【天秤座(9/23~10/23生まれ)】9月15日~30日の運勢

SPUR.JP
乙女座の新月が山羊座の土星とワルツを踊る17日。この日からスタートした習慣は長く続きますよ――特にヘルスケア関係。一方、太陽は22日に天秤座に入り、水星は27日から蠍座に。公平なスタンスと本質を見抜く目を大切にすると流れに乗れるときです。29日には後ろを向いていた山羊座の土星が前を向き、旧体制の破壊と再構築の動きが加速します。

「もういいや」は禁句。自分を前へ前へと押し出そう

[ 全体運 ]

現在、向こう岸で吠えていた狼の群れはお昼寝タイム。天秤座さんの周りには美しい蝶々や可愛い小鳥たちがやってきて――あなた好みの――麗しい空間が広がっています。
この快適な空間から出て、現実に対処するべく自分を前に押し出すのは、気が重いかもしれません。でも、自分のテリトリーを広げたり、大切な人たちを守ったりするために行動を起こすなら今です――9月4週目がベスト! さあ、体制を立て直して明確なビジョンを示しましょう――発信力も高まっています。
今期は「もういいや」「仕方ないよ」は禁句。ソファに寝転がっている場合ではありません。自分で決めて、行動することで、月末から急速に物事が展開していきます。

 

フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2020年下半期スペシャル フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2020年下半期スペシャル


あなたの運気をアップデートしてくれる、モノ・コトを診断!>>

[ ポイントデー ]

★9月29日★

土星が前を向き、守護星の金星と火星がワルツを踊るこの日はターニングポイント。未来が感じられる選択肢を選んで。

 

フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2020年下半期スペシャル フランチェスカ先生の「アモーレ占星術」2020年下半期スペシャル


