サステイナブル&モノトーンときどき、リラックススタイルが好き! 俳優兼活動家エマ・ワトソンの私服スナップ

SPUR.JP

映画『ハリー・ポッター』シリーズへのハーマイオニー役でハリウッドセレブの仲間入りを果たし、昨今は活動家としても注目されるエマ・ワトソン(29)。レッドカーペットやイベントで披露するドレススタイルもみ素敵だけれど、プライベートでは「サステイナブル」「モノトーン」「リラックス」をキーワードに、TPOに合わせた着こなしを楽しんでいるよう。空港やストリート、さらにはデートでキャッチされたエマの私服スナップをお届け。

頻度高く愛用するブランドはステラ マッカートニー

Photo:X17/アフロ

エココンシャスな素材でファッション界をリードしてきたSTELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)は、エマの私服に欠かせないブランドのひとつ。ステラのベジタリアンレザーのライダースを主役に、白いTシャツやチェック柄のミニスカートをチョイス。DR. MARTENS(ドクターマーチン)の8ホールブーツでバランスよく仕上げて。

ライダース:STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)
ブーツ:DR. MARTENS(ドクターマーチン)
サングラス:KREWE(クルー)

上品なモノトーンスタイルをラフに着崩して

Photo:INSTARimages/アフロ

襟付きの白いシャツやカーディガンといったカッチリした優等生アイテムには、膝上丈のショートパンツでカジュアルに振って。胸もとや脚などの潔い肌見せテクニックでこなれた雰囲気に。チェーン付きのミニバッグやMICHAEL KORS(マイケルコース)のローファーなど、小物選びはブラックというモノトーン派!

ローファー:MICHAEL KORS(マイケルコース)
サングラス:RAY-BAN(レイバン)

空港ファッションはきっちりめのモノトーンで

Photo:Backgrid/アフロ

ロンドンのヒースロー空港でキャッチされたエマは、SANDRO(サンドロ)のワンピースに、WINSER LONDON(ウィンザー ロンドン)のトレンチコートをさらりと羽織ったモノトーンスタイルで登場。マイ定番アイテムのローファーは素足履きするのがエマ流。シックなモノトーンスタイルに、DIOR(ディオール)のパイソン柄ハンドルがアクセント。

トレンチコート:WINSER LONDON(ウィンザー ロンドン)
ワンピース:SANDRO(サンドロ)
バッグ:DIOR(ディオール)
ローファー:MEANDHER(ミーアンドハー)
サングラス:RAY-BAN(レイバン)

バランスが決め手のモノトーンスタイル

Photo:Vantage News/アフロ

プライベートのエマを、ロンドンのボンドストリートでキャッチ。白いシャツの上に、ボリューミーなDEREK LAM(デレクラム)のポンチョをオン。下半身はスキニーデニムをロングブーツにインさせてすっきりとしたコーディネートを披露。手に持ったショッパーから、愛用ブランドのSTELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)でショッピングをしていたことが窺える。

ポンチョ:DEREK LAM(デレクラム)

ニットから覗かせたボーダーがおしゃれ

Photo:Splash/アフロ

ディナー後、レストランの入り口付近でキャッチされたエマ。この日は得意のモノトーンスタイルをひと工夫。ニットから覗かせたボーダーのカットソーを主役に、ニット、アンクル丈のパンツ、ロングコート、バッグ、MEANDHER(ミーアンドハー)のローファーとすべてブラックでまとめて。カジュアルだけどフレンチシックな装いがお似合い。

ローファー:MEANDHER(ミーアンドハー)

イギリス人女優はチェスターコートがお似合い

Photo:INSTARimages/アフロ

ジョン・F・ケネディ国際空港に到着したときのエマがこちら。タートルネックやスキニーデニムをブラックでまとめて、ひざ丈のチェスターコートはベージュカラーをセレクト。足もとはGUCCI(グッチ)のビットローファーを素足で履きこなして。

コート:JOSEPH(ジョゼフ)
ローファー:GUCCI(グッチ)
サングラス:RAY-BAN(レイバン)

シンプルながら攻めたモノトーンスタイル

Photo:Getty Images

ロサンゼルス空港でパパラッチされたエマは、デザインにひと癖あるTIBI(ティビ)のニット×パンツスタイルで登場。ネイビーのラインが効いたニットは、コンパクトなサイズ感がおしゃれ。パンツは機内でもリラックスできるような柔らかい素材に、裾が特徴的なデザインをチョイス。色使いはシンプルで、エマのモノトーン好きが感じられる。

ニット&パンツ:TIBI(ティビ)
バッグ:ALEXANDER MCQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)
サンダル:TABITHA SIMMONS(タビサシモンズ)

リラックス感のあるパンツに白いスニーカーを合わせて

Photo:Backgrid/アフロ

前に同じくロサンゼルス空港でキャッチされたエマは、個性的なRVCA(ルーカ)パンツをメインに、黒、グレー、白などのモノトーンカラーのアイテムをコーディネート。フライト時間が長いのか、いつもよりもリラックスした装いが印象的。服のテイストに合わせて白いスニーカーをチョイスし、クリーンな印象に。

ニット:T BY ALEXANDER WANG(ティー バイ アレキサンダー ワン)
パンツ:RVCA(ルーカ)
バッグ:ALEXANDER MCQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)

スニーカー:SUPERGA(スペルガ)
サングラス:DITA(ディータ)

「できる女」の攻めたデートスタイル

Photo:INSTARimages/アフロ

当時の恋人ウィリアム・マック・ナイト(39)とのデート現場をキャッチされたエマ。タートルネック×デニムで味気ない?と思ったら大間違い。体にフィットしたタートルネックはうっすらと肌が透けた素材で、とってもセクシー。SIMON MILLER(サイモンミラー)のデザインデニムでカジュアルダウンさせたところがニクイ!

デニム:SIMON MILLER(サイモンミラー)
シューズ:TIBI(ティビ)

ワンピーススタイルは甘いだけで終わらせない!

Photo:Getty Images

コート・ダジュール空港にて、白いワンピース姿のエマをキャッチ。パンツスタイルが多いエマだが、ワンピースも選ぶのはやっぱり無地。膝上ミニのAラインはボディラインを引き立て、すっきりとクリーンな印象に。バッグやショートブーツはブラックでまとめて。

ワンピース:A.L.C.
ブーツ:TABITHA SIMMONS(タビサシモンズ
サングラス:RAY-BAN(レイバン)

ファッションでエコフレンドリー宣言!

Photo:Instagram(@the_press_tour)

オーバーサイズのコートは、STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)のもの。ニット、スニーカーは、リサイクルできる素材やエコレザーから作られたアイテム。エマのスタイリングチームが運用しているインスタグラム「@the_press_tour」では、エマが着用したサステイナブル・ブランドのアイテムがチェックできる。

コート:STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)
ニット:FILIPPA-K(フィリッパ・コー)
スニーカー:GOOD GUYS DON'T WEAR LEATHER(グッド ガイズ ドント ウエア レザー)

活動家としてのメッセージをTシャツに込めて

Photo:Instagram(@emmawatson)

絵画「ヴィーナスの誕生」に、「MY BODY, MY CHOICE(自分の体は自分で選ぶ)」のメッセージがコラージュされたフェミニズムTシャツは、RATEESHIRTというブランドのもの。エマは着用した写真をインスタグラムに投稿し、ボディポジティブをアピールした。

Tシャツ:RATEESHIRT
スニーカー:VANS(ヴァンズ)

心揺さぶるTシャツスタイル

Photo:Instagram(@emmawatson)

「Trans Rights are Human Rights(トランスジェンダーの権利は人としての権利)」と書かれた白いTシャツの袖をまくり上げ、裾を結び、力こぶのポーズを見せるエマ。女優の枠を超えて女性活動家として活躍し続ける姿勢も、多くの人々から愛される理由のひとつ。

ランチデートはリラックススタイルで

Photo:Backgrid/アフロ

ボーイフレンドとランチデートを楽しんだ直後にパパラッチされたエマ。クロップドトップスに合わせたのは、ゆったりしたSMYTHE(スマイス)のアニマル柄パンツ。MORGAN LANE(モーガンレーン)のニットを腰に巻いたリラックスした装いにも聡明さがにじみ出ているのは、エマだから?

