旬なカジュアルからビジネスシーンまで。おしゃれセレブリティが愛用する人気スニーカーを大調査!

SPUR.JP

【ジジ・ハディッド】トレンドのタイダイが主役のスニーカースタイル

Photo:Getty Images

ジジ・ハディッド(25)は、青空と雲をタイダイ柄で表現したようなセットアップにホワイトのシャツとスニーカーをセット。すれ違う人すべての視線を奪うようなコーディネートを抜群のプロポーションで着こなしているため、ひと際目立っていたに違いない!

トップ、パンツ:BANDIER(バンディア)
シャツ:Aje.(アジェ)
スニーカー:Reebok×PYER MOSS(リーボック×パイアー・モス)

【カイア・ガーバー】ラフな着こなしには誰もが愛する定番のスニーカーで

Photo:Aflo

カイア・ガーバー(18)は、世代を超えて愛されているCONVERSE ALL STAR(コンバース オールスター)のアイコンモデル、CHUCK TAYLOR( チャックテイラー)をジーンズにあわせて。ガーリーなワンピースの時にも、よく愛用している。

パンツ:LOEWE(ロエベ)
スニーカー:CONVERSE ALL STAR CHUCK TAYLOR(コンバース オールスター チャックテイラー)
バッグ:Chloé(クロエ)

【カーリー・クロス】ミニマルなスニーカーは仕事時にも

Photo:Instagram(karliekloss)

カーリー・クロス(27)は、爽やかなスーチングにアディダスのオールブラックのシューズを合わせ、カジュアルダウンしながらもキレイめにコーディネート。会社でスニーカーをはきたい人は、まずは彼女のようなデザインから始めてみては?

スニーカー:adidas(アディダス)

【アレクサ・チャン】白×ネイビーの万能スニーカーをチョイス

Photo:Instagram(alexachung)

自身のブランドのコートと同じ生地から作られたサンプルの花柄ドレスをフィッティング中のアレクサ・チャン(36)。彼女は、ネイビーのロゴマークを施した、ホワイトボディのスニーカーをチョイス。幅広いコーディネートにマッチしそうなシンプルさゆえに、かなり重宝しているはず!

スニーカー:NIKE(ナイキ)

【ビリー・アイリッシュ】晴れ舞台も、スニーカーで

Photo:Instagram(billieeilish)

授賞式でも“スニーカースタイル”は崩さないビリー・アイリッシュ(18)は、英国で毎年行われている音楽の祭典ブリット・アワードにて、ダッドシューズをセットし登壇。装いをベージュのワンカラーで統一しながらも、装飾がびっしりとされたコートなどによって、ハードな印象に。

コート、トップ、ウェア、タイツ、スニーカー:BURBERRY(バーバリー)

【ケンダル・ジェンナー】思い出の一枚は、お揃いのスニーカーをはいて

Photo:Instagram(kendalljexner)

コートニー・カーダシアン(41)の誕生日に合わせて、インスタグラムのストーリーズに2ショットを投稿したケンダル・ジェンナー(24)。足元はadidas YEEZY BOOST(アディダス イージーブースト)のスニーカー、ウェアはオールブラック、という見事なリンクっぷりから、喧嘩などをしていながらも本当は仲良しだということが、伝わってくる!

スニーカー:adidas YEEZY BOOST(アディダス イージーブースト)

【ケンダル・ジェンナー】スニーカーが鍵を握る、ミニマムでハンサムな装い

Photo:Instagram(kendalljexner)

続いてケンダルは、ヴィヴィッドカラーをアクセントに効かせたスニーカーで、シンプルな着こなしをハンサムに。彼女のようにホワイトトップ×デニムの組み合わせは、足元のデザインを制限しないので、“スニーカービギナー”は、まずは彼女の装いを真似てみるのもいいかも!