あなたの運気をアップデートしてくれる、モノ・コトを診断!>>

他の占いもCheck▶
関連記事
  • 一つでも複数重ねても、手持ちのジュエリーと合わせても。自由に手軽に+1できることこそイヤカフの最大の魅力。今回はリングとセットで楽しみたい4ブランドをご紹介。色石やパールの繊細な輝きを堪能しよう。 【アルティーダ ウード】のイヤカフ&リング みずみずしい色石を繊細なデザインで堪能して耳もとも手もともスタッキング(=重ねづけ)を提案する「アルティーダ ウード」がかなえてくれるのは、等身大に楽しめる、色石との出会い。シーズンテーマはインド・ジャイプールの18世紀に建てられた天文台。天体や占星術を想起させる繊細なモチーフや、濃淡ブルーの天然石、ダイヤモンドを自由にまとって。ECを中心とし、高品質なものを適正価格で届けるブランドならではのラインナップがうれしい。イヤカフ(上から)(SV925×K18YG/P×DIA)¥25000・(K10YG×K18YG/P×ロンドンブルートパーズ)¥19000・(SV925×K18YG/P×DIA)¥19000・(SV925×K18YG/P×DIA)¥12000・リング(右手人さし指指先側から)¥25000・¥26000・(右手中指指先側から)¥27000・¥27000・(左手人さし指)¥25000・(左手中指)¥34000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) ニット¥39000/ショールーム セッション(サヤカ デイビス) 【オー】のイヤカフ&リング フレッシュで抜け感のある今どきムードに昇華したパール4mmから6.5mm、大きさの違う4粒のアコヤパールがなだらかな曲線を描いて整列。バイラ世代の女性デザイナーが手がけるブランド「オー」で定番人気の、イヤクリップタイプ。耳たぶだけでなく軟骨にも挟むことができるほか、クリップ部分をピアスホールにさせばピアスとして楽しめるのもうれしい。長時間つけていても痛くなりにくい設計もこだわり。イヤカフ(K18WG×アコヤパール)¥62700・ブレスレット¥289000・リング¥66000/ハルミ ショールーム(オー) ニット¥39000/フレームワーク ルミネ新宿店(ルス) 【ブランイリス】のイヤカフ&リング 端正な花びらのような、色違いの4個セット。どう楽しむ?日本人とフランス人、二人の女性デザイナーによる「ブランイリス」らしい洗練されたフォルムに、4種類の異なる色と仕上げを施したイヤカフのセット。左右の耳にアシンメトリーにつけたり、4つの重ね方で、新たなフォルムが生まれたり、自在に楽しめる。イヤカフ(4個セット)(上から真鍮K24コーティング・SVK24コーティング・SV・SVブラックロジウムコーティング)¥22000・リング(指先側から)¥16000・¥28000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ワンピース¥46800/ホリデイ 【マリハ】のイヤカフ&リング 肌にしっくりとなじむ、繊細なデザインのミニフープを重ねてロマンチックなムードが人気の「マリハ」から、初のイヤカフが登場。シンプルな形に繊細な細工をした「願い事」シリーズと、一粒のホワイトサファイアがきらめく「願い星」。大きさのそろったイヤカフを、表情違いで重ねて。イヤカフ(上から)(SV925)¥11000・(SV925×K18YG/P×ホワイトサファイア)¥20000・(SV925×K18YG/P)¥12000・(SV925)¥11000・リング(指先側から)〈2連〉¥110000・〈幅広〉¥155000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ジャケット¥89000/アマン(カバナ) Tシャツ¥14000/エイトン青山(エイトン) 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/森絵梨佳 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※イヤカフは、表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、SV=シルバー、SV925=純度92.5%シルバー、DIA=ダイヤモンド、/P=プレーティングの略です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • ニューノーマルな時代、肌や見た目はもちろん気持ちだって盛り上げてくれる、それが今季ベストコスメの条件。今回はメイクアップ部門にランクインした8品をご紹介。新感覚の“黒い”下地、生質感のアイシャドウパレット、“ジャスト血色”なチークなどなど、今季を代表する実力派が勢揃い! 《下地大賞》カネボウ インターナショナルDiv. KANEBO パフォーミング ドロップ 下地に黒、どうなるの? 塗ってみたら驚きの立体感。みずみずしくて薄皮以上に薄い秘密の下地(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)推薦人:ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイクpaku☆chan、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ジャーナリスト鵜飼香子、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美薄くてみずみずしい秘密の下地を仕込んじゃううれしさ♡(美容ジャーナリスト鵜飼香子) 新感覚すぎる黒い下地は、塗るとすべすべになじんで、締まったあか抜け肌に(美容ライター長田杏奈)。RADIANT BLACK 25ml ¥3000 《フェイスパウダー大賞》アウェイク プットオンアハッピーフェイス フィニッシング パウダー ほうれい線、毛穴、たるみによる凹凸感など肌のいらない凹凸が消える代わりに透明感が舞い降りる(ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 ガッツ!スガコ肌のいらない凹凸がさっと消える(ヘア&メイク中野明海) 毛穴が気になる肌に、見とれるほどのきめ細かさと透明感。とにかく人によさを言いふらしたくなったパウダー(美容ライター森山和子)。00 SPF15・PA+ ¥4000 《アイシャドウ大賞》パルファン・クリスチャン・ディオール サンク クルール クチュール しっとりのびてぬめっととどまる「生質感」。その染まるような、透けるような独特の発色がなんともセンシュアル(ビューティエディター 松本千登世さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク河嶋希、美容家 小林ひろ美、美容家 神崎恵、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部編集長 湯田もはや定番となった赤みブラウンで、さまざまな顔がつくれる神パレット(ヘア&メイクKUBOKI) ブラウン系ながら無難にとどまらず、センシュアルでエッジィな仕上がりに(ビューティーエディター松本千登世)。689 ¥7600 《アイライナー大賞》アディクション ビューティ ザ カラー リキッド アイライナー 細く引いて抜け感、ガッツリ引いてインパクト。それが品よくかなう理由は、マットな質感にあり!(ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ高発色なテラコッタブラウンライナーは、今期マスト!(ヘア&メイク岡田知子) 「まなざしのルージュ」と呼びたい鮮やかなリップ級の存在感で、スタイルの格好のスパイスに(美容エディター小川由紀子)。006 ¥3000 《マスカラ大賞》THREE アートエクスプレッショニスト マスカラ 光を帯びた、やわらかなブリックオレンジ。しっとりとツヤっぽく、でも生命力のあるまなざしに仕上がるのが大好き(美容エディター 小川由紀子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ洗練を極めた大人のためのカラーマスカラは、オフィスでのニュアンスメイクにも(美容エディター小川由紀子) 目もとになじむ赤みとさりげない抜け感。withマスクメイクにはかなり正解(美容ライター浦安真利子)。02 ¥4000 《アイブロウ大賞》ボビイ ブラウン マイクロ ブロー ペンシル 繊細ななかに生命力を感じさせる毛を一本一本描き込める。マスク蒸れに負けないウォータープルーフも魅力(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美絶妙な色バリエがそろう(ヘア&メイク千吉良恵子) 眉毛を一本一本描くフェザーアイブロウや、眉尻を繊細に描くのも簡単。ソフィスティケートされた眉ラインが思うまま(ヘア&メイク小田切ヒロ)。07 ¥3600 《チーク大賞》ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート はしゃぎすぎない「ジャスト血色」が今の気分にぴったり。チークでありながら頰の潤い絆創膏的な役割も(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)推薦人:美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコこなれたいけど地味になりたくない。可愛さもほんのり残したいという欲張りをかなえる(美容研究家 有村実樹) 浮かれて見えない血色感と、マスクの摩擦から肌を守る潤い感(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。04 ¥3200 《リップ大賞》SUQQU コンフォート リップ フルイド フォグ 07 ブラウンリップ初心者さんにもおすすめななじみカラー。現場でも自分用にもヘビロテNo.1(ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん)推薦人:ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 神崎恵、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ凜とした女性像をパーフェクトに表現できるブラウン。攻めすぎず上品な仕上がり(ヘア&メイク岡田知子) ふわっとフォギーな仕上がりなのにクリーミーな塗り心地(ヘア&メイク河嶋希)。07 ¥5000 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※採点方式は1部門につき1製品=最高10点満点。今期マイベスト商品には15点。その合計点でランキングを決定しています ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • ニューノーマルな時代、肌や見た目はもちろん気持ちだって盛り上げてくれる、それが今季ベストコスメの条件。今回はベースメイク大賞とファンデーション大賞に選ばれた合計4品を発表します。「肌がドレスアップしたかのよう」「ハイカバーなのに素肌感も」と、最も高評価だったのはやっぱりあの名品でした。 《ベースメイク大賞》イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー ルクッションN 皮脂・汗・乾燥から肌を解放。バーチャルなフィルターで加工したような迫真のパーフェクトヌード肌に。レザーコンパクトも絵になる。SPF50+・PA+++ 全7色 ¥8000 生き生きと輝きを主張しているようなライブリーなつやめき。肌からドレスアップしたようで、背すじがしゃんと伸びる(美容エディター 小川由紀子さん) ハイカバーと素肌感を両立しているのはもちろん、“映え”のアップデートも。モニター越しでも美人を約束してくれるわ(ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん) 推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI 、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、美容家 神崎恵、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ジャーナリスト鵜飼香子、美容ライター山崎敦子、美容ライター中島彩、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ オンラインでもリアルでも美人を約束する、どこでも映えファンデーション。こなれた女性を満足させるほどの上質な肌と、欲張りな私たちの望みをすべて高次元にかなえてくれる革新的ファンデーション(ヘア&メイク小田切ヒロ) 使った瞬間、肌が発光して自分でもハッと見惚れてしまう、そんなファンデーション。決して厚塗り感はないのに、肌のアラが不思議と目立たなくなってコンシーラーいらずなのもまたいい。withマスクの時代だからこそ、肌から元気になれるファンデーションの力を痛感しています(美容エディター小川由紀子) 《パウダリーファンデーション大賞》アルビオン ベリーレア エアー フィット感が高く、マスクのムレや摩擦でくずれにくいところもうれしい(ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん) 推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI 、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 小林ひろ美、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、バイラ編集部編集長 湯田 きめや毛穴の凹凸をしっとり包み込むようにカバーして、スベスベに仕上がる(ヘア&メイクAYA) しっとりとした生っぽさがあるので、乾燥がちな季節も安心。軽いつけ心地で、肌にライブ感が宿る(美容家 小林ひろ美)。SPF33・PA+++ 全4色 ¥5500 《リキッド&クリームファンデーション大賞》クレ・ド・ポー ボーテ タンフリュイドエクラ マット マットなのに輝く、スーパー美肌ファンデ。誰でも上質肌を演出できる!(ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)推薦人:ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク河嶋希、美容家 小林ひろ美、美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター山崎敦子、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部編集長 湯田、バイラ編集部 ガッツ!スガコハイカバーなマットなのに、粉っぽくも厚ぼったくもない摩訶不思議ファンデーション。テカって見えやすいテレビ収録に不可欠(ヘア&メイク笹本恭平) フィット感とカバー力も申し分なし!(ヘア&メイク岡田知子)。SPF20・PA+++ 全8色 35ml ¥13000 《ソリッド&クッションファンデーション大賞》カネボウ化粧品 ルナソル フュージングオイルグロウ 顔の高いところに光が集まりナチュラルにきれいな肌に見せる(ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイクpaku☆chan、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ジャーナリスト鵜飼香子、美容ライター山崎敦子、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部 ガッツ!スガコ肌にピタッとフィットして、顔の高いところに光が集まりナチュラル美肌に見せてくれる(ヘア&メイク中山友恵) 肌そのものからじんわりとにじみ出るようなツヤで、疲れた肌も息を吹き返すかのよう(美容ライター長田杏奈)。SPF34・PA+++ 全6色 ¥6000 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※採点方式は1部門につき1製品=最高10点満点。今期マイベスト商品には15点。その合計点でランキングを決定しています ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • ニューノーマルな時代、肌や見た目はもちろん気持ちだって盛り上げてくれる、それが今季ベストコスメの条件。今回はマスク時代のメイクアップ4賞を発表します。マスク必須な日常でも、やっぱりメイクって楽しい♡というときめきをかき立てる最旬プロダクトを、プロが厳選! 《withマスク コンシーラー大賞》RMK Division RMK ルミナス ペンブラッシュコンシーラー 繊細なツヤ感で肌の色の沈んだ部分を光で払拭。仕上がりが軽やかで、涙袋もふっくら魅力的に見せてくれる(ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん) 推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 小林ひろ美、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター山崎敦子、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、バイラ編集部編集長 湯田、バイラ編集部 副編T くすみや色ムラのカバー、保湿、立体感をバランスよく補ってくれるコンシーラー(ヘア&メイクAYA) ユルめのリキッドペンタイプですごく薄膜。塗った感じが出ないのに隠したいアラがスーッと消えるのがナイス! 薄づきファンデが主流の今、コンシーラーの質感もこうでなくっちゃ。明るくしたい部分には02のベージュ、クマをカバーしたいときは04のオレンジなど、用途で使い分け中(ビューティーエディター平輝乃)。03 SPF15・PA++ ¥3500 《マスク映え アイメイク大賞》アディクション ビューティ アディクション ザ アイシャドウ 001Tはウェット感や透け感がおしゃれだしレンガっぽい色みがなじみつつ色っぽさを演出。こんなの待ってました〜(ヘア&メイクアップアーティスト 笹本恭平さん) 推薦人:ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイクpaku☆chan、美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト安倍佐和子、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター山崎敦子、美容ライター長田杏奈、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 肩出しナベ嬢 パール、スパークル、マット、クリーム、ティントの5つの質感と色の組み合わせを楽しめる、圧巻の全99色。004SPはとにかくきらびやか! いつものアイメイクの最後に指でひと塗りするだけで華やかな印象に変化できる!(ヘア&メイク笹本恭平) どの色も心がときめくカラーバリエーション。絶妙な色出しで、まるで自然界にあるそのままの色のようで感動しました(ヘア&メイク中山友恵)。(左から)ティント 001T ・スパークル 004SP各¥2000 《Zoom映え リップ大賞》ナーズ ジャパン NARS エアーマット リップカラー ひと塗りで簡単にぼかし込んだような仕上がりに。ニューノーマルの顔に必須のエナジェティックな一本よ(ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ヘア&メイクpaku☆chan、美容研究家 有村実樹、美容ライター山崎敦子、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、バイラ編集部 肩出しナベ嬢時代に求められている軽やかな心とリンクするかのような、空気のように軽い唇を彩るつけ心地よきマットカラーがドストライク。シルキーでありながらつけた印象は確実にエナジェティック(ヘア&メイク小田切ヒロ) 内側に潤いを感じさせつつさわり心地はサラッなスフレ感触。ソフトでやわらかな塗り心地と仕上がり感。唇がふんわりと絶妙なボリューム感で可愛い!!(ヘア&メイクpaku☆chan)。00047 ¥3500 《Zoom映え ベース大賞》アンプリチュード コンプリートフィット パウダー スティックファンデーション さらさらとしっとりが、うなるバランスで肌に広がる。このバランスこそが、美人見えの理由だったのね。(美容家 神崎 恵さん) 推薦人:ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 小林ひろ美、美容家 神崎恵、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター山崎敦子、美容ライター中島彩、美容エディター小川由紀子、バイラ編集部編集長 湯田、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコスティックを肌に直塗りしてのばすと、あっという間にベースが完成。しっとりしつつもサラッとのばせて、肌にフィット。肩ひじ張らない手軽さで、肌ノイズをレタッチしたようなあか抜けた仕上がりが手に入り、しかもオンラインで映える(ヘア&メイクKUBOKI) さらさらとしっとりが、肌に広がるセミマット加減が絶妙。今、オンラインで美しい人に見せたいなら、この肌(美容家 神崎恵)。全9色 SPF25・PA++ ¥7600 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※採点方式は1部門につき1製品=最高10点満点。今期マイベスト商品には15点。その合計点でランキングを決定しています ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • 来年、舞踊歴70周年を迎える森下洋子さん。日本バレエ界を牽引してきた森下さんに、同じく長年モデルとして活躍してきた富岡佳子さんは“現役”の先輩として憧れを抱いていたという。ようやくかなった対面でふたりは何を話すのか? >>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談1】はこちら「小さいころから誰よりも不器用で、何をするにも時間がかかったからこそ、続けることの大切さを感じています」森下洋子Profile もりした ようこ●’48年、広島市生まれ。松山バレエ団の理事長、団長、プリマバレリーナ。3歳からバレエを始め、12歳でバレエを学ぶために単身で上京。’71年、松山バレエ団に入団し、’74年、ヴァルナ国際バレエコンクールで日本人初の金メダルを獲得する。’85年にローレンス・オリビエ賞、’12年に高松宮殿下記念世界文化賞など多数の受賞歴をもつ。’97年には文化功労者に選出。夫は松山バレエ団総代表、清水哲太郎さん、義母は松山バレエ団創立者で名誉芸術監督の松山樹子さん。バレエ以外何もいらない。そう思える自分は本当に幸せ富岡 毎日お稽古されているそうですが、日々のルーティンってどんな感じですか。 森下 朝は大体7時半ごろに起床。お風呂に入って筋肉を温めてから、1時間かけてストレッチや腹筋、背筋をします。朝食は普通にとり、午前中はクラスレッスン、そして夕方まで団員と一緒に作品のリハーサル。体が重くなってしまうのでお昼ごはんはとらず、チョコレートをちょっと食べるくらい。レッスン後は帰宅して夕食をとり、寝るという生活です。 富岡 お休みはあるんですか? 森下 オフは週に1回くらいあるんですけど、外出があまり好きじゃないこともあり、一日家にいて体のケアにあてることが多いです。ストレッチに腹筋と背筋、それからマッサージをして……。夜は夜でまたマッサージ。 富岡 「何もしないぞ」っていう日がないということですよね。 森下 そうね、次の日のための準備ですね。気分転換はするけれど、踊りのことはいつも頭のどこかにある。バレエがすべてなんです。 富岡 逆にシンプルですね。 森下 やっぱり好きだから。私にとっては生きていること自体がバレエで、特別な何かなわけじゃないんですね。そういうものに偶然3歳のときに出会えた私は、つくづく幸せな人間だなと思います。「モデルをやめたいと思ったとき、“やめてもいいんじゃない”との夫の言葉で、限界までやろうと決意しました」富岡佳子富岡 小学生でひとりで広島から上京してレッスンを受け、中学生で師匠の家に住み込むというのも、好きなものに対する情熱がないとできない。最近、若い人に本当に好きなものがある人は少ないんじゃないかって思うことが多くて、“好き”という気持ちは人生を左右するほど大事なことだな、と改めて思いますね。それは忍耐力にもつながりますよね。 森下 本当にそうね。好きだから、まず「続けたい」というのがあって、「有名になりたい」とかじゃなかった。よく「いろんなものを犠牲にして」といわれますけど、これが一番やりたいんだからほかのものは別にどうでも(笑)。 富岡 ふとよぎることはないですか、「もういいや」みたいな。 森下 ないの、一度もやめたいと思ったことは。 富岡 私は30代半ばに、モデルをやめたいって思ったことがあったんですね。娘の受験や仕事の切り替え時期などが重なったりして、なんだかいっぱいいっぱいになっちゃって。でもいざ夫に「自分の意思でやめるんだったら、もういいんじゃない?」っていわれたら、やっぱりやめられない自分がいて(笑)。冷静になったら「じゃあ、もうちょっとやめたくなるまでやるか!」って。 森下 いろんなことが重なっちゃったのね。私は子供がいないけど、お子さんがいるとそれは大変ですよね。 富岡 今はテレビや雑誌で活躍するママがたくさんいますけど、私たちの世代はまだママが働く時代ではなかったので、そういう雑誌もなくて、モデルをやめていく人が少なくなかったんです。 森下 その中で続けていらしたから。 富岡 今はこの姿を読者の皆さんにお見せして、何かを感じてくださったらいいなっていうスタンスになれて、やめたいとは思わなくなりました。【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談3】に続くエクラ2020年12月号には富岡佳子さんと森下洋子さんのスペシャル対談を掲載。ぜひ手に取ってみてください。【INFORMATION】松山バレエ団 ’20年Xmas 公演『くるみ割り人形』 松山バレエ団では初演から39年目を迎える『くるみ割り人形』を森下洋子を中心に全幕公演。11/14、15 東京文化会館、11/28 さいたま市文化センター、12/6 府中の森芸術劇場、12/13 世田谷区民会館、12/19 神奈川県民ホールにて開催予定。詳しくは松山バレエ団ホームページを。チケットの申し込みは、☎03・3408・7939、またはticket@matsuyama-ballet.comへ。撮影/高木将也 ヘア&メイク/鈴木ナオ(eight peace /森下さん) 野田智子(富岡さん)  スタイリスト/村山佳世子(富岡さん) 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ2020年12月号掲載
  • 水晶玉子さんの開運財布! LEE12月号のLEEマルシェページでもご紹介している、 大人気「オリエンタル占星術」の水晶玉子さん×12closetの開運財布2021! 昨年は買い逃してしまい後悔していたので、今年はさっそくポチ! まだ2020年ですが、すでにバリバリ使っております どれも開運カラー。 迷いましたが、2021年はきらきらした気分でいたい!と思い、 三つ折り財布のシルバーをチョイスしました。 三つ折り財布はシルバーの他にイエローも。 長財布もありますのでお札をゆったり入れたい方はこちらもチェックしてみてください ということで、今日は最近買った シルバーなアイテムを集めてみました〜! イヤーカフもシルバー イヤーカフは、HYKEのもの。 こちらはLEE11月号の「ネックレスとイヤーカフ」のテーマに載っていて一目惚れ! 本誌にはゴールドが載っていましたが、 迷った末、シルバーを購入しました オンライン会議も多いマスク生活、 顔まわりのアクセントになるので助かっています……! 開運カラーのボディ・ヘアオイルも投入! ボトルは、ビュリーのボディ・ヘアオイル。 玉子先生によると白も開運カラーとのことなので、 白いボディに銀色のキャップのボトルを 無理やり置いてみました ここ2、3カ月で最近オイル美容に開眼! 体に塗ったり顔に塗ったり髪に塗ったりと いろいろな美容オイルを使ってみているのですが、 香りが好きでこの秋冬のボディオイルはこればっかりになりそうです 開運カラーをカジュアルに取り込みながら、 2021もよりよい年にできたらいいですね。(LEEwebねこま)  
  • 依然として世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、多くのセレブが積極的に検査を行い、万全の対策をしてライブや撮影に臨む姿をSNSで披露してきた。独特なファッションとリリックで世界中の人々を魅了してきたネオ・ソウルの女王、エリカ・バドゥ(49)もそのひとり。 Photo:Getty Imagesライブ配信でパフォーマンスをするため、バンドメンバーたちと新型コロナウイルスの検査を受けることに。これまでも定期的に検査を受けてきたエリカだが、なんと今回、衝撃的な結果が出たことを明らかに!2020年11月14日(現地時間)、ツイッターで検査結果を公表したエリカ。鼻の奥に綿棒を入れて検体を採取する検査を行ったそうだが、「左の鼻の穴は陽性で、右の鼻の穴は陰性だった」という結果を発表! This is my third rapid test in 24 hours. SMH. It’s routine to take c19 test before a livestream broadcast for all band and crew. Earlier I took 2 and one was positive the other neg in separate nostrils ?? We need to investigate these tests further. I want my $ back . pic.twitter.com/AFIfX9Kg1q — ErykahBadoula (@fatbellybella) November 13, 2020 「24時間以内に3回目の検査。この検査(の信憑性)をきちんと調べるべきだわ。支払ったお金を返して欲しい」と、追加検査を受け、結果を待っている動画をツイッターにアップしたエリカ。3回目は陰性だったことを報告しつつ、「なんて不便なの。100%正確じゃないことは理解してるけど、不思議だわ」と、フラストレーションを露わにした。 Photo:Getty Imagesしかし、検査結果に戸惑うセレブはエリカだけじゃなかった! 「今日、新型コロナウイルスの検査を4回受けた。2回は陰性で、2回は陽性。同じ機械、同じ検査、同じ看護師で行ったのに」と、ツイートしたのは、実業家のイーロン・マスク(49)。彼もまた、陰性と陽性が混在する診断結果が出たことを明かしている。 Photo:Getty Images 何はともあれ、エリカの最終的な検査結果は幸い陰性。今後も新型コロナウイルスの影響に屈さず、元気でパワフルなライブパフォーマンスを見せ続けてくれることを期待したい! >>コロナ禍でセレブの美容ルールも変化! テイラー・スウィフト、セルフメイクでステージへ >>ギャラリー・画像・写真 | 世界に勇気と愛を届ける! セレブたちの心温まるコロナ支援25 text:Mayu Yamamoto
  • 下半期に新登場した注目のスキンケアアイテムを美プロがお試し! 「MAQUIA」12月号から、使って感じたことをハッピーエピソードとともにご紹介します。 肌も心も、思わず笑顔にしてくれる♪使ってハッピー♥美肌向上ストーリー 自分で驚いた!編 アスタリフトスパークル タイト セラム50g ¥4000/富士フイルム   MAQUIA 12月号撮影/Kevin Chan イラスト/いいあい 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/吉田百合(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
関連キーワード

RECOMMEND