ニット:MORGAN LANE(モーガンレーン)
パンツ:
SMYTHE(スマイス)
サンダル:EVER LANE(エバーレーン)

春にぴったりなオールホワイトの着こなし

Photo:The Mega Agency/アフロ

2017年のメモリアルデーを友人らと過ごしたエマ。この日は、フリルが袖にあしらわれたBAMFORD(バンフォード)のチェックシャツに、FRAME(フレーム)ホワイトデニムをチョイス。足もとはSUPERGA(スペルガ)のホワイトスニーカーを合わせ、洗練されたカジュアルスタイルを実践。

シャツ:BAMFORD(バンフォード)
デニム:FRAME(フレーム)
スニーカー:SUPERGA(スペルガ)

テーマは、ちょっと近所のコンビニまで?

Photo:Backgrid/アフロ

まるでコンビニに行くような、ゆる~いファッションをパパラッチされたエマ。T BY ALEXANDER WANG(ティー バイ アレキサンダー ワン)の黒いニットに合わせたグレーのスウェットパンツはボーイフレンドの部屋着? そこにBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のサンダルをあわせ、リラックスムード全開。プライベートはとことんゆるめが好みのよう。

ニット:T BY ALEXANDER WANG(ティー バイ アレキサンダー ワン)
サンダル:BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

カジュアルなデートにぴったりなパンツルック

Photo:Backgrid/アフロ

俳優のコード・オーヴァーストリート(31)とのツーショットがキャッチされたエマは、ボーダーのカットソーを黒いスキニーに合わせて、カジュアルなデートにぴったりな装い。カメラを気にせず、手を繋ぎながら微笑むエマがキュート。

ニット:EDUN
デニム:FRAME(フレーム)
ブーツ:BALENCIAGA(バレンシアガ)

パッチワークのようなカラフルなスカートを主役に

Photo:Splash/アフロ

映画『ウォールフラワー』(2012年)で共演したジョニー・シモンズ(33)とのキスショットがキャッチされたエマ。赤、ピンク、黄緑、オレンジなどカラフルカラーのロングスカートは、モノトーン好きなエマには珍しいスタイル。ジョニーとのデートのために着用したのかも?

花柄にボーイッシュなキャップが好相性

Photo:Instagram(@emmawatson)

セピア色に加工された写真は、『ハリー・ポッター』シリーズにマルフォイ役で出演した俳優のトム・フェルトン(32)のアカウントを添えて、エマのインスタグラムに投稿された一枚。場所は明かされていないが、ハイビスカスが描かれたキャミソール型のアイテムにキャップを被り、自然な笑顔を浮かべる姿はまるで恋人が撮影したよう?

プライベートはやっぱりモノトーンが落ち着く?

Photo:Instagram(@emmawatson)

猫を抱えたキュートなショットは、エマのインスタグラムに投稿された一枚。カッチリしたイメージのある白いシャツ×黒いパンツだけど、体を締め付けないゆったりしたサイズをチョイスすることでリラックスした雰囲気に。仕事では華やかなドレススタイルが多い分、私服ではシンプルなモノトーンが落ち着くのかも?

>>エマ・ワトソンに関する記事はこちら

>>お洒落の相棒はデニムに決まり! ヘイリー・ビーバーのシグネチャー、デニムスタイル

関連記事
  • 一生ものからデイリー品まで、少しづつ集めてる私のジュエリーをご紹介します。こんにちは、Fumikoですᴗ̈ 気づけば1月も後半戦、早いなーー! 今期はSALEを一切買っておらず、、 でもヘアアクセをオンラインでちょこちょこ買ったり、春物をネットパトロールしたりして、気分を上げてます⤴︎⤴︎ 購入したヘアアクセは届き待ち中なので、また近々ご紹介しますね⍢ 今日は私のジュエリーのご紹介を。 ジュエリーは大好きで、これは一部なのですが、そのうちの2ブランドを♡私はイエローベース(パーソナルカラー)なので、基本goldがベースで集めてます。 基本、goldが多いのですが、silverとの重ね付けが好き! あと、マットな素材感や無骨なものが好みで、ついつい似たようなものが増えちゃいます!AFTER SHAVE CLUB/アフターシェイヴクラブ (薬指の2つ以外全て) 日本人デザイナーによるNY発のジュエリーブランドで、オールハンドメイド。 デザイナーのちえみさんのジュエリー重ね付けスタイルがとても素敵で、私もマネしたくなっちゃいます♡ ネックレスレイヤードも好きです♪こちらのヌメのヘアカフもお気に入りちゃん薬指につけたリングは、 エンゲージとマリッジリングです。 普段にも気軽につけれるようなものをセレクトしました♡エンゲージリングは、デザイナーのマルコムさんが選んでくれたもので思い入れが♡旦那さんは会計時に値段知る。笑MALCOLM BETTS/マルコムベッツ 英国初のジュエリーブランド。 右の上:エンゲージリング ゴールドとプラチナのリングに1石のダイヤモンド。 右の下:マリッジリング 外側がプラチナ、内側がイエローゴールドで、異素材の組み合わせがなんとも♡ 左:自分で購入したもので、マルコムの定番リング ピアスは、マスクの上げ下げで毎回引っ掛かり、もぉーもぉーーーってなるし、急いで引っ張ったりすると、ピアスのキャッチャー危うくなくしそうだし。。 でもでも、ジュエリーもマスクもファッションの一部なので、落ち着いて大事にしていこう!笑 最後までご覧いただきありがとうございました⍢ 寒い日が続きますので、温かくしてお過ごしくださいね。 Fumiko☆ ーーーーー☆ーーーーー Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたら嬉しいです⍢ →@fstandard.fumikoAFTER SHAVE CLUBMALCOLM BETTSNo.199 Fumiko
  • 可愛すぎるゆえ、non-no公式SNSで突然始まった(!)一晩限りの表紙写真投票。皆さんの拡散&投票のおかげで今回の表紙が決定しました! ■ InstagramとTwitterでいきなり始まる!インスタのコメントは700件超え、Twitterは1700いいね超え、たくさんの反応をいただきました! コメントも数えさせていただいております♡決定写真はこちら!!これまでにない自然な表情が新鮮な1枚 こちらのカットの撮影テーマは『ナチュラル』。背中が大きくあいたドレスは体にフィットしてとってもきれいな形でした。いろんなポージングを試すなかで、このくるんと丸まったポーズが可愛すぎて大盛り上がり。いつもはきゅっと目力の強いふみふみの、ふっと抜けた表情も魅力です♡ ワンピース¥22000/Rosary(Rosarymoon) イヤカフ¥15800/KNOWHOW jewelry(ノウハウ)あまりにも接戦だったのでこっちも表紙デザインしちゃいました!プリッときゅるんなふみふみ200%♥ こちらの撮影テーマは『カーヴィ』♡ きゅるんとした表情と、バレエで鍛えた体幹が作る流れるようなラインが圧巻! ブルーがよく似合うふみふみにぴったりの今季らしいギンガムチェックの衣装で、フレンチなムードも意識しました! ふみふみも世界観を意識してちょっとツンとした表情をたくさん見せてくれたよ。 カーディガン(2月上旬発売予定)¥5400/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ボディスーツ¥10000/theVirgins パンツ¥14000/シャルル シャトン ラフォーレ原宿(シャルル シャトン) ネックレス¥2500/bad hair day まずは皆さんたくさんの投票をありがとうございます! こんなに反応いただけると思っていなくて驚きました♡ 自分ではAはモテそうで可愛いな、Bはふみかさんっぽいなあと思っておりました(笑)。どっちも好きでどっちも全然違うよさがありますが、今回私は悩みながらも決定したほうにこっそり投票していたので、決まった時はうれしかったです! モデル/馬場ふみか 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/鈴木海希子 スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • Iラインを意識したバッグやコートで美スタイル見えをアシスト!着回し力抜群のスリット入りニットワンピースをヘビロテ中。カジュアルすぎない衿つき&Vネックに、一枚でも素敵に着られるレベルの大胆なスリットが魅力♡ だからボトムとのレイヤードも楽しみつつ、ワンピ一枚でさらりと大人っぽく着こなしたい日も。そんな時は迷わず旬のロングブーツ合わせで、手軽に今どきなバランスコーデに。あとはくすみトーンのカラーコートやバッグに巻いたスカーフ、華奢なアクセで上品な華やぎを添えれば完璧。ショルダーバッグからスカーフを長めに垂らした縦ラインやロングコートのおかげで、すらっと美スタイルに仕上がって大満足♪ ワンピース¥7990/ロコンド(MANGO) コート¥7900・バッグ¥3200/ラコレ 靴¥82000(ネブローニ)・スカーフ¥12000(マニプリ)/フラッパーズ イヤリング¥1300/お世話や(OSEWAYA) ネックレス¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード)飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 企画・原文/青山玲子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 毎日をハッピーにしてくれるバイヤーのおすすめコーディネイトをご紹介! 『無難すぎない』のに着こなし簡単!デザインニットでこなれ感UP marjour 肩から降りたリボンをウエスト位置で結ぶデザインのニットがポイントのコーディネート。すっきりしたシルエットなので、コートの中に着てもゴワつかずストレスがありません。ダウンコートやウール系の厚手のコートの中に着るのにもぴったり! ・marjour/FRONT RIBON KNIT PULLOVER/¥6,800+税・marjour/WRAP SKIRT LAYERED PANTS/¥6,000+税 オーバーデニムジャケットで着崩すハイセンスコーデ! GALLARDAGALANTE 合わせ方次第で表情の変わるヴィンテージライクなオーバージャケット。エフォートレスな雰囲気漂う上品なニットワンピースを合わせてモードな雰囲気に。 ・GALLARDAGALANTE/デニムジャケット/¥28,000+税・GALLARDAGALANTE/ファインウールニットワンピース/¥20,000→¥14,000+税(30%OFF) ラメ素材のプリーツスカートで春を先取りスタイル UNITED ARROWS ゆったりニットはサイドスリット入り。トレンドのバンドカラーシャツをレイヤードするのがおすすめです。ラメ素材のプリーツスカートは、ドレープが美しくシアー感がポイント!春を先取りできるおすすめのコーディネートです。 ・UNITED ARROWS/UWCC ラメ ニットプリーツ スカート†/¥21,000+税・UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税・UNITED ARROWS/UWSC スタンドフリル ブラウス 21SS†/¥16,000+税 春を意識させる上品なホワイトコーデ MACKINTOSH LONDON コートの下から見せるホワイトのワントーンカラーで春を意識したフレッシュなコーディネート。フーデットコートにウールナイロンブークレーのインナーがセットになったアウターは、2枚レイヤードでも別々でも着用できる嬉しい3WAY。春まで着られておすすめです! ・MACKINTOSH LONDON/【FEATHER-TECH PAC】ストレッチタフタ3WAYコート/¥90,000→¥72,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ウールニットリブクルーネックプルオーバー/¥26,000→¥21,000+税(20%OFF)・MACKINTOSH LONDON/ポリエステルレーヨン2WAYストレッチパンツ/¥29,000→¥20,000+税(31%OFF) この特集のアイテムをまとめて見る The post #2021/1/20 明日なに着てく?30代 40代 大人のトレンドコーディネート first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • ~2021春夏先行受注会~おすすめ商品をLEEマルシェからご紹介♪ #2021年春夏受注会「これ買い!」 気分を明るくする2021年春夏アイテムの先行受注会が始まりました! LEEマルシェよりオススメ商品を一足早くご紹介します♪ 春先に活躍してくれるアイテムなので是非お早めにチェックしてみてください! ガーメントウォッシュ加工サーマルワンピースドレス  Champion サーマルワンピースドレス Championサーマルワンピースドレス¥7,500+税 ご購入画面へ 冬は空気を含んで暖かく、春は肌あたりがさらっとして快適なサーマル生地のワンピース。ドロップショルダーとサイドのスリットが旬なシルエットです。胸には同色でさりげなく、おなじみのChampionのロゴマーク入り。ボトムスとのレイヤードでも、暖かくなってきたらソックスとスニーカーで、3シーズン活躍してくれる1枚です。 先行受注会ページはこちら LEEマルシェ セール会場はこちら LEE TOPへ The post ~2021春夏先行受注会~おすすめ商品をLEEマルシェからご紹介!#2021年春夏受注会「これ買い!」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • ザ・ノース・フェイス パープルレーベルが、2021年春夏コレクション「ザ・ウィンド アンド トレイル」を全国の店舗および公式サイトにて発売中だ。同ブランドは、ザ・ノース・フェイスの名品をさらに進化させたアウトドアカジュアルを提案。アウトドアギアの機能性やデザインフィロソフィーを、時代のムードにあったシルエットに落とし込んでいる。 65/35 Mountain Parka ¥33,000、Shirt ¥15,800、Bandana ¥2,800、Webbing Belt Pants ¥18,800(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)2021年春夏シーズンは、都会で機能するアウトドアウェアがテーマ。定番アイテムに加え、ノマド(遊牧民)のように自由な感覚で着用できる、ジャンルレス・シーンレスなアイテムが登場した。家にいる時も、外出する時も着回しのきく、汎用性の高いアイテムを取り揃える。 また、2020年秋冬シーズンに引き続き、自然環境へ配慮した素材開発をブランドの指針に掲げ、できる限り環境に負荷を与えない素材を採用。薬剤を使用しないオーガニックコットンや、リサイクル原料のナイロン、ポリエステル素材を積極的に採用した。 Midweight 65/35 Mountain Coat ¥37,000(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)ブランドを象徴する素材である「65/35ベイヘッドクロス(ポリエステル65%、コットン35%)」をコアマテリアルとして位置づけ、アイテムを幅広く展開。さらに、ベイヘッドクロスをより軽くした、ミッドウェイトの素材を採用したカーディガンなども登場。日常における機能性を追求したラインナップは、オン/オフ、アウトドア/インドアの区別なく着用できそう。ステイホームがまだまだ続きそうな中、こんなウェアで快適に過ごしてみては? Pack Field Sweater ¥22,000(その他参考商品)/ナナミカ 代官山(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)ナナミカ 代官山https://www.nanamica.com/03-5728-6550 text: Fuyuko Tsuji
  • この1月は、肉眼以上に克明な映像で作品に迫ったり、アートの真髄に迫る良質なドキュメンタリー映画が豊作。取り上げるのは、王道かつエクラ世代に刺さる作家ばかり。今季の映画鑑賞の候補にぜひ!先の見えないコロナ禍。名作を求めて世界の美術館を巡る旅なんて、いつできるやら……。と、ため息をついている人に朗報! 2021年の年始からアート関連映画が続々とラインナップされ、あなたの街の映画館でアートに浸るという方法があるかも。アート映画というと、画家の生涯や作品めぐるストーリーを描いた再現ドラマもあるが、今回はドキュメンタリーにフォーカスして4作品をご紹介。よりアカデミックに、より間近に作家&作品に迫れるドキュメンタリー映画は、知的好奇心の翼を広げ、縮こまっている心を解放してくれること間違いなし。                 (1)『ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年展』(2020年/95分) 没後500年と作品の新発見も重なって、イタリア盛期ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチが大きな話題となった2019年。ルーブル美術館では空前絶後の大規模回顧展が行われ、何と107万人が殺到(史上最多動員を記録!)した。チケットは発売されるやいなや予約殺到でプレミアがついて入手困難となり、「行きたかったのに〜!」と涙を飲んだパリっ子、アートファンが続出。そんな歴史的展覧会を、準備段階から足掛け10年以上も関わり続けたキュレーターを案内役に、じっくりたっぷり鑑賞できるのがこの映画だ。© Pathé Live誰もいない真夜中の美術館で撮影された名画を、映画館のゆったりシート見られるなんて、至福以外の何ものでもなし。ふだんの美術館なら警備員に肩を叩かれそうな近距離まで、カメラはグングン近づいていく。圧倒的な映像美、大スクリーンの迫力、知らなかった事実を次々と教えてくれる名解説。その解説も多弁すぎず、映像の流れで自然と世界に入っていけるのが、映画のエンタメ感ならでは。……というわけで、ダ・ヴィンチ芸術と“本当に出会う”ためのお膳立ては、すべてここに整えられているので、あとは映画館に行くだけ! 本作品は、現在絶賛公開中! 上映館は公式サイトでご確認ください。 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 監督: ピエール=ユベール・マルタン 制作:パテ・ライブ 広報協力:ルーブル美術館●『ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年展』公式サイトはこちらから。                                     (2)『アート・オン・スクリーン』シリーズより 『天才画家ダ・ヴィンチのすべて』/『ピカソがピカソになるまで』/ 『フリーダ・カーロに魅せられて』あまりにも有名すぎるアート作品のあれこれも、アーティストの人生や制作背景に焦点を当てて見ると、よりヴィヴィッドな楽しみ方ができるもの。そうした美術のアナザ・ワールドを見せてくれるのが、ドキュメンタリー映画シリーズの『アート・オン・スクリーン』。そのうち、1月末から順次公開されるのが「時代を創った芸術家たちの作品とその背景」をテーマにしたこちらの3本。 『天才画家ダ・ヴィンチのすべて』 (2019年/102分) こちらも作家の没後500年記念の映画。修行時代を含め、ダ・ヴィンチ作とされる現存のマスターピースが年代を追って見られ、作風の変遷も一目瞭然。現地ミラノに行かないと見られない『最後の晩餐』やアッセの間の天井画に加え、先述のルーブルでの展覧会に出品予定だったのに直前に中止となり、現在は行方不明ともいわれる最後の作品『サルバトール・ムンディ』さえ詳細に見られて感動必至。 『ピカソがピカソになるまで』 (2019年/91分) 美術教師だった父の影響下で技術を磨いた幼少期から、人生に苦悩し表現を模索し続けた「青の時代」、そして「バラ色の時代」など、ピカソがどのように芸術家人生を歩んでいったかに迫るもの。25歳の時に描いた傑作で、後に“現代絵画の出発点”と評価される『アヴィニョンの娘たち』にまつわるエピソードは必見。 『フリーダ・カーロに魅せられて』 (2020年/90分) インパクトの強いセルフポートレートのシリーズのせいか、つい「知ってる」と思いがちなフリーダ・カーロの芸術。しかし、わたしたちは本当に彼女を知っていたのか? そう思わざるを得ないほど、詳細にこの稀有な女性作家を伝えてくれるのがこの映画だ。日記や書簡も紐解きながら、魅惑的で激しく、でも壊れやすいフリーダを解き明かしていく。今や『フリーダ・カーロ博物館』となった生家「青い家」ほか、臨場感たっぷりの映像で、時空を超えて旅した気分に。 1/29より順次公開。作品ごとに公開日が異なるため、スケジュールおよび上映館は公式サイトでご確認ください。 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン●『アート・オン・スクリーン』公式サイトはこちらから。文/大輪俊江
  • だーりお&paku☆chanがセレクト! とれたて新色で、春顔にアップデートメイク春といえばモテや可愛い旋風が起こるけど、今季は大人っぽく芯のある女性が合言葉になりそうな兆し。押さえるべき新コスメ&テクを一挙見せ!ブラウス¥14000/HONEY MI HONEY イヤリング¥10500/アーバンリサーチバイヤーズセレクト(ニナ・エ・ジュール)この春はくすみピーチピンクで新しい自分を発見【EYE】❶の右下を細チップで二重幅にON。❶の右上と左上をブレンドし、際からアイホールに向かって塗り広げる。下まぶた全体に❶の右下を細チップの先端を使ってライン風に入れる。濃い色→淡い色の順に重ねて抜け感を演出。上まぶたの際に❷で極細ラインを描き、目尻の三角ゾーンを埋める 【EYEBROW】❸の左で眉の毛流れを整え、上から❸の右をふわっとかぶせて淡めの太眉に 【CHEEK】❹の中央部分の色をブラシに含ませ頬骨を囲むようにひとはけ。そのまわりを囲むように❹の外側のハイライトを広めに重ねる 【LIP】❺を直塗り❶色展開と繊細なツヤ感が今季らしい。シグニチャー カラー アイズ 04(1/8発売)¥7000/SUQQU❷炭インク処方でソフトマットな発色。ミネラルスムースリキッドアイライナー ピンクグレージュ(1/6〜限定発売)¥2700/エトヴォス❸ワックス&パウダーで立体眉に。アドバンスドアイデンティティ ブラウシェー ピングデュオ 05(1/13発売)¥3800/THREE❹グラデチークカラーで顔全体の血色を引き上げて。コフレドール スマイルアップチークスS 05(2/16発売) ¥2300(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品❺人気のプランパーにウルトラピンクが仲間入り。ディオール アディクト リップ マキシマイザー 022(2/11発売)¥3700/パルファン・クリスチャン・ディオール❻シックなパールピンク。アナ スイ ネイルカラー 320(1/4発売)¥1800/アナ スイ コスメティックス(右)モデル 内田理央本誌でも人気のモデル&女優。サブカル全開のYouTube「だーりおCHANNEL」がバズり中(左)ヘア&メイク paku☆chan『Three PEACE』所属。緻密な理論とメイクの常識をくつがえすオリジナルテクニックにファン多し[理央]カットソー¥10000/HONEY MI HONEY ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物) 河野 望(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/内田理央 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/佐藤 梓 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
関連キーワード

RECOMMEND