中井貴一さんが語る「絶対に面白い」コメディの条件(インタビュー/前編)

OurAge

中井貴一さんが三谷幸喜氏脚本・監督の映画『記憶にございません!』に主演する。

演じるのは〈記憶喪失の総理大臣〉!? 台詞や演技をじっくり味わえる、上質な大人のコメディだ。

支持率2.3%、史上最低の総理大臣は、中井さん自身のダークサイド?

撮影/宅間國博 ヘア&メイク/藤井俊二 取材・文/岡本麻佑

中井貴一さん

Profile

なかい・きいち●1961年9月18日、東京都生まれ。1981年『連合艦隊』でスクリーンデビュー、同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。以降『ビルマの竪琴』(85/市川崑監督)、『四十七人の刺客』(94/市川崑監督・日本アカデミー賞最優秀助演男優賞)、『壬生義士伝』(03/滝田洋二郎監督・最優秀主演男優賞)、『亡国のイージス』(05/阪本順治監督)など数々の映画に出演。三谷幸喜氏とタッグを組んだ仕事は舞台『コンフィダント・絆』(07)、『日本の歴史』(18)、映画『ザ・マジックアワー』(08)、『ステキな金縛り』(11)などがある。

腹黒い政治家は、

中井貴一の当たり役?

中井貴一さんの出る作品に、外れはない。それが舞台であっても映画であってもドラマであっても。シリアスでも社会派でもラブ・ストーリーでもミステリーでもコメディでも。「見て良かった!」と思える面白い作品ばかり。とりわけ三谷幸喜氏と組んだ仕事は、映画でも舞台でも、傑作揃い。9月13日公開の新作『記憶にございません!』は、そんな中井&三谷作品の代表作になるかもしれない。

中井さんが演じるのは、某国の首相・黒田啓介。国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出し、国会の答弁では暴言の嵐。演じた中井さん自身が、「ありえませんよね、あんなの。ひどい!」と笑うほど。

ある日、一般市民の投げた石が頭に当たって、黒田は記憶喪失になってしまう。国政の混乱を防ぐため、側近の3名はその事実をひた隠しにして、日々の公務を乗り切ろうとするが・・・・。

首相秘書官にディーン・フジオカさん、黒田の妻に石田ゆり子さん、官房長官に草刈正雄さん、キーパーソンとなるフリー・ジャーナリストに佐藤浩市さんと、豪華キャストが渾身で演じる本作は、軽妙洒脱で抱腹絶倒、見終わった後はじんわりあたたかい、上質のコメディとなった。

重厚で誠実な役のイメージが強いけど、中井さん、コメディ作品にもいくつか出演していて、そんな時の彼は実にチャーミング。三谷氏が中井さんの魅力を知ったのは、かつて放送していたクレジットカードのコマーシャル、あのカッパとタヌキと共演していたシリーズなのだとか。

シリアスなドラマよりも、コメディを演じるのは難しい、と言われるけれど。

「いや、コメディで大切なのは、コメディをやらないこと。常にリアリティと真剣さを持って演じることなんです。役者が笑わせようとして何かやるのは、個人プレイであって、コメディではないんです。よくできたコメディの脚本は、僕ら俳優がきちんとそれを演じるだけで、絶対に面白くなる。ですから僕、本作では脚本通りに、真面目に演じただけなんですよ」

しかも三谷氏は、「今回のメインキャストは、ほぼアテガキ」とコメントしている。今まで映画に舞台に、何本もタッグを組んできた中井さんの持ち味をフルに生かして・・・・。ということは、黒田首相の悪役ぶりは、中井さんの素の性格、ダークサイド?

