ロイヤルキッズ界を代表する美男美女! モナコ王室の双子がますますかわいく成長した姿にファン悶絶

SPUR.JP

2020年11月22日(現地時間)、モナコのシャルレーヌ公妃(42)がインスタグラムを更新。ロイヤルファンに大人気の双子キッズ、ジャック公子(5)とガブリエラ公女(5)のキュートな写真を公開した。

Photo:PLS Pool/Getty ImagesPhoto:PLS Pool/Getty Images

それらの写真は11月19日(現地時間)、モナコのナショナルデーに撮影されたもののよう。ナショナルデーの式典に軍服に近衛兵の羽根飾りが付いた帽子を身につけて登場したジャック公子は、敬礼のポーズも披露するなど、年々、凜々しさがパワーアップ!

シャルレーヌ公妃もそんな息子を頼もしく思っているようで、インスタグラムに軍服姿のジャック公子のクローズアップ写真を投稿。

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

近い将来、美しきヤングロイヤルとして世界中から大注目を集めるに違いないジャック公子は、キリッとした表情とサラサラのブロンドヘアが印象的。

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

シャルレーヌ公妃が続々とアップした写真の中には、アルベール二世との父子ショットも。ソファに座るジャック公子と、その後ろに立つアルベール二世は、ネイビーのスーツとブルー系のネクタイを身につけたお揃いスタイル。

この写真には、いずれアルベール二世の後を継いで、ジャック公子がモナコ大公となるという意味も込められている?

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

一方、写真撮影中のアルベール二世の背後にそっと近寄り、口元を押さえておどけた表情を浮かべたガブリエラ公女。これは、フォトボムを狙った!?

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

さらには、父に隠れてポーズを真似るなど、実はかなりいたずらっ子な一面も!

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

これまでシャルレーヌ公妃がインスタグラムにアップしてきた双子の写真は、ふたり一緒に写っているものがほとんど。今回のように、父アルベール二世と別々に写っている写真が公開されるのはかなりレア!

Photo:Instagram(hshprincesscharlene)
Photo:Instagram(hshprincesscharlene)

12月10日(現地時間)には、揃って6歳の誕生日を迎えるジャック公子とガブリエラ公女。成長するに従い、写真からもそれぞれの個性が垣間見られるように。今後も、ふたりの成長から目が離せない!

>>かわいすぎるモナコの双子ロイヤルキッズ、日本でラグビー観戦していたことが判明!

>>総勢35名のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑

関連記事
  • 【全身UNIQLO】セールで購入したニットとパンツコーデ こんにちは。 UNIQLOのセールで購入したものがあるので、 引き続きコーデを紹介します! ニット:UNIQLO シャツ:GU パンツ:UNIQLO バッグ:FRAY I.D シューズ:RANDA ニットはセールで1290円になっていたもの。 クルーネックになっていて、下にGUのシャツを着てレイヤードにしてみました。ネイビーでSサイズです。 パンツはアンクルパンツのパープルで、サイズはSサイズです。 こちらもセールで1290円と安くなていたので、思わず購入してしまいました! 157㎝の私でちょうどくるぶし下あたりにくる丈感で、私は若干ウエスト部分はベルトであげて短めにはいています。 このパープルの色がくすみピンクのようで、春は白シャツや白Tシャツに合わせて着てみようかなと思っています。 小物は白のブーツとバッグで重くなりすぎないようにしてみました! フレイのバッグは昨年のものですが、使いやすくて、今年もたくさん活躍してくれそうです。 最後までお読みいただきありがとうございました^^
  • コロナ禍でこれまでより読書することが多くなりました。最近読んだ本の中から私のおすすめをご紹介します。今私の一番のおすすめは辻堂ゆめさんの 「十の輪をくぐる」という作品です。 内容紹介(「BOOK」データベースより) スミダスポーツで働く泰介は、認知症を患う80歳の母・万津子を自宅で介護しながら、妻と、バレーボール部でエースとして活躍する高校2年生の娘とともに暮らしている。あるとき、万津子がテレビのオリンピック特集を見て「私は…東洋の魔女」「泰介には、秘密」と呟いた。泰介は、九州から東京へ出てきた母の過去を何も知らないことに気づくー。 前回と今回の東京オリンピック当時を交互に描きながら徐々に明らかになる母の壮絶な過去と息子への無償の愛、自分の育児のことも思い出されてとても気持ちが揺さぶられました。 2020年の東京オリンピックへの高揚感もひしひしと伝わり、コロナ禍の中少し切なくなりましたが、優しい家族愛に触れてじんわりと心が温まります。 是非手にとって欲しい一冊です! 2冊目は近藤史恵さんの 「三つの名を持つ犬」 内容紹介(「BOOK」データベースより) 売れないモデルの草間都にとって、愛犬エルはかけがえのない存在だった。一人暮らしの孤独を癒してくれるだけでなく、エルとの生活を綴ったブログが人気を集め、ようやく仕事が入り始めたのだ。だが、ある日エルは死んでしまう。エルの死によって仕事を失うことを恐れた都の前にエルそっくりな犬が現れたとき、思わず都は…。人ゆえの脆さと犬への情愛ゆえに、大きな罪を背負った都を救うのは誰?大藪賞受賞作家が描く、切なくも美しいミステリー。 周囲に認められたいがために重ねた嘘や出来心が、やがて取り返しのつかない結果を招いてしまう。 犬好きとしてはなんとも切なく、、、 主人公に対して憤りを感じるほどでした。 先が気になりページをめくる手が止まらず一気に読み終えてしまいました。3冊目は辻村深月さんの 「朝が来る」 内容紹介(「BOOK」データベースより) 「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。 ヘビーなテーマですが、特別養子縁組を通して、親となるとはどういう事かを考えさせられた作品です。 無垢なひかりをどうか救い出してあげてと願わずにはいられませんでした。まだまだ先行きがわからない不安な状況が続きますが この機会に沢山本を読みたいと思います。インスタはこちらから佐藤綾子
  • コート¥5990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) シャツ¥5000/アダストリア(ヘザー) スカート¥6400/MURUA ルミネエスト新宿店 バッグ¥3900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) 帽子¥12000/CA4LA プレスルーム(カシラ) 靴¥10800/R&Eロングスカートは可愛いけど、モブ化しがち。そんな時こそミニスカの出番。ロングブーツとの最旬バランスなら今っぽさもスタイルアップもお手のもの。ゆるサイズが今っぽいアウターを合わせてこなれ感もたっぷりに。モデル/鈴木ゆうか 撮影/川﨑一貴(MOUSTASHE) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】 カジュアルコーデの定番パーカはきれいめパンツと合わせてあか抜け!【毎日コーデ】 ベスト&シャツ、トラッドなレイヤードスタイルは旬な足元で差を【毎日コーデ】
  • こんにちは。ライター川口ゆかりです。 LEE最新号がスニーカー特集だったので、今日は私のスニーカー事情を少し。 手持ちスニーカーはすべて『コンバース』!   数年前、「流行りだからやめといたほうがいいですよ~」と若菜ちゃん(スタイリスト上村若菜ちゃん)からアドバイスをもらっていたにも関わらず、トレンドのスニーカーを購入。結果、うまく履きこなせなかった、、、という苦~い経験もあり、いつの頃からか私の定番は『コンバース』に。しかも、ハイカット一択! ワンピースの甘さをスニーカーで引き算して、バランスを。 なかでも、しっとりとしたレザーの『コンバース』は、ヴィンテージならではの細身フォルムがお気に入り。 この日は『ZARA』のサテンワンピースの上からフーディをレイヤードしました。首元からワンピースをチラッとのぞかせるのが私の小さなこだわりです。 shoes/CONVERSE coat/ETRE TOKYO sweat/RITA JEANS TOKYO×Wakana Kamimura bag/OPEN EDITIONS socks/UNIQLO(MEN’S) ちなみに子どもたちのスニーカーも『コンバース』!といきたいところですが、まだまだ光るデザインを崇拝する息子とパステルカラーにドハマりしている娘にしてみたら、少し地味なようで。。。無念。サイズアウトする前にこれをはいて、お出かけしたいものですね。 日々の暮らしはInstagram  yucari kawaguchiまで︎