【サラ・サンパイオ】ナイキ エアフォース 1がアクティブな日のパートナー

Photo:Instagram(sarasampaio)

大きな樽がいくつも並ぶ倉庫にてポーズを決めるサラ・サンパイオ(28)は、緩やかなニットとダメージデニムのラフなコーディネートを、スニーカーでボーイッシュに。セットしたNIKE AIR FORCE 1(ナイキ エアフォース 1)は、クッション性が高く歩きやすいため、彼女にとって、アクティブに動く日には欠かせないよう。そのため、ディズニーランドやカーレースに行った際もはいている。

スニーカー:NIKE AIR FORCE 1(ナイキ エアフォース 1)

【リアーナ】ウェアとスニーカーで鮮烈な色を大胆にミックス

Photo:Instagram(badgirlriri)

光沢感のあるオレンジ色のセットアップに、目の覚めるようなスカイブルーのNIKE AIR  FORCE 1(ナイキ エアフォース 1)をはいたリアーナ(32)。躊躇してしまうような鮮やかな色の組み合わせを、さらりと着こなしてしまうからすごい!

スニーカー:NIKE AIR FORCE 1(ナイキ エアフォース 1)

【カイリー・ジェンナー】スニーカーのピンクを効かせたカジュアルスタイル

Photo:Instagram(kyliejenner)
お気に入りの靴をはいて写真を撮りたかっただけなのか、鏡の前でスニーカーをはいてポーズを決めたカイリー・ジェンナー(22)。パーカのロゴとナイキのスニーカーの色をピンクでリンクさせた。

パーカ:BALENCIAGA(バレンシアガ)
リング:DIOR(ディオール)
スニーカー:NIKE Dunk SB Low Stüssy Cherry(ナイキ ダンク SB ロー ステューシー チェリー)

【サラ・シュナイダー】スニーカーですらりと長い脚を一層引き立てて

Photo:Instagram(sarahfuckingsnyder)

サラ・シュナイダー(25)は、美しいボディラインがすっきりと見えるミニマムな組み合わせに、NIKE AIR JORDAN 23(ナイキ エアジョーダン 23)を。スニーカーがボリュームのあるデザインのため、すらりと長い脚が一層と際立っている。

スニーカー:NIKE AIR JORDAN 23(ナイキ エアジョーダン 23)

【ベラ・ハディッド】黒のナイキスニーカーの中でも、選んだのはショックス TL X!

Photo:Instagram(bellahadid)

手に持ったブリトーで上手にバストを隠したベラ・ハディッド(23)は、ボトムスのみの姿でスニーカーをはき、アクセサリーをじゃらりとつけたスタイルを投稿。足元にスニーカーを合わせたのは、セルフィーのため?

パンツ:FALL RISK(フォール リスク)

スニーカー:NIKE SHOX TL X(ナイキ ショックス TL X)

【ベラ・ハディッド】アクセサリーを際立たせるべく、靴も装いもダークトーンに

Photo:Aflo

続いてのベラは上の画像と同じシューズをセット。ウェアは、カットオフトップにジャケットを羽織って、セクシーに仕上げた。靴を含めて着こなしをダークカラーに統一しているため、ゴールドアクセサリーが際立っている。

イヤリング:BALENCIAGA(バレンシアガ)
スニーカー:NIKE SHOX TL X(ナイキ ショックス TL X)

【ヴィクトリア・ベッカム】記念すべき誕生日を、お気に入りのシューズと

Photo:Instagram(victoriabeckham)

46歳の誕生日にロードバイクに跨がる姿をインスタグラムにポストしたヴィクトリア・ベッカム(46)は、自身のブランドとリーボックのコラボレーションアイテムを身につけて。そこにライムイエローのスニーカーで色を差し、シックなカーキのワントーンをフレッシュに仕上げた。

パーカ、キャップ、バッグ、レギンス:Reebok×Victoria Beckham(リーボック×ヴィクトリア・ベッカム)
スニーカー:Reebok(リーボック)

【ヘイリー・ビーバー】セレブ御用達のスニーカーをチョイス

Photo:Aflo

ヘイリー・ビーバー(23)はオールホワイトの着こなしに、ぱっと目を引くネオングリーンのジャケットを羽織って。足元には、セレブから熱く支持されている、ほどよくボリュームがあり、シンプルなBALENCIAGA(バレンシアガ)のスニーカーで。

アウター、スニーカー:BALENCIAGA(バレンシアガ)
トップス、パンツ:CYDNIE JORDAN NEW YORK(シドニー ジョーダン ニューヨーク)
サングラス:SAINT LAURENT(サンローラン)

【アジョワ・アボアー】トップスとシューレースをグリーンでリンクさせて

Photo:Getty Images

British Vogue(ブリティッシュ・ヴォーグ)のイベントに参加したアジョワ・アボアー(27)は、ゴージャスなトップスとシューレースをグリーンでリンク。彼女のようにポイントでカラーを合わせれば、着こなしがよりエレガントに仕上がる。

スニーカー:NIKE(ナイキ)

【クロエ・カーダシアン】カジュアルな着こなしを小物でクラスアップ

Photo:Aflo

クロエ・カーダシアン(35)は、自慢のカーヴィなボディラインがあらわになるピタッとしたデニムのジャンプスーツに、ディオールのハイカットのスニーカーをセット。そこに美しいクロコダイルのピンクのハンドバッグや、重厚なシルバーネックレスなどを合わせてゴージャスに仕上げた。

ジャンプスーツ:GOOD AMERICAN(グッド アメリカン)
スニーカー:DIOR(ディオール)
サングラス:PORSCHE DESIGN(ポルシェ デザイン)
バッグ:HERMÈS(エルメス)

text:Anna Kobayashi

>>#StayHome をすっぴんで過ごすセレブたち! ジェニファー・ロペスやヘイリー・ビーバーなど、セレブのおうち時間の楽しみ方

>>#StayHome でトレーニング熱が急上昇!マライア・キャリーなど、総勢18名のセレブリティのウェアを一挙紹介!#うちで鍛えよう

>>お洒落の相棒はデニムに決まり! ヘイリー・ビーバーのシグネチャー、デニムスタイル


スタイルの要になる、大ブレイク中のスニーカーを、セレブたちはどんなスタイルで楽しんでいる? 今回は、旬のカジュアルコーディネートにお気に入りの白いスニーカーを合わせたジジ・ハディッド(25)、ビジネスライクな装いにアディダスのスニーカーをセットしたカーリー・クロス(27)、フォーマルシーンでナイキのスニーカーをはいたアジョワ・アボアー(27)など、15名のセレブをピックアップ。彼女たちの着こなしを見て学んで“スニーカースタイル”の幅を広げよう!

関連記事
  • 一生ものからデイリー品まで、少しづつ集めてる私のジュエリーをご紹介します。こんにちは、Fumikoですᴗ̈ 気づけば1月も後半戦、早いなーー! 今期はSALEを一切買っておらず、、 でもヘアアクセをオンラインでちょこちょこ買ったり、春物をネットパトロールしたりして、気分を上げてます⤴︎⤴︎ 購入したヘアアクセは届き待ち中なので、また近々ご紹介しますね⍢ 今日は私のジュエリーのご紹介を。 ジュエリーは大好きで、これは一部なのですが、そのうちの2ブランドを♡私はイエローベース(パーソナルカラー)なので、基本goldがベースで集めてます。 基本、goldが多いのですが、silverとの重ね付けが好き! あと、マットな素材感や無骨なものが好みで、ついつい似たようなものが増えちゃいます!AFTER SHAVE CLUB/アフターシェイヴクラブ (薬指の2つ以外全て) 日本人デザイナーによるNY発のジュエリーブランドで、オールハンドメイド。 デザイナーのちえみさんのジュエリー重ね付けスタイルがとても素敵で、私もマネしたくなっちゃいます♡ ネックレスレイヤードも好きです♪こちらのヌメのヘアカフもお気に入りちゃん薬指につけたリングは、 エンゲージとマリッジリングです。 普段にも気軽につけれるようなものをセレクトしました♡エンゲージリングは、デザイナーのマルコムさんが選んでくれたもので思い入れが♡旦那さんは会計時に値段知る。笑MALCOLM BETTS/マルコムベッツ 英国初のジュエリーブランド。 右の上:エンゲージリング ゴールドとプラチナのリングに1石のダイヤモンド。 右の下:マリッジリング 外側がプラチナ、内側がイエローゴールドで、異素材の組み合わせがなんとも♡ 左:自分で購入したもので、マルコムの定番リング ピアスは、マスクの上げ下げで毎回引っ掛かり、もぉーもぉーーーってなるし、急いで引っ張ったりすると、ピアスのキャッチャー危うくなくしそうだし。。 でもでも、ジュエリーもマスクもファッションの一部なので、落ち着いて大事にしていこう!笑 最後までご覧いただきありがとうございました⍢ 寒い日が続きますので、温かくしてお過ごしくださいね。 Fumiko☆ ーーーーー☆ーーーーー Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたら嬉しいです⍢ →@fstandard.fumikoAFTER SHAVE CLUBMALCOLM BETTSNo.199 Fumiko
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 今どきの抜け感を出せる「メンズスウェット」もマストで欲しいアイテム。クリーンな白を選べば上品見えもOK! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 彼とシェアする《メンズスウェット》 《吉村さんレコメンド》今どきのリラックス感や抜け感を手軽に出せるメンズサイズの服。なかでも人気はスウェット。生地とサイズ感で充分カジュアルなので、クリーンな白を選んで上品に。 《伊藤さんレコメンド》同じ“肉厚”&“大きな”スウェットでも、フーディよりきちんと見えするクルーネックが大人にはジャスト! あくまでハズし役だからこそ、ほかは女っぽくまとめるほうがおしゃれ。 メンズっぽいスウェットも、メンズ時計と同じ法則。「女っぽいパールやツヤスカートのなかに“一点”きかせるのがカギ。細かいことですが、スウェットは首もとにガゼット=V字の縫い目がないほうが、きれいめで大人好み。短いネックレスを重ねてもケンカせず、いっそう品よく見えます」(伊藤さん)。スウェット¥14800/ユナイト ナイン(レミ レリーフ) スカート¥16000/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ネックレス¥270000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) バッグ¥42000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) Remi Relief スウェット¥14800/ユナイト ナイン(レミ レリーフ) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 可愛すぎるゆえ、non-no公式SNSで突然始まった(!)一晩限りの表紙写真投票。皆さんの拡散&投票のおかげで今回の表紙が決定しました! ■ InstagramとTwitterでいきなり始まる!インスタのコメントは700件超え、Twitterは1700いいね超え、たくさんの反応をいただきました! コメントも数えさせていただいております♡決定写真はこちら!!これまでにない自然な表情が新鮮な1枚 こちらのカットの撮影テーマは『ナチュラル』。背中が大きくあいたドレスは体にフィットしてとってもきれいな形でした。いろんなポージングを試すなかで、このくるんと丸まったポーズが可愛すぎて大盛り上がり。いつもはきゅっと目力の強いふみふみの、ふっと抜けた表情も魅力です♡ ワンピース¥22000/Rosary(Rosarymoon) イヤカフ¥15800/KNOWHOW jewelry(ノウハウ)あまりにも接戦だったのでこっちも表紙デザインしちゃいました!プリッときゅるんなふみふみ200%♥ こちらの撮影テーマは『カーヴィ』♡ きゅるんとした表情と、バレエで鍛えた体幹が作る流れるようなラインが圧巻! ブルーがよく似合うふみふみにぴったりの今季らしいギンガムチェックの衣装で、フレンチなムードも意識しました! ふみふみも世界観を意識してちょっとツンとした表情をたくさん見せてくれたよ。 カーディガン(2月上旬発売予定)¥5400/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ボディスーツ¥10000/theVirgins パンツ¥14000/シャルル シャトン ラフォーレ原宿(シャルル シャトン) ネックレス¥2500/bad hair day まずは皆さんたくさんの投票をありがとうございます! こんなに反応いただけると思っていなくて驚きました♡ 自分ではAはモテそうで可愛いな、Bはふみかさんっぽいなあと思っておりました(笑)。どっちも好きでどっちも全然違うよさがありますが、今回私は悩みながらも決定したほうにこっそり投票していたので、決まった時はうれしかったです! モデル/馬場ふみか 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/鈴木海希子 スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • Iラインを意識したバッグやコートで美スタイル見えをアシスト!着回し力抜群のスリット入りニットワンピースをヘビロテ中。カジュアルすぎない衿つき&Vネックに、一枚でも素敵に着られるレベルの大胆なスリットが魅力♡ だからボトムとのレイヤードも楽しみつつ、ワンピ一枚でさらりと大人っぽく着こなしたい日も。そんな時は迷わず旬のロングブーツ合わせで、手軽に今どきなバランスコーデに。あとはくすみトーンのカラーコートやバッグに巻いたスカーフ、華奢なアクセで上品な華やぎを添えれば完璧。ショルダーバッグからスカーフを長めに垂らした縦ラインやロングコートのおかげで、すらっと美スタイルに仕上がって大満足♪ ワンピース¥7990/ロコンド(MANGO) コート¥7900・バッグ¥3200/ラコレ 靴¥82000(ネブローニ)・スカーフ¥12000(マニプリ)/フラッパーズ イヤリング¥1300/お世話や(OSEWAYA) ネックレス¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード)飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 企画・原文/青山玲子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネイトをご紹介! 『無難すぎない』のに着こなし簡単!デザインニットでこなれ感UP marjour 肩から降りたリボンをウエスト位置で結ぶデザインのニットがポイントのコーディネート。すっきりしたシルエットなので、コートの中に着てもゴワつかずストレスがありません。ダウンコートやウール系の厚手のコートの中に着るのにもぴったり! ・marjour/FRONT RIBON KNIT PULLOVER/¥6,800+税・marjour/WRAP SKIRT LAYERED PANTS/¥6,000+税 オーバーデニムジャケットで着崩すハイセンスコーデ! GALLARDAGALANTE 合わせ方次第で表情の変わるヴィンテージライクなオーバージャケット。エフォートレスな雰囲気漂う上品なニットワンピースを合わせてモードな雰囲気に。 ・GALLARDAGALANTE/デニムジャケット/¥28,000+税・GALLARDAGALANTE/ファインウールニットワンピース/¥20,000→¥14,000+税(30%OFF) ラメ素材のプリーツスカートで春を先取りスタイル UNITED ARROWS ゆったりニットはサイドスリット入り。トレンドのバンドカラーシャツをレイヤードするのがおすすめです。ラメ素材のプリーツスカートは、ドレープが美しくシアー感がポイント!春を先取りできるおすすめのコーディネートです。 ・UNITED ARROWS/UWCC ラメ ニットプリーツ スカート†/¥21,000+税・UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税・UNITED ARROWS/UWSC スタンドフリル ブラウス 21SS†/¥16,000+税 春を意識させる上品なホワイトコーデ MACKINTOSH LONDON コートの下から見せるホワイトのワントーンカラーで春を意識したフレッシュなコーディネート。フーデットコートにウールナイロンブークレーのインナーがセットになったアウターは、2枚レイヤードでも別々でも着用できる嬉しい3WAY。春まで着られておすすめです! ・MACKINTOSH LONDON/【FEATHER-TECH PAC】ストレッチタフタ3WAYコート/¥90,000→¥72,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ウールニットリブクルーネックプルオーバー/¥26,000→¥21,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ポリエステルレーヨン2WAYストレッチパンツ/¥29,000→¥20,000+税(31%OFF) この特集のアイテムをまとめて見る The post #2021/1/20 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • ~2021春夏先行受注会~おすすめ商品をLEEマルシェからご紹介♪ #2021年春夏受注会「これ買い!」 気分を明るくする2021年春夏アイテムの先行受注会が始まりました! LEEマルシェよりオススメ商品を一足早くご紹介します♪ 春先に活躍してくれるアイテムなので是非お早めにチェックしてみてください! ガーメントウォッシュ加工サーマルワンピースドレス  Champion サーマルワンピースドレス Championサーマルワンピースドレス¥7,500+税 ご購入画面へ 冬は空気を含んで暖かく、春は肌あたりがさらっとして快適なサーマル生地のワンピース。ドロップショルダーとサイドのスリットが旬なシルエットです。胸には同色でさりげなく、おなじみのChampionのロゴマーク入り。ボトムスとのレイヤードでも、暖かくなってきたらソックスとスニーカーで、3シーズン活躍してくれる1枚です。 先行受注会ページはこちら LEEマルシェ セール会場はこちら LEE TOPへ The post ~2021春夏先行受注会~おすすめ商品をLEEマルシェからご紹介!#2021年春夏受注会「これ買い!」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • ザ・ノース・フェイス パープルレーベルが、2021年春夏コレクション「ザ・ウィンド アンド トレイル」を全国の店舗および公式サイトにて発売中だ。同ブランドは、ザ・ノース・フェイスの名品をさらに進化させたアウトドアカジュアルを提案。アウトドアギアの機能性やデザインフィロソフィーを、時代のムードにあったシルエットに落とし込んでいる。 65/35 Mountain Parka ¥33,000、Shirt ¥15,800、Bandana ¥2,800、Webbing Belt Pants ¥18,800(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)2021年春夏シーズンは、都会で機能するアウトドアウェアがテーマ。定番アイテムに加え、ノマド(遊牧民)のように自由な感覚で着用できる、ジャンルレス・シーンレスなアイテムが登場した。家にいる時も、外出する時も着回しのきく、汎用性の高いアイテムを取り揃える。 また、2020年秋冬シーズンに引き続き、自然環境へ配慮した素材開発をブランドの指針に掲げ、できる限り環境に負荷を与えない素材を採用。薬剤を使用しないオーガニックコットンや、リサイクル原料のナイロン、ポリエステル素材を積極的に採用した。 Midweight 65/35 Mountain Coat ¥37,000(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)ブランドを象徴する素材である「65/35ベイヘッドクロス(ポリエステル65%、コットン35%)」をコアマテリアルとして位置づけ、アイテムを幅広く展開。さらに、ベイヘッドクロスをより軽くした、ミッドウェイトの素材を採用したカーディガンなども登場。日常における機能性を追求したラインナップは、オン/オフ、アウトドア/インドアの区別なく着用できそう。ステイホームがまだまだ続きそうな中、こんなウェアで快適に過ごしてみては? Pack Field Sweater ¥22,000(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)ナナミカ 代官山https://www.nanamica.com/03-5728-6550 text: Fuyuko Tsuji
  • 今季豊富な「ミルキーな白」の魅力は、ベーシック色も、流行のくすみ系カラーをも受けとめる包容力! その最新配色バランスを、スタイリスト福田亜矢子さんのコーディネートでお届け<この冬は、温かみを感じる「ミルキーな白」が多いんです。これまでは、冬のコーディネートに抜け感を出すための〝ポイント使いの白〞でしたが今季は、いわば〝つなぎの白〞。トレンドのベージュやグレー、そして少しくすんだきれい色を自然になじませてくれます。この〝あいまいさ〞を味方に旬の配色にぜひ挑戦して!(スタイリスト 福田亜矢子さん)> ■ホワイト×くすみカラー きれい色とのつなぎ役にミルキーな白、という新常識。 ややくすんだ色同士だから、派手になりすぎず洗練されたバランスにチラリとのぞく白タンクでピンクコーデの明度を上げて 白のなじませ効果は、部分使いでも威力あり。淡ピンク×ローズカラーの甘色コンビに白タンクを投入するだけで、全身が澄んだ印象に。小物も白でまとめて。タンクトップ¥5,300/エイトン青山(エイトン) ニット¥42,000/カオス表参道(カオス) パンツ¥38,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カレンテージ) ネックレス(長)¥32,000・(短)¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥22,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)濃淡のあるくすみブルーを白のロングコートでトーンアップ 白のガウンコートをばさっとはおり、くすんだブルーに明るさをプラス。コート¥37,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) パンツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥38,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥70,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(アグメス) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)黄みがかったアイボリーカラー×オフホワイトの絶妙ワントーン スリット入りのスカートとハイネックニットは、ともに少し黄みのあるニュアンスホワイト。同じくイエロー寄りのアイボリー色ブルゾンをはおり、全体を黄色系に寄せたコーデに。ブルゾンはハリのあるメルトン素材や襟と袖の折り返しがアクセントになり、ぼやけがちな白コーデを引き締める役割も。レモン色クラッチをきかせ完成度を高めて。ニット¥59,000・スカート¥34,000・コート¥120,000/オーラリー ピアス¥28,000/カオス表参道(フェイ アンドラダ) バッグ¥36,000/エストネーション(テモワール) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)あぜ編みニットのラフさがオレンジパンツを品よく中和 華やかなカラーを取り入れたい時も、ミルキーな白となら難なくまとまる。身幅広めのオフ白ニットが、ドレッシーなサテンオレンジのパンツをほどよくカジュアルダウン。ニット¥18,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) パンツ¥13,000/アンクレイヴ ストール¥39,000/アイネックス(アソース メレ) ネックレス¥39,000・ブレスレット¥28,000/アパルトモン 青山店(マラ ムクス) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥64,000/エストネーション(マローン スーリエ)【Marisol1月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora)ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹内友梨 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
関連キーワード

RECOMMEND