福岡「中国菜 KHAOS(カオス)」からのACIDMAN@ドラムロゴス

OurAge

こんにちは。ライブ大好き編集者のすぎです。
11月の頭に福岡に行きました。

福岡空港、とても綺麗になっていました。

ライブ前のランチは、面識もないのに勝手に信頼している福岡のブロガーさんが書いていた、こちらのお店に。この建物の2階にあります。天神からバスで行くと、すぐ近くに西南中高前というバス停があって便利です。

最近はやりのカウンター割烹中華。テーブル席もあって、若いシェフがお一人でやっているため、昼夜おまかせコースのみ。内装も器も、とても好みでした。

クリームチーズの紹興酒漬けと大根餅。

熊本赤鶏のネギソースがけ。

前菜の盛り合わせ。もう、見るからに絶対好きなヤツ。
てっぺんから右回りに、自家製カモの生ハム、ピータン豆腐、インゲンと干しエビの炒め、タコの麻辣ソース和え、フルーツトマトの杏露酒漬け、レンコンのマスタードソース、アボカドのニンニクネギソース、シイタケの豆鼓炒め、オクラの何か(笑)。
もちろん一度で覚えられるはずもなく、テーブル席で繰り返される説明に耳を澄ませました。

栗とカブの蒸しスープ。

真鯛の北京風塩煮込み。

糸島豚と黄ニラの黒胡椒炒め。

麻婆豆腐とご飯。

杏仁豆腐。これで2500円。さまざまな味付けと調理の工夫が素晴らしかったです!

そして目的のライブは、こちら福岡ドラムロゴスにて、現在、私の心のヒットチャートNo.1を走り続けているロックバンドACIDMAN (アシッドマン)です。(前回書いた元THE BOOMの宮沢さんは、もはや殿堂入り)

ドラムロゴスはキャパ1000人ほどのライブハウスなのですが、かなり前のほうから段差があり、背の低い私にとっては、とても見やすくて嬉しい会場。整理番号が良ければ最前エリアでぎゅうぎゅう、もみくちゃ…という挑戦もしますが、今回は一段上から見ることに。

写真がなくて恐縮ですが、ACIDMANはギター&ボーカルの大木(伸夫)君、ベースのサトマ(佐藤雅俊)君、ドラムのイチゴ(浦山一悟)君のスリーピースバンド。激しい曲も、静かで繊細な曲も、オシャレなインストゥルメンタルも、たった3人でこれだけの音が出せるのか!と、16年前に初めてライブを見たときからもう夢中です。

特に今回は、ツアータイトル『創、再現』とある通り、2002年のデビューアルバム『創』のアナログ盤発売を記念してのツアー。大好きで何度聴いたか分からない、このアルバム。
「色褪せないね~(笑)」と、本人もMCで言っていた通り、最初からACIDMANの世界は出来上がってたなぁと再確認。さらに20代の荒々しさもあるので、時折混じる巻き舌にグッときたりもして。

「生命」や「宇宙」をテーマにした世界観は、理系男子の大木君によるものなのですが、12月5日発売、根来秀行先生の『病まないための細胞呼吸レッスン』という単行本を担当した私は、「生物の進化」や「細胞のひとつひとつ」という言葉に触れるたび、ACIDMANを思い出していたのはここだけの秘密です。

「好き」があふれて、最後に告知を少し。

#灰色の街 ←アンコールで披露された新曲。タイトルは暗いけど最後に光が射します。早く発売してほしい。
コスモプラネタリウム渋谷 ←渋谷区立のプラネタリウムでACIDMANのプログラムを上映中。星空が似合う!
井上陽水トリビュート ←11月27日に発売されたアルバムで『傘がない』をカバー。陽水さんの名曲が壮大なACIDMAN仕様に!