  • 今日はお天気が良く暖かかったので、お気に入りのサステナブルな革ジャンを着ました♪私の夫はヴィンテージ物を集めるのが趣味で(特にデニム)たまに私に似合いそうなのがあると買ってきてくれます。 今日ご紹介する革ジャンも夫が買ってきてくれました。 1to10peopleというセレクトショップの革ジャンsunglasses: Rayban jecket: 1to10people knit: 無印良品 skirt: orslow pumps: pipichic bag: gianni chiariniこちらはヴィンテージではないのですが、ヴィンテージレザーを解体し、再構築された商品なんです。 お値段も安価に抑えられているようです。 羊皮で柔らかく着心地が良いので大のお気に入りです。 今日はお天気も良く暖かかったので着てみました。 このようなヴィンテージレザーの再構築して出来た革製品の事を「リプロダクトレザー」と言うようで、本物の革製品を愛する方達からは賛否両論あるようなのですが、私はあまり気になりません。 むしろ今の時代にあっているのかな・・と思います。 これから暖かくなってきたら沢山着たいなぁと思っています♪エリーInstagramはこちらをクリックして下さい(^▽^)/ご覧頂けると嬉しいです。No.196 エリー
  • コーデュロイ素材のボールドなトレンチコートを主役に。表面にはワックス加工が施され、ヴィンテージのような佇まい。爽やかな笑顔は、出演した「オオカミくんには騙されない」でも多くの人を魅了した。「正直、昔はどこか恋愛リアリティーショーって薄っぺらいイメージがあったんです。でも実際は想像を絶する感動があって、毎日が学びと刺激の連続でした。何ごとも偏見や想像で判断してはいけないと改めて感じましたね」。コート¥268,000、シャツ¥68,000、パンツ¥73,000/マルニ 表参道(マルニ)タイ¥19,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)ベルト/スタイリスト私物 楽しさや愛は音楽にのって伝播する。それを忘れずにいたい 「えっ、いいんですか?」  ドラムを叩いてみてよ、と言うフォトグラファーを不安げな表情で見つめ、そうつぶやいた少年。しかし瞳の奥からは、隠しきれぬ喜びが眩く放たれる。  見事なまでの快晴に恵まれた、11月上旬の葉山。富士山を望む高台のスタジオに、自前のドラムセットを持って現れたKaito。バンド、インナージャーニーのドラマーである彼を一躍有名にしたのは、夏に放送された恋愛リアリティーショー「オオカミくんには騙されない」だ。 「バンドが本格始動! というタイミングに新型コロナウイルスによる自粛期間が重なってしまい、ライブはもちろん、EPのリリースも延期に。10代最後の年に何も達成できぬもどかしさを感じていたとき、“オオカミくん”のオファーをいただきました。音楽とは違った、いい刺激をたくさん受けられ、感謝しています」  ドラムセットの撮影場所が決まると、手際よく組み立て作業を開始。数センチ単位の微調整を幾度となく繰り返す、その手つきと表情は、まるで恋人を愛でるよう。そんな彼がドラムに初めて触れたのは、中学2年生のとき。 「小さい頃から抱いている、人生の目標があるんですよ。当初は大好きだったサッカーで達成したいと考えていたのですが、中学生のときに、自分の実力では無理だと気づいて。同時に、ずっと身近な存在であった音楽への関心がぐんと大きくなったんです。そしてたくさんのライブ映像を観るうち、自然と、ドラムに惹かれていた。両手両足を使ったアクロバティックな表現方法が、スポーツに対するパッションと合致したんだと思います」  生活の中心にあったサッカーをやめ、軽音部に移籍。その潔さもさることながら、なんとドラムは独学のみで習得したというのだから、驚きはひとしお。 「サッカーで伸び悩んだ原因のひとつが、規則に縛られて、楽しめなくなってしまったこと。幸い、僕の学校の軽音部はかなりゆるくて。自分のペースで練習できる環境が心地よく、どんどんのめり込んでいきました」  好きな音楽をかけて、と言われ、すかさず流したのはスピッツ。彼が最も尊敬し、影響を受けたというバンドだ。 「ラウドロックというジャンルが好きで、本場で学ぶべくボストンへ短期留学したのですが……まったく聞き取れない英語で、これまた一度も学んだことのない音楽理論を叩き込まれまして。英詩を聴くのも苦痛になったときに、たまたま聴いたのがスピッツの『シロクマ』でした。近くでそっと寄り添ってくれるような曲調に、心底、救われましたね。彼らのような存在になりたいし、いつか、共演できる日を夢見ています」  以降、カバーバンドでの活動が続くも、18歳の誕生日を前に、このままでいいのか?と疑問を抱くように。そんなとき、インナージャーニーのボーカルで、高校の先輩だったカモシタサラからレコーディングのサポート依頼が舞い込む。 