じるし、いつも僕の中にいるから。そう思えるのはきっと、決して平坦ではない道のりを一緒に歩んできた10年があるからこそ。こんな関係はなかなか築けないと思う。だからね、やっぱり僕は5人で歩む未来しか考えられないんですよ」Sexy Zone松島聡「遠回りしたからこそ“5人で歩む未来”へ」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る 【Sexy Zone 10thインタビュー】菊池風磨菊池風磨を構成する「10のキーワード」きくち・ふうま●1995年3月7日生まれ、東京都出身。Sexy Zoneとして2011年にデビュー。音楽業のほか、俳優としても活躍。『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系・土曜20:00〜)でのギャップある姿が話題に菊池風磨を構成する「10のキーワード」【1】あまのじゃく「『ダメ』と言われることほどやりたくなるし、みんなが同じ方向を向くのなら逆に進みたくなる。周りと“違う”のは決して悪いことばかりじゃない」(菊池風磨、以下同)菊池風磨を構成する「10のキーワード」【2】キレイ好き「散らかっている家に帰ると気持ちがなえる。気持ちよく家に帰りたいじゃないですか。だからこそ、家を出る前に部屋はほぼ完璧な状態に。ホテルみたいですからね、僕の部屋」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【3】等身大「“芸能人”という枠の中に自分をとじ込めたくはない。高校生の時は高校生らしいことを大学生の時は大学生らしいことを26歳の今は26歳らしいことを。ひとりの人間としてシンプルに“今できること”をちゃんと楽しみながら生きていきたい」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【4】嘘がつけない「嘘はつこうと思えばつけるのかもしれないけど、そんな自分を客観的に見て恥ずかしくなってしまう。だから、嘘はつけないし、つかないし、お世辞や気の利いたことも言えないんですよ」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【5】米が好き「食事は米がなければ始まらない。最期の晩餐に食べたいのは焼肉と米。白米は菊池風磨のエネルギー源である」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【6】家族「振り返ると、若い頃はダメな息子だったと思う。そんな自分を見放さず愛し続けてくれた家族はかけがえのない大切なもの。大人になった今は少しずつ“守られるもの”から“守っていくもの”に変わっている気がする」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【7】友達「友達に恥じるような人生は送りたくない。背すじを伸ばしてくれる存在であり、人生を正してくれる存在であり、いつも背中を押してくれる存在」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【8】緑「菊池風磨は無類の夏好き。その理由のひとつが『生い茂る緑が好きだから』。自分が緑に癒されることを2021年の夏に気づきました」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【9】ニュートラル「常に物ごとを俯瞰し客観的に判断する、どっちかというと冷静なタイプ。基本、ニュートラルな人間だからこそドキドキを求めてしまうんだと思う」菊池風磨を構成する「10のキーワード」【10】高揚感「とにかく、何においても、ドキドキしていたい。胸を高鳴らせながら生きていきたい。そんな自分にこの仕事は向いていると思っている」Sexy Zone菊池風磨を構成する「10のキーワード」菊池風磨のロングインタビュー菊池風磨さんが語る、グループへの熱い思い菊池「もの心ついた頃、幼い僕に強烈な印象を与えたのが嵐さんだったんです。そして、“嵐みたいになりたい”と憧れたのがジャニーズ事務所を目指すきっかけで。中学生になってから、自分で履歴書を送ったんですよ」入所後間もなく中島健人、松村北斗、髙地優吾と共にB.I.Shadowとして活躍するなど、多くの人の注目を集めながら華やかなスタートを切った菊池さんのジャニーズJr.時代。菊池「今振り返ると、本当に恵まれていたなって思うんだけど。あの頃の僕はやたらと根拠のない自信に満ちあふれていて。それこそ“自分は絶対にデビューする”って、疑うことなく信じていましたからね(笑)。で、実際にその3年後にそれは現実になるんですけど……。ただ、そのデビューは自分が思い描いていたものとはまったく違うものだったんですよ」複雑な気持ちを抱えて立ったグループ結成会見のステージ2011年9月29日、当時出演していた舞台会場から帝国劇場へと呼び出され「そこで初めて自分がSexy Zoneの一員になることを知った」という菊池さん。結成会見のステージの上で感じていたのは喜びと戸惑いと不安……。「とにかく複雑な心境だった」と当時を振り返る。菊池「根拠なき自信があったとはいえ、死ぬ気で頑張らないと続けることはできなかったし、芸能活動をするうえで犠牲にしたものもあった。それまでの自分はデビューを目指して必死に突き進んでいたわけですから、その夢が叶ったことはうれしいんです、うれしくないわけがないんです。ただ、デビューに関しては、同年代でグループをつくり上げていくんだろうなって、自分は勝手にそんな未来を思い描いていたから。まず、メンバーに対する驚きがあったんですよね。ずっと一緒に活動していた中島のことはもちろん知っていたけど、入所して間もない年下メンバーに対しては“この子たちは誰だ?”が正直な感想で。深く関わったことのないメンバーといきなり結成会見の舞台に立っていることも、バラを持って歌い踊っている自分も、Sexy Zoneというグループ名すらも、最初はなかなか受け入れることができなくて……。自分が目指していた場所はここなのか? これが正解なのか? 自問自答してしまう自分もいたんですよ」そして続いたのが「お世話になった先輩方や、一緒に活動していたB. I. Shadowのメンバーより先にデビューすることに対しても、後ろめたい気持ちもあったし。そう感じてしまうことすらも申し訳ないと思った」という言葉。さまざまな感情が入り乱れたスタート。当時は自分の気持ちをうまく整理することができず、悩んでしまうことも多かったそうだ。菊池「でもそれが“贅沢な悩み”だということもわかっていたから。誰にも相談できなかったし言えなかった。かといってまだ幼かった自分にはそれを解決する力もなくて。その不安な気持ちが態度に出てしまうこともあったりして。楽屋にいる時に誰とも話さなかったり、イヤホンをつけて自分の世界にとじこもったり……。振り返ると、本当によくない態度を取っていたなと思うんだけど。当時はそうすることでしか自分を保つことができなかったんだよね。ただただ、毎日いら立っていたし、何よりもいちばん、そんな自分にいら立っていた。それを“思春期”とか“反抗期”とかいう言葉で説明できたらいいんだけど、そんな単純なものではなくて。時間がたった今でもうまく言葉で説明できないくらい、あの頃は、心の中がグチャグチャだった」ほかのグループが眩しく見えた。悔しかったし羨ましかったそんな闇の中から抜け出すことができたのはデビューから2年たった頃。ふいに訪れた“夏休み”が大きなきっかけだったそうだ。菊池「18歳の夏、映画の撮影が予定よりも早く終わって。2〜3週間ぽっかり時間があいたんですよ。そこで友達や仲間と過ごした時間が自分にとってはすごく大きくて。その仲間というのがSixTONESのメンバーなんです。彼らはジャニーズJr.