「いやいや、それはわかりませんけど(笑)。三谷さんの作品をやるとき、いつも思うのは、僕が演じるのは三谷さん自身を投影している役なのではないか、ということです。どこか僕たち、似ていると思うんです。コメディ観というか、価値観というか、同じ世代を生きて同じ時代を生きてきて、同じ方向を向いている。根っこに共通するものがある。それはいつも感じます。ですから黒田首相については、三谷さん自身かもしれない。黒田首相はね、実はけっこう真面目で、根は良い奴だと思うんです(笑)」

物語がどう展開するかは、見てのお楽しみ。思いきり笑った後には、ほっこりあたたかい気持ちになっている。

「この映画が言おうとしているのは、家庭というものの幸せが集まって、国家の幸せになるんだ、ということでしょうね。小さいものの集合体が大きいものになるのであって、大きな枠組が先にあるわけじゃない。家庭という小さな個の幸せが、人間にとっての国家である、ということかな。

三谷作品は不思議なことに、演じているうちに“あれ?”と思うことがあるんです。脚本をさらっと読んだだけではわからないけれど、演じていくうちに、これは実はこういうことを意味しているのではないか、と、深読みしたくなる。演じていて、鳥肌が立つくらいに、人間の業が描かれている。

まあでも、本人に聞くと、“あ、そこまで考えていない”って言うんですけどね(笑)。ですからこの映画も2度3度、映画館で見ていただくと、良いかもしれません(笑)」

(「中井さん自身の筋トレ&脳トレ」について語った、インタビュー後編はコチラ

『記憶にございません!』

史上最悪のダメ総理が、記憶喪失になって普通のおじさんに?! 国政の混乱を避けるため、国民はもちろん家族にも秘密のこの状況を、どう切り抜ける?

9月13日(金)より、全国東宝系にて公開

©2019  フジテレビ  東宝

監督・脚本:三谷幸喜

出演:中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ほか

公式サイト:https://kiokunashi-movie.jp/

関連記事
  • デイリー使い出来そうなオレンジ・ブラウン系に、パーティーでも使える万能パレット! こんにちは。 今年もたくさんクリスマスコフレが出ていて、 欲しいものがたくさんあり、何かいいかな~と思っていたところ、 11月8日(金)発売のLUNASOL ルナソル ホリデーフェイバリット2019 をゲットしました! 仕事終わりに渋谷ヒカリエの店舗に行き、購入出来ました♡ アイテムは 〇ルナソル アイカラーレーション EX03 〇ルナソル ドレスフォーリップス (グロス)EX01      ムーンリットダスト 〇ルナソル スキニーカラーグロウ EX01       ジュニバーベリー 上記3点と、ラメポーチが付きます♡ アイカラーはパキッとした発色のいいオレンジに、 今季大活躍のブラウンの締め色、 パープルとピンクのラメがこれから時期に使えそうなパーティーメイクにも合いそう♡ ラメも重ね付けしやすいカラーなので、 どんなメイクにも合わせやすそうです♡ 友人の結婚式のメイク♡ 早速アイカラーを使ってみました! ラメはキメが細かく、重ねても重くならないので、私はベージューやブラウン系のアイシャドウの上から重ねて使ってみましたよ^^ 締め色のブラウンも、発色がいいので、目がくっきり見えます。 わかり難いですが、涙袋には少しピンクのラメをいれました! リップグロスや、チークも使ったらレポします♡ 新しいコスメって心が躍りますね^^ インスタも良かったら♡ @hatase_ai
  • NHK大河ドラマ『西郷どん』では主人公の西郷隆盛役として日本国民に強烈な印象を残し、NHK連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの夫・村岡英治役で第39回エランドール賞を受賞し、映画『HK/変態仮面』ではパンティを被ったアブノーマルなヒーローを熱演し、『俺物語!!』ではなんと30㎏も体重を大増量して高校生役に挑戦し...自らを徹底して“役者”と呼び、そのストイックすぎる役づくりがクリエイターからも視聴者からも愛される俳優・鈴木亮平さんにお会いしてきました。 鈴木さんが今回挑戦しているのは、『孤狼の血』(2018年)、『凪待ち』(2019)など、ヒューマンドラマの傑作を次々と生み出している気鋭の映画監督・白石和彌(しらいし・かずや)さんの最新作『ひとよ』。DVの父親を殺めて3人の子どもたちを守った母親が15年ぶりに帰郷。その後の家族4人の葛藤や戸惑いを描いています。 鈴木さんは、三兄妹の長男・稲村大樹役。次男で弟の雄二役を佐藤健さん、長女で妹の園子役を松岡茉優さん、そして母親のこはる役を田中裕子さんが熱演しています。たった“ひとよ(=一夜)”の事件によって人生を狂わされてしまった家族が再会を果たした先は、本当に幸せなのか...!? 今をときめく俳優たちがこぞって出演を希望するという白石監督の作品と向き合った日々のお話を伺いました。 鈴木亮平『ひとよ』インタビュー目次1.鈴木亮平が役づくりに徹底して励む理由 2.大樹役を通じて発見した、鈴木亮平の新たな一面は? 3.白石和彌監督にラブコールが殺到する理由 4.『ひとよ』でいちばん心に残ったシーン 5.鈴木亮平にとって“家族”とは? 6.『ひとよ』を観るべき人はこんな人 1.なぜ、役づくりにそこまで没頭できるのですか? 鈴木さんが演じる大樹は、三兄妹の長男ではありますが、いかにも長兄らしい頼りがいはなく、子どもの頃から吃音に悩み、コミュニケーションが苦手で、言いたいことをうまく表現できない役どころ。また、三兄妹で唯一家庭を持っていますが、母親が殺人事件を起こしたことを妻(MEGUMIさん演じる稲村二三子)に黙って結婚したため関係が悪化し、離婚の危機にあります。吃音のキャラクターを演じきるため、先生の指導を受けたり、吃音の方々の交流会に参加したりと、『ひとよ』現場でも徹底してストイックな姿勢を貫いていたという鈴木さん。仕事で、演じることのプロフェッショナルとはいえ、なぜそんなに自分を追い込めるのでしょうか? 「それはもう、役をいただいたのですから、自分にできることを精一杯、一生懸命やるのみです! 僕が役者をやっている理由は『自分以外の人生を本当に生きている!』という実感というか、醍醐味に夢中だからです。...とはいっても、今回の大樹役は少し難しかったかもしれません。本来の僕との共通点がほとんどなかったので“違っている点を埋めていく”作業が多かったですね。唯一共通点があるとすれば、家庭があることと、体が大きい(鈴木さんの身長は186㎝)ことかなぁ。大樹は、こはるの殺人事件以来、父親の暴力からは解放されましたが、“殺人者の子ども”として15年間ずっと世間から蔑まれて育ってきた。吃音も直らないし、発言に自信が持てない。でも体は大きいから、少しでも注目を浴びないようにするために自然と背中も丸まっちゃって、15年かけてスッカリ縮こまってしまった。僕もプライベートでは絶対気づかれたくないほうで、人目を避けるように猫背でこっそり歩きます。ストレスや負の感情を表に出さず、つい溜め込んでしまうところもあります。あと、大樹は『自分はDVだった最悪な親父とは違う』という思いがありますが『父親を絶対超えてやる』っていう意地は、男なら誰にでも必ずあると思う。そんなちょっとした実体験をていねいに照らし合わせることが、大樹を演じるうえでの大切なヒントになりました」 2.これまで気づかなかった自分の新しい一面はありますか? 「僕はほかの方よりも比較的、いろんなタイプのキャラクターを依頼されるほうの役者だと思っているんですが、今回なぜ白石監督から大樹役にキャスティングされたのか、最初はわからなかったんですよね...鈴木亮平にあまり内向的なイメージってなくないですか(笑)? でも僕自身は、気持ちを内面に抑えて溜め込んでいく面が確かにある。白石監督は“人の違う面を見抜く嗅覚”みたいなものが本当に鋭くて、もしかしたらミスキャストになる可能性もありながら、それでも『大樹を鈴木亮平に任せてみたい』っていうのが白石和彌監督の白石和彌監督たるゆえんで、彼なりの反逆精神だと感じました。役者への愛も強いですし、役者本人の想像のはるか斜め上をいく新しい魅力を引き出してくれる監督だからこそ、たくさんの役者から求められていると思うんですよね」 リアルでは次男の鈴木さんが、長男役を演じてみて思ったこと。 「大樹は、なぜ父親が自分たちを殴るのか、自分のどこがダメなのか、理由がまったくわからず『兄貴である自分が至らないせいで弟も妹も殴られている』と思い込んでしまう状況で育ってしまいました...(大樹の心境を想うあまり10秒ほど沈黙したあと)本当にキツいですよね。兄妹だから、弟にも妹にも気をつかっていない風に装いますが、肝心なところで行動派の弟に『雄二どうする!?』っていちいち聞いてしまう自信のなさもすごくわかる。さらに、自分が虐待を受けてきたからこそ、奥さんに責め立てられてつい手を出してしまい、自己嫌悪に苛まされる彼の姿は、演じていてもキツかったですし、観ているほうもツラいと思います。自分をものすごく嫌いになってしまう。でも彼は“いい親父”ってどういう父親なのか見たことがない。先生がいないまま大人になって結婚してしまったんです。どうすれば幸せな家庭を築けるかわからないって難しいですよね...。そもそも事件のことを奥さんに言っていなかったのがいけないですよね。話し合うって本当に大事なんですよ! 家族に問題があるときは絶対に話し合ったほうがいい」 3.白石監督にラブコールが集中する理由は何でしょうか? 「白石監督の作品って、緊張感あふれるバイオレンスなものが多いイメージだと思うんですが、実は現場はとても穏やかなんですよ! 役者がすごくリラックスしてベストを尽くす環境を作ってくれる、あったかい現場です。監督自身もワンマンな感じは一切なくて、いつも和やか。スタッフ同士の怒鳴り合いなどもないし、平和に過ぎていくんですよ。僕も(佐藤)健も(松岡)茉優ちゃんも、本当の兄妹的な空気感を出そうともちろん努力はしますが、普通に雑談しているそのままの流れで『ハイ、じゃー用意スタート!』みたいな、常に僕たちを見守ってくれる感じが大好きです。僕たち役者が、それぞれの役に対していちばん自信を持った状況をしっかりつかんで、一歩前に進めるように仕掛けてくれる、そんな監督です。それでいて、出来上がった作品にはすごく緊張感がある、そのギャップが、みんなが夢中になる白石マジックなのではないかと思います」 4.最も印象に残っているシーンはどこですか? 「15年ぶりに帰ってきたこはるに、妹の園子と一緒に抱きしめられるシーンです。園子はそのまま『おかえり』と抱きしめ返しますが、僕は『やめろよ』と拒絶して去っていきます。このシーンは、現場で田中さんに実際抱きしめられたときの直感を大事にしようと思って、あえてあまり考えずに臨みました。そうしたら大樹くんは“お母さんの匂い”がイヤだったんですね...子ども時代に、唯一安心できる存在だった大好きな母親の匂いをかいで、その気持ちの強さに飲み込まれてしまうのが怖かった。園子みたいに流されてしまったら、自分たちが苦しみ抜いた15年がなかったことになってしまう、それを認められなかったんですよ。それだけ母親のハグって、問答無用の安心感があるというか、匂いも体温も強烈なんですよね。今でもお母さんに抱きしめられることってないじゃないですか...(と質問されたので「ありますよー」と答える筆者)...えっ、ある!? 外国みたいですねぇ(笑)。僕は母親にハグされることはないので、今もしされたら、えっ...どうしよう(困)。感情をものすごく強く引っ張られるからこそ逆に逃げたくなる、親子のすごさを感じました」 5.鈴木亮平にとって“家族”とは!? 「一緒に暮らす“時間”がとても大事だと思います。血縁関係に限らず、会社でも学校でも、人間って、小さなコミュニティのなかで一緒にいる時間に比例して情が生まれて、惹かれあっていくのかなって。大樹のなかでも最初、母親を受け入れたい気持ちと、受け入れられない気持ちがせめぎ合っていますが、一緒に生活することによって、心が解きほぐされていきます。この映画の舞台になっているタクシー会社でいうと、ずっと何年も一緒に働いていると本当の家族みたいになってお互いに助け合うようになるし、そこで男女の関係になる人もいたり...時間が与える影響って本当に大きい。あと僕、こはるの『自分にとっては人生を変えた一夜でも、他人にとってはなんてことない、それでいいんだよ、ただの夜ですよ』っていう台詞が本当に大好きで、人生における時間についての重みを考えさせられました。たとえばあの、大昔にデートした大好きだった人は自分にとって一分一秒思い出に残っているけど、相手にとってはなんてことない時間だった...みたいなことになるんですよ(と、いきなり過去の恋を引き合いに出す鈴木さん)! 時間の大切さって人によって価値がぜんぜん違うから、そこが悲劇を生んだりする。感慨深いですね...(ちょっと遠い目)」 6.映画『ひとよ』を観るべき人は!? 「本音をいうととにかく観てって感じですが(笑)、家族に対して何かしらの思いを抱えている人にはぜひ観ていただきたいですね。『ひとよ』は、自分が家族に対して思っている感情を何よりも投影できる作品だと思うんですよね。“推し”のキャラクターに感情移入することによって、自分が普段どのように家族と向き合っているか、ヒントが見つかる気がします。娯楽として観る映画も好きですが、映画って、人生についての気づきをもらいたいから、何か一歩踏み出す勇気がほしくて観るのが醍醐味だと思っているんです。なので僕は『悩みを忘れて気分転換したい』というよりも、何かに落ち込んでいるときに、同じような思いをしている人を映画を通して見守ることで、勇気をもらえたり、言葉にできない気持ちの整理をつけたり、頑張ろうとか、そういう気づきをくれる映画が好き。そんな映画は何度でも観ます。家族に対してギクシャクした感情って、必ず誰にでもひとつはあると思うんですよ。そういうのを和らげて、自分の家族に対する思いを確認していただければ。極端にツラい状況にある家族を観ることで『自分たちの家族はどうだろう』『やっぱり家族って大事だよね』と思ってもらえるとうれしいです」 インタビュー終了後“母親に積極的にハグされたいか問題”を振り返り「いやぁ、僕もハグし合う家族になりたいですよ。でも相手があることだしなぁ...」とつぶやきながら控室に去っていった鈴木さん。自身のご家族にはもちろん、仕事仲間に対しても、我々のような取材陣に対しても、さらに自分が演じる役に対しても、徹底的に誠実さを貫き通す、愛と信念の人だと感じました。筆者は鈴木さんと共有した“時間”を一生忘れません! そんな鈴木亮平さんが好演している映画『ひとよ』、ぜひ劇場でお楽しみいただければと思います。 【映画『ひとよ』】公開日/11月8日(金)~公開中会場/全国主要映画館監督/白石和彌 脚本/髙橋泉 原作/桑原裕子「ひとよ」(集英社) 出演/佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟、佐々木蔵之介・田中裕子 製作幹事・配給/日活 企画・制作プロダクション/ROBOT ©2019「ひとよ」製作委員会 映画『ひとよ』公式サイトへ 撮影/齊藤晴香 ヘア&メイク/森泉謙治 スタイリスト/徳永貴士 取材・文/沖島麻美 鈴木さん衣装クレジット:スーツ¥125000・ニット¥18000・シューズ¥82000/ヒューゴ ボス ジャパン(ボス)
  • 最近、産後の心身回復を助ける施設が増えています。実際体験してみて、心から救われたお話です。難産すぎた出産。 そのせいで私の骨盤内は、ひどく損傷。 恥骨とお尻後ろの骨が離れすぎ、激痛!! 数週間も寝たきりに。 ・下半身が動かない。 ・立てない。歩けない。 ・当然お手洗いもNG 痛み止めを飲み、動かせる上半身だけで 赤ちゃんのお世話でした。 数週間後、、、 やっと車椅子にも乗れるまで回復。 実家の母が骨折し、里帰りも不可。 旦那の親も同時期に手術で入院。 旦那も仕事がピーク。。。 母子共に頼る人がいない中、、、 産後ケアサービスの存在を知り転院へ。 武蔵野日赤内のアイルーム。心と体の休息。 リフレッシュをめざしたプログラムあり 宿泊型で赤ちゃんと一緒に入院の 安心サポート。 朝日や富士山が見える明るい病室。 それだけでも気分は良くなる♬ベテラン助産師さん達から 母乳指導。 何でも育児相談。 足湯やアロマオイルのマッサージ。いつでも赤ちゃんを預けて リフレッシュ目的の外出もOKだそう。 美容院や食事にだっていけるし、 泣いて眠れない時も休める。 ママがゆっくりリフレッシュできる時間。 大切にしてくれる施設は貴重です。1日3回のおやつ。 食いしん坊にはたまらない(笑) お母さんに無理がないように。 体も心も休息できるように。 何でも育児を一人で抱え込まないように。 そんな時間を大切にしてもいいのだと。 力の抜き方を教わり、ホッとしました! 全部できない自分を責めた時もあったけど。。。 素直に甘えて良かった♬ まずは身体が回復できることが第一! 母親が元気にならないと! 私はここで心身共に回復する事ができました。 身体が不自由だと想像以上に何もできず。 少しずつ立ち上がれた事だけでも嬉しかった。 「クララが立った!」の世界。 献身的な助産師さんに支えられ、 改めて介護の大変さとありがたみを実感です。 今年からスタートした「アイルーム」 女性の市長だからこそ、細やかな政策かな。 産後ケアは市町村により、 サービスはさまざまだとは思いますが。。。 アラフォー世代。 予想外の身体トラブルはあるある! これからの時代、女性に優しいケアが増えるのはありがたい!と感じるこの頃でした♬ 美女組No.15りょうぞうのブログ
  • ナチュラルなだけじゃ物足りない。可愛さはしっかり盛りつつ、モテのツボも押さえた最新&最強のメイクで支持率アップを狙っていこう♡ マットリップが主役美人っぽ顔 マットリップが際立つ美人顔。優しげで色っぽいモーヴピンクをチョイス×輪郭ぼかし塗りで、男子ウケは完璧♡ワンピース¥12000/エクラン ルミネエスト新宿店 イヤリング¥9000・リング¥17000/ete「大人感がある&色っぽい。夜のレストランやバーでの待ち合わせに、こんなメイクで来てくれたら」(26歳・広告) 「仕事後、スーツ姿の自分と並んだ時も落ち着く」(28歳・医療系) マットリップ×社会人男子が「彼女にしたい顔」プロセス解説 --point-- ① 毛流れを意識した立体眉 ② ノーシャドウでも太ラインならデカ目に ③ モーヴピンクは輪郭をぼかして 使うのはこれ!a アイブロウリキッドライナー 02 BR ¥1800/イプサ  リキッドアイブロウ。リアルに近い眉が描けるシアーなリキッドタイプ。少しずつ発色していくティント処方。  b ジェルアイライナー 30 ¥500/セザンヌ化粧品  ブラウンジェルアイライナー。くっきり目元が叶う、優しいブラウンで、強すぎないのにデカ目に。ウォータープルーフで落ちにくさもあり。 c ルージュ アンリミテッド アンプリファイド マット AM WN 273 ¥3300/シュウ ウエムラ  モーヴ系マットリップ。マットなのにスーッとなめらか。大人っぽさ高まる新感覚のテクスチャー。 How to make up1 上向きの眉頭で立体感を出す 存在感と立体感を出すためにリキッドタイプのaをセレクト。眉頭は下→上に1本ずつ描くイメージで。2 眉尻は毛流れに沿って描き足し 大人っぽさ&きちんと感の演出に重要な眉尻も描き足していく。毛流れに沿って、上→下に丁寧に。1 太めのアイラインを描く bで目頭〜目尻までアイラインを。アイシャドウやマスカラを使わないので、しっかり太めでOK。他の画像を見るモデル/鈴木ゆうか 撮影/峠雄三(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/ミク 構成・原文/浦安真利子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なデザインを選ぶことで、使う人の女らしさがより際立ってくる。そんなアイテムは、可愛いだけに飽きてきたBAILA世代に最適! 毎日の仕事シーンに欠かせない筆記用具。ユニセックスで機能的な美を持つモンブランの万年筆も、まさに無骨でスタイリッシュな名品。書くという行為に特別感を加えてくれる新作を手にすれば、フェミニンなだけではない洗練された女性に近づけるはず。 モンブランのスターウォーカーメタル万年筆 クールなボディと流線形のデザイン。職人技がキラリ  新作のテーマは宇宙で、そこからあおぎ見る地球の美しさを本体に反映。万年筆が勝手に動くような錯覚に陥るほどなめらかな書き心地。¥88000/モンブラン コンタクトセンター  撮影/山口恵史 スタイリスト/山本瑶奈 取材・文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉  ※BAILA2019年12月号掲載
  • こんにちは! バイラーズの中島です。 BAILA12月号は本日12日発売! 今月号は、見所が盛りだくさん! 付録も本当に豪華なんです…♡ 読み応えもたっぷりなので、 読んでいて物欲がとまりませんでした。笑 早速、その中身を簡単にお届けしていきますね♪ 12月号はカバー初登場の戸田恵梨香さんが目印♡ 嗚呼…美しすぎます…♡ 誌面にも、戸田恵梨香さんの インタビュー記事があるので必見です! 充実の付録を一挙紹介♪ 【特別付録】ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおり監修“あったらいいな”天才眉ブラシ 【貼り込み付録】ランコム 新ジェニフィック美容液1包 【別冊付録】婚BAILA 大人のあか抜けフェミニンWedding 豪華すぎる…! 買って損ナシです! 中でも、特別付録の天才眉ブラシ。 手に収まりやすいサイズ感で、 こんなに描きやすいとは…! これ一本で理想の眉に近付けるハズ♪ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ブラシの形、厚み、幅、しなり感… 動画で伝わりますでしょうか??^^ とにかく眉を作りやすいんです!! 眉毛が上手く描けない… そもそも描き方がよく分からない…! と、お悩みの方も多いはず。   私も眉毛には全く自信がなく、 メイクの際の悩みポイントの一つでした。。 そんな私の眉を、 3万人以上の眉を解決してきた長井かおりさんが 直々に解決してくださったので、 詳しくは誌面でチェックしてみてください♡ (長井さん、気さくで美しい素敵な方でした❤︎) このコートが欲しい!が見つかる♡ 12月号、誌面の一番の見所は、 なんといってもコート特集!! 数ページに渡り、コートコートコート! これでもか!とコートが盛りだくさんです♡ 読んでいて楽しすぎる…♪ コートのタイプによって、 ボトムスや靴の合わせ方も載っているので とてもコーデの参考にもなりますよ♪ これからコートをGetしようかな〜という方、 是非BAILAを一読されてから ショッピングへ…♡ ちなみに、私はBAILAを参考にして コートを予約しました! それもまた追ってご紹介させてください♪ インスタグラムもやってます。 コメント・ご質問もお気軽に…♪ 遊びに来てくださいね^^ @maa_colorful_
  • 働く女子のためのクリスマスコフレ品評会のぼり坂OLコスメ委員会が「絶対に使える限定色コスメ」をガチ買い&お試し! 特別なパッケージに身を包んだホリデー限定色の数々。みんなのウィッシュリスト入りを果たしたリップはこちら!GIVENCHY (発売中)パルファム ジバンシイ/ルージュ・アンテルディ(右から)No.27・No.28各¥4000赤いリボンの装飾を施したリップの側面には、ロゴマークをスタイリッシュに刻印。「ブラウン系やディープな色味は冬の装いをおしゃれに見せてくれる」(渡會さん)、「大人好みの発色と、サテンのようなつや感もたまらない!」(奥山さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!適度なメタリックで今っぽさと華やかさを両立。右(No.27)のディープレッドは一本は持っていたい美麗カラーで、左(No.28)は大人印象のブラウン!(遠藤さん)YVES SAINT LAURENT (発売中)イヴ・サンローラン・ボーテ/ルージュ ピュール クチュール コレクター(右から)N°95・N°97・N°98・N°340各¥4300スパークルな星をちりばめた、フェミニンさを感じさせる極上の限定色リップ。「青みがかったピンクやベリーがピュアに色づき、知的な印象を与えてくれます。デートにもよさそう!」(高橋さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!ローズピンク(①/N°98)は仕事で使いたい美人カラー。メタリックベージュ(②/N°340)は輝きを楽しんだり、手持ちカラーと重ねても♪ (豊丸さん)OL向けコスメをリアルな声でお届け! 「のぼり坂OLコスメ委員会」発足♡ の記事はこちら>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・原文/井上ハナエ 撮影/齊藤晴香 富田 恵(人物) 久々江 満(製品) ※商品はすべて限定発売品です
  • 持ち運べて、顔にも体にも… 便利な美顔器が登場 「家で手軽に使える美顔器がほしい!と思いつつ、家事・育児に追われる毎日に使う余裕があるのか…となかなか購入に踏み切れなかった私。でも、パナソニックから新登場の「温感かっさ」なら、コンパクトで持ち運べるので、家でも外出先でもちょっと時間があるときに気軽にできそう。しかも、「温感」で心地よく温まり、顔や首だけでなく、ボディにも使えるというから、美容にいいだけでなく、冷えも改善して疲れまで癒やしてくれそう!  早速試してみました」(ライター・ユッコ) パナソニック ドレナージュ美顔器 温感かっさ EH-SP20 ¥19800(税抜、編集部調べ)   パナソニックの新しい美顔器は「温感かっさ」。 電源を入れると肌に触れるヘッド部分がじわじわと温まり、リズムボタンをONにすると、心地よい振動も加わり、顔にあてるだけで温感がしっかり伝わります。フェイスラインから鎖骨まで、しっかり温感がめぐることで、肌のハリ感や明るさ感がアップすることが期待できるんです。 このかっさがすごいのは、コンパクトなのに、さまざまな部位にしっかりフィットするように考えられて設計されているところ! エスティシャンの指のようなタッチを再現した4つのフィットカーブがあり、それぞれのカーブを顔の気になるパーツやフェイスライン、首筋などで使い分けると肌に心地よい温感がめぐるそう。 さらに、顔やデコルテだけでなく、ウエストやヒップ、ふくらはぎや二の腕などにも使えて、これ1つで全身のケアができるのが魅力。 自分の好きなクリームやオイルと一緒に使って、自宅で本格的なエステのような心地よさを楽しんで!     初心者でも使いやすい! おでこのしわが気になる私は、まずおでこからお試し。 くるくる回したり、ジグザグと滑らせておでこ全体に使ってみたのですが、じんわり温まって、温感がめぐっているのを実感しました。   いちばん大きいカーブを首にあて、上から下に流すように滑らせました。ずっと凝りに悩まされている肩や首にもアプローチできて、気分もすっきり! これは続けたら小顔になれそう♡   「手に取って驚いたのは、そのコンパクトさと軽さ。スイッチを入れるとすぐに温まることにも感動!  本当に簡単にできるので、美顔器ビギナーの私でも使いこなせました。ボディクリームと一緒に仕事用のデスクに置いて、仕事の合間に使うのもいいな。 パナソニックの商品紹介ページでは、“小顔の伝道師”こと、メイクアップアーティスト・小田切ヒロさんおすすめの使い方の動画もあって、すごく参考になりますよ~」(ライター・ユッコ) DATA DEBUT || 2019年11月1日(金) BRAND || パナソニック ITEM || ドレナージュ美顔器 温感かっさ EH-SP20 CATEGORY || 家庭用美顔器 KEYWORD || #温感かっさ #ドレナージュ  #フィットカーブ PRICE ||  ¥19800(税抜、編集部調べ) TEL ||  0120-878-697 HP || パナソニック内商品紹介ページ (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/渡辺有紀子)
関連キーワード

RECOMMEND