ドラマも恋も絶好調!リリー・コリンズのファッションチェック!『エミリー、パリへ行く』から私服のデニムスタイルまで(※ネタバレ注意)

SPUR.JP

ファッションの聖地・パリを舞台にした、Netflixオリジナルシリーズ『エミリー、パリへ行く』。主演にリリー・コリンズ(31)が抜擢され、日本での知名度もグッと急上昇中! 物語はリリーが演じる主人公のエミリー・クーパーが、仕事のためにアメリカ・シカゴから花の都・パリに移住するところから始まる。言葉も文化も違う異国で、仕事や友情、そして恋に奮闘する姿を描いたドラマ。ストーリーはもちろん、併せて注目したいのはエミリーの“ファッション”! 言わずと知れた大人気映画『プラダを着た悪魔』や、今でも根強いファンが絶えないドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(通称『SATC』)』の衣装担当を務めたパトリシア・フィールド(78)が本作にもジョイン! パトリシアらしい華やかで、遊び心満載のファッションスタイルは、観ていて元気をもらえる。

photo:Aflo

photo:Aflo

ドレス:クリスチャン・シリアノ(Christian Siriano)
バッグ:ロザンティカ(Rosantica)
パンプス:コスモパリス(COSMOPARIS)


photo:Instagram(@emilyinparis)
主演リリーと、衣装担当のパトリシアとの貴重な2ショット。photo:Instagram(@emilyinparis)

まるでパリ版の『SATC』!?と注目度が高まり『SATC』ファンも魅了したことで、シーズン1の出だしは好調と言えそう。シーズン2に関してはまだ情報が公開されていないものの、これだけ注目を集めたのだから、きっと制作決定の嬉しいニュースがいずれ舞い込んでくるはず! シーズン2の配信日を心待ちにしながら、パトリシアワールド全開となったシーズン1のエミリーのファッションや、役柄と違い、実はデニムラヴァーというリリー自身のファッションを徹底リサーチ!

初出勤スタイルは柄×柄のインパクトルック!

photo:Aflo

エミリーが勤めるアメリカ・シカゴの会社が、フランスの高級ブランドのマーケティング企業を買収したことにより、SNS戦略担当として彼女がパリに向かうことに。パリでの生活を始めるエピソード1にて、初出勤した時のスタイリング。アリス&オリビア(Alice&Olivia)のシティモチーフのプリント柄シャツに、エッジィなパイソン柄スカートを合わせて、クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)のカラフルなブーティというインパクト重視のルックに。アルド(ALDO)のフェミニンなバッグを合わせることで、あえてテイストミックスを狙った?

シャツ:アリス&オリヴィア(Alice&Olivia)
タンクトップ:リダン(RE/DONE)
スカート:トーン バイ ロニー コボ(Torn by Ronny Kobo)
バッグ:アルド(ALDO)
ブーツ:クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)

早朝ランニングでもおしゃれに手を抜かないのがポリシー

photo:Aflo

エピソード1からすでに自国・シカゴとパリとのギャップに悩み始めるエミリーだけれど、持ち前のポジティブマインドで、仕事や新たな生活と向き合っていくことに。エピソード2ではクロップト丈のホワイトトップスにタイツを合わせたスタイルで、縦線の入った腹筋など、リリーの美ボディも露わに!

タイツ:コットンオン(Cotton on)

パリでの親友・ミンディとのディナーを満喫

photo:Aflo

エピソード1で出会ったのち急速に距離を縮めていくエミリーの親友、ミンディ・チェンを演じたのは、アシュリー・パーク(29)。レストランで早めのディナーを楽しむエミリーのこの日のスタイリングは、シンプルな黒のキャミソールに、ポルカドットなどのポップなプリント柄が描かれたトップスをレイヤード。ボトムスには品のあるヌーディトーンの透ける素材のフレアスカートを選び、エレガントな着こなしに着地。

ゴージャスなフラワープリントのドレスを主役に

photo:Aflo

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)のオフショルダードレスに、カラーポイントとなるクリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)のピンクのパンプスを合わせて。この写真では着用していないけれど、劇中では上品な花柄ドレスの上からブラックジャケットを羽織って、スポーティミックスに仕上げているので、ぜひエピソード2をチェックしてみて。

ドレス:ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)
ベルト:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
バッグ:アルド(ALDO)
パンプス:クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)

チェック柄や赤いベレー帽で、フレンチシックに決めて

photo:Aflo

エピソード3ではフランス語の勉強のため、仕事の合間を縫って語学スクールに通い始めたエミリー。この日は王道のフレンチシックなファッションを披露した。チェック柄のセットアップを主軸に、全体を引き締める黒のバッグとパンプスを選択。そしてアクセントとなる赤いベレー帽を投入することで、大人ガーリーなスタイリングに。

ジャケット、パンツ:ヴェロニカ ベアード(VERONICA BEARD)
ベレー帽:GALERIES LAFAYETTE
バッグ:シャネル(CHANEL)
パンプス:クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)

レディな雰囲気が漂う、ニュアンスカラー

photo:Aflo

同じくエピソード3の終盤では、珍しいペールトーンのライダースジャケットに、ハイネックのディテールや、シックな花柄プリントが特徴のドレスをまとったエミリー。通常の出勤スタイルに比べると大分落ち着いた色みに見えるけれど、ミニ丈のドレスにブーツ、ミニバッグのスタイリングがエミリーの鉄板!

ドレス:アジェ(Aje)
ジャケット:イロ(IRO)
バッグ:シャネル(CHANEL)
ブーツ:ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)

鮮やかなフューシャピンクのコートをまとって

photo:Aflo

パリでの2人目の友人・カミーユとの出会いのシーンはエピソード4より。常にハッピームードが漂うカミーユを演じたのは、フランスを拠点に活動するモデル兼女優のカミーユ・ラザ(26)。物語のなかで何度か登場するフューシャピンクのチェスターコートは、ケンゾー(KENZO)のもの。

コート:ケンゾー(KENZO)
バッグ:シャネル(CHANEL)

ロマンティックにスポーティなエレメントを投入?

photo:Aflo

同じくエピソード4のオフィスルックでは、異素材と柄のレイヤードがユニーク! ロマンティックなムードを高めるホワイトレーストップスに、胸元に大きく「7」の文字と花が描かれたメッシュ素材のタンクトップを組み合わせた、ポップなコーディネートに。プリント柄のフェルト帽をプラスするなど、細部のセレクトまで斬新。

色と柄のユニークなレイヤードテクニックが炸裂!

photo:Aflo

エピソード5では、エミリーが大好きなコスメティックブランドの新作発表会に、インフルエンサーとして招待されるシーンも。一際目を引くグリーンのミディ丈コートに、チェック柄のトップスとスカートを合わせ、さらにバケットハットも同柄に統一! ここまで来たらスカーフもチェック柄かと思いきや、そこはフラワープリントをチョイス。サプライズ感のあるコーディネートがパトリシアらしい。

コート、イヤリング:シャネル(CHANEL)
スカート:ブランディ メルビル(Brandy Melville)
バケットハット:カンゴール(KANGOL)
バッグ:スタウド(STAUD)

恋模様も『エミリー、パリへ行く』の重要なポイント!

photo:Aflo

友人カミーユの恋人で、偶然同じマンションに住むガブリエルとの恋の行方も見どころ。同じくエピソード5では、赤・黄色・緑のユニークなカラーパレットが特徴のチェック柄コートをまとったエミリー。赤いバッグはY/プロジェクト(Y/PROJECT)をセレクト。写真では見えていないけれど、足元には、ポップなプリントが施された黒のコンバットブーツを合わせている。リリーのインスタグラムでは、共にメリーゴーランドを満喫するアシュリーとのオフショットが公開!

photo:Instagram(@lillycolins)
photo:Instagram(@lillycolins)


バッグ:Y/プロジェクト(Y/PROJECT)

まるでオードリー・ヘップバーン!? SNSで話題になった一枚!

photo:Instagram(@lilyjcollins)

リリーのインスタグラムに公開されたこちらの写真。永遠のおしゃれアイコンであるオードリー・ヘップバーン(63歳没)にそっくりと話題に! 場面を見るとエピソード6のパーティシーンでのオフショットのようだけれど、形状記憶のビッグシルエットのゴージャスなグリーンドレスをまとい、シルバーのパンプスやジュエリーの相乗効果でとびきりエレガント。 実際のシーンではブラックドレスを着用していたものの、こちらのルックも素敵!

大胆カラーを全身でまとうのが、エミリー流

photo:Aflo

エピソード4でも登場したケンゾー(KENZO)のコートのカラーに合わせ、全身ピンクで統一した鮮烈なスタイリングを披露。デニムのミニ丈スカートや、クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)のパンプスに加え、ソックスまで同色の“ピンク”を選んだ。日常生活では参考にするのがなかなか難しいスタイリングだけれど、ドラマだからこそ楽しめる!

トップス:サンドロ(SANDRO)
コート:ケンゾー(KENZO)
スカート:キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)
パンプス:クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)

クリア素材のコートからのぞくミニドレス

photo:Instagram(@lilyjcollins)

クリア素材のコートをメインに、ラメがちりばめられたミニ丈ドレスをスタイリングしたエミリーの姿は、エピソード9より。写真では見えにくいけれどドラマ内では、2020-21年秋冬コレクションでも多くのブランドが取り入れていた、ネクスト・トレンドのネックレスバッグを合わせるなど、ハイモードなスタイルで登場!

様々なテイストが混じり合った独自のスタイル!

photo:Aflo

中世的な絵柄に目を奪われるシャツは、ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)のもの。シーズン1の最終話となるエピソード10では、プリントシャツに、ピンクのデニムジャケットを羽織り、その上からスポーティなブルゾンを羽織るといった、重ね着尽くし&柄尽くしのコーディネートに。写真では見えにくいけれど、ベルトはリリー自身もよく愛用しているラグ&ボーン(Rag & Bone)をセレクト。

シャツ:ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)
ジャケット:ガニー(GANNI)
ベルト:ラグ&ボーン(Rag & Bone)

同柄のジャケットとドレスで、とびきり華やかに

photo:Aflo

同じくエピソード10の終盤では、黒地に大きな花柄がプリントされたダウンジャケットと、同柄のドレスを合わせたエミリー。どちらもオフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー(OFF-WHITE ℅ VIRGIL ABLOH™)のもの。コーディネートのスパイスとなるカラフルな小物合わせもエミリーのファッションにおいて、マストなテクニック! そして劇中では揉め事も多かった上司のシルヴィーとのスペシャルなオフショットが、リリーのインスタグラムに投稿された。パリジェンヌらしい大人の色気たっぷりのシルヴィーを演じたのは、フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー(57)。

photo:Instagram(@lillycolins)
photo:Instagram(@lillycolins)


ジャケット、ドレス:オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー(OFF-WHITE ℅ VIRGIL ABLOH™)

シーズン2の公開はいつに? 今から待ちきれない!

photo:Instagram(@lilyjcollins)

サンローラン(SAINT LAURENT)の2020-21年秋冬コレクションに身を包むリリーの姿が、インスタグラムに公開。ドラマでの様々なファッションルックやオフショットをインスタグラムに投稿し、ファンを歓喜させたリリー。ドラマは現在エピソード10まで公開されており、シーズン2の配信日はいつになるのか気になるところ。きっとシーズン2以降も、サプライズ感溢れるストーリーとファッションが観られるに違いない。情報公開日が今から待ち遠しい!

ジャケット、トップス、パンツ、パンプス:サンローラン(SAINT LAURENT)
イヤリング:Walters Faith

劇中とは違って、生粋のデニムラヴァー!
ここからは、主演リリーの私服ファッションをスナップ

ジャケット×デニムでロンドンボーイ風の着こなしに

photo:Aflo

主演リリーは今年の9月に、恋人だったチャーリー・マクダウェル(37)との婚約を発表したばかり! ドラマだけでなく私生活でもハッピーなニュースが続いているリリー。実は生粋のデニムラヴァー! ウィンドウペン柄のジャケットに、カジュアルなデニムを合わせるなど、私生活ではデニム推しな一面も。

ジャケット:ヴィンスカムート(Vince Camuto)
パンツ:セブン フォー オール マンカインド(7 For All Mankind)
バッグ:ジバンシィ(GIVENCHY)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)

ストレートのブルーデニムをマルチに着用!

photo:Aflo

ザラ(ZARA)のコーデュロイジャケットに、メンズライクなグレーのトップスとお気に入りのブルーデニムを合わせたリリー。カジュアルなスタイリングの中に、上品さを醸し出すサンダルはシャネル(CHANEL)をチョイス。パールをあしらうことで、ノーヒールでも女性らしい足元へ誘う。

ジャケット:ザラ(ZARA)
バッグ:ジバンシィ(GIVENCHY)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
サンダル:シャネル(CHANEL)

淡色のフレイドヘムデニムをデイリーにまとって

photo:Aflo

デニムラヴァーのリリーがこの日選択したのは、ダメージ加工がされたフレイドヘムデニム。ブラックのオーバーサイズフーディがストリートなムードを加速させる。ストリートの中にレディ要素をプラスする小物使いにも注目を。ミニバッグとサンダル、どちらも上品なホワイトを投入した。

サンダル:フライ(FRYE)

マニッシュな黒ジャケットにも、安定の“デニム”!

photo:Aflo

黒のスーツジャケットを羽織って、デニムルックをエレガントに着地させたリリーをキャッチ。オレンジのマテリアルにプリント加工が施されたトップスを、コーディネートのアクセントに加えて。私服ファッションでよく愛用しているジバンシィ(GIVENCHY)のバッグと、シャネル(CHANEL)のサンダルを相棒に。

バッグ:ジバンシィ(GIVENCHY)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
サンダル:シャネル(CHANEL)

愛犬との散歩デートにもデニムパンツが必須

photo:Aflo

婚約者のチャーリーと愛犬とともにウォーキングを楽しむリリーのファッションは、安定のデニム推し。トリコロールカラーのフーディはフロント部分だけ少しパンツインして、全体のバランスを調整している。脚を綺麗に見せるフレアデニムにスリッポンを合わせて、カジュアルを追求したルックに。

パンツ:アモ(Amo)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
バッグ:ジバンシィ(GIVENCHY)
スリッポン:ロージーズ(ROTHY'S)

チャーリーと合わせてブラックデニムを選んだ?

photo:Aflo

普段ブルーデニムを穿くことが多いリリーだけれど、この日は婚約者のチャーリーと色合わせをしたのか、ブラックデニムをメインにスタイリング。水色のテキスタイルに、赤のボーダーデザインが印象的なTシャツをインして、リラクシー感溢れる散歩ルックに仕上げた。

サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)

デニムジャケット×タイツでメリハリをつけて

photo:Aflo

自宅周辺に買い物に出かけていたリリー。歩きやすさ&動きやすさを重視したのか、アモ(Amo)のデニムジャケットを主役に黒タイツを合わせて、いつになくカジュアルな着こなしに。リリーがよく履いているのはロージーズ(ROTHY'S)のスリッポン。色違いで持っているくらい大のお気に入り!

ジャケット:アモ(Amo)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
バッグ:ジバンシィ(GIVENCHY)
スリッポン:ロージーズ(ROTHY'S)

ガーリーなドレスとデニムジャケットが好相性

photo:Aflo

前スリットが入ったホワイトのサマードレスで、女性らしい雰囲気に仕上げたリリー。いつもとは少し違う散歩デートのスタイリングを披露。フェミニニティが薫るドレスは可愛らしい顔立ちのリリーによく似合う。ガーリーなエレメントが光るドレスにオーバーサイズのデニムジャケットを合わせることで、程よい抜け感とナチュラルさを演出した。

ジャケット:アモ(Amo)
サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
スリッポン:ロージーズ(ROTHY'S)

チェック柄シャツとデニムでボーイズライクに

photo:Aflo

ストレートデニム×チェック柄シャツのスタイリングは、スタンダードだけれど、小洒落た雰囲気を表現できる組み合わせ。シンプルなホワイトトップスから少し肌をのぞかせて、ヘルシーな色っぽさを演出したリリー。サングラスは長年愛用しているブランド、ラグ&ボーン(Rag & Bone)一筋。

サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)
スリッポン:ロージーズ(ROTHY'S)

リラックスムードが漂うラフなデニムルック

photo:Aflo

この日はゆったりとしたシルエットのストレートデニムをセレクト。ブラウンカラーのチェック柄ジャケットをまといながら、ペイズリー柄のスカーフをマスクとしてアレンジし、スタイリングに遊び心をプラスオン。華やかなカラー使いとレイヤードファッションを好むエミリーとは打って変わって、リリー自身はデニムを主軸としたカジュアルなファッションが落ち着く様子。

サングラス:ラグ&ボーン(Rag & Bone)

関連記事
  • BAILAエディターズがリレー形式でお気に入りをご紹介するコラム、第234回は「アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ」。スポーティでシックで、この春にぴったりの白スニーカーです!春トレンドを取り入れた着こなし&履いてみたレビューをお届け。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し1】春トレンドのブルー&グリーンに白を効かせて この春はブルーがトレンド。淡いブルーのニット×ミントグリーンのパンツできれい色コーデを楽しもうと思っています。きれい色同士のコーデは、シンプルなデザインのアイテムで彩度を揃えると、うまくいきます。そこに白のスニーカーとバッグを合わせると軽やかさ、抜け感、統一感が出るので、きれいな色が好きな人ほど、白の靴は使えます。私の場合、コーディネイトにはちょっとしたひねりや遊びを加えたいので、スニーカーのミッドソールのレオパ柄がお気に入り。半透明に仕込んであるのがちょうどいい存在感です。白スニーカーは多くあれど、このデザインで購入を決めました。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し2】引き続き人気のワントーンは足元まで白でつなぐのがポイント 白やエクリュのレイヤードスタイルはこの春もトレンド。ワントーンコーデは足元までつなげるとおしゃれ感が増すのと、スタイルアップして見えます。こちらはノースリーブのロングニットトップス、プリーツスカート、スニーカーを白で合わせて、ミリタリージャケットのカーキで引き締めました。テイストとしてはトップスとスカートが甘め&きれいめ、スニーカーとジャケットが辛め&カジュアルめというミックスコーディネイトです。コーディネイトの要素は、色だけではなく多面的に考えるとバランスがよくなると思います。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し3】モノトーンも注目トレンド。プリントTとスニーカーで大人カジュアル この春夏はプリントTシャツが人気の予感。大人に似合うものもたくさん出ています。また、モノトーンも人気の兆しです。ジャケットとパンツのお仕事コーデを今季らしくTシャツで味つけしつつ、モノトーンの場合も足元は白のほうが軽やかな印象でおすすめです。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノをレビュー!】 高機能でスポーティ、そしてスタイリッシュでタウンユースにぴったり。オールインのスニーカーの魅力をご紹介します! アッパーは上質なネオプレンファブリック。合わせやすく、歩きやすいサイズ感 「ネオプレンファブリック」とは、多用途に使える先進的な合成生地。クールな印象で汚れにくく、ちょっと近未来感も!今までスニーカーははキャンバスやレザーを愛用していましたが、なんといっても軽いのが魅力です。ナロースカート、フレアスカート、タイトなデニムからワイドパンツまで合わせやすいサイズ感で、とはいえ細すぎないので、履いてみると足指までぐっとのばせて快適です。私はNIKEなら確実に24.5cm、ニューバランス996なら24cmですが、こちらはは24.5cmをチョイス。アッパーは少し硬めにも感じるので、余裕をもってはけて、シューレースで調整するのがちょうどよかったです。 黒のレオパ柄のミッドソールはアディダスならではのBOOSTフォーム! 私は完全タウンユース用に買いましたが、ミッドソールには長距離のランやトレーニングに使っても性能が持続するというアディダスのBOOSTを搭載。クッション性と反発性を両立する機能とのことで、とても歩きやすいです。スニーカーの名品は、横顔が機能美の見せどころ。私のお気に入りのうっすらレオパもグッドデザインです。 かかとの内側にはクッションもついてます 内側にさりげなくクッションが。かかとのホールド感もあるし、靴擦れ知らずです(スニーカーでもたまに靴擦れしませんか…?) ベロの部分のロゴもスタイリッシュ! ロゴももちろんグッドデザイン。アディダス バイ ステラ マッカートニーはスタートした2004年から長年のファンで、ちょっとしたウォーキングやトレーニング用のウェアも持っています。SDG’sの先駆けのブランド、ステラ マッカートニーのコンセプトやデザインと、機能的で美しいスニーカーの代名詞であるアディダスとのコラボに、当時ハートをわしづかみにされました。今も、自分にとって大好きで特別なブランドです。 安定性の高いヒール部分。ラバーアウトソールの巻き上げはデザイン的にも可愛い! ヒールの半透明の部分は、高強度のワークアウトでも安定性を発揮するというTPU製(スマホのソフトタイプのカバーなどにも使われている材質)。ラバーアウトソールの巻き上げもあって、足に負担なく歩けます。ダイエットや健康維持の目的で通勤時には2駅歩いているのですが、歩きやすくておしゃれ心も叶えてくれるスニーカーに出会えてホクホク。これからまた春夏の着こなしを考えるのが楽しみです。(編集T)
  • 着膨れせず白ニットを着るには? ぱっと顔まわりを明るくし、冬にこそ着てみたい白ニット。ですが、気になるのはなんといっても着膨れ感!ここ数年のニットディテールは優秀なので、着膨れを恐れずに是非ともチャレンジしてほしいカラーです。今回は小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」、旬のレイヤードな着こなしに一枚は欲しい「タートルネック」、飽きのこないベーシックな「クルーネック」を中心にハピプラおすすめの白ニットをご紹介します!着丈や素材の違いで印象もがらっと変わりますので、お好みの一着を見つけてください。 【パンツ編】白ニットの着こなしコーディネート 豊富なシルエットとカラーが揃う今シーズンのパンツとも白ニットは相性抜群。メリハリを効かせたり、パステルやくすみカラーに合わせるだけで一気に高感度がアップします。タックインしやすい着膨れしない白ニットが一枚あると便利です! UNITED ARROWS green label relaxing ▲ UNITED ARROWS green label relaxing/[ 手洗い可能 ] CB リブ Vネック プルオーバー ニット/¥7,200+税ベーシックさと、こなれ感を兼ね備えたニットプルオーバー。前後差のある着丈×サイドスリットが今年らしく、デコルテがきれいに見えるVネックは、全体をすっきりと見せてくれます。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。フィットし過ぎず、華奢に見えるようシルエットにもこだわった一押しニットです! 23区 ▲ 23区/【洗える】ビスコース ウール Vネック ニット/¥13,500+税コクーンシルエットで一枚でも立体的、リラックス感のあるVネックニット。密度と繊維の長さが均等なウールを使用することで、ふっくらと弾力性のあるきれいな表面感。ビスコースが入っているので滑らかで通気性も良く、発色も鮮やかです。幅広リブの重ね襟が女性らしく、今年らしくロンTなどとレイヤードしたスタイリングもおすすめ。 23区 ▲ 23区/【洗える】キャッシュフィールウール Vネック ニット/¥13,500+税たっぷりとした身頃と長めのレングスがリラックスムードを演出するVネックニット。計算されたVネックが程よくシャープで、すっきりな印象を与えてくれます。カジュアルデニムから、ロングスカートまで合わせるボトムスを問わないので、幅広い着こなしにマッチ。 23区 ▲ 23区/【洗える】ウールシルクスムース クルーネック ニット/¥19,000+税すとんとしなやかな落ち感が美しいクルーネックプルオーバー。程よい肉感とフォルムを意識した両面仕立てのスムース編みで仕上げ、23区らしい上品な大人スエットのような仕上がりになっています。シルクが入っている事により肌触りが良く着た時の体のラインを美しく見せ、全体の上品さを底上げ。一枚着でも素敵ですが、今シーズンはシャツなどとレイヤードしたリラックスムード漂う着こなしがおすすめです。 qualite ▲ qualite/クルーネックニットプルオーバー/¥12,000+税鮮度アップが狙える、淡カラーをのせたハイゲージニット。クルーネックがきちんと感と清潔感を与え、ゆとりのある肩まわりと身幅で今っぽいヌケも演出します。コートやダウンのインナーに入れれば、顔まわりも明るく肌のトーンアップも。ベーシックなのでどんな着こなしにもマッチし、通勤から休日まで大活躍します。 【スカート編】白ニットの着こなしコーディネート スカートとのバランスが取りにくく、どこかあか抜けない着こなしになってしまっていた方におすすめしたい白ニットとのコーデ。着膨れ感のないニットならタックインですっきり見えも叶い、脚長効果も期待できます。今年ならコンパクトな丈感を選んで、レイヤードもおすすめ。 GALLARDAGALANTE ▲ GALLARDAGALANTE/シアータートルニット/¥14,000+税デコルテとボディで異なる2パターンの編地が組み合わさったシアーニット。ボディにフィットするタイトシルエットですが、リブとデコルテ、袖の切り替えが細見え効果に。ワンピースやニットなどのインナーとしてはもちろん、表情があるニットなので1枚着でもサマになります。着丈は腰丈、袖は長めなので、くしゅくしゅと溜めて着るのが今っぽさを叶える秘訣です。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税ゆったりとしたサイズ感とサイドスリットがポイントのクルーネックニット。軽くふっくらとした質感の糸を使用した、7ゲージの中肉の厚みでリラクシーな表情が魅力です。長めのシャツやロンTをインに合わせてレイヤードしたり、ディテールを活かしたスタイリングも楽しめます。 N. Natural Beauty Basic* ▲ N. Natural Beauty Basic*/リリーバスケットニット/¥9,400+税立体感のある編地が表情豊かなVネックニット。旬なニュアンスカラーとバスケット編みの凹凸感がアクセントになるデザインです。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。シンプルながらも着回し力も高く、今年は長めのシャツやロンTに重ねたレイヤードもおしゃれ。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/シアー クルーネックニット/¥15,000+税スタイリングを旬な表情に傾けてくれる透明感のあるシアーニット。繊細な18ゲージの編地とゆったりとしたシルエットでニュアンス感があり、スタイリングを旬な表情に引き締めてくれます。旬のレイヤードスタイルを楽しめ、オールシーズン着回せる秀逸アイテムです。 INED ▲ INED/ウールジャージタートルネックプルオーバー/¥21,000+税ウールを圧縮した布帛ライクなジャージ素材と毛100%のニットの異素材をドッキングさせた、一枚でサマになるタートルネックプルオーバー。後ろ身頃と袖口、タートル部分をニットで仕上げ、細かなディテールが目を引くデザインです。程よいAラインが女性らしく、裾は前上がりのヘムラインで360度美しいシルエットも魅力! おすすめの白のVネックニット アクセ映えも良く、小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」は女らしさも高めてくれるデザイン。カシミヤなどの上質素材を選べば、シンプルさが逆にリュクス感を生み大人の品も格上げしてくれますよ。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UBCS ラメノット Vネック ニット†/¥16,000+税柔らかなニットの風合いにキラキラと輝く淡いゴールド色のラメノットが華やかさを演出するVネックニット。タックイン、アウトもサマになる丈感で、ゆったりした袖も華奢見えを叶えてくれます。ネックラインも浅めなので小顔効果も期待でき、落ち着きのある印象と品の良さも加算。 ICB L ▲ ICB L/【洗える】Balmy Vネック ニット/¥10,000+税どんなスタイリングにも合わせやすい、程よい抜け感のあるややオーバーサイズのニット。クリーンなVネックカットが女らしいデコルテラインを演出し、さりげない袖口のラインがワンアクセント。HAPPYな気分になれるカラバリも多数揃い、一枚着はもちろんカットソーとのレイヤードもおすすめ。スリット入りの前後差のある着丈で、シンプルだけど旬な着こなしが叶います。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】浅めVネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使っているVネックニット。特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。裾の前後差やニュアンスのある浅めのVネックがデザインポイントに。INにカットソーなどを合わせたレイヤードはより今年らしい着こなしになります。 ICB ▲ ICB/【マガジン掲載】25th Vネックニット(番号CL27)/¥17,000+税「ICB生誕25周年」を記念したグラフィックデザイナー伊藤心さんデザインのアイコン入りVネックニット。特別アイコン×カラーがアクセントになり存在感があるので、シンプルなボトムと合わせたコーディネートがおすすめ。すっきり見えのVネックデザインで、カジュアルすぎずどことなくシャープさを感じるシルエットバランスもおしゃれ。今年しか手に入らない、特別なVネックニットです。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/片畦Vネックプルオーバーニット/¥11,000+税今年らしくゆったりとしたシルエットに仕立てたニットプルオーバー。コットンポリエステルの7G片畦編みで仕上げ、成型の編み柄がデザインポイントです。着膨れのない程よい厚みで、ロングスカートやゆったりパンツとあわせたスタイリングがおすすめ。春らしいカラバリが揃い、気分も引き上げてくれそう。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチVネックプルオーバー/¥6,500+税柔らかでもっちりとした質感が肌触り抜群のVネックニット。ふわっと軽くウール混なので暖かく、伸縮性もありストレスフリーな着心地です。デコルテが美しく見える、開きすぎないVネックで首回りもすっきり。一枚でヌケを生む、ドロップショルダーや前後差のある着丈で着回し力も抜群です。 おすすめの白のタートルニット 視線を上に引き上げ、ネックラインの高さで小顔効果も見込めるタートルネックニット。トレンドのレイヤードスタイルにもアクセントを効かせやすく、長めの袖デザインを選べばより華奢見えします。暖かさも女性らしさもアップするタートルネックは今年こそ欲しいシルエットです。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチタートルネックプルオーバー/¥7,000+税ウール混の暖かくもっちりとした肌触りのオフタートルニット。ふわっと軽く、伸縮性もあるのでストレスフリーな着心地です。ぴったりしないオフタートルと、ほどよいオーバーサイズ感でリラックスムードのある一枚。ヒップにかかる少し長めの着丈なのでタイトなボトムスにも、ボリュームボトムスにも合わせやすく着回し力抜群です! MACKINTOSH LONDON ▲ MACKINTOSH LONDON/ウールニットタートルネックセーター/¥31,000+税斜めの編み組織で、幾何学模様のタートルニット。襟の折り返しはネックラインに沿って、編地を詰め気味に仕上げています。19.5マイクロンSUPER80’Sの膨らみと弾力性が特徴の糸で商品のシルエットを保ちながらもエレガント。着膨れ感のないすっきり見えが実現し、ボトムスを選ばない対応力です。 AMACA ▲ AMACA/ウールリブタートルニット/¥18,000+税程よいストレッチ感のリブハイネックのプルオーバー。非常に柔らかいメリノウールを使用し、細い番手ながら非常に温かく滑らかな風合いです。袖口の小さな飾りボタンが上品で女らしいアクセント。薄手なので一枚着からジャケットや羽織りのインなどロングシーズン着回せます。 UNTITLED ▲ UNTITLED/ルミーナウールタートルネックプルオーバー/¥11,000+税カシミヤ混の軽さと風合いの柔らかさが特徴のタートルネックプルオーバー。身頃はゆったりしたサイズ感、着丈はヒップトップにかかる長さで、気になるヒップ周りもカバーしてくれます。裾のスリットは軽やかさを出し、ハーフインの着こなしにも便利。背中心には3本のリブ目が立ち、さりげないアクセントになっています。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/アイレット柄ハイネックプルオーバーニット/¥11,800+税ふっくらとした袖コンシャスなシルエットが今年らしいニットプルオーバー。ナチュラルなアイレットレースとフリルを飾ったハイネックが今年らしくレトロな表情。着こなしを引き立てる主役級のデザインで、シンプルなボトムと合わせるだけでも華やかなスタイリングが完成します。ワンピースやジャケットのインナーとしてもおすすめです。 Shinzone ▲ Shinzone/ハイネックリブ/¥8,800+税心地よいフィット感を生む、柔らかリブのスマートなタートルニット。細かなリブ編みがストレッチを効かせつつ、縦ラインも強調してくれるのですっきりとスマートな印象にキマります。着膨れ感もなく、薄手なのでジャケットなどのINにも最適。ヌケのある長めの袖はたくし上げてこなれ感もたっぷりに仕上がります。 おすすめの白のクルーネックニット 飽きのこないクルーネックニットは、今年流に仕上げるなら詰まり気味のネックライン、前後差のある着丈や前だけタックインもしやすい裾スリットデザインもおすすめ。コンパクトな着丈ならINに長めのブラウスやロンTをレイヤードしたり、お尻まで隠れる着丈なら小尻効果も発揮してくれますよ。 VICKY ▲ VICKY/《手洗い可能》袖パール×フリルリブニット/¥6,500+税パールとフリルの可愛さを、袖口にギュッと詰め込んだリブニット。程良く大きなパールとボリュームを抑えたフリルも絶妙な存在感を放ちます。配色使いもアクセントを効かせているので、ジャンパースカートなどのインナーにして袖口にポイントを持ってくるのもおすすめ。活躍の場の多い、シーズンレスな素材感でヘビロテ必至です。 MELROSE CLAIRE ▲ MELROSE CLAIRE/ウォッシャブルクルーネックニット/¥5,800+税ハイゲージの滑らかな肌触りが嬉しい心地よいシアーニット。クルーネックのプレーンなデザインがオンオフ使いやすく対応力抜群。今っぽさを取り入れつつ、プレーンで対応力ある1枚です。ウォッシャブル仕様なのでおうち洗いできるのも嬉しいポイントですね! Comptoir des cotonniers ▲ Comptoir des cotonniers/カシミヤ3Dクルーネックニット/¥24,000+税まるごと編み上げた縫い目のないデザインで、美しい立体的なシルエットを描く3Dニット。肌に馴染むようにフィットし、今までにない着心地の良さを実感できます。ふっくら袖からきゅっと締まった長めの袖リブも華やかさを生む着映えデザイン。なだらかなネックラインもヌケを生み、きちんと感と女性らしさのバランスも絶妙です。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】後ろスリット入りクルーネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使用したクルーネックニット。ウール特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。体のラインを拾いにくい上、風も通しにくいのでロングシーズン着回せ、そのシンプルさから様々なシーンで活躍。コンパクトな襟元やゆるめのサイズ感、後身頃のスリットなど今っぽさを詰め込んだ一枚です。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/ハイゲージクルーネックニット/¥14,000+税肌触りが良い綿100%素材を使用し、肌当たりの良さが自慢のクルーネックニット。長すぎず短すぎず、収まりのよい着丈が着こなしを選ばず、ジャケットや羽織りのINにも最適です。着膨れしない薄手のハイゲージなのでスウェット感覚で使え、ロングシーズン着回せます。飽きのこないデザインで長く愛用できるのも嬉しいですね。 INDIVI ▲ INDIVI/「L」クルーネックニットプルオーバー/¥14,500+税オーストラリア産スーパーファインウールとモンゴル産カシミヤをブレンドした良質でふんわりとしたタッチのプルオーバー。繊度が高く、繊維長が長い原料を使用しているので、ソフトでしっとりした風合いが心地よく、スポンディッシュな仕上がりです。一見ミニマルなリラックス感のあるアイテムでありながらも、前身に振れた脇ラインからのスリットなど、ディティールにこだわった一枚です。 HAPPY PLUS STOREトップへThe post 着膨れしない!今っぽい【白ニットコーディネート】のコツを伝授! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド02 ウールシャツが冬の着こなしの変化球に今季、私的な注目アイテムはウールシャツ。 冬ってどうしても毎日毎日ニットを着てしまいますよね。しかも私の場合、ニットといえばほぼタートルばかりだから、印象が変わりにくくって……。 そんな時はウールシャツの出番。思った以上に暖かいし、シャツ襟とカフスのディテールが入ると、冬スタイルがピリッと締まるんです。以前はカジュアルなものが多かった印象だけど、最近は大人向けのきれいめタイプもよく見かけます。インに薄手タートルを重ねるのも好きな着方 「ウールのシャツって、コットンシャツにはない端正さや、マニッシュな色気があるのがいい。こちらは今っぽく着られるゆったりサイズなので、薄手のタートルニットを重ねてみました。シャツと同じライトベージュでそろえたのが、レイヤードが悪目立ちせずにさらっと決まるポイントかも。本当はここでデニムを合わせてみたい気持ちもあったけれど、私には男前すぎるので、ツヤ感スカートで女っぽさを足して、自分らしく落ち着く方向に」SHIRT:MUSE de Deuxième Classe KNIT:Drawer  SKIRT:Whim Gazette STOLE:A_SAUCE MÊLER  BAG:WANDLER  NECKLACE: MARIHA BRACELET:TIFFANY&Co. WATCH:Cartierおしゃれのときめきをもらえる甘辛なシャツドレス 「メンズライクなストライプのフランネルウールに、小さなフリルのついた立ち襟がなんとも可愛くて……。おしゃれなレストランへ出かける時に、いつものニットじゃなくてこんなシャツドレスを着ていけたらなぁ♡と妄想して買いましたが、結局この冬は、素敵なディナーの機会はあまりなさそうです……。でも、ふだんの仕事の日でも、たまにドレッシーな服を着るとやっぱり気持ちが華やぎますね。おしゃれをして、自分で自分の気分を上げていこう、って思えるようになったのが、この1年間の収穫です。着こなしの幅がかなり広がりました」SHIRT DRESS:ebure BAG:BOTTEGA VENETA  SHOES:Sergio Rossi EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET :TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.o.※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 中村アンさんのファッション連載がスタート。初回は白を使った真冬の配色レッスン。グレー・ベージュと組み合わせて、カジュアル感が女っぽさを導く逆説的アプローチでお届け。 White × GRAY 【白とグレー】 洗練された中間色のモノトーン。黒の手前の奥ゆかしさがエレガンスを生む 白がシックになるグレー。デザインをレディに格上げ 無彩色のなかでも白×グレーの組み合わせは、白×黒よりコントラストが低いぶん、主張控えめで洗練された印象になれる。冬のおしゃれを盛り上げるブランケット風のフリンジスカートを主役にしたら、脇役ニットは黒ではなくグレーでなじませて、品格漂うシックな装いに。しかも、伝統的な紳士服でおなじみの配色だから、カジュアルでもきちんと見えるのもいい。トップス¥60000・スカート¥95000/ブラミンク 靴¥98000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) その他/スタイリスト私物 White × BEIGE 【白とベージュ】 やさしげなグラデーションは今季らしさピカイチ。大人のカジュアルを品よく仕上げる ボリュームのあるニットでマイルド配色にアクセントを 白からベージュにつながるやわらかな色のグラデーションは、ボリュームのメリハリを意識して脱・ぼんやり。太い編み目で存在感のあるバルキーニットなら、やさしさに加えてカッコよさも欲張れる。コート¥49000(ルージュ・ヴィフ)・パンツ¥23000(アッパーハイツ×ルージュ・ヴィフ)/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店 ニット¥49000/カオス表参道(カオス) バッグ¥537000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) ピアス¥69000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • カラーは「ミントグレージュ」トリートメントでツヤさらになりましたコロナ禍ですが みなさまお元気でしょうか? 伯です 不自由な生活を強いられている… と捉えるか この逆境をチャンス! と捉えるか 気持ちの持ちようで 今、この瞬間も変わってきますよね担当者さんの異動によって 私も新たな気持ちになった今年初美容院は 想像以上の映えスポットだった! ザック ラフィネ ZACC raffine▶▶▶ZACC raffine (ザック ラフィネ)<カラー> ミントグレージュ いつもトリートメント入りのカラーで ツヤさらにしてもらっています! ▶▶▶真茅 まりさん(女性が憧れる「大人かっこいい」ナチュラルでカジュアルなスタイルが得意) 先日 元々ママ友として知り合った 尊敬する友人と 仕事で会いました その姿勢が 凜としていて 今までとちっとも変わってなくて 相変わらず 世の中に向かって突っ走っていてかっこいいな…ってなった かつて 私は 自分にはなんもない…と 悩んでいた頃がありました 子育てでも同じ壁にぶち当たりました 実家が遠い 子どもをちょっとみてくれる人がいない 気軽に相談もできない ない!ない!ない! つらかったなぁ… でもそれは 今大きな壁をのりこえられるんだ、自分は!という自信につながっています(自己肯定感高めw)私がなぜ NHKのキャスターになれたかというと まさになんもない環境で育ったからだろうと分析している 「ない」は「チャンス」がむしゃらになっている姿は だれだって かっこいいと思う で、そこに「チャンス」は必ずあるような気がしている ということを 母として 子育てでも実感しています 子どもたちから教わっているのかなパートナーに 「ねぇ、どこの馬の骨かもわからない私となぜ一緒になろうと決断できた?」 「履歴書が立派な人のほうが良くない?」 って聞いたとき… 「家が立派でもそこに住んでいる人が立派とは限らない」 「全ては人だ」 と 言った時は 「すげー!」と思ったけどパートナーの書斎は常に散らかっている…(-_-)言いくるめられた感が今日も私を混乱させている…No.178 伯~haku~
  • 男子の好みが意外とイケていた件について。「女子が着たい服と男子にほめられる服は違う」ってあなたも思ってない? でも本当のところ、男子は女子のデート服をどう思っているのか……モア世代男子に聞いてみました!Vネックニットとかミニスカートとか、頑張って着るけど寒い!暖かい格好のほうが好印象。マフラーにたまった髪の毛の感じとかぐっときます(Bさん)「風邪をひかないか心配になる」、「おしゃれは我慢なんてもう古い」といううれしい意見が! 全身が重くならないように、スカートは丈が長くても軽やかな素材を選べばOK。ニット¥6500/アパートバイローリーズ コート¥45000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブレッジ) スカート¥4990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム バッグ¥2900/ラコレ ストール¥9800/フレディ&グロスター二子玉川店(ツイードミル) デートの時、ヒール靴じゃないとやる気ないって思われそう疲れていないか気になってしまう。動きやすくて楽な服装で機嫌よくいてほしいです(Cさん)「むしろヒールの高い靴は歩く気なさそう」、「楽な靴のほうがデートを楽しめるからうれしい」と感じるそう。動きやすさも可愛げもあるワンピとセットにすればwin-win♪靴¥14500/アースマーケティング(プーペ) ジャケット¥32000/フリークス ストア渋谷(ファーストダウン×フリークス ストア) ワンピース¥5990/ロコンド(MANGO) バッグ¥16000/リムデザイン ピアス¥3000/フィービィー 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内店(17℃)ぴたっとしたニットで上半身を強調している女子はチヤホヤされてる 気にはなるかも……。でも、上はオーバーサイズで下がシュッとしてるほうがスタイルよく見えて好きです(Dさん)上半身をあからさまに強調する服装は、「ほかの女子から陰口を言われないかハラハラする」なんて心配性な声も。たとえばおうちデートなら、CPOジャケット×ボリュームニットで優しげな印象をつくり、Iラインのスカートで引き締めを。スカート¥4490/アメリカンホリック ジャケット¥24909/バナナ・リパブリック ニット¥7990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥3000・バングル¥3300/フィービィー タイツ¥2000/タビオ(タビオ)女性誌でよく特集されてる“男子が好きなカジュアル”って都市伝説でしょ?彼のを借りちゃった風のスウェットとか可愛いです。どこかにギャップがあるとなおいい(Dさん)スウェットやスニーカーなど、カジュアルなアイテムを着こなせる女子は“おしゃれ”、と男子も認定するみたい。×デニムだと、まんまシンプルすぎるから、花柄スカートをひらひらさせてギャップを狙うのも忘れずに! パーカ¥3627/Gap新宿フラッグス店 コート¥19000/ノーク スカート¥8200(フレディ エミュ)・バッグ¥13000(オーレンティ)/フレディ&グロスター二子玉川店 靴¥5800/コンバース ピアス¥2700/フィービィー男子は白とか淡い色じゃないとぐっとこないんでしょ?淡い色は子供っぽい気が。カーキや黒のほうが素敵です(Aさん)モア世代男子は、体がすっきり見えて大人っぽい色を好む傾向が。淡い色だと「カレーとかラーメンとか食べにいけなくてガッカリ」という、なんとも男子らしいご意見も。ジャケット¥36000/ラヴァンチュール マルティニーク ニット¥8800/ノーリーズ&グッドマン 銀座店(ノーリーズ) パンツ¥16000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) バッグ¥9081/バナナ・リパブリック イヤリング¥2700/フィービィーワイドパンツのおしゃれさって男子には伝わらないですよね?トレンドをちゃんと取り入れている女子って素敵です。それだけで雰囲気があるのも好き(Bさん)「女子のワイドパンツ=男子のモックネックくらいの絶妙なおしゃれ加減で◎」とのこと。きれいな形を意識するのは忘れずに。女子のみなさん、男性陣はちゃんとわかってますよー!パンツ¥16000/ゲストリスト(リトラル) ニット¥28000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カットソー¥2600/ラコレ メガネ¥33000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥3300/フィービィー 靴下¥1300/タビオ(タビオ)答えてくれた男子メンバーはこの4人! 【関連記事】『ユニクロ』のパンツ、旬のローファー。お仕事服の悩みを解決するアイテム!【関連記事】暖かさを優先するとおしゃれができない? 冬コーデの“思い込み”解消します! 【関連記事】「フレンチシック」はボーダーとドットだけ? その“思い込み”、無くしてみない?鈴木友菜の記事はこちらもチェック!「誰かを想う時に聴きたいベストソング」【連載特別編!】ゆうなの“うちで”はなうたプレイリスト ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 今期一番、気になるカラーはpink! ご無沙汰しています、NO.159 RUIです。 今年で美女組3年目に突入です。 本当にあっという間ですね。 今後もファッションや美容、コスメ好きなので、発信していきたいと思っています。 よろしくお願いします。 今回を洋服について。 私は昨年転職したことで平日はスーツ。 私服を着ることが減り、コロナ禍で基本在宅に切り替わり、友人とも会うことも出来ず、また洋服を見に行く機会もめっきり減りました。 そんな中、Instagramで一目惚れし、即決した、pinkニット!手持ちアイテムと着回し出来たらいいなぁと思い、買い足しました。 今回はオールpinkにしたくて、手持ちの光沢感のあるpinkスカートと合わせてみました。 ニットと艶スカートの合わせが今っぽくて好きです。アラフォーには甘いので、アウターや小物は黒でまとめて、統一感が出るようにしました。 色々と着回して、pinkニット楽しみたいと思います。関西のブランド【rosymonster】No.159 RUI
  • 運転席でも助手席でも楽しいドライブ。3密を避ける移動手段としても注目される車、美女組たちはどう付き合っている?今月のお題 : これが私の「ドライビング・スタイル」  熱いまなざしを向けられるクラシックカーに夢中   美女組No.82 KBさん美女組No.82 KBさん今年、ドライブ用のクラシックカー「アルファロメオ スパイダー」を衝動買い! カエルに似て可愛いです。ドライブファッションは、UTのスパイダーのTシャツでそろえて。私はもっぱら助手席ですが、赤い車体が目立つのか、小学生くらいの男の子に「見て、カッコいい!」とほめられたり、信号待ちで注目を集めたり、ちょっとうれしくなります。        広々快適なSUVは家族でのドライブにぴったり 美女組 No.164 kanaさん美女組 No.164 kanaさん昔からSUVが好きで、直近はSUVやミニバンが続いています。「トヨタ RAV4」は街乗りにもアウトドアにも快適な4WD。車内、ラゲージスペースもゆったり広々と快適で、汚れにも強いので子供とのお出かけにもぴったりです。運転のお供はコーヒーと好きな音楽とサングラス。足もとはチェンバーのスクエアバレエシューズがお気に入りです。        犬と過ごせるカフェやホテルへ。個性的なアメ車でドライブ  美女組 No.167 hirokoさん美女組 No.167 hirokoさん個性的なデザインのアメ車「キャデラック CTS」は、国産や欧州車にはないオーラがあり、街中で同じ車を見かけないのもグッド! 私は助手席がほとんどですが、週末にドライブがてら犬OKのカフェやホテルで過ごすことが楽しみです。犬連れなのでドライブコーデは動きやすいカーゴパンツで、ヴュー ドゥシーのサングラスがお気に入りです。 白い愛車とのドライブはスポーティなモノトーンコーデ  No.156 MayuさんNo.156 Mayuさん愛車は「スバル フォレスター」。車が白なので、ドライブの時は白をベースにしたモノトーンコーデかデニムで。運転する時の靴はペダルのフィット感が感じられる靴底が柔らかいものかスニーカー。コンバースの出番が多いです。パンツは長時間の移動もウエストゴムでラクチンでありながら、シワになりにくくきれいめな素材を選びます。[編集部注] 紹介されたアイテムはすべて私物です。販売終了している場合もあります。▼Marisol美女組とは… ?総勢79名からなる公式読者ブロガー。フ ァッションや美容、グルメ、旅など毎日を楽しむアラフォーのリアルなライフスタイルをMarisol ONLINEにて発信中。 ▶新着記事もチェック!【Marisol10月号2020年掲載】取材・文 / 江良洋子(arex)
関連キーワード

RECOMMEND