時代を共に過ごしてきたほぼ同期で。今もずっと仲がいいんですけど。オレね、実はあの6人がすごく羨ましかったんですよ。当時、すでにSixTONESの前身といえるグループがあったんですけど、そこで彼らは共に挫折を経験したり、一緒に壁を乗り越えたり、ときにぶつかりあいながらもみんなが一丸となって前に進んでいて。なんかね、そばで見ていると『週刊少年ジャンプ』を読んでいるような気持ちになるというか、それくらい本当に素敵な仲間たちなんですよ。そんな彼らの姿が腐っていたオレの目にはキラキラと輝いて見えた……。今でこそ、Sexy Zoneはこの5人だからこそのよさがあると本気で思っているんだけど。あの頃は彼らが眩しくて眩しくて……。立つ場所は違ってもお互いに“頑張ろう”と鼓舞しあえる大切な仲間であるんだけど、同時に、嫉妬的な悔しさや苦しいほどの羨望を彼らに抱いたこともあったんですよ」眩しく見えたのは高校時代や大学時代の友達も同じ。菊池「友達はみんな大学でキャンパスライフを謳歌していて。その中で、将来の夢や目標を見つけ、そこに向かってそれぞれが突き進んでいた。その姿もまたすごく眩しくて……。そこで思ったんですよ。オレはこのままじゃダメだって。仲間や友達が叶えようとしている夢を自分はひとつ叶えているのに、ウダウダしているのが情けなく思えた。この人たちに恥じるような生き方はしたくないと思った。だからこそ、あの時オレは決意したんです、腹をくくって目の前の仕事とちゃんと向きあおうって」自分の中でパチンとスイッチが切り替わる音がした。菊池「それまでは、グループやメンバーだけでなく、何より自分と向きあえていなかったんだよね。自問自答しながらも、答えを出したら何かが変わってしまいそうな気がして、ずっと目を背けていたというか。でも、それじゃあ何も変わらない。まずは逃げずに向きあおう、覚悟を決めて前に進もうって。そこからなんです、僕の中で意識が変わり始めたのは」なかでも、彼を大きく変えるきっかけになったのが、コンサートの構成を担うようになったこと。菊池「そのきっかけは2015年から3年連続で行ったソロライブなんです。それぞれが自分で構成や演出を考えたそのライブで、僕は初めて“なんだこれ、めちゃくちゃ面白いじゃん”って手応えを感じることができて。グループのコンサート構成も手がけてみたい、その思いを最初に伝えたのが中島なんです。2017年、3年続いたソロライブが終わろうとしているその時に、初めて中島のステージを観にいって。そこでいろんな話をしながら“やらせてほしい”と伝えたら“いいじゃん、やりなよ”と受け入れてくれて。ほかのメンバーにもその気持ちをひとりひとり伝えた。オレが自分から“何かしたい”と思ったのも、それを言葉にして伝えたのも、それが初めてだったから。メンバーはきっと驚いていたんじゃないかな」「中島のライブに行け」先輩の言葉が僕を変えた周りにも自分にも嘘がつけないまっすぐな性格だからこそ、心の中に生まれるさまざまな思いを無視することができなかった。迷い悩みながらも、いつだって正直に自分の思いと向きあい、一歩一歩前に進んできた。そんな自分の歩みを振り返りながら「前に進めたのは自分ひとりの力じゃなくて、支えてくれる人たちがいたからなんです」と彼は言葉を続ける。菊池「腐っていた時期も、ちゃんと叱ってくれたり、ダメなものはダメって言ってくれたり、そんなオレを見捨てずに向きあってくれる大人が周りにいた。その存在に救われたことも何度もあったし。ずっと誰にも言えなかった自分の思いや悩みを話せる先輩と出会えたのも大きかった。そのひとりが(櫻井)翔君で。18歳の時に初めて食事に連れていってもらったんですけど。同じ大学の先輩後輩という関係でもあったので、最初は学業の相談をしていたんですよ。そこから少しずつ個人的な話やグループの相談もするようになっていったんですよね。ドラマ共演をきっかけに可愛がってくれたのが山下(智久)君。最初は僕のことを“生意気そうなヤツ”と思ったらしいんですけど(笑)。どこか自分と似ている気がすると言ってくれて。そんな山下君が引きあわせてくれたのが村上(信五)君なんです。この3人の先輩たちがいなければ今の自分はいないと言っても過言ではないほど、いろんな話を聞いてもらったし、たくさんのアドバイスももらってきた。それこそ、中島のソロライブを観にいけと言ってくれたのも、実は山下君なんですよ。“自分は若くて気づけなかったことがたくさんある。そんな昔の自分に伝えるような気持ちで言うから聞いてくれ。おまえは中島のライブに行くべきだ。メンバーともっとちゃんと向きあうべきだ”って。あの山下君の言葉があったから自分は変わることができた。だからこそ、今でも本当に感謝していて」思いどおりになんかならない だからSexy Zoneは面白いグループと向きあいコンサートの構成を考える、そんな作業を積み重ねることで「メンバーやSexy Zoneの魅力をあらためて深く知ることができた」と菊池さんは語る。菊池「(佐藤)勝利は“内気な子”、松島(聡)は“ずうずうしい子”、マリウス(葉)は“裕福な子”。デビュー当時、年下メンバーに関してはひとくくりで“子供”って感じだったんですけど(笑)。勝利は内気な分、誰よりもいろんなことを考えていて。言葉にせずとも、自分の中の正解に向かい理論立てて進んでいく人なんだとわかったし。松島のずうずうしいほどの人懐っこさもひとつの武器で。彼だからこそ、メンバーが落ち込んでいる時や元気がない時、心の内を開いてあげることができるんですよね。マリウスは僕たちが思っている以上に人の幸せを願っていて。他人を心から愛することができる人。だからこそ、自分のことももっと愛してほしいなと思うような人。ただの“裕福な子”じゃないこともわかりました(笑)。中島は……正直、最初は変なヤツだなって思ったんですよ。でも、途中で気づくんだよね。“こいつ、スゲーな”って。“変わってる”ってネガティブにとらえられがちだけど、実はすごいことで。人と違うからこそできることもたくさんある、ある意味、めちゃくちゃオンリーワンなんですよね。その証拠に、この世に中島健人みたいな男、ほかにいないでしょ!?(笑)」照れ屋の菊池さんがメンバーに贈る、なんとも彼らしい最上級のほめ言葉の数々(笑)。真を突いた言葉を引き出そうとすると、その思いを見透かしたようにひょうひょうと交わし「Sexy Zoneに関してはうまく言葉にできないことが多いんですよ。無理に言葉にしようと思えばできないこともないけど、それはなんか違う気がするし。それをしてしまったら、オレじゃなくなる気がするんです」と笑う。そんな彼にあらためてデビュー10周年を迎える今の心境を尋ねると、こんな答えが返ってきた。菊池「うれしいこともあったし、感動することもあった。ただ、楽しかったかと聞かれたら……すべての時間はそうじゃないかも(笑)。でも、だからこそ、続けてこられたのかなって思うんですよ。10年前、10年後の自分たちの姿が想像できなかったように、この先のことも想像できない。思いどおりになんかならないのがSexy Zoneの面白いところで。まあ、同時に大変なところでもあるんだけど(笑)。それでも前に進み続ける、今の僕のモチベーションは……。ひと言で言うと“売れてみたい”ってことなのかな。グループで売れるっていうのはどんなものか知りたい、その場所にたどり着いた人にしかできないことも絶対にあると思うしね。これからもきっとこのグループはいろんなことがあると思うんだけど。いつか5人で見てみたいんだよね。売れなきゃ見られない風景ってヤツを」Sexy Zone菊池風磨「5人で見てみたいんだよね。