関連記事
  • 私たちを輝かせてくれる「ワンピース」はオールシーズン手放せない存在。これからの季節は鮮度の高いレイヤードで、快適にさらに素敵に着こなしていきましょう。今シーズンはニットワンピースにも注目です!【目次】 ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワード ②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピース ③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース ④簡単なのにおしゃれ見え確実!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワードシックなデザインのニットワンピースが目立つ今シーズン。ほっこりさせず、アーバンな雰囲気で着こなして。■エムセブンデイズのブラウンニットワンピースラクチンな着心地とおしゃれ見えが両立! 体のラインを拾わないシルエットと編み方をとことん追求。胸もとに切り替えがあるから 〝のっぺり〞見えない優秀デザイン。中太のリブ編みでサイドに切り替えを入れて流れるようなフレアシルエットに。おなかや太もも部分にはゆとりがあって太って見えない! ジャケット¥138,000/エストネーション(チンクアンタ) バングル¥28,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥53,000/フラッパーズ(ネブローニ)【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂■ユナイテッドアローズの白ニットワンピースシーンを選ばず着られるシンプルなデザイン 可愛くて、暖かくて、着心地ラクチンなニットワンピースはマストアイテム。特別感のあるオフホワイトなら、冬のカジュアルがぐっと華やぐはず。体の線を拾わず、すっきり見える絶妙 シルエットが人気の理由。ニットワンピース¥19,000/ユナイテッドアローズ 【ALIFA】2WAYショルダーバッグ M¥23,000(ジャンニ キアリーニ)・ショートブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥28,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(レム) スカーフ¥12,000/フラッパーズ(マニプリ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ベイジのライトグレーリブニットワンピースリブビットワンピースでつくる甘辛ミックスコーデ 動くたびに揺れるフレアが魅力のニットワンピースに、あえてテーラードジャケットとレザーのロングブーツを合わせて甘辛ミックスに仕上げて。ライトなグレーなのでモノトーン配色でも華やかな印象に。ジャケット¥58,000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) サングラス¥32,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥18,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥122,000/ジミー チュウ 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります■ウードのハイネックニットワンピースほっこり見えがちなニットワンピを辛口小物でシャープに仕上げて ボトムとレイヤードせず、ゴツめなアンクルブーツと楽しむスタイリングが今年は新鮮。アルパカ混の風合いが素敵な一枚を、同色のファージレでムードたっぷりに仕上げて。ワンピース¥24,000/アマン(ウード) ジレ¥135,000/サードマガジン(サードマガジン) バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥93,000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー) 頭に巻いたスカーフ¥28,000/スローン ネックレス¥20,000・ピアス¥57,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) 太リング(左手)¥15,000・リング(右手)¥17,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■ドゥロワーの黒ニットワンピースシャツとニットワンピースの洗練レイヤード 半袖タイプの黒ニットに、フリルの襟と袖口が女っぽい白シャツをレイヤード。小物は黒でまとめて、しゃれ感たっぷりのモノトーンコーデの完成!シャツ¥30,000(サルヴァトーレ・ピッコロ)・ワンピース¥75,000(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥93,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000・三連イヤカフ(右耳)¥19,000・楕円イヤカフ(左耳)¥18,000・リング(左手)¥30,000・(右手)¥63,000/マリハ(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピースデニムやレギンスなどのボトムレイヤードは完全復活。さらに下にトップスを仕込むだけでなく、ワンピの上からトップスをかぶるスカート風のレイヤードまで登場し、もはやワンピースのコーディネートにNGはなし!ひと目惚れした最新ワンピはもちろん、クローゼットに眠る手持ちワンピも、あれこれ重ねて、新しい着こなしを見つけよう。■タートル&ロングブーツを仕込んでキャミワンピをシーズンレスにツヤとしなやかな落ち感が魅力のキャミワンピースは、まさに「重ね着前提」のアイテム。夏場はTシャツを着て肌の露出を調整していたけれど、秋はやっぱりタートルニットの出番! 人気復活のロングブーツと合わせて、クラシカルな気分を満喫して。 ワンピース/下と同じ ニット¥25,000/スローン ネックレス¥57,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) バッグ¥40,000/フレームワーク 自由が丘店(キーツ) 靴¥68,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ロランス)ツヤのあるキャミワンピは、全体的にマット素材が増える秋冬にこそ重宝! ワンピース¥24,000/カオス表参道(カオス)■ボヘミアンテイストをデニムレイヤードで後押しカジュアル派好みの、ヴィンテージライクなエスニック柄ワンピース。一枚で着るのももちろん可愛いけど、色落ちデニムを重ねるとボヘミアンムードがアップ! 白のレザーかごやショートブーツで、テイストをリフレインさせて。 ワンピース/下と同じ コート¥160,000・デニムパンツ¥45,000/マディソンブルー イヤリング¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(クロディーヌ・ヴィトリー) ネックレス¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥65,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥72,000/カオス表参道(ペリーコ)  ワンピース¥67,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)■華やかなドレスをデイリーに着るテクニック「パーティにもデイリーにも着られるワンピース」。そう聞くと、ひと昔前は結局「どっちつかず」というイメージだったけど、今は違う! 美しいレースをたっぷり使ったとびきりドラマティックな一枚を、上からざっくりニットをかぶることで難なくカジュアルダウンすることができてしまう。レギンスも仕込めばさらに完璧!  ワンピース/下と同じ ニット¥64,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥210,000/マディソンブルー バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ワンピース¥150,000/ロンハーマン(エブール  フォー ロンハーマン)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース一枚で着てもキマッて、レイヤード次第で真冬まで使える主役ワンピースをリストアップ。レイヤードテクを参考に、冬までとことん楽しもう。 ■ニュアンスカラー柄ワンピース今着るなら…大人に似合う上品なくすみ色プリント スモーキーピンクがアクセントになった、アラフォーが着こなしやすい柄とニュアンスカラーのプリントを厳選。腰の高い位置にウエストゴムが入っているから、簡単にメリハリシルエットが完成する。 ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ピアス¥29,000/アガット バッグ¥49,000/三喜商事(コチネレ) 靴¥38,000/essence ofANAYI(ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)冬は…ワンピの可能性が広がるニットレイヤード ニットをワンピースの上に着ることで、がらりとイメージチェンジ。特に冬はダークカラーが増えるので、女性らしいスタイリングに華やかなプリントアイテムは欠かせない。ロングブーツでトレンドの足もとに。ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ニット¥29,000/ティッカ ブーツ¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/スタイリスト私物 ■バンドカラーとろみワンピース今着るなら…キレのよさとゆるシルエットの絶妙バランスが魅力 さらっと肌離れのよい素材を使用し、季節を問わず快適。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ パンプス【ALMOND TOE 6.5㎝(METRO)】¥51,000/SHOP Marisol(ペリーコ) バングル¥10,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) 時計¥266,000/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥75,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) サングラス/スタイリスト私物冬は…タートルニットをインして冬スタイルを軽やかに ゆったりシルエットだからレイヤードも思いのまま。真冬まで長く愛用できる。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ コート¥250,000/チンクワンタ ニット¥27,000/ティッカ バッグ¥39,000/メアリ・オル・ターナ 靴¥24,000/essence of ANAY(I ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂④簡単なのにおしゃれ見え!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ■ジャケット×シフォンワンピースコーデ風に揺れるワンピが、スエードのブーツで一気に秋冬仕様に シフォン素材の透け感や女らしさを全身で楽しめるワンピースを、春夏シーズンだけに閉じ込めておくのはもったいない。秋ならビッグシルエットのカジュアルジャケット、冬になったらコートをはおり、そして、足もとにはスエードのロングブーツ。今シーズンらしいボヘミアンテイストを、異素材ミックスでエンジョイして。ワンピース(ペチコート、ベルトつき)¥70,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(リュンヌ) ジャケット¥65,000/マディソンブルー バッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里  構成・文/磯部安伽■MA-1ブルゾン×ロングワンピースエレガントなニットワンピースをハンサムにシフト どこかゆるっとしたムードのあるオーバーサイズのツヤブルゾンは、実は甘口好きにもおすすめ。ふわりと広がるギャザーワンピースの印象をハンサム方向に引き寄せながら、メリハリシルエットをつくって。ブルゾン¥30,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボート メイク ニュー クローズ) ワンピース¥31,000/カレンソロジー新宿店(カレンソロジー) ネックレス¥18,000・ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥66,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥138,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨■ノーカラーのツヤブルゾン×T型ワンピースコーデノーカラーのツヤブルゾンがシンプルなTワンピをこなれて見せる くしゅっとまくった袖や、肩からすそにかけてゆるやかな曲線を描くフォルムが、マキシ丈のTワンピに立体感を与えてくれる。顔映りのよいツヤ素材効果で、スニーカー合わせのカジュアルコーデをきれいめに寄せて。ブルゾン¥32,000/ピーチ(ミューニック) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス(短)¥22,000・(長)¥29,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥48,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥78,000/ジミー チュウ【Marisol10月号2020年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./佐田さん)スタイリスト/石毛のりえ■ロングカーディガン×ツヤ感ワンピースコーデロングカーデでこなれ感を演出 布帛(ふはく)のワンピースに、あえて透け感カーデをレイヤード。薄手のアイテム同士を重ねることで生まれる繊細な奥行きが、上質な女らしさにつながる。カーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥31,000(プラージュ)・ブーツ¥82,000(ネブローニ)/プラージュ 代官山店 バッグ¥32,000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 帽子¥14,000/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000/ジェンマ アルス(アルス) ブレスレット¥11,000/アクアガール渋谷(ベンアミュー)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂 ■ガウンコート×ドゥロワーの小花柄ツヤワンピースロングコートからのぞくワンピースのツヤ感がとびきりセンシュアル華やかさと上品さが兼ね備わったサテン素材の小花柄ワンピースにはおったのは、ウール素材のガウンコート。素材感の違いに、メンズライクなムードのあるコートとの甘辛の対比が加わって、シンプルな着こなしながらも奥行きとニュアンスたっぷりのコーディネートに。ワンピース¥160,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) コート¥160,000/エイトン青山(エイトン) ターバン¥5,800/メゾンドリリス ピアス¥52,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥99,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽■ニュアンスカラーのロングコート×サクラのドット柄ワンピースコーデドット柄をニュアンスカラーで引立てて レトロシックなドット柄のワンピースにゆったりシルエットのコートをざっくりはおって、今どきの抜け感をつくって。足元はトレンドのローファーでコーデを引き締める。コート¥67,000/カオス ワンピース¥36,000/サクラ 【復刻】HAPPY PLUS STORE限定販売 ドット柄ワンピース¥36,000/SHOP Marisol(サクラ) メガネ¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000/レム 靴¥34,000/GMT(ジャラン スリウァヤ) バッグ/スタイリスト私物 【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ダブルのジャケット×エブールのレースワンピースコーデレースの甘さをダブルのジャケットで程よくクールダウン ディテールまで凝ったつくりの艶めくレースワンピースに、マニッシュなダブルジャケットをさらりとはおる。素材とテイストのコントラストを楽しみながら着こなせるのは、年齢を重ねて成熟した大人だからこそ。ワンピース¥150,000・ジャケット(共布ベルトつき)¥66,000/ebure ショルダーバッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 撮影協力/スタジオ バスティーユ■MA-1×白のティアードワンピースフェミニンなワンピースはミリタリーで甘さを調節 白のティアードワンピースの下にワイドデニムをレイヤード。ミリタリージャケットとカットオフのデニムでワンピースの甘さをほどよくマイナスして。フェミニンなボヘミアンスタイルを完成。パンツ¥44,000/プラージュ 代官山店(リ ダーン) ジャケット¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) タイツ¥4,000/エブールギンザシックス(ブルーフォレ) ピアス¥24,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 青山店(モダン ウィービング) バッグ¥40,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈 構成・文/磯部安伽■ベージュのジャケット×ブラウンのニットワンピース重めのニットワンピースはベージュのジャケットで抜け感をプラス 明るいベージュのジャケットをはおることで、こっくりとしたカラーのニットワンピース&ブーツスタイルも軽やかな着こなしに。ジャケット¥70,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ニットワンピース¥42,000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルト コリーナ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) メガネ¥40,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ブーツ¥41,000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) リング¥12,000・バングル¥13,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) 【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■グレーのノーカラージャケット×ベージュのドット柄ワンピースコーデベージュとグレーの配色で一気におしゃれ見え! ディテールがフェミニンだから、こんなドットワンピースとも好相性。ニュアンスカラー同士の合わせも、色調が合っているのでしっくりなじむ。ジャケット¥28,000/エムセブンデイズ ワンピース¥36,000/サクラ バッグ【コンボ】¥32,000(トフ&ロードストーン)・ショートブーツ¥72,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス¥3,800/ジューシーロック 撮影/酒井貴生(aosora/人物)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂 ▼あわせて読みたい
  • 今年で5周年を迎えたコンバースシューズ直営店「ホワイトアトリエ バイ コンバース」が、2020年11月27日(金)~12月30日(水)の間、プリントカスタマイズのトライアルキャンペーンを開催する。対象となる店舗は、「ホワイトアトリエ バイ コンバース」の原宿店・吉祥寺店・福岡店。ここで店舗限定のオールホワイトの「ALL STAR(オールスター)」を購入すると、見本帳から好きなデザインを選んでシューズにプリントができる。 組み合わせ可能な、豊富なバリエーションのデザインが揃うスタンダードプリントキャンペーン中は、プリント代1か所分(キッズ:¥1,000、大人:¥2,000相当)をなんと無料でサービス。対象のシューズは「ALL STAR COLORS R HI」、「ALL STAR COLORS R OX」、「CHILD ALL STAR N V-1 HI」、「BABY ALL STAR N V-1」となる。また、今年11月よりスタートしたアーティストプリントのデザインも同サービスの対象に。 ガーリーなテイストからユニセックスなアートワークまで取り揃うアーティストプリントニューヨークで活動しているミューラルアーティストのKatie Merz(“KT” ケイティー・マーツ)や、ロンドンや香港で個展を開催しているNaijel Graph(ナイジェル グラフ)をはじめ、福岡で活動するアーティスト、POP●COPY(ポッポ コピー)や、キュートな世界観が人気なイラストレーター、foxy illustrations(フォキシー イラストレーションズ)が手がけたデザインもラインナップ。ガーリーなテイストからユニセックスなアートワークまで、バリエーション豊かな作品から図柄が選択できる。この機会にあなただけのコンバースを作ってみては? (左から)Katie Merz、Naijel Graphの作品コンバースインフォメーションセンターhttp://whiteatelier-by-converse.jp/0120-819-217(⽉~⾦ 9:00~18:00) text: Fuyuko Tsuji 
  • 華組になって初ブログもこのワンピースでした。昔金沢の古着屋で買ったインド綿のワンピースは今でも宝物。秋の鎌倉に着て行きました。 何年も前に、ふるさと金沢の『GARYO』といヴィンテージショップで出逢ったワンピース。 リボンの細かい切り返しやオリエンタルな柄、ティアードスカートに詰まり襟、 全てのディテールが私のときめき中枢に突き刺さり、当時の私には高価なワンピースでしたが、 迷いなく買いました。ただ、去年まで全く気にならなかった丈感... 家を出て、あ、下に黒のロングスカートを重ねたらよかった!と後悔しました^ ^; 最近マキシ丈に慣れていたので、 今年はこの丈短く感じる。 その年その年によって、しっくり見える丈感やサイズ感はくるくる変わりますね... ま、でもまた何年かしたら戻るでしょうし、あまり目先に惑わされず、手持ちのものでレイヤードするなどして、最愛の服は変わらず続けて着たいです。この日は、 華組の綾子さん、OGの則子さんと鎌倉散策♩ 去年もこの時期三人で鎌倉を訪れましたが、やっぱりまた秋に来たくなります。 鎌倉在住の綾子さんの散策コースは間違いないのです^ ^ 「凛林」→瑞泉寺 → 報国寺 →「ミンカ」中国精進料理『凛林』凛林外観。細い道を綾子さんが車で連れて行ってくれました。瑞泉寺他の画像を見るもっと詳しい鎌倉レポは、佐藤綾子さんのblogにて☆ ↑女三人はしゃぎ過ぎてます。夕方帰りは冷えるので、以前ブログに載せたカーキのモーズコートを合わせて。one-piece : no brand bag : UNIQUE PIECE(上海駐在中にセレクトショップで購入) boots : made in JAPANの20年選手 coat : JOURNAL STANDARD relume こういう古着ものはエクラっぽくないし、 こちらに載せても一方通行なひとりよがりな記事になりはしないかと迷ったのですが、 いつか綾子さんが、「やっぱり1番かなちゃんらしい」と言って下さったので、書きました。 古着なので生地もかなりくたってますが、 たぶんずっと一緒にいるワンピースです。華組インスタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • こんばんは★今週はじめに、表参道に予定があったので、帰りに神宮外苑のいちょう並木に立ち寄ってきました♩映画やドラマにも登場するいちょう並木青山通りから明治神宮外苑まで続く、有名な並木道!背の高いおしゃれないちょう並木が、秋には黄金色のトンネルとなるスポットです♡毎年この季節は美しい景色を楽しませてくれるのと駅から比較的すぐのところに並木道があるのでアクセスも良く、この眺めを見るために毎年訪れています^^今週月曜日の色付きは上の写真くらいでした♩まだまだもうしばらく楽しめそうです♡(こちらは去年のライトアップの写真です)今年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら夜のライトアップはないようですが、綺麗なこの景色を一瞬でも見れてしあわせな気持ちになりました♩並木道からすぐ!おすすめグルメスポット♡言わずと知れたハンバーガーショップ♡ 「Shake Shack」今の時期は少し混んでいますが、並木道沿にある《Shake Shack(シェイクシャック)》。こちらのおすすめはテラス席!美しいいちょう並木を眺めながら、美味しいハンバーガーをいただくことができちゃいます♡テイクアウトも行なっているそうなので今の時期は特に店内に限らず、いちょう並木の近くや公園でハンバーガーを楽しむのも良さそうですね^^ロケ地にもなったお洒落カフェ♡「 Royal Garden Cafe AOYAMA」いちょう並木に面したおしゃれな空間でゆったりと、お洒落なお料理をいただける《Royal Garden Cafe AOYAMA》。テラス席もあり開放的な店内!ランチやカフェタイムもおすすめですが、ディナータイムはお洒落で美味しいお料理やお酒がたくさん^^こちらの可愛いデザートプレートでお誕生日のお祝いもしていただきました!★女子会には間違いない、素敵なお店です♡銀杏の見頃はあとわずか!今がピークのいちょう並木!ぜひお近くにお立ち寄りの際はいちょう並木と、グルメを楽しまれてはいかがでしょうか♡結紀奈モアハピ部 No.707 結紀奈 のブログ
  • 今冬ショートダウンコートを買うといい理由とは……?軽いのに最強にあったかいショートダウン気負わず着られるショートダウンって素敵。そして何より暖かい!「カジュアルすぎちゃう」とお悩みの人は、色選びを変えてみるのはいかが? あえてnot黒を選ぶことで断然あか抜ける♬︎ 今季はカラーダウン、揃ってます。アウトドアブランドの本格ダウンもピンクなら可愛いをあきらめなくていい環境に配慮した素材を使ったサステイナブルな一枚。ほかにないローズピンクとちょうどいいショート丈が女性らしい。コート¥32000/ゴールドウイン(ザ・ノース・フェイス) Tシャツ¥15000/TICCA スカート¥34000/フィーニー 靴¥95000/ボウルズ(ビューティフル シューズ × ハイク) バッグ¥33000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥23000/LON inc.(LON) リング¥14000/THE ANOTHER MUSEUM(アルティーダ ウード)品のよいダークブラウンで通勤コーデもおしゃれに絶妙なチョコレートブラウンが素敵な大人に見せてくれる。明るいトーンのコーデに添えて。コート¥7990/ユニクロ ブラウス¥13000/ジャーナル スタンダード 表参道 パンツ¥21000/アルアバイル 靴¥18100/モーダ・クレア(ランバン コレクション) バッグ¥33000/アルファ PR(アエタ) イヤリング¥9000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店ライトベージュは可愛いもクールもかなう万能色保温性に優れたプリマロフト素材で超あったか。ボリューミーなのにまさかのパッカブル。コート¥36000/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(チャンピオン ブラック エディション) ワンピース¥34000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 靴¥17000/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) バッグ¥5000/ジャーナル スタンダード 表参道(ドリフター) ピアス¥17000/LON inc.(LON)なじみのよいニュアンスイエローはヘルシーに軽量でノーストレス。ほどよいイエローも◎。コート¥34000/シップス エニィ 渋谷店(シップス エニィ × ファーストダウン) ブラウス¥4500/キャン(ルノンキュール) パンツ¥9900/ジオン商事(スリーフォータイム) 靴¥18100/モーダ・クレア(ランバン コレクション) バッグ¥24000/フラッパーズ(ツァニキリス) ピアス¥36000/UTS PR(ルフェール)【関連記事】コートに悩んだら「ウールのハーフ丈」! どんなボトムにも似合って“都合がいい”!【関連記事】もこもこボアブルゾンはあったか可愛い主役アウター! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 モデル/鈴木友菜 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) スタイリスト/大平典子 取材・原文/野田春香 構成・企画/渡辺真衣(MORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 一つでも複数重ねても、手持ちのジュエリーと合わせても。自由に手軽に+1できることこそイヤカフの最大の魅力。今回は、繊細なデザインから、ひときわ目を引く大胆なデザインまで、日常映えする6品を集めました。 【マリア ブラック】のイヤカフ 個性に寄り添い、引き立てる日常ジュエリー北欧にルーツを持つ女性デザイナーが手がける、都会的で日常になじむジュエリーが人気を博す「マリア ブラック」。注目の日本ブランド「チノ」とおなじみの「デミルクス ビームス」とタッグを組み、イヤカフが完成! 遊び心のある造形の大ぶりゴールドは、目を引く存在感はもちろん、きれいめとカジュアル、どちらにもしっくりとなじむマルチな魅力が。イヤカフ(右耳)(SV×K18YG/P×バロックパール)¥22000・(左耳)(SV×K18YG/P)¥20000/ショールーム セッション(マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス) ブラウス¥9900/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ルージュ・ヴィフ ソフィ) 【リューク】のイヤカフ ひときわ目を引くイヤカフを、着こなしの主役に長年にわたりセレクトショップなどでバイヤーを務めたデザイナーならではの、全身スタイリングに効くジュエリーを得意とするブランド「リューク」。月や水など自然の美しさを取り入れた、グラフィカルなシェイプが、シンプルな着こなしをぐっと洗練させて。“オービット(=天体の軌道)”と名付けられた、シルバーの曲線を3本束ねた卵形のイヤカフは、その大きさも相まってオンラインでもとびきり映えそう。イヤカフ(SV925)¥41000/ストローラーPR(リューク) ブラウス¥36000/ハルミ ショールーム(アキラナカ) 【トムウッド】のイヤカフ フェミニティを引き出す、ユニセックスな存在感クリーンでモダンなデザインにファンの多い「トムウッド」は、ノルウェー発のブランド。ぷっくりとしたシルエットのイヤカフは、今夏登場した新作。往年の大女優エリザベス・テイラーをイメージしたパヴェタイプには、サステナブルなジルコニアを採用。イヤカフ(上から)(SV925)¥13000・(SV925)¥8000・(SV925×ジルコニア)¥31000/ステディ スタディ(トムウッド) シャツ¥32000(コラム)・帽子¥16000(メゾン ド リリス)/エストネーション スカーフ¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) 【エテ】のイヤカフ 2色の地金がモダンな曲線を描く「リングカフ」お気に入りのトップスを着回すように、ジュエリーもあれこれ楽しみたい。そんな願いをかなえる逸品を「エテ」で発見。強弱の効いた曲線デザインが主役になるイヤカフは、2本の指にわたってつけるリングとしても使える“リングカフ”。シルバーとゴールドのバイカラー使いだから、合わせやすさもピカイチ。イヤカフ(SV925×プラチナ、YGコーティング)¥20000/エテ ニット¥16000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) 帽子¥12000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボートメイク ニュー クローズ) 【スタージュエリー】のイヤカフ 繊細なデザインと軽やかなつけ心地で、重ねる楽しさを満喫耳に添う波形やモードなブラックダイヤモンド、揺れるチェーンフリンジに辛口なVシェイプ。一つ一つに愛おしさを覚える繊細なデザインを、ジャパンメイドの「スタージュエリー」らしい上質な素材で表現。つけ心地の軽さも自慢で、重ねづけを楽しみたい今の気分に最適。イヤカフ(上から)(K10YG)¥18000・(K18YG×ブラックDIA)¥49000・(K10YG)¥17000・(K10YG)¥23000・(K10YG)¥19000/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) ニット¥38000/ガリャルダガランテ 表参道店(イロット) 【ヒロタカ】のイヤカフ 見る角度によって直線的に映り、ハンサムな耳もとを演出設立当時の2010年からピアスホールが必要のないイヤカフを提案し、個性あるデザインを進化させてきた「ヒロタカ」は、昨今のイヤカフ流行の立役者ともいえるブランド。ゆるやかに弧を描く形状と、耳にフィットする安定感のあるつけ心地が特徴の「ボウ(=弓)コレクション」から、一粒ダイヤをあしらったものと、ダイヤを並べたもの、二つを重ねづけ。イヤカフ(上から)(K10YG×DIA)¥52000・(K10YG×DIA)¥46000・ネックレス¥68000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) Tシャツ¥8500/カオス表参道(カオス) 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/森絵梨佳 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※イヤカフは、表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、SV=シルバー、SV925=純度92.5%シルバー、DIA=ダイヤモンド、/P=プレーティングの略です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • LEE12月号の別冊付録 「コウケンテツさんの子どもと食べたい韓国ごはん」のレシピから、 鶏だし#トック スープ イカと豆もやしの#キムチ 炒め 水菜の#ナムル をおうちで作ってみました! おうちごはんでプチトリップ気分 先日の3連休、とくに遠出の予定もなく… その代わりおうちでプチ旅行気分を味わっちゃおう!ということで、12月号付録のコウさんのレシピブックを広げて、どれ食べようかな?と会議。体が温まりそうなスープと、辛さ控えめだけど食欲を刺激してくれる鮮やかなビジュアルの炒めもの、そしてさっぱりしたナムルに決定! トック(トッポギがもっと太くなったものを、斜めに薄くスライスした楕円形のお餅みたいなもの)さえゲットできれば、ほかの材料やスパイスはご近所のスーパーで手に入るものばかり。 しかもどのレシピもかなり手軽で、あっという間に3品が完成。 なのに、手が込んだ豪勢な食卓に見えるのもうれしい。 気合を入れて料理する日じゃなくても気楽に作れてしまうので、普段の献立にも大活躍間違いなしです。 韓国料理って、野菜がいっぱいとれるところもいいですよね。それに思ったより辛くなくて、お子さんでも大丈夫。「子どもと食べたい」と銘打っているだけある! (逆に辛いのが好きな方は、唐辛子パウダーを加えればお好みの辛さに。豆皿に山盛りになっているのが唐辛子です。笑) 全57品掲載のまさに永久保存版!な、コウケンテツさんのレシピBOOKがついてくるLEE12月号は全国の書店で販売中! 是非お手に取ってみてください。 もちろんLEEマルシェやネット書店でも購入出来ます♪ おつくりになられたら、ぜひ #コウケンテツさんの子どもと食べたい韓国ごはん で投稿してくださいね♪
  • おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!秋冬のアイテム選びや着こなしテクを参考にして。おしゃれを満喫するヒントがたくさん! 【目次】 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」 ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」 ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」 ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」 ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」 ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」 ⑦コーデの主役「コート」 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」華組 沢辺史さんブログ「初めましてのランチ」よりブラウスはMila Owen。袖のリボンと総レースが気に入ってます。ZARAのベルト付きハイライズパンツは形もsizeも理想のものだったので、エクリュもイロチ買いしました。en recre のウォレットバッグに、私の足にピッタリ 銀座かねまつ MISS SLENDER のパンプス。雨予報が晴れになりライダース(GRACE CONTINENTAL)は必要ないくらい暖かな一日でした。トップス/Mila Owen パンツ/ZARA ライダース/GRACE CONTINENTAL バッグ/en recre 靴/銀座かねまつ MISS SLENDER 華組 伊藤美帆さんブログ「今季一押し!ボウタイブラックブラウス」より今年はボウタイブラウスが沢山出ていますが、E by éclat でポチッとしたブラウスが、あまりに優秀でヘビロテ中です。前後2way で着られて、着回ししやすい。着用シーンを選ばない。シャツ/E by éclat華組 鈴木たま江さんブログ「初秋のおしゃれはシャツコーデ」よりこの日のコーデは袖コンシャスなブラックシャツ。バンドカラーの襟元にギャザーが入ると柔らかく少しフェミニンな印象になります。お気に入りのパンツはeclat premiumで購入した完売パンツです!シャツ/ノーブランド(ホテルブティック購入) パンツ/col pierrot(コルピエロ) 靴/NEBULONIE バッグ/VASIC 首元が綺麗に詰まったバンドカラーと袖口の大きなカフス(見えてませんが笑)キュンキュンポイントのシャツ。ブラックデニム合わせてマニッシュスタイルなシャツワンピです。シャツワンピース/ESSEN LAUTREAMONT デニム/ZARA サンダル/Hermes バッグ/Hermes華組 木原みどりさんブログ「gotoで優雅に過ごすホテル時間」よりMerletteの白トップスと青みピンクのパンツコーデ。暗く、重くなりがちな秋冬のコーデに、明るい色を刺し色にしたコーデ。トップスの揺れ感もとても女らしくみえます。トップス/ Merlette パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK イヤリング/Shourouk バッグ/HERMES華組 成田千恵さんブログ「デコラティブな白シャツで華組ランチ」よりランチコーデには、こんなデコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。 シャツやブラウスのクリーンなイメージが大好きで、なぜかクローゼットに集まってしまうアイテムですが、今シーズンはますます活躍しそうです。シャツ/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)華組 豊田真由美さんブログ「シャツ×デニム 秋の鉄板スタイル」より今の時期、私の鉄板ワンツーコーデです。袖コンシャスなシャツには、ボトムはすっきり見えするデニムを。シャツ/loaf デニム/RED CARD 靴/oriental traffic バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「ノーアイロンのBigスリーブシャツ」より#newansという新しいブランドの展示会で予約したシャツ。届いてみたら着回し力抜群で、とても便利なので、ご紹介させてください。#newans と書いて、「ハッシュニュアンス」と読むこちらのブランド、おうちで洗えてノーアイロンでオッケーなシャツを中心に、普段使いしやすいお洋服がたくさん展示されていました。普段はホワイト大好きなのですが、このシャツに限っては優しいグレーの方がしっくりきました。やはり試着は大切ですね。届いてみて驚いたのは、こんなにビックシルエットなのに、インしても、もたつかない事!ハイウエストのパンツと相性抜群です。シャツ/#newans パンツ/ Barneys Newyork バック/Hermès 靴/ MANOLO BLAHNIK ブログ「今年も活躍!ZARA の華ありブラウス」よりZARA の大人の華ありブラウス。今年と過去のコーデを比べてみました。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。2年前に購入したレースのトップス。今季はインナーをブラックにして、柔らかい落ち感のあるブラックのパンツと合わせたいな。と思っています。大きめなサイズを選んだのが良かったのか、今年も活躍してくれそうです。こちらは柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。今年はインナーはグレー、ボトムスはネイビーのタイトスカート、と同系色まとめて、リラックス感を出したいな。と思っています。トップス/ZARA  パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ華組 朝生育代さんブログ「今シーズンお気に入りのシャツ♡」よりシンプルなコーデがマイブームな私。今一番気に入っているシャツはこれ!大好きなドゥロワーで見つけたのはストライプのこちらのシャツ。今の時期にぴったりなので、ボトムスを変えてヘビロテしています。この日はジーンズ合わせで、久しぶりにヒールのパンプスを履いて。シャツ/ドゥロワー デニム/mother 靴/dolce&gabbana バッグ/old celine別の日は今季の茄子のような色のパンツとスニーカー。ドゥロワーの定番ストレートパンツは、私の体型に合うので毎シーズンチェックして、気に入った色や生地があれば買い足しています。シャツ/ドゥロワー パンツ/ドゥロワー スニーカー/novesta バッグ/dior華組 近藤和子さんブログ「ある日のモノトーンコーデ」よりこの秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。シャツ/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド華組 山口りえさんブログ「華組ランチ会 in 白金」よりお友達とのランチの日のコーディネート。Dolce&Gabbanaの白シャツにseven dotのパンツを合わせました。シャツ/Dolce&Gabbana パンツ/seven dot 靴/FABIO RUSCONI バッグ/Louis Vuittonブログ「秋にぴったりのスニーカー♪」よりベージュのワントーンコーデに合わせて、ブランチへ。秋一番のお買い物はノヴェスタのベージュスニーカーを履いて。Zaraのカゴバッグは、フェイクパールが付いていて一目惚れしたもの。 パールものには無条件でメロメロです。シャツ/Madison Blue スカート/Whim Gazette スニーカー/ノヴェスタ バッグ/Zara ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」華組 成田千恵さんブログ「休日リラックススタイル」より冬は流行に関係なく、毎年白コーデが大好きです。 休日にはこんなリラックス白スタイルで。ニットは昨年ご紹介したPLSTのコスパ大のニット。した肉厚なウールタートルニットで、カラーも豊富でデザインもまさに旬の形が揃っています。トップス/PLST パンツ/JAMAIS VU (ジャメヴ) ストール/ MOON バッグ/PELLICO(ペリーコ) 靴/GUCCI華組 有村一美さんブログ「今大人気!N.O.R.Cのニット」よりN.O.R.Cのニット、今季一番のおすすめです。色は大好きなグレージュ(商品名はベージュ)、カシミヤが入っているのでふんわり柔らかな手触りの「ウールカシミヤタートルニット」夕日が当たって色が少し明るくなっていますが、見頃にゆとりがあるのにシルエットはスッキリ、丈も絶妙です。スカートにもパンツにも合わせやすそうです。ニット/n.o.r.c by the line パンツ/epoca the shop コート/herno バッグ/chanel ブーツ/hermes華組 謝名堂華菜子さんブログ「グリーンVニットで、都立大cafeぶらぶら♩」より秋散策は、すっきりVネック&マキシスカートで。昨冬終わりに買い、なかなか着る機会が無かったバナナリパブリックのウォッシャブル メリノウール100% Vネックセーター。ダークなグリーンと首縁、袖元に控えめに入っている立体ラインが気に入っています。ニット/BANANA REPUBLIC スカート/ne Quittez pas 靴/6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS バッグ/handmade華組 鈴木たま江さんブログ「マンダリンオリエンタルホテル東京へ」よりこの日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪前後どちらでも着れるケープ型ニットは、袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です。ニット/ SOEJU (ソージュ) パンツ/Apuagirl バッグ/Hermes ブーツ/ZARA華組 木原みどりさんブログ「ATONで見つけたラブリーなニット」よりこの秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!グレーともラベンダーとも言える絶妙のくすみカラーで、今の私の気分にピッタリの1着!ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK バッグ/HERMES華組 近藤和子さんブログ「ラメニットをカジュアルに」よりラメと言うと、エレガントなイメージですが、私はカジュアルに着てしまいます。このラメニットカーディガンは、COOMB (クーム)のもの。ラメのキラキラが入ると、単調になりがちなモノトーンコーデにスパイスが加わって、新鮮です。キラキラ好き世代のアラフィー世代にオススメです。カーディガン/COOMB Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Odette e Odile バッグ/グローブトロッター華組 謝名堂華菜子さんブログ「ふんわりニットカーディガンで、アート空間へ」より端境期はロングカーディガンをアウター代わりに。プチプラなのにこんなに手触り良くたっぷり丈で、大満足なカーディガン。プチプラブランドのCOCAのものです。ロングカーディガンの下は ワンピース+ロングブーツのワンツーコーデでした。ワンピース/TOMORROWLAND カーディガン/COCA バッグ/MARCO MAGI ブーツ/made in Italy (10年以上前にセレクトショップで購入)華組 成田千恵さんブログ「埋もれるタートルお探しの方へ」よりこんなちょっと顔が埋もれてしまいそうなタートルネックは、一枚着るだけで、旬な着こなしが楽しめます。リラックス感ある、ゆったりしたオーバーニットなので、ワンマイルカジュアルにもピッタリ。プチプラながら、程よい厚みでウール混なので、機能面でもなかなか優秀です。大好きなフリンジバッグにフリンジブーツを合わせてスタイリングのアクセントにしてみました。ニット/ユアーズ パンツ/ユニクロ バッグ/ウィム ガゼット ブーツ/スチュワート・ワイツマン華組 沢辺史さんブログ「定番シンプルなワンツーコーデ」よりお洒落女子とのランチ、なにを着たらいいか迷った日のコーデです。まずはパンツから。一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。暑がりな私には脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s華組 木原みどりさんブログ「ユニクロUの本命くすみカラーニット」より最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかったくすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!秋らしいニュアンスの色味なので、夏から秋へうまくバトンを渡してくれます。ニット/ユニクロ パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「“お散歩コーデ“と“プチプラピアス”」より毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。トップス/ANAYI スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」華組 謝名堂華菜子さんブログ「秋色花柄ワンピで、芸術パフェを食べに♩」よりこの秋手にしたpapillonnerの花柄ワンピース。花柄だけど、落ち着いた色味なので照れずに着られます。グレージュ&ホワイトの色味が落ち着いていて、離れると無地見えするくらいの、穏やかなフラワープリントです。ワンピース/papillonner カーディガン/COCA バッグ/dragon ブーツ/made in Japan(セレクトショップで20年以上前に購入)華組 宮原 江里子さん今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UPワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import 腕時計/HERMES 指輪/TOD'S ネックレス/Ponte Vecchio華組 謝名堂華菜子さんブログ「ZARAドットワンピで、山種美術館へ」より美術館へはクラシカルな服を着て行きたくなります。ZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 腕時計/Cartier ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」華組 近藤和子さんブログ「華組同期ランチは、ネイビーワントーンで」よりこの日のコーディネートは、落ち着くネイビーワントーン。袖のスリットが気に入って購入したニットはSLOBE IENA、チュールスカートはプチプラのCOCA。エルメスのバングルやバッグで格上げしました。ニット/SLOBE IENA スカート/COCA バッグ/エルメス バングル/エルメス華組 佐藤綾子さんブログ「紅葉が始まった蓼科へ」より今年購入したIENAのレーススカートに、カウチンを羽織って♪裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。カウチンは袖が着物のように広がるシルエットで大人の雰囲気になるようまとめてみました。 カウチン/edit & co. シャツ/Ralph Lauren スカート/IENA ブーツ/SARTORE華組 伊藤美帆さんブログ「リュクスパーカーとクラッチバックで大人カジュアル」よりこちらのパーカーとサテンスカートはエルーラというブランドです。大人気のリュクスパーカーは、艶とぽわっとした張りがなんとも大人可愛いとても優秀なパーカーです。クラッチバックをプラスすると、カジュアルなパーカーコーデも、ちょっと大人の余裕。パーカー/エルーラ スカート/エルーラ バック/ZARA ブーツ/セルジオロッシ華組 近藤和子さんブログ「大人パーカー+サテンスカートでワンツーコーデ」より大人パーカーとサテンスカートでワンツーコーデ。このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。パーカー/Elura  スカート/Elura  バッグ/エルメス華組 横山希世さんブログ「秋の品格ワンツーコーデ」よりゆったりコットンニットに薄手マキシスカートを合わせました。半袖のトップスもカーキなどにすると秋らしい雰囲気になりますね。季節の変わり目は毎年着る物に悩みますが季節感や気温を考えながら、早めのシフトチェンジを心がけています。スカート/アッパーハイツ華組 豊田真由美さんブログ「プリーツスカートコーデ」よりプチプラなプリーツスカートです。この秋冬もプリーツスカートの人気は健在。エコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。 トップス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/ New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE光沢感のあるプリーツは秋らしくブラウン系にまとめて。トップス/ PLST スカート/GU 靴/CARRANO バッグ/YSL華組 有村一美さんブログ「イロチ買いしたくなる!エコレザースカート」よりこの季節に使い勝手抜群&プチプラには見えない長さとカラーバリエーション。これは買いです!GUの「フェイクレザーフレアミディスカート」。買ったのはダークブラウンとベージュですが、ブラックとパープルもあり。トップス/uniqlo(men's) スカート/gu 靴/gu バッグ/bottegaveneta アクセサリー/hermesこちらはダークブラウンのスカートコーデ。ベージュのシルクブラウスを合わせただけの楽チンコーデですが、スカートの質感が違うだけでちょっとこなれて見える感あり。このスカートはレオパード柄のパンプスや小物と好相性なので色々楽しめそうです。トップス/ユニクロ スカート/gu 靴/gu アクセサリー/hermes ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」華組 鈴木たま江さんブログ「ウェストに技あり☆見栄えパンツ」よりシンプルコーデが好きなのでパンツは一枚で見栄えするウェストにポイントのあるものがお気に入りです。シンプルなシャツ&パンツコーデだけどウェストのおかげで見栄えしてます。シャツ/ AK +1 パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/FENDI袖コンシャスな黒ブラウスに合わせたコーデシャツ/No brand パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Jimmy choo バッグ/moontreeplanet同じパンツに同色のニットを合わせて。お地味になりがちな定番コーデですがウェスト部分が折り返しになっているのでシンプルなのに技ありコーデ完結。ニット/GEMINI (Whim Gazette で購入) パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/HERMES華組 朝生育代さんブログ「細見え効果抜群のmotherデニム。」よりこの秋、グレーのデニムを更新。ブラックに近いグレーで股上深めのデザインと程よいフレアでスタイルアップ効果も抜群!ストレッチも効いていて履き心地も良いので、ついつい履いてしまう。このギャラリーヴィーのニットも着心地の良さ、ネック、丈感が気に入りすぎて、毎年1枚ずつ買い足しています。ニット/ギャラリーヴィー デニム/ 帽子/Maison Michel 靴/Walter Steiger華組 豊田真由美さんブログ「スタイルアップしてくれる優秀パンツ」より気になるお腹周りをスッキリみせてくれる、タックパンツのご紹介。ソージュさんのサロンで出会ったミントカラーのパンツ。ミントの華やかさはもちろん、気になるところをカバーしてくれる優秀パンツ。斜めからタックが入っていて、お腹周りがすっきり。しかも足元に向かって細くなっているので、足のラインをとても綺麗に見せてくれます。トップス/STYLE DELI パンツ/SOEJU 靴/ENZO ANGIOLINI バッグ/HERMES ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」華組 成田千恵さんブログ「ネイビートラッドで華組同期ランチへ」よりもしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。コート/ Deuxieme Classe トップス/And A パンツ/H&M バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PIPPICHIC(ピッピシック)ブログ「トップグレーで冬を迎える」より冬は白コーデが大好きなわたしですが、今年は特にトップグレー×白コーデにハマっています。このトップグレーの上下は、実はセットアップではありません。JOHN LAWRENCE SULLIVANのトップスに一目惚れして購入したものの、どうしても上下セットアップにしたくて、限りなく近いボトムスを散々探して、ようやくTOMORROWLANDで見つけたパンツとの溺愛セット。ジャケット/ENFOLD トップス/JOHN LAWRENCE SULLIVAN パンツ/TOMORROWLAND タートルニット/COS スニーカー/NIKE Air Max 95 バッグ/Maison Margielaブログ「ZARAの旬顔ジャケット」より今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していたのですが、パワーショルダーやビッグシルエットはアラフィーのわたしには厳しい。また、茶系のチェック系が多く、どうもわたしには着こなせそうになく、躊躇していました。ところが、先週ZARAに足を運ぶと…わたしの理想にぴったりなジャケットがありました!ジャケット/ZARA トップス/martinique (マルティニーク) パンツ/d'un a dix (アナディス) 靴/PIPPICHIC(ピッピシック) バッグ/HERMESブログ「今シーズンはブーツで‼︎」よりちょっとゴツメなブーツたちは、ダッドスニーカーの代わりに是非取り入れてみてはいかがでしょうか? こういったショートブーツをパンツに合わせる時、一番困るのはパンツの丈とのバランスです。着用しているのは何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツで、この裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。ジャケット/ZARA トップス/AURALEE(オーラリー) パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF サングラス/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)ロングスカートを合わせてみました。 ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大で、スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。ジャケット/ZARA トップス/ AURALEE(オーラリー) スカート/IENA バッグ/Maison Margiela (メゾン マルジェラ) サングラス/CELINE華組 横山希世さんブログ「今年の秋は黒のジャケットで楽しむ♩」より秋一番のお気に入りのジャケットです。カシミア混ウール×レザーのtheoryの黒ジャケットです。デニムにも合うのでオンオフどちらでも使えそうです。スカートもtheoryの物。フレアが綺麗です。最近は黒のコーディネートが好みです。ジャケット/theory スカート/theory 靴/トッズブログ「ショートブーツ。Dr.Martinの大人コーデ」よりDr.Martinのブラックステッチはすっきりと大人の雰囲気です。数年前頃からまた若い世代を中心に人気再燃したDr.Martin。ジャケットとパンツでハンサムコーデ。ジャケット/theory ブーツ/Dr.Martin華組 木原みどりさんブログ「この秋、私の品格ワンツーコーデ」よりこの秋に活躍してくれる私のワンツーコーデ。秋物を探しにエストネーションにパトロールに出かけた際に、一目惚れしたジャケットとパンツ。セットアップではもちろん、上下別でもとにかく使い回しが効く万能なスーツです。ジャケット/COL PIERROT FOR ESTNATION パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION トップス/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/Chatelles ⑦コーデの主役「コート」華組 成田千恵さんブログ「コートを更新しました。」よりいつも大好きな白コーデや、今年ハマっているTOPグレーに合わせやすいグレーのコートを選びました。ほぼわたしの理想を叶えていたのが、こちららのebureのコートでした。コート/ebure ニット/ZARA シャツ/COS パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/MANOLO BLAHNIK華組 木原みどりさんブログ「キレイ色コートを纏って華組ランチ」より爽やかなブルーのコートを羽織って、大好きな華組の方々とのランチ会に出かけてきました!コート/SOEJU ニット/ATON インナー/ATON パンツ/MADISONBLUE shoes:JILSANDER バッグ/CLOUDY華組 朝生育代さんブログ「秋が深まるとムートンジレの出番♪」より肌寒くなってきたので、お気に入りの「カールドノヒュー」のグレーのムートンジレ。数年前に気に入って購入して以来、秋にはブラウスやシャツと、冬はセーターにと毎年大活躍しています。ジレ/カールドノヒュー シャツ/bagutta パンツ/darwer スニーカー/novesta バッグ/goyard華組 謝名堂華菜子さんブログ「明るめカーキのモッズコート」よりモッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です!ボーダーにゆったりデニムにバレエシューズです。コート/JOURNAL STANDARD relume華組 近藤和子さんブログ「セットアップ+コートワンピースで結婚記念日ランチ」よりSOÉJU(ソージュ)というブランドのワイドパンツにコクーンブラウスをセットアップのように合わせ、コートワンピースを重ねて少しだけキレイめにコーディネートしました。ソージュの服は、着心地が良く、シンプルなので着回し抜群でお気に入りです。ハリと光沢があって形がとてもキレイなコートワンピースはウエストを絞るとふんわりとして雰囲気が出ます。トップス/SOÉJU パンツ/SOÉJU コートワンピース/SOÉJUブログ「ゆったりな オーバーサイズトレンチコート」より正統派のトレンチコートも素敵ですが、もっと気楽に着られて、カジュアルにも綺麗めにも合うトレンチコートをずっと探していて、やっと出会えました。トレンチコート/Lavish Gateブログ「ミルクティーベージュのゆったりコート」よりとても軽くてカーディガン感覚で着られるゆったりシルエットのコートは冬を待たずにもう着ています。暖かくて軽いこのウールのコートは、先日のオーバーサイズのトレンチコートと同じ、Lavish Gate のもの。コート/Lavish Gate トップス/ヘインズ デニム/healthy denim 靴/バナナリパブリック バッグ/マルコマージ    ▲【2020秋コーデ】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック

RECOMMEND