ブラピとレオは、ナイスおとぼけコンビ!?

OurAge

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は 2019年の夏の、と言うより、2019年の大ヒット映画の一本です。タランティーノ監督の作品中、最高の興行収入を上げているのはもちろんですが、グローバルな興行収入は現段階で3億5000万ドル。ものスゴい数字を出しています。

ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオの“強力スターパワー”が追い風となって、まさに順風満帆の世界航海を果たしたのです。二人とも素晴らしい演技を見せています。

中島さん_photo

日本でも大ヒット!TOHOシネマズ六本木ヒルズなどで公開中

舞台は1969年、人気が下降気味のテレビ西部劇スター、リック・ダルトンをレオが演じ、ブラッドはリックの長年のスタントマンで親友の、クリフ・ブースという役どころ。 レオは、時代の流れの中で取り残されて行くテレビスターの苛立ちと寂しさをにじみ出しながら、スターの気取りも忘れていない演技で、さすがという感じです。

中島さん_photo

大人のシブさの中にまだ少年のチャーミングさもあり…レオさま、スターのオーラは健在です。(C)HFPA

今回のブラッドの役者としての円熟度は目をみはるものがあります。まるで演じてないような楽な雰囲気の中で、なんとも言えない包容力を醸し出しています。「人生なるようにしかならない」という、悟りとも諦めともいえる生き方を淡々としているスタントマンの役作りが素晴らしいのです。

彼が無駄に年をとってないのは明白です。Tシャツを脱ぐシーンでは会場からため息が聞こえて来ました。あのシーンの為の準備は?と聞かれて「スタントマンがブヨブヨしてるわけにはいかないだろう?だから、あのシーンのためというわけではなく、それなりのトレーニングは当然さ」とにこやかです。

中島さん_photo

この笑顔、眩しーっ!さすが大スター☆(C)HFPA

タランティーノ監督は、最初からレオとブラッドの組み合わせを考えて脚本を書いたわけではないと言ってますが、レオとブラッドの違う良さを見極めて大スターの2人を使ったのは、リスクをとりつつも大成功だったと思います。

ブラッド演じるクリフ・ブースの侘びしげなトレーラーハウスには同居人がいます。ブランデーと呼ばれるピット・ブル犬ですが カンヌで“パームドッグ賞”(パルムドールではなく)をもらった名犬です。

「相棒のブランデーが最高ですね。彼〈雄犬だと思って〉との共演はどんな感じでしたか?」と聞かれて「君、あれは“彼女”だよ、彼ではない。彼女が傷つくから気をつけてね」と笑わせてから「最高の共演者だった。僕のことをブラッド・ピットと知らない共演者は本当にありがたいんだ。 ブラッド・ピットから開放されるって気持ちよいことだから。それに顔をペロペロ舐めてくれたしね」とユーモアたっぷり。
「犬飼ってますか?」「イエス、今現在二匹。ハグしてくれるし泳ぐ相手もしてくれる」

ブラッドはあの有名なHOLLYWOOD サインのそばに住んでると言ってましたから、あの辺を歩いていると、2匹の犬を連れた彼に遭遇するかもしれません!

中島さん_photo

ブラピと共演したのがこのコ。女子なんですね!

レオとブラッドは2人が演じた役の違いと同じくらい違う、とタランティーノ監督は言ってます。実際、ずいぶん違います。レオはインタビューに時間ピッタリに現れて、はっきりした言葉を選んで真面目にキチッと答え、無駄なくどんどん会見を進ませます。レオ自身が言ってますが「物事を複雑にしない、シンプルに進む」、それが彼の対応にハッキリ出ています。

中島さん_photo

(C)HFPA

ブラッドはちょっと遅れて現れて「ハァァイ、わあ、見慣れた顔が並んでる。再会って感じだなあ」とゆったりとスタートします。「勇気を奮い起こさないとできないことはありますか?」と聞かれて「いろいろな人に囲まれてる時。自分の言いたいことをまとめてハッキリ言うことに、今でも恐怖心に近いものを感じる時がある」と言ってました。

