Risa Nishimura × 個性派ニット

SPUR.JP

ニット¥530,000・ベルト¥72,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) 0120-202-170

サルヴァトーレ・フェラガモの娘、フルヴィアが収集していた植物の画集が着想源。刺しゅうでボタニカル柄をニットにあしらった。筆致はグラフィカルだが、シックなカラーパレットと上質な素材で洗練されたムードに昇華。誰もが目を留めるデザインをまとうことは、自己表現でもあり、コミュニケーションの一助にもなる。

ここ数カ月は新型コロナウイルス感染症に対する行政の対応を含め、理不尽なことや報われないことばかり。気が沈むことがとにかく多かった。個人的なことで言えば、祖父ががんになってしまったことも大きいです。私の実家は北海道なので、この状況では帰省できないし、どちらにしろ面会もできない。もう二度と会えないかもしれないと不安でした。

そんなとき、私のSNSに、キャンパスに通えない大学生やライブができないアーティストなどから、現状に対する不満や悩みなどのリアルな声が届いたんです。それで、先行きが不透明な中、いろんなことをざっくばらんに話せる場所があったら、と思いインスタライブを始めました。政治に詳しい知人の意見を紹介することもあれば、私生活をラフに流すこともあります。ときどき相談のコメントをくれる人もいて「私だったらこうします」など意見を返答したりも。そうやってコミュニケーションしながら強く思ったのは、できるだけ誰もひとりにしたくないということ。可視化されていないだけで、みんなそれぞれ不安を抱えているんですよね。日本は自分のネガティブな感情をSNSに書くことすらご法度のような空気があります。でも疲れたときに疲れたって言わないと、どんどん沈んでいってしまう。自分のプラットフォームでは言いにくいことも、私のような第三者になら吐き出せたりすると思うんです。たとえ直接的な解決にはつながらなくても、ひとりではどうしたらいいかわからない、という人の少しの助けになれたらうれしいですね。

でも全部が暗い話題にならないよう、インスタライブ中は柄物のニットなどを着るようにしています。視線を集める服は、見てくれている人の気持ちも上向きにすると信じているので。それこそ今日の服についてなど、たわいない話を交ぜつつ、誰かの力になっていきたいです。

Risa Nishimura

西村理佐●1992年北海道生まれ。写真家・映像作家。桜美林大学映画専修卒業後、MVや広告ビジュアルの撮影などを中心に活動。ディレクションやプロデュースも手がけ、クリエイティブ全般でジャンルレスに活躍中。


見る人を楽しませる個性派ニット

ユニークなデザインは視線を集め、会話のきっかけに。秋色が魅力の柄ニットをピックアップ。

カーディガン¥140,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 03-6427-1810

アーティストでありプリントデザイナーのエド・カーティスが手がけたフラワープリントをインターシャ編みで表現した。

ニットパンツ¥39,000/ナゴンスタンス 03-6730-9191

ジオメトリック柄と鮮やかなカラーパレットの融合により、パワフルな印象に。ゆったりとしたフォルムで心地よいはき心地をかなえる。

ニット¥106,000/ドーバー ストリート マーケットギンザ(サバイバル オブ ザ ファッショネスト) 03-6228-5080

花やストライプなど、多様な柄を大胆にドッキング。一枚で着ても様になる。

ニット¥75,000/三喜商事(エム ミッソーニ) 03-3470-8235

ミッソーニのアーカイブスから着想を得た風景に動物モチーフをのせて。リサイクルプラスチックによるポリエステルやコットン素材が採用されており、環境にもやさしい。

カーディガン¥37,000/リディア(ヤンヤン) 03-3797-3200

着想源は中国の漢服から。伝統的なデザインと、モダンなカラーブロックが見事に融合。

ニット¥43,000/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 03-6419-8136

一見ベーシックなジャカードニットながら、袖をまくると中に仕込まれたチュール素材がのぞく。

ニット¥116,000/モンクレール ジャパン(モンクレール) 0120-977-747

シェブロンモチーフを配したハンドメイドニット。動くたびに揺れるフリンジが印象的。

ニットパンツ¥55,000/ブランドニュース(アカネ ウツノミヤ) 03-3797-3673

ランダムに編み上げたマルチボーダー柄でツイストをきかせて。裾のフリルが乙女心をくすぐる。

>>気持ちを包み込むニュアンスカラー

関連記事
  • 一生ものからデイリー品まで、少しづつ集めてる私のジュエリーをご紹介します。こんにちは、Fumikoですᴗ̈ 気づけば1月も後半戦、早いなーー! 今期はSALEを一切買っておらず、、 でもヘアアクセをオンラインでちょこちょこ買ったり、春物をネットパトロールしたりして、気分を上げてます⤴︎⤴︎ 購入したヘアアクセは届き待ち中なので、また近々ご紹介しますね⍢ 今日は私のジュエリーのご紹介を。 ジュエリーは大好きで、これは一部なのですが、そのうちの2ブランドを♡私はイエローベース(パーソナルカラー)なので、基本goldがベースで集めてます。 基本、goldが多いのですが、silverとの重ね付けが好き! あと、マットな素材感や無骨なものが好みで、ついつい似たようなものが増えちゃいます!AFTER SHAVE CLUB/アフターシェイヴクラブ (薬指の2つ以外全て) 日本人デザイナーによるNY発のジュエリーブランドで、オールハンドメイド。 デザイナーのちえみさんのジュエリー重ね付けスタイルがとても素敵で、私もマネしたくなっちゃいます♡ ネックレスレイヤードも好きです♪こちらのヌメのヘアカフもお気に入りちゃん薬指につけたリングは、 エンゲージとマリッジリングです。 普段にも気軽につけれるようなものをセレクトしました♡エンゲージリングは、デザイナーのマルコムさんが選んでくれたもので思い入れが♡旦那さんは会計時に値段知る。笑MALCOLM BETTS/マルコムベッツ 英国初のジュエリーブランド。 右の上:エンゲージリング ゴールドとプラチナのリングに1石のダイヤモンド。 右の下:マリッジリング 外側がプラチナ、内側がイエローゴールドで、異素材の組み合わせがなんとも♡ 左:自分で購入したもので、マルコムの定番リング ピアスは、マスクの上げ下げで毎回引っ掛かり、もぉーもぉーーーってなるし、急いで引っ張ったりすると、ピアスのキャッチャー危うくなくしそうだし。。 でもでも、ジュエリーもマスクもファッションの一部なので、落ち着いて大事にしていこう!笑 最後までご覧いただきありがとうございました⍢ 寒い日が続きますので、温かくしてお過ごしくださいね。 Fumiko☆ ーーーーー☆ーーーーー Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたら嬉しいです⍢ →@fstandard.fumikoAFTER SHAVE CLUBMALCOLM BETTSNo.199 Fumiko
  • ファッションに合わせて時計も変えてみる… カジュアルやシンプルなスタイルに合わせやすいファッションウォッチです❗️ いつも読んで頂きありがとうございます❗️ 昨日は調べものとかお勉強の1日でした。  1人で集中したい時は近所のカフェに行きます♪  ワンマイルカジュアルコーデ❗️❗️  ベージュ×ブラウンの組み合わせです❗️ ニットはヘアリーでふわふわで温かさがあります♪ パンツは裏起毛なのでこちらも温かいです♪♪ ユニクロのロンTはレイヤードコーデにかなり使えます♪♪   Tshirt:ユニクロ Knit:ユナイテッドアローズ Pants:ネクスレグ Coat:FRAY I.D Bags:HERMES   カジュアルスタイルにバッチリ合うのが、 【MAVEN WATCHES】 の時計♪♪ ユナイテッドアローズでもお取扱いしていて ちょっと前のMarisolにも掲載されてました❗️ シンプルだけど上品な時計なのです❗️❗️ ベルトはイタリアンレザーを使ってて、 淡い色から濃い色まで、 飽きのこない長く使えるアイテムかもしれません♪ 私が選んだのは “SMOKE GREEN OFF WHITE 34mm” 淡色コーデが多い私なので、 ベルトも肌に合うオフホワイト♪♪ 文字盤のくすんだグリーンが ベージュや白の洋服に自然に馴染むんです‼️ 別の色でベージュのタイプも持ってます♪♪ ファッションに合わせて使いたくなる 時計です♪♪♪ 男女で持てる時計なので、 文字盤大きいのも気になってます♪♪ 最後まで読んで頂きありがとうございました❗️ No.176 Miwa
  • この1月は、肉眼以上に克明な映像で作品に迫ったり、アートの真髄に迫る良質なドキュメンタリー映画が豊作。取り上げるのは、王道かつエクラ世代に刺さる作家ばかり。今季の映画鑑賞の候補にぜひ!先の見えないコロナ禍。名作を求めて世界の美術館を巡る旅なんて、いつできるやら……。と、ため息をついている人に朗報! 2021年の年始からアート関連映画が続々とラインナップされ、あなたの街の映画館でアートに浸るという方法があるかも。アート映画というと、画家の生涯や作品めぐるストーリーを描いた再現ドラマもあるが、今回はドキュメンタリーにフォーカスして4作品をご紹介。よりアカデミックに、より間近に作家&作品に迫れるドキュメンタリー映画は、知的好奇心の翼を広げ、縮こまっている心を解放してくれること間違いなし。                 (1)『ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年展』(2020年/95分) 没後500年と作品の新発見も重なって、イタリア盛期ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチが大きな話題となった2019年。ルーブル美術館では空前絶後の大規模回顧展が行われ、何と107万人が殺到(史上最多動員を記録!)した。チケットは発売されるやいなや予約殺到でプレミアがついて入手困難となり、「行きたかったのに〜!」と涙を飲んだパリっ子、アートファンが続出。そんな歴史的展覧会を、準備段階から足掛け10年以上も関わり続けたキュレーターを案内役に、じっくりたっぷり鑑賞できるのがこの映画だ。© Pathé Live誰もいない真夜中の美術館で撮影された名画を、映画館のゆったりシート見られるなんて、至福以外の何ものでもなし。ふだんの美術館なら警備員に肩を叩かれそうな近距離まで、カメラはグングン近づいていく。圧倒的な映像美、大スクリーンの迫力、知らなかった事実を次々と教えてくれる名解説。その解説も多弁すぎず、映像の流れで自然と世界に入っていけるのが、映画のエンタメ感ならでは。……というわけで、ダ・ヴィンチ芸術と“本当に出会う”ためのお膳立ては、すべてここに整えられているので、あとは映画館に行くだけ! 本作品は、現在絶賛公開中! 上映館は公式サイトでご確認ください。 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 監督: ピエール=ユベール・マルタン 制作:パテ・ライブ 広報協力:ルーブル美術館●『ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年展』公式サイトはこちらから。                                     (2)『アート・オン・スクリーン』シリーズより 『天才画家ダ・ヴィンチのすべて』/『ピカソがピカソになるまで』/ 『フリーダ・カーロに魅せられて』あまりにも有名すぎるアート作品のあれこれも、アーティストの人生や制作背景に焦点を当てて見ると、よりヴィヴィッドな楽しみ方ができるもの。そうした美術のアナザ・ワールドを見せてくれるのが、ドキュメンタリー映画シリーズの『アート・オン・スクリーン』。そのうち、1月末から順次公開されるのが「時代を創った芸術家たちの作品とその背景」をテーマにしたこちらの3本。 『天才画家ダ・ヴィンチのすべて』 (2019年/102分) こちらも作家の没後500年記念の映画。修行時代を含め、ダ・ヴィンチ作とされる現存のマスターピースが年代を追って見られ、作風の変遷も一目瞭然。現地ミラノに行かないと見られない『最後の晩餐』やアッセの間の天井画に加え、先述のルーブルでの展覧会に出品予定だったのに直前に中止となり、現在は行方不明ともいわれる最後の作品『サルバトール・ムンディ』さえ詳細に見られて感動必至。 『ピカソがピカソになるまで』 (2019年/91分) 美術教師だった父の影響下で技術を磨いた幼少期から、人生に苦悩し表現を模索し続けた「青の時代」、そして「バラ色の時代」など、ピカソがどのように芸術家人生を歩んでいったかに迫るもの。25歳の時に描いた傑作で、後に“現代絵画の出発点”と評価される『アヴィニョンの娘たち』にまつわるエピソードは必見。 『フリーダ・カーロに魅せられて』 (2020年/90分) インパクトの強いセルフポートレートのシリーズのせいか、つい「知ってる」と思いがちなフリーダ・カーロの芸術。しかし、わたしたちは本当に彼女を知っていたのか? そう思わざるを得ないほど、詳細にこの稀有な女性作家を伝えてくれるのがこの映画だ。日記や書簡も紐解きながら、魅惑的で激しく、でも壊れやすいフリーダを解き明かしていく。今や『フリーダ・カーロ博物館』となった生家「青い家」ほか、臨場感たっぷりの映像で、時空を超えて旅した気分に。 1/29より順次公開。作品ごとに公開日が異なるため、スケジュールおよび上映館は公式サイトでご確認ください。 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン●『アート・オン・スクリーン』公式サイトはこちらから。文/大輪俊江
  • 少しくすんだトーンが冬のワードローブになじみやすく、大人のかわいげと幸せ見えもかなえてくれる、最強のニュアンスカラー「くすみパステル」。マンネリ化しがちな冬の着こなしの活性化にも大活躍!Soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)Light Blue涼やかなブルーが大人の透明感を演出 パンツ¥34,000・ニット¥26,000/ル フィル ニュウマン新宿店(ル フィル) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥59,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)Royal Lavender甘さ控えめなラベンダーでワンランク上の洗練が漂う カーディガン¥31,000・ニット¥22,000・スカート¥21,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) チェーンネックレス¥22,000(マラ ムクス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 青山店 コインネックレス¥41,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥155,000(ザンケッティ/ハウント代官山)・靴¥120,000(サルトル/ハウント代官山)/以上ゲストリスト「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 「MAQUIA」2月号で連載中の『美女子ネタ』では、気になるグルメ情報をお届け。“下北線路街”にオープンした「BONUS TRACK」内の話題のお店をご紹介! 今月の美貌食 名店いっぱいの下北沢「BONUS TRACK」を紹介。 東北沢駅と世田谷代田駅の間にある“下北線路街”に誕生。多くの飲食店や物販店をはじめ、本屋やシェアワークスペースまで! 知って、食べて、買って。発酵の魅力を堪能できる日本はもちろん世界中に根付く発酵文化。その世界に没入できるのが、発酵デザイナーの小倉ヒラク氏が手がけるここ。味噌、しょうゆ、醸造酢、酒、珍味……所狭しと並ぶ発酵食材はすべて購入可。さらに食堂では、それを用い、魅力を活かす伝統的な組み合わせや調理法で多彩かつモダンなメニューを提案。「発酵精進ランチコース」¥2500は、発酵食材を用いた点心、4種の発酵食のテイスティング、米麺、デザート、ドリンクが付く。発酵の底力を余すところなく味わって。 1 時期により内容が変わるコース仕立ての「発酵精進ランチコース」。 2 幻のお茶と言われる碁石茶で作る「豆乳碁石チャイ」¥500。 3 全国各地からこだわりとストーリーのある発酵食品が集結。 data発酵デパートメント東京都世田谷区代田2-36-15☎03-6413-8525営業時間 11:30〜20:00無休 ※税込み コールドプレスジュースとともにお弁当や野菜も販売代官山にある「Why Juice?」の新業態。コンセプトは“野菜と果物のおいしい生活”。シグネチャーである日本全国の生産者と直接やり取りして仕入れる無農薬・減農薬栽培の野菜や果物を使った「コールドプレスジュース」Sサイズ¥750〜はもちろん健在。そこから出るパルプを利用して作る食物繊維たっぷりのラップサンドや野菜を贅沢に使用した「おべんとうボックス」¥1200〜や自家製のスイーツなども展開。敷地内でおいしく食べた後は、新鮮な野菜やこだわりの調味料なども購入可。 1「おべんとうボックス」は野菜ときのこの味噌ケールサンドなど選べるラップサンドほかデリ3種付き。 2 コールドプレスジュース。定番「チャージ」「リトルグリーン」「フレックス」ほか旬の味も。 dataWhy_?(下北沢店)東京都世田谷区代田2-36-12☎ 03-6805-5380営業時間 11:00〜19:00不定休 MAQUIA 2月号撮影/山下みどり 取材・文/広沢幸乃 ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • 映画『Deep Water(原題)』での共演を機に交際をスタートさせ、2020年の自主隔離期間中は、連日のように熱愛ぶりを見せつけていたベン・アフレック(48)とアナ・デ・アルマス(32)。同棲もスタートさせ、婚約も近い?と囁かれていたが、なんと破局していたことが明らかに! Photo:BG004/Bauer-Griffin/GC Images米誌『People』が聞き込み調査を行った消息筋いわく、「ベンはもうアナとデートしていない。彼女が終わらせたんだ。彼らの関係は複雑だった。ロサンゼルスを拠点にしたくなかったアナに対し、ベンは子どもたちが住むロサンゼルスを拠点にしなければならなかった」とか。また、別の消息筋も「別れは完全に友好的なものだ。彼らは人生における立ち位置が違うが、お互いに対する深い愛とリスペクトがある。ベンは、自分のすべきことに取り組み続けるだろう。彼にはこの先、3つの仕事が続いていて、家ではしっかりとした父親だ。ふたりとも今の生活に満足しているよ」と言い、それぞれの仕事や家庭の事情により、別々の道を歩む決意をしたと語った。 Photo:Instagram(ana_d_armas) 昨年4月、32歳の誕生日を一緒に祝う写真をインスタグラムにアップし、ベンとの交際を公表したアナ。 以来、ふたりは6月にベンの子どもたち、母親とともに旅行へ。家族との親交も深め、8月にはベンの家で同棲をスタートさせた。アナはそれまで住んでいた家を売りに出し、昨年夏は毎日のようにふたりで愛犬の散歩などで外出し、アツアツぶりをキャッチされていたのだが……。 Photo:Backgrid/アフロ振り返れば、12月頃からツーショットが途絶えていたふたり。12月13日と30日(現地時間)に、ドーナツと飲み物のデリバリーを受け取ったところがパパラッチされていたベン。改めて見ると、その表情はどこかさびしげ? Photo:Backgrid/アフロそして今年1月9日(現地時間)には、アナではなく、次女セラフィナ(12)と一緒に愛犬の散歩へ。 アナと別れてしまったのは残念だが、交際中にダイエットに成功し、髪やヒゲの白髪も染めて、すっかり若返った!と話題のベン。ジェニファー・ガーナー(48)との離婚後も熱愛報道が絶えなかったモテ男ということもあり、次なる恋の噂が出るのも時間の問題と言えそう!? >>15歳下の恋人の影響!? 急激に若返った俳優ベン・アフレックのパパラッチ写真に驚きの声 >>ゴールイン間近? ベン・アフレック、恋人アナ・デ・アルマスとの同棲をスタート
  • BAILAエディターズがリレー形式でお気に入りをお届けするコラム、今回はコンランショップのランドリーバスケットです。 withコロナでおうち時間が長くなると、重要になってくる洗濯タイム。少しでも快適に清潔に、お気に入りのアイテムと。ずっと探していたビッグサイズのお気に入りバスケット、ついに見つけました。衣類やシーツや毛布もラクラク入る大容量、でも無機質でなく長く愛せるインテリア名品。TAMBO BASKET WITH LEATHER HANDLE、さすがザ・コンランショップのオリジナルです。メキシコ南部地方に生息するヤシの葉を使い、熟練した職人に編まれた巨大バスケットは、ハンドメイドのナチュラル感と飽きのこないシンプルなデザインが魅力。優しいココアカラーとレザーハンドルの組み合わせが洒落ています。濡れてもヤシのいい匂い。我が家のランドリースペースにピッタリフィットし、洗濯タイムがぐっと楽しくなりました。毎日使うものだからこそ、少しの贅沢を。 編集長Y
  • 厚着する季節、毎年気になるあれこれに加えて、この冬の"新しい日常"ならではのお悩みも! 残りの冬をハッピーに乗り切るテク全部見せ! イギリスブランドの名品小物が、おしゃれプロの間でひそかに人気親指を通す穴だけがついたシンプルな筒型の作り。カシミヤ製だから暖かさと発色のよさはばっちり! 手袋¥10000/渡辺産業プレスルーム(ジョンストンズ オブ エルガン) ニット¥5000/キャンカスタマーセンター(ルノンキュール)室内でつけっぱなしでも、コーデになじんでくれる。 手袋¥9000/BRITISH MADE 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) ニット¥4900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) Tシャツ¥5400/JUNRedふわふわマフラーに「埋もれてる感」で、愛らしさマシマシ♪ネクタイ風に大きく作った結び目がキュート! ボリュームがあって主役感もあり、カジュアルコーデにおすすめ! マフラー¥2900・ニット¥4900・ジャケット¥9900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) パンツ¥4500/アダストリア(ローリーズファーム) バッグ¥2990/ロコンド(マンゴ) イヤリング¥4773/アビステ 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)首に一巻き、内側をたるませてねじり、輪を作る輪の中にマフラーの両端を通して、形を整える大人っぽくておしゃれ上手な印象。柄マフラーにおすすめ!表情のある結び目が素敵。上品な印象に。 マフラー¥2990/アメリカンホリック プレスルーム(アメリカンホリック) ニット¥4990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック) スカート¥4500/オリーブ デ オリーブ バッグ¥3900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(SENSE OF PLACE) イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) 靴¥6900/ロコンド(セレンセクール)片方が長くなるように、首に一巻きする長いほうをねじって輪を作り、短いほうの端を通すモデル/貴島明日香 鈴木ゆうか 撮影/川﨑一貴(MOUSTASHE) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND