エルメスのハイジュエリーから、ソーシャル・ディスタンスを守ったショーのバルマンまで 21SSパリコレ 2/4

SPUR.JP

9月30日

列席叶わなかったケンゾーのフィジカル・ショーをライブ・ストリーミングで見た後、エルメスのハイジュエリーのプレゼンテーションへ。新コレクションLignes Sensibles は、エルメス ジュエリー部門クリエイティブ・ディレクターのピエール・アルディが大好きだと言うビジュアル・アーティスト、アンジュ・レッチャによるフィルムから始まりました。光と影を交錯させ、抽象的に捉えた波や空と、ジュエリーを身につけた女性の顔や手、背中のクローズアップをオーバーラップさせた映像は、なんとも幻想的。数分の上映が終わって一旦室内が真っ暗になった後、一片の壁がライトアップされると暗闇から浮き上がったのは、ショーケースに並んだジュエリーの数々です。ダイアモンドやニュアンスのある色合いの石を配したピースはいずれもジオメトリックで構築的ながら、優しく、官能的。これまでエルメスのジュエリーの大筋はメゾンのコードに則っていましたが、今回はより自由なクリエイションで、なんと聴診器からインスパイアされたデザインも!もちろん器具の形をそのまま象ったわけではなく、音や振動と言った感覚に落としているのがピエールの凄いところなのですが。

さて、お昼に一度帰宅してドリス・ヴァン・ノッテンのビデオをチェックした後はガリエラ衣装美術館でのガブリエル・シャネル展内覧会へ。本展は数々の逸話に寄り道せずとにかくマドモアゼル・シャネルのクリエイションにフォーカスした回顧展。詳細は後日のミナコラムと本誌12月号(10/23発売)でお届けします。そして夕方、パトゥのプレゼンテーションは前回同様、本社にて。この機にレトロな画質のビデオも公開されましたが、このピンボケ画質の秘密も後日、ギョーム・アンリのインタビューと共にご報告するので、お楽しみに。

夜の部は、まずアクネ ストゥディオズから。撮影スタジオ風のスペースでモデルたちが円を描きながら歩くミニショーが始まりました。ゲストたちが異なる演出の隣のスペースに案内されると、新たなミニショー。こうして計4つのテーマが順に発表されました。いずれもハードとソフト、タイトとビッグ、シャイニーとマット、デリケートとラフ、とコントラストを遊んだコレクション。

そしてこの日の締めは、バルマンです。小雨が続くものの5区の植物園内に設置された会場は、屋外。入り口で配られたフード付きレインケープを被り、社会的距離を守った席につくと、向かい側のフロントロウを飾る液晶スクリーンの一連に気づきます。そこに表示されたのは、来られないセレブゲストたちの名前。暗くなった夜空を背景にアイススモークによる霧の中浮かび上がったシルエットは、なんとクリエイティブ・ディレクターのオリヴィエ自身ではないですか!姿を露わにした彼が椅子に座ると、聞こえてくるのはムッシュ・ピエール・バルマンが自身のクリエイションについて語る声です。続いてメゾンのアーカイブズ・ピースを纏って現れたのは、往年のトップモデルたち。ステージの向こうでは、液晶スクリーンの映像は“欠席ゲスト”たちの顔に変わっていました。このイントロダクションの後は、時にメンズを交え、強調された肩のグラマラスなルックが続きます。ロックダウンを経てコレクションを縮小したメゾンが多い中、バルマンのルックはなんと100余り!蛍光色からグレー、デニムのブルー、黒と色ごとにグループ分けした演出で、PFW 3日目はドラマチックに幕を閉じました。

 *各ビデオ・プレゼンテーションの視聴は、リンクをクリック
*ルック一覧は同サイトのCollectionセクションにて閲覧可能

 Text: Minako Norimatsu

エルメスのハイジュエリー新作。右:ハンドジュエリーはPG、ダイヤモンド、ブラックジェイド、トルマリン、シトリン。右:リングはPG、ダイヤモンド、プレナイト。Photos: ©Ange Leccia

「ガブリエル・シャネル」展オープニングでは、シャネルのアンバサダーの一人であるキャロリーヌ・ドゥ・メグレに再会。photos:Minako Norimatsu

“密”回避のため、2回に分けて行われたアクネ2021SSのショーより。会場はグランパレ上階のギャラリー。Photo: Minako Norimatsu

バルマン2021SSランウェイのイントロダクション。ムッシュ・ピエール・バルマンのアーカイブズ・ピースを纏った往年のトップモデルたちに囲まれた、現アーティスティック・ディレクターのオリヴィエ・ルスタン

バルマン2021SSランウェイより。右: “アレクサ・チャン”“アンナ・ウインター”など“欠席ゲスト”たちの名前を表示した液晶スクリーン。左:蛍光色の一連。Photos:Minako Norimatsu

関連記事
  • こんばんは いつもブログをお読みいただきありがとうございます 前回のブログでも紹介した、お気に入りのワイドデニム。 今回はオフホワイトのニットと合わせてみました。 普通の定番ニットだと、なんだか物足りないので、titivateのボトルネックリブニットプルオーバーを選んでみました! こちらのボトルネックリブニットプルオーバーのお気に入りのポイント♩ ・短くてふんわりした袖部分が手首を綺麗に見せてくれる。・丈が短めなのでボトムスとの相性も良く、メリハリを出してくれます。 ↑ニットは普通の定番のものよりも少し可愛いポイントがあるものを持っておくと、デニムと合わせた時にメリハリが出るのでおすすめです。 足元は黒ブーツを選んでシンプルなコーデにしてみました。 ⚫︎トップス titivate ⚫︎パンツ UNIQLO ⚫︎バッグ CHARLES & KEITH ⚫︎ブーツ CHARLES & KEITH 〜白ニット×ワイドデニム×黒ブーツのシンプルコーデを更に楽しむポイント〜 シンプルなコーデに、大ぶりのイヤリングを合わせると更にコーディネートが楽しめそうです♩ 高身長で顔が派手めな私は、いつもは小さめのアクセサリーを選んでますが、 大ぶりのアクセサリーに挑戦したい時はあえてシンプルコーデや、淡色コーデの時に付けるようにしています♩ いつも通り小さめのアクセサリーでないと、悪目立ちしてしまう!という概念は捨てて、たまには挑戦してみるのも楽しいし、新しい自分に出会えるかもしれません^^ 皆さんもいつもと違う冬のコーデを 是非、楽しんでみて下さい! Instagramもしています。 フォローして下さると嬉しいです♩ instagram
  • ベーシックニットをエコレザーパンツに合わせて旬顔に!グレージュのニット×グレージュのエコレザーパンツで、ラクだけどしっかりキレイめなコーデ^_^ニット:apart by lowrys エコレザーパンツ:ZARA パンプス:ペリーコ リング:TASAKI 時計:シャネルエコレザーパンツは裾の内側にファスナーが付いていて、着脱もラクだしちょっとしたポイントに! いつも大人っぽい着こなしがステキなkumiko_149さんとお揃いなので、グレージュコーデも参考にさせて頂きました^_^kumiko_149さんのブログはこちら⭐︎No.190 Lita
  • DAY29 バービーさんからメールが!悲しみにくれたまま月曜日に。あ、バービーさんからメールが! 「引っ越しの日、プレゼンをジャマしたくなくて何も言わずいなくなってごめんね。栞里ちゃんを見てて、ずっとしたかった地方での暮らしに挑戦してみたくなって」。インディゴデニム¥3990/ユニクロ 黒フーディ¥35000/ボウルズ(ハイク) 白バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ショートブーツ¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ピアス¥26000/ラブレス青山(ローマニン) ストール¥57000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス)▶︎▶︎『SDGs×冬コーデ』着回し使用アイテムはこちら今さらだけど“SDGs”って何?“SDGs”とは、よりよい世界をつくるため、2030年までに世界中が一丸となり達成したい17の目標のこと。環境保全や貧困をなくすこと、さらにはジェンダー平等の実現など定められた項目は多岐にわたりますが、地球上すべての命をひとつたりとも取り残さないことが理念です。【着回し28日目】バービーさんがいない!(涙)佐藤栞里主演『SDGs×冬コーデ』 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/花村克彦(モデル) さとうしんすけ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io/栞里分) 久保フユミ(ROI/バービーさん分) モデル/佐藤栞里 バービー スタイリスト/大平典子(栞里分) 内堀悠香(バービーさん分) 企画・原文/渡辺真衣(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA tokyobike ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 中村アンさんのファッション連載がスタート。初回は白を使った真冬の配色レッスン。カジュアル感が女っぽさを導く逆説的アプローチでお届け。今回はくすみブルー、チョコレートブラウンと白のコーディネートをご紹介します。 White × SMOKY BLUE【白とくすみブルー】 トレンドのくすみ色は白ならではのハズしと抜け感を。気張ってないのが心地いい 落ち着いたブルーとリラックスした白の包容力 くすんだ青を引き立てる鉄板の白。白ニットもいいけど、白ポンチョでハズしたらもっと楽しい。包容力のある白ならではの“普通すぎない”アイテム選びで、リラクシーな余裕を感じさせるコーデに。ポンチョ(予約販売)¥9000・パンツ¥15000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ブラウス¥10000/ハッシュニュアンス ピアス¥89000/エスケーパーズオンライン(ソフィー  ブハイ) 靴¥23000/デミルクスビームス 新宿(エー エメリー) White × CHOCOLATE【白とチョコレートブラウン】 予定調和で終わらせない。やんちゃな色の組み合わせが魅力を高める ボーイッシュな白デニムに透けるブラウンの意外性を オーバーサイズのデニムをきゅっとベルトで締めて、ボディのきゃしゃさを逆にアピールする戦略。デニムとは対照的にコンサバなアンサンブルニットを合わせて、大胆にギャップを。プルオーバーニット¥18000・カーディガン¥22000/アンクレイヴ パンツ¥22000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ オーソライズド  ビンテージ) ブレスレット(上)¥80000・(下)¥130000・バングル¥418000/ヨン 靴¥105000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) その他/スタイリスト私物 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • マスクをつけることが日常となってはや一年。メイクからしばらく離れていたという人も、そろそろ心躍るような色に励まされたい! 癒されたい! と思いませんか? 今回は1月に発売されたばかりの新色から、オススメのアイテムを美容愛好家・野毛まゆりと美容ライター北林が厳選。気分をグンと上げてくれるカラーを紹介します!ベーシックカラー×繊細な質感×絶妙な光感で、上品な大人の目もとに!「ベーシックなオレンジコーラル×黄みブラウンのパレットなので、シーンを選ばず、とても使いやすいのはもちろんのこと、質感がとても繊細で上品。いろんな悩みを抱える大人の目もとをホントにキレイに見せてくれる”一味違う”ベーシックです。肌なじみがいいのに、トレンドも押さえた発色で、あか抜けた印象に!」(北林) シグニチャー カラー アイズ ¥7,000/SUQQUSUQQUの公式サイトはこちら難しいベージュを簡単に似合わせる「色」と「質感」の組み合わせ「多くの女性が愛するベージュですが、つけ方や色選びを間違えると、暗くなったり、くすんだり、カサついて見えることも。そんなベージュを、簡単に決めるのがこのアイカラー。クリーム&パウダーの3WAYで、それぞれ単色でつけるのはもちろん、グラデーションしやすいテクスチャーなので重ねるとさらに美しい仕上がりに! シーンを選ばない万能色です」(野毛) RMK ザ ベージュライブラリー アイシャドウデュオ 01¥4,000 /RMK Division RMKの公式サイトはこちら3質感×4色で、いろんなニュアンスを生み出すスモーキーパレット「見ているだけで気分が上がる美しさ。さらに混ぜてもよし、単色使いしてもよしで、いろんなアイメイクが楽しめるパレットです。3質感×4色の組み合わせですが、1色1色それぞれに考えられた絶妙なパール感や発色で、ニュアンスと奥行きを感じるメイクも簡単! ブルーやグリーンなどの寒色カラーが難しいと感じている人も、これならノーテクニックで決まります」(北林)スモーキーシーク フォーアイズ 03¥6,800/アンプリチュードアンプリチュードの公式サイトはこちら水のように軽やかに肌に密着。マスク時代必須のティントチーク「ウォーターテイント処方という、水のようにサラサラで使いやすいチーク。こういうアプリケーター式のチークは数々ありますが、どうもつけにくいのが難点でした。これは本当にサラッサラの水チークなので、驚くほどのばしやすいです。さらにファンデーションの種類を問わないので、なじませやすいし、落ちにくい。マスクメイクでも安心してつけられます」(野毛) アディクション チーク ティント004 ¥2,800/アディクション ビューティアディクションの公式サイトはこちら明るさとツヤ感で、一気に元気顔が復活するチーク&ハイライト「マスクを外したとき、顔色の悪さが気になるという人、案外多いようですが、そんなとき便利なのがこのチーク。右がチークカラーで左はハイライトカラーなのですが、それぞれつけると一瞬にして元気な顔に早変わり。とても肌なじみがよく、顔色を自然にトーンアップしてくれるので重宝しています。さらにどちらも光感が絶妙。このつややかさも元気顔の必須要素かなと思います」(北林) フルール ドゥ プランタン ¥8,000 /シャネル ※限定品シャネルの公式サイトはこちらパールのケースと輝きを秘めた色。ジュエリー感覚で楽しめるリップ「ゲランのコレクションは毎回美しく、楽しみにしているのですが、今回はすごく素敵なパールのケースに一目惚れ。私はパール好きで、アクセサリーもパールの登場がいちばん多いくらいなのですが、このリップが、口紅をつけるしぐさまで美しく見せてくれそうです。色は上品なパールピンクで、明るくスッキリとした印象に仕上がります」(野毛) ルージュ ジェ シアーシャインNo.76 ¥3,800・ ルージュ ジェ ケース パール グロウ¥4,300/ゲランゲランの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • いまや男性にもアリ!な贈り物は人気のあのブランドのもの。皆さんこんばんは。 来月のイベントと言えばバレンタインですね♡ 今日はバレンタインに送る、男性にも女性にもぴったりなギフトご紹介します。あまりにも有名なCHANELのハンドクリーム。 魅力は私が語るべくもなく、人気のお品ですよね。 先日男性ファッションを見ていたところ、こちらのハンドクリームが紹介されていました。 今や男性もCHANELのハンドクリームを使う時代になったのですね。 男性ファッション誌には男性専用のシワケアアイテムなども紹介されており、今の男性の美意識の高さを伺え、面白く拝読しました☺︎女性ブランドのハンドクリームを購入するのは恥ずかしい…と言う男性もいらっしゃるかもしれませんので、チョコレートに添えてプレゼントしてみるのはいかがでしょうか? もちろん、女性へのプレゼントとしてもおすすめです♡ 『CHANELを使っている』 と思うと気持ちが高揚しますよね♡今日はバレンタインにぴったりなギフトのご紹介でした。 今週も1週間頑張りましょう! 本日もご覧頂きありがとうございました。◆CHANEL ラ クレーム マン リッシュ→♡◆Instagramも日々のコーデなどを更新しています↓↓↓No.149 kumiko
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪1枚でキマるものからレイヤードが楽しいタイプまで、数あるワンピの中でも争奪戦間違いなしのデザインがこちら。上品可愛いサテンキャミワンピは白シャツと合わせてラフにコーデ 控えめなツヤ感がデイリーに取り入れやすいサテンのキャミワンピ。今なら白のデニムシャツをはおって、こなれた抜け感コーデに。 ワンピース¥1990・トップス¥1490・シャツ¥2490・靴¥2990/GU カチューシャ¥500・イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥14500/アンビリオン(ペルケ)やんちゃなデニムジャンスカラベンダーニットで甘さをミックス 軽やかな淡色デニムが好印象&春に向けて活躍間違いなし。ライラックのニットで甘さを添えたら白小物でクリーンにまとめて。 ジャンパースカート(一部店舗のみ販売)¥2490・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990・ヘアクリップ(3種類5つセット・一部店舗のみ販売)¥790・靴¥1690/GU イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥4500/L-clothes上品さも可愛げも欲張れちゃうレトロなドット柄ワンピが春の主役! ドット柄やバンドカラーなど、旬を押さえた春の主役デザイン。ウエストには細ベルトつきで、キュッと結んで着こなせばスタイルアップもお手のもの。可愛いもモテも瞬時に叶えるワンピは絶対買い! ワンピース(一部店舗のみ販売)¥2990/GU バッグ¥2800/L-clothesモデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 紺野彩夏 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND