黒の代わりにネイビーカラーで"まじめ"な足もと

SPUR.JP
(右)ドレス¥84,000/ブルーベル・ジャパン(カルヴェン) (左)ブラウス¥58,000・パンツ¥36,000/J&M DAVIDSON 青山店(J&M DAVIDSON)

(右)ドレス¥84,000/ブルーベル・ジャパン(カルヴェン) (左)ブラウス¥58,000・パンツ¥36,000/J&M DAVIDSON 青山店(J&M DAVIDSON)

「あるとき自分の装いから"黒断ち"をしていました。つい手に取る色を避けてみようと。そのときに出会ったのが、ネイビーでした。紺の靴って探すと意外と見つからなくて。いざ履くと洒落て見えるし、合わせる服装のいろんな色を受け止める包容力があるんですよね。また、質感や素材によってニュアンスが異なる、色の変化も好き。絶妙な青の濃淡にニッチな心をくすぐられるんです。
 今回はそんなネイビーの靴を、デイリーなフラットシューズに絞って。1はバレエシューズよりももう少し作りがしっかりしていて、気軽に履けるのがいい。甲が深いので素足でも。2はグログランとサテン素材にネイビーならではの色の違いが表れていて美しい。クロスベルトでホールド感も。この靴はソールに踊るバレリーナが刻まれていて、本当にきゅんとくるんです。3はさすがザ ロウ、ミニマルを極めています。上質なカシミアフェルトは温かみも感じます。飛行機など長時間移動が多い方にもおすすめ。マノロ ブラニクの定番である4は、ネイビーを待ち望んでいました! ヒールまで覆うベルベットの紫がかった繊細な色合いに改めて惚れぼれ。エルメスの5は間違いない一足。ローファータイプはあったのですが、スリッポンの形もまた新鮮です。永遠に廃れない名品ですね」(清水さん)

1 ベロアのマットな質感が、足もとにノーブルなムードを運んでくる。のぞく素足も美しい。¥78,000/ラルフ ローレン 0120-327-420
2 オペラ座で踊るバレリーナのシューズを提供する老舗ブランドの一足。¥20,000/ドゥロワー 青山店(オペラ ナショナル ドゥ パリ) 03-5464-0226
3 カシミアフェルトのなめらかな肌ざわりがリュクスなスリッパ。甲も深めで履きやすい。¥146,000/コロネット(ザ ロウ) 03-5216-6518
4 フロントのビジューが足もとに華やぎを添えて。〈ヒール1 ㎝〉¥144,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 03-5413-1050
5 洗練されたフォルムに上質な素材感が映える。「ペガス」¥144,000/エルメスジャポン(エルメス) 03-3569-3300

スタイリスト清水奈緒美さんが語る“まじめな靴”ってなんですか?

関連記事
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡なんだかんだで、白×ベージュが大人っぽいでしょ!カジュアルな白のオールインワンに、インは白T。あぁ爽やか! でももう大人だもの、ベージュのジャケットを肩掛けして、足もとはきれいなストラップサンダル。あぁ大人っぽい! 休日はバケツ型かごバッグ&夏らしいアクセで楽しさを盛って、お仕事の日は上品なレザーバッグ&控えめなシルバーアクセに変えればOK♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!今モテるのは“寒色系女子”だったりして!?ブルーグリーンのブラウスと、ライトブルーのロングスカートで、清涼感たっぷりと。締め色に黒のバッグとサンダル、アクセは軽やかなシルバーで統一。ジメジメした天気の中、なんだか私だけ涼しそうじゃない? 今近寄りたいのって、こんな女子なんじゃない!? なーんて気持ちは隠して、涼やかにニコリ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!有給をもらってハッピーコーデを満喫♡たまには何もない日に有給とっちゃう! 有意義な1日を過ごすためには、まずコーデで気分をあげなくちゃね♬ 淡いピンクのTシャツに、オレンジストライプのスカートでハッピー感満載♡ 白小物でまとめて、色使いも足取りも軽やかに。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!夏のデニムの“きれいな”着こなし方夏にリジットデニムは重たく見える? 答えはNO! ほんのり肌が透ける白ブラウスと、肌なじみのいいヌーディなサンダルで“ほんの少しの肌見せ”を意識すればいい感じ♡ きれいな印象にできたから、赤いビーズバッグをアクセ感覚で持ってみたりして。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!「おしゃれ!」って言われる“あと一枚”今日の夜はおしゃれな友達との予定アリ! 多少のファッションチェックが入るだろうから(笑)、いつものボーダー×デニムに“もう一枚”。白レースのスカートを重ねたら、カジュアルの良さはそのままに華やかさアップ♡夏を感じるかごバッグを持って、いざ出勤!▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
  • 書店で心の栄養補給。暑さや忙しさを忘れてしばし優雅な時間を 月曜日は、気分を上げるためにおしゃれもちょい盛り。透けブラウスとスカーフに、ゆるくまとめたヘアでエレガントに。スカートは、トレンドのブラウンで旬を意識して。資料集めに立ち寄るアートブックの書店は、私のとっておきのイマジネーションスペース。店員さんから「いつも素敵ですね」って褒められた!  ブラウス¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) スカート¥38000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥74000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) スカーフ¥3500/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) タンクトップ¥4800/シンゾーンルミネ新宿店(ザシンゾーン) 時計¥21000 /オー・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥ 36000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【透け感ブラウス】 ほどよく肌が透けるブラウス。ギャザー袖や裾リボンの甘めディテールも、ネイビーなら大人っぽくまとまる。¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) ● 旬のブラウンはエレガントな裾揺れスカートで取り入れて。¥38000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • 何も考えないほうが上手にキマる。ちょっぴり奮発アイテムで、そんな手抜きが叶います最近、とてもラクだな~~と思っている手抜きスタイルがあります。それは、大きなブランドのスニーカーを使ったコーデ。ロゴが入った主役のスニーカーをジャマしないように、ただシンプルなものを合わせればいいだけなので、手抜きでもばっちりおしゃれしているように見えてしまうのです。プチプラ服も引き立ちやすく、とても便利なアイテム! 靴はこれまで、ひと目でどこのブランドかわかるデザインはほとんど選びませんでした。でも、近年はブランドの「ロゴ」ブーム。服もバッグも、ロゴが大きくデザインされているのがトレンドに。それで、初めてのロゴシューズは、シャネルのスニーカーでデビューしてみました。 実際に履いてみると、外での反応は「かわいい」と素直に褒められて少し驚きました。言われてうれしいのは「嫌味がない」ということ。アイテムとしてヘルシーな印象のスニーカーは、ロゴが目立っても威圧的になったり、嫌味な印象を与えにくいのだと初めて気づきました。ブランドスニーカー×超シンプル服。このラクさの虜になり、早速2足めを選びはじめ… 「VLTN( ヴァレンティノ)」デビュー!「VLTN」のロゴ流行は今はじまったわけではないですが、よく見かけるTシャツやYシャツの、モノトーンがカッコいいな~と思いながらも、あの「ロゴバンっ!!」を着てみる勇気がなかったのです。だからスニーカーからはじめようと。足ならこれくらいロゴが大きくても、全身で見るとバランス的にはちょうどよく、やはり白スニーカーの爽やかさが勝ってイヤミを感じません。 ヴァレンティノのアイコン、ハードな「ロックスタッズ(尖った四角錐)」が、かかとにさりげなくついていてカッコいい。ロゴはブラックですが、かかと部分はこげ茶のようなメタリックなので、ブラウン系の服にも合わせやすいです。足裏は、すべてこのロックスタッズが一面に!このおかげで滑り止めの役割にもなってくれそうです。服はスニーカーの引き立て役に徹するのみ。ジャマはしません。究極シンプルなほうがカッコいいので、何も考えずに目に入ったTシャツやデニムなどを合わせるだけです。もちろんプチプラでOK(むしろそれがいい)。何も凝ったことはしていないのに、スニーカーのおかげで「ちょっとおしゃれな人」に変身。 「ロゴに身をまかせてラクをする」。いつもアレコレ着回しを考えているわたしにとって、これはとても新しい発見でした。この「VLTN」には他に真逆のブラック×白ロゴもありますが、シャネルが黒なので断然今回は白。この白黒2足さえあれば、真夏だって大人のスニーカースタイルはラクにカッコよくできます!ブランドばかりではなく、大好きな定番コンバースも交互に履き、飽きずにモノトーンを楽しみます。スニーカーが白黒なので、きれい色はあまり使わずベーシックカラーのみ。それでスニーカーを引き立てると、大人のスニーカー通勤スタイルは簡単に完成↓ 【Day1】タイトスカートに合わせたヘルシーなフェミニンコーデ ↑タイトスカート×ノースリーブは女性らしい雰囲気ですが、白スニーカーのおかげでヘルシーな印象に。ロゴは大きいですが字体が細いので、目立ちすぎず控えめな主張。服の上下は、前回のユニクロ2,000円コーデです!【Day2】デニムに合わせたモノトーンのジャケットコーデ ↑スニーカーを主役にするため、服をシンプルに白黒モノトーンにするとロゴが映えますね。ブラックの細身デニムとジャケットでハンサムな印象に。小物とバランスをとり、服はユニクロ&GUの上下プチプラで遊びゴコロを入れても楽しいです。【Day3】コンバースホワイト×ベージュのデニムコーデ↑白のハイカットにホワイトデニムを合わせ、夏らしくさわやかな印象に。白とベージュは上品な印象なので、大人っぽいスニーカーコーデに仕上がります。【Day4】黒コンバースにワンピースを合わせたカジュアルフェミニン↑ロングワンピースは抜け感を出すために、ペタンコのサンダルやパンプスを合わせることが多いですが、マンネリコーデになりやすいので時々ハイカットを合わせます。上から8割はフェミニンで、下をスニーカーで崩すのも好きなスタイルです。【Day5】ロゴスニーカー主役のハンサムコーデ↑やはり「ロゴ」はラク!ゴチャゴチャ組み合わせを考えなくても、シンプルTシャツとパンツがあれば、ただそれでいいのです。これこそまさに時短コーデ!スニーカーが「ダッド寄り」なので、Tシャツもパンツも素材は女性らしいテロンとした柔らかいものを合わせました。 ↓スカート丈は中途ハンパより、足首が少し見えるくらいのマキシが好きです。「靴にはお金をかけていい」。年齢とともにより強く思うようになった気がします。自分を支えている大事な足ですから、少しくらい奮発してもいいですね。スタイリングへの自信をつけてくれるので、きっと価格以上の価値を感じられることかと思います。運命の1足に必ず巡り会えますよ!▶VALENTINO (ヴァレンティノ)「 VLTN オープン スニーカー」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.41★ 「デザイン靴下(324円~)」 パンプスやスニーカーを履く時、デザインのある靴下を合わせると、素足とはまた違った雰囲気を楽しめますよね。最近では300円ショップなどでもおしゃれなものが手に入るので、履いてみたいデザインや色に気軽に挑戦できます。 300円均一のお店、「ミカヅキモモコ」の水玉チュールソックスと、「チュチュアンナ」のラメソックス。どちらもとってもかわいいので、「遊び」を出したい時に愛用しています。チュールやシースルーソックスは高そうなイメージがありますが、今は300円でも種類豊富に見つかります。しかも、どれも高見え商品が多い! ドットのパンプスもお気に入りですが、靴下をドットにするとまたちょっと足先が女性らしい印象に変わります。「チュチュアンナ」はラメの色や靴下の長さの種類が充実しているのでよく選びに行きます。ほとんど3足1,000円なので、これもやはり1足300円前後。ブラックやグレーのラメは大人でも合わせやすく、スニーカーにも遊びを取り入れられます。暑くなると素足が多いですが、つま先を出していると冷えるので、意外と足が疲れてきます。時々は靴下を履いて、上手に「夏冷え対策」していきましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 20代で買っておいて損ナシ。名品定番服7選!そろそろずっと愛せる名品が欲しいけど、大きな買い物だし、長いつき合いになるだろうから、簡単には決められないのが本当のところ。そこで、MOREを支えるおしゃれスタイリスト&ライター陣に、“20代のおしゃれが格上げされる¥100000以下の名品アイテム”をアンケート! とっても参考になるコメントつきなので、ぜひお読みください♡『ハイク』のトレンチコートスタイリスト 松野裕子さん「コーディネートに遊びがあっても、このトレンチをはおれば格上げされる。そんなクラス感は一度味わったら離れられなくなり、つい買い足してしまいます。20代のトレンド感たっぷりなスタイリングでさえ、素敵に見せてくれるはず。秋から春まで長く使えるから、ぜひいいものを」コート¥75000/ボウルズ(ハイク)『シンゾーン』のセンタープレスパンツスタイリスト 高野麻子さん「適度にドレッシーで、適度にカジュアル。このさじ加減が絶妙なのは『シンゾーン』だけ。女子会、誕生日会、ちょっとしたお祝いなど、ドレスアップが必要だけどワンピースを着るほどでもない日に、こんなパンツがこなれ感が出ておすすめです」パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン)『セント ジェームス』のボーダートップススタイリスト 大平典子さん「元来海軍の仕事着だったボーダーを、おしゃれ服に展開させた歴史あるブランドなだけあって、ここのボーダートップスはひと味違います。ピッチの幅、色のトーン、フォルム、どれを取っても絶妙。本物でしか味わえないボーダーの楽しさを知ってほしいです」トップス各¥10800/セント ジェームス代官山店『アニエスベー』の「カーディガンプレッション」スタイリスト 大平典子さん「発売してから40年もの歴史を誇る、名品スナップカーディガン。この一枚につまったフレンチシックなムードと女性らしさは、どんな場面でも美人に見せてくれます。トレンドに流されず長く着られるのも◎。こんな逸品を持っておくと人と差がつくと思いますよ」。カーディガン¥14000/アニエスベー『アナトミカ』のデニム  『レッドカード』のデニム スタイリスト 高橋美帆さん(右)「ベーシックなデニムは飽きずにずっとはけます。特にシルエットと着心地にこだわり抜いたこのパンツは、後ろ姿が女性らしく洗練されるのがすごい! 着るだけで雰囲気のある人っぽくなるので、おしゃれに自信が持てない人こそ試してほしいです」デニムパンツ¥27000/アナトミカ 東京(アナトミカ)ライター 野田春香さん(左)「誰もが着るものこそ、質やフォルムにこだわるとおしゃれに格が出るし、洗練されて見えるもの。トップスが1000円のTシャツだろうと、デニムがきちんとしていればさまになります。日本人の体型に合った『レッドカード』が私のイチ押しブランド」デニムパンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード)『スローン』のニットトップススタイリスト 森 由美江さん「ユニセックスで着られるよう作られている『スローン』のニットは、ガーリーにもボーイッシュにも使える多様性が魅力。それゆえどんなボトムとも好相性なので、まだいろんなファッションを楽しみたいモア世代が投資しても間違いないはず。日本製の質のよさも楽しんで」ニット¥22000/スローン ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/森 由美江
  • 夏のおしゃれを楽しめるパンツスタイル7days!まとめてご紹介しますきれいめにもカジュアルにも使えて動きやすいパンツスタイル。 自分のコーディネート写真を見ていたら、最近パンツばかり穿いていることに気がつきました。 早速、Style1 ホワイト多めなモノトーンコーデ梅雨の晴れ間はここぞとばかりにホワイトコーデ。 ドット柄ブラウスにゆるテロ素材のワイドパンツで涼しげきれいめに。 バッグとサンダルは黒をアクセントにして。blouse fifth pants UNIQLO sandals PICHEABAHOUSE bag Salon de Balcony Style2 白50%黒50%なモノトーンコーデ続いてのスタイルは少し黒の分量を増やしてみました。 ワッフル素材のノースリーブストップスに白デニムでカジュアルに。 肌が透けて見えるぐらいの薄手のロングカーディガンに、サンダル、クリア素材のバッグで涼しげに見えるよう意識。tops GU denim UNIQLO sandals PICHEABAHOUSE bag Repetto×BAILA Style3 1枚で華やかなブラウスにきれいめデニムでシンプルコーデブルー×ブラウンの配色に一目惚れだったトップス。 これ1枚で華やかに見えるので、濃いめのスリムデニムをセレクトしました。 夏の終わりになったらブラウンのボトムスとも合わせたいなと妄想中。blouse B:MING by BEAMS denim UNIQLO sandals PICHEABAHOUSE bag cashe cashe Style4 夏に効くブラックデニムコーデプリントトップスにブルーデニムでもいいけれど、ブラックデニムを合わせるとちょっぴりクールに仕上がって落ち着きます。 小物はあえてブラウンを合わせました。 ブラック×ブラウンはこれからの時期ますます活躍しそう。tops Mila Owen denim GU sandals PICHEABAHOUSE bag LOEWE Style5 大雨の日のブラックコーデ気分が暗くなって黒を着るのではなく、レースブラウスとデニムの素材の違いを楽しみます。 一日中、雨が降り続く日はレインブーツが大活躍! 水たまりも気になりません。 お気に入りの傘を持てば、さらに足取り軽く♪blouse FREAK'S STORE denim GU boots J&M Davidson bag ZAKKA-BOX Style6 秋を先取りしたベージュ×ブラウンコーデノースリーブトップスを着るときはフルレングスのワイドパンツを穿いてバランス良い肌見せを。 ライトグレーにベージュのまろやか配色にブラウン小物で少し引き締めます。 黒小物よりコントラストがつかず、やわらかな印象に。 サンダルはスエード調、かごバッグも濃いブラウンなので、秋まで使えますよ。 T-shirt SENSE OF PLACE pants GU sandals RANDA bag jungle jungle Style7 ボーダー×進化系リネンパンツのベーシックコーデ雨が降ったりやんだりの気温が上がらない日。 定番ボーダートップスにはクロップド丈のリネンパンツを合わせて、スポサンを履けば足もとを気にしなくてOK! ベーシックなカジュアルスタイルのときはトレンドのバッグを持つことで、なんとなく洗練された雰囲気に見えるよう心がけています。tops Mila Owen pants SHIPS sandals ZARA bag VASIC以上、7日間のパンツスタイルでした。 最後までお読みいただき、ありがとうございます!美女組No.161 愛のブログ
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • イベント盛りだくさんの夏休みシーズンがいよいよ到来! 普通の日もお出かけにも、組み合わせ次第でコーディネートの幅が広がるアイテムを、テイスト別に厳選、着回しました♡ アパレル勤務1年目キレイめ派夏美 念願だったアパレル会社で、プレスとして勤務する22歳。社内はおしゃれな先輩ばっかりだから、平日のファッションも気が抜けない。ワードローブの基準は、トレンドと上品さを兼ね備えていること。\デイリーもイベントも楽しめる厳選8着はコレ/A 白リブニット ピタシルエットだからボリュームボトムとも相性抜群。 ¥4500/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店B レトロブラウス 肩を落とすとオフショルとしても着られる、2WAYタイプがうれしい。 ¥4900/ROYAL PARTYC ノースリーブブラウス 透け感のあるミントグリーンがはかなげ。リボンは自由に取り外し可能。 ¥6800/リリー ブラウン他の画像を見るモデル/岡本夏美 撮影/熊木優(io・モデル) 齊藤晴香(物)ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 富岡さんがひと目惚れして購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピースを主役に、足もとはペタンコサンダルで抜け感を演出した大人のラフスタイル。SUMMER STYLE4ディテールを効かせた黒のリネンワンピースでつくる、大人のオフスタイル「ひと目惚れで購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピース。胸もとと背中の広めのあきとバックスタイルにあしらわれたリボン使いが特徴的で、まさに着るだけで完成する一枚です。素肌が出るぶん、マキシ丈でも重くならないから、この日はオールブラックにしました」。足もとに合わせたのはマノロ ブラニクのぺたんこサンダル。肩の力が抜けた大人のオフスタイルに。【ITEM LIST】 ONE-PIECE:Lâchement EARRINGS/BRACELET/BAG:HERMÈS SHOES:MANOLO BLAHNIK “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムHERMÈSのフープピアス昨年の夏に比べて、ぐっとシンプルになったジュエリー使い。「でもピアスは、私にとってマストジュエリー。つけるのを忘れると、下着をつけ忘れたような感覚になるんです(笑)。モード感のあるフープが今の気分です」。Lâchementのマキシワンピース黒ワンピースは、富岡さんの夏のワードローブに欠かせないアイテムのひとつ。「つい先日、セレクトショップで同じワンピースを見かけて、思わず欲しいと思ってしまったくらい(笑)、好みのデザインです」。MANOLO BLAHNIKのフラットサンダル「ブラックにするかキャメルにするか決めかねて買いにいったのですが、試着の結果、ツヤ感のあるブラックが気に入って迷わず決定。クセのあるバッグを持つことが多いので、靴はシンプルなタイプを選びます」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND