吉川千明さん(後編)/リーマンショックとすべてを手放すまで

OurAge

OurAgeの人気連載「ハッピー女神プロジェクト」を執筆してくださっているオーガニックのスペシャリスト、吉川千明さんのインタビュー、後編です。

吉川千明(よしかわちあき)/美容家、サスティナブルライフ水先案内人
1959年生まれ。自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案。オーガニックビューティの第一人者として知られる

前編はこちら

1997年、オーストラリアを代表するオーガニックアロマブランド、「ジュリーク」ショップ青山がいよいよオープンします。契約からオープンまで、想像を絶する苦労があったといいます。

「佃に出したプライベートサロンが大当たりしておかげさまで大人気になり、その時に扱っていたジュリークの商品が本当によく売れたんです。『これは専門のショップを出した方がいいな、ジュリークのお店があったら大ブレークするだろうな』と直感しました。そこで正式に、オーストラリアのアデレードにあるジュリークの本社に申し入れたところOKがでて、日本で初めてのジュリークの旗艦店を青山に出すことになりました。

ところが、家具はすべてオーストラリアから空輸されたものを使わなくてはいけない、全製品、店いっぱい買わないといけないなど、いろいろ桁違いなことが起こりました。でも、もうやるしかない! と腹をくくりましたね。誰かに資本参加してもらっているわけでも出資してもらっているわけでもありません。ほぼ個人で100%出資。以後、このブランドを広げなくてはと白金台、日本橋、新宿伊勢丹、とジュリークのお店を出していきました」

吉川さんは「直感」という言葉を使いましたが、単に勘がいいわけではありません。現場で見て、お客様の様子をよく見ていたから、確信できたのです。

同時に経営していたエステサロン「ビオパスカル」は、当時「予約の取れないサロン」として本当に大人気でしたが、その間も、吉川さんは美容に関してあらゆる角度から勉強も続けていました。エステのディプロマ(卒業証明書、専門知識の所有者であることを保証するもの)はもちろん、アロマテラピー、メディカルアロマ、植物療法、調香、マクロビオティック、そして漢方も。

「受験生並みに勉強した」という吉川さんの「学び力」に驚くばかり

「フランスの植物療法を勉強していた頃かな。テキストに出てくる西洋のハーブが日本にないものが多かったんです。その勉強が何か机上のことに思われて。何かもっと日本の地にあった植物療法があるのではないかと考えていたとき『あ、漢方がある!』と気がつきました。それで、漢方を勉強するとすごく面白くて。OurAgeで漢方の記事を連載している樫出さんは当時から知り合いでしたが、仕事を一緒にすることがあり、彼女のカウンセリングを隣で見ていて、『人は薬で治るのではなく、きっかけをつかみ、患者さん自身が自分で治っていく』ことを確信したんです。それはエステサロンをやってる中で感じたことと同じ。

それで、鍼やアロマも融合した女性専用の漢方薬局を作りたくて、銀座並木通りに『若草漢方薬局』をオープンさせました。誰かの資本ではなく、自分たちだけで銀座に出すというのは大変なことだったわけですが、なぜ銀座だったかというと、私がお世話になっている対馬ルリ子先生のクリニックの近くがいいと思ったから。私は漢方だけに偏りたくなくて、西洋医療を行う対馬先生のクリニックがあるその場所で両方を補完できたらいいな、と思ったんです。樫出さんには初代店長になっていただきました。誰に資本投下資本参入してもらうわけでもなく、自力ですから、常に背水の陣ね」

この薬局も大人気となり、オープン前から半年先まで予約がいっぱい。エステサロンのビオパスカルとジュリークショップも同時に経営。しかし、好調なお店とは裏腹に、この頃から吉川さんは更年期がつらい時期に入り、仕事と家庭の狭間で心身ともに疲弊していたそうです。

「リーマンショックって、美容関連の記事ではなかなか見ない単語だと思いますが、2008年にやって来たあれは、私の事業にも大きな打撃を与えました。私が美容の仕事で得た利益もマンパワーも漢方薬局に投じ、美容の世界の私が、『漢方』という『薬』の世界に入り、奮闘していたわけです。決して業績が悪かったわけではなかったのですが、子どもの頃の経験(家業の倒産)でかなり私は怖がりになっていたと思います。と同時に、更年期でとにかく体調が悪い。外に向けては会社の顔としてメディアにもでるけど、家ではちゃんとしないと家族に申し訳ないという気持ちで、やりすぎてたのかな。家庭もうまくいかなくて。このままだと鬱になるかも、というところまで追い込まれて。今、思うと2度と作れないようなよい漢方薬局でしたが、薬局は閉めることにしたんです。今思えば、辞めなくてもよかったかもしれません。更年期の被害妄想! だったのかもしれませんね」

結局、「在庫も持たない、人も雇わない」と仕事をすべてリセットし、2008年にオーガニックコスメのPRルーム「ビオ代官山」を設立します。

「大好きな美容の世界で仕事を始め、自分で施術をして、化粧品を選んで、スタッフを教育して。人もよく育ったし、売り上げも伸びました。お店も出して会社は大きくなっていきましたが、私の体調は悪かったし、大きな病気にはならなかったけれど、小さい病気をたびたび繰り返しました。ストレスチェックを受けてみたら、深刻度は5段階中5! 夫と始めた会社だったけれど、船に船頭は二人は要らなかったんですね。結局、ビオパスカルは閉じ、ジュリークは夫が引き継ぎました。そして、まだ離婚はしていませんが、すべてを離れ、自分だけの仕事をスタートさせることに決めました。在庫も持たない、人も雇わない。それで2008年にオーガニックコスメのPRオフィス『ビオ代官山』を立ち上げました。今までやってきたノウハウを総動員して、コンサルやセミナーをしたりする会社です」

ビオ代官山のオフィスにて。「これは確か」というオーガニックコスメが並ぶ

自ら機会をつくり、機会によって自らを作る

リクルートでアルバイトをしていたときに出会ったこの言葉。自分に投資し続けて、最高の学びを得てきたという吉川さん。

「この言葉がインプットされてよかったと思っています。自分に未来がないと思うより、やればできる、って思えるじゃないですか。私はやりたいことは『絶対にやる』と思うし、あえて機会を作って、そこに自分を放り込んじゃう。勉強も同じです。『時間を見つけて少しずつやろう』なんて思ってたらいつまでたってもやらない。だから私は自分に最大限投資して、学びの機会をたくさん得てきました。大変でしたよ、最近とった、メノポーズカウンセラーやオイルソムリエの試験など、朝からカフェに行ってテキストにトレーシングペーパー貼って黒く塗りつぶしたり、お風呂の中でも勉強したり。でも、最高の知識を得たいという欲がすごかったんだと思います。資格マニアでは全くないの(笑)。でも気がついたら、いろいろとっていました」

今もその学びは続き、メノポーズカウンセラーの資格も取ったそうです。

メノポーズとは英語で更年期、閉経のこと

「更年期は辛かったけど、こうして仕事にも結びついてるから結果としてよかったのかな(笑)。37歳からプレ更年期が始まって52歳の閉経まで15年。長かった。当時、日本で解禁されたばかりの低用量ピルを服用して、なんとか改善していましたが、40代半ばを過ぎると肌は乾燥してボロボロになり、喉も目も、口もデリケートゾーンも潤い不足。冷えはますます深刻になって、頻尿にも悩まされました。中耳炎とヘルペスも頻繁に繰り返し。本当に辛かった。その最中に漢方薬局を立ち上げて畳んで離婚して。今思うと壮絶な時期でしたね。」
吉川さんが勉強し続けるのは、自身が苦労をしたからこそ、“正しい情報”をきちんと伝えたいという想いがあるのだそうです。

「自分が悩んでいるときに、間違った情報に惑わされると余計に辛くなります。だから私は『このジャンルに関して、私は間違いなく専門家で、みんなを安全なところに誘導しますよ』と、女性の皆さんのお役に立てることを、この先のライフワークにしたい。だから学ぶことはこの先も続くでしょうね。ビジネス書も読むようにしてるんですよ。ほら、おばさんだからってITに弱いとかダメでしょ(笑)」

ときどき書店に行き、気になる本をチェック

吉川さんはご自身を「女性の健康応援団」だと言います。吉川さんの人生にギュッと凝縮された“本物の知恵”を、これからもOurAgeをはじめ、さまざまな場所で、たくさん発信してくださるそうです。

吉川千明さんの連載「ハッピー女神プロジェクト」はこちらから

お二人が114分語っています。

「産婦人科医の対馬ルリ子先生と私で「女性ホルモン塾」が動画となって発売されました。
女性の心と体のケアについて語っていますので、ぜひ、これも参考になさってください。
https://w-wellness.thinkific.com/courses/020328

撮影/山田英博  構成/島田ゆかり

関連記事
  • キャリアの高みへ。下半期は最強の自分に  とにかく仕事運がいい!というのが2020年の牡羊座。この「いい」というのは、ただツイているというわけではありません。重みがあって、 深くて、たぎるような熱さに満ちていて……と、ボリュームがある感じ なのです。’17年あたりからプレッシャーあり、試練ありの環境でずっと 頑張ってきたあなたに、希望の光が差し込みます。これまでよりずっとやりやすくなりますし、難しいことをクリアする自己効力感がやる気を後押しするのです。苦しい思いのなか、それでもまっすぐに目の前の状 況と向き合ってきた人ほど、ここで得られるものは大きいはず。  まずは、達成したい目標を決めること。それから「うまくいっていい」 「報われていい」という気持ちを大切に、欲張りに目指すキャリアをつかみ取っていきましょう。あなたが目指すのならば、今後12年のキャリアの推進力となる、手堅いベースをつくることも可能なはずです。  特に年の後半である7月以降は、あなたの長所が強くまっすぐに発揮できる最強の時期。通常、こうした星回りは1カ月半くらいのことが多いのですが、’20年の牡羊座の人の場合は半年以上、’21年1月7日まで続くという大盤振る舞いです。仕事はもちろんですが、趣味やかなえたい夢など、あなたが生きる過程で大事にしたいあらゆるものが対象となります。人間関係だけはガツンといきすぎると衝突も……というのが若干心配なところではありますが、その熱意こそが誰かを動かす、ということもあるのでしょう。やる気、勇気、熱意を全部出しきっても十分に見 合うくらいにチャンスも巡ってきます。やりたいと思った瞬間、あれこれ逡巡する前にまず体が動いてしまう。そんなあなたらしい瞬発力もストレートに発揮できますから、すごく気持ちがいいはず。ぜひ、楽しみにしていてくださいね。  こうした勢いのある時期ですが、冒頭でも述べたように、’20年は「本 物の努力」をやりきることに重きが置かれる年です。あなたは自分の信念に従ってまっすぐ努力できる人ではありますが、勢いだけになってはいないかどうか、ときどき振り返る時間を持つとよさそうです。そのためにも「習慣」と「時期」、ふたつの観点から自分を点検すると有効です。  まず「習慣」については、積み上げ型の努力を必ずひとつ、つくっておくこと。「毎日、これだけはやる」ということです。英単語をひとつ覚えるでも、本を10ページ読むでもいいです。なんでもいいから継続すること、それがあなたを支えてくれます。「サボりは3回までノーカウント」 など、継続しやすくする工夫もお忘れなく。次に「時期」については、 9月から11月半ばの時期を上手に利用しましょう。自分は自分が求めるところにまっすぐな心で向かっているだろうか……。こうした自問自答や「ほころびを補強する」ような動きに向いているときなのです。この時期は自分からガンガンいくのではなく、他者からのアドバイスやちょっとしたひと言を、受け止めてみるといいでしょう。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • 飛躍の一年を前に、とことん視野を広げておく  検索すればなんでもわかる時代に、旅をする意義ってなんでしょうか。 危険な場所、神聖な場所、遠い遠い知らない国も、データや写真、映像がその姿を教えてくれます。それでも旅をするのは、その場に身を置いて、匂いや温度、色などを五感でキャッチして初めて生まれる思いや発見、そこに去来する思いなどが化学反応を起こして、私たちに深い感動や生きるヒントを与えてくれるからだろうと思います。  2020年のあなたは、旅をすることが多くなります。まだ見たことのない場所に足を運び、普段とは違う文化に刺激を受け、たくさんの思いを胸に抱くことになるのでしょう。実際にいろいろな場所へ足を運ぶということだけでなく、勉強や思索などを通して脳内で壮大な旅をする人もいるでしょうね。とことん自由に、行きたい場所に足を運び、学びたいものを学んでいくとよろしいかと思います。そうすることで得られるものは、ふたつあります。  ひとつは、自分がより生きやすくなる「ヒント」が見つかること。私たちは日々生きるなかで、いろいろな人の影響を受けたり自分の限界を知ったり、失敗を恐れたりすることが原因で、小さくまとまってしまうことが多々あります。「これが私の人生であり、これしかないのだ」という発想をもし持っているのなら、’20年の旅や学びが「こういう生き方だってアリじゃない?」と、教えてくれるのです。自分が知らず知らずのうちに、いろいろな既成概念にからめ捕られていたことに気づいたら、 それはチャンス。’19年から’25年にかけて、自分自身を自由に解き放つ運命を生きる牡牛座の人々にとって、自由を獲得する絶好のタイミングなのです。もうひとつは、視野が広がること。ちょっと(相当……)気が早い話ですが、牡牛座の人々には’20年末から’21年にかけて、仕事運が素晴らしい盛り上がりを見せる時期が巡ってきます。今後12年のキャリアを自分が納得のいくものにできるよう、ガツンと集中して力を発揮できる時期なんですね。ただ、人間は誰しも、自分が想像できる範囲でしか物事を考えることはできません。胸に、頭にないことは目標として掲げることもできないのです。だからこそ、視野がぐーっと広がる’20年に、 広げられるだけ広げておきましょう。  仕事は3月から7月にかけてが頑張り時。ここでは「スピーディに要領よくこなす」ことではなく「じっくり時間をかけて本質を追求する」 ことが求められます。自分に何が求められているのか、何をすべきかを徹底的に考え、ボトルネックがあればそれを根本的に解決する必要が出てきます。あなたにしては多少、思いきった選択をする暗示が出ていますが、それはおそらく正解です。あなたは安定を好む人ですが、この時期は最初から安定を目指してしまっては、取りこぼすことも多いのです。 多少大胆なことをしても、この時期のあなたであれば、後から十分回収できます。それだけの運がある時期ですから、きっと大丈夫。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • 自分のルールから、あえてはずれてみること  聡明な頭脳と抜群のコミュニケーション能力で、さまざまな人と関わりを持って世の中を渡っていく双子座の人々。興味があればフットワーク軽く出かけますし、人と人を結びつけるのも得意ですから、びっくりするほどの人脈を持っていたりすることも多いものです。2020年はこうした双子座の特徴が、少しイレギュラーな様相を見せるとき。誰かの心のなかにぐいぐいと分け入る、ということを自ら選んでいきそうなのです。双子座の人々にとって、これらはかなり勇気のいることです。束縛を嫌い、さらりとした関係を信条としますから、本気で気が進まないという人は多いでしょう。「深入りする」「振り回される」といったような、ネガティブな感覚すら伴うかもしれません。  ただ、こうした課題はおそらく、初めて味わうことではないだろうと思います。おそらく’17年末頃から、あなたは繰り返し――相手はさまざまだったかもしれませんが――求められ続けていたのではないでしょうか。あるいは、かつて経験した「関わり」を巡る衝突や苦労を、身にしみて思い出していたかもしれません。頑張っていましたよね。軽やかにさらりとした人間関係を築いていくのは得意でも、深い関わりは苦手で本能的に避ける。’20年はおそらく、こうした自分をさしおいても「関わりたい」と思える人が現れます。もしくは目の前の人とちゃんと関わることを、選んでいきます。  そうすることに、何の意味があるのでしょう? 双子座の人々であれば、私が申し上げるよりも自ら探求していくことに喜びを感じるはずですが、そもそもやる気が起きなければしんどいものです。差し出がましいことかもしれませんが、私から少しヒントを申し上げましょう。おそらくですが、双子座の人はここで深く人と関わることで、潜在的に持っている「自分はこのままでいいんだろうか」という空虚感を、解消していくことになるのです。どんなにたくさんの人に囲まれて、日々を趣味や仕事で充実させても、なんとなく感じ続けてきた、むなしさや心もとなさのようなもの。自分でもうまく説明できなかったような感覚を、人から学び人と関わることで満たしていくのだろうと思います。最初は居心地のいいことではないかもしれませんが、本気で向き合えば必ず、「そうか、この体験にも意味があったのだな。体験できてよかったな」という深い納得と喜びが、あなたを包んでいくはずです。  こうした「関わりの課題」は決して、孤独な闘いではありません。’20年のあなたは、友情にも愛情にも、とても恵まれることになっているからです。友情は強く、愛情は温かく、あなたを包んでくれるでしょう。自分のまわりの大切な人をロールモデルにしたり、気が置けない友や恋人にそっと後押しされたりすることで、’20年の挑戦を成し遂げていくことになるのかもしれません。きっと素敵なことです。怖いことなんて、ないだろうと思います。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • 本当に大切に「し合える」相手との出会い  2020年の蟹座の人々のテーマは「パートナーシップ」。仕事でもプライベートでも、まっすぐに向き合う関わり方が重視されますし、あなた自身もそうした関係性を求める気持ちが強くなるはずです。年間を通して人と会う機会が例年より多くなりますし、関わる人の質も変わってくるでしょう。カギとなるのは、あなた自身が「こういう人と、こういうコミュニケーションを取れることが私の幸せであり、お互いにそれが実現できる人を選択する」と心に決めておくこと。「出会いに恵まれる時期」というのは、「出会う人が100%いい人である」ということを意味しません。素晴らしい出会いがたくさんあるのは事実です。ただ、運が強いときというのは、強さを嗅ぎつけるようにして歓迎されない人も引き寄せやすくなるからです。芸能人が売れてお金ができて、よからぬ人々につけ込まれるという図を連想するとイメージしやすいかなと思います。  仕事でも恋でも、あなたがきちんとつき合う人を「選択する」ことこそが、’20年の運を決めると思っていてください。そうすることで、今のあなたにとって必要ない縁というのは、自然と離れていきます。離れた縁は深追いしない、これもまた’20年のポイントとなります。  できたら、もうちょっと気楽に人と関わっていきたいですよね。安心できる人とただただ、信頼関係を持ち合って穏やかな関係を築いていけたなら、それだけで十分。そんなふうに思っている蟹座の人はとても多いことだろうと思います。おそらくは’17年末あたりから、対人関係においては相当な努力が必要な状況にあったはず。疲労感を覚えている方も少なくないでしょう。  ’20年、対人関係が明るさの中にも芯の強さを求めてきているのは、もちろんあなたに意地悪をしようとしてのことではありません。むしろ、翌年からのあなたを生きやすくしようとして、のことであるはずです。’20年に手にした縁、身につけた関わり方を糧に、’21年はより深い、魂の交流とも呼べる時間がスタートすることになっています。その準備として、今、関わりについてしっかりと自分の本心を確立しておくべき、ということになります。自分が本当に幸せになれる人を選ぶこと。互いに尊重し合える人とつき合うこと。それは、未来の自分へのかけがえのないギフト、なんですね。  年の後半は、仕事に強い追い風が吹きます。通常1カ月半くらいのチャンスメイクの時期が、’21年頭までの約半年にわたって続くことになっています。いい時期ですのでちょっと大胆に頑張っていけると素敵です。おそらくは’11年から’19年にかけて(指定するには長いですよね、でも星の動きなのでお許しください……)、あなたが仕事において、青天の霹靂と呼ぶにふさわしい逆境やハプニングを乗り越えてきたことによって獲得したタフさが、ここで生きてくるでしょう。あのとき頑張っておいて本当によかった、そんな思いも浮かんでくるかもしれません。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • コツコツと、自分を整えていくべき  2020年は、これまで培ってきた自分を整える一年にあたっています。あなたはここ数年、得意なことを磨いたり新しい知識をインプットしたり、やりたいことを実現したりと、アクティブに自分のフィールドを広げてきたはず。数年前だったら想像もできないほどたくさんのことができるようになった、視野が広がったという人は多いことでしょう。決して楽なことばかりではなく、かなりの負担を自分に強いてもいたと思います。頑張っていらっしゃいましたね。  おそらくですが、’21年頃からそれを「自分の楽しみ」としてだけでなく、他人と満足感を共有することでより大きな喜びを手に入れることになっていきます。その前段階として、’20年は自分の持ち物をずらっと並べて、いるもの・いらないものを整理することになるのです。同時に、’21年にチャンスを呼び込むための下準備として、自分の役割をしっかり果たしていくことが求められます。たとえば仕事を確実にやり遂げる、というのはわかりやすいところ。ほか、会社ではマネージャー、家では母親&妻といったように、役割そのものを果たすという人も多いでしょう。獅子座はいわゆる“指示待ち”タイプの人ではありません。自分がガンガンいける人々であり、逆に指示されてばかりだと居心地が悪くモゾモゾしてしまうかもしれませんけれども、この時期はあえて相手の意向に従ってみる、というのもよい選択になります。どうにも今までの成功パターンが通用しなくなったなと思われることがあったなら少し引いて、前向きな受け身を目指していきましょう。  ’20年は全体的に、やることが多くバタバタしがちです。それこそ、目の前のことを一生懸命こなしているうちに「ついこの間お正月だと思ったら、もう年末」状態になりやすいのですが、「自分を整える」「役割を果たす」、このふたつのビジョンを時折胸の中によみがえらせることで、迷わずにいられるでしょう。どちらも適当にやろうと思えば、いくらでも手を抜けることです。ただ、目に見えないところでチャンスや信頼が、少しずつ減ってしまうのはもったいないですよね。忙しいだけに、健康面では無理がきかないときですから、頑張りきれないときは適度にやり過ごしつつ、できるときはビシッとやる。獅子座の方々は頑張り屋さんですからフルパワーでやりたいと考えていると思うのですが、そんなスタンスがこの一年を越えやすくすると思います。恋に関しては全体的にテンション低めですが、仕事で頑張る姿を「いいな」と思ってくれる人もいそうです。笑顔や柔和な態度を大切にしたいですね。  バタバタとなかなか多忙な年ですから、過労には注意が必要です。ただ、一方で健康にいいことをすれば効果が出やすいのも事実。毎日の生活に運動を取り入れたり、食生活を見直してダイエットを始めたりと、やりたいと思っていてもなかなかできずにいた健康習慣をスタートさせてみて。意外に楽しめる、という可能性も高そうです。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • 「私」が輝く、愛と自己表現の一年  2020年は乙女座の人々にとって、素晴らしい自己表現の一年となっています。すでに’19年12月に入った頃から、周囲の人に「あなたがしたいことは?」「あなたの意見は?」などと聞かれることが増えつつあったのではないでしょうか。周囲の人の顔色をうかがうでもなく、どこかに正解を求めるでもなく、自分が好きなことや考えていることを人に伝えることが大事な時期です。たとえズレていたって、多数派でなくたって、まったく問題ありません。「私はこう思う」というところにとことん忠実になる、そうすることが運を大きく広げてくれるのです。逆に、人の考えに乗っかってばかりいたり、相手におもねるような態度を取っていたりすれば、チャンスは漸減してしまいかねないので注意して。  「自己表現」という意味合いそのままに、自分が作ったものを広く人に見てもらう機会も増えますから、クリエイティブワークの人にとっては大いなる飛躍の一年となるでしょう。ただし「いいものを作っていれば見出してもらえるはず」といった“待ちの姿勢”では、チャンスは他の人に奪われがちに。自分の顔と名前を売り込んだり、ポートフォリオを作って公開したりと、できることはどんどんやりましょう。ただ転職は若干、チャンスが少ないかもしれません。もしくは小さくまとまってしまいがちです。今いる場所で最大限に力を発揮しつつ、’21年以降の転職を視野に入れていかれたほうが前向きな未来につながりやすそうです。  さて、自己表現の最たるものは「私はあなたが好きです」、つまり愛ではないでしょうか。’20年の乙女座の人は、年間を通して愛のチャンスが巡ってきやすくなっています、カップルには楽しい時間が多くなるでしょうし、今は恋を探している途中という人であれば素敵な出会いが期待できそうです。特に年の後半は、恋に「溺れる」という言葉が似合うような、甘美な時間も訪れるかもしれません。もちろんハマりすぎには注意したいところですが、乙女座の人々がお持ちであるロマンティックなものへの憧れが、温かな質量を伴って満たされていくこともあるのではないかと思います。  自己表現が熱く盛り上がりを見せる’20年ですが、日々の仕事についてはストイックな継続型の努力を強いられることになりそうです。やるべきことが多くただでさえ大変なのに責任までも増してくる、というのが’20年の特徴。頑張ることも大事ですが、完璧主義にならないよう意識しておくべきでしょう。こだわらなくてもいいところについては気を抜いても、流されてもいいのです。本来集中すべきことにエネルギーを注ぐことのほうが大事です。というのも、3月下旬から7月頭までは特に、無理がききにくい傾向にあるのです。「このくらいは大丈夫」と体力を過信していると、肝心な場面でダウンすることにもなりかねません。体力を温存しつつ力を発揮していくためのワークライフバランスも、しっかりと考えていってください。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • 自分にとっての「ホーム」を大切に  2020年の天秤座の人々にとって重要なキーワードとなるのは「ホーム」。スポーツで自チームの本拠地を「ホーム」と呼ぶことがありますが、自分がよって立つ場所、帰ってくる場所を意味します。多くの方にとっては家や、自分の部屋が当てはまるでしょう。また、一日の多くを仕事に費やす社会人であれば、職場にも同じような思いを抱いているかもしれません。「ウチの会社では〜」などという表現にはもれなく所属意識があり、快適であるほうが仕事の効率も上がるでしょう。ほか、行きつけのバーや趣味のサークルなど、心がホッとする場所が「ホーム」である人もいそうです。ホームにいる人、たとえば家族や同僚もこの「ホーム」の範疇です。  こうした場所を大切にすることが、なぜ大事なのでしょうか? それはあなたが「じっくりと自分自身を熟成させる」フェーズに入っているからです。’19年、あなたはいろいろな場所に出かけ、脳をフル回転させてさまざまな情報をインプットしてこられました。面白い出会いもあったでしょうし、胸躍るテーマにも出合えただろうと思います。それらは、インプットしたままではただの情報です。自分なりに整理し、どう人のために役立てられるかを検討するには、自分の「ホーム」と言えるような落ち着いた場所で、じっくり熟成させる必要があるのです。  これが本当の意味で役に立ったという実感が得られるのは、’21年になるでしょう。’21年はあなたにとって「自己表現」がテーマとなる時期であり、ここまで熟成した考えを世界に向けて発信することになるはずです。そのとき、心のよりどころとなる「場所としてのホーム」だけでなく、「魂がくつろぐ場所であるホーム」を確立できていたならば、どれほど心強いことか。あなたもきっと、ご想像がつくことと思います。  具体的にしたいことはふたつです。まずは原点回帰。自分はどんな思いで、今の道を目指したのか。どんな人間になりたかったのか。今の仕事で、何を得たかったのか――とても大切なことだけれど、日々の慌ただしさに追われてつい忘れがちになってしまうこと。そうしたものを今一度、思い返してみるといいでしょう。昔の日記を見たり、カメラロールをさかのぼれるだけさかのぼって、かつての自分が考えていたことをなぞるのもいいと思います。きっとヒントを得られることでしょう。  次にやっておきたいのが、家族や仲間との関係をよくすること。思いやりやいたわりの気持ちを大切にし、お互いに助け合える関係性をつくれるのが理想です。また、掃除は常にラッキーアクションです。自宅も職場も、快適な環境を保つようにしましょう。  一日の仕事を終えて家に帰ると、ホッとしてリラックスすることができます。また明日も頑張ろう、そんな気持ちにもなれるでしょう。運命という観点で見てもまったく同じです。自分が今いる場所を、関わる人をどう大切にできるか、年間を通したテーマとして考えてみて。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
  • あなたを待ち受ける世界は、果てしなく広い  蠍座の人は確固たる自分の世界を持っていて、ひとつのことを深く深く掘り下げていくことを得意とします。「広く浅く」タイプではなく「狭く深く、とことん深く」のほうが心地よく感じる人々で、現に専門的なスキルを持てば誰にも負けないくらいにその技を習熟し、オンリーワンの仕事をしていかれます。そうした蠍座の人々は人生で何度か、思いきった人生の転換をはかることがあります。やりたいことを見つける、変わらなければと思う。そうした思いを爆発させるようにして、自分の世界を切り開いていくのですね。  2020年はそうした「思いきった人生の転換」のためのヒントを、たくさん見つけることになります。興味関心を持てる分野を発見し、ガンガン知識を吸収していく人は多いことでしょう。  物理的に移動が多くなる人も多そうです。仕事で席を温める暇もないくらいあちこちを飛び回ったり、出張や旅行に出かけたりすることになります。また前述の学びに関連して、勉強会やセミナー、ワークショップなどに足を運ぶ機会が激増。あなた自身が行きたくて、自腹で申し込むこともあるのかもしれません。エネルギッシュに活動の幅を広げるあなたと呼び合うように、さらに興味を刺激されるような情報も集まってきます。世界は広くて、とんでもなく面白い。特に3月あたりからは「!」の連続で、刺激に胸躍らせる時間が増えていくことでしょう。  また、’17年頃からじっくりと時間をかけて学んできたことがある人も多いと思います。そうした人は’20年、段階的に積み重ねたものが開花していく実感を得られるだろうと思います。あとあと「思いきった人生の転換」を目指したとき「そういえば、あのときから運命が変わったんだな」と思い返すシーンのひとつに、間違いなく’20年の学びや移動、ワクワクが入っていることでしょう。  これは仕事でも、恋愛でも同じこと。視野が広がることでキャリアマップもより自由に描けるようになるでしょうし、今後の方向性を定めやすくなるでしょう。今の業務に直結するような学びの機会を得た人であれば、年の後半でその結果を出していくことができます。恋愛でも、これまでにないタイプの人に惹かれたり、お互いを高め合うような恋にステップアップしていったりできる人も多いことと思います。  ひとつ心配があるとすれば、仕事をハードモードでやりすぎることでしょうか。あなたはハマると徹底的に頑張る人であり、その姿勢はとても素晴らしいものです。ただ、’20年はいつもの4倍くらいの熱量でやってしまう傾向が。何事も多ければいい、というものではないのは、あなたもよくご存じのことでしょう。頑張りすぎて過労に陥ったり、睡眠不足が怪我や事故につながったり、という暗示が出ていることをお忘れなく。体あってこその学びであり、旅であり、開運です。どうか注意して、’20年という年を楽しんでいただければと思います。 >>12星座別、あなたの2020年 by 真木あかり
関連キーワード

RECOMMEND