「彼女は当時、ソロで弾き語りをしていて。ギターの本多、ベースのとものしん、僕の3人が集められました。一度限りの演奏だったはずが、その音源が、バンドの甲子園として知られる『未確認フェスティバル』で最終審査まで残ったんです。それを機に、たくさんのライブハウスから招待していただくようになり。ライブをこなしながら、なんとなく活動が続き……だから、誰一人としてバンドを組もう! と明言していないんですよ(笑)。ちなみにバンド名は、練習の帰り道に、誰かがふと思い出したandymoriの曲名。流れに任せてきた僕たちだけど、共通しているのは、ボーカルを誇りに思う気持ち。彼女の作る曲と歌声を届けたい、という絆で結ばれているからこそ、ついにファーストEPをリリースできることが心の底からうれしい!」  撮影終了後、微かに息を吸い、しなやかに揺れる腕からスティックが振り下ろされると、我々を包む空気が瞬時に澄み渡る。波動に重なった彼のドラム愛が全身に刺さるのを感じたとき、フォトグラファーの手に再び、カメラが握られた。 「僕にとっての音楽は、シンプルに、最高に楽しいもの。メッセージ性ももちろん大事だけど……それ以前に自分たちが楽しめていないと、伝えたいことも伝わらないと思うので。その信念だけは、いつまでも忘れずにいたいですね」 楽しさや愛は音楽にのって伝播する。それを忘れずにいたい。 Profile Kaitoかいと●2001年4月13日、東京都生まれ。14歳のときにドラムを始め、2019年にバンド、インナージャーニーを結成。2020年12月、ファーストEP『片手に花束を』をリリース。また11月にNHK連続テレビ小説「エール」へ出演したほか、モデルなど多方面で活躍中。 >>いつも隣にドラムを「Kaito、未来を鳴らす」特集TOP
  • ネイビーのニットとパンツのワントーンコーデに、印象の違うストールをプラスしてコーデを楽しんでます。最近、なんだか同じようなコーディネートばかり、、そんな時にはストールを使っています。 私がよくするコーデはネイビーのクルーネックニットと細身パンツ。それにストールをプラスしてコーデの印象を変えています。 よく使うのがチェックストールとスカーフ柄の大判ストール。 ストールは大判のものが色々なアレンジがしやすいので好きです♡カジュアルにしたい時はチェック柄ストールを。 赤いチェックのカシミヤストールは大判でとっても暖かい。 密度が高く防風性があるので、ご近所にちょっとお出かけといった時にもコートがわりにさっと羽織ってます。 ストールのサイズは長さ190cm × 幅70㎝の長方形です。ニット:UNIQLO パンツ:UNIQLO バッグ:VASIC スニーカー:CONVERSE ストール:Johnstons イヤリング:ADER.bijoux ブレスレット:Nothing And Othersエレガントにしたい時にはスカーフ柄のカシミヤストールを巻きます。 柄や素材が上品なこのストールは巻くだけでコーデ全体が格上げされて、お出かけの時にとっても重宝しています♡ ストールのサイズは長さ140cm × 幅140cmの正方形です。ニット:UNIQLO パンツ:UNIQLO バッグ:VASIC パンプス:PELLICO ストール:HERMESイヤリング:Dominique Denaive バングル:HERMS/BEN AMUN ストールは柄や巻き方で、同じ組み合わせのシンプルな服の印象をガラッと変えることができます。 これからはもっと色々な巻き方を覚えて、コーデの幅を広げていけたたらいいなって思います。松ヶ崎由紀子
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! ハイテクスニーカーは「きかせ色」を1足買い足しておけば春先のおしゃれも安心! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 「派手?」くらいが可愛い《きかせ色ハイテク》 《吉村さんレコメンド》ロングカーデ×スカートのような長いもの同士は、春も人気のシルエット。適度なボリュームでバランスよく仕上がるハイテクが一足あると便利! 《伊藤さんレコメンド》ビビッドな色使いもサマになり、都会的なムードが出しやすいのもハイテクの持ち味。機能性の高さは折り紙つきなので、見た目やワードローブとの相性でチョイスを。 「オレンジ以外は白、黒、グレー、ネイビー寄りのブルーなど、使いやすい色ばかり。多色スニーカーもきかせ色を1色にとどめれば派手すぎず、挑戦しやすいはず」(吉村さん)。靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) カーディガン¥62000/モガ トップス¥14000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) スカート¥21000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) サングラス¥38000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥170000・リング¥110000/ロンハーマン(サン メイア) バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) Reebok 靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
関連キーワード

RECOMMEND