中島さん_photo

(C)HFPA

理路整然と応えるレオと、言葉を探してモタつくブラッドの違いがハッキリ出ていて、おもしろいと思いました。

ハリウッド大通リの5ブロックを2日間閉鎖し、ハリウッドのど真ん中を1969年に塗り替えての撮影当日。その時の話をレオが教えてくれました。クリフ( ブラッド)の運転でハリウッド大通りを通過するシーン。69年はまだまだラブ&ピースを呼びかけて、のんびり生きるヒッピーであふれてました。ヒッピー風の衣装をつけたエキストラが何百人と道を歩いているのが背景です。

レオが「あっ、あそこに僕の父がいる」とブラッドに言うと「オー、クール。あれはヒッピーの格好をしたエキストラだよ」とブラッドは冗談だと思って答えます。「いや、あのヒッピーが僕の父なんだ」とレオ。「オー、クール。お父さんがヒッピーの衣装を着て、エキストラ出演してるんだ」「いや違う。出てるわけじゃなくてあれが僕の父なんだ。あれは父の普段の格好なんだ」とレオは説明して大笑いしたそうです。レオの両親は元ヒッピー、今もヒッピーだと笑ってました。

なんだか、とても楽しい撮影だったのではないでしょうか。

関連記事
  • NHK大河ドラマ『西郷どん』では主人公の西郷隆盛役として日本国民に強烈な印象を残し、NHK連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの夫・村岡英治役で第39回エランドール賞を受賞し、映画『HK/変態仮面』ではパンティを被ったアブノーマルなヒーローを熱演し、『俺物語!!』ではなんと30㎏も体重を大増量して高校生役に挑戦し...自らを徹底して“役者”と呼び、そのストイックすぎる役づくりがクリエイターからも視聴者からも愛される俳優・鈴木亮平さんにお会いしてきました。 鈴木さんが今回挑戦しているのは、『孤狼の血』(2018年)、『凪待ち』(2019)など、ヒューマンドラマの傑作を次々と生み出している気鋭の映画監督・白石和彌(しらいし・かずや)さんの最新作『ひとよ』。DVの父親を殺めて3人の子どもたちを守った母親が15年ぶりに帰郷。その後の家族4人の葛藤や戸惑いを描いています。 鈴木さんは、三兄妹の長男・稲村大樹役。次男で弟の雄二役を佐藤健さん、長女で妹の園子役を松岡茉優さん、そして母親のこはる役を田中裕子さんが熱演しています。たった“ひとよ(=一夜)”の事件によって人生を狂わされてしまった家族が再会を果たした先は、本当に幸せなのか...!? 今をときめく俳優たちがこぞって出演を希望するという白石監督の作品と向き合った日々のお話を伺いました。 鈴木亮平『ひとよ』インタビュー目次1.鈴木亮平が役づくりに徹底して励む理由 2.大樹役を通じて発見した、鈴木亮平の新たな一面は? 3.白石和彌監督にラブコールが殺到する理由 4.『ひとよ』でいちばん心に残ったシーン 5.鈴木亮平にとって“家族”とは? 6.『ひとよ』を観るべき人はこんな人 1.なぜ、役づくりにそこまで没頭できるのですか? 鈴木さんが演じる大樹は、三兄妹の長男ではありますが、いかにも長兄らしい頼りがいはなく、子どもの頃から吃音に悩み、コミュニケーションが苦手で、言いたいことをうまく表現できない役どころ。また、三兄妹で唯一家庭を持っていますが、母親が殺人事件を起こしたことを妻(MEGUMIさん演じる稲村二三子)に黙って結婚したため関係が悪化し、離婚の危機にあります。吃音のキャラクターを演じきるため、先生の指導を受けたり、吃音の方々の交流会に参加したりと、『ひとよ』現場でも徹底してストイックな姿勢を貫いていたという鈴木さん。仕事で、演じることのプロフェッショナルとはいえ、なぜそんなに自分を追い込めるのでしょうか? 「それはもう、役をいただいたのですから、自分にできることを精一杯、一生懸命やるのみです! 僕が役者をやっている理由は『自分以外の人生を本当に生きている!』という実感というか、醍醐味に夢中だからです。...とはいっても、今回の大樹役は少し難しかったかもしれません。本来の僕との共通点がほとんどなかったので“違っている点を埋めていく”作業が多かったですね。唯一共通点があるとすれば、家庭があることと、体が大きい(鈴木さんの身長は186㎝)ことかなぁ。大樹は、こはるの殺人事件以来、父親の暴力からは解放されましたが、“殺人者の子ども”として15年間ずっと世間から蔑まれて育ってきた。吃音も直らないし、発言に自信が持てない。でも体は大きいから、少しでも注目を浴びないようにするために自然と背中も丸まっちゃって、15年かけてスッカリ縮こまってしまった。僕もプライベートでは絶対気づかれたくないほうで、人目を避けるように猫背でこっそり歩きます。ストレスや負の感情を表に出さず、つい溜め込んでしまうところもあります。あと、大樹は『自分はDVだった最悪な親父とは違う』という思いがありますが『父親を絶対超えてやる』っていう意地は、男なら誰にでも必ずあると思う。そんなちょっとした実体験をていねいに照らし合わせることが、大樹を演じるうえでの大切なヒントになりました」 2.これまで気づかなかった自分の新しい一面はありますか? 「僕はほかの方よりも比較的、いろんなタイプのキャラクターを依頼されるほうの役者だと思っているんですが、今回なぜ白石監督から大樹役にキャスティングされたのか、最初はわからなかったんですよね...鈴木亮平にあまり内向的なイメージってなくないですか(笑)? でも僕自身は、気持ちを内面に抑えて溜め込んでいく面が確かにある。白石監督は“人の違う面を見抜く嗅覚”みたいなものが本当に鋭くて、もしかしたらミスキャストになる可能性もありながら、それでも『大樹を鈴木亮平に任せてみたい』っていうのが白石和彌監督の白石和彌監督たるゆえんで、彼なりの反逆精神だと感じました。役者への愛も強いですし、役者本人の想像のはるか斜め上をいく新しい魅力を引き出してくれる監督だからこそ、たくさんの役者から求められていると思うんですよね」 リアルでは次男の鈴木さんが、長男役を演じてみて思ったこと。 「大樹は、なぜ父親が自分たちを殴るのか、自分のどこがダメなのか、理由がまったくわからず『兄貴である自分が至らないせいで弟も妹も殴られている』と思い込んでしまう状況で育ってしまいました...(大樹の心境を想うあまり10秒ほど沈黙したあと)本当にキツいですよね。兄妹だから、弟にも妹にも気をつかっていない風に装いますが、肝心なところで行動派の弟に『雄二どうする!?』っていちいち聞いてしまう自信のなさもすごくわかる。さらに、自分が虐待を受けてきたからこそ、奥さんに責め立てられてつい手を出してしまい、自己嫌悪に苛まされる彼の姿は、演じていてもキツかったですし、観ているほうもツラいと思います。自分をものすごく嫌いになってしまう。でも彼は“いい親父”ってどういう父親なのか見たことがない。先生がいないまま大人になって結婚してしまったんです。どうすれば幸せな家庭を築けるかわからないって難しいですよね...。そもそも事件のことを奥さんに言っていなかったのがいけないですよね。話し合うって本当に大事なんですよ! 家族に問題があるときは絶対に話し合ったほうがいい」 3.白石監督にラブコールが集中する理由は何でしょうか? 「白石監督の作品って、緊張感あふれるバイオレンスなものが多いイメージだと思うんですが、実は現場はとても穏やかなんですよ! 役者がすごくリラックスしてベストを尽くす環境を作ってくれる、あったかい現場です。監督自身もワンマンな感じは一切なくて、いつも和やか。スタッフ同士の怒鳴り合いなどもないし、平和に過ぎていくんですよ。僕も(佐藤)健も(松岡)茉優ちゃんも、本当の兄妹的な空気感を出そうともちろん努力はしますが、普通に雑談しているそのままの流れで『ハイ、じゃー用意スタート!』みたいな、常に僕たちを見守ってくれる感じが大好きです。僕たち役者が、それぞれの役に対していちばん自信を持った状況をしっかりつかんで、一歩前に進めるように仕掛けてくれる、そんな監督です。それでいて、出来上がった作品にはすごく緊張感がある、そのギャップが、みんなが夢中になる白石マジックなのではないかと思います」 4.最も印象に残っているシーンはどこですか? 「15年ぶりに帰ってきたこはるに、妹の園子と一緒に抱きしめられるシーンです。園子はそのまま『おかえり』と抱きしめ返しますが、僕は『やめろよ』と拒絶して去っていきます。このシーンは、現場で田中さんに実際抱きしめられたときの直感を大事にしようと思って、あえてあまり考えずに臨みました。そうしたら大樹くんは“お母さんの匂い”がイヤだったんですね...子ども時代に、唯一安心できる存在だった大好きな母親の匂いをかいで、その気持ちの強さに飲み込まれてしまうのが怖かった。園子みたいに流されてしまったら、自分たちが苦しみ抜いた15年がなかったことになってしまう、それを認められなかったんですよ。それだけ母親のハグって、問答無用の安心感があるというか、匂いも体温も強烈なんですよね。今でもお母さんに抱きしめられることってないじゃないですか...(と質問されたので「ありますよー」と答える筆者)...えっ、ある!? 外国みたいですねぇ(笑)。僕は母親にハグされることはないので、今もしされたら、えっ...どうしよう(困)。感情をものすごく強く引っ張られるからこそ逆に逃げたくなる、親子のすごさを感じました」 5.鈴木亮平にとって“家族”とは!? 「一緒に暮らす“時間”がとても大事だと思います。血縁関係に限らず、会社でも学校でも、人間って、小さなコミュニティのなかで一緒にいる時間に比例して情が生まれて、惹かれあっていくのかなって。大樹のなかでも最初、母親を受け入れたい気持ちと、受け入れられない気持ちがせめぎ合っていますが、一緒に生活することによって、心が解きほぐされていきます。この映画の舞台になっているタクシー会社でいうと、ずっと何年も一緒に働いていると本当の家族みたいになってお互いに助け合うようになるし、そこで男女の関係になる人もいたり...時間が与える影響って本当に大きい。あと僕、こはるの『自分にとっては人生を変えた一夜でも、他人にとってはなんてことない、それでいいんだよ、ただの夜ですよ』っていう台詞が本当に大好きで、人生における時間についての重みを考えさせられました。たとえばあの、大昔にデートした大好きだった人は自分にとって一分一秒思い出に残っているけど、相手にとってはなんてことない時間だった...みたいなことになるんですよ(と、いきなり過去の恋を引き合いに出す鈴木さん)! 時間の大切さって人によって価値がぜんぜん違うから、そこが悲劇を生んだりする。感慨深いですね...(ちょっと遠い目)」 6.映画『ひとよ』を観るべき人は!? 「本音をいうととにかく観てって感じですが(笑)、家族に対して何かしらの思いを抱えている人にはぜひ観ていただきたいですね。『ひとよ』は、自分が家族に対して思っている感情を何よりも投影できる作品だと思うんですよね。“推し”のキャラクターに感情移入することによって、自分が普段どのように家族と向き合っているか、ヒントが見つかる気がします。娯楽として観る映画も好きですが、映画って、人生についての気づきをもらいたいから、何か一歩踏み出す勇気がほしくて観るのが醍醐味だと思っているんです。なので僕は『悩みを忘れて気分転換したい』というよりも、何かに落ち込んでいるときに、同じような思いをしている人を映画を通して見守ることで、勇気をもらえたり、言葉にできない気持ちの整理をつけたり、頑張ろうとか、そういう気づきをくれる映画が好き。そんな映画は何度でも観ます。家族に対してギクシャクした感情って、必ず誰にでもひとつはあると思うんですよ。そういうのを和らげて、自分の家族に対する思いを確認していただければ。極端にツラい状況にある家族を観ることで『自分たちの家族はどうだろう』『やっぱり家族って大事だよね』と思ってもらえるとうれしいです」 インタビュー終了後“母親に積極的にハグされたいか問題”を振り返り「いやぁ、僕もハグし合う家族になりたいですよ。でも相手があることだしなぁ...」とつぶやきながら控室に去っていった鈴木さん。自身のご家族にはもちろん、仕事仲間に対しても、我々のような取材陣に対しても、さらに自分が演じる役に対しても、徹底的に誠実さを貫き通す、愛と信念の人だと感じました。筆者は鈴木さんと共有した“時間”を一生忘れません! そんな鈴木亮平さんが好演している映画『ひとよ』、ぜひ劇場でお楽しみいただければと思います。 【映画『ひとよ』】公開日/11月8日(金)~公開中会場/全国主要映画館監督/白石和彌 脚本/髙橋泉 原作/桑原裕子「ひとよ」(集英社) 出演/佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟、佐々木蔵之介・田中裕子 製作幹事・配給/日活 企画・制作プロダクション/ROBOT ©2019「ひとよ」製作委員会 映画『ひとよ』公式サイトへ 撮影/齊藤晴香 ヘア&メイク/森泉謙治 スタイリスト/徳永貴士 取材・文/沖島麻美 鈴木さん衣装クレジット:スーツ¥125000・ニット¥18000・シューズ¥82000/ヒューゴ ボス ジャパン(ボス)
  • 寝転ぶお父さんのおなかの上によじ登り、満足げなルウ。でもなんだろう、この感じ。なんか、ぜったい動いちゃいけない気がしてきた(笑)!!「ここ居心地抜群にゃんだわ。動かにゃいでにゃ」■名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感→ルウくんの投稿はこちらから
  • こんにちは! バイラーズの中島です。 BAILA12月号は本日12日発売! 今月号は、見所が盛りだくさん! 付録も本当に豪華なんです…♡ 読み応えもたっぷりなので、 読んでいて物欲がとまりませんでした。笑 早速、その中身を簡単にお届けしていきますね♪ 12月号はカバー初登場の戸田恵梨香さんが目印♡ 嗚呼…美しすぎます…♡ 誌面にも、戸田恵梨香さんの インタビュー記事があるので必見です! 充実の付録を一挙紹介♪ 【特別付録】ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおり監修“あったらいいな”天才眉ブラシ 【貼り込み付録】ランコム 新ジェニフィック美容液1包 【別冊付録】婚BAILA 大人のあか抜けフェミニンWedding 豪華すぎる…! 買って損ナシです! 中でも、特別付録の天才眉ブラシ。 手に収まりやすいサイズ感で、 こんなに描きやすいとは…! これ一本で理想の眉に近付けるハズ♪ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ブラシの形、厚み、幅、しなり感… 動画で伝わりますでしょうか??^^ とにかく眉を作りやすいんです!! 眉毛が上手く描けない… そもそも描き方がよく分からない…! と、お悩みの方も多いはず。   私も眉毛には全く自信がなく、 メイクの際の悩みポイントの一つでした。。 そんな私の眉を、 3万人以上の眉を解決してきた長井かおりさんが 直々に解決してくださったので、 詳しくは誌面でチェックしてみてください♡ (長井さん、気さくで美しい素敵な方でした❤︎) このコートが欲しい!が見つかる♡ 12月号、誌面の一番の見所は、 なんといってもコート特集!! 数ページに渡り、コートコートコート! これでもか!とコートが盛りだくさんです♡ 読んでいて楽しすぎる…♪ コートのタイプによって、 ボトムスや靴の合わせ方も載っているので とてもコーデの参考にもなりますよ♪ これからコートをGetしようかな〜という方、 是非BAILAを一読されてから ショッピングへ…♡ ちなみに、私はBAILAを参考にして コートを予約しました! それもまた追ってご紹介させてください♪ インスタグラムもやってます。 コメント・ご質問もお気軽に…♪ 遊びに来てくださいね^^ @maa_colorful_
  • ヴァレンティノが北京にてオートクチュール ショーを開催した。中国における新たなフラッグシップストアとなる、三里屯ストアのオープンを記念したイベントの一貫として、クリエイティブ ディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリは45体のエクスクルーシブなオートクチュールのルックを制作。ユネスコ世界遺産に指定されている頤和園を舞台に特別なゲストに向けて発表された。 コレクションのテーマは「デイドリーム」。イタリアンルネサンスと、中国の宮廷文化に着想を得たルックでは、まるで絵画のような美しいカラーパレットに彩られた。中でも際立ったのは、ヴァレンティノと中国の結びつきを示す、華やかなレッド。冒頭で登場した、シルクタフタで大胆なボリュームを描いたドレスをはじめ、フィナーレでは繊細かつデカダンなレースやチュール、そしてノーブルなクレープ地に刺しゅうをあしらったソワレなどが登場。ヴァレンティノのオートクチュール ショーではもはや定番となった『トスカ』の旋律と混じり合い、浮世離れしたファンタジーの世界を描き出した。 text:Shunsuke Okabe, runway images courtesy of brand
  • 話題のステージの中から、キーワードに沿ったイチ押し舞台、そして2本のおすすめをご紹介します。【今月のキーワード】伝説の舞台が帰ってくる!人気劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキが、亡き蜷川幸雄に次いでBunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任することになった。シアターコクーンといえば、今年30周年を迎える渋谷の名劇場。「アングラな感覚を商業演劇に持ち込んだ」蜷川に対し、「不真面目な色気のある劇場にしていきたい」と松尾らしい抱負を発信し、演劇ファンの期待を大いに高めている。就任第1作目は、2000年に初演したミュージカル『キレイ-神様と待ち合わせした女-』。松尾らしいシュールな笑いを存分にちりばめながらも、戦争や民族紛争、少女監禁といったシリアスなテーマに踏み込み、演劇界に大きな衝撃を与えた伝説の作品で、今回が4度目の上演となる。主人公・少女ケガレに乃木坂46の生田絵梨花、大人になったケガレの伴侶となる青年ハリコナ役に小池徹平を据えるなど、近年ミュージカル作品で頭角を現している実力者を揃えた、松尾の本気度を感じるキャスティングに。さらに本作で舞台デビューを飾る神木隆之介が、おバカな少年時代のハリコナを演じるのも期待大!物語の舞台となるのは、3つの国に分かれ100年間民族紛争が続く“もうひとつの日本”。10年ぶりに監禁生活から脱出したケガレが“ソト”の世界で出会うのは、大豆でできた兵士“ダイズ兵”の死体回収業で生計を立てているハリコナたち。そして、彼らを見守るのが、ミソギと名乗る成人した女性ケガレ。過去と現在、未来が交錯する不思議な物語が繰り広げられるため、まずは過去作を観て予習しておくと、キャストや演出の変化も楽しめるはず。【今月のイチ押し☆ステージ】『キレイ-神様と待ち合わせした女-』これまで出演もしてきた松尾スズキは今回、演出に専念。初参戦となる麻生久美子はミソギを、鈴木杏は生田演じるケガレの親友カスミに扮し、橋本じゅんが2005年ぶりに出演することも決定。阿部サダヲや皆川猿時、村杉蝉之助、荒川良々など、おなじみの大人計画の面々も登場する。◆12/4〜29(地方公演あり) Bunkamuraシアターコクーン ●Bunkamura ☎03・3477・3244『キレイ-神様と待ち合わせした女-』ケガレ役を鈴木蘭々、ミソギ役を高岡早紀が演じた2005年版。今作では別の役を担当する、ハリコナ役の阿部サダヲの熱演にも注目! DVD¥6800(発売元:TBS 販売元:ポニーキャニオン)オススメステージは、『月刊「根本宗子」第17号「今、出来る、精一杯。」』と『日本文学シアターvol.6 【坂口安吾】風博士』。『月刊「根本宗子」第17号「今、出来る、精一杯。」』女子の面倒くささや愛おしさ、男のどうしようもなさや可愛げを見事にすくい上げてきた根本宗子の代表作を音楽劇としてリメイク。劇団旗揚げ10周年イヤーのフィナーレにふさわしく、清竜人が音楽を担当するだけでなく、坂井真紀と共に主演を務める豪華な布陣に。◆12/13〜19 新国立劇場 中劇場 ●ヴィレッヂ ☎03・5361・3027『日本文学シアターvol.6 【坂口安吾】風博士』日本文学へのリスペクトをこめた「日本文学シアター」シリーズの第6弾となるのは坂口安吾の作品から着想を得た北村想による新作戯曲。中井貴一、段田安則、渡辺えり、吉田羊らベテランに加え、趣里、林遣都ら若手実力派が花を添える。◆11/30〜12/28(2020年1月に大阪公演あり) 世田谷パブリックシアター ●シス・カンパニー ☎03・5423・5906 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/松山 梢
  • アンニョンハセヨ! 韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネーターをしている私YUKIが、韓国・ソウルからHOTなコスメ情報をお届けしていきます! 夏の日差しで受けたダメージと、乾いた空気によって髪がパサつきやすいこの季節。見た目もかわいい優秀ヘアケアアイテムを持ってきました♡注目のビューティブランド『moremo』(モレモ)韓国コスメ=メイクアップアイテムと思いがちですが、韓国は乾燥大国のため、実はヘアケアアイテムも充実しているんです! 『moremo』(モレモ)は、韓国の有名ビューティ情報番組『Get it Beauty』や、女性誌でもよく取り上げられている人気ブランド。ピンクをメインにしたパッケージも、おしゃれでかわいい!オイルタイプの『ヘアセラムR』個人的に、全頭ブリーチを2回、その後も根元のブリーチを続けて紫やピンクなど髪色で遊び倒した1年。髪のダメージは言うまでもなく、限界レベルに達しました(苦笑)『ヘアセラムR』は、マカダミアナッツ、ヒマワリ種子油など8種類の植物性オイルが含まれているダメージリペア用のオイルセラム。一般的なウォータータイプよりは少し重さがありますが、べたつかないサラっとしたテクスチャーで使いやすいです◎ フローラル系の香りも主張しすぎず、ちょうどいい感じ。次に紹介するバームをつける前に、ブースターのようにつけたり、日中も乾燥を感じたらこまめに塗るようにしています。ワックスっぽく使える『リカバリーバームB』こちらは傷んだ髪に必要な「たんぱく質」を高濃縮した洗い流さないタイプのトリートメント。手に出した感じだと、かなり重くべたつきそうに思えますが、手で広げると水分っぽさが出て、するする伸びるのが不思議! 今までにないテクスチャー!伸びがいいので、ロングヘアでもアーモンド1粒くらいの量で足ります。これを塗ってから髪を乾かすと仕上がりが全然違うんです……! ブリーチを繰り返した超ダメージ状態なうえに、強めのくせっ毛という扱いにくさにかけては超一流(?)な私の髪。特に乾燥がひどくなった最近は髪の広がりが大きな悩みでしたが、かなり解消されました(感涙)。朝はスタイリングした髪にジェルワックス気分で軽くつけています。本当にしっとりするので、ふつうのヘアオイルじゃ物足りない人に、ぜひ試してほしい! 『moremo』は、『OLIVE YOUNG』『LOHB’S』『CHICOR』『lalavla』と大型ビューティーショップに入店しているので、買いやすさも抜群ですよ。 YUKI 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/ 20代の韓国系ライターYUKIの韓国コスメ記事をもっと見る
  • 美ラインのニットワンピースでラクしておしゃれ♪気温差が大きくなってきたとはいえ、例年の今の時期と比べて暖かいような気がします。 薄手のリブニット素材のワンピースが重宝。ブラウン系コーデに飽きてきたら、グレーやネイビーが新鮮に映ります。 こちらのグレーのワンピースはフィットするシルエットなので、アウターはゆるっとオーバーサイズでバランス良く。 スポーティーな印象のマウンテンパーカを合わせれば、程よくカジュアルダウンしてくれるので、おすすめです。▶マウンテンパーカの詳細はこちら足元はパンプスだとフェミニンすぎるかなと思い、ブーツにしました。 VASICのバッグをポイントに。dress nano・universe hoodie GU boots NUOVO bag VASIC 久しぶりにロンハーマンカフェへ。 なかなか酸味が効いていて美味しいレモンケーキ♡そして、音楽劇「組曲虐殺」を観てきました。 井上ひさしさんの没後10年目のメモリアルイヤーということで、今回は初演、再演に続く再々演でした。 プロレタリア作家の小林多喜二とその周囲の人々が、言論弾圧される時代にも明るさと希望を失わずに生きる姿が描かれています。 キャスト6名+ピアニスト1名とは思えない見応えのある作品。 個人的には、井上芳雄さん&上白石萌音さんの再共演が嬉しくて。ずっと聴いていたくなる、お2人の声。 次はどんな作品を観ようか、今からわくわくしています^^美女組No.161 愛のブログ
  • こんにちは秦(シン)です☺️ お久しぶり更新しました! 今日はこの秋のキー色【ブラウン】を使って、 自分のカラーレシピをご紹介したいと思います! 去年の11月からバイラーズになって、 何回もブラウンをテーマにしたバイラを読んで、 元々ブラウンを好きな自分が ブラウンに対する愛はより深くなりました。 いつもブラウンを買ってしまって、 気づいたらクローゼットの三分の一はブラウン!笑 カラーレシピというテーマをつけるのが自分勝手ですが、 本当に雑誌の中にブラウンが出てきたページを何回も読んで、 バイラだけではなく、他の雑誌も何冊も見ました。 ブラウンは何色でも合わせられるんだなってすごいと思いました! でもモデルに似合うのが普通の人間に似合うのが限れないから、 何回も何回も失敗して、 今日はブラウンに最も合わせやすい色を六つをご紹介します! 【IGTV】BROWN+6Color 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 RED 赤は何トーンのブラウンでも合わせやすくて、 (ベージュからダークブラウンまで) 人にすぐ元気な印象を与えます。 でもちらっとを見せするのがベストだと思います! PINK ピンクは雑誌の中に登場数が最も多いの一つで、 絶対合うと思ったが、一番苦労した色です。 最初は淡い色のピークで大人しいスタイルにしようとチャレンジしたが、 やはり濃いピンクとパンツスタイは自分に似合います。 GREEN 淡いブラウンと合わせて、 グリーンの華やかさを少し抑えました。 小物はレオパートのスカーフを使い、 少しトレンドを取り入れてみました。 YELLOW ブラウンのカーディガンの上にある柄と合わせて、 トップスをイエロー、ボトムスを白にしました。 残りのネービとカーキについて興味がある方か、 もっと詳しく見たい方はぜひこちらリンクを押してみてくださいね❤︎ 【YouTube】BROWN+6Color 【IGTV】BROWN+6Color ブログを最後まで見てくれてありがとうございます❤︎ インスタも更新していますのでよかったら見てみてください @imheidichin
関連キーワード

RECOMMEND