売れなきゃ見られない風景ってヤツを」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る 【Sexy Zone 10th対談】お互い、どう見えてた?Sexy Zone松島聡×佐藤勝利——「僕が勝利に話しかけたのは雑誌で見るより大人びた姿がすごく気になったんだよね」(松島)——「お互いに“君づけ”をやめてタメグチで話すようになった時“友達感”が増した気がする」(佐藤)仕事もプライベートも一緒に過ごすふたりは“親友”佐藤 ジャニーズ事務所のオーディションって少し変わっていて。バックダンサーのリハーサルとか、先輩Jr.のいる場所に呼ばれて一緒に踊ったりするんですよ。僕と松島が初めて出会ったのは、そんなオーディション会場だったんだよね。松島 勝利は僕よりも数カ月前に入所していて。当時はすでに雑誌に出たり、ユニットを組んだり、注目を集めている存在だった。そんな勝利に僕から話しかけたの、覚えている?佐藤 いきなり「佐藤勝利君ですよね?」って話しかけてきたんだよね。しかも、まったく臆することなく、満面の笑みで。「驚異的なコミュニケーション能力の持ち主だな!!」って驚いたの、今でも覚えている(笑)。「LINEが冷たい」まさかの理由で大喧嘩(笑)——初めての出会いから1年もたたないうちにデビューが決定。「そこまでの関係についてはほぼ記憶がない」とふたりは声を揃える。佐藤 ただ、入所してきてすぐに聡ちゃんの噂がウワッと広まったのは覚えているんだよね。「すごく歌のうまい子が入ってきたぞ」って。松島 それ、あとから聞いてうれしかったなぁ。でも、僕個人はダンスを頑張っていたから。まさか歌が評価されているとは、当時は想像もしていなかったんだけどね(笑)。——今では親友のように仲のいいふたりだけど、過去には互いの存在を意識するあまりバチバチした時期も。MOREのソロインタビューで「自分にはないものを持っている、それがうらやましかった」とお互い語っていたふたり。佐藤 ストレートに表現すると嫉妬心。当時はまだ子供だったっていうのもあるけど、それだけ、大きな存在だったんですよね。僕たちの距離が縮むきっかけは……。雑誌で“君づけ”をやめるっていう企画があって。それをきっかけに敬語からタメグチになったっていうのも大きいのかな。そこから“友達感”がグンと増した気がする。言葉って、大事だよね。松島 マリウスと僕はSexy Zoneから離れて活動した時期があるんですけど。僕はそれも大きかったな。離れて気づけたことがたくさんあって。そのひとつがメンバーの存在の大切さ。当時『Sexy Zone CHANNEL』っていう番組をやっていて。唯一、そこが5人で集まれる場所で。勝利はもちろん、みんなに会えるのがすごくうれしかったんだよね。Sexy Zone松島聡×佐藤勝利 対談! 「松島とカップルのような理由でガチ喧嘩したことがあるんです(笑)」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る Sexy Zone中島健人×菊池風磨——「絶対にデビューしてやる! ってジャニーズJr.時代はハングリーでシャカリキだったよな、オレたち」(菊池)——「ふたりで歩いた夜のN.Y.の街。隣に菊池がいることがすごくうれしかったんだよね」(中島)ずっと一緒に歩んできた強い絆で結ばれたふたり中島 菊池との初対面は今でも覚えている。場所はオーディション会場で、1週間遅れて参加したんだよね。菊池 家のファックスが壊れているのに気づかなくてね(笑)。なんとか参加できたものの、先に参加していた仲間たちと比べると完全に出遅れた感が満載で。「もうダメだ」って半ば投げやりに。で、ヘラヘラしていたら、それを“笑顔で頑張っている”と勘違いされたみたいで。急に最前列に位置替えされて。そこで、隣にいたのが中島だったんですよ。——幼いふたりが初めて交わした言葉は「そのサンドイッチっておいしいよね」だったとか(笑)。菊池 それ、オレだ。たしかに言った記憶があるわ。でも、その前に中島が声をかけてくれたんだよ。振付けについて「これ、どうするんだっけ」みたいな。でも、遅れて参加したオレにわかるはずがなくて。「いや、ちょっとわからないっす」って答えた気がする。あの頃は敬語で(笑)。楽しさも、悔しさも、想い出を共有してきた——入所時期もほぼ同じなら、ジャニーズJr.時代は同じユニットで活動した時期も。デビュー前から濃い時間を共に過ごしてきたふたり。中島 ふたりで原宿に行ったのを覚えている? 竹下通り歩いて、買物して、最終的に男ふたりでカフェに入ってパフェ的なものを食べたの。菊池 それ、覚えてるわ(笑)。中島 あの頃は、誕生日が近いから、プレゼント交換をすることもあって。オレがハットをプレゼントしたら、お返しに羽根のついたキーチェーンをくれたんだよね。菊池 中島は一緒に過ごした時間が長いだけに想い出がたくさんあるんだけど。一緒に悔しい思いを経験したり、壁を乗り越えてきたっていう感覚もオレはあるかな。たとえば、初めて先輩のバックとして関西を回った時。当時は若くてイキっていたから「オレたちが東京Jr.代表だ!!」くらいの気持ちで行くわけですよ。中島 でも、そこにいる関西ジャニーズJr.はオレたちに目もくれず。菊池 衣装にファーとかついていて。中島 布の量が雲泥の差。こっちはベストで袖すらないっていう(笑)。菊池 そんな小さな挫折を一緒に何度も味わったりしてね(笑)。今も昔もずっと“同志”中島 どうしたら目立てるか、どんなアピールをしたらいいのか、デビューを目指し熱を上げている……。Jr.の後輩たちの姿を目にすると、昔のオレと菊池を思い出すんだよね。——同じ目標に向かって突き進む“同志”だったふたり。しかし、Sexy Zoneのメンバーとして向きあうようになってからは、距離が生まれてしまったこともあったそう。中島 デビュー当時はお互いに自分のことで精いっぱいで。何を目指せばいいのか、どこに立てばいいのか、ふたりの関係値もどうしたらいいのかわからなかったんだよね。でも、そんな時期を経て今はまたJr.時代のような関係に戻ってきている気がする。——誰よりも近くにいる特別な存在だからこそ、その関係性に悩むこともあった。でも、今も昔も“同志”であることはずっと変わらない。中島 デビューして間もない頃、菊池と(佐藤)勝利と3人でN. Y.に行ったんだよね。そこでオレたち、幼い勝利を部屋に残してホテルを抜け出したんですよ。菊池 で、ふたりでタイムズスクエアに行って、ファストフード店に入ったりして。あれ、楽しかったなぁ。中島 ひとり旅でタイムズスクエアを訪れた時、真っ先に思い出したのもあの夜のこと。菊池とふたりでN. Y.の街を歩いたっていうのが、なんかうれしくて。オレの中では今でも特別な想い出として残っているんだよね。菊池 ふふっ、うれしいねぇ。中島 やっぱり年齢が近いからかな。“5人の想い出”もたくさんあるけれど、それとはまた違う想い出が菊池との間にはあるんですよ。——あらためて絆を感じることができた“10年分の答え合わせ”。最後に、お互いに“10年分のありがとう”を伝えてほしいとお願いすると……。中島 最近は「元気を届けてくれてありがとう」だよね。菊池の出ているバラエティ番組はよくチェックしていて。普通に菊池風磨ファンだから、オレ(笑)。それを観ていても本当に面白いなって思うし、笑わせてもらうし、すごいなって思ってる。菊池 それを言うなら、オレだって「中島健人はカッコいいな」と思っているよ。やっぱり、ドラマをはじめソロ仕事をしている時って、グループの中にいる時とは違う目線で見ることができるから。それを目にするたびに思うもんね。「中島、角度わかってるなぁ」って(笑)。Sexy Zone中島健人×菊池風磨 対談! 「“5人の想い出”とはまた違う想い出が菊池との間にはあるんですよ」▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る メンバーと関わりのある「あの人」が語る!Sexy Zoneの魅力とは?セクゾの魅力、ひと言で説明させてください。共演経験、親交のあるあの人から、ファンの方々(通称セクラバ)まで。より彼らを知るみなさんに、最大の魅力を教えてもらいました。あの人が語る、中島健人の魅力「ジャニーズの未来背負い男」by ノブさん(千鳥)「アイドルの面では、本気で東山(紀之)さんを目指しているんだろうなという覚悟と努力が見られて、そのまま突き進んでほしいです。王道として。バラエティの面では、ちゃんと準備して振られた時の答えを用意してきているのを見てエライなと思っています。クイズ番組で優勝した時も、笑いだけ取って負けて帰るんじゃなく、主演俳優として、優勝して作品宣伝するぞという覚悟がすごかった。びっくりするくらい、回答ボタン連打してましたよ!」(ノブさん)「いつもたくさんの言葉が体の中に詰まっている人。ときどき、その言葉のダムはあふれ出し僕らの体にまで流れてきます」by 深川栄洋さん(Netflix映画『桜のような僕の恋人』監督)「撮影前に彼と何度か映画や役について話をしました。そのたびに、監督の僕が彼に話す分量よりも多くの言葉が彼から返ってきました。若い俳優の中ではとても珍しいことです。撮影が進み、彼の体をパンパンにしていた言葉は口から出てこなくなりました。言葉は、ひとつの呼吸、ひとつの言葉、ひとつの芝居に変化していったようです」(深川さん)「強い意志と大きな愛を持ってまっすぐに突き進む努力と愛の人」by セクラバ「継続は力なりを体現! 社会人として尊敬」by セクラバあの人が語る、菊池風磨の魅力「見た目は筋肉ボーイ、でも中身はケアを忘れない気遣い人」by ヒロミさん「体を鍛えていて男っぽいから、アイドルの時はもちろんカッコいいんだろうけど。バラエティではちゃんと『これで大丈夫ですか?』とスタッフさんや周りへのケアを忘れない。年上の人たちともいつの間にかスルッと打ち解けていたり……今の芸能界では珍しいタイプだよね。筋肉いじり、たくさんしてごめんね(笑)」(ヒロミさん)「空間把握能力に長けた男」by 村上信五さん(関ジャニ∞)「とてつもなくちょうどいい、地元の後輩みたいなやつなんです」(村上さん)「広い視野を持ってグループのことを考える、頼れる頭脳」by セクラバ「包容力とワードセンスに秀でた最強兄貴」by セクラバあの人が語る、佐藤勝利の魅力「完璧すぎるイケメン、なのに何やってもどこか抜けてるのが絶妙にダサくて、本当にいいんだよね」by ヒロミさん「勝利は顔可愛いし、誰もが認めるイケメン。なのに泳げなかったり意外なところで失敗したり……。弱いところ、完璧じゃないところもちゃんと人に見せられる。これってすごいこと。勝利に限らず、これはセクゾのいいところだよね。それにそこを乗り越えてくるのもさすがアイドル。だって番組の企画で、まったく泳げなくて最高にブサイクに泳いでたのが、最後にはダイビングできるようになってたからね。弱点を克服して、成し遂げられる人はなかなかいないと感心しています」(ヒロミさん)「子供少年くん」by 長谷川 忍さん(シソンヌ)「周りからどう見られているかわかっている、自分が求められているひと言やキャラを瞬時にできる。すごいし、気持ち悪いなぁと思ってます(いい意味で笑)」(長谷川さん)「可愛いのに裏ではプロ意識高めボーイ」by じろうさん(シソンヌ)「以前自分が脚本を担当したお笑い要素強めのドラマに出ていただいたのですが、ボケ方への不安をひとつひとつ丁寧に聞きにきてくれました。真剣に向きあってくれてることにとても感動し、すごいな、プロだなと思ってます」(じろうさん)「まっすぐ可愛いブレない国宝センター」by セクラバあの人が語る、松島 聡の魅力「ベリーベリーゴッドヒューマン」by 松田元太さん(Travis Japan)「聡ちゃんは命の恩人です。同期のオレたち、最初は何もわからない同士で不安だったよね。でもSexy Zoneとしてデビューした聡ちゃんは、本当にカッコよくてオレにとってヒーローだよ。その後に“Sexy松”で一緒に活動していた時、センター松島聡は本当にカッコよかった。つらい顔、弱音、何ひとつ見せずに引っぱってってくれてたよね。おかげでオレらも少しずつ強くなれて、いろんな景色を見られて。今、素敵な時間を過ごせてるよ。本当にありがとう。唯一の同期だもん。戦友だもん。家族だもん。“Sexy松”だもん。もう命の恩人以上にいい言葉があるなら早く辞書にのせなー!! って感じよ(笑)。一緒にいた時間が長いからわかるけど、気を使いすぎちゃうのが聡ちゃん。いい人すぎんのよ!! もっとSexy Zoneという家族を信じて、頼って、甘えて、これからも聡ちゃんらしくだね!! これからもよろしくね!!」(松田さん)「穏やかで心地いい木漏れ日」by 松倉海斗さん(Travis Japan)「ふたりっきりで夢の国や横浜デートをしたり、好きなアーティストさんのライブを観にいったり……。そして何より、同じユニット“Sexy松”で活動していた時期もあった刺激しあえる幼なじみであり親友です。p.s.ご時世落ち着いたら、大人のサシメシ行きたいね」(松倉さん)「天性の愛され力を持ち、見たものすべてを虜にする努力家」by セクラバ「癒しのパワースポット」by セクラバあの人が語る、マリウス葉の魅力「そよ風のような優しさを運んでくれるやわらかな人」by 国分太一さん(TOKIO)「同じ仕事じゃなくても楽屋を見つけたら必ず顔を出してくれる、人なつっこい後輩です。そのうえ、しっかりと自分のペースを持っているのがすごいところ。だからこそ地道に自分で決めた道を歩んでほしいし、彼の持つ、そよ風のような優しさで、みんなを包み込んでほしいと思っています」(国分さん)「可愛い星スター」by 藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)「数年前のお正月、一緒に海外へ旅行に行った時に感じたことは、マリは『さまざまな分野への興味、知識』があるということ。世界史、建物、人々、文化、食事などいつも感心させられています。それでいて、謙虚で探究心があり、いつも輝いています! 仲間たちで集まる時は、もちろんマリよりみんな年上なことが多いですが、マリに聞いていろいろと教えてもらうことがほとんどです。そして旅行中には夜寝ないで“想い出のアルバム”を作ってくれていたみたいで最終日の朝、『たいぴー、海外連れてきてくれてありがとう! 楽しかった! また一緒に行こうね!』って渡してくれました。時差などで疲れているのに、睡眠時間を削ってアルバムを作ってくれていたんです。今でも大切にしています」(藤ヶ谷さん)「数カ国語を操る甘えん坊末っ子」by セクラバ「知性と美しさを兼ね備え、華麗なる成長を遂げた大天使」by セクラバSexy Zoneの魅力を、国分太一さん、藤ヶ谷太輔さん、松倉海斗さん、松田元太さんetc.が語りまくり!▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る 「Sexy Zone検定」でメンバーが問題を解く!メンバーから10年の歴史にまつわる問題を出題【問題 2011年の握手会にて、目の前で転んだファンに対して中島健人が発した以下の言葉の空欄を埋めよ。「気をつけて(      )」】菊池 シンデレラ。松島 シンデレラ。佐藤 お姫様。中島・菊池・松島 えっ……!?佐藤 あれ、正解は?(笑)。菊池 デレラ一択でしょ!!(笑)。【問題 Sexy Zoneが唯一5人で行ったことのある飲食店は?】全員 ラーメン屋さん!!佐藤 これは僕からの出題なんだけど、さすがに間違える人はいないね。中島 ちなみに、あの店もう閉まっちゃったの、知ってる?松島 あの原宿にあった店?菊池 そうなんだ……。僕たちの想い出の地は消えました(笑)。【問題 松島聡が声変わりをしたきっかけは? ただし、歌番組とする。】佐藤 『FNS歌謡祭』。中島 『ザ少年倶楽部』。菊池 知るか、そんなもん!!(笑)。松島 正解者は……勝利!!佐藤 やっぱり。なんか松島が騒いでいたのを覚えているんだよね。松島 声が出にくくて「風邪をひいたのかな」と思ったら、そのまま声変わりに突入したんだよね。【問題 菊池風磨の嫌いな食べ物は?】中島 え、ショートケーキ?松島 いや、これは風磨君らしい引っかけ問題でしょ。答えはなし!!佐藤 右に同じ!!菊池 松島と勝利が正解。松島 ショートケーキって、風磨君が好きなやつじゃん(笑)。中島 実は違ったら面白いなぁと思って(笑)。ちなみに、オレが嫌いなものは何か知ってる?菊池 え、なすでしょ?中島 惜しい! 最近は食べられるようになったから、なす。【問題 佐藤勝利が運転免許を取得するまでにかかった時間は?】中島 6年。とりあえず、長かったのは覚えているんだよなぁ。菊池 5年。そうそう。「お金のムダだな」って何度も思った(笑)。松島 4年。もう取れないんじゃないかって時に取れた気がする。佐藤 正解は……4年です!!【問題 以下の選択肢から、松島聡が実際にしたことのある髪型を選べ。】ア)超短髪のライン入り刈り上げ イ)乳首より下の金髪のロン毛 ウ)前髪パッツンのおかっぱ中島 え、わからない。どれも見たことがないんですけど(笑)。菊池 可能性としてアリなのは……。佐藤 「ウ」じゃない?松島 正解は「イ」の金髪のロン毛!! 療養期間中に伸びちゃって、復帰前に染めてみたの。中島 それ、写真ないの?松島 それが、ないんだよ。菊池 うわ、あったら絶対に面白いのに。なんで撮らないんだよ!!(笑)。【問題 Sexy Zoneはバラを持ってデビューしたが、なぜほかの花ではなかったのか? その理由を答えよ。】菊池 そんなの、ジャニーさんの“気分”でしょ(笑)。中島 “たまたま”でしょ(笑)。松島 “なんとなく”でしょ(笑)。佐藤 たしか、楽屋に飾られていた花がバラで。それを見てジャニーさんが決めたんだよね。菊池 ある意味、全員正解(笑)。【問題 中島健人のスマホの待ち受け画像。最新の2個前のものは?】松島 オスカー像の写真。菊池 『夏のハイドレンジア』のジャケット写真。佐藤 絶対に作品にまつわるものだと思うんだよね。中島 正解は織田信長。選んだ理由は「天下を取りたいから」。菊池 そこか。織田信成さんと悩んだんだよなぁ(嘘)。中島 ちなみにオレは全員の待ち受け画面わかるよ。菊池は『ドラえもん』、勝利はワンちゃん、松島は……コロコロ変えるんだよなぁ。松島 最近は変えてないよ。中島 ビスケット(愛犬)?松島 違う、すいか♡Sexy Zone検定!デビューの時 “バラ” を持っていたのは、ナゼ?▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る セクラバからの質問にメンバーがお答えセクラバからの10年の歴史にまつわる質問に、たっぷり答えてもらいました♡【問題 Sexy Zoneのルーティンや暗黙のルールはありますか?】中島 髪色じゃない? 打ち合わせしているわけじゃないけど、かぶらないように意識しているよね。たまに仕事の関係でかぶることもあるけど。それが、シングル『麒麟の子』の時の菊池とオレね。オレが曲のイメージに合わせて金髪にしたら、菊池も舞台『ハムレット』の役づくりで金髪にしていたっていう。菊池 あったねぇ。佐藤 あと「食べ物の恨みは怖い」とみんな理解しているので。「食べ物は早い者勝ち」で恨みっこなし。それも5人の暗黙のルール(笑)。【問題 自分たちのグループ名が決定した時の感想は? 『Sexy Zone』という名前は気に入っていますか?】佐藤 気に入っているとか、気に入っていないとか、そういう意識はないかな。生まれた時から自分についている名前と同じで。もう“当たり前”のものになっているから。中島 もう、その名前のもとに生きている感じだからね。菊池 いや、オレは「マジか?」って思ったよ(笑)。今でも(堂本)光一君に会うたびにイジられるからね。「おまえんとこ、すごいグループ名だよな」って(笑)。で、松島はどうよ、どう思ったのよ?松島 えっ、なんだろう。グループ名を聞いてまず思ったのは……。「横文字でカッコいいな」。中島・菊池・佐藤 (爆笑)松島 その意味とか、全然わかってなかったから(笑)。【問題 10年のつきあいがあるからこそ“オレだけが知っている、メンバーの魅力”を教えてください】菊池 最近、中島がよく乗っている車にオレが乗る機会があったんだけど。スッゲーいい香りがするんだよね。で、マネージャーさんに「なんで、こんないい香りするの?」って聞いたら、中島は現場に入る前に香水をつけるのがルーティンらしくて。中島 そうなんだよ。菊池 で、そこでマネージャーさんからさらに「その香りに負けないように、車内にも芳香剤を置いているんです」って、意味のわからない返事が返ってきて(笑)。まったく納得できなかったんだけど。全員 ははははは!(笑)。中島 うちのマネージャーさん、訳わからなくてスミマセン(笑)。でも、それでいうと、菊池の移動車にはよくトレーニングウエアが置いてあるよね。それ見て、いつも思うんだよね。「努力家だよな」って。菊池 いや、そんなことないです。僕、努力アレルギーなんで(笑)。中島 って、本人はこういうこと言うとイヤがると思うんだけど(笑)。あと、菊池は後輩に優しい。「風磨君からアドバイスもらった」って話、いろんな人から聞くからね。だから「菊池の言うことは聞いちゃいけないよ」ってちゃんと言ってる(笑)。菊池 それは正解(笑)。佐藤 風磨君は“お兄ちゃん”っぽいところがあるんだよね♡松島 後輩の子に服をあげたりもしているしね♡菊池 いや、そんなことないから。オレ、後輩にクソ冷たいから!!【問題 デビューからの約10年間で“忘れられない日”とは? 記憶に残っている一日を教えてください】中島 オレは5周年ライブの横浜アリーナ最終日。あの“サプライズローズ”が今でも強く想い出に残っているかな。ファンのみんなとスタッフが協力しあい、サプライズでバラを用意してくれたんだよね。会場に真っ赤なバラがあふれて……あの景色は忘れることができないよね。佐藤 僕は初めての『NHK紅白歌合戦』かな。うれしかったけど、全員、めちゃくちゃ緊張していて……。中島 青い衣装で円陣組んだよね。菊池 組んだ、組んだ。オレは初めてのアリーナコンサートかな。ジャニーズ事務所に入って初めて、先輩のバックダンサーとして立ったステージが横浜アリーナだったんだよね。それだけに、感慨深いものがあった。松島 僕は最近になっちゃうけど、昨年の『THE MUSIC DAY』。療養後、初めて出させていただいた番組で。緊張してあまり覚えていないんだけど。すごくうれしかったし、新しい一日が始まった気がして。【問題 デビューしてからの10年を四文字熟語で表現してください】佐藤 覚えたてのいい四文字熟語があるんだけど。それが「捲土重来けんどちょうらい」。〝一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すこと〟を意味しているんだけど。これって、すごくSexy Zoneぽくない? これからも、そんなふうに歩いていけたらという願いもこめて……。菊池 じゃあ、オレは「令和到来」。佐藤 いや、それ「捲土重来」に音を重ねただけでしょ(笑)。中島 「拍手喝采」。佐藤 いや、それも大事だけど(笑)。松島 「健人頂戴」。菊池 みんなが欲しがる中島健人(笑)。松島 でも、中島健人は僕だけのもの!!(笑)。佐藤 真面目に答えた僕が恥ずかしいじゃん!!(笑)。【問題 デビュー10周年の今、“もう一度行きたい場所”はありますか?】佐藤 僕はN. Y.かな。さっきもケンティ(中島)と風磨君が対談で話していたけど、前に行った時は3人だったから。今度は5人で行きたいなって。松島 ちなみに、なんで勝利はふたりと一緒にホテルを抜け出さなかったの? 誘われなかったの?佐藤 いや、誘われたんだけど、もちろんキッパリ断ったよね。だって、怖いじゃん!!(笑)。僕より年上とはいえ、当時のふたりはまだ10代だったから。日本では頼りがいがあると思ってたけど、それがN. Y.だとまた違うわけで。さすがに命は預けられないって思ったよね。Sexy Zoneという看板を残すためにも、せめて僕だけでも生きて帰ろうって(笑)。中島 そうだったんだ(笑)。松島 全員、無事に生きて帰ってきてよかったよ(笑)。【問題 菊池風磨以外のメンバーの服が溶ける予定はありますか?】菊池 何言ってんの!! ないよ!! あるわけないだろう!!中島 いや、すごいね。『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』における菊池風磨の“服が溶けるシリーズ”、かなり浸透しているね(笑)。松島 僕、この間ゲスト出演して、現場にいたからわかるんだけど。すごいのがさ、あれね、本当に丸出しなんですよ。大事なところが出ちゃっているんですよ(笑)。中島 いや、マジであれは面白いし、心から尊敬する(笑)。菊池 ただ、ここで松島にひとつ言っておきたいことがある。それは「いつものオレはもう少しデカい」。あの時、冷水かぶったから、寒くてちょっと小さくなっていたから(笑)。佐藤 どうでもいい情報だから、MOREを通して伝えるべき情報じゃないからね、それ(笑)。【問題 メンバーに対して「不思議だな」と思うこと、10年一緒に過ごした今でもありますか?】菊池 たしか、ドバイに行った時だったと思うんだけど。中島が松島に抱きついて寝ていたことあったよね。あれ、なんだったの?(笑)。中島 あったねぇ。松島 なんでそうなったんだっけ?中島 オレが指輪をなくして、ふたりで探しにいったんだよ。おかげで見つけることができたんだけど。その喜びと共に疲れて寝ちゃったんだよね。で、オレは抱き枕がないと眠れないタイプだから。聡ちゃんを枕の代わりに……(笑)。菊池 そんな展開ある!?中島 なんかね、ちょうどいいサイズ感だったんだよね(笑)。佐藤 えっ、じゃあ今もツアー先とかで抱き枕がなかったら……。中島 もちろん抱き締めて寝るよ♡【問題 メンバーに対して「可愛いな」と思うところを教えてください】佐藤 聡ちゃんの“絶対に理解していないのに、理解しているふりして相づちを打っている”のがわかりやすすぎるところ(笑)。松島 えっ、どんな感じ? 佐藤 メンバーといる時はあまり出ないんだけど。バラエティ番組のワイプに映っている時にそれがよく現れるんだよね。たとえば、前に『秘密のケンミンSHOW極』に出演した時も、地元の静岡のラーメンが出てきたんだけど。ワイプの中で「わー、知っている!!」ってリアクションをしていたんですよ。だから、静岡にいた時によく食べていたのかなぁと思ったら……。いざそれを実食した時のコメントが「僕、初めて食べました!!」で(笑)。中島・菊池 はははは!(爆笑)。佐藤 そういうところが、たまらなく可愛い。ワイプの中の松島聡、かなりの注目ポイントです(笑)。松島 やめて!! みんなも気になっちゃうじゃん!!(笑)。【問題 心に残っている“メンバーの名言”を教えてください】松島 僕は菊池風磨が5周年のライブで言った「やっぱり、この場所が好きだな」かな。中島 菊池風磨がソロコンで言った「オレの夢はSexy Zoneです」。佐藤 「オレたちにとっては何回かの一回かもしれないけど、お客さんにとっては一回きりのライブ。それをちゃんと理解してやろう」。僕も菊池風磨の言葉ですね。菊池 いや、なんなの、この“菊池風磨”縛り(笑)。中島 で、菊池風磨が思う菊池風磨の名言とは?菊池 そんなのないわ!!(笑)。【問題 無人島にメンバーを連れていくなら? ひとり選んでください】中島 菊池風磨かな。その理由は「やっぱり、笑っていたいから」♡松島 菊池風磨ですね。やっぱり、彼は頼りがいのある男だから♡佐藤 僕も菊池風磨ですね。守ってくれそうだし、裸でも大丈夫だし、火とかおこせそうじゃないですか♡菊池 オレも菊池風磨ですね。なぜなら。カッコいいから♡ って、そろそろ“菊池縛り”やめて!!(笑)。【問題 10年前、デビュー当時のメンバーにひとり会えるとしたら、誰に会いたいですか?】菊池 オレはマリウスだな。この10年、全員成長しているけど、マリウスの場合はリアルに子供から大人に。その変化が大きいからこそ、あの頃の小さくて可愛いマリウスにもう一度会いたいなって思うよね。松島 僕はケンティか風磨君。どうしたら大学に行けるか聞きたい。佐藤 いや、それは今でも聞けると思うんだけど(笑)。僕もケンティと風磨君だな。ふたりとの年齢差って永遠に縮まらないけど、10年前に戻れるならそれをひっくり返せる。菊池 で、16、17歳のオレたちに今の勝利が会いにいったら……。佐藤 ボッコボコにするよね(笑)。というのは嘘だけど「敬語使えよ」とかは言ってみたい(笑)。中島 オレは勝利かな。『With you』の振付けの角度を直したい。「それ、おかしいぞ」って(笑)。【問題 5年後の“15周年”までに叶えたい目標はありますか?】松島 みんなで同時にソロCMやりたい。それぞれのキャラを生かしたCMに出演できたらいいなって思う。中島 誰がどのCMやる?松島 ケンティはコスメ、勝利は車かお酒、かな。風磨君は食べ物系。回鍋肉とか調味料のCMとか……。菊池 わかりました、食べましょう、山田涼介さんばりにおいしくいただいちゃいましょう(笑)。松島 で、マリウスは柔軟剤。中島 いいね、白いタオルに囲まれている笑顔のマリウス、浮かぶわぁ。佐藤 聡ちゃんは?松島 えっ、僕は……(悩)。菊池 いや、そこは「お茶です」でしょう!? 「静岡出身だからいつかお茶のCMをしたい」っていつも言っているでしょう!!(笑)。松島 じゃあ、お茶で♡【問題 デビュー10周年おめでとうございます。今のSexy Zoneにキャッチフレーズをつけてください】菊池 じゃあ、ここは名言メーカーの中島さんにお願いします。中島 「国民的セクシー」。もう間もなく、きっともうすぐ……。ここから、そうなれたらいいなという思いもこめて。これからも、Sexy Zoneをよろしくお願いします!!Sexy Zoneがセクラバからの質問にお答え。「10年間で忘れられない日は?」「心に残るメンバーの名言は?」▼実際にメンバーがチャレンジした問題用紙を公開中!この企画内でメンバーが実際にチャレンジした問題用紙を、セクラバのみなさんからの熱いご要望にお応えして、公開しちゃいます! こちらから、早速あなたの“習熟度”をチェックしてみて!! 問題に取り組みながら、Sexy Zoneの10年の歴史を味わってくださいね♡▲【Sexy Zoneインタビュー特集】トップに戻る
  • Sexy Zone 5人で積み重ねてきたもの、つないでいくもの祝! デビュー10周年特別企画2021年11月16日、デビュー10周年を迎えるSexy Zone。それを記念して、MORE誌上で“セクゾ祭り”を開催!!!!! 盛りだくさんのコンテンツでひもとく彼らの個性とキャラクター、5人で積み重ねてきた歴史の答え合わせ、10年分のSexy Zoneの“ONE BY ONE”な魅力の数々。これを読めば、彼らのことがもっともっと大好きになる♡2021年MORE12月号掲載企画から、インタビュー記事をお届けします。Sexy Zone2011年にデビューし、来る11月16日に記念すべきデビュー10周年を迎える国民的アイドルグループ。メンバーそれぞれが音楽業のほか、俳優業、バラエティ番組などでも活躍中セクゾの魅力、ひと言で説明させてください。共演経験、親交のあるあの人から、ファンの方々(通称セクラバ)まで。より彼らを知るみなさんに、最大の魅力を教えてもらいました。中島健人「ジャニーズの未来背負い男」by ノブさん(千鳥)「アイドルの面では、本気で東山(紀之)さんを目指しているんだろうなという覚悟と努力が見られて、そのまま突き進んでほしいです。王道として。バラエティの面では、ちゃんと準備して振られた時の答えを用意してきているのを見てエライなと思っています。クイズ番組で優勝した時も、笑いだけ取って負けて帰るんじゃなく、主演俳優として、優勝して作品宣伝するぞという覚悟がすごかった。びっくりするくらい、回答ボタン連打してましたよ!」(ノブさん)「いつもたくさんの言葉が体の中に詰まっている人。ときどき、その言葉のダムはあふれ出し僕らの体にまで流れてきます」by 深川栄洋さん(Netflix映画『桜のような僕の恋人』監督)「撮影前に彼と何度か映画や役について話をしました。そのたびに、監督の僕が彼に話す分量よりも多くの言葉が彼から返ってきました。若い俳優の中ではとても珍しいことです。撮影が進み、彼の体をパンパンにしていた言葉は口から出てこなくなりました。言葉は、ひとつの呼吸、ひとつの言葉、ひとつの芝居に変化していったようです」(深川さん)「強い意志と大きな愛を持ってまっすぐに突き進む努力と愛の人」by セクラバ「継続は力なりを体現! 社会人として尊敬」by セクラバ菊池風磨「見た目は筋肉ボーイ、でも中身はケアを忘れない気遣い人」by ヒロミさん「体を鍛えていて男っぽいから、アイドルの時はもちろんカッコいいんだろうけど。バラエティではちゃんと『これで大丈夫ですか?』とスタッフさんや周りへのケアを忘れない。年上の人たちともいつの間にかスルッと打ち解けていたり……今の芸能界では珍しいタイプだよね。筋肉いじり、たくさんしてごめんね(笑)」(ヒロミさん)「空間把握能力に長けた男」by 村上信五さん(関ジャニ∞)「とてつもなくちょうどいい、地元の後輩みたいなやつなんです」(村上さん)「広い視野を持ってグループのことを考える、頼れる頭脳」by セクラバ「包容力とワードセンスに秀でた最強兄貴」by セクラバ佐藤勝利「完璧すぎるイケメン、なのに何やってもどこか抜けてるのが絶妙にダサくて、本当にいいんだよね」by ヒロミさん「勝利は顔可愛いし、誰もが認めるイケメン。なのに泳げなかったり意外なところで失敗したり……。弱いところ、完璧じゃないところもちゃんと人に見せられる。これってすごいこと。勝利に限らず、これはセクゾのいいところだよね。それにそこを乗り越えてくるのもさすがアイドル。だって番組の企画で、まったく泳げなくて最高にブサイクに泳いでたのが、最後にはダイビングできるようになってたからね。弱点を克服して、成し遂げられる人はなかなかいないと感心しています」(ヒロミさん)「子供少年くん」by 長谷川 忍さん(シソンヌ)「周りからどう見られているかわかっている、自分が求められているひと言やキャラを瞬時にできる。すごいし、気持ち悪いなぁと思ってます(いい意味で笑)」(長谷川さん)「可愛いのに裏ではプロ意識高めボーイ」by じろうさん(シソンヌ)「以前自分が脚本を担当したお笑い要素強めのドラマに出ていただいたのですが、ボケ方への不安をひとつひとつ丁寧に聞きにきてくれました。真剣に向きあってくれてることにとても感動し、すごいな、プロだなと思ってます」(じろうさん)「まっすぐ可愛いブレない国宝センター」by セクラバ松島 聡「ベリーベリーゴッドヒューマン」by 松田元太さん(Travis Japan)「聡ちゃんは命の恩人です。同期のオレたち、最初は何もわからない同士で不安だったよね。でもSexy Zoneとしてデビューした聡ちゃんは、本当にカッコよくてオレにとってヒーローだよ。その後に“Sexy松”で一緒に活動していた時、センター松島聡は本当にカッコよかった。つらい顔、弱音、何ひとつ見せずに引っぱってってくれてたよね。おかげでオレらも少しずつ強くなれて、いろんな景色を見られて。今、素敵な時間を過ごせてるよ。本当にありがとう。唯一の同期だもん。戦友だもん。家族だもん。“Sexy松”だもん。もう命の恩人以上にいい言葉があるなら早く辞書にのせなー!! って感じよ(笑)。一緒にいた時間が長いからわかるけど、気を使いすぎちゃうのが聡ちゃん。いい人すぎんのよ!! もっとSexy Zoneという家族を信じて、頼って、甘えて、これからも聡ちゃんらしくだね!! これからもよろしくね!!」(松田さん)「穏やかで心地いい木漏れ日」by 松倉海斗さん(Travis Japan)「ふたりっきりで夢の国や横浜デートをしたり、好きなアーティストさんのライブを観にいったり……。そして何より、同じユニット“Sexy松”で活動していた時期もあった刺激しあえる幼なじみであり親友です。p.s.ご時世落ち着いたら、大人のサシメシ行きたいね」(松倉さん)「天性の愛され力を持ち、見たものすべてを虜にする努力家」by セクラバ「癒しのパワースポット」by セクラバマリウス葉「そよ風のような優しさを運んでくれるやわらかな人」by 国分太一さん(TOKIO)「同じ仕事じゃなくても楽屋を見つけたら必ず顔を出してくれる、人なつっこい後輩です。そのうえ、しっかりと自分のペースを持っているのがすごいところ。だからこそ地道に自分で決めた道を歩んでほしいし、彼の持つ、そよ風のような優しさで、みんなを包み込んでほしいと思っています」(国分さん)「可愛い星スター」by 藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)「数年前のお正月、一緒に海外へ旅行に行った時に感じたことは、マリは『さまざまな分野への興味、知識』があるということ。世界史、建物、人々、文化、食事などいつも感心させられています。それでいて、謙虚で探究心があり、いつも輝いています! 仲間たちで集まる時は、もちろんマリよりみんな年上なことが多いですが、マリに聞いていろいろと教えてもらうことがほとんどです。そして旅行中には夜寝ないで“想い出のアルバム”を作ってくれていたみたいで最終日の朝、『たいぴー、海外連れてきてくれてありがとう! 楽しかった! また一緒に行こうね!』って渡してくれました。時差などで疲れているのに、睡眠時間を削ってアルバムを作ってくれていたんです。今でも大切にしています」(藤ヶ谷さん)「数カ国語を操る甘えん坊末っ子」by セクラバ「知性と美しさを兼ね備え、華麗なる成長を遂げた大天使」by セクラバ>>【デビュー10周年関連記事】「Sexy Zone 10th」の記事まとめ>>【関連記事】中島健人を構成する「10のキーワード」>>【関連記事】中島健人「今だから言える、メンバーへの思い」>>【関連記事】佐藤勝利を構成する「10のキーワード」>>【関連記事】佐藤勝利「原動力は"メンバー5人で見る未来"」>>【関連記事】松島聡を構成する「10のキーワード」>>【関連記事】松島聡「遠回りしたからこそ“5人で歩む未来”へ」>>【関連記事】菊池風磨を構成する「10のキーワード」>>【関連記事】菊池風磨「5人で見てみたいんだよね。売れなきゃ見られない風景ってヤツを」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/石井美輪 構成・企画/渡部遥奈(MORE)
  • 劇場版『きのう何食べた?』で約1年半ぶりにシロさんとケンジを演じた西島さんと内野さん。役柄同様にお互いを思いやり、リスペクトしあう大人の男たちの、優しさの表現方法とは? “僕のアイディアを理性的に受け止めてくれる西島さんには、絶対的な安心感がある” ――SEIYO UCHINO “内野さんと向き合うだけで心が否応なく反応する。特別な人です” ――HIDETOSHI NISHIJIMA お互いを繊細に思いやる気持ちはずっと変わらない 弁護士のシロさん(西島)と美容師のケンジ(内野)の男二人暮らしを描いたよしながふみ原作のささやかな物語は、2019年に深夜ドラマで放送され、大きな反響を呼んだ。 内野 ちょっと枯れ始めた中年のゲイカップルの物語が、まさか映画になるなんてね。男女の恋愛でもいろんな場面で小さく傷つくものだけど、男同士だと妙に共感したり安心して見てもらえるような不思議な感じがあったみたい。 西島 原作の素晴らしさのひとつは、役がちゃんと年を取ることだと思っています。回を重ねるごとに徐々に関係が深まっていきましたし、劇場版ではついに史朗が嫉妬をする逆転現象が描かれます。松村北斗くん(SixTONES)演じる田渕とケンジが並んで歩くところを目撃してしまうんですよ。 内野 冷静沈着なシロさんが嫉妬にくるう姿は笑えるはず。ただ、それは相手を思いやりすぎて妄想しちゃう、可愛いすれ違い。お互いを繊細に思いやる気持ちは、シリーズ通して変わっていません。 シロさんが作る料理の数々も魅力の本作。撮影は実際に二人が調理する自由演技なのだそう。 西島 今回は厚揚げの切り方をアドリブで間違えていましたよね。 内野 うん。ケンジがやらかしてシロさんがツッコミを入れる関係性が二人らしいなと思って。 西島 劇場版で印象的だったのはりんごのキャラメル煮。トーストにアイスとシナモンものせて。 内野 あれは美味しかった!あとアクアパッツァのあとの雑炊もたまらなかった。やっぱりパートナーと美味しいものを食べて美味しいねと分かち合えるってことはとても大事。あらためて、ものすごく根源的なことに気づかせてくれる作品だなと思います。 撮影中に触れたお互いの優しさについて このシリーズで初共演を果たした二人の絆を深めたのも、料理。 内野 ドラマ版で朝から晩までひたすら食べる芝居を撮っていたときに、俺がしくじっても西島さんが「大丈夫。全然大丈夫っすよ」って優しくフォローしてくれたよね。 西島 NGを出すとどんどん食べる量が増えるんで、ハマると大変なんですよね(笑)。 内野 あの時間はすごく濃かったなあ。控え室でもずっと話してた。西島 めちゃめちゃプライベートの話もしましたよね。内野 そこで無駄な緊張がどんどんほぐれていった気がします。 お互いを信頼する二人は、現場で間近に優しさに触れる瞬間も。 西島 松村くんとか磯村(勇斗)くんとか、後輩にすごく熱心にアドバイスされる姿は優しいなって。 内野 当たり障りなくスルーするよりエネルギーをがっと上げて厳しいことも伝えたほうが、本人にとってはいいでしょ? 人当たりいいほうが好かれるんでしょうけど。 西島 愚痴ですか(笑)。 内野 不器用なんです(笑)。 西島 でも僕も気になったことは口に出すようにしています。今日も別作品のリハーサル中、ものを渡すタイミングが気になってしまって。悩んでいたら若い俳優さんに「ここで渡すのはどうですか」とアドバイスされて素直に「ありがとう!」って言っちゃいました。 内野 西島さんは「こうかな」「あ、やっぱこうかな」と真剣に悩まれているから、みんなが自然と巻き込まれちゃうんです。本人が優しいのはもちろん、周りがつい優しくしたくなる人だと思います。 Qお二人にとっての思い出の味は? 劇場版『きのう何食べた?』にはシロさんのおふくろの味が登場。お二人にとっての思い出の味を聞いてみると… “お正月に母が作ってくれた。りんご羹が僕の思い出の味です” ――HIDETOSHI NISHIJIMAりんごをすりおろして寒天で固めたデザートが、わが家のお正月のおせちのあとの定番でした。母からレシピもちゃんと教わりました。“僕は母ちゃんが作る鶏肉入りのきんぴらが好きだったなあ” ――SEIYO UCHINO鶏のうまみが出て美味しいんです。夏はジャガイモの冷たいスープも作ってくれました。ビシソワーズって名前は大人になって知りましたね。 ©2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 ©よしながふみ/講談社 劇場版『きのう何食べた?』出演/西島秀俊、内野聖陽、山本耕史、磯村勇斗ほか 11月3日(水・祝)より全国公開恋人のケンジ(内野)と暮らすシロさん(西島)は、彼の誕生日に京都旅行をプレゼント。大はしゃぎするケンジだったが、旅行中にショックな話を切り出されて以来、心の内を明かすことができなくなってしまう。 西島秀俊 にしじま ひでとし●1971年3月29日生まれ、東京都出身。1994年に『居酒屋ゆうれい』で映画初出演。近年の主な出演作は連続テレビ小説「おかえりモネ」、「シェフは名探偵」、映画劇場版『奥様は、取り扱い注意』『ドライブ・マイ・カー』など。現在ドラマ「真犯人フラグ」(日曜22時30分~日本テレビ系)に出演中。『99.9‒刑事専門弁護士‒THEMOVIE』が冬公開。 内野聖陽 うちの せいよう●1968年9月16日生まれ、神奈川県出身。代表作は大河ドラマ「風林火山」、ドラマ「臨場」シリーズ、「JIN-仁-」シリーズ、舞台『エリザベート』『レ・ミゼラブル』、映画『海難1890』など。連続テレビ小説「おかえりモネ」では、西島さんとの共演シーンが話題になった。現在は舞台『化粧二題』に出演。 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/亀田 雅(西島さん)、佐藤裕子(内野さん) スタイリスト/カワサキタカフミ(西島さん)、中川原寛(内野さん) 取材・原文/松山 梢 ※BAILA2021年11月号掲載
  • 書評家・ライターの江南亜美子が、バイラ世代におすすめの最新本をピックアップ! 今回は、現代らしい関係再構築小説、綿矢りさ『オーラの発表会』とサリー・ルーニー著 山崎まどか訳『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ 』の2冊をご紹介します。 ナビゲーター 江南亜美子 文学の力を信じている書評家・ライター。新人発掘にも積極的。共著に『世界の8大文学賞』。 凧揚げが趣味で、他人に興味がなく空気も読めない海松子と、人真似が特技であざとく思われがちな萌音。かみ合わないながらもどこか不思議なバランスで友達を続ける二人は、同じ大学に通う1年生。福袋の服をルーティンするほどおしゃれ欲とも無縁の海松子は、男子とつきあいたいという気持ちすらわからない。そんな彼女にかつて恋心を告白したのが幼なじみの奏樹だ。親が裕福ゆえ、海松子がこっそり彼につけたあだ名は七光殿。その恩恵に浴し、3人は南の島で夏休みを一緒に過ごすことに。「花火は黒い海と夜空の間で、新しい夏の花として咲き、散る」島の美しさがマジックとなり奏樹といい感じになるが、実は海松子は父の教え子で男前の社会人からもアプローチを受けていて……。本書では、女の子らしさや若者らしさとされる世間の価値観からほど遠い海松子が、独自のやり方で、家族や友人たちと親密圏を作り上げていくさまがユーモラスに描かれていく。お正月のひとり凧揚げも素敵なら、萌音のような承認欲求気質もまた素敵と、すべての不器用な青春を肯定するまなざしが感じられる。コミカルなのに詩情もある筆致が魅力の、著者ならではの一冊だ。 『オーラの発表会』 綿矢りさ著 集英社 1540円 「一人で足りすぎている」自分を再発見する過程人の気持ちのわからない海松子。両親から一人暮らしを厳命され大学生活が始まるが、いつまでも「恋」の感覚がわからない……。風変わりな女子大生を主人公に、女性の生き方の多様性をことほぐ小説。 これも気になる! 『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ 』 サリー・ルーニー著 山崎まどか訳 早川書房 2530円「私としないと死んじゃう?」新世代作家の恋愛小説親友と詩の朗読パフォーマンスなど行うフランシス、21歳。ある日裕福な年上の夫婦と出会い、その夫に惹かれていく。ありふれた恋、しかし身に迫る激情。恋愛の不条理をひりひり描くデビュー小説。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2021年11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND